yositosi

小山慶一郎★毎日怖い。朝や夜に無性に不安になる★15周年ライブ直前に吐露

こんにちは。
今日は「小山慶一郎★毎日怖い。朝や夜に無性に不安になる★15周年ライブ直前に吐露」の事をお伝えしたいと思います。

「NEWS・小山慶一郎」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「KちゃんNEWS」「文化放送」です。「8月11~12日」に「味の素スタジアム」で「15周年ライブ」を開催した「NEWS」ですが、公演前に収録した「14日」深夜放送の「ラジオ」では、「ライブ」にかける思いや「ファン」への「メッセージ」を口にしていました。

「7月25日」に放送された「2018FNSうたの夏まつり」「フジテレビ系」について、「4人が肩を組み楽しそうに歌っている姿を見て、思わず泣いてしまった。また、NEWS4人の歌唱力が今まで以上に心に響いてきた感動の時間でした」という「メッセージ」が「リスナー」から寄せられると、「小山慶一郎」は「うれしいね、泣いてくれるんですね。こういうふうに」と「コメント」しつつ、

「僕個人としては、「NEWS4人の歌唱力が」ってところが、なんか僕も入れてもらえてうれしいなって思うし。僕も今、時間がある中でたくさん練習をしています。なので、それをね、NEWSに還元できるように、すぐには成長するのは難しいかもしれませんが、必ずみなさんの心に響く歌が歌えるように、たくさん練習していきたいと思うので。はい!頑張っていきたいと思います」




と、最近は積極的に歌の練習に励んでいることを明かしていました。

また、今年の春に新社会人になったという「リスナー」から届いたお便りも紹介しました。「今していることは、自分がしたいことなのか?今の業界に興味があるのかもわからなくなってしまった。プラスに気持ちを切り替える方法があれば教えてください」との内容で、これに「小山慶一郎」は、新社会人になったばかりで「変化が怖い時期だと思う」と言った上で、「すごくわかります」と「コメント」しました。

自分で「変化 怖い」と、「ネット」で検索したこともあると言い、

「いろいろと僕は最近本をたくさん読んだりとか、まぁいろんな人の言葉を目にしたりして聞いたりとかしていく中で、なんか僕が一番しっくりきたのは「現状維持は衰退だ」と。「変化を楽しむ。変化は進歩だ」って、いうそういうふうに書いてあるもの」

と、印象に残った言葉を挙げて「その進化を変わっていくことを恐れるのではなく、楽しんでみたらいいと思うんだよなぁ」と「アドバイス」しました。




変化を楽しむのは難しいことですが「現状維持=衰退」だと考え「変化していることは前に進んでいることでもある」と自分に言い聞かせれば、「意外と楽しめる方法に「考えを」シフトチェンジできる」といいます。

ただ「でも怖いけどね、毎日怖い。毎日怖いし、うん、なんか朝起きて無性に不安だったり、夜寝る前に不安だったりとか。う~ん、たくさん不安になることあるけれど」と、不安を吐露する場面もありました。そして、「まぁ「進もうじゃないか!共に」。生意気言ってすみません」と、「ファン」に向けて「メッセージ」を伝えてたのでした。

これら「小山慶一郎」の発言に、「ファン」からは「怖いとか不安になるとか、自分の弱さを話せる人間って、実はすごい強い人間だと思うんだよね」と、「小山慶一郎」は強いと評する声や、「もちろんだよ、ファンは共に進んでいくに決まってるじゃないか!!」「いつまでも共に歩いていくよ」などと、温かい声援が「SNS上」に続出しました。

応援する人を心配させてばかりの「小山慶一郎」ですが、これまでの反省を踏まえつつ、より良い方向に変わってくれるのであれば、「ファン冥利」に尽きるというものでしょう。

活動再開以降の「小山慶一郎」の言動には明らかに責任のある大人の対応ができているような気がしますよね。





ジャニーズランキング

松本潤★大野智&二宮和也★バク転超重い発言★できない奴が言うな★ファン非難

こんにちは。
今日は「松本潤★大野智&二宮和也★バク転超重い発言★できない奴が言うな★ファン非難」の事をお伝えしたいと思います。

「8月11日」に「オンエアー」された「嵐にしやがれ」「日本テレビ系」での、「嵐・松本潤」の発言が「ネット上」で物議を醸しています。この日は「松本潤」の企画「MJ倶楽部」に、「ジャニーズ事務所」の「後輩・King&Prince」の「岩橋玄樹」と「平野紫耀」が出演しました。彼らとの「トーク中、嵐メンバー」を「イジ」る発言をした「松本潤」に対し、「一部」の「嵐ファン」が不快感を示しているといいます。

