2020年 1月 の投稿一覧

なにわ男子★ついにまいジャニ卒業★絶対フラグ&意味深&ファン動揺の訳

こんばんは。
今日は「なにわ男子★ついにまいジャニ卒業★絶対フラグ&意味深&ファン動揺の訳」の事をお伝えしたいと思います。

「関西ジャニーズJr.」の「メンバー」が出演し、毎回さまざまな「テーマ」で「トーク」を展開する「バラエティー番組」「まいど!ジャーニィ~」「BSフジ」です。「1月19日」の放送では、「関西ジャニーズJr.トーク祭り2020」と題し、「総勢28名」の「関西Jr.」が出演しました。「2019年」で一番印象に残った出来事について語る企画が行われました。




この日、最初に「トーク」をすることになったのは、「関西Jr.内ユニット」「なにわ男子」の「大西流星」でした。「なにわ男子」をはじめ、多数の「ジャニーズJr.」が出演した「コンサート」「ジャニーズJr.8・8祭り~東京ドームから始まる~」を振り返り、一番印象的だったことは「行きは新幹線やったけど、帰りは夜行バスやった」ことだと告白します。疲れているため「新幹線でシュッと帰りたかった」という思いも抱きつつ、「夜行バス」ならではの楽しさも味わえたとのことです。「なにわ男子・西畑大吾」いわく、その「夜行バス」は「そこそこいいバス」だったそうで、「大西流星」も「毎回それ「夜行バス」でもいいぐらいですもんね」とお気に入りの様子です。ですが「西畑大吾」は「それはちょっと嫌です」と冷静に返しており、やはり「夜行バス」には不満があったようです。

そのほか、「2019年」の印象的な出来事として、温厚な「関西Jr.・今江大地」が意外な場面で怒ったことを挙げた「西畑大吾」。ですが、「なにわ男子・藤原丈一郎」によると、「今江、めっちゃ優しいですよ」とのことです。というのも、「今江大地」に「ドッキリ」を何度仕掛けても、まったく怒らないんだそうです。ある時は「ハンバーガーの具が全部なくなっていた」という「ドッキリ」をしたにもかかわらず、「今江大地」は「ないわ」の一言だったそうです。ですが、「藤原丈一郎」はどうしても「今江大地」を怒らせてみたかったため、別の作戦に出たといいます。




それは、「“ゲーム好き”」の「今江大地」が携帯電話で「ゲーム」をしている時に、電話を掛けるという作戦です。これが見事に成功して、「今江大地」は「ちょっ、ふざけんなよ!もう少しでいけそうやってんから!」と大激怒したのだそうです。この「エピソード」には、手を叩いて爆笑する「関西Jr.」たちでした。

「エンディング」の「ショータイム」「コーナー」では、「関西Jr.」の中で歌い継がれている「オリジナル曲」「鼓動」を、「なにわ男子」が披露しました。この曲は、「ジャニーズWEST」が「デビュー」を飾り、同番組を卒業した際にも歌われているため、「ファン」からは「なにわ男子もいよいよ「まいジャニ」卒業なのかな?」「「鼓動」歌うとか、絶対卒業フラグやん。急に寂しくなってきた」「大好きな曲だけど、なにわ男子が歌うと意味深だなあ」といった声が「チラホラ」。今回の放送をきっかけに、「なにわ男子」は新たな一歩を踏み出すのでしょうか。

「なにわ男子」にとっては未来に向けての卒業になることは間違いないでしょうね。



村上信五★バニーガールを見てニヤニヤ★もっぺんだけ見して&興奮した

こんばんは。
今日は「村上信五★バニーガールを見てニヤニヤ★もっぺんだけ見して&興奮した」の事をお伝えしたいと思います。

「関ジャニ∞・村上信五」と「マツコ・デラックス」が出演する「バラエティ番組」「月曜から夜ふかし」「日本テレビ系」が「1月20日」深夜に放送され、「村上信五」が「“バニーガール”」に大興奮する場面がありました。




今回、番組恒例の企画「眠らない街で個人的ニュースを聞いてみた件」では、北海道札幌市を取材します。時刻は「午後11時」、路上から「ビル」を見上げる男女数人の「グループ」に「カメラ」が近づくと、彼らは「見てくださいよ!」「ほら!」と頭上を指差します。そこに「カメラ」を向けると、「バニーガール数人」が外にお尻を向け、「ビル」の窓辺に立っていたのです。

「ワイプ」に映った「村上信五」は「何これ!?」「すげーなー!」と驚きつつ、食い入るように「バニーガール」を見つめます。「VTR」が明けてからも、「札幌すげえなあ、パワフルやなあ」と感心の様子です。そこで「マツコ・デラックス」が、「バニーガールのあの店」が気になるのかと水を向けると、「村上信五」は「めっちゃ気になるわ。なんなん?あの店」と食い気味に返答し、「ずーっと「外から」見れるわ!」と「ニヤニヤ」しました。

さらに「マツコ・デラックス」が「みんなケツすごかったね」と言うと、「村上信五」は「もっぺんだけ、あっこだけ見してくれへんか?」と、「スタッフ」に「VTR」を要求します。「バニーガール」の映像が再度流れると、「村上信五」は噛みしめるように「最高や」とつぶやき、腕を組んで天を仰ぎます。その姿に、観覧客は大爆笑していました。




