ジャニーズ

宮田俊哉★アニソン回★人生30年間で一番俺を泣かせた★畑亜貴

こんばんは。
今日は「宮田俊哉★アニソン回★人生30年間で一番俺を泣かせた★畑亜貴」の事をお伝えしたいと思います。

「関ジャニ∞」が毎回さまざまな「音楽アーティスト」を迎えて「トーク」を繰り広げる「音楽バラエティ番組」「関ジャム完全燃SHOW」「テレビ朝日系」の「2月17日」放送回では、「トークゲスト」に「アニメ」大好き「ジャニーズ」の「Kis-My-Ft2・宮田俊哉」を加えて「知らない人でも楽しめるアニソン大特集」が行われました。




今回は「スタジオ」に、「アニメ」の原作も手掛ける「音楽プロデューサー」の「上松範康」、「アニメ」「けものフレンズ」「テレビ東京」の「オープニング曲」を作詞作曲した「音楽クリエイター」の「大石昌良」、そして「アニソン評論家」の「冨田明宏」を迎え、「アニソン」の歴史や現代の「アニソン」の特徴などを解説していきました。

「宮田俊哉」は、「ゲスト」の「3人」を前に「神ですよ!もう創造神ですよ!眩しすぎて見えないですよ、もう」と冒頭から大興奮します。声優であり「アーティスト」でもある「水樹奈々」の「大ファン」である「宮田俊哉」は、映像で流れた「ライブ」にも「僕行ってますよ!」と喜々として「コメント」したのでした。そんな中、声優の「ライブ」について、「横山裕」から「あれは水樹奈々さんが歌ってて、キャラとして見るの?それとも水樹奈々さんとして見るの?」と質問されると、「「“水樹奈々さんのライブ”」って言われたら、水樹奈々さんを見に行く」と「宮田俊哉」。

そして、「テイルズ オブ シンフォニア」など「キャラ」として出演する「ライブ」については、あくまでも「“キャラクター”」を見に行く感覚と説明し、この発言に「ネット」上は「完全に同じ考え」「本当これ」「宮田くんわかってる!」と共感する声が続出しました。さらには、「アニソン業界」の主要人物として、「シンガーソングライター」でもあり「作詞家・作曲家」の顔を持つ「畑亜貴」について、「人生30年間で一番俺を泣かせたのは畑亜貴さん」と「宮田俊哉」は宣言し、再び「名言すぎ」「いいこと言うね」と称賛を集めたのでした。




そして、歌いながら「バトル」する「アニメ」「戦姫絶唱シンフォギア」「TOKYO MXほか」の「アフレコ」は、「画面を見てセリフと歌を合わせながら殴り歌ったり「する」」と、声優たちが実際に「バトルシーン」を再現していると「上松範康」から明かされると、「宮田俊哉」は「もう一度シンフォギア頭から見直しますわ!めっちゃ見たくなった!」と大興奮しました。

「ジャムセッション」では、「けものフレンズ」の「オープニング曲」「ようこそジャパリパークへ」を、「大石昌良」と「丸山隆平」が披露しました。視聴者からは、「丸山くん歌うまい。知らんかった。好きな声質」「丸山さんとの歌はぴったりで聞いてて楽しくなるな~」「丸山くん、めっちゃ歌うまくて驚いた」「関ジャニ∞丸山くん、原曲であんなかっこよく歌えるとかスゴイ」との声が続出しました。普段は、あまり「メイン」で歌っていないだけに、「丸山隆平」の歌唱力に驚いたという人が多くいたようでした。

「宮田俊哉」の本気度を見る限り文句の付けようがないくらいに純粋な気持ちが伝わってきますよね。



伊野尾慧★松岡昌宏はめっちゃ背でかい&すげえ優しいと興奮

こんばんは。
今日は「伊野尾慧★松岡昌宏はめっちゃ背でかい&すげえ優しいと興奮」の事をお伝えしたいと思います。

「4月」から始まる「TOKIO・松岡昌宏主演」の「人気ドラマシリーズ」「家政夫のミタゾノ」「テレビ朝日系」「パート3」で、「松岡昌宏」の相棒となる見習い家政夫の「村田光役」で出演することが発表された「Hey!Say!JUMP」の「伊野尾慧」です。ドラマへの意気込みを、「八乙女光」と「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「らじらー!サタデー!」「NHKラジオ第1、2月16日放送回」で語りました。




「伊野尾慧」の演じる役名は「八乙女光」と同じ「“光”」になるということで、「リスナー」から「光くんを演じるにあたって、「八乙女」光くんから何かアドバイスをお願いします」という「メッセージ」が届くと「不思議な縁」と「伊野尾慧」。さらに、「前クール期」で放送された「SUITS/スーツ」「フジテレビ系」では、「中島裕翔」が「鈴木大貴役」を演じ、「メンバー」の「有岡大貴」と一緒の名前だったことにも触れるなど、「メンバー」が「メンバー」と同じ名前の役柄を演じることについては、「グループ」の中でちょっとした話題になるようです。また「八乙女光」が、「3年B組金八先生 第7シリーズ」「TBS系、2004年〜05年」に出演していた時のことを振り返り、「金八先生の時は、実際にどこかの大学の一つのクラスの名前を、少しモジったやつだった。全部」と裏話を「ポロリ」する一幕もありました。

そして、「松岡昌宏」と共演する「伊野尾慧」は、「松岡くんってめっちゃ背でかいね!」と、公式で「181㎝」と発表されている「松岡昌宏」の長身に驚いたそうです。「でかいよ!でかいし、すげぇ優しい!」と「八乙女光」も同意し、「一回だけ「ヒルナンデス!」「日本テレビ系」のロケで1日中一緒だったんだけど、マジで現場の盛り上げ方うまいなって!もう端から端まで全部に気を使う人で、すごいなって思った」と、先輩の気遣いに感銘を受けた模様でした。




「ドラマ」の撮影自体はまだのようですが、「先輩と共演できるってのもなかなかないから。楽しみ」と「伊野尾慧」は意気込んでいたのでした。

「ファン」からは「松岡くんとの距離近くなるんだろうな」「数カ月後にはどんなエピが聞けるのかとても楽しみ」「伊野尾くんが松岡くんと仲良くなることで、いろんな絡みみれるんだろうな。楽しみ」との声が上がっていましたが、「松岡昌宏」は共演した「後輩ジャニーズ」の面倒見がいいことでも知られている根っからの「“兄貴肌”」です。今回の共演を「キッカケ」に「2人」の関係性がどう変わっていくのかにも注目したいですね。

「ドラマ共演」中に「松岡昌宏」の男前度を知る羽目になる「伊野尾慧」は幸せ者ですよね。



大倉忠義★矢本悠馬の錦戸亮への発言★夫婦で非常識なんですか

こんばんは。
今日は「大倉忠義★矢本悠馬の錦戸亮への発言★夫婦で非常識なんですか」の事をお伝えしたいと思います。

「2月16日」放送の「関ジャニ∞クロニクル」「フジテレビ系」に、「錦戸亮、大倉忠義、丸山隆平」が登場しました。「ゲスト」には、現在放送中の「錦戸亮主演ドラマ」「トレース〜科捜研の男〜」から「船越英一郎、新木優子、矢本悠馬」が出演しました。

「オープニングトーク」では、「大倉忠義」が「錦戸さんはどうなんですか?撮影現場では?」と「ドラマ現場」での「錦戸亮」の様子を尋ねると、「船越英一郎」は「本当にいい座長だよ。スタッフ一人ひとりにちゃんと声かけて、現場のモチベーションを上げる役回りをきちんと果たしている」と称賛しました。




「錦戸亮」の人見知りを気にしているという「大倉忠義」に、「錦戸亮」は「人見知りはだいぶなくなったんやけど、今めっちゃ嫌。ドラマの現場と、全員おるわけじゃないけどメンバーの前では、なんかどんな顔していいかわからへんもん」と早口で話し、「ソワソワモード」になりました。

そんな中、「錦戸亮」は今年「1月」に結婚した「矢本悠馬」に「結婚祝い何ほしい?」と聞いたところ、「洗濯機かテレビって言われた」と告白しました。周囲からは「高っ」「高い!」という声が漏れると、「錦戸亮」は「高いよね?」と同意を求めました。

すると、「矢本悠馬」は「違うんです。嫁に何がいいかなって聞いたら、「向こうスターやで。安い物頼んだらあかん」みたいになって」と「錦戸亮」を「“スター”」と呼びながら言い訳を展開しました。「錦戸亮」は、「そう言うと、俺買わなあかんようなるやんか」「お前、洗濯機ってなんぼなるか知ってる?」と「若干キレ」ぎみになり、「大倉忠義」も「夫婦で非常識なんですか?」と「錦戸亮」に加勢しました。

ですが、「矢本悠馬」は「聞かれた時は、いい背中してたんですよ。なんでも決めてええからみたいな。かっこいいなみたいな」と「錦戸亮」をどこまでも持ち上げ、「錦戸亮」の苦笑いを誘っていたのでした。




そして、「ゲスト」が自分の独特の「クセ」や「エピソード」を打ち明けて、一人だけ共感する人を探す「もひとりおるおる」「コーナー」では、「矢本悠馬」が「スマホの充電が80%になると不安になる」と心配性の一面を見せると、これに共感する人は「ゼロ」でした。

「錦戸亮」は、「5「%」でも全然大丈夫。俺、だって1「%」からもう切れるなって時わかるやん。それ何回もあるで。週に1回は絶対ある」と携帯は充電せずに「ギリギリ」まで使うことを告白しました。また、「新木優子」は「10「%」切ったら不安」、「大倉忠義」は「俺30「%」切ったらヤバイなと思う」と、それぞれ不安になる数字を語っていたのでした。

この放送に「ネット」上では、「亮ちゃんメンバーと共演者に挟まれてソワソワするって可愛すぎ」「亮ちゃん、人見知りも最近治ったらしい。良かった」「正直、気前よく洗濯機送ってあげてほしい」などの声が集まっていました。果たして、「錦戸亮」は「矢本悠馬」」の結婚祝いに洗濯機を「プレゼント」するのか?報告を期待したいですね。

ここまでくると「錦戸亮」とすれば結婚祝いを送らない訳にはいかない雰囲気になってしまいそうですよね。



二宮和也★課金してるんで、お金なくて&結局課金しちゃうから★生活苦告白

こんばんは。
今日は「二宮和也★課金してるんで、お金なくて&結局課金しちゃうから★生活苦告白」の事をお伝えしたいと思います。

「嵐」の「二宮和也」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ番組」「BAY STORM」「bayFM」が「2月17日」に放送されました。




この日もさまざまな話題が取り上げられた本番組ですが、その中で「リスナー」の注目をもっとも集めた話題のひとつが、髪形に関するものでした。「嵐」や「二宮和也」にまつわる「質問コーナー」「裏嵐」では「相葉くんのサラサラ髪が羨ましいです。二宮くんは髪が伸びてますが邪魔ですか?」という「メッセージ」が取り上げられました。

これに対し「二宮和也」は「邪魔ですね」と即答します。ですが切らない理由として、「切りたいんですよ。でもお金がないんですよ。ちょうど今月」とまさかの「“金欠”」を告白しました。「なんか使っちゃうんだよな。課金してるんで、切るお金なくて」と、自身が「CM」もやっている「アプリゲーム」「パズル&ドラゴンズ」に課金しているため、散髪代がないことをおちゃめに話していました。

また、「二宮和也」は「相葉雅紀」について「相葉くんはサラサラ髪だもんね」と言い、「お金持ってるから染めてるし、染めても傷まないやつやってるんでしょう」と羨ましそうです。「ちょっと私はね。ちょっと、どうしても課金してるから難しいしね」と再び「金欠アピール」をしつつ、基本的にある程度の長さを「キープ」している自身の髪について、「大変だよね、伸びてくるとさ。伸びてきて、もう駄目だと思って短く切ってさ。1発目のシャンプーとかすごいよ。「こんなに楽ならこれで一生いい」と思うけど、伸びていくから」と、長さに嫌気がさすたびに「カット」していることを明かし、「でも気づくと髪の毛伸びてんだよね」と放置ぎみであると話していました。




さらに「誰か本当に振り込んでくれればなって思うんだけどね。振り込んでくれても結局、課金しちゃうから、難しいんだよな」と「廃ゲーマー」ならではの悩みを吐露しました。「髪の毛切るお金がね、どうしても捻出できない」と唸る「二宮和也」に「スタッフ」が「お年玉あげすぎた?」と聞くと、「あげすぎた、嫌んなっちゃう」と吐露していました。

このまさかの「エピソード」に「リスナー」からは、「髪切らない理由笑いすぎた!」「お金ないから髪切れないって大学生かよ!」「課金しすぎて美容院に行けない国民的アイドルってどんなだよ!」といった声が集まっていました。

「インドア派&ゲーマー」の「二宮和也」にとってはお金を使う順番がかなり違うようですね。



相葉雅紀★櫻井翔とパンツは大体おソロ&いつもあげてるの★ウキウキ告白

こんばんは。
今日は「相葉雅紀★櫻井翔とパンツは大体おソロ&いつもあげてるの★ウキウキ告白」の事をお伝えしたいと思います。

「嵐」の「相葉雅紀」が「パーソナリティ」を務めている「ラジオ」「嵐・相葉雅紀のレコメン!アラシリミックス」「文化放送」が「2月15日」深夜に放送され、下着はどのくらいの頻度で買い替えるかなど、「パンツトーク」で盛り上がりました。

「1月25日」が「櫻井翔」の「37歳」の誕生日だったことから、「翔ちゃんのバースデーには何かメッセージやプレゼントを送りましたか?」という「メッセージ」が寄せられると、「もうメールは送って。ちょっと遅れちゃったんですけど、今日この後会うんで、プレゼント一応持ってきて。今年も「“おパンティー”」の方を」と、「プレゼント」は毎年恒例で「パンツ」にしたという「相葉雅紀」でした。




そのうえで、「きっと僕があげないと1年間おパンティー買わないんじゃないかと思って。だから待ってるんじゃないかな~」というと、「クタったやつは処分してくださいという意味で」と、新品と交換できるように大量の「パンツ」を「セット」にして贈る理由を語っていました。

確かに、「櫻井翔」は「2015年」に放送された「櫻井有吉アブナイ夜会」「TBS系」で、「相葉雅紀」からもらった「ハート柄」の「パンツ」を紹介し、「4~5年愛用」していると明かしたこともありました。「メンバー」からの「プレゼント」のため、捨てるに捨てられないのかもしれませんが、「相葉雅紀」からしたら新しい「パンツ」を贈った時点で、古いものは捨ててほしいようです。

そんな「相葉雅紀」は「頑張れば2~3年平気で頑張れるじゃん」とも話していましたが、やはり「年1で取り換えた方がいいかなって感じだよね、パンツは」と年に「1回」は交換したい「タイプ」のようでした。

その後、「“パンツの畳み方と収納”」の話では、「シンプル」な「4つ折り」にして「ゴム側」を上に向け立てて収納していると明かすと「同じのばっかりにはならない、俺は」と、使用する頻度が偏らないよう、しっかりと「ローテーション」で履いており、「パンツ」へのこだわりは強いようです。




また、「番組スタッフ」に「相葉さんのパンツはいろんな色があるんですか?」と聞かれると「いろんな色がある!今日はね、ブルーだね。鮮やかだね」と明かし、さらには「スタッフ」からも「腰の部分がネイビーで、下の方がちょっと明るいブルー」と詳細な情報が明かされる場面もありました。

そして「これ同じパンツだから。翔ちゃんにいつもあげてるの。だからね、大体おソロになるんですよ、パンツは」と言い、今日「プレゼント」する「パンツ」も「履いてくれるといいな~」と「ウキウキ」しながら語っていたのでした。

この話に「ファン」は「今年も翔さんの誕生日プレゼントはおパンツー!」「生涯、ずーっと翔ちゃんと相葉くんおパンツオソロだね」「翔さんにおパンティ何年分プレゼントしたら気がすむのか「笑」」と毎年恒例の「プレゼント」にほっこりしたようです。この毎年恒例の「メンバー間」の「プレゼント交換」は、ぜひ活動休止中も続けていってほしいものですね。

逆に「櫻井翔」から「相葉雅紀」への「誕生日プレゼント」が何なのかが気になるところですよね。



キンキ★嫉妬した同世代での中山優馬★嫉妬されてる方でしたに反響

こんばんは。
今日は「キンキ★嫉妬した同世代での中山優馬★嫉妬されてる方でしたに反響」の事をお伝えしたいと思います。

「2月16日」に放送された「KinKi Kids」の「バラエティー番組」「KinKi Kidsのブンブブーン」「フジテレビ系」に、「生田斗真」と「中山優馬」が「ゲスト出演」しました。

「2人」のやりたいこととは、「おいしい物を食べたい!」というものでした。そこで、料理好きで「マイ包丁」を「4本」も持つという「中山優馬」が居酒屋を貸し切り、「ゆうま亭」として「KinKi Kids&生田斗真」の「先輩3人」をもてなすという展開となりました。

前日から築地場外市場で魚の買い出しをしてこの日に臨んだという「中山優馬」は、気合十分でした。まずは刺身の盛り合わせを作るため、「シマアジ」の鱗をとっているところを、「カメラマン」が「胃カメラ」のような細い「カメラ」で魚に寄りながら撮影していると、「堂本光一」が「なんかエロいね。すっげぇなんかエロいんですけど」と、その様子に大興奮しました。




そんな中、「トーク」は「生田斗真」が「2007年」の「堂本光一主演舞台」「Endless SHOCK」に出演した時の話になりました。「感動するシーンで、僕らはワーって泣いて、光一くんに思いを吐露するシーンで、普段光一さん泣かないのにその日ボロボロ泣いてたんですよ。珍しいと思ってすごく自分も引っ張られて、全体的にすごい良いシーンになったんです。あとから楽屋にいらっしゃって「俺、泣いたと思ったでしょ?あれ目にゴミ入っただけだから。ハハハハ」って言って帰ってったの」と暴露し、「涙を返してくれ!」と「ズバリ」。これに「中山優馬」は、「それは、でも照れ隠しみたいな」と予想すると、「堂本光一」は「ニヤニヤ」しながら「どっちだろうな〜」と結論は出しませんでした。

すると、同じく昨年「Endless SHOCK」で「堂本光一」と共演した「中山優馬」に、「堂本剛」が「優馬からもなんか、あの時なんやったんですかって」と「堂本光一」に聞きたいことがあるなら、と話を振ると、「そうですね」と特に「エピソード」は出てこずでした。「なにもねぇのかよ!」と「堂本光一」に突っ込まれ、周囲の笑いを誘ったのでした。

そして、「KinKi Kids」と初対面の時の話となり、「中山優馬」が初めて「堂本光一」を見たのは、「大阪城ホール」で行われた「堂本光一」の「ソロライブ」で、その時に行われた「オーディション」で「ジャニーズ事務所」に入所したことを告白しました。ですが、人生で初の「ライブ観賞」であり、会場も暗かったため途中で寝てしまったと言い、「あの時はどうもすみませんでした」と「堂本光一」に謝罪したのでした。

「生田斗真」と「KinKi Kids」の初対面はというと、当時稽古場にしていた「テレビ朝日の1リハ」だったと話し、「剛さんも光一さんも、いつも帽子をここくらい「鼻下」まで被ってるんですよ。それ、かっこいいと思ってマネしてたもん」と告白しました。




その後も「トーク」は続き、「Jr.時代に内心嫉妬した同世代」というお題がでると、「生田斗真」の同期は「96年入所」の「嵐・松本潤、二宮和也、相葉雅紀、山下智久」と話し、「山下智久なんかは、昔からかわいい顔してたし、僕なんかはいじられキャラでお調子者の立ち位置にいたんですよね」と「山下智久」のかわいい「キャラ」がいいなと思ったことはあると告白しました。

一方、「中山優馬」の同期は「ジャニーズWEST」の「藤井流星、重岡大毅」だと話し、「僕、でも最初の方からセンターに立たせてもらったりしてたんで、結構「嫉妬」されてる方でしたね。でもイジリですけど、横山「裕、関ジャニ∞」くんとかに「こいつは、すぐマイク持ってセンター立つから嫌いやねん」みたいなことをずっと何年間もいじられました」と語っていたのでした。

そして、「中山優馬」が作った「刺身盛り合わせ、「キンキ」の煮付け、鯛飯」を食した「3人」は、「“おいしい”」と大絶賛しました。この放送に「ネット」上では、「優馬くんがあんなに魚料理うまいとは知らなかった」「ジャニーズの後輩くんの回は面白い。ジャニーズトーク好き」「中山優馬くんが自由すぎる先輩たちの中ですごく頑張ってて、料理も上手で可愛かった」などの声や、「「嫉妬されてるほうでした」と言える、スペオキ優馬くんの強さとつらさ」「嫉妬した、嫉妬された、どちらもつらいよね」「「嫉妬される側でした」ってはっきり言えるのかっこいいけど、本当大変だったろうな」と「中山優馬」の発言に胸を痛める「コメント」が上がったのでした。

ほとんどの「ジャニーズアイドル」も「Jr.時代」には下積みの時代があったことは間違いないでしょうね。嫉妬したりされたりがあったからこそ今があるんですよね。



二宮和也★付き合ってる人がいるからね★泣きそう&しんどい★ファン悲鳴

こんにちは。
今日は「二宮和也★付き合ってる人がいるからね★泣きそう&しんどい★ファン悲鳴」の事をお伝えしたいと思います。

「2月17日」放送の「嵐・二宮和也」の「冠バラエティー」「ニノさん」「日本テレビ系」は、「ゲスト」に「森三中」の「大島美幸、川田裕美、劇団ひとり」が出演しました。

今回の企画は、「雰囲気王」と題して、どう対応していいかわからない微妙な「シチュエーション」に、それっぽいことを言って雰囲気で切り抜ける能力「“雰囲気力”」を競い合うという「コーナー」で、評価するのは明治大学教授の「斎藤孝氏」と「コラムニスト」の「石原壮一郎氏」でした。




「二宮和也」に進行役の「青木源太アナウンサー」が、「一流芸能人として、「“雰囲気力”」、どう捉えていらっしゃいますか?」と聞くと、「いや、もうそれで飯を食っているといっても過言ではない」と「キッパリ」。「スタジオ」は笑いに包まれるのでした。

まず最初の「シチュエーション」は、「上司の家で良さのわからない絵の感想を聞かれた場合」というものでした。芸人の「レインボー」扮する上司と、その妻が「二宮和也」を家に迎え入れると、「この絵、すごい気に入ってるんだけど、どう?」と質問します。「二宮和也」は「いや、素晴らしいなと思ってました。さっきから、この絵にしか目がいかなくて。さすが。絵のことはわからないんだけど、これを欲しいと思った上司のセンスが素晴らしいなと」「これは世界で一番いい色合いだと思います」と大絶賛をし、雰囲気力を披露しました。

その後、「大島美幸」が同じ「シチュエーション」で行いますが、評価は「大島美幸」の勝利となりました。「石原壮一郎氏」いわく、「「“鳥肌が立った”」など、口で言い表せないところを身体的反応に助けを求めた」というところが高評価の理由だったようです。

また、次の「シチュエーション」である「恋愛対象ではない親友の告白をうまく断る場合」では、女装した「レインボー」の「池田直人」が「二宮和也」に「私ね、ニノのことが好きなの。私と付き合ってください」と告白します。「そっか」と言いつつ、「二宮和也」は少し考えた後、「無理だと思うな」と返答します。さらに、「こんなこと言いたくないけど、あの、付き合ってる人がいるからね」と「バッサリ」。ですが「池田直人」は引き下がらず、「付き合ってよ!好きだよ!」と押し続けた後に「告白なんかしなきゃよかった!」と泣き出すと、「二宮和也」は困った顔をしながら「わかったわかったわかったわかった。もう、じゃ付き合おう!」と言い、「なんだよこれ。絶対付き合っちゃうな」と押しの強さと「ゴネ」られることに弱い一面を見せたのでした。




ですが、結果、この「シチュエーション」では、「劇団ひとり」が勝利しました。「斎藤孝氏」は「二宮さん非常に惜しかったですね。「付き合ってる人がいる」って言うと、いないってわかっちゃう。これが「好きな人がいる」っていうんだったら大丈夫だったんです」と評価すると、「二宮和也」も何かに気がついたような「ハッ」とした表情をしたのでした。

この放送に「ネット」上では、「付き合ってる人いるから発言。これ冗談ってわかってても破壊力半端ないな」「リアルすぎて心臓もたんわ」「演技とはいえめちゃくちゃ泣きそうになった自分。ごめん、正直しんどかった」などと、恋人と噂される「伊藤綾子」のことを想像する「ファン」も多かったようです。

「2020年」の活動休止に落胆している「ファン」に「ヒヤヒヤ」させることを言うのも、また「二宮和也」の魅力というところでしょうか。

「ファン」も「二宮和也」の「ジョーク」と知りつつも実際に耳にすれば受け止めきれないでしょうね。



岩橋玄樹★君を待ってる★一部活動再開★パニック障害で活動休止中

こんばんは。
今日は「岩橋玄樹★君を待ってる★一部活動再開★パニック障害で活動休止中」の事をお伝えしたいと思います。

「パニック障害」の治療に専念していた「6人組」「King&Prince」の「岩橋玄樹」が、「3月20日」発売の新曲「君を待ってる」から活動を再開することが「17日」、所属の「ジャニーズ事務所」から発表されました。昨年「11月初旬」から休止していました。当面は「一部再開」とし、段階的に活動を始めていくといいます。




この日夕方、所属事務所が「マスコミ各社」に「FAX」を送付しました。「岩橋玄樹」は、書面の中で「活動を再開することができたのは、待っていてくださるファンの皆さまや関係者の皆さまのおかげと心から感謝しております。徐々に現場に戻っていく中で、改めて仕事ができる喜びを感じています」と復帰に向けた思いをつづりました。

所属事務所は、今回の制限付きの復帰について「緩やかに活動を再開させることが「岩橋玄樹」の場合には最適ではないかとの見解を医師よりいただきましたため」と説明しています。今後について「引き続きKing&Princeが5人で活動する場面もあるかと存じますが、ご理解賜れますと幸甚に存じます」としました。




「King&Prince」は昨年「5月」に「シンデレラガール」で「CDデビュー」しました。「岩橋玄樹」の活動休止中、「東京・帝国劇場」で舞台「ジャニーズ King&Prince アイランド」の「2か月公演」を成功させたほか、昨年末には「NHK紅白歌合戦」に初出場しました。その際、「ステージ」上に「6色」の「スポットライト」を照らし、「メンバー」も復帰を待ち望む思いを込めて「パフォーマンス」を展開していました。

「岩橋玄樹」は、今後も治療は継続しながら完全復活を目指します。「今回の休養と一部活動再開において、メンバーの理解を欠かすことはできません。僕がいつでも戻れるように、いつもその場に僕がいるつもりで活動してくれている5人は感謝の気持ちでいっぱい。思いに応えるためにも、必ずパニック障害を克服して戻ってきます」と誓いました。

一部活動再開に向けて「ファン」に報告してくれたことで喜びも倍増しますよね。



大倉忠義★批判続出のなにわ男子メンバー★心配&大丈夫かなとエール

こんばんは。
今日は「大倉忠義★批判続出のなにわ男子メンバー★心配&大丈夫かなとエール」の事をお伝えしたいと思います。

昨年頃から「関西ジャニーズJr.」の「コンサート演出」に携わり、若手を育てる「ポジション」も担っている「関ジャニ∞・大倉忠義」です。「公式携帯サイト・Johnny’s web」の「グループ連載」「関ジャニ戦隊∞レンジャー」「2月14日更新」では、目を掛けている「関西ジャニーズJr.」「内ユニット・なにわ男子」の「西畑大吾」を名指して「心配」と綴り、「ファン」が「ザワ」つく事態となりました。

「大倉忠義」は昨年秋頃より、「メンバー」の「横山裕」とともに裏方として「関西Jr.公演」に参加しています。「2人」が関わったことで「関西Jr.」が「メディア」に取り上げられる機会も増えたほか、昨年「10月」に「7人組ユニット・なにわ男子」が結成された影響もあり、注目度が高まっています。そんな中、「2月8日」からは、「連続ドキュメンタリー番組」「RIDE ON TIME~時が奏でるリアルストーリー~」「フジテレビ系」の「関西Jr.編」が「スタート」しました。「X’mas Party!! 2018」などの「リハーサル現場」に密着し、「大倉忠義」と「横山裕」が後輩に直接指導する模様も公開されました。




「大倉忠義」も放送を「チェック」したようで、「素晴らしいドキュメント」だと絶賛しました。その上で、「大吾も、色々背負いすぎやけど 大丈夫かな」「あの子が心配」と気にかけ、「ファン」に対して「みんな支えてあげてね!!」と、「メッセージ」を送りました。番組内容について、「西畑大吾」の持つ「“自分よりも人のことを考えられる優しさ”」が滲み出ている回だったと振り返り、それが「西畑大吾」の良さでありつつも、どこか不安を覚えたのでしょう。

番組内では、演出を担当する「大倉忠義」に向かって、「西畑大吾」が「ちっちゃい子「Jr.」を引き立たせたいなっていう。俺って言うよりかは」と主張する一幕がありました。これに、「大倉忠義」は「大吾のソロとして、たぶんやった方が」などと「アドバイス」したものの、「ソロ感というか、どっちかというと僕は、ちびっこ優先で考えて。自分のソロっていうよりかは」と「西畑大吾」は意見を曲げず、結果的に「大倉忠義」が「大吾は一番下の、入った子たちを支えてあげようとしている、と。育ててあげようとしている」と、「西畑大吾」の思いを汲み取るように代弁していました。

この「シーン」について、「一部ジャニーズファン」は「西畑が良い先輩ヅラしててイライラした。「小さい子も目立たせたい」って強調しすぎ」「大倉の提案を却下して自分のやり方をゴリ押しした西畑、自分は売れてると勘違いしてる典型」と批判。さらには、会話中に「マスク」を口の下に下げ、腕組みや腰に手を当てていた点や、長机に腰掛けて「ホワイトボード」を「チェック」していたことに、「態度が気になった。腰に手を当てる、腕を組む。マスクも外さないなんて」「社会人としてよくない。机は座る場所じゃないって、小学生の時に言われなかった?」と難癖をつけているといいます。

また、番組では「西畑大吾」が、「僕はいつか、嵐さんであったり、関ジャニ∞さんのような、誰がセンターになっても輝けるグループ作りっていうのをなにわ男子でしていきたい」「全員が売れないと、全員がセンターは務まらないと思うので。でもまぁ、僕が売れてるってわけじゃなくて。全然売れてないんですけど」と目標を語る「シーン」や、「僕を知っていただけることで、関西Jr.であったり、最近で言うとなにわ男子っていうグループがついてくると思うので。やっぱ僕が先陣切って、宣伝活動っていうか、ちょっとでも関西Jr.であったり、なにわ男子のことを好きになってくれたらいいなぁというのは、感じますね」と話す姿も放送されました。




こうした「コメント」も含めて、中には「“偉そう”」だと感じた人もいたのか、「なんでそんなに上からなの?自分は人気で、格が違うとでも思ってるから歌もダンスも適当なんだね」「確かに名前を売ったり仕事を取って来るのは西畑くんだけど、だからといって先輩に対してあのような態度をとるのはおかしい」と、苦言を呈す「ファン」もいるようです。この放送回は、「西畑大吾」を「フィーチャー」した内容になっていたこともあり、否定的な感情を持つ人が出てきてしまったかもしれません。

そんな中、「大倉忠義」の連載を読んだ「ファン」は「さりげなく西畑のフォローしてくれて、うれしい」「大倉くんが心配してくれてよかった。話を聞いてくれる先輩がいるのは頼もしい」「大倉さんかっこよすぎる」と、先輩の対応に感激したようです。「西畑大吾」への手厳しい声を把握していたのどうかは不明ながら、この「タイミング」で発信したことには「大倉忠義」なりの考えがあったのでしょう。

批判にもめげず、「西畑大吾」には今後も「なにわ男子」を引っ張っていってほしいものですね。

「西畑大吾」の意見にも耳を傾ける「大倉忠義」の器の大きさに「ファン」も感激してしまいますよね。



神宮寺勇太★こんなつもりじゃなかった★バレンタイン企画に思わず本音

おはようございます。
今日は「神宮寺勇太★こんなつもりじゃなかった★バレンタイン企画に思わず本音」の事をお伝えしたいと思います。

朝の情報番組「ZIP!」「日本テレビ系」で「冠コーナー」「弟子入り~DESHIIRI」を担当している「King&Prince」です。「2月11日~15日」は「バレンタイン週間」ということで、「平野紫耀」と「神宮寺勇太」が「ショコラ専門店」「ル・ショコラ・アラン・デュカス」を訪れ「ショコラティエ」に弟子入りしました。「バレンタインチョコ」と「マカロン」作りに挑戦しました。

「フランス・パリ」に本店を構え女性たちに大人気の「高級ショコラ専門店」ですが、「知ってる!差し入れとかでいただきます」と、さすがは「ジャニーズ」。差し入れなどでもらうこともあるようです。




「テレビ取材」も初めてという工房に入ると、そこにずらっと並んでいたのは、「神宮寺勇太」が「ダンベル「くらい重い」よ」と驚いた巨大な「チョコレート」の板たちでした。この「チョコ」を機械で溶かし、「ドライフルーツ」がたっぷり乗った「“涙型プレートチョコ”」作りに挑戦したのですが、綺麗に「トッピング」の「レイアウト」ができた「神宮寺勇太」に対し、「平野紫耀」は型から「チョコレート」がはみ出しているばかりか、「トッピング」も雑でお世辞にも「キレイ」とは言えない出来です。

「スタッフ」は「神宮寺くん、すごいね。しっかりキレイに「できてる」」と「神宮寺勇太」を褒める一方で、「平野紫耀」の方には「まぁまだわかんない」とそっけない「リアクション」です。これに「平野紫耀」は「大体一緒だろ」と若干すねたそぶりを見せ、「ファン」からは「負けず嫌い発揮してて可愛い」「紫耀くんほんと負けず嫌い「笑」」などの声が上がっていたのでした。

その後、「マカロン」も作り、盛り付け作業に入ったのですが、涙型の「チョコ2つ」で「ハート」になることがわかると「2人」は感動のあまりなぜか握手しました。「これはシェアでやったら最高!」「神宮寺」「可愛い!」「平野」とはしゃいでいましたが、冷静になった「神宮寺勇太」からは「こんな可愛いのつくるつもりじゃなかった。俺らが付き合ってるみたいになんない?」という発言も飛び出していました。




盛り付けには、「神宮寺勇太」の「アイデア」で「King&Prince」の「イニシャル」「KP」を「プラス」したり、「マカロン」で雪だるまを作ったりして可愛らしい「ショコラプレート」が完成しました。そして今回は、「2人」から「ファン」に向けての「バレンタインチョコ」ということで、「カメラ」に向かって「俺とこのチョコ、どっちが甘いと思う?」「神宮寺」「俺らの甘さココにあり」「平野」と、甘~い告白もあったのですが、師匠はそんな「2人」の「コメント」はまったく聞いていなかったようで、完全に「スルー」されてしまいました。

そして、お互いに「あ~ん」と食べさせ合うと、そのおいしさに「2人」は感動しました。「神宮寺勇太」が再び「チョコ」をかじろうとすると「なんで自分で食べてるの?」と「平野紫耀」。どうしても、もう一度食べさせ合いをしたかったようで、そんな「2人」の姿に「こんなの朝から見せていただいていいのでしょうか」「「なんで自分で食べるの?」ってスネる平野くんと「お、おう」みたいな反応の神宮寺くん。めんどくさい彼女とそれにタジタジな彼氏みたい」「しょうくんの重めの彼女感。本物のカップルじゃん!」と「ファン」は大興奮だったようです。

「神宮寺勇太」の「センス」が垣間見れた「バレンタイン企画」に「ファン」も「ドキドキ」したでしょうね。