4種類の冷え対策★不調の原因から体を守って美を呼び込もう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「4種類の冷え対策★不調の原因から体を守って美を呼び込もう」の事をお伝えしたいと思います。
11月」に入り「グンッ」と気温も下がり、街中では「ダウン」や「ファーコート」を目にすることが増えました。しかし「11月」の寒さなんて序の口です★これからまだまだ寒くなるため、今のうちに寒さ対策をしておかなければなりません。
冷えは、自律神経を乱し、疲れやすさや肌荒れなどさまざまな不調をもたらします。冷えは大きく分けて「4種類」あり自分はどの「タイプ」の冷えなのかを知り、対策していきましょう。

★「4種類」の冷えの原因と対策★

「1 末端冷え性」

原因
血管は自律神経によって、寒い所では収縮し、温かい所では拡張します。通常なら毛細血管のすみずみまで血管が行きわたり、手足の先も冷えることはありませんが、室内外の温度差が激しいと自律神経の調節機能が乱れて血管の収縮拡張がうまくいかず、手足の冷えにつながっていきます。

対策
寒い日は「マフラーや手袋、レッグウォーマー」などで手足首の防寒対策をして、冷えないように厳重に心がけます。そして冷えたらすぐに温めることが大切です。「ホッカイロ」を常備したり、帰宅後すぐに足湯をするなどして冷えている時間を長引かせないようにしましょう。




「2 内臓の冷え」

原因
冷たい食べ物や飲み物のとりすぎによる内臓の冷えが原因です。また、運動不足による代謝の低下も内臓の冷えの一因です。内臓が冷えると体の不調や肌荒れを感じやすくなりますが、冷えているのは内側なので自覚症状がないのが厄介です。不調が続くようならもしかしたら内臓の冷えが原因かも?

対策
体の芯から温まるものを食べるようにしましょう。また、血行促進作用のある「しょうがやにんにく、ネギ」の摂取もおすすめです。飲み物も白湯など温かいもので体を満たしましょう。

「3 筋肉不足の冷え」

原因
筋肉の衰えは血行不良につながり、冷えの原因となります。筋肉は使うことで熱を発して全身を温める効果があるため、体を積極的に動かして筋肉をつくることが冷えない体作りの第一歩です。

対策
筋肉を増やすには、まず運動をする習慣を身に付けることが大切ですが、まずは日々の移動などで「」よりも「動く」を心がけるだけでもいい運動量になります。「第二の心臓」と言われる脚を動かすことも大切で、「階段の上り下りや自転車、ウォーキング」は下半身が鍛えられて脂肪が効率よく燃焼され、冷えに強い体作りができます。




「4 薄着による冷え」

原因
オシャレ」な現代女性に多く、「ファッション」を優先したり着ぶくれが嫌で薄着ばかりしていると、皮膚の表面から体温がどんどん奪われ、体の芯から冷え切ってしまいます。

対策
三つの首」と言われる「首・手首・足首」を温めれば効率よく全身を温めることができます。冬の厚手の「ファッション」を楽しむのが一番ですが、最近では「オシャレ女子用」にさまざまな「冷え対策グッズ」が用意されています。薄手の「ヒートテック」や「80デニール」以上の「厚手のタイツ、貼るホッカイロ」などを活用して冷えから遠ざかるようにしましょう。

冷えは美を目指す女性の大敵です。ちなみに私は、「4番」以外のすべての冷えが当てはまっていました。今年の冬はいつもに増して寒さ対策をして不調なしで過ごしていきたいですね。

4種類」の冷え対策があればこの冬を乗り越えていけそうな気がしますね。





人気ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。