「ネット」上では、「村上信五」が「バニーガール」に大興奮する様子について、「なるほど、村上くんは「“お尻派”」なのか!」「村上くん、どんだけバニーガールのお尻見たいのよ!?」「30代男性が思春期の男子みたいな目をしてたね「笑」」といった声が寄せられていました。

ちなみに、「村上信五」は「2016年」放送の「ラジオ」「関ジャニ∞村上信五とジャニーズWEST中間淳太のレコメン!」「文化放送」で「ハロウィン」の話題になった際、「バニーガール」の格好をした女性二人組を街中で見かけ、「ずっと「後を」ついてったろかなって、めっちゃ思ったもん!」と明かしていました。この時も「ホンマあのバニーちゃんのケツとかなあ、すごいやんか?普段見られへんやん、俺らは!」と大興奮していましたが、それから「4年」がたった今でも、「村上信五」の「“バニーガール好き”」は健在のようですね。

こんなに大興奮している「村上信五」を見ていると「ジャニーズアイドル」も一般男性と同じだということが分かりますよね。



二宮和也★ゴーちゃん。からのプレゼントにすげえ&感激の訳

こんばんは。
今日は「二宮和也★ゴーちゃん。からのプレゼントにすげえ&感激の訳」の事をお伝えしたいと思います。

「嵐・二宮和也」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ番組」「BAY STORM」「BayFM」が、「1月19日」に放送されました。この日、「リスナー」からもっとも注目を集めたのは、「ティッシュ」に関する話題でした。




「二宮和也」は過去の同番組にて、「ミュージックステーション」「テレビ朝日系」に出演した際に渡される「箱ティッシュ」を愛用中だと告白します。それを知った、「テレビ朝日」の「マスコットキャラクター」の「ゴーちゃん。」は喜んでいるそうで、「二宮和也」にも「リスナー」のお便り経由で報告されました。ですが、「二宮和也」は「ゴーちゃん。」からの「メッセージ」や「ティッシュ」が自分に届いていないと文句をつけ、「なんだよ!何やってんだよゴーちゃん!」と笑いながら「ボヤ」いていたのでした。

その放送を受け、「ゴーちゃん。」から「僕のことをいっぱい話してくれてありがとブイ。お礼に「Mステ」の公式ティッシュと、僕と「Mステ」コラボのポケットティッシュをプレゼントするブイ」という「メッセージ」と、「ティッシュ」が番組へ多数送られてきたとのことです。これに「すげえ!なんで「ティッシュを欲しがってると」知ってるの!?「ラジオ」聞いてるってこと?」と大興奮します。「ラジオスタッフ」は「聞いてらっしゃいますよ」と、「同月7日」には「ゴーちゃん。」の「公式Twitter」が「ベイストさんに宅配便で送ることにしたブイ!嵐の二宮くん、スタッフさん、無事受け取ってくれると嬉しいブイ」とつぶやいていたと報告しました。

「二宮和也」は「ありがとブイ!」「うれしいブイ!」と「ゴーちゃん。」の口調でお礼を言いつつ、「本当に、うれしいじゃない。「ラジオを」聞いてくれてるんだね」と感激します。さらに調子に乗って「お弁当がほしいブイ!」と「リクエスト」し始めると、「ラジオスタッフ」から「やめなさい!」と「ツッコミ」が。それでも「二宮和也」は「おなかがすいたブイ!」と「ノリノリ」で、「今度会った時にお礼しよう」と話していました。




この日の放送に「ファン」からは、「ニノとゴーちゃん。がブイブイ言いながらやりとりしてるのかわいすぎた!」「なんて心温まる交流なんだ!ゴーちゃん。ありがとう!」「ゴーちゃん。が完全にニノちゃんファンになってて笑う」といった声が寄せられており、「アイドル」と「マスコット」の交流に癒やされていたようです。

放送後、「ゴーちゃん。」は「公式Twitter」にて「嵐の二宮くんとスタッフさんにぶじティッシュが届いたブイ!」と報告し、「テレビとラジオで局もちがうのに交流させてくれた大人のみなさん、ありがとうブイ。素敵ブイ」と、関係者にも感謝しました。そして、「二宮和也」から「リクエスト」された弁当については、「今度#Mステ出てくれたとき、楽屋にボクの手作り弁当を置いとくブイ」「「検索」 都内 料理教室 パンダOK」などと反応していました。今後も「2人」の交流は続いていくのか 展開を楽しみにしたいですね。

「二宮和也&ゴーちゃん。」のほっこりした交流に「ファン」も癒されますよね。



横山裕★指原莉乃にすげえと感心★関ジャムで絶賛された才能とは

こんばんは。
今日は「横山裕★指原莉乃にすげえと感心★関ジャムで絶賛された才能とは」の事をお伝えしたいと思います。

「関ジャニ∞」がさまざまな「アーティスト」を迎えて「トーク」を繰り広げる「音楽バラエティ」「関ジャム 完全燃SHOW」「テレビ朝日系」です。「1月19日」の放送は、「音楽プロデューサー」の「いしわたり淳治、蔦谷好位置、mabanua」を「ゲスト」に迎え、毎年恒例の人気企画「売れっ子プロデューサーが選ぶ年間ベスト10」が発表されました。




「ゲスト3人」が「2019年」に発売された楽曲の中からそれぞれ「ベスト10」を選び、独自の視点で選出理由などを解説する企画で、視聴者からの注目度も高い。「ベスト10」発表前、番組支配人を務める「古田新太」が「大倉「忠義」くんが今、「プレッシャーになってきたわ」って「言ってた」」と暴露し、「自分、選んでないやん!」と「ツッコミ」ます。「スタジオ」は笑いに包まれ、「村上信五」が「なんのプレッシャーやねん!」と同調するも、「大倉忠義」は「いや、ここ「のコーナー」からアーティストがヒットしていくから」と、番組を背負う側として、「アーティスト」の未来に責任を感じているようです。

この流れで、「村上信五」は「ちょっと今回、プレッシャーやったりするんですか?」と「mabanua」に質問します。すると、「各業界からの詮索がすごくて、いっぱい売り込みがあるんですよ」と裏事情が明かされ、音楽業界でも注目されている様子です。ただ「忖度はないです」と、「キッパリ宣言」していました。

「関ジャニ∞」の「メンバー」も知らない「新星アーティスト」や、「コア」な楽曲が次々と紹介されていく中、「横山裕」が思わず「えー!?」と驚いたのが、「いしわたり淳治」が「第6位」に選んだ、「12人」の「アイドルグループ」「=LOVE「イコールラブ」」の「ズルいよ ズルいね」。「=LOVE」は「指原莉乃」の「プロデュース」によって「2017年」に誕生した「アイドルグループ」で、これまでの「シングル曲」はすべて「指原莉乃」が作詞を手掛けています。「いしわたり淳治」が「物語を創る力、映像描写のカメラワーク、展開、言葉のセンス、たまに書き込まれる哲学的な視点。指原さんは作詞家としてすごく才能があると思います」と大絶賛したところ、「横山裕」はまた「え~、すげえ!」と感心します。




その後、「蔦谷好位置」が「第2位」に選んだ「長谷川白紙」の「あなただけ」が、「mabanua」の「第4位」にも「ランクイン」しているとわかると、「村上信五」は「あ~売れた、売れた。これは売れたわ、もう」と、「長谷川白紙」の活躍を確信します。また、「蔦谷好位置」が「第4位」で「inside you」、「いしわたり淳治」が「第1位」で「us」と、「2人」とも「milet」の楽曲を選出していることを見つけると、またも「村上信五」は「売れた」と「ボソリ」。

放送中、「ネット」上では「おー!長谷川白紙さんを2人が選んだ!村上くんに「売れた」って言ってもらえてうれしい!」「イコラブの曲に関ジャニ∞が「すげえ」と驚く世界 夢みたい。どんどんイコラブがメジャーになっていく」「miletさん気になってたんだけど、ランクインしててびっくり。今年は注目してみよう」など、「音楽ファン」からの反応も多数上がっていました。

「指原莉乃」の才能を目の当たりした「横山裕」の素直な「リアクション」が全てを物がったっていますよね。



松岡昌宏★佐藤浩市との豪華カラオケに仰天★これは震える&メンツ濃すぎ

こんばんは。
今日は「松岡昌宏★佐藤浩市との豪華カラオケに仰天★これは震える&メンツ濃すぎ」の事をお伝えしたいと思います。

「TOKIO・松岡昌宏」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「TOKIO WALKER」「NACK5」が「1月19日」に放送されました。今回は、「松岡昌宏」が自身の華麗な芸能界交友録を語りました。

「2018年」に上演された舞台「新・6週間のダンスレッスン」で共演した「女優・草笛光子」から、昨年末に「アキラが「ライブやるから来い」って言ってるんだけど、来ない?」「あとユタカも来るって」と誘われたという「松岡昌宏」です。この「“アキラ”」と「“ユタカ”」とは、俳優の「寺尾聡」と「水谷豊」です。「松岡昌宏」自身も「すごいメンバーだな」と振り返りつつ、話を進めました。




当日、「草笛光子」と共に「寺尾聡」の「ライブ」に行ったところ、「後ろから「まーさ!まーさ!」って」呼ぶ声が聞こえたそうです。「ちなみに、僕のことを芸能界で「まーさ」と呼ぶのは水谷豊さんしかいないんですね「笑」」とのことで、声の主は「水谷豊」だったようです。「ライブ」にはほかにも「そうそうたるメンバーの方が見に来られてました」と振り返り、「大先輩も、いろんなミュージシャンの方も、若い女性の超売れっ子女優さんとか俳優さんとか。「うわ、スゲーな!」と思いながら見てて」と「松岡昌宏」でも驚くような客層だったそうです。

「ライブ」は「寺尾聡」の「大ヒット曲」「ルビーの指環」「1981年」で締めくくられたそうで、「松岡昌宏」は「こういうカッコいいオヤジたちになりてえね〜」と、知人の「ギタリスト」と話したそうです。「草笛光子」とあいさつをしたのち帰宅しようとするも、今度は「松岡!行くぞ!」「カラオケ、カラオケ行こう!」と声をかけられたといいます。

