錦戸亮★抹消されたエグイ報道★へべれけ合コンはYouTubeで否定

BTS
Pocket

こんばんは。
今日は「錦戸亮★抹消されたエグイ報道★へべれけ合コンはYouTubeで否定」の事をお伝えしたいと思います。

「錦戸亮」と「赤西仁」が週刊誌の「“合コン報道”」を「YouTube」で「ネタ」にし、話題となりました。

「赤西仁」と「錦戸亮」が「ネタ」にしたのは「10月」に「女性のセブン」「小学館」が報じた「錦戸亮 武道館ライブ前夜にモデル風美女とへべれけ合コン撮」という記事のことでした。「錦戸亮」は「男性1人、女性2人」と都内の居酒屋を「2件」はしごします。「2件目」を出た「錦戸亮」は酔っぱらった女性の手を握り「エスコート」しながら二人で「タクシー」に乗ったものの、ひとりで家路についたという内容です。

「赤西仁」は、「共同YouTubeチャンネル」「NO GOOD TV」に投稿した動画で、「合コン報道」は事実なのかと「錦戸亮」を問い詰めました。というのも、二人は「共同プロジェクト」を始動するにあたり契約書を交わしており、そこには「週刊誌に撮られたら10万円以下の罰金ただし2回目以降は倍の額とする」との条件も明記しているからです。




「赤西仁」は「錦戸亮」が女性と一夜を共にしていないことを確認し、「“合コン報道”」を「フェイクニュース認定」しました。それでも「週刊誌に撮られた」ことは事実なので、「罰金10万円」の支払いは確定のようです。

週刊誌による「“合コン報道”」を「ネタ」にした二人に、「ファン」たちは「週刊誌はフェイクニュースをまき散らすな」と怒り、同時に「週刊誌をネタにするの最高!」「真実をちゃんと話してかっこいい」と歓喜します。「ファン」の多くは、「錦戸亮」の言い分を信用しているようです。

「錦戸亮」には「ジャニーズ事務所時代、合コン」よりも「“エグイ”」週刊誌報道が何度もありました。

たとえば「2018年8月、錦戸亮」が関西在住の「既婚20代女性」と「6年間」に渡り不倫関係にあったと「FRIDAY」「講談社」が報じた件がそれです。二人の出会いは「2012年、大阪」の「クラブ」で「錦戸亮」の方から女性を「ナンパ」したそうです。誌面には「錦戸亮」が半裸で熟睡する写真も掲載されていました。

「FRIDAY」は同年「9月」に、またしても「錦戸亮」の寝顔写真付きで、彼の不誠実な女性関係を報道します。内容は「錦戸亮」と肉体関係を持ったという名古屋市在住の女性による「“怒りの告発”」でした。女性によると、友人の誘いで女性は「錦戸亮」が滞在する「ホテル」での飲み会に参加し、「王様ゲーム」によって、「錦戸亮」と部屋に二人きりにさせられたといいます。




記事によれば、「錦戸亮」は「ハタチの子におじさんがこんなことしていいのかな」などと言いながら、避妊もせずに勝手に性行為を始めたそうです。女性は「錦戸亮」との行為以降、生理がきておらず不安な日々を過ごしていますが、「錦戸亮」が連絡先の交換に応じなかったため、思いを本人にぶつけることもできないとのことでした。

日頃、不倫報道で沸き立つような「ワイドショー」にとって格好の「ネタ」になりそうな話ですが、当時、「錦戸亮」の件が「テレビ」で扱われることは一切ありませんでした。「ジャニーズ事務所」への「“忖度”」であることは明らかです。

ですが「錦戸亮」は当時、「ジャニーズ事務所」に「守られる」一方で、反論の術も持ちませんでした。記事の内容に誤りがあったとしても、何も語ってはいけないとされていたのです。そう考えれば、独立して自由に反論できる今の方が「錦戸亮」にとっては良いのかもしれません。

ですが「スキャンダル」から守ってくれる組織はもういません。不誠実な言動には、十分に気を付けて欲しいものですね。

「錦戸亮」も「ファン」のためにも「へべれけ合コン」を認めることはできないですよね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました