ジャニーズ

錦戸亮★スタジオよりカラオケ行きたい★収録に抵抗の訳

こんばんは。
今日は「錦戸亮★スタジオよりカラオケ行きたい★収録に抵抗の訳」の事をお伝えしたいと思います。

「関ジャニ∞」が毎回さまざまな「アーティスト」を迎えて「トーク」を繰り広げる「音楽バラエティ番組」「関ジャム完全燃SHOW」「テレビ朝日系」です。「3月17日」は、「井上陽水」や「JUJU」らの「コーラス」を担当する「プロ歌手・今井マサキ、稲泉りん、YURI」を「ゲスト」に迎え、「すぐマネできる!! カラオケ上達法 平成のベスト30曲をプロが攻略」という企画が放送されました。




息継ぎの「ポイント」や「アクセント」のつけ方など、「カラオケ」が上達するための技術的な「アドバイス」がされていく中、「飲み物はウーロン茶を避ける」という変わった内容が飛び出します。「稲泉りん」いわく、「ウーロン茶」は体の油分を取ってしまうため、「「声が」カッサカサになっていきます」とのこと。これを聞いた「サバンナ・高橋茂雄」が「プロの方も、やっぱステージの前とかはウーロン茶飲まないようにしてるんですか?」と疑問を投げかけ、これをきっかけに、「錦戸亮」が「コンサート」中の「“ステージドリンク”」を明かしました。

「安田章太」から「亮ちゃん、なに飲んでるの?」と聞かれた「錦戸亮」は、「牛乳とウーロン茶」と即答し、「ゲストアーティスト」の「3人」は「え~!?」「すごい!」と驚きます。「稲泉りん」は「牛乳もあんまりよくない」と考え込んでいましたが、「YURI」は「もしかしたら、うまいことバランス取れてるんじゃないですか?牛乳飲んで粘膜に絡んでるけど、その上からウーロン茶飲んでるからプラマイゼロになってるかもしれない」と、実は「“いい飲み合わせ”」なのではないかと考察します。しかし結局、「両方意味ないってこと!」と「高橋茂雄」に「ツッコ」まれ、「スタジオ」は爆笑に包まれました。

さらに後半の「ジャムセッション」では、「錦戸亮&大倉忠義」の「ツインボーカル」と、「村上信五」の「ピアノ」で「中島みゆき」の「糸」「1992年」を披露しました。番組前半で「糸」を歌うときの「ポイント」として、「ブレスの仕方」や「語尾の歌い方」について「アドバイス」されていたため、「錦戸亮」は「このあとのセッションがめちゃくちゃ嫌ですね」と気乗りしない様子です。「村上信五」に「ええやんか、それは亮の「糸」やから」と背中を押されるも、「錦戸亮」は「スタジオより、俺はカラオケ行きたいですもん!」と抵抗し、再び爆笑が巻き起こっていました。




とはいえ、「錦戸亮&大倉忠義」の「ツインボーカル」は「ファン」から大好評で、「亮ちゃんの雰囲気ある声と大倉くんの甘い高音が胸にくる 最高!」「亮ちゃんの色気がある歌声と大倉くんの美しい高音のハーモニーがステキだった」「カラオケじゃなくて「関ジャム」で歌ってくれてありがとう!」との声が続出していました。

最近、「錦戸亮」の脱退説が一部で「ウワサ」されているだけに、「今後も変わらず関ジャニ∞として歌い続けてほしい」「これからもずっとグループのセンターでいてね!」という切実な声も聞こえてきました。「ファン」の思いは「錦戸亮」に届いているのでしょうか。

「脱退&退所」騒動後の「錦戸亮」の明るい表情が見られて「ファン」も少しは安堵したでしょうね。



相葉雅紀★地球滅亡の日の過ごし方★泣ける&幸せ&ファン感動

こんばんは。
今日は「相葉雅紀★地球滅亡の日の過ごし方★泣ける&幸せ&ファン感動」の事をお伝えしたいと思います。

「嵐・相葉雅紀」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「嵐・相葉雅紀のレコメン!アラシリミックス」「文化放送」が「3月15日深夜」に放送され、「地球が滅亡するまでの3日間の過ごし方」について語られました。

「リスナー」から「昔、とある番組で「もしあと3日で地球が滅亡するとしたらどう過ごしますか?」という質問に対し、相葉さんは「3日前にサイコロステーキを食べる。2日前に両親にあいさつをする。前日に仕事に戻る」と答えていました。今でもそういう気持ちは変わっていないでしょうか?」という質問が寄せられ、これに「相葉雅紀」は「サイコロステーキってなんだろうね?」と苦笑し、当時の自分に「ツッコミ」ました。




そのころ好きだった食べ物が「サイコロステーキ」だったため、このような「“珍回答”」が生まれたようですが、今回あらためて地球が滅亡するまでの過ごし方を考えてみることにしました。「番組アシスタント」から「とりあえず仕事行くんじゃないの?相葉さん」と聞かれると、「いや、3日でしょ?「あと3日で「地球が」終わります」ってもう、「テレビやラジオで」流れないよ!」と収録しても放送されないと指摘する「相葉雅紀」です。ですが、「生「放送」だったら行こうか!」と「“仕事第一”」の姿勢は今も昔も健在のようです。

一方で「相葉雅紀」は、「見ないって誰も。だってあと3日で「地球が滅亡する」ってなったら、みんなテレビ見るかな?」と疑問が拭いきれない様子です。これに「アシスタント」から「最後はみんな「やって!」って言うと思うよ」とおだてられ、「相葉雅紀」も「そういう需要があるならやりますけど」と次第に「ノリ気」に。地球滅亡まであと「3日」となった場合、「相葉雅紀」は「ファン」の要望さえあれば仕事をするつもりのようです。

残りの「2日間」について、再び「サイコロステーキを食べる」と回答して笑いを誘った「相葉雅紀」ですが、「あ、ハワイに行こうかな。「時差で時間が」ちょっとだけ戻るから、得した気分になるじゃん?ハワイ行っちゃおうよ。そうしたら、ちょっと長く時間使えるから!」と真剣に提案しました。ですが突然「俺たちバカ?」と我に返り、「アシスタント」と「2人」で大爆笑していたのでした。




「ファン」からは、これら回答に「相葉くんが出るなら絶対テレビ見るよ!ダラダラ話してるだけでもいい!」「地球最後の日に相葉くんが見られるなんて、そんなに幸せなことない」「相葉さん、なんてファン思いな人なんだろう 泣けてくる!」という声が寄せられていました。

一体いつ来るのかわからない「地球が滅亡する日」です。どんな時であっても、「相葉雅紀」は「ファン」の思いに応えてくれることでしょうね。

「相葉雅紀」らしい責任感のある回答に最後の最後まで「嵐」の「相葉雅紀」で終わろうとすることに「ファン」は感動しますよね。



二宮和也★意外と深い話してしまった★最近のCD業界が助かってる訳

こんばんは。
今日は「二宮和也★意外と深い話してしまった★最近のCD業界が助かってる訳」の事をお伝えしたいと思います。

「嵐・二宮和也」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「BAY STORM」「bayFM」が、「3月17日」に放送されました。




この日もさまざまな話題が取り上げられましたが、その中で「リスナー」の注目をもっとも集めたのは、「二宮和也」が学生時代に聞いていた音楽についてでした。「中学3年生」で受験を控えているという「リスナー」から、「帰り道に嵐の歌を聞いて励まされています。二宮くんは、学生時代に好きだったアーティストや、よく聞いていた曲はありますか?」と質問が寄せられたことをきっかけに、「二宮和也」が思い出の曲について語りました。

「学生時代、なに聞いてたかな」と一瞬考えを巡らせた「二宮和也」は、「GLAY!」と元気よく回答します。「時代じゃないですか、我々は」「GLAYさん、ゆずさん」と語り、続けて「大黒摩季さんね。「SLAM DUNK」だよね。アニメから聞く曲が多かったかもしれないよね」と、「1993~96年」にかけて放送されていた「アニメ」「SLAM DUNK」「テレビ朝日系」主題歌の印象が残っているそうです。

一方で、「「よく聞いてたな」っていうのは、そんなない」と特定の「アーティスト」にこだわらず、いろいろな音楽を聞いていたという「二宮和也」です。「ゆずさんとかGLAYさんとかラルク「L’Arc〜en〜Ciel」さんとか、その世代ですよね。バンドがすごいまた来たっていう時だったな」と振り返っていました。




