とよはり情報局

山下智久★亀と山P★アルバム発売の記事削除の裏で音楽活動は盤石体制と関係者が語る訳

こんばんは。
今日は「山下智久★亀と山P★アルバム発売の記事削除の裏で音楽活動は盤石体制と関係者が語る訳」の事をお伝えしたいと思います。

今年「10月」に「ジャニーズ事務所」を退所し、現在は海外に活動拠点を移している「山下智久」です。「12月13日」に更新した「インスタグラム」で、「2年前」に開催した「ソロライブツアー」を「最高の瞬間でした」と振り返りながら、音楽活動再開を示唆したことにより、「ネット」上には賛否両論が寄せられていますが、音楽業界関係者によれば、「山下智久はすでにソロ活動にあたって盤石の体制を築いている」といいます。

「山下智久」は、「KAT-TUN・亀梨和也」との「ユニット」「亀と山P」名義での初の「オリジナルアルバム」「SI」を「4月29日」に「リリース予定」でしたが、「新型コロナウイルス感染拡大」の影響により、発売は延期になりました。また、「5月」と「6月」に「大阪・東京」で開催予定だった「コンサート」「KAME & YAMA-P Dome Tour 2020 SI」も全公演中止となり、「ファン」はあらためて「リリース日」や公演日程が発表されるのを心待ちにしていました。そんな中で、「8月7日」に「ニュースサイト」「文春オンライン」が、「山下智久」と「亀梨和也」の「“未成年女性との飲酒”」を伝え、「山下智久」に至っては未成年女性を「“お持ち帰り”」していたとも報じられたのです。




これを受け、「ジャニーズ事務所」は「亀梨和也」を厳重注意処分、「山下智久」に関しては一定期間の芸能活動自粛処分を下していた中、「11月10日、ジャニーズ」は「山下智久」が「10月末」に事務所を退所したことを発表しました。

「“発売日未定”」のままだった「SI」のこともあり、「ネット」上には困惑する「ファン」の書き込みが続出しました。そんな中、「12月18日」配信の「スポニチアネックス」が、時機を見て「SI」が「リリース」される方向だと伝えましたが、その後、記事は削除されています。「ジャニーズサイド」、もしくは「レコード会社」から「ストップ」がかかったのかもしれませんが、業界関係者によると、「亀梨和也」との「ユニット活動」はさておき、「山下智久」の「ソロ活動」に関しては着々と準備が進んでいるようです。

現に、「山下智久」本人も先に挙げた通り、今月「13日」の「インスタグラム」で、「そんな時間をまた、皆さんと一緒に過ごせる日が来る事を信じています。その日の為に沢山準備をしています。そして、また会える日を心から楽しみにしています」とつづり、「コンサート開催」に意欲をみせています。

「ネット」上では「ファン」から「エール」が寄せられる一方、「「亀と山P」がどうなるかもわからない中で、自分だけ音楽活動再開?」といった批判も出ていました。ですが「山下智久」は、「大物音楽プロデューサー・A氏」の「サポート」を得て、来年にも音楽活動を再開するとい言われています。「A氏」は以前、「SMAP」の「プロデュース」にも深く携わっていたため、「SMAP」の「元チーフマネジャー・飯島三智氏」を通じて「山下智久」とも交流があったそうです。




「飯島三智氏」といえば、「ジャニーズ」の「現社長・藤島ジュリー景子氏」と派閥争いをしていたことも有名ですが。

「山下智久」は、「ジュリー派閥」から「飯島派閥」に「“鞍替え”」した過去があり、その流れで「2012年」には「連続ドラマ」「MONSTERS」「TBS系」で「元SMAP・香取慎吾」と「ダブル主演」を務め、その「ドラマ主題歌」で「ユニット」まで組みました。ですが、「飯島三智氏」が失脚して「ジャニーズ」から去ると、「山下智久」は「ジュリー派閥」に「“出戻り”」して、「2005年」の「連ドラ」「野ブタ。をプロデュース」「日本テレビ系」で「ダブル主演」した「亀梨和也」と「ドラマ」「僕、運命の人です」で「再タッグ」を組み、したのです。それなのに、今度は「スキャンダル」を起こした揚げ句、いきなり「ジャニーズ」を退所します。この時点で、「A氏」が「山下智久」を「バックアップ」することは確約されていたようですが、退所の経緯を踏まえると、これは「ジャニーズ」だけでなく、もともとの仲介役だった「飯島三智氏」に対しても失礼な話といえるでしょう。「香取慎吾」も風見鶏のような動きを見せる「山下智久」に腹を立てているようです。

結果的に、「ジュリー・飯島両氏」を二度も裏切る形で活動を続ける「山下智久」です。来年発表されるであろう「ソロ活動」を、「ファン」はどう受け止めるのでしょうか。

「ジャニーズ退所」以降も「山下智久」を支援しようとする人物が存在していることに驚いてしまいますよね。



Exit mobile version