ジャニーズ

村上信五★ちゅうえいに謝罪★申し訳ない★頭下げた訳

こんばんは。
今日は「村上信五★ちゅうえいに謝罪★申し訳ない★頭下げた訳」の事をお伝えしたいと思います。

「関ジャニ∞」の冠番組「関ジャニ∞のジャニ勉」「関西テレビ」です。「6月12日深夜放送」では、「ゲスト」に「お笑い芸人・流れ星」を迎えて「トーク」が展開されました。




「流れ星」の「“ギャグ担当”」「ちゅうえい」が、「どれだけギャグを作っても、お客さんの8割にウケないと採用しません」というこだわりを披露しました。「VTR」で「ちゅうえい」の「ネタ」が流れ、それを見た「大倉忠義」は思わず「マル「丸山隆平」やな」と感想を述べます。「関ジャニ∞」の「ギャグ担当」である「丸山隆平」と姿が重なったようですが、「ちゅうえい」が「ネタ帳」に自身の「ギャグ」を「ビッシリ」書き記していることが判明すると、「関ジャニ∞メンバー」は「すごい!」と驚嘆します。「横山裕」も「考えられてるもん。マルの思いつきとはちゃうわ」と、同じ「“ギャガー”」として「丸山隆平」と「ちゅうえい」の差を感じたようです。

実際に「ちゅうえい」の「ギャグ」が「スタジオ」で披露されると、「村上信五」からはあらためて「申し訳ないです。プロの芸人さんに「マルに似てる、似てる」って。使い捨てなんで、彼のギャグは!」と「ちゅうえい」に対して謝罪します。すると、「丸山隆平」本人も「思いついたノリで言ってるだけなんで。こうやってメモ書かれて。どういうふうにギャグが生まれるのかっていうのを、今日聞きたいと思います」とかなり真剣な表情を、「ちゅうえい」に向けます。

これに困惑した「ちゅうえい」は、「正直、僕もちゃんと考えてるなんて思われたくない パッと浮かんだって」と「ボソボソ」。一方、真剣に「ギャグ」と向き合おうとしている「丸山隆平」が「ちゃんとしたところ見せていきましょ!」と「ちゅうえい」に訴えかけると、「マジで朝まで飲めるわ!」と「シンパシー」を感じたようで、「2人」はまさに「“師匠と弟子”」のような姿を見せていました。




ですが、その後「ちゅうえい」の「ギャグ」は、半分ほどが「相方・瀧上伸一郎」により作られたものだと判明します。「ちゅうえい」に「ギャグ」をやるよう進言したのも「瀧上伸一郎」らしく、手柄を「ちゅうえい」に全部持っていかれると「ボヤ」いていると、「錦戸亮」が「やればいいじゃないですか、自分で」と提案します。突然の展開に、「ちゅうえい」も「斬新な提案!ちょっとやってみろよお前!」と「ノリノリ」で、「錦戸亮」も「「俺が作った、俺が作った」言うんやったら、自分で「やればいい」。シンガーソングライターやん!」と「瀧上伸一郎」を追い込みます。突如表舞台に引っ張り出された「瀧上伸一郎」は、必死に「ギャグ」を披露しますが、案の定「大スベリ」します。結果的に、「ちゅうえい」の「ハート」の強さと才能をあらためて知ることになったのでした。

この日の放送は、「メンバー」と「ゲスト」が一体になって楽しんでいたことが、「ファン」には印象的だったようです。「ネット」上には「芸人さんがゲストだとメンバーがめっちゃ笑ってて見ててうれしくなる!」「丸ちゃんがとにかく楽しそうで最高!」「ちゅうえいさんのギャグに大笑いしてる関ジャニ∞につられて笑っちゃう~!」といった感想が寄せられていました。

「ちゅうえい&丸山隆平」の「コンビ企画」が実現することを期待したいですよね。



三宅健★深刻な体調不良報道★プリシラとは別人★新恋人が看病

こんばんは。
今日は「三宅健★深刻な体調不良報道★プリシラとは別人★新恋人が看病」の事をお伝えしたいと思います。

「V6・三宅健」が体調不良のため、人知れず治療を受けていたと、「6月13日発売」の「女性セブン」「小学館」が報じています。来年「25周年」を迎える「V6」には「全国ツアー開催」の期待が寄せられますが、「三宅健」は食欲不振から始まり、その後は排泄も困難になってしまったことから、「全国ツアー」の参加も危ぶまれているといいます。一方で、そんな「三宅健」を献身的に支えている「“恋人”」について、さまざまな疑問の目が向けられているようです。

記事によると「三宅健」の自宅を出入りする女性として、「ショートカット」の「モデル風女性」の写真が掲載されています。左手薬指には指輪をはめており、また「三宅健」が倒れた時には、つきっきりで看病していたとの証言もあるようです。




記事には同棲を匂わせる記述もあり、この女性が恋人であることは明らかなようです。ですが、「三宅健」の恋人として記憶に新しいのは、「昨年10月」に「フライデー」「講談社」が報じた「ハーフモデル」の「プリシラ」ですが、今回報じられた女性は別人だと言われているようです。

当時「フライデー」に掲載された写真には、変装することなく「バイク」に二人乗りする姿や、路上で「“いちゃつく”」「三宅健」と「プリシラ」が写っており、「一部ファン」に「ショック」を与えました。

「ロングヘア」が「トレードマーク」の「プリシラ」ですが、「セブン」に掲載されている女性は「ベリーショート」の女性のため、「シルエット」からして「“別人”」のようです。また、顔には「モザイク処理」まで施されているようです。




一般人の顔写真を報道する場合は、「プライバシー保護」の観点などから、「モザイク処理」などの加工を施すのが常識ですが、「モデル」である「プリシラ」はれっきとした芸能人です。「フライデー」には、「ハッキリ」と顔写真が掲載されていました。

そうなると、この女性は「三宅健」の「“新恋人”」で、一般人の可能性もありえます。となると、「プリシラ」とは「スピード破局」していたことになります。ですが、指輪を贈られていることや、つきっきりで看病する仲となると、やはり「各マスコミ」としては相手の素性を確認しておきたいところです。各社とも取材に動いているようです。

突然姿を現した「“新恋人”」の存在に、一部業界関係者も驚きを隠せないようですが、「三宅健」の体調に関してはここ最近、「ネット」上で「ファン」から「健くん痩せた?」など、心配の声が出ていました。節目の年に向けて、まずは万全の体調を取り戻せるよう、周囲も環境を整えることに注力してほしいですね。

「ファン」とすれば「新恋人」の存在も気になるところですが「三宅健」の体調不良がどんな状態なのか知りたいですよね。



NEWS★トップガン★前作比2万枚アップ★初日売り上げ12万枚超

こんばんは。
今日は「NEWS★トップガン★前作比2万枚アップ★初日売り上げ12万枚超」の事をお伝えしたいと思います。

「NEWS」の「ニューシングル」「トップガン/ Love Story」が、「6月11日付」の「オリコンデイリーシングルランキング」で「初登場1位」を獲得しました。初日売り上げは前の「シングル」より「2万枚以上」も「アップ」し、好調な「スタート」を切りました。このままの勢いならば「週間ランキング」の首位も確実とみられますが、週末には「“手強い存在”」が大規模な「リリースイベント」を行うため、先の見えない戦いとなっています。

「NEWS」にとって「25枚目」の「シングル」「トップガン/ Love Story」は、初回「“トップガン”」盤、初回「“Love Story”」盤、通常盤の「3種」展開となっています。「トップガン」は、「女優・真木よう子」が主演を務め、「NEWSメンバー・加藤シゲアキ」も「第3話」に「ゲスト出演」した「1月期」の「連続ドラマ」「よつば銀行 原島浩美がモノ申す!~この女に賭けろ~」「テレビ東京」の「オープニングテーマ」に起用されていました。疾走感のある曲調と、「サビ」の「ダンダダダンダン」という「キャッチー」な「フレーズ」が特徴的な「1曲」になっています。一方、「Love Story」は「GREE」の「公式恋愛シミュレーションゲーム」「NEWSに恋して」の「CMソング」で、「“NEWS史上最もピュアなラブソング”」だといいます。




「11日付」の「オリコンランキング」では「12万1,842枚」を売り上げ、堂々の「トップ」に君臨しています。「2位」は韓国の「7人組ボーイズグループ・MONSTA X」の「Alligator」「8万1,508枚」で、「3位」には「モーニング娘。’19」の「人生Blues/青春Night」「7万1,605枚」が食い込みました。「昨年9月発売」の「NEWS」の「シングル」「生きろ」は、「初回A・B」と通常盤に加えて、「ジャニーズ・エンタテイメントHP内・通販サイト」を通じて期間限定で販売された「「生きろ」15th Anniversary BOX」の「4種」で販売されました。発売初日に「10万232枚」を売り上げ、「オリコン週間ランキング」では「21.5万枚」を記録していました。「“令和最初のシングル”」となった「トップガン/ Love Story」は前作の「初日データ」より「2万1,610枚」も上昇し、人気の高さを見せつけています。

「トップガン」は「1月期ドラマ」の「テーマ曲」だったため、「一部NEWSファン」は、「ドラマの放送中に発売した方が売り上げ伸びそうなのに、どうして6月発売なんだろう」と、「リリース」の「タイミング」が悪いのではないかと心配していました。とはいえ、初日売り上げを見る限りは、さほど影響がなかったようです。「NEWS」といえば、「昨年6月」に「小山慶一郎」と「加藤シゲアキ」の未成年女性との飲酒問題が表沙汰になり、「小山慶一郎」が活動自粛処分を受けました。「同月27日」には「シングル」「BLUE」の発売があったため、「1カ月」もたたないうちに仕事復帰を果たしましたが、世間からは「ただの少し早い夏休みじゃん」といった批判が続出しました。ところが、応援する「ファン」の熱は冷めておらず、「BLUE」の週間売り上げは前作「LPS」「18年1月発売」の「13.1万枚」を上回る「16.5万枚」を「マーク」しました。騒動後も数字は右肩上がりのようです。

ですが、今回の「トップガン/ Love Story」に関しては、「週間1位」を阻む「ライバル」が出現しました。特に初日以降に枚数が加算されていきそうなのは、同日発売の「モーニング娘。’19」の「シングル」「人生Blues/青春Night」です。「モーニング娘。’19」は「6月11日」に「東京・池袋」の「サンシャインシティ 噴水広場」で発売記念の「ミニライブ&握手会」を実施したほか、「12日」は「東京ドームシティ ラクーアガーデンステージ」、「13日」は神奈川県の「CLUB CITTA’」で同様の「イベント」を開催します。さらに、「14日~16日」にかけては、「全都道府県47か所」と銘打った全国同時握手会を敢行する予定です。「メンバー11人」がそれぞれ沖縄から北海道まで出向き、「トーク&握手会」に臨むとのことです。




こうした「イベント」での「セールス」が「週間ランキング」に反映するものとみられており、「NEWSファン」は発売前から「モー娘。は接触イベントがあるから手強い」「モー娘。は金土日で全国握手会。ランキング集計の最後まで気が抜けない」「モー娘。が全国同時握手会するから、「トップガン」の週間1位は厳しいと思う」と、懸念の声が上がっていました。

また、初日に「2位」になった「MONSTA X」も「6月14日、15日、16日」に「静岡、広島、千葉」にて「シングル」「Alligator」発売記念の「個別ハイタッチ会」を挙行するなど、「ハイペース」で売り上げが増加していく可能性もありえます。そんな悪条件の中、果たして「NEWS」は「2日目以降」も順位を「キープ」し、「週間1位」の座を死守できるのでしょうか。

騒動後の数字が右肩上がりのようで「ファン」の熱量が今もなお高くなっている証拠なのかも知れませんね。



増田貴久★フォトフレームいらない宣言★過去にフォトフレーム販売していた

こんばんは。
今日は「増田貴久★フォトフレームいらない宣言★過去にフォトフレーム販売していた」の事をお伝えしたいと思います。

「NEWS・小山慶一郎」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「KちゃんNEWS」「文化放送」です。「6月11日深夜」の放送には「増田貴久」が登場し、こだわりの衣装について語りました。

「2017年」から「“NEWS”」の頭文字を取った「タイトル」の「アルバム」を引っ提げて「ツアー」を行っている「NEWS」です。「NEVERLAND」「2017年」「EPCOTIA」「2018年」「WORLDISTA」「2019年」に続き、次は「STORY」「2020年」になると発表されましたが、それら一連の「ツアー衣装」を手掛けているのが「増田貴久」です。




そこで「リスナー」から、「「「WORLDISTA」のライブで」慶ちゃん、まっすーがお気に入りの衣装はでどれですか?また、まっすーに衣装のお話聞きたいです」というお便りが寄せられると、「増田貴久」は「今回はいろいろ逆に、「NEVERLAND」「EPCOTIA」ってやってきてるからこそ!みたいなのがあって、「“起承転結”」の「“転”」であるべきだってのがすごい「あった」。演出もそうだし衣装もそうだし」と言い、「「“S”」に向けて何ができるんだろう?」と、次の「ライブ」への繋がりも考えて製作したと語りました。

さらに、「増田貴久」は「「NEVERLAND」の時から、もう「“S”」の衣装考えてるんですよ」と明かし、「2017年」の時点で、「4部構成」を見越した衣装の構想に入っていたといいます。

また、実は演出についても意見を多く出しているという「増田貴久」。「セットリスト」に関しては、「メンバー間」で意見を出し合っているようですが、「動いてる量で言えば、凄まじいけどね」と、「小山慶一郎」から見た「増田貴久」の仕事量は相当なもののようです。そのうえで、さらに「増田貴久」が「船を使いたい」「花道に「水を」流したい」などの発案もしていることについて、「小山慶一郎」は「俺は思いつかない。すげぇ!」と絶賛していたのでした。

また、この日「6月12日」は「“恋人の日”」ということで、「恋人同士でフォトフレームを贈り合う日とされています」との「メッセージ」が寄せられると、これは「アリ」か「ナシ」かという話に発展しました。




「NEWS」では「フレーム」に写真を入れた状態で「スタッフ」に「プレゼント」することが多いといいますが、「増田貴久」は「趣味に合わなかったら困る。と、なってくるとフォトフレームは贈られたくないですね」と「コメント」します。一方で、「小山慶一郎」は「迷ったらフォトフレームみたいな時あったな」と自分から「プレゼント」していた時期もあったようです。

「増田貴久」いわく、「フォトフレーム」の足が片側しかなかったり、写真の留め具が片方しかないために端から写真が落ちてきてしまうのが嫌だそうで、最終的には「フォトフレームいらない!」という結論に至ったのでした。

ですが、実は「15周年」の「アニバーサリーグッズ」として「フォトフレーム」を販売していた「NEWS」です。そのため、「増田貴久」の発言を聞いた「ファン」からは「NEWSはフォトフレーム作ってましたが?」「フォトフレームいらない!とか言ってるけど、私たちに売ったの覚えてる?」「15周年のグッズにあったじゃん」と「ツッコミ」の声が上がったのでした。

「増田貴久」の発言は応援してくれている「ファン」の気持ちを台無しにしてしまいますよね。



大橋和也★ファン&西畑大吾が称賛★笑顔でポジティブの効力

こんばんは。
今日は「大橋和也★ファン&西畑大吾が称賛★笑顔でポジティブの効力」の事をお伝えしたいと思います。

「関西ジャニーズJr.」の「メンバー」が週替わりで「パーソナリティー」を務める「ラジオ番組」「関西ジャニーズJr.のバリバリサウンド」「FM OH!85.1」です。「6月11日放送回」には、「なにわ男子」から「藤原丈一郎、大橋和也、高橋恭平」が登場しました。




この日は、「藤原丈一郎」と「大橋和也」が出演していた「ミュージカル」「リューン」の話題から「スタート」しました。「高橋恭平」も見学へ行ったようで「すごく面白かったです」と一言。「サラリ」とした感想に、「ほんまですか~?」と「藤原丈一郎」は疑心暗鬼で、「どんなふうに面白かった?」と「大橋和也」が追及すると、「まじで、気持ちがたかぶる!すこぶる!みたいな感じで」と「高橋恭平」。思わず、「そんな、なんか俺らカーニバルみたいなことやってへんねんけど」「ほんまに見たか見てへんかわからん感想やな!」と「藤原丈一郎」は「ツッコ」んだのでした。

その後、「一度はやってみたいこと」という「テーマ」に届いた「リスナー」からの「メッセージ」を紹介します。「大橋和也になること」という「メール」が取り上げられると、「大橋和也」本人は「え?」と驚嘆したようです。「リスナー」いわく、自身は「ネガティブ」な性格のため、いつも笑顔で「ポジティブ」な「大橋和也」にあこがれているそうで、「一度かずくんになってみたら、人生ってこんなに楽しいんだ!と思えそうなのでなってみたいです」とのことでした。

これを聞いた「大橋和也」は、まんざらでもないといった様子で、「なるほどね 俺になりたいの?やっぱりなんでもポジティブに考えて楽しく生きてたら、俺になれるよ」と、おちゃらけた「ノリ」で「リスナー」へ「メッセージ」を送ったのでした。




この放送を受けて、「ファン」からは「私も大橋和也になりたい」「それそれ!ポジティブで笑顔の最強な大橋和也」「確かに大橋くんみたいに、よく笑ってポジティブでいると、楽しくて幸せになれるよね」といった声が続出しました。

「大橋和也」の「“笑顔”」については、「6月9日放送」の「まいど! ジャーニィ~」「BSフジ」でも「西畑大吾」が「悩んでる時とか苦しんでる時、西畑を笑かしてくれた。心の底から笑わせてくれた。自分が笑顔を貫き通せたのは、はっすんがいてくれたからこそ」とその「“効力”」を語っています。
「なにわ男子」の持つ、唯一無二の「キラキラ」した明るい「イメージ」には、きっと「大橋和也」の存在は欠かせないのでしょうね。

どんな時も笑顔を絶やさずにいられる「大橋和也」の「超ポジティブ効力」には頭が下がりますよね。



増田貴久&北山宏光★懸念と批判の声★入江慎也&ジャニーズの交流

こんばんは。
今日は「増田貴久&北山宏光★懸念と批判の声★入江慎也&ジャニーズの交流」の事をお伝えしたいと思います。

「お笑いコンビ・カラテカ」の「入江慎也」が、「“闇営業”」をめぐる一部報道をきっかけに、所属事務所の吉本興業から契約を解除されました。人脈の広さを「アピール」し、「友だち5000人芸人」とも言われた「入江慎也」は、「ジャニーズタレント」数名とも交流深めていただけに、「ファン」は今回の一件による悪影響を心配しているといいます。

「6月7日発売」の写真週刊誌「フライデー」「講談社」によると、「入江慎也」は大規模振り込め「詐欺グループ」の忘年会に「吉本所属タレント」を仲介します。その席には「雨上がり決死隊・宮迫博之、ロンドンブーツ1号2号」の「田村亮、レイザーラモンHG、ガリットチュウ」の「福島善成」らが参加していたといい、同誌は忘年会の写真を複数掲載しました。忘年会は「2014年12月」に開かれ、その半年後の「2015年6月」に「詐欺グループ」は摘発されているとのことです。これは事務所を通していない闇営業だったとして、事態を重くみた吉本興業は「4日付」で「入江慎也」との契約を解消します。「入江慎也」本人や「宮迫博之、田村亮」などが謝罪や釈明に追われるなど、「連日メディア」を賑わせています。

この不祥事が明るみに出ると、「ジャニーズファン」は「入江慎也」と仲の良い「タレント」たちが巻き込まれていないかと懸念します。「Kis-My-Ft2・北山宏光」は「2015年3月放送」の「バラエティ」「大人のKISS英語」「フジテレビ系」の「ドッキリ企画」にて携帯電話で「入江慎也」と連絡を取り合う場面があり、「2人」の交流は公になっています。そもそも、一部の「北山宏光ファン」は「合コンキング」と呼ばれる「入江慎也」と「プライベート」で付き合っている点を危惧していたようですが、ここへ来て「入江慎也」が「“詐欺グループの人物と関わっていた”」と報じられ、不安になったのでしょう。




「ファン」は「北山くん、カラテカ入江と仲良かったから気をつけて。交友関係が心配になる」「北山くん、カラテカの入江さんと仲良かったよね?変なことに巻き込まれてませんように!」「北山さん大丈夫だよね?善悪はわかる人だとは思ってるけど」「北山さん、カラテカ入江と縁切っててくれ!」「カラテカ入江の件で北山くんに影響が及ぶのは勘弁してほしい」と、金銭が絡む闇営業や、「詐欺グループ」といった反社会的勢力と接点を持っていないかどうか、憂慮しています。

一方、「NEWS・増田貴久」も「入江慎也」と親交があり、熱心な「ファン」の間でその関係性は知られていたといいます。

過去に、「入江慎也」は「笑っていいとも!」に出演した際、「NEWS・増田貴久」と食事をした別の日に、「ジャニーズ所属俳優・風間俊介」とも食事をしたと、「最新スケジュール」を明かしていました。そのほか、「入江慎也」は「2014年」に「増田貴久」が主演を務めた舞台「フレンド -今夜此処での一と殷盛り-」を観劇します。出演者の「遠藤要」とも知り合いだったのか、「Twitter」に「久しぶりにマッスー、要君ともあえて嬉しかった!」と書いていたため、おそらく招待を受けて劇場に足を運んだのでしょう。「翌年7月」に「増田貴久」が誕生日を迎えた際には、「入江慎也」が「インスタグラム」に「バースデーケーキ」の写真を「アップ」し、「ハッシュタグ」で「#NEWSマッスーバースデー」「#今田さんと芸人みんなでお祝い」と、状況を説明します。「今田」とは、おそらく吉本の先輩だった「今田耕司」を指しているとみられますが、少なくとも同年まで、「入江慎也」と「増田貴久」は誕生日をお祝いするほどの間柄だったようです。

「北山宏光」には「タレント活動」への影響を懸念する声が上がっていましたが、「増田貴久」に関しては「“アンチ”」「ファン」の「コメント」が続出しました。「増田はカラテカ入江と10年も一緒にいるけど、黒いつながりに気付いてて付き合い続けてるのはアイドル失格では?」「増田さんは2011年から入江さんと親しくしている。入江さんがくれた誕生日ケーキも詐欺被害者の方のお金かもしれない」「カラテカ入江と絡みあるとかプロ意識ないよね。増田はアイドルやめた方がいいんじゃない?」「入江と数年にわたってかなり交流あったなんて、もう増田さんがただの薄気味悪いおじさんにしか思えなくなった」と、容赦ない言葉が上がっているのです。




また、今年「5月15日放送」の「テゴマスのらじお」「MBSラジオ」の中で、他人の誕生日などを覚えている人の話題になった時、「カラテカの入江さんもそうだよね」「増田」「そうなんだ。携帯とかに入れるとかじゃなくて?」「手越祐也」「覚えてんの」「増田」といった会話があった部分を思い出し、「「テゴマスのらじお」で入江の話してたし、今でも付き合いあるのでは?」「こんなに直近のラジオで話題にするなんて、やっぱり入江と仲良しなんだね」と、指摘しています。一体なぜ、こんなにも「増田貴久」を晒し上げる「コメント」が多く出ているのでしょうか。

その背景には、近年の相次ぐ「NEWSメンバー」の不祥事が関係しているようです。「2017年」、金塊強奪事件の犯人とされる人物の「Facebook」に「手越祐也」との記念写真が「アップ」されていた一件をはじめ、昨年は「小山慶一郎」と「加藤シゲアキ」が未成年女性との飲酒騒動で世間から「猛バッシング」を浴びました。そんな中でも、「増田貴久」はこれまでに派手な「恋愛スキャンダル」や「トラブル」もないですし、「NEWS」で唯一の「“クリーン”」な存在として高く評価されています。「一部NEWSファン」は、「グループ」内でそうした評価の格差が生まれたのは、「増田貴久ファン」による「小山慶一郎・手越祐也」批判が影響していると認識しているようです。そのため、「増田ファンによって拡散され、手越をあんなに追い詰めたことは忘れない。入江さんは限りなくブラックに近いから、増田さんの方が責められるべき」「事務所は入江の件でちゃんと増田にも話聞いてるよね?所属タレントが関わってるんだから、そのままスルーなんてことないよね?」「手越の例の写真の時、増田ファンが面白がって拡散したよね。「まっすーと入江は今は関係ない」じゃ済まされない」と、私怨混じりの「ツイート」を投稿しています。

とはいえ、「NEWSファン」の中には「今さら金塊事件とか小山の話を蒸し返してるのって何事!? まっすーと入江がつながってるからって、ファンが足引っ張りあってるとか頭悪いね」「ここぞとばかりに「ヤバい情報出ちゃったね」って言ってる増田アンチ、増田下げるのに必死すぎ」などと、冷静に見ている人もいるようです。

今後、「入江慎也」を経由した「ジャニーズタレント」の「“黒い交際”」が表沙汰にならないことを願うばかりですね。

もし「入江慎也&ジャニーズアイドル」が過去に黒い交際をしていたのであればもっと早くに「マスコミ」が嗅ぎつけていたように思えますけどね。



松岡昌宏★聞き入っちゃうね&天才★中丸雄一話術をベタ褒め

こんばんは。
今日は「松岡昌宏★聞き入っちゃうね&天才★中丸雄一話術をベタ褒め」の事をお伝えしたいと思います。

「TOKIO・松岡昌宏」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「TOKIO WALKER」「NACK5」です。「6月9日」の放送は先週に引き続き、「ジャニーズ事務所」の後輩である「ジャニーズJr.内ユニット」「MADE」の「冨岡健翔、秋山大河、福士申樹、稲葉光」を「ゲスト」に迎えました。今回は「ジャニーズ内でトークがうまい人」について話が及び、「松岡昌宏」も自身の考えを披露しました。

「松岡昌宏」は「4人」に「今、Jr.とかだと誰がよくしゃべるの?デビュー組でもいいや」と質問すると、まず「秋山大河」が「河合くんとかやっぱ、おしゃべりが大好きっていうイメージは」と、「A.B.C-Z・河合郁人」の名を挙げます。また同世代だと、「Jr.内ユニット」「Snow Man」「深澤辰哉」に「“おしゃべり”」な「イメージ」があるといいます。それを聞いた「松岡昌宏」は、「河合はだって、ちょっと鍛えられてるからね」と納得します。




続いて「稲葉光」は、「本当にすごいなと思ったのは、Kis-My-Ft2の宮田俊哉くん」と明言します。「松岡昌宏」は「「“アニメオタク”」なヤツでしょ?」と呼応するも、「あいつ、テレビで生かされてないね、それ!そう言っておかなきゃダメだね、宮田に。面白いの?あいつ」と疑っており、「宮田俊哉」の「トークスキル」にはいまいち「ピン」と来ていないようです。

そして「冨岡健翔」が「嵐・櫻井翔」の名を挙げると、「翔のしゃべりはさ、またちょっとさ、何て言うのかな 重みがあるじゃん」とこれまでとは違う反応を見せる「松岡昌宏」です。続けて「いろんなことを、ちゃんと自分で吸収してんじゃん」と「櫻井翔」の勉強熱心な一面を明かすと、「冨岡健翔」も「一度お話しさせていただいた時に、オフなのに仕事の日より忙しいみたいなことを「言ってた」」と、「櫻井翔」の「ストック」な姿勢を称賛します。それを聞いた「松岡昌宏」も、「そこだよな、あいつの重さは。休みの日なんて俺、ヨダレたらして寝てるもんね!」と感心していたのでした。

最後に「福士申樹」は、「KAT-TUN・中丸雄一」の名前を挙げ、一人舞台で見せた「トーク」や「“客いじり”」が見事だったと話すと、「松岡昌宏」も「「話の」持っていき方とね。あと自分の空気作りっていうのかな、あと空間を作るやり方がね、中丸独自のやり方でやっちゃう」「うちで中丸の「“間”」を持ってる人はいないかもしれないね。確かに、ちょっと「話を」聞き入っちゃうね」と「ベタ褒め」しました。




「松岡昌宏」はさらに、「中丸雄一」が得意とする「“ボイスパーカッション”」を「ムチャ振り」したときのことを思い出し、「「ボイパやって最後何か言え」みたいなさ、あんな雑なフリしても、ちゃんと1回飲み込むもんね」とその対応力を絶賛します。「福士申樹」が「天才だと思います!」と言うと、「松岡昌宏」も「確かにね」と同意していました。

「MADE」の「4人」のおかげで、「松岡昌宏」が後輩をどのように見ているかよくわかった今回の放送です。かなり貴重な回だったのではないでしょうか。

「松岡昌宏」の観察力には驚きますよね。



村上信五★嵐メンバー上位独占ランキング★しょうもな&バッサリ

こんばんは。
今日は「村上信五★嵐メンバー上位独占ランキング★しょうもな&バッサリ」の事をお伝えしたいと思います。

「関ジャニ∞・村上信五」が司会を務める「バラエティ番組」「月曜から夜ふかし」「日本テレビ系、6月11日放送」にて、「村上信五」が「嵐」の「メンバー」に「“嫉妬心”」をむき出しにする場面がありました。

今回は「USJ「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」デートしたいジャニーズランキングが発表された件」という「トークテーマ」が登場し、「村上信五」は「これは言うとくけど、俺、上位の自信があるわ!」と宣言します。「マツコ・デラックス」が「ないないない」と否定し、観覧客も「え〜」と苦笑する中、「村上信五」だけは「ある!」と自信満々の姿勢を崩しません。




「「ジャニーズは」あんなにいっぱいいるのに、なんでわざわざお前選ばきゃいけないんだよ!」と「マツコ・デラックス」が「ツッコ」むと、「村上信五」は「まあでも、むちゃくちゃ奢るで!」と、「“金にモノを言わせる”」手法を取ると明言します。「そんじょそこらの「ジャニーズ」Jr.と違うで、そんなもん」と息巻く「村上信五」に対し、「マツコ・デラックス」は「わかったわかった、じゃあ「自分は」何位に入ると思う?」とたしなめつつ質問しました。

この「アンケート」は「某ニュースサイト」で実施されたものらしく、関西に住む「10〜30代」の「女性100人」を対象に行われたとのことです。これを確認した「村上信五」は、「いいっすか、予想。1位!」と「ドヤ顔」をします。観客が「え〜!?」とどよめくと、「村上信五」は「お前ら、「結果を」見てひっくり返れ!」と挑発していたのでした。

この自信は一体どこから来るのかというと、「デートスポット」が「関西」「USJ」ということで、「村上信五」は自分に「地の利」があると考えたようです。それを聞いた「マツコ・デラックス」が「そんなに1位って言ってんだから、1位から見ちゃいましょ、そしたら」と反応すると、「村上信五」は急に冷静になって「「選んだ」理由から見ていこう」と進言しました。

「1位」を選んだ理由は「ニコニコ笑顔が素敵」、「2位」が「レディーファースト徹底してそう」、そして「3位」は「頭がいいし、優しそう」と「関西出身で詳しそう」が「タイ」になっており、「2人」選ばれたことが判明します。「マツコ・デラックス」は「入るとしたらここしかないよね」と「3位」を指し示すも、「村上信五」は「1位やろ!いやいや、俺の魅力!ニコニコ笑顔やろ!?」と譲らず、観覧客は大爆笑しました。




いよいよ順位が発表され、「2位」が「嵐・松本潤」だとわかると、「“関西”」にまったく関係がない人物の登場に、「村上信五」は「雲行き怪しいな」と動揺を隠せません。続いて「3位」の発表で、「嵐・櫻井翔」と「村上信五」の名前があるのを確認すると「まあまあ、でも「櫻井と」並んだ、並んだ!」と大喜びします。ですが、「嵐・相葉雅紀」が「1位」だと発表されると「村上信五」の態度が急変し、「しょうもないアンケートや!」と「バッサリ」。そんな「村上信五」に対し、「マツコ・デラックス」が「お前、この一角に3位で入り込んでるんですから」「すごい奇跡ですよ!」と「フォロー」を入れ、「村上信五」も「これはもう、ありがたい!」と納得していました。

「国民的アイドル・嵐」の「メンバー」と肩を並べることができ、内心かなりうれしそうだった「村上信五」です。この調子なら、「1位」に輝く日もそう遠くはないのかもしれないですね。

「月曜から夜ふかし」での件なら番組の都合上「村上信五」が「ランクイン」していないと「本人&ファン」も納得がいかないですよね。



三宅健★いい加減やってくれよなって思ってますよ★V6コンサートを熱望の訳

こんばんは。
今日は「三宅健★いい加減やってくれよなって思ってますよ★V6コンサートを熱望の訳」の事をお伝えしたいと思います。

「V6・三宅健」が「パーソナリティ」を務める「三宅健のラヂオ」「bayfm」です。「6月10日深夜」の放送では、「三宅健」が「2017年」を最後に開催されていない「V6」の「コンサート」について言及しました。

「6月5日」に「51枚目」の「ダブルAサイドシングル」「ある日願いが叶ったんだ/All For You」を発売した「V6」です。「ある日願いが叶ったんだ」の「ミュージックビデオ」は、映画「借りぐらしのアリエッティ」「2010」の「主人公・アリエッティ」のように小さくなった「V6メンバー」が、人々の願いを叶える「“叶え人”」として登場し、「ファンタジー要素」あふれる世界観を打ち出している作品です。




その世界観について「三宅健」は、「ある一定の世代の方にしか伝わらないと思いますけど、「奇面組」の一堂零扮するV6たちという感じで、小ちゃくなって」と、「1980年」から「週刊少年ジャンプ」「集英社」で連載され、一世を風靡した「ギャグ漫画」「ハイスクール!奇面組」の登場人物のようだと明かし、「かわいらしいPV」になったと宣伝しました。

また、「All For You」は全編英語の歌詞の「ダンスナンバー」で、「V6」の振り付け師としてお馴染みの「ダンサー・YOSHIE氏」が「ダンス」を手がけたそうです。「三宅健」はこの「ダンス」について、「YOSHIEさんの振り付けって、ソウルダンスが入ってきたりするんですけど、今までの僕たちの振り付けの中にソウルダンスの振り付けが入ってたことはないんで、難しいんですよ」と正直に明かしていました。

そんな中、「三宅健」は近年発売される「V6」の「シングル」を振り返り、「2017年」に発売された「47枚目」の「シングル」「Can’t Get Enough」から、「KEEP GOING」「2018」「Right Now」「2019」「All For You」「2019」と、「いつもだったらアルバムとかカップリングに入れられちゃうのが、メインシングルで出せるようになったんだー、なんて思ってて喜んでたわけよ」と語ります。「三宅健」は、以前に比べて「シングル」の選曲が「“通好み”」に変化してきた、と感じているようです。




そして「これはもう、早くコンサートするしかないね!いつやるのか知らないけど。いい加減やってくれよな いい加減やってくれよな!って思ってますよ」と言い出し、「良い曲がね、揃いも揃っちゃってるんでね。いつかのコンサートのために」と、「コンサート開催」を熱望していたのでした。

この放送に「ネット」上では、「ホントそれ!早くコンサートやってください!」「健くんの願い、ファンの願いが叶いますように!関係者各位、何卒よろしくお願い致します!」「いつツアーが始まってもいいように準備しておきます!いつでもお知らせ待ってます!」と、「V6」の「コンサート」を待ち望む「ファン」の「コメント」が相次いでいました。

「三宅健」の熱い思いが貫ければ「コンサート」開催が現実味を帯びてくるでしょうね。



キンキ★彼女と別れた時に捨てるモノで激論★そのまま使う&ベッドは嫌

こんばんは。
今日は「キンキ★彼女と別れた時に捨てるモノで激論★そのまま使う&ベッドは嫌」の事をお伝えしたいと思います。

「KinKi Kids」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ番組」「KinKi Kids どんなもんヤ!」「文化放送」が「6月10日深夜」に放送され、この日は「堂本光一」と「堂本剛」が揃って登場しました。




ここ最近、「2人」が一緒に出演する際は、高確率で「“ティッシュケース”」の「トーク」が展開されています。今回も、「リスナー」から「初めて行った恋人の家がティッシュケースを使ってもいなくても気になりませんが、ケースが汚れていたり、破損していたりするとテンションが下がります。一番嫌なのは、元カノがつけていったケースをそのまま使ってるパターンです」という旨の「メッセージ」が紹介されました。

これに対し、「堂本剛」は「つけていった?」と疑問を持ったようですが、「堂本光一」が「家に来て、元彼女がティッシュケースをつけて 彼女が置いていったものをいまだに使ってるっていう」と説明します。すると「堂本剛」は「でもこれ、逆の場合って「別に気にしてないし」って主張される時ないですか?」と、彼女が元彼氏からの「プレゼント」を平気で使っている「パターン」があると「ポツリ」。「2人」はそれぞれ「あるでしょうねえ。「それは別に終わったものだから」って」「光一」「「別に物として使ってるだけ」みたいな」「剛」と、元彼女が見せる「リアル」な反応を語っていました。

そして「どうですか?自分だったら全部すべて「捨てる」?」と「堂本光一」が聞くと、「堂本剛」は「すべて捨てる必要あるのかな、っていうくらい。だから物として便利とか、あるとラクって判断がされたものに関しては、捨てる必要性もないというか。それを見たことによって何かを強烈に思い出すとか、何かに影響することがないしな」と、物の利便性を重視して使い続けることもあると告白しました。




さらに「堂本光一」が「ベッドはどうですか?」とつっこんだ質問をすると、「堂本剛」は「えっ、どういうこと?ベッドはベッドやから」と困惑します。「堂本光一」が「いや、変えた方がよくない?」というと、「堂本剛」は「それ言い出したら全部変えなあかん。食器から何から何まで。玄関のドアノブも変えたくなるわ」と「ツッコミ」ます。それでも「堂本光一」は「彼女の家のベッドがちょっと嫌じゃないですか?「あー、このベッドそうか」って思うやん。ちょっと思うやろ?」と攻めると、「堂本剛」は「気にしだしたらそれはそうよ」と同意しつつ、「じゃあ、家ごと変えなあかんわ」と一言。最終的には「堂本光一」も「俺も気にしないですけどね」といい、「いやー、ティッシュケースからえらいところに話が行きましたけども」と驚いていました。

この日の放送に「リスナー」からは、「「気にならない」って言ってるけど、光一くんは絶対気にするタイプだと思う「笑」」「普通に元カノのものを捨てるか議論するアイドルってすごいなあ!」「キンキ2人で元カノの話で盛り上がるとか、ちょっと面白すぎでしょ!?」という声が上がっており、衝撃を受けていたようです。

賛否両論の意見があると思いますが、やはり男女差での物に対する考え方の違いはあるのかも知れませんね。