「“MJ”」こと「松本潤」が、「ゲスト」と「カッコイイ男の遊び」を満喫する「MJ倶楽部」です。今回は「5月」に「CDデビュー」したばかりの「King&Prince」の「岩橋玄樹&平野紫耀」が登場し、「メンバーカラー」などについて話を聞いた後、「松本潤」が「平野紫耀」に向けて「得意なことは?」と質問しました。すると「平野紫耀」は「アクロバットですかね、僕は」と答え、「松本潤」は「じゃあ、「ここでなんかやって」って言ったらなんかできんの?」と無茶ぶりします。すぐさま華麗な「バク転」を披露した「平野紫耀」に、「松本潤」は「軽いね、やっぱ。さすが20代!2年前ぐらいかな?うちのリーダー「大野智」とニノ「二宮和也」がバク転やってたけど、超重そうだった。ギリギリだったよ」と、「嵐メンバー」の例を持ち出しながら後輩を「ベタ褒め」しました。




「松本潤」が思い浮かべた「大野智」と「二宮和也」の「バク転」とは、おそらく「2015年」の「アルバム」「Japonism」「よいとこ盤」に収録された「日本よいとこ摩訶不思議」の「パフォーマンス」のことのようです。「少年隊」を「カバー」したこの楽曲は、「ミュージックステーション」「テレビ朝日系」でも披露され、「二宮和也、大野智、相葉雅紀」は「バク転」に「チャレンジ」しました。「テレビ」での「アクロバット」は久しぶりだっただけに、大きな話題になりました。

ですが、前述の「超重そうだった」発言が主に「大野智&二宮和也ファン」の怒りを買う事態になったようです。「平野紫耀」に花を持たせるための「コメント」だった可能性はあるとはいえ、そもそも「松本潤」自身は「バク転」ができないことが「ファン」の間で知られています。そのため、「一部」からは「バク転できない人が、できる人を下げるのは違う。ファンが落胆する冠番組って 引くわ」「バク転できない奴が何言ってんの 自分ができないことで他人を下げるとか、最低」「平野くんのバク転と比べて重いバク転だって。MJは「できない」の一言も言わなかった。嵐が仲間を下げたらダメ」と、非難の声が多く上がりました。

特に「大野智ファン」からの「バッシング」が強い印象で、「大野智」の歌唱力や「ダンス技術」に惚れ込んでいる分、「“バカにされた”」と憤慨しているようです。また、「二宮和也」について「「バク転重そうだった」って言ってる時、ワイプのニノが全然笑ってない。できない人に言われたくないよね」と、気にかける人もいたようです。一方、「日本よいとこ摩訶不思議」を歌った当時は、「2人」に加えて「相葉雅紀」も「バク転」をしていたため、「相葉さんのバク転は軽々としてたように見えた?」「相葉さんもやったのに」といった指摘が見受けられました。さらには、これを機に「Twitter上」に「大野智」と「二宮和也」の「バク転シーン」をあらためて投稿する「ファン」もいたようです。




「松本潤」を叩く意見のほかには、「長年連れ添ったメンバーだからこそ言えること」「別に2人のことをけなしたんじゃなくて、後輩に花を持たせるために言った台詞でしょ。メンバーとの信頼があるから言えることだよ」などと、いちいち「“目くじら立てるな”」と擁護する声もあり、議論が紛糾しています。

「大野智」や「二宮和也」らが「日本よいとこ摩訶不思議」で「バク転」に挑戦した時はすでに「30代」に突入しており、体を張った「バク転」は危険性もはらんでいました。「バラエティ」の「ワンシーン」といえど、「2人」の「ファン」にとっては仲間内での「“毒づき”」が耐えられなかったのでしょう。「ファン人口」が多い「嵐メンバー」だからこそ、発言には十分に気をつけるべきなのかもしれないですね。

いくら仲間内発言だとはいえ、自分が苦手なことを棚に上げて下げる発言は「ファン」として良い気はしませんよね。





ジャニーズランキング

村上信五★27時間テレビ会見で沈黙★ジャニーズ禁断ネタ

こんばんは。
今日は「村上信五★27時間テレビ会見で沈黙★ジャニーズ禁断ネタ」の事をお伝えしたいと思います。

「関ジャニ∞・村上信五」が、「9月8日」から「9日」にかけて放送される「FNS27時間テレビ~にほん人は何を食べてきたのか?~」「フジテレビ系」の記者会見に、「ビートたけし」とともに出席しました。昨年に引き続き、同番組の「MC」を担当する「2人」は、「2年目」ということもあって息が「ピッタリ」です。「ビートたけし」は「日本ボクシング連盟前会長・山根明氏」を「ネタ」にする爆笑会見だったというのですが、ある記者の「“KY質問”」が飛び出した際には、「村上信五」が凍りついてしまったのだといいます。

「ビートたけし」は冒頭から「イスが違うじゃないか」「肉は和牛しか食わない」と、「山根明氏」の「イジ」りを連発します。「村上信五」も「シャンパンもフルーツも置いてますから」と応戦し、芸人さながらの進行を行っていました。




「ビートたけし」は「村上信五」に対して「フォローがうまくなった。変な間をあけない」と発言するなど、「ジャニーズ事務所」で定評のある「村上信五」の「MC」に、全幅の信頼を置いているようです。ところが。