その後、また「アニメソング」の話題に戻り、「二宮和也」は「誰それのどれっていうのはあんまりなかったけど、アニメに紐づいて「曲を聞いて」るかもね、割と」と自身を分析します。また、現在の「アニメソング事情」について「ちょっと変わってきましたよね。声優さんがそのキャラクターで歌ってるとかさ、そういうのがどんどん出てきたよね」と、いわゆる「“キャラソン”」が増えてきたと言い、「あれはたいしたもんだよな~」と感心しました。「それでCD業界は助かってるからね。ああいう人たちのパッケージを買わせるっていう売り方だもんね?」と話しつつ、最後には「意外と深い話をしてしまったね」と、「二宮和也」らしい「“ボヤキ”」で「コーナー」が締めくくられました。

この話題に「リスナー」からは、「二宮くん、GLAY聞いてたのか!確かに世代だよね」「GLAYもラルクも自分が聞いてたから、なんかテンション上がった!」という声や、「ニノがキャラソン聞いてるってこと!? 超意外!」「キャラソンについて語ってる二宮さん、なんか不思議」との反応がありました。学生時代に聞いていた音楽から、「二宮和也」の意外な一面が垣間見えた放送回でした。

誰にでも学生時代に聞き込んだ好きな歌や懐かしい歌があるのは当然ですよね。



村上信五★初めてと思えないの声続出★絶賛された才能とは

こんばんは。
今日は「村上信五★初めてと思えないの声続出★絶賛された才能とは」の事をお伝えしたいと思います。

「3月16日放送」の「関ジャニ∞クロニクル」「フジテレビ系」に、「大倉忠義、村上信五、丸山隆平」が登場しました。「関ジャニ∞メンバー」が「小学2〜5年生」の「“先生”」となり、「ニッチ」「フィードバック」など「ビジネス用語」の意味を教える「コーナー」「関ジャニ∞先生」「第4弾」が放送されました。




今回は、「コーナー初登場」となる「村上信五」に注目が集まっていましたが、本人もそれを知っているのか「教育実習でやって参りました、村上です」と気合十分でした。さらに意気込みを聞かれると、「「生徒を」泣かしたるわ、2人くらい!」と言い、早速「“村上節”」が炸裂していました。

そんな「村上信五」は、「起きた案件を責任者に報告する」という意味の「フィードバック」を、子どもたちに説明することになります。「おはようございます!」と元気よく教室に入っていった「村上信五」に、別室で「モニタ」を見ていた「大倉忠義」は「先生っぽいわ〜」と一言。その後も「村上信五」は、生徒からの質問に抜群の対応力で返答していき、初参加とは思えない、先生らしい姿を見せていました。

自己紹介を終え「フィードバック」の説明に入ると、「村上信五」は「学校で「花壇のお花にお水やっといてくださいね」って、先生が言いました。みんな、じょうろ持ってお水やろうと思いましたけど、花壇バーンってやって壊しちゃいました。その失敗したことも、きちんと「先生に」報告すること」と、生徒たちが実際に体験しそうな例を出します。そして、「起こったことをきちんと伝えることが「“フィードバック”」」と教えると、生徒から「わかった~!」と元気な声が。この様子を別室で見ていた「大倉忠義」は、「教師モノのドラマを見ているようだったわ」と終始「村上信五」を称賛しました。




その後、生徒たちが「フィードバック」を使って作文を書くことになり、ほぼ全員が意味を理解した上で文章を作ることに成功しました。この結果に「村上信五」は「先生がよかったですよね?」と子どもたちに聞き、「そうですね」と「“言わせる”」展開で「コーナー」を締めくくっていました。

「SNS」上では、「ファン」から「初めてだとは思えない村上先生、さすが!面白かったしわかりやすかった」「村上先生、すごいわかりやすかった!人に物を教えることに向いてるのかもね」「村上先生の授業受けてみたい~」などの声が集まっており、先生役がハマっていた「村上信五」。「バラエティ番組」での活躍のみならず、「ドラマ」などで教師役も見てみたいものですね。

いろんな番組で「村上節MC」で経験を積んできただけあり子供たち相手でも難なく先生役になりきる辺りはさすが「村上信五」らしさが出ていますよね。



有岡大貴★ロケ中にハプニング発生★250万円損失の危機

こんばんは。
今日は「有岡大貴★ロケ中にハプニング発生★250万円損失の危機」の事をお伝えしたいと思います。

「Hey!Say!JUMP」の冠番組「いただきハイジャンプ」「フジテレビ系、3月16日放送」に、「中島裕翔」と「有岡大貴」が登場しました。

今回から、さまざまな「カテゴリー」の最高金額を調査する「これが巷の最高金額」という新企画が「スタート」しました。今週の「テーマ」は、世界からも注目を集めている「盆栽」でした。番組調査による「高額盆栽ランキング」を発表します。解説に、盆栽専門雑誌「盆栽世界」「エスプレス・メディア出版」に連載を持つ、「盆栽漫画家・百万友輝氏」が登場しました。




まず手始めに、「中島裕翔」と「有岡大貴」の前に「2つ」の盆栽が並べられ、「高額盆栽ランキング第10位」の高額盆栽と「4万円」の盆栽を当てる「クイズ」が出題されました。「2人」とも同じものを高額盆栽だと予想しますが、実はこちらが「4万円」の盆栽でした。さらに、高額盆栽の値段が「150万」だと判明すると、「え?150万!?」「有岡」「10位なのに150万は早いって!」「中島」と「2人」は大きな衝撃を受けていました。

続けて、「第9位」が「300万円、第8位」が「500万円」だと判明すると、「中島裕翔」は「車!車!」と高級車が買える値段だと「ツッコミ」ました。さらに「内閣総理大臣賞」を受賞したという「第7位」の盆栽は、早速「1,000万円」の大台に突入しました。そんな中、「百万友輝氏」の提案で「鉢に入れる前の盆栽」を見てみることになります。そこには畑で栽培されている木々の姿があり、「え?これ盆栽?ちがうでしょ?」「有岡」「こういうところからくるの?盆栽って」「中島」と驚きます。これらの盆栽畑から職人が木を買い付けて加工し、「盆栽」として販売されるのだといいます。「有岡大貴」は盆栽畑を見ながら「こういう普通の木がもしかしたら1,000万になる可能性がある。まさに「“金の成る木”」じゃないですか!」と目を輝かせていました。

いよいよ「ベスト3」の発表となり、江戸川区にある盆栽美術館「春花園」に向かう一行。そこで「盆栽作家・小林國雄氏」がつくった「第1位〜第3位」の盆栽がすべて「1億円」だとわかると、「1億円!」「有岡」「宝くじ」「中島」と驚きのあまり言葉を失う「2人」でした。なぜここまで高額なのかというと、人工的に木の皮を削ったり、穴をあけたりする技術が関係しているそうです。ということで、実際に穴をあける作業を「小林國雄氏」に見せてもらうことに。「250万円」の盆栽を使い、番組のために穴をあけるということで、「失敗したら番組に買ってもらう」という「小林國雄氏」に、「そりゃもちろん!」という「有岡大貴」でしたが、穴を開けている最中に、「ドリル」が盆栽から抜けない「ハプニング」が発生します。




「小林國雄氏」の弟子たちが「30分以上ドリル」と格闘している間、「有岡大貴」は「ソワソワ」しながら「もし、お手伝いできることがあれば」と申し出ますが、「小林國雄氏」は「邪魔なだけ」と一蹴しました。その後、なんとか「ドリル」が抜けて、現場では大きな拍手が起こっていました。

この放送に「ネット」上では、「盆栽の値段に驚きまくる有岡くんと裕翔くんがかわいすぎて最高だった!」「有岡くんの気遣いがすばらしかった」と楽しんだ「ファン」がいる一方で、「「いたジャン」で盆栽の金額調べる企画ってどういうことよ?まったく興味なくてつまらなかった」「盆栽の値段調べるJUMPって「いたジャン」の失速感すごいわ」など番組の企画内容を疑問視する声も聞かれました。新企画であるため、これから面白い「コーナー」になっていくことを期待したいですね。

「250万円」の「盆栽トラブル」に「有岡大貴」も焦りあり何とかしたい気持ちが出てしまったようですね。



堂本光一★岸優太の号泣事件暴露★SHOCK共演裏話

こんばんは。
今日は「堂本光一★岸優太の号泣事件暴露★SHOCK共演裏話」の事をお伝えしたいと思います。

「3月16日」に放送された「KinKi Kidsのバラエティー番組」「KinKi Kidsのブンブブーン」「フジテレビ系」に、「King&Prince・岸優太」と「神宮寺勇太」が「ゲスト出演」しました。

「岸優太」は舞台「Endless SHOCK」「2013年〜15年」で「堂本光一」と共演しており、再び顔を合わせたことに「まさか岸と番組で会うとは」と、感慨深い様子の「堂本光一」でした。これに対して、「岸優太」は「非常に光栄です」と、久しぶりの再会を喜んでいました。一方、「KinKi Kids」と「神宮寺勇太」は今まで接点がなかったようで、「2人」を目の前に「僕、お初のお絡みになられているんですけれども」と緊張。その後、「岸優太」が「僕たちもう「ジャニーズ事務所に」入りたての時からKinKi Kidsさん、大尊敬してまして。やっと今日夢が叶った」と熱弁すると、その「ハキハキ」した口調に「堂本剛」が「岸くん、すごい「“広報の人”」みたいな感じ」と指摘します。そして「「岸は」ちょっとおバカなの」と「堂本光一」が満面の笑みで「フォロー」していました。




「岸優太・神宮寺勇太」は「KinKi Kids」と一緒に「おいしい店を知りたい」ということで、「岸優太」が「週5」で食べるほど好物だという蕎麦、「神宮寺勇太」が好きな「カレー」の店に赴いました。中野にある手打ち蕎麦屋「じゆうさん」に場所を移して蕎麦を味わいつつ、話題は「Endless SHOCK」で当時「17〜18歳」だった「岸優太」と「堂本光一」の思い出話になりました。「堂本光一」は、当時未成年だった「岸優太」について「飯行っても夜11時にはホテルに帰そうって毎回やってたのね。で、俺は飯食い終わってホテルに戻って岸の部屋行くじゃん。で、話した後にそろそろ寝ようか じゃあなって言ったら、岸が泣きながら「何で帰るんですか〜!」って「言って引きとめた」」と、恥ずかしい過去を暴露しました。

これに対して、「岸優太」は「本当に大人の世界に入りたすぎて、光一くんが楽しそうにご飯食べているところとか。あれは悔し涙っすね」と回想しました。そんな「岸優太」がずっと願っていた「堂本光一」との乾杯が番組内で実現し、「初めてやもんな。こうやってキンプリとお酒飲むの」としみじみする「堂本光一」に、「岸優太」と「神宮寺勇太」は「お疲れさまです。失礼します」とあいさつをしてから日本酒を「ゴクリ」。憧れの先輩との乾杯に目を細めていたのでした。

その後、場所を麻布十番の「カレー屋」「カシュク」に移すと、「岸優太」が「僕たち特技がありまして」と「KinKi Kids」の「歌モノマネ」ができることを告白します。「上辺だけじゃないで」「神宮寺」「遊びな思いではないので」「岸」と「“本気のモノマネ”」だと前置きしつつ、「堂本剛パート」を「神宮寺勇太、堂本光一パート」を「岸優太」に分けて「Love is…〜いつもそこに君がいたから〜」「2006」を披露しました。




「神宮寺勇太」は「Love is…for good こんなに〜」というところを「Love is…for good こんな「“にょ”」〜」と歌い、これを聞いた「2人」は大爆笑します。「堂本剛」は「パートナーの僕が言うからあれなんですけど、「岸の光一は」似てるよ」と絶賛しましたが、「ただちょっとね、神宮寺の方は歌詞が独自にしちゃってる。あんなに「“にょんにょん”」は言ってない」と自身の「モノマネ」については「ツッコミ」を入れていました。一方、「堂本光一」は「Loveの「“ラ”」の言い方が似てます」「思ったよりクオリティが高い。びっくりした」と高評価しました。「KinKi Kids」本人からお墨付きをもらい、感極まる「岸優太」と「神宮寺勇太」なのでした。

この放送に「ネット」上では、「ファン」から「Wゆうた&W堂本、かわいいかよ!モノマネも結構似てたね「笑」」「岸くん、光一くんと昔話を語り合いながら懐かしんでて、こっちも聞きながら思い出に浸ってしまったよ」「神宮寺くんの剛くんモノマネ、かなり似てる!こんな特技を隠し持ってたなんて!」などの「コメント」が寄せられていました。

「岸優太」の「堂本光一」に対する素直な気持ちが悔し涙に繋がったようですね。



嵐★24時間テレビ★6年ぶり最多5回目★新元号初の大役★初の国技館

おはようございます。
今日は「嵐★24時間テレビ★6年ぶり最多5回目★新元号初の大役★初の国技館」の事をお伝えしたいと思います。

「1978年」に「スタート」した毎夏恒例の「日本テレビ」の「チャリティー番組」「24時間テレビ」の今年の「メインパーソナリティー」は、「2020年末」で活動を休止する「国民的アイドルグループ」「嵐」が務めることに決定しました。「16日放送」の同局「嵐にしやがれ」「土曜後9・00」で発表されました。「嵐」が「24時間テレビ」の司会を担当するのは「2013年以来6年ぶり、史上最多となる5回目」となります。新元号になって最初の「24時間テレビ」を任されました。放送は「8月24、25日」となっています。会場は日本武道館から番組初の「東京・両国国技館」に移ります。「テーマ」は「人と人~ともに新たな時代へ~」です。




番組は今年「42回目」となります。「嵐」が「24時間テレビ」の「メインパーソナリティー」を務めるのは「04年、08年、12年、13年」に続き、「5回目」となります。

日本武道館は東京五輪に向けて準備が進められており、「8月25日」から「9月1日」まで世界柔道が開催されます。「24時間テレビ」の会場が日本武道館以外になるのは「78年・東京郵便貯金会館」「東京メルパルクホール」、「79年・日本青年館、91年・東京都庁舎、09年・東京ビッグサイト」以来「10年ぶり5回目」となります。




「櫻井翔」は「17年」に「NEWS」の「小山慶一郎、KAT―TUN」の「亀梨和也」と「グループ」の枠を超えて「メインパーソナリティー」を担当しましたが「「嵐で担当するのとは」全然違う。「17年の」夜11時ぐらいに「嵐の」4人が出てきた時、まあ安心感ね。「小山と亀梨の」2人が不安というわけじゃないよ。いつもの人たちが来るのは、心のオアシスだね。1回、離れてみて分かったこと」と語りました。

昨年は「Sexy Zone」が「メインパーソナリティー」を初担当しました。「お笑いコンビ」「ANZEN漫才」の「みやぞん」が番組初の「トライアスロン企画」に挑戦し、「水泳「スイム」1・55キロ、自転車「バイク」60・4キロ、長距離走「ラン」100キロ」の「3種目」で「計161・95キロ」を完走しました。

「キンプリ」が「パーソナリティ」を務めるなどの記事が出たりしていましたが、やはり「安全パイ」でいくのであれば活動休止発表をした「嵐」になるのが妥当な線でしょうね。



関ジャニ∞★ツアー発表もメンバーだんまり★いい加減にして&ファン怒り

おはようございます。
今日は「関ジャニ∞★ツアー発表もメンバーだんまり★いい加減にして&ファン怒り」の事をお伝えしたいと思います。

「3月上旬」に伝えられた「錦戸亮」の脱退報道により、「グループ存続」が不安視されている「関ジャニ∞」です。先日、「7月14日」の「札幌ドーム公演」を皮切りに「5大ドームツアー」を開催することが明らかになるも、「ファン」は「本当に大丈夫なのか」と不安を抱えているようです。

「関ジャニ∞」は「2004年8月、シングル」「浪花いろは節」にて「CDデビュー」しました。「15周年」を迎える今年は「記念ツアー」「十五祭」として、「5大ドーム」での「計12公演」が決定しています。「7月14日」の「札幌ドーム」後は、「ナゴヤドーム、京セラドーム大阪、福岡 ヤフオク!ドーム」を回り、「9月1~3日」の「東京ドーム公演」で「ファイナル」を迎えます。

「3月6日、文藝春秋」が運営する「ニュースサイト」「文春オンライン」が「錦戸亮が関ジャニ∞を脱退へ」と報じ、「ジャニーズファン」は大騒ぎになりました。記事によれば、「錦戸亮」は「ジャニーズ事務所」に「グループ脱退」の意思を伝え、退所に向けた話し合いを行っているとのことでした。「週刊文春」編集部は「ジャニーズサイド」に脱退について問い合わせるも、「期日までに回答はなかった」そうです。「翌7日」に「文春」の誌面で詳細が報じられた後も、「ジャニーズ」は「公式コメント」を出さなかったため、「ファン」の不安は募るばかりでした。




そんな中、「12日」には「ツアー開催」が「スポーツ紙」に報じられ、「ジャニーズ公式サイト」でも「アナウンス」されました。日程や「チケット料金」の情報は記載されましたが、「チケット申し込み方法」の詳細は「4月下旬以降」に案内する予定といいます。

「スポーツ各紙」は、「メンバー」を代表して「大倉忠義」の「コメント」を紹介しました。例えば「サンケイスポーツ」は「グループをめぐっては一部で錦戸が脱退する意向と報じられたが、大倉は「全ての方への感謝を込めて 全てのeighter「関ジャニファンの呼称」に笑顔になってもらえる最高で最強のプレゼント箱を持って、6人楽しみに会場でお待ちしています!」と力強く宣言」と伝えています。

「大倉忠義」の言葉によって、「錦戸亮」の報道は暗に否定されたように見えますが、ここへ来て、「ファン」をさらに心配させる出来事が発生しました。「14日」に更新された、「公式携帯サイト・Johnny’s web」の「グループ連載」「関ジャニ戦隊∞レンジャー」の記事が波紋を呼んでいます。

今回の「ツアー」に言及したのが、「横山裕」ただ一人でした。「横山裕」は、自身が主演を務める舞台「北齋漫畫」「東京・グローブ座、6月」に触れた後、文末に「ツアーも発表になりましたね」「楽しもうね」と「ファン」に「メッセージ」。「他メンバー」は、それぞれ仕事や近況を綴るのみでした。もちろん、「ツアー発表」の前にあらかじめ連載の原稿を準備していた可能性もあるようです。ですが、先週も「錦戸亮」の脱退報道に「全メンバー」が「ダンマリ」だったので、今週も意図的に「ツアー」の話題を避けたのでは、と勘ぐられています。




こうした現状に対して、「ファン」は「ツアーに触れたのが唯一、横山くんだけ。本当に大丈夫?」「ヨコだけが「楽しもう」って言ってる。他グループで、こんなことある!?」「結局、今週も当たり障りのないことだけ。ツアーが決まった喜びくらい言えないのかな」「そんなに乗り気じゃないなら、ツアーなんかやめればいいのに」と失望しているようです。

また、「錦戸亮」の去就がいまだ「スルー」されている点について、「脱退なら脱退、解散なら解散でいいからハッキリしてよ」「不安にさせるのは、いい加減にして」と、しびれを切らす「ファン」の声も。もはや悲しみや動揺より、「一部ファン」の感情は「“怒り”」に変わってきているようです。

次週の連載では、「メンバー」からの前向きな言葉や、うれしい報告に期待したいですね。

「ツアー」に言及したのが「横山裕」だけだったことが「ファン」にはすっきりしない感情を抱かせてしまっていますよね。



錦戸亮★脱退報道★ジャニーズ事務所激震★マスコミ各社へ通達された

こんにちは。
今日は「錦戸亮★脱退報道★ジャニーズ事務所激震★マスコミ各社へ通達された」の事をお伝えしたいと思います。

先週発売の「週刊文春」「文芸春秋」が報じた「関ジャニ∞・錦戸亮」の脱退報道ですが、「ジャニーズ事務所幹部」が行った「“マスコミ工作”」を発売中の同誌が報じています。

先週の同誌によると、「錦戸亮」は昨年、「渋谷すばる」が脱退を決めた際に解散を主張します。そのため、ほかの「メンバー」と不仲になってしまったといいます。




そして、いつしか「グループ」を脱退する意向を固め、事務所の退所に向けた話し合いも進んでおり、夏までに結論を出す予定だというのです。

ですが、その後、「各スポーツ紙」が、「関ジャニ∞」が「7月」から「7年連続8回目」となる「5大ドームツアー」を開催することを報じ、「錦戸亮」を含む「全6人」の「メンバー」が参加するようです。とはいえ、「錦戸亮」の脱退についてはこれまで「否定コメント」が出ておらず、「ファン」からは不安の声が上がっていました。

発売中の同誌によると、先週号の発売前日、「ジャニーズ幹部」から各社に対し、「文春の記事には間違いがある」という話があったのだそうです。夏の「ツアー」に「錦戸亮」も参加するので、記事中の「「退所について」夏までに結論を出す予定」という記述が誤報だと説明したといいます。




また、各週刊誌に対しても、「錦戸亮」の脱退問題を「記事にしないで欲しい」と通達があったようです。ところが、今週発売の「週刊女性」「主婦と生活社」が、「大倉忠義」の脱退問題を報じたのを機に、他社も次々に取材を開始しました。「ジャニーズ」は「錦戸亮」脱退に関する記事が出ることを渋々、黙認したといいますが、「錦戸亮」の脱退記事は「ジャニーズ」を激震させたようです。

長年の「“天敵”」だったはずの「週刊女性」とは和解し、今年に入ってから「コンサート」や会見の取材を解禁しました。にもかかわらず、「スキャンダル」を書かれてしまうということは、以前に比べ「ジャニーズ」の「マスコミ」への圧力が弱まっている証拠のようです。「大倉忠義」の脱退についてもいまだに否定していないのが現状のようです。

「ツアー」後、「関ジャニメンバー」が「マイナス2」になる可能性もありそうですね。

「錦戸亮」脱退報道の後は「大倉忠義」の脱退報道と続き「ジャニーズ事務所」の今までにはなかった衰退状況が浮き彫りになっているようですね。



岡田准一★白い巨塔★得意のアクションシーンなし★視聴率が心配

こんばんは。
今日は「岡田准一★白い巨塔★得意のアクションシーンなし★視聴率が心配」の事をお伝えしたいと思います。

「ジャニーズ」「V6」の「岡田准一」が主演する「テレビ朝日開局60周年記念」の「5夜連続ドラマ」「白い巨塔」の「全キャスト」が先ごろ発表され、放送日も「5月22日〜26日」の「午後9時」に決定しました。

「山崎豊子氏」の同名小説が原作の「同ドラマ」です。舞台を「昭和30年代」から現代に時代背景を置き換え、大阪の大学病院で繰り広げられる熾烈な権力闘争を描きます。「岡田准一」が演じる「浪速大学医学部第一外科准教授・財前五郎」は自らの才能に絶対的自信を持ち、教授の座を狙います。




「財前五郎」の同期で内科医の「里見脩二役」を「松山ケンイチ」、「財前語」の愛人で「バー」の「ホステス・花森ケイ子役」を「沢尻エリカ」、「財前吾郎」の師である「第一外科教授・東貞蔵役」を「寺尾聰」が演じます。

関西ではおなじみ「超ひらパー兄さん」の「CM」では、「財前吾郎」とは対照的な「コミカル」な演技を見せている「岡田准一」です。振り幅の広さに驚かされますが、「岡田准一」といえば「超ストイック」なことで知られています。

彼はもともと小学生のときから歴史好きで、昔は中学の歴史の先生になりたかったようです。時代劇に出演するときは、いろんな書物を読みあさり、周りには学者並みの知識があると思われているほどです。




「アクション」を「スタントマン」なしでこなしているのは有名で、「ブルース・リー」が創始した「ジークンドー」、「フィリピン武術」の「カリ」、「初代タイガーマスク」の「佐山聡」が作り上げた「USA修斗」の「インストラクター認定」を受けています。また、役作りで体重を増やすときには「バームクーヘン」を「1日5〜6回」食べたそうです。

そんな「岡田准一」だけに、後輩からも慕われているようです。
彼は事務所内で「サークル」を立ち上げ、後輩らに「殺陣や演技、英会話」などを「レッスン」しているようです。今では他の事務所の俳優仲間も集まり、「“岡田部”」といわれています。

当たり前ですが、「白い巨塔」には「アクションシーン」はなく、正真正銘の演技勝負になります。ごまかしが一切利かない中で、「岡田准一」はどんな芝居を見せてくれるのでしょうか。

「岡田准一」色が随所に見られる今回の「白い巨塔」に「ファン」は「アクションシーン」以外の魅力を堪能したいですよね。