「松岡昌宏」いわく「その声の主とは、佐藤浩市さんです「笑」」とのことで、そのまま「カラオケボックス」に連れていかれたそうです。しかも、「佐藤浩市」と知人「ギタリスト」のほか、「伊藤淳史、戸田菜穂、高橋克実、稲森いずみ」も一緒で、「松岡昌宏」は「なんだ?なんだこの脈絡のない「はじめまして」の人も3人ぐらいいて」と、戸惑いを隠せなかった様子です。




「カラオケ」ではそんな「豪華メンバー全員」が歌い、「佐藤浩市」の「延長だ!」という一声で、時間が許すまで楽しんだといいます。「松岡昌宏」は「すげーみんな楽しかった!」と興奮気味に話しており、「いい機会でしたし、素敵な時間を大先輩方に作ってもらえましたよ」と感謝していました。

この放送を聞いていた「ファン」からは、「松岡くんのラジオ、出てくるメンツが濃すぎるでしょ!?」「もし自分がこのカラオケ店の店員だったら、豪華メンバーすぎてこれは震えると思う「笑」」と驚嘆する声が寄せられていました。

濃い「豪華メンバー」の中に入っている「松岡昌宏」も「佐藤浩市」に認めてもらえている存在なのでしょうね。



田中樹★おしゃれイズムの発言★完全に作戦&モヤモヤする&波紋広がる

こんばんは。
今日は「田中樹★おしゃれイズムの発言★完全に作戦&モヤモヤする&波紋広がる」の事をお伝えしたいと思います。

来る「1月22日、Snow Man」とともに「ジャニーズ事務所」初の「“合同CDデビュー”」を果たす「6人組グループ・SixTONES」です。彼らの「デビュー」をめぐっては、いくつかの疑問が浮かび上がっていることから、「ファン」の間で「“時系列問題”」として検証が行われています。疑問の根本にあるのは「SixTONESの方が先にデビューが決まっていた」という説ですが、ここへ来て「SixTONESメンバー・田中樹」の口から、気になる証言が飛び出しました。

「2組」は、昨年「8月8日」の「コンサート」「ジャニーズJr.8・8祭り ~東京ドームから始まる~」にて、「同時デビュー」を報告しました。「SixTONES」は「YouTube」の「ジャニーズJr.チャンネル」に参加している「5グループ」の中で最も高い再生数を誇っており、「2018年」秋に「YouTube アーティストプロモ」「キャンペーン」に抜てきされたこともありました。彼らの勢いは増すばかりで、「2018年」後半頃からは「King&Princeに続くデビュー組になるのでは」と、「ファン」の期待が高まっていました。一方、「Snow Man」は「2019年1月」に「新メンバー・向井康二、目黒蓮、ラウール」が加入し、「9人体制」になって人気も上昇します。ですが、多くの「ファン」が「デビュー」を予期していたのは「SixTONES」のみだっただけに、発表を受けて「まさかSnow Manもデビュー発表するとは思ってもみなかった」などと、驚きの声が相次ぎました。

「故・ジャニー喜多川社長」と「滝沢秀明氏」「現在の副社長」は、昨年「6月16日」に話し合った際、「SixTONES」と「Snow Man」の「デビュー」を決めたそうです。「ジャニー喜多川氏」は「18日」に体調を崩し、救急搬送された末にそのまま入院しましたが、「滝沢秀明副社長」は「ジャニーさんの前で本人たちに伝えたい」と、「同28日」に「2組」を病室に呼び、「ジャニー喜多川氏」のそばで「デビュー」を伝えたそうです。ですが「SixTONESファン」は、「デビュー」にあたって「滝沢副社長がお気に入りのSnow Manをねじ込んだ」と疑っているようです。

その疑惑の一つの要因となったのが、「YouTube」の「ジャニーズJr.チャンネル」の卒業時期が異なる点です。「SixTONES」だけは「デビュー」発表後、すぐに単独の「アーティストチャンネル」を開設しましたが、「8月9日」に「ライブ配信」された「すとーんずのらじお」の中で、「僕たちが「アーティストチャンネルの開設を」聞いたのは約2カ月前」「6月頭、半ば。前半ぐらいですか。になるということで」「田中」と、「ドライブ旅企画第3弾」の「ロケ中」に聞いたと主張しました。ですが、実際の「ドライブ旅」は目撃情報や、撮影中の「メンバー」の発言によって、「5月上旬」だったことが判明しています。そもそも、「ドライブ旅シリーズ」の初回配信は「5月31日」であり、つじつまが合わないのです。




また、女性誌「with」「講談社」の「公式サイト」「withonline」が配信した「“デビュー会見全文レポート”」の「コメント内容」も疑惑を強めることになります。記事によると、「SixTONES・ジェシー」が報告を受けた「タイミング」について、「7月28日」と切り出すと、「Snow Man・深澤辰哉」が「いや、6月28日!」と訂正しました。指摘を受けた「ジェシー」は「6月28日にジャニーさんの病室で滝沢くんから聞きまして」と言い直していたといいます。「ファン」からは「記念日にこだわるジェシーが7月末と言い間違えたのはおかしい」などと日付に違和感を訴える声が上がることになります。さらに、「ジャニーズ公式携帯サイト・Johnny’s web」に掲載された「デビュー会見」の「レポート」がわずか数日で消えたことで、「デビュー報告の日に触れたくないのかも。怪しさ満点」などの声も続出しました。

「SixTONESファン」は、昨年「5月1日」に「大阪城ホール」で行われ、「エンタメサイト」「ISLAND TV」で生配信を実施した「単独コンサート」の中で、「“SixTONESがデビューを発表する予定だったのでは”」と、推測しているようです。最近では「デビュー曲」「Imitation Rain」を制作した「X JAPAN・YOSHIKI」の発言に注目が集まったばかりです。彼が「ニコニコチャンネル」「YOSHIKI Channel」「今年1月3日配信」内で、「本来であれば、たぶん9月ぐらいにリリースだったんじゃないかな。だけど、ズレてズレてズレてズレて っていうか、まぁ90%以上は僕のせいなんですけど」「1曲作るのに半年くらいかかっちゃった」と明かしたため、本来は「5月」に「デビュー発表」で、「9月」に「CD」を「リリース」する予定だったという疑いが再燃しました。

加えて、「Snow Man・岩本照」の一言も議論の対象になりました。「SixTONES」と「Snow Man」は「1月22日」放送の情報番組「ZIP!」「日本テレビ系」への出演が決まり、「岩本照」は「前回出演させていただいたとき、僕たちはまだデビューすることを知りませんでした」との「コメント」を寄せていました。ですが、「Snow Man」が「ZIP!」の「スタジオ」に登場したのは「7月15日」とあって、「6月28日にスノストデビューを聞かされたという話は嘘ってこと?」と、「ファン」が混乱します。「2組同時デビュー」のお告げは、「ジェシー」が会見で口走った「7月28日」が正しいのではとする声が強まりました。

そんな中、「SixTONES」が「1月19日」放送の「おしゃれイズム」「日本テレビ系」に「ゲスト出演」しました。「MC」の「くりぃむしちゅー・上田晋也」から「デビューは、やっぱりジャニーさんに「この1月にデビューしなさい」って言われたの?」と聞かれた際、「田中樹」は「ジャニーさんがもう倒れて、病院に入院されてたんですけど。僕たちがその前に、「昨年」3月にライブをやってたんですよ。横浜アリーナで。それを見てジャニーさんが「この子たち、Snow Manと一緒にデビューさせよう」って思ってくれていたらしくて」と、説明を始めました。

これまでの「ジャニーズ」では、「メンバー」は何も知らされないまま「デビュー会見」に向かうというのが定番の流れだったそうですが、「SixTONES」と「Snow Man」の場合は「ジャニーさんが倒れられちゃったので、急きょ滝沢くんに病室に呼ばれまして。で、「Snow ManとSixTONESで同時デビューするから」っていうのを事前に聞きまして、僕たちは。5月~、ぐらいに聞きまして」「田中」と告白しました。




これまで「6月」と「7月」の説は出ていたものの、「5月」は新情報だったことから、「SixTONESファン」は「やっぱり時系列問題は黒。モヤモヤする」「SixTONESが単独デビューを聞かされたのが5月で、スノスト同時デビューが決められたのが7月。表面上の日付が6月ってことかな」などと動揺しています。「田中樹」が間違えて「5月」と言った可能性もありますが、「樹の「5月」発言は完全に作戦」「樹が「5月」って言ったのは絶対にわざとだと思う」と受け止めています。

「19日」夜に投稿された同番組の「公式Twitter」によれば、この回は「数日前に収録したばかり」だったといい、「ほやほやトークです」「先程完成して あとは放送を待つのみ」とのことです。これにより、「収録から編集までの時間が短かったから、ぶっこむには絶好のタイミングだった。こんな小さな発言まで確認取らないだろうから」「ジャニーズが関与しない外部番組での発言なら、ほぼカットされることはない」と、「田中樹」が今回の収録に狙いを定めて「5月」と漏らしたと見る声もあるようです。

こうして、時系列問題の決着に躍起になる「ファン」とは対照的に、「本当は5月に発表だったとして、私たちはどうすればいい?」「樹くん、もう疑問しかない」と困惑する人や、「もうすぐCDが手に入るんだから、今さらもういいよ」と呆れ気味な「ツイート」も出ていました。

「デビュー」直前、紛らわしい発言で「ファン」の不安を助長させた「SixTONES」です。本心では、「Snow Man」との「合同デビュー」に納得していないようにも受け取れてしまうのですが。

「ファン」の意見も賛否両論あるとは思いますが、なんらかんら言っても明日が「同時デビュー」になるのですから素直に祝福してあげても良いように思いますけどね。



桐山照史★2020年引退の危機に陥る★島田秀平の手相占いに驚愕

こんばんは。
今日は「桐山照史★2020年引退の危機に陥る★島田秀平の手相占いに驚愕」の事をお伝えしたいと思います。

「ジャニーズWEST」の冠番組「エージェントWEST!」「朝日放送」が、「1月18日」深夜に放送されました。同番組は、「ゲスト」の「“ささやかな願い”」を叶える「トークバラエティ」で、先週に引き続き、「手相芸人・島田秀平」が出演しました。

「島田秀平」の「“ささやかな願い”」は、子どもが生まれたために飼い犬となかなか遊べないということで、「愛犬のブランを一日思いっきりねぎらって!」というものでした。この願いを叶える「ロケ」は、すでに「藤井流星」が実行済みですが、「島田秀平」が「ロケVTR」を見るには、「WESTメンバー」が出したお題にすべて答えなければなりません。ですが今回は特別に、手相占いでおなじみの「島田秀平」が「ゲスト」ということで、「WESTメンバー全員」の「2020年運勢ランキング」を発表することが、「VTR解禁」の条件となりました。




今週はいよいよ、「WESTメンバー」の「運勢ランキング」を発表しました。「島田秀平」は結果について、「1位」になった「メンバー」は「今年、この人を中心に芸能界が回るんじゃないか」と期待を寄せるも、最下位は「芸能界引退の危機」と不吉な予告をします。「7人中」、まず発表されたのは「6位」の「藤井流星」でした。手相を見たところ、薬指と小指の間に「不思議ちゃん線」という線があり、これは「島田秀平」いわく「2020年、不思議ちゃんがとまらない」暗示なのだそうです。続く「5位」は「濵田崇裕」で、億万長者の相と言われる「覇王線」「不動産線」を持っているものの、いい人過ぎて殻を破れないため、順位が低くなったといいます。

「4位」は「神山智洋」で、「運命線」を「2本」持つため、「島田秀平」いわく「二つの分野で活躍できる可能性を秘めている」のだそうです。「2020年」は「天狗にならないように注意が必要」ということで、真ん中の順位となりました。「3位」は「中間淳太」で、人差し指の付け根に「ソロモンの環」と呼ばれる手相があり、これは「近い将来、幸福が訪れる暗示」とのことです。ですが、「中間淳太」は「メンバー」から「イジ」られないと力を発揮できない「かまってちゃん」な一面があるため、順位が伸び悩んだようです。

続く「2位」は「重岡大毅」でした。「島田秀平」から「エロの権化」と言われる程、しっかりとした「エロ線」があるそうで、これは言い換えれば「魅力線」でもあるといいます。また、現状からもう一段階「ランクアップ」できる「成り上がり線」も見られるということで、思わずにやけ顔の「重岡大毅」でした。




そして注目の「1位」は、「小瀧望」でした。今年が本厄だという「小瀧望」は、「1位」だと聞いても信じられない様子です。そんな「小瀧望」に対し、「島田秀平」はさらなる活躍のために「高い設定でライバルの存在が必要」と「アドバイス」を送ります。すると、「小瀧望」は少し考えてから、「カメラ」に向かって「僕はいつか 木村拓哉さんを超えます!」と宣言します。これを聞き、「アドバイス」したはずの「島田秀平」が「メンバーの名前言うと思ったら、まさかキムタクさんの名前出るとは 引くわ~」と言いだし、力強く「おい!」と「ツッコミ」を入れる「小瀧望」でした。

浮かれる「小瀧望」に対し、最下位が確定してふてくされている「桐山照史」です。「島田秀平」によると「急激に老いが進みそう」とのことで、「メンバー」は大爆笑します。「桐山照史」はこの結果を聞き、「なんか最近、ずーと歯ぐきから血が出るのよね」と神妙な面持ちになります。もともと持っている手相は非常に良いものの、「お疲れ線」なる線が現れているそうで、心身ともに疲労が溜まる「1年」になると診断されていました。

今回の放送に「ファン」からは、「手相占いめちゃくちゃ面白かった!のんちゃんの大ブレークに期待!」「木村さんを超える宣言、かっこいい~!目標はそのくらい高くないとね」「照史くん、今年は頑張りすぎないでほしい。体調が一番大事だからね!」といった声が寄せられていました。

「桐山照史」の引退危機だけは現実になってほしくないですよね。



松本潤★嵐にしやがれで山田涼介に説教★なんか文句あるか&問い詰めた

こんばんは。
今日は「松本潤★嵐にしやがれで山田涼介に説教★なんか文句あるか&問い詰めた」の事をお伝えしたいと思います。

「嵐」の冠番組「嵐にしやがれ」「日本テレビ系」が「1月18日」に放送され、「松本潤」の「個人コーナー」「MJ倶楽部」に「Hey!Say!JUMP・山田涼介」が登場しました。

毎回、「松本潤」の「“リアル芸能人友だち”」が出演する「コーナー」のため、「山田涼介」の姿を見て「ガッツリ後輩だね!」と驚きます。そんな「山田涼介」は、ひそかに「MJ倶楽部に入りたい」という思いを抱いているそうです。最初は後輩という理由で「松本潤」から「入会できない」と言われるも、以前、「山田涼介」が「インタビュー」で「2020年までに松本潤になっていたい」と答えていたと「スタッフ」が伝えたところ、「松本潤」はあっさり「入会!」と宣言していました。




今回は「“肉好き”」だという「山田涼介」のため、「松本潤」は「シュラスコパーティー」を計画しました。ですが、「山田涼介」は「シュラスコ」を知らず、「フラスコしか聞いたことないです」とのことです。即座に「松本潤」から「退会!」と返されてしまいました。息のあった掛け合いをしたところで、「2人」は「シュラスコ作りで一番大事」だという窯を用意するため、材料を買いに「ホームセンター」へ。「松本潤」はここで「耐熱レンガ」を「120個」、「コンクリートブロック」を「28個」注文します。その数に圧倒された「山田涼介」が、「これを今から もう一回「台車から」降ろして」としどろもどろになっていると、「なんか文句あるか?」と「松本潤」。これには思わず「なんにもないです!やりましょう。大好きです、そういう作業が!」と、即答したのでした。

「ホームセンター」での会計は「4万円」超となり、支払いは「“自腹じゃんけん”」で決めることになりました。勝った方が自腹を切るという「ルール」で、現在、「7連続」自腹中の「松本潤」が今回はじゃんけんで敗れ、「山田涼介」が会計を持つことになりました。「ウソ~」と落ち込む「山田涼介」でしたが、「松本潤」から「4万円で俺と遊べるんだよ?」と言われると、「安いっすね、それは!」とすぐに納得します。

その後、移動中の車内では、「松本潤」が「King&Prince」の「シンデレラガール」「2018年」を好きだと言っていたことに触れ、「Hey!Say!JUMPでは「好きな曲」ないのかな?逆に知ってるのかな?」と「山田涼介」が質問します。これに「松本潤」が「あれだよ、「Ride With Me」「2013年」」と答えると、「山田涼介」は「あった!ないと思ってた!」と大喜びします。また「松本潤」は、「「Hey!Say!JUMPのデビュー」10周年のときさ、バラードみたいなの作ってなかった?ミディアムバラード。きれいな曲」と、ほかにもお気に入りの曲があるといいます。ですが「山田涼介」は「ミディアムバラードですか?」と、「ピン」と来ていない様子です。候補に挙がった「AinoArika」「2014年」を実際に聞いてみたものの、「松本潤」はしばらく考えた後、「いや、これじゃない」と「バッサリ」。結局、放送中にこれがなんの曲だったのかは判明しませんでした。




目的地に到着し、「20分」ほどで窯を完成させると、いよいよ「シュラスコ」作りに着手します。「メイン」の肉は「プロ」の手を借りることにして、「松本潤」は「トマト」を使った「ソース」を作ることになります。すると、「すみません、「トマト」苦手です」と「山田涼介」。これを聞いた「松本潤」が、冷たい声で「退会です」と再度宣告した途端、「トマト大好きです!入れましょう!」と焦って「フォロー」した「山田涼介」でした。その後、完成した「トマトソース」を食べると、「あれ?全然平気かもしれない」「おいしいですね!」と笑顔になる「山田涼介」。そんな姿に、「松本潤」はしみじみと「それはね、あなたが大人になって、味覚細胞が死んだ証拠です」と助言し、「喜ばしいことなのか、苦しいことなのかわかんないです」と、複雑な表情を見せたのでした。

この日の放送では、「松本潤」の「4万円で俺と遊べるんだよ?」発言が反響を呼んでおり、「ネット」上では「あのセリフはMJしか言えないわ さすがスーパースター!」「松本潤と1日遊べて4万って、どう考えても安すぎる「笑」」「人生一度でいいから「4万円で俺と遊べるんだよ?」って言ってみたい」といった声が集まっていました。

「JUNP」の人気「No.1」「山田涼介」も「松本潤」の前では可愛い後輩の「1人」でしかないようですね。



相葉雅紀★インスタの動画ネタに困窮★何を上げればいい&ファンにSOS

こんばんは。
今日は「相葉雅紀★インスタの動画ネタに困窮★何を上げればいい&ファンにSOS」の事をお伝えしたいと思います。

「嵐・相葉雅紀」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「嵐・相葉雅紀のレコメン!アラシリミックス」「文化放送」が、「1月17日」深夜に放送されました。今回は、「嵐」の「コンサート」中に活動しているという「マッスル部」の展望について「相葉雅紀」が語りました。




「あのね、折り入って相談があるよ」と「番組スタッフ」に声をかけた「相葉雅紀」は、「インスタグラムのストーリーズ。大体2週に2回くらい「動画」上げてんのよ、僕らは。何を上げればいいですか?」と、単刀直入に質問します。これに「スタッフ」が「ババ抜き実況。相葉さんの手元をずっと映してババ抜きをただやる」と即答するも、「1本15秒」程度しか動画の投稿ができないため、あえなく却下となります。

「スタッフ」はさらに「二重とび何回できるか?」「1人しりとり何個いけるか?」と「“チャレンジ系”」の「ネタ」を出し、「相葉雅紀」は自身の「マネジャー」へ「メモっといてね、メモっといてよ、今出たやつ」と指示します。そして「今度ここで撮るってのもあるな!」と、「相葉雅紀」は「ラジオ」の収録現場で動画を撮るのも一つの案だとして、「リスナー」に向けて「「ちょっとこんなのも見たい」なんていうのがもしありましたら、番組のほうにメールでもいただけたら」と呼びかけていました。

その後、「嵐」の「インスタストーリーズ」にて、「櫻井翔」が「筋トレ」をしている姿を見たという「リスナー」から、「相葉ちゃんも公演前、筋トレしてますよね?翔ちゃんのことを「“マッスル部”」に誘わないのですか?」との質問が届きます。「“マッスル部”」とは、「コンサート」中に「大野智、二宮和也、相葉雅紀」の「3人」が「筋トレ」を行う部活のことで、ほかにも「“スイーツ部”」なる部活があることが知られています。「相葉雅紀」はこの質問に「誘いたいけど、みんなルーティンがあるから」とのことで、「櫻井翔」を部に誘うのはためらっている様子です。




一方、「どっかで集まってやるっていうのもアリですけどね、週に1回ぐらいね。ジムとかで」と「コンサート」以外での活動にも意欲を見せる「相葉雅紀」です。「この日は3人で1時間トレーニングします」と事前に報告し、「マネジャー」に「スケジュール」を組んでもらうことまで提案していました。

この放送に「ファン」からは「マッスル部の部員!週イチで集まろ!それをインスタのストーリーに載せて!」「ラジオをやってる風景、ストーリーで見たいです!」といった「リクエスト」や、「「折り入って相談」っていうから何かと思ってビビったけど、相葉ちゃんらしくてホッとした「笑」」「翔さんには翔さんのルーティンがあるからって、部に誘わない相葉ちゃんの優しさよ!」などの「コメント」が寄せられていました。

何とか自分たちの姿を見て貰おうと「ファン」に「SOS」を出すところが「相葉雅紀」らしい心遣いが感じられますよね。



丸山隆平★カーレット★ミラクルシーン誕生で編集した&ええ&メンバー仰天

こんばんは。
今日は「丸山隆平★カーレット★ミラクルシーン誕生で編集した&ええ&メンバー仰天」の事をお伝えしたいと思います。

「関ジャニ∞」の冠番組「関ジャニ∞クロニクル」「フジテレビ系、1月18日放送」に「横山裕、丸山隆平、安田章大」が登場しました。今回は「丸山隆平」の持ち込み企画「丸山カーレットクラブ」が行われました。昨年「11月2〜3日」放送の「FNS27時間テレビ にほんのスポーツは強いっ!」にて、「関ジャニ∞メンバー」が「マイナースポーツ」に挑戦する「コーナー」があり、「丸山隆平」はそこで紹介した「カーレット」を、あらためて番組で取り上げたいといいます。

そこで「3人」が向かったのは、「東京・文京区」にある「地域活動センター」でした。「平均年齢約73歳、会員数100名」以上の「カーレット専門クラブ」「文京クラブ」の「メンバー」が、ここで日々練習をしているとのことです。この日も「約30名」の「メンバー」が練習していたものの、熱中するあまり「3人」に見向きもしない人が多数いたため、「丸山隆平」は思わず「言うても僕たち、日本のトップアイドルですよ?微動だにせずいるっていう」と不満げな様子です。すかさず「自分で言うなよ」と、「横山裕」が「ツッコミ」を入れていました。




そもそも「カーレット」とは、机の上で「カーリング」をする「スポーツ」です。「1チーム3~4人、2チーム対抗戦」で行う種目です。「1人2投」ずつ交互に「ストーン」を投げていき、最終的に「ストーン」が的の中央に近いほうが勝利となります。「丸山隆平、横山裕、安田章大」からなる「丸山カーレットクラブ」略称「M.C.C」は、「元日本チャンピオン」の「3人組」「文京Aチーム」から「レクチャー」を受けた後、試合を行うことになりました。

「3人」が教わったのは、「ストーン」をまっすぐ滑らせて的の中心を目指す技と、敵の「ストーン」を的から外す技です。それぞれ練習している間、「めちゃくちゃむずい、これ」と漏らす「横山裕」でしたが、勝負心に火がついたのか、いつの間にか企画を持ち込んだ「丸山隆平」よりも真剣に練習しており、「安田章大」から「目が本気」と恐れられる一幕もありました。

そんな「横山裕」が「もう試合やろうよ」と言いだしたため、練習もそこそこに試合を開始します。先行は「M.C.C」で、「安田章大、横山裕、丸山隆平」の順に「ストーン」を投げていきます。すると、「8投目」が終了しても的の中に「ストーン」がない接戦になります。残るは「丸山隆平」の「2投」と、「文京Aチーム」の「2投」となりましたが、「ストレート」に真ん中を狙った「丸山隆平」の「1投目」は的の外へ。続く「文京Aチーム」の「ストーン」は的の中に見事収まり、これにより、「M.C.C」は残り「1投」を的の中心に入れるしか勝ち目がない状況となります。




追い詰められた中、「丸山隆平」が「ラスト1投」を放ったところ、「文京Aチーム」の「ストーン」を弾き飛ばして、見事に的のド真ん中へ着地します。その場にいた全員が「ええ!?」「何で!?」と驚く「ミラクルショット」で、「横山裕」に至っては「今なんか、編集した!?」と事態を飲み込めないようでした。

これで「M.C.C」の勝利 と思いきや、実際の「ルール」では「3人2投」の勝負を「8回」続け、「トータル」の点数で競うのだといいます。今回は特別に「6回」勝負となるも、結果は「2対4」で「文京Aチーム」の勝利となりました。「元日本チャンピオン」の強さを思い知り肩を落とす「3人」でしたが、「みなさん上手だと思います」という対戦相手からの一言には、素直に「うれしい~!」と喜んでいました。

この放送に「ネット」上では、「自分のこと「日本のトップアイドル」ってサラッと言うところカッコよかった「笑」」「ミラクル起こす丸ちゃんさすが!見てて楽しかったし、自分もやってみたい!」「負けちゃったけど、初戦でこの結果はすごいよ。これからも頑張って続けてほしい」など、「丸山カーレットクラブ」へ応援の「コメント」も寄せられました。

「ミラクルショット」を見せられるところが男「丸山隆平」の魅力だと「ファン」も理解しているようですね。