少年隊★テレビ出演オファーもジャニーズNG★東山紀之&錦織一清&植草克秀が揃わない

ジャニーズ
Pocket

こんばんは。
今日は「少年隊★テレビ出演オファーもジャニーズNG★東山紀之&錦織一清&植草克秀が揃わない」の事をお伝えしたいと思います。

「12月12日、デビュー35周年」を記念して発売された「少年隊」の「ベストアルバム」「少年隊 35th Anniversary BEST」の「プロモーション」をめぐって、「メディア関係者」の間で不穏な情報がささやかれているといいます。「プロモーション活動」が行われないばかりか、「メディア露出」の多い「東山紀之」が「アルバム発売についてコメントすらしない」ことについては、「ファン」の間でも物議を醸していますが、そこには、かねてから報じられている「“メンバー間の溝”」が関係しているようです。

予約分が換算される発売前日の「デイリーランキング」では、「約1万2,000枚」を売り上げ、「初登場1位」を記録「オリコン調べ」します。「週間ランキング」上位入りも確実視されているものの、「メンバー」は「同ベスト盤」の「プロモーション」を現在まで一切行っていません。




「錦織一清」と「植草克秀」の「2人」は、年内に「ジャニーズ事務所」を退所することが決定しているだけに、これが「“ジャニーズ最後の作品”」になることは明らかです。それなのに、「3人」は「メディア」からの出演依頼に一切応じていない状況といわれています。

実際に「少年隊」の「“プロモーションNG”」については、「各メディア」も把握している話なのだといいます。

ある番組が、「CD発売」に合わせて、「少年隊」の出演を希望したそうなのですが、「ジャニーズサイド」から「NG」が入ったという話がささやかれています。どうもこの「ベスト盤」の「リリース」は、「メンバー」が前向きに決めたというよりは、「最後だから」との理由で、事務所や「レコード会社」が主導となって発売にこぎ着けたのだそうです。「錦織一清」や「植草克秀」にとっては、この「ベスト盤リリース」が、事務所から円満退所するための条件だったのではないかと見る向きもあるのです。




「2人」の退所後も、「少年隊」の名前は残すと発表されていますが、「週刊誌などでも報じられているように、錦織と植草は、東山やジャニーズサイドについて、少なからず不満があるということでしょう」といいます。

「ジャニーズ」最後の作品にもかかわらず、最後まで「3人」が揃わないことが、何よりも確執を物語っています。今年は「嵐」の活動休止も決定していますが、彼らはどれだけ不仲説を週刊誌などに報じられても、「ファン」への恩返しとばかりにさまざまな活動を展開しているのですが、「少年隊」は「嵐」とは違うようですね。

「ジャニーズ最古参グループ」にしては、なんとも悲しい幕切れになってしまいそうですが、「ベストアルバム」によってあらためて「少年隊」の偉大さを実感している「ファン」は多い様子です。いつまでも「ファン」の心の中で輝き続ける存在でいてほしいものですね。

たとえ「メンバー間」の溝あったとしても「プロ」としての行動や言動は最低限必要だと思うのですが。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました