ジャニーズ

佐藤勝利★お年玉をあげるジャニーズJr.の条件★確かに大変&ファン同情

こんばんは。
今日は「佐藤勝利★お年玉をあげるジャニーズJr.の条件★確かに大変&ファン同情」の事をお伝えしたいと思います。

「Sexy Zoneメンバー」が交代で「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「Sexy ZoneのQrzone」「文化放送」の「1月13~16日」放送回に、「佐藤勝利」と「マリウス葉」が登場し、「“お年玉”」について語りました。

「13日」の放送回で、「リスナー」から「まだ、みなさんは先輩からお年玉をもらえると思うのですが、今まで一番多くもらったお年玉の総額はいくらですか?」という「メッセージ」が届くと、「佐藤勝利」は「言うものじゃないしね、お年玉の額って」と「バッサリ」。「マリウス葉」からの「親からもらったりします?今」という質問にも「もらっているのかな?でもそこまで 普通の額くらいですよ」と歯切れが悪い。




一方、「マリウス葉」が「僕はね、おばあちゃんから50歳までに」と切り出すと、「びっくりしたぁ!50万かと思ったわ!」と「佐藤勝利」。ちなみに、「マリウス葉」の父は「ドイツ」で代々続く不動産一家の副社長です。実家が大豪邸というのは「ファン」の間で有名な話です。それだけに「佐藤勝利」は「マリウス財閥ぐらいになると、不動産とかもらうんだもんね、お年玉で」といじっていました。

そんな「マリウス家」には、祖母から「「マリウスが」50歳までもらえる」という「ルール」があるようで、これからもお年玉をもらえるといいます。そしてもらった後は「毎回、ほっぺにキスして「ありがとう」って言う。で、みんなで写真撮って。そういう伝統というか文化がうちの家族にはある」と明かします。ちなみに、「ドイツ」にはお年玉文化はないそうで、「アジアの文化かもしれない。中国はあります」と「コメント」していました。

その後、再び「マリウス葉」が「どれくらいなんですか?「もらったお年玉の」総額」と「佐藤勝利」に切り込むも、「やめなよ。勝てるわけないじゃん、マリウス財閥に」「言うもんじゃないよ」と断固拒否します。そこで、「マリウス葉」は「後輩にあげるとしたら「1人いくら」?」「後輩にあげるなら、いくらぐらいがかっこいいな、みたいな」と次々と質問を投げかけるも、やはり「佐藤勝利」は答えたくない様子です。




そんな中、「誰にあげる?後輩だったら」という質問には、「舞台をやってたら、舞台のときの共演者とか」と回答します。あくまでも「舞台に出てたらね」「区切らないと。だって、「ジャニーズJr.は」百何人もいるでしょ?」といい、お年玉を渡すのは、その時一緒に舞台をやっているなどの条件を「クリア」した後輩だけだと明かしました。

この放送に「ファン」からは「50歳までお年玉をもらえるなんて羨ましい!」「マリウス坊ちゃんを、ウザそうにかわす勝利くんに笑った」「確かに、あれだけ後輩がいたら大変だよね」という声が集まりました。

「佐藤勝利」の言う通りですよね。面識のない「Jr.」にお年玉をあげるのもどうかと思いますよね。共演したからこそあげたい気持ちになるものですよね。



櫻井翔★交際匂わせ★ミス慶應への愛をミスチルで表現

こんばんは。
今日は「櫻井翔★交際匂わせ★ミス慶應への愛をミスチルで表現」の事をお伝えしたいと思います。

「1月15日」に「文春オンライン」で、翌日には週刊文春本誌にて交際している「38歳」の女性との「ベトナム婚前旅行」が「スッパ」抜かれた「嵐・櫻井翔」です。

記事によるとお相手は慶應大学時代の同級生で「ミス慶応」です。関西の「テレビ局」に勤めていたものの、昨年秋に退職しています。「櫻井翔」が「元テレビ朝日」の「小川彩佳アナウンサー」と交際する前は遠距離恋愛をしていたことなどが明かされていました。

そんな中、「櫻井翔」も実は「“匂わせ”」をしていたのでは、という憶測が「ファン」の間で広まっています。




というのも「櫻井翔」は昨年の「コンサート」の最終公演で、自身の大学時代について触れているようです。

大学時代といえば、「櫻井翔」が「ミス慶応」だった恋人と出会って、胸をときめかせていた時期です。それゆえ、実はこの「コンサート」に彼女が来ており、彼女のためにこの話をしたのではないかと「ファン」が「ショック」を受けているのです。

さらに、「“匂わせ”」を疑わせる行為はこれだけではありません。「櫻井翔」が週刊文春に「ベトナム婚前旅行」を報じられた当日は、なんと「公式ブログ」「オトノハ」の更新日でした。その「ブログ」には「Mr.Children」の楽曲「くるみ」の歌詞が書き綴られていたのです。

この「櫻井翔」の真意について、「ファン」からは「新成人にぴたりと当てはまってて、翔くんなりの大きなエールなんだろうね」と、新成人に向けての「エール」だろうという意見や「多分新年一発目のオトノハだからこの一年の意気込みや改めて「ついてきてほしい」という旨を伝えたかったんじゃないのかな。でもできなかったんだよね。書き直したんだよね。どのツラ下げて言ってんだって叩かれるのが関の山だもん」という、急いで書き直したがゆえのこの内容になったという意見です。




また「心の0.1%はオトノハとかね、彼女宛てだった?とかは思っちゃった正直」「こうなって読むと改めて、やっぱ彼女へのラブレターだよね」と、愛する恋人との想い出の歌詞なのではと推測する意見などが寄せられていました。

「櫻井翔」がこの曲に思い入れがあることは有名で、大学の卒業旅行の時に「リピート」で聴いていたことを過去の「ラジオ番組」で明かしています。

それだけにこの曲が彼女との想い出の曲である可能性も高いものの、「タイミング的」には大好きな歌詞を新成人の皆さんに教える、という趣旨でだいぶ前に原稿がを作っていたのでは、と思います。

「二宮和也」が寝起きの顔や幼少時代の姿を掲載するたび、家庭や子どもを匂わせているとして「ファン」に「ショック」を与えていましたが、ここにきてまた「1人」、新たな「“匂わせ”」疑惑者が出てしまったようですね。

「櫻井翔」の結婚を意識した匂わせ行為には「ファン」もかなりの「ショック」を受けてしまいますよね。



永瀬廉★高橋海人の成人式を妨害予告★JOHNNYS’ ISLAND休演で悪だくみ

こんばんは。
今日は「永瀬廉★高橋海人の成人式を妨害予告★JOHNNYS’ ISLAND休演で悪だくみ」の事をお伝えしたいと思います。

「King&Prince・永瀬廉」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ番組」「King&Prince永瀬廉のRadioGARDEN」「文化放送」が「1月16日」に放送されました。「13日」が「成人の日」だったということで、「去年やったね」と自身の成人式を振り返りました。




成人式当日、「永瀬廉」は舞台「JOHNNYS’ King&Prince IsLAND」に出演していたため欠席したといいます。すると、「行けてたとしても、「学生時代を大阪と東京で過ごしているから」どこに行ったらいいかわからんかったんですよね」と切り出し、どちらの会場に行っていたかを考え始めましたが、結局「東京に行くっていっても友達おらんから」という理由で大阪を選択しました。

また、友達から成人式の写真が送られてきたものの、楽しそうな姿に「クソがっ!」と思い「LINE」を既読無視したそうです。それでも、「懐かしいわぁ」「みんな大人になったなぁ」と友達の変化を楽しんだといい、「懐かしい面々にも まぁ写真越しですけど、会えたから「よかった」」とのことです。ただ、「あ~行きたかったなと思うよね」と漏らすなど、本心では成人式に出席したかったようです。

「2019年12月8日~20年1月27日」まで、「永瀬廉」は「平野紫耀、高橋海斗」とともに帝国劇場で舞台「JOHNNYS’ ISLAND」に出演中ですが、今年の成人の日は公演が休み。今年は、「高橋海人」が成人を迎えるといい、「あいつは「成人式に」行けたりするのかな~。羨ましいな~」と「ボツリ」。「ラジオ収録日」が「13日」以前のため、「13日は遊びに誘おうかなって。「成人式に」行かんように。ハハハハ「笑」。「俺、行けんかってんから、お前行くな」みたいな」と悪だくみをする「永瀬廉」でした。




その後、「リスナー」から「人と連絡を取り合うのがめんどくさいです。メールの通知を見て、話が長くなると思うと、返信する気がなくなってしまいます」という悩みが届きます。すると、「永瀬廉」も「そうなのよね。自分が興味のない人と連絡を取り合うのめんどいよね」と同意します。「永瀬廉」は「メール」の通知音をほぼ「オフ」にしているものの、「通知「バッジ」をなくしたい」という理由から返信は早いといいます。また、「俺みたいな文面から「めんどくささが」出るタイプは、相手から終わらせてくれる」と打ち明け、相手に気を使わせていることを告白しました。

この放送に、「ファン」からは「成人式に行くのを阻止しようとする廉くんがかわいい」「廉くんは成人式から2次会、3次会まで行きたいタイプだよね」「めんどくささが出てるメールを見てみたい!」などの声が集まっていました。

「永瀬廉」の成人式妨害予告には「高橋海人」も断固阻止してほしいですよね。



櫻井翔★夜会で鈴木亮平の迫力にすいませんと謝罪★思わず恐縮した訳

こんばんは。
今日は「櫻井翔★夜会で鈴木亮平の迫力にすいませんと謝罪★思わず恐縮した訳」の事をお伝えしたいと思います。

「嵐・櫻井翔」と「有吉弘行」が有名人の素顔や本音に迫る「バラエティ番組」「櫻井・有吉THE夜会」「TBS系」です。「1月16日」の放送回は、「3週連続豪華俳優コラボ祭り」の「第2弾」が放送され、「19日」から「スタート」する日曜劇場「テセウスの船」から、俳優の「竹内涼真、鈴木亮平、榮倉奈々、貫地谷しほり」が「ゲスト出演」しました。




「鈴木亮平・竹内涼真 やりすぎ俳優の趣味ドハマり年表」という「コーナー」で、「竹内涼真」は学生時代に「アメリカン・コミック」を原作とした「スーパーヒーロー」もの「マーベル作品」に「ドハマ」りしたという「エピソード」を披露します。特に「キャプテン・アメリカ」が大好きで、「19歳」までは「キャプテン・アメリカ」の被り物をして映画館に作品を見に行っていたといいます。また、「鈴木亮平」も「「マーベル作品は」全部見てます!」というほど好きなんだそうです。そこで「櫻井翔」が「特に好きなのは?」と尋ねると、「アイアンマン」とのことです。「やっぱ、みんな「それぞれ好きな作品が」あるんだ~」と笑顔でうなずく「櫻井翔」でしたが、「鈴木亮平」から「見てない?」と言われてしまい、「あっ、すいません」となぜか謝罪する一幕もありました。恐縮する「櫻井翔」は、「有吉弘行」から「怒ってない、怒ってない」と「ツッコ」まれたものの、「今日見ます!「アイアンマン」から見ます!」と宣言し、「スタジオ」の笑いを誘いました。

その後放送された、「ゲスト」が気になっているものや尋ね人を探す「これ探してもらえませんか?」の「コーナー」では、「榮倉奈々」がかつて「週3回」通っていましたが、突如閉店した青山の焼き鳥屋「鳥花心「とりかしん」」を探すことになります。ですが、番組が「ネット」や「電話帳、区役所」に尋ねるなどいろいろな方法で大捜索するも「過去数十年、青山に「鳥花心」は存在しない」という結果になり、「スタジオ」からは「怖い怖い、急にホラー」という悲鳴が上がります。




すると「櫻井翔」は「行ってましたよね、鳥花心」と「榮倉奈々」に詰め寄り、「行ってましたよね?青山にありましたよね?でも過去数十年にわたって鳥花心はないんです!」と刑事のように「キッパリ」。これに「有吉弘行」から「かっこいい!古畑みたい」との「ツッコミ」が入り、「BGM」に「ドラマ」「古畑任三郎」「フジテレビ系」の「テーマソング」が流れます。すると、「櫻井翔」は気を良くしたのか、再び「そんなものは存在しません!」と「ドヤ顔」で声を荒げ、「スタジオ」は大爆笑に包まれました。結局、「榮倉奈々」の覚え間違いで「鳥花心」ではなく「とり花神」というのが正しい店名で、同店の店主は、現在荻窪で「鶏やすだ」という焼き鳥店を営業していることが判明しました。

「ファン」からは「翔くんが調べたわけではないのに「笑」」という指摘や、「翔くんの古畑役カッコいい!演技を見たくなってきたなあ」「古畑風のコントが始まって面白かった」などさまざまな意見が飛び交いました。

「アイアンマン」は「櫻井翔」にとっては大切な「テリトリー」ではなかったようですね。



相葉雅紀★櫻井翔に僕のパンツ使う発言★コンサート後に起こった衝撃事件

こんばんは。
今日は「相葉雅紀★櫻井翔に僕のパンツ使う発言★コンサート後に起こった衝撃事件」の事をお伝えしたいと思います。

「嵐」の冠番組「VS嵐」「フジテレビ系」が「1月16日」に放送されました。この日の対戦相手は、「俳優・向井理」率いる「新ドラマ」「10の秘密」「チーム」でした。「嵐チーム」に加わる「プラスワンゲスト」には「お笑いコンビ・かまいたち」が登場しました。




この日は、「ラストゲーム」「ボンバーストライカー」の前に、「ドラマタイトル」にちなみ「実は自分が秘密にしていること」という「テーマ」で「トーク」を展開しました。「向井理」は「勝負パンツがある」といい、この日も迷彩柄の「勝負パンツ」をはいていることを告白し、「スタジオ」を盛り上げました。

また、「嵐チーム」も同様の「テーマ」で話すことになりましたが、「櫻井翔」は「秘密の話じゃなくて下着の話していい?」と、「向井理」に合わせて、話題を「“パンツ”」に変更します。「櫻井翔」は、「コンサート」後に「パンツ」が汗で濡れるため、必ず替えの物を持参しているようですが、東京公演で忘れてしまったそうです。その際、「シャワー」後に「ああ〜パンツ忘れた!どうしよう」と困惑していると、「相葉雅紀」がやって来て「僕のパンツあるけど、使う?」と差し出したといいます。

これに「櫻井翔」が「いやいや、それは無理!ネクストレベルが過ぎるよ」と拒絶したものの、「相葉雅紀」は「でも、洗ってるんだよ?」と貸そうとしてきたんだそうです。「スタジオ」の男性陣からも「パンツの貸し借りはない」と言われてしまった「相葉雅紀」は、首をかしげつつ「なんかショックだわ。俺のパンツがイヤみたいなさ」と意気消沈します。「櫻井翔」が「二宮「和也」・相葉組はもともと合宿所とかで、子どもの時に「貸し借りが」あったから、意外と抵抗ない」と指摘すると、「二宮和也」は「ああー」と納得しつつ、「はける」と断言していました。




また、「松本潤」も「さすがにこんだけ一緒にいれば平気かな」と「嵐メンバー」であれば抵抗はないとのことでした。「大野智」は「まず、匂いを嗅ぐかな」と答え、「スタジオ」は大爆笑します。「大野智」は「いい匂いしたら、「あ、いいじゃん」って」と、匂いで判断することを明かし、さらに笑いを集めていました。

この日の放送に視聴者からは、「相葉くんはメンバーとならなんでも共有できそう!」「大野くんの発言に笑った」「お揃いのパンツをはいたりプレゼントしたり、パンツは嵐の重要アイテム」という声が集まりました。

「相葉雅紀」の優しさが「櫻井翔」には伝わらなかったようですね。



櫻井翔★元ミス慶應&ベトナム旅行で結婚間近★都合のいい相手から真剣交際に発展

こんばんは。
今日は「櫻井翔★元ミス慶應&ベトナム旅行で結婚間近★都合のいい相手から真剣交際に発展」の事をお伝えしたいと思います。

新年早々、「ベトナム」での「“婚前旅行”」を、「1月16日」発売の「週刊文春」「文藝春秋」に報じられた「嵐・櫻井翔」ですが、突然の真剣交際報道に、「一部ファン」は大荒れしているようです。過去には破局していた時期もあったという「2人」ですが、その原因は、「櫻井翔」側の「“都合”」にあったといいます。

お相手として報じられた「38歳」の一般女性「A子さん」とは、慶應義塾大学時代からの仲とのことです。「元ミス慶應」という情報は明らかになっているものの、人物像がはっきり見えてこないこともあってか、「ファン」は戸惑っているようです。

すでに「ネット」上では、「A子さん」を「“特定”」する動きがあるものの、顔写真と簡単な「プロフィール」くらいしか残っていません。また、本人のものとわかるような「SNSアカウント」や「“匂わせ行為”」なども発見されていません。




「“謎のベール”」に包まれた「A子さん」ですが、東京の「某キー局」関係者は、その人となりについてこう話しています。

「彼女は特に派手な感じもなく、良くも悪くも「普通の女性」。どちらかといえば、おしとやかな性格で、業界人特有の威圧感もまったくありませんでした。そんな存在感だけに、櫻井翔の立場からすれば「都合のいいお相手」だったのかもしれませんが」

その関係者の局内でも、「A子さん」と「櫻井翔」の関係は知られており、「10年」近くにわたり、破局と復縁を繰り返していたことも、まことしやかにささやかれていたのだそうです。

「“付かず離れず”」の関係が続いたのは、一言でいえば、「結婚の可否」です。「A子さん」としては、「付き合う以上は、いずれ結婚」という思いがあったものの、「櫻井翔」は「ハッキリ」と「今はまだ無理」という理由から別れを選択します。ですがまた親密な仲になるということを繰り返していたようです。




過去、「櫻井翔」と交際していた「元テレビ朝日アナウンサー・小川彩佳」、また「女優・堀北真希」も、破局後ほどなくして別の男性と結婚しています。

「嵐」は「2020年末」をもって「グループ活動」を休止しますが、これはつまり「櫻井翔」に間もなく「“アイドルとしての一区切り”」が訪れるということです。それだけに、現在「A子さん」に対して、「櫻井翔」が「ハッキリとした返事」をしている可能性もあると思います。

これまで、あまたの交際報道に振り回されてきた「櫻井翔ファン」たちですが、覚悟を決める時期は近いかもしれないですね。

「ファン」の辛い気持ちも理解できますが「櫻井翔」の幸せを願ってあげるのも「ファン」の務めだと思いますよね。



櫻井翔★ベトナム旅行のお相手★まさかあの女とは&やっぱり&古参ファン衝撃の訳

こんばんは。
今日は「櫻井翔★ベトナム旅行のお相手★まさかあの女とは&やっぱり&古参ファン衝撃の訳」の事をお伝えしたいと思います。

「1月16日」発売の「週刊文春」「文藝春秋」にて、一般女性との「“ベトナム婚前旅行”」現場を「スクープ」された「嵐・櫻井翔」です。昨年「11月、二宮和也」が「元フリーアナウンサー・伊藤綾子」と結婚した際は「ネット」上は大荒れとなりましたが、今回も多くの「ファン」が「ショック」を受けています。そんな中、「デビュー当時」からの「ファン」の中には、そのお相手に心当たりがあったようで、「あの人だけはやめてほしい」などと、悲痛な叫びを「ツイート」しています。

同誌が「櫻井翔」と女性の姿を「キャッチ」したのは、「ベトナム中部」の「高級ビーチリゾート・ダナン近郊」の「五つ星ホテル」でした。「1月4日」の昼下がり、「櫻井翔」は「プールサイド」で「女優・尾野真千子似」の小柄な「美女・Aさん」と、束の間の休みを満喫していたそうです。「Aさん」とは、慶応大学時代の同級生で、彼女は在学中に「ミス慶応」にも選ばれた過去があるとのことです。後に関西の「テレビ局」に入社しましたが、昨年秋に退職しているといいます。




「嵐」は、昨年「1月」の「2020年」いっぱいでの活動休止発表以降、「“ファンへの恩返し”」とばかりに大きな「イベント」が相次ぎました。「20周年記念ツアー」「ARASHI Anniversary Tour 5×20」を開催したほか、「サブスクリプション型音楽ストリーミングサービス」で「シングル曲」の配信が「スタート」し、「YouTube」や「公式SNSアカウント」も開設しました。そんな「アニバーサリーイヤー」に、突如、「二宮和也」と「伊藤綾子」が結婚を果たしたことで、「活動休止まであと1年待てなかったのか」といった不満の声が続出しました。入籍時期が「ツアー」の真っ最中だった点についても、否定的な意見が多く出てしまいました。

「二宮和也」の結婚時に「祝福コメント」を寄せたのは、「櫻井翔」と「相葉雅紀」の「2人」でした。「櫻井翔」は「この度の二宮の決断に関し、中学生の頃に出会った幼馴染みの一人としては、幸せになってほしいと願うばかりです」と、「メンバー」の幸せをお祝いしつつも、「より一層、嵐を全うしたいと思います」と宣言します。自身の「プライベート」は二の次にし、残された時間は「ファン」のために尽くす覚悟なのだと称賛の声が上がっていました。また、結婚発表後の「11月14日~16日」に行われた「北海道・札幌ドーム公演」でも、「櫻井翔」は「1曲目」から「夢の世界へようこそ」とお客さんを煽って盛り上げた上で、「MCタイム」も結婚に触れる「ムード」を出さずに進行するなど、配慮が「バッチリ」だったそうです。「櫻井翔」の姿勢に好感度は上がる一方でした。

そんな中で報道された今回の報道に対し、「嵐」の「公式インスタグラム」の「コメント欄」などには「翔ちゃんには幸せになってほしい」「ショックだけど、いい年をした男性だから、恋もすれば結婚もする。むしろ「おめでとう」って言ってあげられるファンでありたい」と、結婚に賛成派の「コメント」も見受けられます。

ですが、これ以外では「翔くんがこの時期に撮られるのはつらい。なんで活動休止後じゃダメなの?」「プライベートは自由だけど、ファンが荒れてるこの時期に、呑気に撮られてる場合じゃない」「女性とこの時期に海外行くかな」「ツーショットになるのは気が緩みすぎ。せめて別行動できなかった?」「ニノの件で学ばなかったの?バカしかいないな」と、批判的な言葉が「SNS」上に並んでいます。




そんな中、「週刊文春」に書かれている「ミス慶応」「関西のテレビ局」といったお相手の「プロフィール情報」をもとに、「ネット」上では個人名が特定され、わずかながら写真も出回っています。「ミス慶応」に選ばれた時の画像と、「櫻井翔」が仲間と撮った若かりし頃の写真を比較し、「この中に写っているのでは」と検証する「Twitterユーザー」も存在するほどです。一方で、「Aさん」は一部熱心な「嵐ファン」の間で、かねてより認識されていた女性だったようです。

「Aさん」は関西の「テレビ局」に勤めていたため、「櫻井翔」とは遠距離恋愛をしていた時期もあるようです。最近になってくっついたのではなく、要は「“元カノ”」だったわけです。古くからの「ファン」いわく、「櫻井翔」が大学卒業後に大阪に通っていたのは「有名」だそうで、今回の旅行報道を受けて「結婚しそう」と戦々恐々としている様子です。「2006年」の「ソロコンサート」「Extra Storm in Winter ’06 THE SHOW」の大阪公演にも男友達とともに彼女を招待していたという「エピソード」や、「横浜アリーナでもご学友がいると必ず紛れてた」という「ツイート」が見られます。「まさか今になってあの女を選ぶとは 衝撃」「やっぱり、いつもコンサートに来てた女じゃん!」という反応や、「18年前からのファンだけど、いろんな意味で彼女が苦手」「ファンにマウントを取ってくるような女だった」「男友達と一緒にコンサートに来て、ファンを小馬鹿にする態度をとっていた」などと、複数人が「Twitter」上で愚痴をこぼしている状況です。

「嵐」は、今年の春に北京で「コンサート」を行うと発表しており、「5月」には新国立競技場での「ライブ」も予定されています。活動休止までの「1年」、これ以上「ファン」を気落ちさせるような言動は控えてほしいものですが。

「A子さん」が「ファン」に向けて匂わせていたりしているのならまだしも目立った行動も見られないことから「ファン」も素直な気持ちで祝ってあげても良いように思うのですが。



伊野尾慧★プラべ写真を公開し岡本圭人を匂わせ★絆を感じたとファン歓喜

こんばんは。
今日は「伊野尾慧★プラべ写真を公開し岡本圭人を匂わせ★絆を感じたとファン歓喜」の事をお伝えしたいと思います。

「Hey!Say!JUMP」の「伊野尾慧」が「木曜レギュラー」を務める情報番組「めざましテレビ」「フジテレビ系」です。「1月16日」に放送された「伊野尾慧」の「コーナー」「伊野尾ピクチャー」では、屋台で食事する「Hey!Say!JUMPメンバー」の写真を披露しました。




「伊野尾慧」は「コンサートツアー」「Hey!Say!JUMPドームツアー2019-2020 PARADE」で福岡を訪れたといい、「屋台でご飯食べました」と説明します。続けて、「屋台の狭い空間は、ちょうどHey!Say!JUMP全員入って満席で。不思議な空間でちょっと面白かったです」とうれしそうに話していました。

この写真に、視聴者からは「楽しそうなプライベート写真をありがとう!」「メンバーでご飯を食べるって仲が良い!」という「コメント」が寄せられた一方、「ネット」上では、この屋台の「“特定”」に動く「ファン」も「チラホラ」いたようです。店名は「おかもと」というそうですが、「2018年8月末」から「グループ活動」を休業し、現在は「アメリカ留学中」の「岡本圭人」を思い出した「一部ファン」から、「絆を感じた」「きっと圭人も喜んでるね!」という声が集まりました。

その後放送された「イノ調」では、「東京オリンピック・パラリンピック」を支える職人を「伊野尾慧」が調査しました。過去「10年」以上、国内には「アーチェリー」の弓具を作る「メーカー」がありませんでしたが、江戸川区の町工場が開発したとのことで、実際に「伊野尾慧」が工場を訪れます。江戸川区の町工場「5社」が力を結集して作り上げたという説明に、「伊野尾慧」は「下町ロケットじゃないですか!」と興奮気味に「コメント」します。ですが、金属加工会社の社長からは「ロケットじゃないですけどね」と冷静に「ツッコ」まれる場面も見られました。




次に「伊野尾慧」が訪れたのは、「オーダーメード」の「競技用車いすメーカー」でした。同社は、「リオパラリンピック」の「車いすテニス」で「約9割」の選手が愛用するほどの、高性能の商品を製造しています。実際に、「テニス」や「バスケットボール」など、さまざまな競技用の車いすを乗り比べた「伊野尾慧」は、「明らかにこっちの方が旋回しやすい」「動き出しがめっちゃ早い」など、的確な感想を連発します。

視聴者からは、「相変わらず伊野尾さんの解説はわかりやすい!」「イノ調でオリンピック関連の取材をしているし、オリンピック特番に出演してほしい」という声が寄せられました。

「岡本圭人」の復帰も今年の秋くらいにはなると思いたいですよね。



大橋和也★意外な才能発覚で転職宣言★西畑大吾は止めないんで

こんばんは。
今日は「大橋和也★意外な才能発覚で転職宣言★西畑大吾は止めないんで」の事をお伝えしたいと思います。

関西地方で放送されている夕方の「報道・情報番組」「キャスト」「朝日放送」に、「水曜レギュラー」として出演している「関西ジャニーズJr.内ユニット」「なにわ男子」です。「メンバー7人」の中から週替わりで「2人」が「ロケ」に出て、関西のさまざまな仕事に体当たりで「チャレンジ」する「コーナー」「なにわの仕事を学びまSHOW」を担当しています。

「1月15日」の放送回は、先週に引き続き「特別編」として、「メンバー全員」で「300年」以上続く大阪発祥の伝統芸能「文楽」に挑戦します。




文楽とは、語り手となる太夫と三味線の演奏、そこに人形劇が合わさった、三位一体で演じられる総合芸術で、「ユネスコ無形文化遺産」にも登録された、大阪が世界に誇る伝統芸能です。先週は、物語を進める「太夫」役の「大橋和也、人形遣いAチーム」の「高橋恭平、藤原丈一郎、西畑大吾、人形遣いBチーム」の「道枝駿佑、大西流星、長尾謙杜」に分かれて、それぞれ練習に励みましたが、「アイドル」にも容赦ない「スパルタ指導」に、「藤原丈一郎」が「助けて 帰りたい」と弱音を吐く一幕もありました。

そして今週は、「なにわ男子メンバー」が「伊達娘恋緋鹿子「だてむすめこいのひがのこ」」という演目を披露します。「伊達娘恋緋鹿子」とは、愛する人の切腹を止めるため、火事だと「ウソ」をつき火の見やぐらの半鐘を打つ「お七」の物語で、文楽の中でも特に激しい「“恋情モノ”」だといいます。

物語の前半を担当する「Aチーム」は、人形で繊細な感情を表現することが難しい様子です。同番組で器用ぶりを発揮してきた「高橋恭平」も「できる気がしない まじで」とうなだれてしまいます。一方、後半を担当する「Bチーム」も、火の見やぐらを激しく上る人形の動きに悪戦苦闘します。やぐらの中から人形を動かすため、動きをまったく目視できず、人形の首が「180度」回転してしまい、「首が怖い」と「3人」が苦笑いする場面もありました。ですが、「長尾謙杜」からは「改善点はたくさんありましたけど「完成に」近づいている」と頼もしい発言が飛び出します。

そんな中、ひとり黙々と「カセットテープ」で練習に励んでいた「大橋和也」の元に、ようやく指導役の「六代豊竹呂太夫」が到着します。「“巨匠”」と言われる「豊竹呂太夫」は、多忙を極めるため、「2時間」しか「スケジュール」を押さえられず、ここでの登場となりました。「豊竹呂太夫」は「大橋和也」に「ええ声聞こえてたで」と声を掛け、めきめき上達していく「大橋和也」を「なかなかええ筋してるわ」と称賛します。




そしていよいよ本番を迎え、それぞれが学んだ成果を披露します。弱気な発言が多かった「Aチーム」ですが、息を合わせて見事に演じきり、「Bチーム」も死を覚悟した激しい「お七」をしっかりと表現して無事成功しました。

本番を終えると、指導役の人形遣いから「1日であんなにできたのは、すごいと思います」と労いの言葉が。さらに「豊竹呂太夫」も「お客さんが聞いても見ても感激したんちゃうかな」「大橋くんも、よう声出してね」と「大橋和也」を評価しました。すると、「“巨匠”」に褒められ、調子に乗った「大橋和也」は「転職しようかな」と一言。ですが、「西畑大吾」から「僕らは止めないんで」と言われてしまい、「大橋和也」が「なんでや!止めてや!」と慌て、「スタジオ」の笑いを誘いました。

今回の「なにわ男子」の挑戦に、「ネット」上で反響が大きく「みんなの努力が素晴らしかった」「短時間であそこまでできるのは本当にすごい!感動した」といった声が寄せられました。

「西畑大吾」の「大橋和也」への遠慮ない一言に「ファン」も笑ってしまいますよね。



宮田俊哉★まだバックダンサー★成人の日に言われた一言でデビューを決意

こんばんは。
今日は「宮田俊哉★まだバックダンサー★成人の日に言われた一言でデビューを決意」の事をお伝えしたいと思います。

「1月15日」深夜放送の「ラジオ」「Kis-My-Ft2のキスマイRadio」「文化放送」に、「Kis-My-Ft2・宮田俊哉」と「二階堂高嗣」が登場しました。「13日」が「成人の日」だったということで、自分たちの成人式の思い出を語りました。




「Kis-My-Ft2」はすでに「メンバー」の半分以上が「30歳」を超えており、「宮田俊哉」は「31歳、二階堂高嗣」は「29歳」と「アラサー」です。そこで「宮田俊哉」が「俺たちももうアラサーなわけじゃない?自分が思い描いていたアラサー「になっている」?」と質問すると、「全然!」と「二階堂高嗣」。「二階堂高嗣」は、もっと落ち着きがあり、語彙力が高くて賢く、「キラキラ」した大人になっていると想像していたといい、「1個も理想になってない。漢字を書けない。ダメだよ」と嘆き、「宮田俊哉」も「そうなんだよな~。大人になるってなんだろうな」とつぶやきました。

また、「宮田俊哉」が「成人式に行った?」と「二階堂高嗣」に聞くと、「行ったと思う。だってスーツ持ってるもん、成人式で着たときのスーツ」とのことです。「成人式が終わってみんなでご飯とか。で、みんなで乾杯とかもするじゃん。普通の成人式かな」と振り返りました。

そこで「二階堂高嗣」が「スーツ派と袴派で分かれるじゃん?」と言うと、「宮田俊哉」は「あ~ヤンチャ組の袴ね!」と一言。これに「二階堂高嗣」が「俺の周りはみんな袴だった」と返すと、「やべぇ!」と驚く「宮田俊哉」です。どうやら、「宮田俊哉」の周りには、袴姿で成人式に参加した人がいなかったようで、「ニュースでしか見たことがない。都市伝説だと思ってた」と「コメント」し、「二階堂高嗣」の笑いを誘いました。




一方、「宮田俊哉」は「俺、行けなかったんだよな。成人式」と「ポツリ」。成人式当日は、「滝沢秀明」が主演を務めた舞台「新春 滝沢革命」に出演していたため、欠席したといいます。そのため、「「舞台が」終わって、地元のちょっとした飲み会みたいなのに、1~2時間くらい顔を出した」とのことですが、周りの友達は進学や就活活動中の「タイミング」だけに、悪気なく「宮田って、まだバックダンサーやってるの?」と聞かれたそうです。「宮田俊哉」は「「“まだ”」バックダンサー?いや、バックダンサーだけど。「確かに」ジャニーズJr.だったからね」と内心傷ついたものの、友人の言葉を受け、「「俺、ぜってぇデビューしてやる!!」って思った。その時」とあらためて決意を固めたといい、「まぁでも30「歳」すぎても楽しく生きてるからいっかな」と「コメント」しました。

この放送に「ファン」からは「踏ん張って頑張ってよかったね!今や紅白出場歌手だよ」「理想の大人像についてや、成人式を振り返るトークに、なんだかジーンとした」などの声が集まりました。

今を思えば友人の悪気のない言葉のお陰で「ジャニーズデビュー組」になれて見返すことができましたよね。