ジャニーズ

永瀬廉★匂わせ疑惑の女性★お騒がせしてと謝罪★ファン疑心暗鬼

こんばんは。
今日は「永瀬廉★匂わせ疑惑の女性★お騒がせしてと謝罪★ファン疑心暗鬼」の事をお伝えしたいと思います。

今年「5月」の「CDデビュー」以降、飛ぶ鳥を落とす勢いの大活躍を見せている「King&Prince」です。「グループ」の顔ともいえる「平野紫耀」は「女優・平祐奈」と熱愛疑惑が浮上したほか、「高橋海人」は「元AKB48・大和田南那」との「“合い鍵通い愛”」を週刊誌に「スクープ」されましたが、最近では「永瀬廉」の女性問題に関しても、「ネット」上でさまざまなうわさが広まっています。「Twitter」上で親密関係が取り沙汰された女性が、「インスタグラム」で「永瀬廉」について言及したといいます。

端正な顔立ちや、「ソフト」な関西弁の「ツッコミ」が特徴的な「永瀬廉」です。現在「19歳」の彼は大学に通いながら仕事をこなしており、来年「5月」に初の主演映画「うちの執事が言うことには」の公開も決まるなど、個人活動にも期待が高まっています。注目度が増すにつれ、最近は女性絡みの真偽不明な話がいくつも出回り、「ファン」が一喜一憂しているようです。

「10月下旬」、「永瀬廉」が「ファッションブランド・gelato pique」「ジェラートピケ」の紙袋を持って歩いていたと、目撃情報が上がりました。すると、「あみ」と名乗る女性が「インスタグラム」で「永瀬廉」から「ジェラートピケ」の商品をもらったことを示唆する写真や文章を「アップ」しました。「てか目薬忘れてったよ。永瀬さん「笑」」と、まるで自宅に「永瀬廉」がやって来たかのような記述に加え、別の投稿では「平野紫耀」の写真を載せて「また4人で集まりたいね!!」と、「平野紫耀&永瀬廉」の「4人」で対面した経験があると「アピール」しました。ほかにも、「ひな」なる女性も「ネット」上に現れ、「永瀬廉」が着用している「フランス高級ブランド・カルティエ」の「LOVE ブレスレット」などがお揃いだと「“匂わせ”」、関係があるとして「ファン」の注目が集まったようです。




いずれも関係を示す明確な証拠はなく、「永瀬廉」について「ネガティブ」な「イメージ」を植え付けようとする人物による落とし込み、「イタズラ目的」の可能性が有力視されています。そんな中、「11月上旬」には「ももたん」という「Twitterユーザー」が「永瀬廉」の「メンバーカラー」を指す「漆黒」を隠語に使い、彼とつながっている女性について、「“暴露ネタ”」を投下し始めました。

その「ももたん」自身も「永瀬廉」と交流があり、別の女性「ゆうちゃん」との関係を見守っているような書き方でした。「永瀬廉」と「ゆうちゃん」が「付き合っているのかはなんとなく気まずくて聞けない」とつづり、「ゆうちゃん」が「永瀬廉」の部屋に出入りしていること、「永瀬廉」が「マリブコーク」好きの彼女の影響を受けて「コーラ」ばかり飲んでいる、など具体的な「エピソード」を挙げていました。ですが「ツーショット」の写真類を出すわけでもなく、本当に「永瀬廉」と面識があるのか、そもそも「ゆうちゃん」が存在するのか、不明な点が多すぎて「“妄想”」といえる範疇でした。

半信半疑で情報を受け止める「ファン」も多かったのですが、「11月10日」頃に「ネット」上でその「ゆうちゃん」とされる女性が特定されました。「2016年」に某大学の「ミスコン」に出場した経験があり、下の名前の「イニシャル」は「U」のようです。発端となった「ももたん」が公開していた「ゆうちゃん」の身長、「永瀬廉」より年上といった情報をはじめ、「過去にミスコンにでてた」との経歴も一致しています。「ももたん」が載せた「Uさん」の部屋の写真と、本人の「SNS」の写真から共通項を探し出し、何者かが探偵さながらの調査力で絞り込んだようです。「Uさん」の個人名が明るみになると、「ももたん」は「Twitter」を非公開に変更しました。こうした動きも含め、「“ゆうちゃんはUさん”」で間違いないと、「ファン」は確信しています。

「ファン」からの特定を受け、渦中の「Uさん」は「12日」に自身の「インスタグラム」で「一部でお騒がせしてしまっていて申し訳ございません」と「コメント」する事態になりました。意味深な投稿、関係の「“匂わせ”」をしているつもりは「まったくありません」と否定し、「噂されてしまってる相手の方にもご迷惑をお掛けしまっているんじゃないでしょうか」と綴っていました。また、話が広まった経緯や理由について、「誰がそんなことしたのか」は見当がついてないようです。彼女の母親が「平野紫耀」や「永瀬廉」の「ファン」だといい、「それ以上でもそれ以下でもない」と主張しました。これ以上、「キンプリファン」を不安に陥れないため、説明に至ったと書いていますが、面識の有無については触れていません。また、本名が特定されるまでの「スピード、Uさん」の言い分、一連の流れはどうしても疑問が残ります。




「Uさん」の釈明に対し、「ネット」上の「ファン」の間では「嘘ならハッキリ「事実無根」って否定すればいいのに」「「そんな人は知らない、つながってない」とは否定しないんだ」「匂わせは否定してるのに永瀬との関係は否定してない」と、両者の関係は事実と予想する声が噴出しました。「Uさん」は「ファン」の間で「永瀬廉」とお揃いだと注視された「アクセサリー」を「外しました」と報告していましたが、「関係ない芸能人のためにわざわざ外す?」「無関係ならアクセサリーとか普通にしたらいいのに、意味不明」と、「ファン」から指摘が相次いでいます。

また、「ももたん=ゆうちゃん=Uだと思うんだけど違う?自作自演では」「例のももたんってU本人では?」と一連の騒動は自作自演であると疑う声や、「一部で話題になってるだけで、そこまで知られてない騒動なのにわざわざ言及する?」「有名人気取り?自分が思ってるほど注目されてないよ」と、「インスタグラム」の投稿を訝しむ「コメント」も見られました。

突如、浮かび上がった不穏なうわさに続き、女性自らが騒ぎの収束を図るなど、不可解な状況に巻き込まれてしまった「永瀬廉」です。もしすべてが何者かによる完全な作り話だった場合、最も迷惑を被ったのは彼自身でしょう。「永瀬廉」の「“潔白”」を祈りたいものですが、果たして真相はいかに。

「ファン心理」を惑わすような匂わせ疑惑の事実が判明するまでにはもう少しの時間が必要なのかもしれませんね。



キンプリ★紅白内定★ジャニーズ枠・5枠継続★BTS帳消

こんばんは。
今日は「キンプリ★紅白内定★ジャニーズ枠・5枠継続★BTS帳消」の事をお伝えしたいと思います。

「2018年」の「NHK紅白歌合戦」に、今年「デビュー」した「ジャニーズ事務所所属・King & Prince」が出演内定と、「11月13日」付の「スポーツ紙」が一斉に報じました。明日「14日」には、「NHK」が正式に出場者を発表すると見られていますが、例年話題になる「“ジャニーズ枠”」についても、「各メディア」が取材を進めているようです。

今年の出場は確実視されていた「キンプリ」ですが、一方で、「24年連続」「紅白」に食い込んでいた「TOKIO」は、「山口達也」の事件により、かなり早い段階で「落選が決まっている」と言われていました。ただ、「“TOKIO枠”」が「キンプリ」に「スライド」するのか、枠自体が消滅なのかは、まだ確実な情報は出ていないようです。




昨年出場した「ジャニーズグループ」は、「嵐、TOKIO、Hey! Say! JUMP、関ジャニ∞、Sexy Zone」の「計5組」でした。「ジャニーズ枠」に関しては、「2015年」の「7枠」が最大で、「16年」に「6枠」、「17年」に「5枠」と、年を追うごとに「1枠」ずつ減少しています。

そこで、今年はさらに「1グループ」が削られる「“4枠説”」が飛び交うようになっています。「嵐」は司会なので「“鉄板”」として、「Sexy Zone」に関しても、初出場からずっと「ゴリ押し」を続けているのが、他ならぬ「ジャニー喜多川社長」であることから、こちらも出場が確実とみられています。となると、「JUMP」か「関ジャニ∞」、いずれかが落選するのでは と言われているようです。

「CD」売り上げという点から見れば、「JUMP」に軍配が上がるところですが、「グループ」が「紅白」に初出場したのは昨年のことでした。

「紅白」に関しては「連続出場」に重きを置くところもあり、その点から鑑みれば、「関ジャニ∞」は「12年」から出場が続いています。ですが、今年の「関ジャニ∞」は「メンバー」の「ベッド写真流出」が相次ぎ、「ボーカル」の「渋谷すばる」が脱退、「ジャニーズ退所」と、苦難の「1年」になってしまっています。そういう意味では、どちらが落選しても不思議ではないようです。




一方で、多くの音楽業界関係者は、今年の「ジャニーズ」は「“5枠継続”」と見ているようです。

今年は「BTS」の「トラブル」から、「K-POP勢」の出場は帳消しになると言われており、混戦となった昨年に比べて、むしろ「“枠あまり”」が発生しかねない状況です。そんな中、あえて「ジャニーズ枠」を削るという判断を、「NHK」が下すとも思えないだけに、「5枠継続」は妥当な判断のようです。

なお、「キンプリ」は先日活動休止を発表した「岩橋玄樹」を除く、「5人」での出場になると見られます。例年、初出場組は「NHK」で開かれる記者会見に出席しますが、まずは「キンプリ」の初出場を祝福したいものですね。

「ジャニーズファン」にとって「4枠説」だけは阻止したい心境ですよね。



三宅健★理想の湿度・55~60%★窓の結露全部拭く★冬の乾燥対策

こんばんは。
今日は「三宅健★理想の湿度・55~60%★窓の結露全部拭く★冬の乾燥対策」の事をお伝えしたいと思います。

「V6・三宅健」が「パーソナリティ」を務める「三宅健のラヂオ」「bayfm」です。「11月12日」深夜の放送回は、美容と加湿器について語りました。

「ラジオネーム・ゆいちゃん」から、「健くんの最近のスキンケアは何をしていますか?美肌ヲタクな私が友人に会う度にオススメしまくるものは、無印「良品」の導入化粧液です。これを化粧水の前につけるだけで、化粧水がめちゃくちゃ肌に入ってくれます」という「メール」がくると、「家で初めて飼った雑種の名前が「“ゆい”」だった。当時「スケバン刑事」「フジテレビ系」)がめちゃくちゃはやってて、浅香唯さんの唯からとって「“ゆい”」って名前にしたんで。「スケバン刑事」の中では、風間三姉妹の浅香唯さんが僕は好きでした」と、懐かしの「ドラマ」の思い出を語った「三宅健」でした。




普段から美容や「ダイエット」、おしゃれに敏感な「三宅健」は、さっそく「オススメ」された無印良品の導入化粧液を「マネジャー」に買ってきてもらって使用してるものの、「僕はまだ実感がないっていうか。ほんと鈍感なの。わかんないんだよね」と、まだ効果はでていない様子です。

そして、「乾燥してきたねー。だいたい44%とかだもんね」と湿度を語り、「新しい加湿器が欲しいなぁ。Cado「カドー」いいよ。寝室はそれ。BALMUDA「バルミューダ」も、まぁ、いいんだけど。Cadoのネットでしか頼めないステンレスの空気清浄機がむちゃくちゃかっこいい。なんかロボットっぽくて。家電にもスタイリッシュさを求めちゃうからさ」と、加湿器などの家電にもこだわりがあることを語りました。ちなみに、「三宅健」がいう「Cado」の「ネット」でしか頼めないという商品とは、空気清浄機「AP-C200-PS」の「プレミアムステンレス」のことと思われ、「ネット限定」の「カラー」として展開しているものです。

さらに、「加湿器トーク」は続き、「機械式のやつって掃除が大変なんだよね。だからね。簡単なのは、ぞうずるし あ、ぞうずるしって言っちゃった。象印。クエン酸除去ポットってやつに粉を入れれば、それでもうキレイになっちゃうから。象印は何が良いかっていうと、暖かい湯気が出るわけ。だから室温も1度、2度上がるの。そういう意味では部屋も暖かくなるし、いいんだけど。ただ、うるさい」と「メリットデメリット」を上げ、「各メーカー」ごとの加湿器の説明をするのでした。




また、「三宅健」の理想とする湿度は「55〜60%」で、冬は朝起きたらまず窓の結露をすべて拭いて回ることから始まるそうです。「カビとか生えちゃうじゃん。だから拭くんですよ。バスタオルで拭いて吸収させるのが一番早い。ほんとに家でやることがいっぱいあるのよ。掃除もしなきゃいけない、洗濯も 大変だもん」と、「キレイ好き」な「三宅健」らしい「トーク」を展開したのでした。

「SNS」上では「窓の結露を全部拭く三宅健 お掃除で忙しい三宅健 見習いたい」「スケバン刑事、浅香唯がタイプだったの」「無印の導入化粧水、一回使ってみようかな」など、さまざまな声が見受けられました。

きれい好きな「三宅健」ならではの乾燥対策は「ファン」も同じように取り入れてみても良いかも知れないですね。



高木雄也★伊野尾慧に休みじゃん。来る★誘われた沖縄旅行

こんばんは。
今日は「高木雄也★伊野尾慧に休みじゃん。来る★誘われた沖縄旅行」の事をお伝えしたいと思います。

「Hey!Say!JUMP」の「有岡大貴」と「高木雄也」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ番組」「JUMP da ベイベー!」「bayfm」が「11月9日」深夜に放送されました。この日最初に寄せられた「メッセージ」は、「高木雄也」と「伊野尾慧」の沖縄旅行に関してでした。




実は「11月1日」、「伊野尾慧」が「木曜レギュラー」を務める情報番組「めざましテレビ」「フジテレビ系」内の「コーナー」「伊野尾ピクチャー」で、「高木雄也」と一緒に「スキューバーダイビング」を楽しんでいる写真を披露しました。「伊野尾慧」は「沖縄の海で高木雄也と一緒にダイビングをして来ました!」と報告しつつ、「僕はオープンウォーター持ってるんですけど、高木もライセンス持っていたので2人で楽しく」と語り、「ファン」から大反響を得ていました。

それを受けて、「2人で沖縄に行くことになった経緯や、どちらから誘ったかなど気になります」との「メッセージ」が届くと、「高木雄也」が「そうなんですよ、伊野尾君と沖縄に行ったんですよ」と「コメント」しました。そもそもは、「伊野尾慧」が自身の友人と「メンバー共通」の友人と行く計画だったそうで、「高木雄也」は沖縄の食事処や遊びどころなどを聞かれていましたが、「伊野尾慧」から「高木も「この日」休みじゃん。来る?」と誘われ、行くことになったといいます。「高木雄也」いわく、「伊野尾慧」は「絶対に「行かない」って言うと思って聞いている」と思ったそうですが、「行く」と返して、沖縄旅行参加が実現したと明かしました。

「高木雄也」は自分でも「まさかだよね」と言い、「伊野尾慧」とも「こんな日が来ると思わなかった」と話したといいますが、「有岡大貴」も「本当だよ!」と驚愕しました。「デビューしたての頃はね。高木と伊野尾ちゃんの空気が最悪で。あんまり話してる感じがしなかったというか。険悪とまではいかないけど」と「2人」の接点がなかったと感慨深く振り返っていました。




「デビュー当時」の「高木雄也」と「伊野尾慧」の距離感は、「ファン」の間でも有名で、昨年「12月15日」に放送された「ザ少年倶楽部 プレミアム」「BSプレミアム」に「Hey!Say!JUMP」が「ゲスト出演」した際も、「伊野尾慧」が「デビュー当時、高木と仲悪かったというか、ほとんどしゃべってない」と明かしていたものの、今では一緒にお泊まりするほど仲良くなっていることも同時に告白しました。とうとう沖縄旅行を実現させるまでになったということで、この日の放送後には「2人が旅行って本当に感慨深いなー!」「今ではすっかり仲良しだね!」という声が集まっていました。

とはいえ、当日はお互い仕事だったため、なんと沖縄に現地集合、現地解散だったということも明かしていた「高木雄也」です。同じ飛行機に乗るには、まだ少し時間が掛かるのかもしれないですね。

昨日の敵は今日の友と言いますが「高木雄也&伊野尾慧」の友情は本物になるかも知れませんね。



堂本光一★ブラジャーのホック外し熱弁★想像してください★持論語る

こんばんは。
今日は「堂本光一★ブラジャーのホック外し熱弁★想像してください★持論語る」の事をお伝えしたいと思います。

「KinKi Kids」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ番組」「KinKi Kids どんなもんヤ!」「文化放送」が「11月12日」深夜に放送され、この日は「堂本光一」が登場しました。番組内では「12月19日リリース」の新曲「会いたい、会いたい、会えない。」が「ラジオ初解禁」となり、「ファン」からは「素敵な曲だった!」「発売が楽しみ」などさまざまな感想が集まっていました。




そんな中、中盤で取り上げられたのは、「KAT-TUNの中丸雄一くんが番組で「ブラジャーのホックを片手で1分間にいくつ外せるか」に挑戦していた」という話題になりました。「中丸雄一」は先月「7日」に放送された「DASHでイッテQ!行列のできるしゃべくり日テレ系人気番組No.1決定戦」「日本テレビ系」に出演し、「43個」という「ホック外し」の記録を叩き出していました。

ですが、「堂本光一」はこれに対して「メッセージ」を読み終わらないうちから「なにやってるの?なんで!?」と驚愕します。「メッセージ」には「勝てる自信ありますか?」とつづられていましたが、「体勢によるやん!」とし、背中を向けた「マネキン」が並べられた状態で外していくことを知ると、「それはそうやって外したことないもん」と、「“前から外す”」派であることを「アピール」していました。

この「ブラ外し」は「ギネス記録」として「91個」となっていますが、「堂本光一」は「「前から外して」勝負でしょ!やるんやったら」と頑なに話し、「あ、マネキンを正面に向けてればいいのか。そっちのほうが面白い、リアルに近いでしょ」「ワンアクション多くなるから時間伸びるかもしれないけど」と正面からだと時間がかかる可能性を考えながらも、「こんなのおもんない!」と後ろからの「ブラ外し」は面白くないと何度も絶叫しました。最終的には「想像してください」と「リスナー」に自身の「ブラ外し」の光景を想像させていました。




この日の放送に対し「リスナー」からは「想像の許可出たのでたっぷり妄想します!」「そんなに前から外したいのか「笑」」「スピードよりテクニック重視なのね」といった声が上がっていました。

この企画を巡っては、以前「イベント」で「ブラ」の高速外しを披露していた「元KAT-TUN」の「赤西仁」も「Twitter」で「おい中丸or周りのスタッフさんよーブラホックの企画マネすんなよ。他のアイディアは真似されても別に気にもしないが、これに関しては我が物顔してやってる感じが許せん。大概にしろよ!オッパイに失礼だろーがぁ!オッパイはオレの物だぁこらぁ!!」と宣戦布告しました。「堂本光一、中丸雄一、赤西仁」の間で「ブラ外し」戦国時代の幕開けとなるかもしれないですね。

三人寄れば文殊の知恵と言いますが「堂本光一&中丸雄一&赤西仁」が「タッグ」を組めば三者三様の外し方が見られるのかも知れませんね。



ジャニーズファン鉄の掟解説★山田美保子氏に聞いたことない★批判続出

こんにちは。
今日は「ジャニーズファン鉄の掟解説★山田美保子氏に聞いたことない★批判続出」の事をお伝えしたいと思います。

「関ジャニ∞・大倉忠義」が「公式携帯サイト・Johnny’s web」で「“過剰な追っかけ行為”」に苦言を呈し、「ジャニーズファン」の「マナー問題」が注目を集めています。「11月12日」放送の情報番組「とくダネ!」「フジテレビ系」では、過去の事例を振り返りながらこの一件を特集しましたが、解説役で登場した「ジャニーズファン」の「放送作家・山田美保子氏」の発言に批判が続出しています。

「大倉忠義」は連載「関ジャニ戦隊∞レンジャー」「11月8日更新」内で、駅や空港での移動時に多くの女性が待っていること、こうした「ファン」が一般の利用者にも迷惑を掛けていると、具体例を記述しました。「プライベート」にもつきまとってくる「ファン」の存在を明かし、「普通の人に戻る方がよっぽど楽だろう」「そろそろ限界だ」などと本音を吐露しました。昨今、「一部ジャニーズファン」による「入り・出待ちのマナー」が問題視されており、「9月」には「King&Prince」が宮城で「コンサート」を行った際、仙台駅に多くの「ファン」が集結しました。「ホーム」に人がごった返し、「メンバー」が乗った新幹線は混乱によって発車が遅れたといいます。




そんな中、今回の「とくダネ!」は「大倉忠義」が綴った「Johnny’s web」の内容を伝えつつ、街の「ジャニーズファン」に聞いた意見や、過去に「Kis-My-Ft2・玉森裕太」、「Hey!Say! JUMP・八乙女光」らも駅で出待ちをする「ファン」に言及した件を紹介しました。「ジャニーズ事務所サイド」も「公式サイト」で公共交通機関の利用に関して「ファン」に注意を促している点を視聴者に説明しました。「山田美保子氏」は「ジャニーズファン歴50年」として「スタジオ」に生出演し、「大倉忠義」の連載を受けて「私もこんなことになってるっていうのは正直知らなかったので、ビックリしました。あと、マナーを守っている、ルールを守っている方が大半なので、そのファンの方たちが本当に今、悔しい思いをしているだろうなと思います」と、「コメント」しました。

また、進行の「伊藤利尋アナウンサー」は「山田さんの取材によると」と前置きした上で、「鉄の掟というか、暗黙のファン同士のルールというのがあるんだということなんですね」「出待ちができるのは、山田さん。手紙を渡したい人だけですよ「ということ」?」と、確認しました。話を振られた「山田美保子氏」は「出待ちといっても、東京ドームとかではないですね。例えば日生劇場であるとか、シアタークリエであるとかの舞台にアイドルさんが出ていらっしゃる時に、そのお目当てのアイドルさんにお手紙を渡す列ができてます」「リーダー格の方がちゃんと整列をさせて、静かに待っていますね」と、証言しました。

番組では手紙の受け渡しについて、「代表者が全員の手紙をまとめて渡す」「代表者をじゃんけんで決める場合も」などと、「ボード」を使っておさらいしました。ほかに、「「電車で」同じ車両に乗るのはNG」「ホームには上がらず改札の外で出待ち」との「ルール」を受け、「山田美保子氏」は「改札の外も本当にできれば出待ちしない方がもちろん望ましいのですが」と言いつつ、駅員や「イベンター」が「ロープ」で規制している光景を見たことがあると語っていました。飛行機も同様に「同じ便に乗るのはNG」ですが、もし搭乗してしまった場合は「ブランケットなどをかぶり存在を隠す」とのことでした。

「大倉忠義」も前述の連載で「プライベート」の食事中に駅や空港にいる「ファン」が横の「テーブル」にいたと嘆いていましたが、「山田美保子氏」は「顔を覚えられてしまっているファンの人の場合は、やっぱりその同じ便に乗ることによってアイドルさんにストレスを与えてしまったり」と、移動の「リラックスタイム」を邪魔しないためにも「「“自らブランケットをかぶって存在を消す”」という方がいるということを聞きました」と、「コメント」しました。番組は「アイドル」の後ろで、「ブランケット」らしき布を使って顔や体を隠す様子を「イラスト化」し、視聴者にわかりやすくまとめていました。ですが、「とくダネ!」を見た「ジャニーズファン」は主に「山田美保子氏」の「お手紙をわたす列」といった解説に、憤怒しました。実際、こうした場面はあるようですが、「ジャニーズ事務所」が「サイト」を通じて「ファン」に呼びかけているような公式のものではなく、「“知る人ぞ知る”」世界の話のようです。




それだけに、「「とくダネ」のせいで、今後劇場や改札外の出待ちが急増したら誰が対応するの。公式への取材で確認できないような暗黙のルールを流しちゃだめでしょ」「グレーゾーンの列の話を発信するなら、山田さんが提供した情報が間違いではないか事務所に確認を取るべき」「事務所が認めてないことを、公式ルールかのように言ったのは問題。迷惑行為を助長する」「山田さんの発言は、間違った情報だし、問題になっているヤラカシを助長する危険性もある。ジャニーズウォッチャーを名乗って仕事するなら責任取るべき」と、非難の声が続出しています。

さらに、飛行機に同乗した時は「ブランケットなどをかぶり存在を隠す」との文言にも、「山田美保子に嫌悪感。ブランケットかぶればいいって意味不明。列の話も堂々と話したから、今よりひどくなる可能性あるよ」「ブランケットで存在を隠すなんて、聞いたことない」「ブランケットかぶれば同電してもOKだと開き直る輩が続出したら、どう責任を取るつもりか」といった意見が噴出しています。

「ジャニーズファン」の「山田美保子氏」は、自身が見聞きした現状を報告し、警鐘を鳴らす目的で出演したものとみられますが、かえって波紋を呼ぶ結果になりました。今一度、「ジャニーズ事務所側」が禁止事項を周知する必要もあるのかもしれないですね。

最近の「一部ファン」の行動には問題視しなければならないのは事実です。ですが「山田美穂子氏」の見解はあくまで一個人の意見であって賛否両論あるのは当然ですよね。



二宮和也★写ルンです世代目線★写真撮るのが日常★Jr.の強み語る

こんばんは。
今日は「二宮和也★写ルンです世代目線★写真撮るのが日常★Jr.の強み語る」の事をお伝えしたいと思います。

「嵐」の「二宮和也」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ番組」「BAY STORM」「BayFM」が「11月11日」に放送されました。この日もさまざまな話題が取り上げられましたが、その中で「リスナー」の反応をもっとも集めたのは、「クラシックバレエ」の講師をしているという「リスナー」からの「メッセージ」でした。子どもの生徒の世話をするのが大変だといい、「二宮さんは、後輩や年下の成長をどういった時に感じますか?」とつづられていました。




この「メッセージ」に「二宮和也」はまず「いや、後輩はいっぱいいるけど、面倒見てる後輩いないじゃん」と断り、「でも、今のJr.の子とか見てると、どこの世界もさ、ベースがアップしちゃってるじゃん、基本的に性能が。もともとの性能が」といまの「ジャニーズJr.」を「ベタ褒」めしました。「比べようがないよね。俺らの時よりはるかにスペックがいいもん」と断言する一幕もありました。

実は「二宮和也」、「仲のいい後輩はいない」としながらも、同番組を通じてたびたび「ジャニーズJr.」や若手を絶賛しています。「10月21日」放送回でも「真面目だからな、今の子って」と評価していたほか、時には「ラジオ」で具体的に後輩の名前を挙げながら「知名度アップ」にも貢献しています。

ですが、「二宮和也」は「Jr.」や若手たちの「スペック」が自分たちの時よりも「アップ」している理由について「携帯やパソコンだってなんだってそう」と身の回りのものなど含め、すべての「スペック」が「アップ」していることを指摘しています。「俺らのとき、何回も言うけど、写ルンですしかなかった時代だから。写真を撮るって時に相当な勇気と決断が必要じゃん」と言い、枚数が「36枚」しかないため、無駄な写真は一切取れなかったことなどを話しました。




そういうことがあったため、写真に対し緊張感が強かったという「二宮和也」。「うまく笑えてないもんね。ジュニアの頃って」と言いつつ、「でも今の子ってすごい綺麗に笑っててさ。写真撮るのが日常化してるから自然じゃん。免疫があるじゃん。そこのスタートから違うから」と環境が「スペック向上」に役立っていると指摘します。「成長したってのは、できなかったものができるようになったり、大幅に時間短縮できたり、コンスタントに品質が保てたりってことだけど、もうそれできちゃってるもんね、最初っから」と「Jr.」や若手の成長を感じるよりも「スペック」が高いことを感じることが多い様子を見せました。

最後には「俺らの時は全然なかったけどさ、踊りを極めたいとかうまくなりたいってなったらYouTubeとか見て自分の趣味嗜好を探れる時代になったじゃん。だから成長速度はめちゃめちゃ速いんだろうね」としみじみ語っていましたが、「リスナー」からは、「Jr.の子のスペックが高いって話、よく考えれば腑に落ちた」「確かにいまのJr.の子ってスペック高いね!」「いろんなアイテムがスペック向上に役立ってたのか」という声が寄せられていました。

家電も自動車も「5年」経過すれば全く「スペック」が変わってしまうように実生活も「5年」たてば変わってしまいますよね。「Jr.」も同じようなことが起きているんでしょうね。



中居正広★紅白司会オファー断っていた★元SMAP&嵐共演★幻になる

こんばんは。
今日は「中居正広★紅白司会オファー断っていた★元SMAP&嵐共演★幻になる」の事をお伝えしたいと思います。

大みそかに放送される「NHK紅白歌合戦」について、同局は「11月9日」、総合司会を「ウッチャンナンチャン・内村光良」、紅組司会を「広瀬すず」、白組司会を「嵐・櫻井翔」が務めると発表しました。そんな中、音楽業界では「「紅白」の現場スタッフの間では、総合司会に「元SMAP・中居正広」を推す声が強まっていたらしい」と「ウワサ」されているといいます。

「内村光良」の総合司会は、昨年に続いて「2回目」となります。




総合司会候補にはもう「1人」、「ナインティナイン・岡村隆史」の名前も出ていたそうです。「岡村隆史」は、同局で「大ヒット」中の「クイズバラエティ」「チコちゃんに叱られる!」の「レギュラー出演者」なので、有力視されていたようです。先週「週刊文春」「文藝春秋」で報じられた、「内村光良MC」の「世界の果てまでイッテQ!」「日本テレビ系」の「ヤラセ問題」が、もう少し炎上していれば、総合司会は「岡村隆史」になっていた可能性もあったようです。

ですが、「紅白」「制作スタッフ」の間で出演を最も熱望されていたのは、「岡村隆史」でも「内村光良」でもなく、「中居正広」だったといいます。

「中居正広」は過去、「紅組・白組」それぞれの司会を「計6回」務めた実績があり、「後輩・嵐」との共演は、かつての「“派閥イメージ”」を払拭したい「ジャニーズ事務所」にとっては好都合でした。それに何より、「SMAP解散後」、新規の仕事をいくつも断っているといわれる「中居正広」が登場すれば、これ以上の話題性はありません。「スタッフサイド」は、昨年も「中居正広」に「オファー」を出していたそうなのですが、実現せず、今年こそはと「“リベンジオファー”」をしたようです。




ところが、「スタッフ」の期待が高まる中、「中居正広」本人の返答は「NO」だったといいます。

なんでも「中居正広」は「今年、自分はNHKに貢献していない」「なぜ今年なのかという理由づけも思い当たらない」と、断ってきようです。ですが本心では、「元SMAP」と「嵐」の共演を、番組の話題作りに利用されたくないという思いがあったのかもしれません。

来年と再来年の白組司会は、それぞれ「嵐・松本潤」と「大野智」が担当するとささやかれています。「2020年」までに、「中居正広」と「嵐」の「“紅白共演”」は実現するのでしょうか。

「中居正広ファン」としては総合司会を見たかったでしょうが「NHK」の思惑通りにはならなかったようですね。



安田章大★関ジャムトークコーナー出演★ファン歓喜

こんばんは。
今日は「安田章大★関ジャムトークコーナー出演★ファン歓喜」の事をお伝えしたいと思います。

「関ジャニ∞」が毎回さまざまな「音楽アーティスト」を迎えて「トーク」を繰り広げる「音楽バラエティ番組」「関ジャム完全燃SHOW」「テレビ朝日系」です。「11月11日」の放送回では、「安田章大」が久しぶりに「トークJAM」に登場しました。




今年の「7月」に、「2017年」の「2月上旬」に脳腫瘍の一種である髄膜腫の摘出を受けていたことを公表した「安田章大」です。経過は良好とのことですが、それ以降「グループ全員」で出演する番組以外は出演回数がぐっと少なくなっていました。同番組でも、「演奏コーナー」「セッションJAM」に出演することはあっても、「トークコーナー」「トークJAM」に出演する回数が少なくなっており、今回久々に「安田章大」の姿を見た「ファン」からは「やすくんスタジオいる!うれしい!」「やすくんおるやん!! めちゃくちゃびっくりした。おかえり~」「やすくんスタジオ超久し振り!」と歓喜の声が上がっていました。

今回は、「ゲスト」に「テノール歌手」の「秋川雅史」と「音楽プロデューサー」の「坂本昌之」を迎えて「プロが選ぶ傑作カバー曲」を特集しました。「誰もが知る名曲のカバー曲」「隠れた名曲のカバー曲」「インスト曲のカバー曲」「セルフカバー曲」「女性ボーカル曲の男性カバー曲」の「6つ」の「ジャンル」に分けて、「カバー曲」の奥深さを徹底解説していきました。

そして、元々は「グスターヴ・ホルスト作曲」の組曲「惑星」の中の「木星」という、「オーケストラ」が演奏する楽曲であった「平原綾香」の「カバー曲」「Jupiter」「2003」は、当時「高校3年生」だった「平原綾香」本人の発案だったことを知ると全員驚きます。さらに、特徴的な「ブレス」から始まる「イントロ」も「敢えてブレスをイントロに採用した」ということがわかると、全員で「へぇ~」と感心しきりでした。




そんな中で、「秋川雅史」は初めてこの楽曲を聞いたのが「ドン・キホーテで買い物してる時に、BGMでかかってたんですよ。ドンキの北池袋店でね」と告白します。これには、進行役の「村上信五」も思わず「そこはいいがな!」と「ツッコ」みます。「秋川雅史」のおちゃめな一面に「スタジオ」も朗らかな笑いに包まれていたのでした。

一方、「ダウンタウン」をはじめ吉本興業所属の「お笑いタレント」で結成された「音楽ユニット・Re:Japan」の「明日があるさ」「2001」を披露した「ジャムセッション」では、「安田章大」だけではなく「ベース担当」の「丸山隆平」にも注目した「ファン」が多かった様子でした。今回は、「トークJAM」からおでこを出した「ヘアスタイル」をしていた「丸山隆平」でしたが「おでこ出しでベース弾いてるとか、めっちゃかっこよすぎ」「今日の丸ちゃんのデコ出しはカッコ良かった!オールバックより自然な感じ」「丸ちゃんのベースとおでこが良きでした」と「ファン」に大好評なのでした。

長期に渡り体調が良くなかった「安田章大」の元気な姿が見られて「ファン」は一安心したでしょうね。



村上信五★独身の日★何も変わらないでしょ、特にねえ★ボヤく

こんばんは。
今日は「村上信五★独身の日★何も変わらないでしょ、特にねえ★ボヤく」の事をお伝えしたいと思います。

「関ジャニ∞」の「村上信五」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「村上信五の週刊!関ジャニ通信」「ABCラジオ」が「11月11日」深夜に放送されました。「11月11日」はさまざまな記念日となっていますが、実は中国では「“1”」が並んでいるということで、「独身の日」とされているそうです。この日の「オープニングトーク」では、「11月11日が数字の「“1”」が4つ並んでいることから「シングルデー」「独身の日」ということで」という切り出しから、「村上信五」の「“独身観”」が語られることになりました。




「独身の日」本場の中国では、独身であることを喜び祝福する日ということで、この日に併せて大々的な「セール」も行われるといいますが、「村上信五」は「私らは喜んでいい日なんですかね?」と言いつつ、「そんな喜ぶことも。何も変わらないでしょ、特にねえ」とそっけない反応です。独身という身分については、「気楽に家で過ごさせてもろうてるやなあ、って思いますけどね。1人でね」と気楽さを強調していました。

昨年には「タレント」の「小島瑠璃子」との熱愛疑惑が報じられていた「村上信五」ですが、「村上信五」はその疑惑について昨年「11月」に放送された「月曜から夜ふかし」「日本テレビ系」で全否定しました。昨年「9月13日」に放送された「関ジャニ∞のジャニ勉」「関西テレビ」内では、結婚について「俺はもう次の人で決める」「次にフライデー撮られたら、その人だと思ってもらえたら」といった趣旨の発言を展開しました。発言自体は放送で「カット」されたものの、「スタジオ観覧者」の「レポート」でその発言が明らかになり、「ファン」の間では「こじるりと結婚!?」といった声も上がっていたものの、いまではすっかりその熱愛疑惑はなかったことのように扱われています。




とはいえ、「村上信五」もすでに「36歳」です。今や「30代」で結婚する「ジャニーズタレント」も少なくないことから「村上信五」の結婚の動向は「ファン」も気になるところですが、今年「1月22日」放送の「月曜から夜ふかし」では「30代はないかな。少なくとも、「東京」オリンピック終わるまではないな!間違いなくないな!」と断言しました。また、「4月1日」深夜放送の「村上マヨネーズのツッコませて頂きます!」「関西テレビ」では結婚について「現実味がないです」として、家にいる時間が「8時間程度」のため「家庭を持つって意味がわかりませんもんね」と結婚を考える状況ではないことを吐露しました。「その時間しか自分の時間がないのに、嫁に渡すとしても「どこ渡すねん」って」と話していました。

この日の放送後も「当分はひとりで独身の日を過ごして欲しいな!」「まだまだ独身の日を喜んで満喫してくれー」という声が集まっていましたが、少なくとも「村上信五」は「2020年」までは独り身の気楽さを優先してくれそうですね。

現時点での「村上信五」の忙しさでは恋愛と仕事との両立が難しいのは事実ですよね。