会見終盤、「ビートたけし」に対してある男性記者が「村上さんが「T.Nゴン」にきてくれたらうれしいんじゃないですか?」と質問しました。「ビートたけし」は今年「3月」、長年所属した「オフィス北野」から「“独立”」し、個人事務所「T.Nゴン」に移籍しています。ほぼ同時期から、「金銭トラブル」や愛人とされる女性の存在が報じられるなど、物議を醸しました。

「ジャニーズ事務所」にとっても、解散してしまった「SMAP」をはじめとして、独立や移籍の話題は「ご法度」です。質問した記者は、ここでも「村上信五」の返しや、「ビートたけし」の爆弾発言に期待したのでしょうが、残念ながら会見場を、おかしな「ムード」にしてしまったようです。

「村上信五」は突然硬い表情になって、黙りこんだようです。一方の「ビートたけし」も「俺が稼いだ分は俺の懐に入れるから」と、よくわからない返答で、「村上信五」が間を埋めることもなく「シーン」となってしまいました。質問する記者が悪いんですが、「村上信五」も「“独立・移籍ネタ”」には、黙ることしかできなかったようです。




いまでこそ「“名司会者”」と持ち上げられることも多い「村上信五」ですが、その片鱗は、「10年前」に「戸田恵梨香」との熱愛を報じられたときから、すでに見えていたといいます。

女性誌でお泊まり愛と報じられると、「09年」の一人舞台「If or…」の「公開リハーサル」の会見で、「戸田恵梨香」について「油断してました。いいお友達です」「今年に入ってからは会ってないし、連絡も取ってない。あ「あけましておめでとう」ぐらいはあったかな?」と、「石田純一」ばりにおもしろおかしい「トーク」を繰り広げたようです。昨年「10月」にも、「小島瑠璃子」との交際が報じられており、親密関係だったのは明らかですが、「テレビ」をはじめとして「各メディア」で自ら「ネタ」にして、いまではすっかり「“なかったこと”」になっています。

なお、「ビートたけし」は別の記者会見で、「SMAP元マネジャー飯島三智氏」や、対立が報じられた「藤島ジュリー景子副社長」を「ネタ」にして返したこともありました。「村上信五」がこの域に達するのは、まだ先ということでしょうか。

いくら「村上信五」の「MC力」が上がったとは言え「ビートたけし」の「レベル」にはまだまだ時間が必要でしょうね。





ジャニーズランキング

堂本剛★ちょっと時間軸が変わってる★ジャニーズ事務所の変化に言及

こんにちは。
今日は「堂本剛★ちょっと時間軸が変わってる★ジャニーズ事務所の変化に言及」の事をお伝えしたいと思います。

「KinKi Kids」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ番組」「KinKi Kidsどんなもんヤ!」「文化放送」が「8月13日」深夜に放送され、「堂本剛」が「TOKIO」の「長瀬智也」について語る一幕がありました。

今回紹介された「リスナー」からの「メッセージ」は、「長瀬智也くんが番組でウシガエルを釣り上げていたけど、釣り好きの剛くんは釣りの話はしたことある?」というものです。以前から釣り好きを公言し、その理由を「釣りは誰とも話さなくていいから」と語っていた「堂本剛」です。「長瀬智也」と釣りについて話すかといえば、「「最近、釣り、行ってんの?」「あ、全然行ってない」で、終わりましたけどね。この間「ブンブブーン」の時かな?」と、「6月9日」に「長瀬智也」が「ゲスト出演」した「KinKi Kidsのブンブブーン」「フジテレビ系」に触れつつ、話はあまりしていないと明かしました。

「長瀬智也」も「20年以上」の釣り歴があり、「TOKIO」の冠番組「ザ!鉄腕!DASH!!」「日本テレビ系」で釣り指導を受けたおかげで、かなりの技術を持っていることが知られていますが、「堂本剛」も「長ちゃん、バス釣りがメインやってんやろね。お仕事でいろんなところ行って、釣りのシーンもやったりしてはるから」と、「長瀬智也」の釣りの腕前を「チェック」していたようです。「堂本剛」自身は、「釣りしたいね!って思いながらなかなかできないよね」と、あまり釣りができていないようです。




「KinKi Kids」と「長瀬智也」といえば、以前に放送された「TOKIOカケル」「フジテレビ系」で、「Jr.時代」、釣りに行こうとして朝早く合宿所を出たものの、早く着きすぎてしまったために「ラブホテル」で時間を潰したということを明かしています。「回るベッド」があったため、「3人」で楽しんだなどの「エピソード」も披露していました。

そんな思い出もある「長瀬智也」について、「長瀬くんも、同い年っていうか、同世代。1個上ですけどね。こんなに長い付き合いになると思ってないもんね、お互いね」と感慨深そうに語り、

「いい意味でね。昔でいうと、ジャニーズ事務所っていうところでお仕事して、だいたいこれぐらいの年になったら、こういうことを考えてっていう、世の中の流れあったじゃないですか。だいたい何歳ぐらいになったら、こういうことをする人が出てきたりっていう。それがちょっとね、時間軸が変わってるから」

と、かつてはある程度の年齢になったら解散や独立などがあったものの、現在はそういう流れ自体が廃れており、結果的に同じ「メンバー」と仕事を共にしていると説明しました。




「これだけ長い間、時代を共にした人と何やかんややってるっていうのは、あんま思ってなかったから。たまにお仕事でご一緒したりすると不思議な感じするよね」

と、感慨深そうに話していたのでした。さらに、「長瀬智也」の外見について「本当に男前な、男らしい感じで年取ってますね。あのまま、ダンディでいってほしいですけどね」と期待を語りました。

「長瀬智也」と「堂本剛」の関係に、「リスナー」からは「キンキと長瀬くんがのんびり釣りする番組見たい!」「長瀬くんと釣りしたいんだねー。実現させてほしい」と希望する声が上がっていました。

お互いに「デビュー」から今まで良い時も悪い時も頑張ってきた証がにじみ出てきて大人の風格さえ漂ってきますよね。





ジャニーズランキング

三宅健★THE夜会ウラ話披露★カットされた過去最高感動シーンとは

こんにちは。
今日は「三宅健★THE夜会ウラ話披露★カットされた過去最高感動シーンとは」の事をお伝えしたいと思います。

「V6」の「三宅健」が「パーソナリティ」を務める「三宅健のラヂオ」「bayfm」です。「8月13日」深夜の放送回では、「三宅健」が「タッキー&翼・滝沢秀明」と「ゲスト出演」した「櫻井・有吉THE夜会」「TBS系、7月19日放送」の裏話を語りました。

「櫻井・有吉THE夜会」では、「滝沢歌舞伎」で「三宅健」と共演している「滝沢秀明」と「ジャニーズJr.」が、「三宅健」の「39歳」の誕生日に「“バースデーサプライズをする”」という内容が紹介されました。その「サプライズ」とは、「三宅健」の楽屋から「ステージ」に続く廊下に、「デビュー」から現在に至るまでの「写真パネル」が飾られたり、「滝沢秀明」と「Jr.」が「WITH LOVE」を「ダンス」しながら歌ったり、「滝沢秀明」からの手紙が読み上げられるという、盛りだくさんの内容でした。




「いや~、これは本当にちょっと僕もオンエアーを見させていただきましたけども、あの中では全てが切り取られていないというね」と話しだした「三宅健」は、「200mの道のりの、僕の写真のパネルっていうと、相当の数ですから。そこに、滝沢をはじめとする後輩くんたちがメッセージを書いていてくれて。泣けるようなことが書いてあったりするんですよ」と、全部の「パネル」を写真に撮り、「メッセージ」を読んだと語ります。

「「WITH LOVE」が始まったときに、滝沢もJr.もスタッフも見なきゃいけないし、もう忙しいわけ。中には泣きながら踊ってる人もいるし。あれね、映ってるのは向井「康二、関西ジャニーズJr.」くんだけですけど、意外とみんなめちゃくちゃウルウルしてましたよ。まぁ、でもカメラがどこかにいるっていうのは、なんとなくわかったので、泣きたくないなとは思いましたけど」と告白しました。

「夜会」では、「三宅健」から涙は流れていないという「VTR」のつくりでしたが、実は涙が流れていたことを「三宅健」は番組中に告白し、「スタッフ」を「ポンコツ」呼ばわりしている場面も放送されました。




「オンエアーではカットされてましたけど、僕がコメントしたのが「今までの誕生日の中で、この39歳の誕生日が過去最高感動したかも」っていうのは、みんなに伝えたんですけど。そのくらい、とっても良い時間があの空間には流れていて、もう、それが何にも収まっていないっていうのは、もったいないですね」と、放送されなかった「シーン」を残念そうに振り返りました。

その後は、「パネル」に書かれた「ジャニーズJr.」からの「メッセージ」を紹介しました。「健くん。子どもの頃、健くんに出会って人生変わりました。健くん大好き一生健命。林翔太」「三宅くんのファッション、マネるためにいっぱい洋服買ってます。目黒蓮」「健くんにとって笑顔、幸せが溢れる一年になりますように。宮舘涼太」「これからも僕の憧れです。向井康二」「健くんのストイックなところ、メチャクチャ尊敬してます。草間リチャード敬太」「人生を楽しんでる姿、本当に尊敬します。大橋和也」「日本一美しい39歳。正門良規」「アイシテマス。佐久間「大介」」

「一つ」ひとつ丁寧に「メッセージ」を読み上げ、「こんなにもたくさんの方々からお祝いをしていただいて、僕としては、とってもとっても幸せな1日でした」と、「サプライズ」に感謝の気持ちを伝えたのでした。

感動の場面を見事に「カット」されたのでは後輩からの感動の「メッセージ」の意味がなくなっていまいますよね。





ジャニーズランキング

櫻井翔★文春報道時★ドイツ一人旅★交際報道余波★関係消滅の可能性

こんにちは。
今日は「櫻井翔★文春報道時★ドイツ一人旅★交際報道余波★関係消滅の可能性」の事をお伝えしたいと思います。

「テレビ朝日」の「小川彩佳アナウンサー」との破局、「15歳年下」の女子大生との交際が報じられた「嵐・櫻井翔」ですが、「ファン」の混乱から逃げるように、ひとり海外旅行を満喫していたといいます。行き先は「ドイツ」で、関係者には「一人旅です」と説明していたそうですが、本来なら「二宮和也」と同じく、「“彼女同伴”」での旅行だったのかもしれません。

「8月8日」発売の「週刊文春」「文藝春秋」では、「二宮和也」と「伊藤綾子アナウンサー」の海外旅行、そして「櫻井翔」の新恋人について詳報されました。「小川彩佳アナウンサー」とは「4月」に破局しており、その後急接近したのは、都内有名大の「4年生、A子さん」だったといいます。




ですが、結婚の意志が固まりつつあるとみられる「二宮和也」に比べて、「櫻井翔」と「A子さん」は、まだ「“友達以上恋人未満”」にも見える状況のようです。「ネット上」では、「A子さん」の身元を特定し、「バッシング」を浴びせる声も出ていることから、「A子さん」から「櫻井翔」との関係をすでに解消したのでは、という意見も出ているようです。

ですが、「文春」発売の「タイミング」で「櫻井翔」は、どうやら 「“海外脱出”」を図っていたようです。

「櫻井翔」はもともと旅行好きで知られ、過去にも「カンボジア」や「トルコ、インド」への弾丸旅行を明かしています。今回も、「1週間」もない休みですが、強引に「ドイツ旅行」を組み込んだようです。




「A子さん」の知人が「文春」に証言したところでは、「A子さん」は「櫻井翔」から旅行に誘われているものの、ついていっていいものか、迷っていたようです。

もし報道が出ていなければ、「A子さん」も一緒に旅行していたのか、国内で「自宅デート」を楽しんでいたのか。いずれにせよ、これだけ「ファン」に「ショック」を与えてしまった以上、「A子さん」との付き合い方や距離感も、改めなければならないところのようです。

こうして「海外デート」のはずが一転、失意の「ドイツ旅行」となってしまった「櫻井翔」です。「A子さん」について、「櫻井翔」本人の口から語られたのは、「文春」の取材に対して交際を否定しつつ放った、「何度かお会いしてます」という発言のみです。これが最初で最後の言葉となってしまうのでしょうか。

「櫻井翔」も「二宮和也」の様に「A子さん」と一緒に「ドイツ旅行」に行く予定だったのが騒ぎから逃れるために「1人旅行」に変更せざるを得なかったんでしょうね。





ジャニーズランキング

濱田崇裕&重岡大毅&玉森裕太★釣り好きジャニーズ勢力拡大中

こんにちは。
今日は「濱田崇裕&重岡大毅&玉森裕太★釣り好きジャニーズ勢力拡大中」の事をお伝えしたいと思います。

「ジャニーズWEST」の「メンバー」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「bayじゃないか」「bayfm」です。「8月11日」放送回には「重岡大毅」と「濱田崇裕」が登場しました。

当日は「山の日」ということで、山に関する話をするのかと思いきや「2人」は「僕らは割と山っていうより」「重岡」「そうね、湖とか海とか行ったり海水浴したりとか」「濱田」と「“海派”」を公言し「水辺のところに行ってしまうよね」とのことでした。

「バスフィッシングが2人も好きやから」と「重岡大毅」が言うように、先週の「ラジオ」でも「濱田崇裕、重岡大毅」の「2人」で「関西ジャニーズJr.」の「藤原丈一郎」に釣り竿を「プレゼント」し、釣りに行ったという話をしたばかりです。




ただ、山の日なので一応は「たまには山もええなと思うけどね。なんて言うんですか。やまびこ?頂上登るとなんか言いたくならへん?」と、なんとか山の話に持ち込む「重岡大毅」です。すると「濱田崇裕」は「やまびこね!言うよ!俺、昔やっぱり田舎出身なんで、ずっとやってたし」と、田舎ならではの遊びをしていたことを明かしていました。

ただ、「濱田崇裕」の釣り好きは「ファン」の間では有名な話のようです。「メンバー」の「神山智洋」が登場した「8月11日」発売の「日刊スポーツ」「サタデージャニーズ」の「コーナー」では、あまり釣りをしない「神山智洋」が「濱田崇裕」に誘われ、同じく「メンバー」の「小瀧望」と「3人」で海釣りに行ったという「エピソード」が、「3人」の写真付きで紹介されていました。

最近は、「Kis-My-Ft2」の「玉森裕太」とよく釣りに行っているようで、「ジャニーズ」の仲間というよりはもはや、ただの「釣り友達」にも見える「2人」は、「アイドル誌」の「メッセージコーナー」でも釣りの話を交わしているほどです。

このように、釣り好きの「玉森裕太」だけではなく、興味のなかった「メンバー」も巻き込み着々と釣り仲間を増やしていっている「濱田崇裕」です。「ジャニーズ」内の釣り好き「タレント」といえば、最近も「テレビ」に真っ黒に日焼けした姿で登場した「嵐」の「大野智」が有名ですが、「NEWS」の「加藤シゲアキ」や「KinKi Kids」「堂本剛、中山優馬」など、意外にも多いようです。




そのため、以前から釣り好き「ジャニーズ」の「ファン」の間では「ジャニーズ対抗釣り大会開催しましょ」「リーダー「大野」と濱ちゃんで釣り企画やってほしい「笑」」「WESTのしげちゃん濱ちゃんで釣り行ってるらしいけど、いつか玉さんと3人で行ってほしい」などと、「グループ」を超えた交流を要望する声が上がっています。

また、最近は「Kis-My-Ft2」の「横尾渉」が、「玉森裕太、二階堂高嗣」と一緒に「小型船舶免許2級」を取得したと明かしており、「リーダー「大野」、玉ちゃん、濱ちゃん、横尾さん、ニカちゃんの釣り企画見たい」と、さらに共演を願う声が強まっているようです。

「濱田崇裕」と「玉森裕太」には、「嵐・櫻井翔」を慕う「メンバー」が勝手に「アニキ会」を結成したのに倣って、「ジャニーズ」内の釣り好き「メンバー」を集めた「大野智の釣り会」でも結成してもらいたいものですね。

「小型船舶免許2級取得」するあたり、かなりの本気度が伝わってきますよね。





ジャニーズランキング

キンプリ★SMAPのヒット曲披露★キンプリファン&SMAPファン対立

こんにちは。
今日は「キンプリ★SMAPのヒット曲披露★キンプリファン&SMAPファン対立」の事をお伝えしたいと思います。

「8月10日」に「神奈川・横浜アリーナ」で「スタート」した「King&Prince」の「デビューコンサートツアー」「King&Prince First Concert Tour 2018」です。「5月発売」の「デビュー曲」「シンデレラガール」などを歌って会場を盛り上げる中、「SMAP」の「ヒット曲」を披露する場面があり、これを知った「SMAPファン」が事務所や後輩たちに対する否定的な感情をあらわにし、論争が巻き起こっています。

初日の公演終了後、「ネット上」に「アップ」された「レポート」によると、「King&Prince」は「デビュー曲」や「カップリング」のほか、「ジャニーズJr.時代」から歌ってきた「オリジナル曲」を「パフォーマンス」しました。持ち歌が少ないためか、「Sexy Zone、V6」ら「先輩グループ」の楽曲も含まれていたそうで、「SMAP」は「夜空ノムコウ」と「SHAKE」の「2曲」を「カバー」したようです。すると、「Twitter上」でその情報を知った「SMAPファン」の間で、批判が相次いでしまいました。

事務所を去った「元SMAPメンバー」の「稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾」は、退所後に「SMAP」の楽曲を歌えていませんし、残留した「中居正広&木村拓哉」ですら、「グループ」の曲を歌って踊る機会はありません。そんな中で、「Jr.」たちは「ザ少年倶楽部」「BSプレミアム」などで「SMAP」の曲を「カバー」しているたけに、これまでも「なぜ後輩が歌うのか」といった愚痴が噴出していました。「SMAPファン」は、事務所側が特に退所組の「3人」に「“曲を歌わせないよう”」にという圧力をかけていると、信じ込んでいるようです。




昨年「11月」、「稲垣・草なぎ・香取3人でインターネットはじめます「72時間ホンネテレビ」」「AbemaTV」の「グランドフィナーレ」で「72曲」の「ライブ」を行う際、「草なぎ剛」は「僕ら曲がないんで」と漏らし、「SMAP時代」の「ヒット曲」は歌わず、ほかの「アーティスト」の楽曲を歌唱しました。また、番組内では「元メンバー・森且行」との「トーク中」にも、「グループ時代」の楽曲の話をしながら、「稲垣吾郎」は「曲名とか言うと、たぶんすっごい怒られちゃうから言えないけど」と、曲名のみでも発言しにくい状況であることを示唆していました。

それだけに、今も「SMAP5人」を応援する人たちは「SMAPのメンバーが歌えないのに無神経すぎ。キンプリ嫌いになりました」「ジャニーズのタレントが自由に歌えてSMAP本人たちが歌えないどころか、タイトルさえ言わせてもらえないのはやっぱりおかしいと思う。つらい」「SMAPを潰しておいて、その功績だけのっとろうとする事務所にもこのグループにも嫌悪感」「後輩やJr.が先輩の歌を歌い継ぐことは知ってる。だけどSMAP自身に歌やタイトルの制限をするのは楽曲提供してくれた方たちにも失礼だし、ジャニーズ事務所が私物化していいものじゃない」と、激怒しています。

