櫻井翔★過去のパンツのぞき見行為を懺悔★許してくださいと謝罪した

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「櫻井翔★過去のパンツのぞき見行為を懺悔★許してくださいと謝罪した」の事をお伝えしたいと思います。

「嵐」の冠番組「VS嵐」「フジテレビ系」が「4月23日」に放送されました。この日の対戦相手は、「ジャングルポケット、 3時のヒロイン、 四千頭身」の「3組」による「トリオ芸人チーム」です。「嵐チーム」に加わる「プラスワンゲスト」には、俳優の「菅田将暉」と女優の「小松菜奈」が登場しました。




「4月23日」は「子ども読書の日」ということで、「オープニングトーク」では、子どもの頃に「ハマ」っていた本が話題になりました。これに最初に反応した「二宮和也」は、「江戸川乱歩」と即答します。「メンバー」から意外そうな声が漏れると、「そこが多分人生の読書のピーク」と、大人になってからはほとんど本を読んでいないことを匂わせながら、子どもの頃は乱歩作品をかなり読んでいたと明かしました。また、「大野智」は学校の図書室にあった「ズッコケ三人組」「ポプラ社」という児童書の名前を挙げ、「メンバー」は「わかる!」「読んだ!」と大盛り上がりしました。

その一方で、「俺、あんまり「本を」読んでないんだよな」と言う「相葉雅紀」は、「「週刊少年ジャンプ」「集英社」、「週刊少年マガジン」「講談社」、「週刊少年チャンピオン」「秋田書店」とかそういうのは全部読んだ」と、本ではなく漫画を読みふけっていたこと明かしました。「相葉雅紀」はさらに、「一番読んでたのが内田有紀さんの写真集」と、中学生時代に買ったことをたびたび公言している「内田有紀」の写真集「有紀と月と太陽と」「ワニブックス」を読み込んでいたと告白しました。「メンバー」はこれに呆れた顔を浮かべており、「二宮和也」からは「あれ「読むものじゃなくて」見るやつ!」と「ツッコ」まれていました。

そんな中、「松本潤」は「大人になってからなんだけど」と前置きし、一時期友人の子どもに「プレゼント」していたという「ぼくを探しに」「講談社」という絵本を紹介します。一部が欠けた球体の主人公が、その足りない「カケラ」を探しに旅に出る物語とのことで、「松本潤」は「カメラ」に向かって、「ちっちゃい子、読んでみたらいいんじゃないか」と呼びかけます。「二宮和也」は「売れるぞ~~!」と茶々を入れていました。




また、「櫻井翔」は「エルマーのぼうけん」「福音館書店」を読んでいたとのことです。保育園の頃、自分では届かない場所にその本が置いており、好きだった先生に取ってもらっていたそうですが、その際こっそり先生の「パンツ」を見たといいます。「二宮和也」はこれに「大冒険!」と「ツッコミ」を入れて、ほかの「メンバー」も大爆笑します。「櫻井翔」は「保育園の話ですから許してください」と苦笑いを浮かべていました。

この日の放送に視聴者からは、「絵本をプレゼントするのが潤くんらしい」「潤くんおすすめの絵本、本当に社会現象になりそう」「自分が持ってる絵本をメンバーも読んだと思うとうれしい」という声が集まっていました。

保育園の頃の大冒険として「櫻井翔」を許してあげてもいいのではないでしょうか。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました