有馬記念★キタサンブラック 1枠2番★公開枠順抽選会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「有馬記念★キタサンブラック★1枠2番 公開枠順抽選会」の事をお伝えしたいと思います。

11年」ぶりに「クリスマスイブ」の開催となる年末の「名物レース」「有馬記念」です。これまでさまざまな「ドラマ」が繰り広げられてきましたが、今年は「ファン投票」で「1位」に選ばれた「キタサンブラック」など「全16頭」が出走予定です。「冬のグランプリ」の栄冠と、「1着」の「獲得賞金3億円」を目指して争うこととなりました。「12月21日:木」には、公開枠順抽選会「2017 有馬記念フェスティバル」が開催され、全馬の枠順が決定しました。

有馬記念」は通常の「レース」とは異なり、「ファン投票」で選ばれた「上位10頭:登録馬のうち投票数の多い順」と出走馬決定賞金の多い順に選ばれた馬で争われる、世界的に見ても稀有な「レース」である「日本では夏に開催されるG1宝塚記念も同様のシステム」です。そしてさらには、「3年前」から野球の「ドラフト」のように出走枠順抽選を公開しています。「トリッキー」な「コース」とされる中山競馬場で有利といわれる内枠をめぐって、新たな「ドラマ」を生んでいます。

抽選システム」は、用意された「2つ」の「抽選ポット:馬名と枠順」のうち、まずは「馬名ポット」から「カプセル」で密封された「馬名ボール」を選択し、次いで「カプセル内」の紙に記された馬名の調教師や騎手が「枠順ポット」から「枠順ボール」を選んで枠順が決定します。これを全馬繰り返し行うというものです。




馬名ポット」から「馬名ボール」を選ぶのは、「2017年JRAプロモーションキャラクター」を務め、さらには同日、「2018年」も引き続いて「同キャラクター」を担うことが発表された「女優:高畑充希さん」と「俳優:柳楽優弥さん」です。「2人」がそれぞれ交互に「馬名ボール」を選択していきました。

最初に「高畑充希さん」が選んだのは「サウンズオブアース」でした。「トップバッター」に選ばれた感想を問われ、「藤岡健一調教師」が「「1枠」1番を引ける気がする」と意気込む中、「C・デムーロ騎手」が引いたのはまさかの「8枠16番」でした。これには関係者一同、苦笑いを浮かべるほかなかったようです。

抽選が続いていき、「6番目」に名前を呼ばれたのが本年の「主役キタサンブラック」でした。ここまで「G1・6勝」を挙げる実力馬がどの枠を引くのか会場が固唾を呑んで見守りました。

武豊騎手」が引いたのは「1枠2番」でした。前年の「1枠1番」に続いての「好枠ゲット」に「一番欲しい枠でした」と「コメント」するなど、その強運ぶりを見せつけました。




全馬の枠順が決定した後、会場を変えて行われた「レセプションパーティー」では、「2017年度 ロンジンIFHA国際功労賞」授与式が行われ、「武豊騎手」は「アジア人」として初めて同賞に選ばれました。

また、「キタサンブラック」の「オーナー:馬主」で歌手の「北島三郎さん」が共同記者会見に登場しました。その中で「北島三郎さん」は「思い出すとあっという間の3年ですね。まるで自分の子どもがどこかへ行ってしまうような寂しさを感じます。ですが状態のいい時に、新しい出発をしてもらいたいなとも思います。やっぱりかわいいから」と「同レース」が「引退レース」となる愛馬への複雑な胸中を語りました。

また、「2015年菊花賞」や「2016年天皇賞・春」など「キタサンブラック」が「大レース」に勝利した後に数度行われた「北島三郎さん」の代表曲「祭り」の生歌を競馬場で披露する「“キタサン祭り”」について「僕は歌手ですからね、プロはやたらめったら歌っちゃいけません」と一度は否定しつつも、「でも人間ですから、ファンの雰囲気によっては出ちゃうんじゃないかと今から心配しています:笑、これはもう心配じゃないですね、雰囲気があれば感謝を込めて歌いますよ、僕は」と力強く語り、最後に「キタサンブラック」への応援を「ファン」に呼びかけました。

JRA史上最多タイ」となる「芝G1レース7勝目」を目指す「キタサンブラック」が有終の美を飾り「“キタサン祭り”」は行われるのでしょうか。はたまた「ライバル」による逆転劇はあるのかなど、見どころ満載の「2017年有馬記念」です。「12月24日:日」「15時25分」に行われる大一番を見逃さないでくださいね★

キタサンブラック」の有終の美を飾ってもらい「2017年」「G1レース」を締めくくりたいですよね。





人気ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。