これらに対し、「ジャニーズファン」は「案の定スマおばさんが「なんで後輩は歌えるのにSMAPは歌わせてもらえないの!」ってキレてる。いや、SMAPはもうないし、退所した3人は曲の権利まで持ち逃げするつもりだったの?」「大切に育ててくれたのは事務所のはずなのに、解散した瞬間全て悪いのは事務所だと、本人たちを持ち上げて後輩たちをけなすSMAPファンの神経が理解できない。SMAPは嫌いじゃなかったのにこの人たちのせいで退所した3人がほんとに無理」と反論しています。「SMAPファン」と「ジャニーズファン」が互いに罵り合っている状況です。

さらには「SMAPの歌を歌わなければチケットが売れないのかも」と、うがった見方をする意見もあり、これに対して「ジャニーズファン」は「セットリスト公開してからチケット発売してるわけじゃないし、SMAPの曲を聞きに行ってるわけじゃない。そんなことしなくてもキンプリは人気です」とあきれ返っているようです。




現状を踏まえると、「SMAPファン」が「モヤモヤ」した思いを抱えるのは仕方ないことですが。「一部ファン」が指摘している通り、「SMAP」も「デビュー前後」には「少年隊」や「光GENJI」の楽曲を「カバー」していたようですから。今回の揉め事を受け、中には「後輩グループやJr.がSMAP曲を歌うのが許せないファンの気持ちはわかるけど、後輩の中にもSMAPファンはたくさんいて、曲を歌うことでSMAPに敬意を表してる後輩もいる」「キンプリさん、「夜空ノムコウ」と「SHAKE」を歌ってくれてありがとう。「少クラ」やライブなどで歌ってくれてるJr.も、SMAPを生かし続けてくれてありがとう」と、好意的な「コメント」も出ているようです。

一方で、かつて年末の特番「さんま&SMAP!美女と野獣のクリスマススペシャル」「日本テレビ系」で「SMAPメンバー」と共演していた「明石家さんま」からは、「SMAP」と「King&Prince」に関連する驚きの発言も飛び出しました。「King&Prince」の「デビュー」後、「明石さんま」は「ハスキーボイス」が特徴的な「平野紫耀」のものまねを定期的に「ラジオ」「ヤングタウン土曜日」「MBSラジオ」などで披露しているようです。「8月11日」の同番組では「そのうち「King&Princeと」共演するやろな」と切り出し、「ファンの間では年末の「さんま&SMAP」のところを「さんま&キンプリ」にっていう声も上がっているくらいやから」と、明かしたのでした。

「キンプリファン」は「SMAPの枠にキンプリっていう世間の期待が、さんまさんの頭にあることがスゴい!ぜひ実現してほしい」と喜んでいるものの、「SMAPファン」は「勝手にやれば。キンプリもSMAP使わないで自分たちの力だけで勝負しなよ。みっともない」「「さんま&SMAP」を「さんま&キンプリ」にって あからさますぎるけど日テレだからやりかねない気もする」と、「ショック」を受けるよりも「明石さんま」の言葉に呆れている様子です。

楽曲をめぐって、「SNS上」でやや過激な持論を展開している「ジャニーズファン」と「SMAPファン」です。両者の溝は深まっていくばかりに見えますが、理解し合える日は訪れるのでしょうか。

お互いの大切にしたい気持ちも分からなくもないですよね。





ジャニーズランキング

伊野尾慧★もう言わないで&みなさん泣いてる★八乙女光に九九回答禁止令

こんばんは。
今日は「伊野尾慧★もう言わないで&みなさん泣いてる★八乙女光に九九回答禁止令」の事をお伝えしたいと思います。

「Hey!Say!JUMP」の「八乙女光」と「伊野尾慧」が「パーソナリティ」を務めている「午後8時台」の「生放送ラジオ」「らじらー!サタデー!」「NHKラジオ第1」です。「8月11日」の放送回では、「伊野尾慧」発案の「八乙女光の九九企画」の話題で盛り上がりました。

この日は「8月22日」に「リリース」する「アルバム」「SENSE or LOVE」の中から「One&One Makes Two」を流すということで、その前に「タイトルを聞いただけで、どんな曲なのかを妄想して寄せられたメッセージ」を読むことになりました。




そこで、「ポップなリズムに合わせて英語で算数が学べ、小学生にも大流行」だという「妄想メッセージ」が届きます。「なんといっても一番の聞きどころは、やっぱり光くんの「“九九ラップ”」。この曲を口ずさめばすぐ覚えられちゃいそう。これで光くんも「“脱おバカキャラ”」だね」とつづられていました。

実は、「八乙女光」は九九が苦手です。それを「イジ」った「リスナー」の「ネタ」だったのですが、これを読んでいた「伊野尾慧」は「「八乙女は」九九マスターですからね。ずっとやってますからね」と「“悪ふざけ”」します。

「伊野尾慧」が「6×5は?」と振ると、「八乙女光」は「う~ん、35!」とまさかの誤答します。「ちがーう!」「いけそうな雰囲気がありましたけどね~」と「伊野尾慧」が「コメント」すると、今度は「36!」「八乙女」と正解からさらに遠ざかってしまいました。結局、「ちが~う!八乙女さん、もうそれ以上言わないで!聞いてる人が泣いています。リスナーのみなさんが泣いていますよ」と、さらなる失態を心配した「伊野尾慧」に「ストップ」をかけられていた「八乙女光」なのでした。




そして楽曲が流れた後は、「光くんの九九ラップがなくて、少し残念でした」という「メッセージ」を紹介し、「伊野尾慧」は「九九ラップはなかったですけど、ラップはありましたからね~」と「フォロー」しつつ、「「八乙女さんの九九企画」やる?なんか新しい九九の解釈。なんかあれってさ、にいちがに、ににんがし、にさんがろくってリズムで覚えるっていうやり方だけど、逆に、こう語呂合わせを「リスナーに」送ってもらって、それで覚えるっていう」と新企画を提案します。

「「6×6=36」みたいなのを語呂で、「ムム寒い」みたいな。そういうので覚えて、それをやって1カ月後にそれで覚えてるか、テストする」と具体例を挙げて説明していました。ただ、「「語呂で覚えたら」よそ行ってさ、「九九言え」っていわれてそれで言うかな?すっごい恥ずかしい。すっごい恥ずかしいそれ。「すげぇ変な覚え方してる」って「思われる」」と、「らじらー!」以外の場所でも、「八乙女光」が言ってしまう可能性があると心配します。「恥ずかしいよ~。よその現場行って、九九振られた時にさ、全然みんなと違う覚え方してたら「笑」」と「伊野尾慧」は想像して笑いが止まらない様子で、「八乙女光」も「やべぇよ、やばい奴じゃねぇか!」と心配していたのでした。

「ファン」の間では「絶対九九ラップ企画やろ!!」「ひかちゃんの九九企画希望!」「ひかの九九企画絶対おもろい」と、「八乙女の九九企画」を心待ちにする人が続出中のようです。実際に「スタート」するのでしょうか。

「九九」の回答ができないのも「八乙女光」の魅力の一つかも知れませんね。





ジャニーズランキング

高木雄也★有岡大貴に正しすぎるツッコミ★ファンが成長を絶賛

こんばんは。
今日は「高木雄也★有岡大貴に正しすぎるツッコミ★ファンが成長を絶賛」の事をお伝えしたいと思います。

「8月10日」深夜に放送された、「Hey!Say!JUMP」の「有岡大貴」と「高木雄也」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ番組」「JUMP da ベイベー!」「bayfm」です。この日の放送でも「テーマ」に合わせて届いた「メッセージ」を「2人」が取り上げ、「トーク」を展開しました。




この日、「2人」に演じてもらいたい「妄想ドラマ」の台本を募集した「コーナー」「妄想say!Neo」に寄せられたのは、「“幼なじみ”」を「テーマ」にした台本です。台本を読んだ「有岡大貴」は「いいなー、このシチュエーション!」と演じる前から「メロメロ」になります。「高木雄也」も「今「の季節に」にぴったりだな」と同意していました。

その台本とは、花火を「テーマ」にした幼なじみとの「ラブストーリー」で、「高木雄也」が主人公の女子を演じ、「有岡大貴」が幼なじみの男子を演じることになりました。「ハッピーエンド」に終わった「ドラマ」を演じきった「有岡大貴」は、「いいなー、こういうの!」と台本を絶賛します。「なんか恥ずかしくなっちゃった、途中から。なんなんだ、これ」と「高木雄也」は照れてしまったようです。

番組では、これまで幾度か幼なじみが話題になり、そのたびに幼なじみを欲してきた「2人」ですが、今回も「有岡大貴」は「いいなー、幼なじみ!」「いいなー、「昔の話覚えてる?」って聞かれてーなー!」と「“幼なじみ欲」”が爆発します。「高木雄也」も「ねー」と同意していたものの、「有岡大貴」が「幼なじみ売ってねえかな、どっかに!」と暴走を始めると、「売ってねえよ!」と強烈に「ツッコミ」ました。「買ったら幼なじみじゃねえよ」と正論で諭していました。




その後も「妄想ドラマ」を演じ、声だけの演技を見せていた「2人」です。「有岡大貴」は「コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-」「フジテレビ系」に出演し、「高木雄也」も「有岡大貴、八乙女光」とともに「トリプル主演」を務めた「孤食ロボット」「日本テレビ系」で演技力を磨いてきたため、放送後、「リスナー」からは、「声だけで演じられるようになっててすごい!」「成長が見られた!」と絶賛する声が多く聞かれました。

さらに、「高木雄也」が見せた鋭い「ツッコミ」には、「高木くんの鋭いツッコミ!中島裕翔くんかと思った「笑」」と「Hey!Say!JUMP」内でいつも「ツッコミ役」をしている「中島裕翔」と間違えそうになったという声もありました。「Hey!Say!JUMP」の中では、いつも温和な「高木雄也」だけに、「有岡大貴」に対する即座の「ツッコミ」に「ファン」も大盛り上がりでした。

「高木雄也&有岡大貴&八乙女光」舞台に「ドラマ」と演技力が付いてきた証でしょうね。





ジャニーズランキング