ジャニーズ

二宮和也★2分の1って何?何?★料理レシピのスプーン半分★ごま油に狼狽

こんばんは。
今日は「二宮和也★2分の1って何?何?★料理レシピのスプーン半分★ごま油に狼狽」の事をお伝えしたいと思います。

「1月20日」放送の「嵐・二宮和也」の「冠バラエティー」「ニノさん」「日本テレビ系」は、「ゲスト」に「高橋克実、小倉優子、金田朋子、劇団ひとり、鈴木亜美、霜降り明星のせいや」が出演しました。

今回の企画は、英語で書かれた「レシピ」だけを頼りに、審査員である「高橋克実」が「オーダー」した「メニュー」を制限時間「30分」で作り上げる「ホンヤクキッチン」です。




まずは、「二宮和也、小倉優子、金田朋子」の「3人」で構成された「二宮和也チーム」が、「高橋克実」から注文された「Spicy Eggplant」をつくります。「レシピ」にある「chicken stock powder」は、「二宮和也」が「コンソメか鶏ガラか」と推測し、すぐに「チーム」で「鶏ガラスープ」の素と決定します。見事正解したのでした。その後、「小倉優子」が「tspっていうのが、小さじなのか大さじなのかが、たぶんだいぶ変わってきませんかね?」と、「tsp」「tea spoon=ティースプーン」が小さじか大さじかわからないと話すと、「二宮和也」は、「高橋克実」を指差しながら、「でもたぶん、人生的に薄い方が好きなんじゃないかな」と一言。「高橋克実」は、頭に手をやり「これ別に人生じゃないから」と反論するのでした。

誰よりも「テキパキ」と仕切りながら料理を進める「小倉優子」に、進行の「青木源太アナウンサー」は「開始2分で早くもリーダーが小倉さんになりましたね」と発言します。料理本を何冊も出しているだけに、活躍が目立つ「小倉優子」ですが、そんな中、出来上がった「調味タレ」の薄い色を見て「二宮さん、たぶんこれ薄そうな感じがするから、やっぱり大さじに変更していいですか?」と提案します。「いく?まぁ極論、俺ら食わないしね!」の「二宮和也」の言葉で、大さじに変更するのでした。

料理の過程で一番問題になったのが、「eggplant」という英語でした。誰も単語の意味をつかめず、「金田朋子」は「れんこん」と予想し、「二宮和也」は「卵を模したような感じなんじゃないかな」と推測するもののなかなか決定しません。「高橋克実」からの「子どもが嫌い」という「ヒント」から、「二宮和也」が「ピーマン」、「小倉優子」は「ナス」と意見が分かれましたが、「二宮和也」が「ピーマン」と決定しました。ですが、ここで「スペシャルヒントタイム」として、箱の中に入った「eggplant」を手で触ることができることになります。箱の中に手を入れた「二宮和也」は、「わかった。わかった」と、「eggplant」は「ナス」であると認識します。「小倉優子」も「Spicy Eggplant」は「麻婆茄子」と気づくのでした。




そして最後に「二宮さん、2分の1のゴマ油をいれてください」と言われ、「二宮和也」は「計量スプーン」を持つものの、「2分の1って何?何?一杯?」と「アタフタ」します。「一杯の半分。2分の1ってわかりますか?」と「小倉優子」に問いただされると、「うるさい。うるさい」と言いながら、麻婆茄子を完成させるのでした。

出来上がった麻婆茄子を食した「高橋克実」は、「しょっぱいっすねぇ〜」と一言。「tsp」は小さじだったという「オチ」がついたのですが、「ご飯にのせながらだったら食べられます。これはなかなかイイ」と評価されたのでした。

この放送に「ネット」上では、「ゆうこりんいて良かったね~。にのちゃん」「ホンヤクキッチン面白かった。復活ありがとう」「この企画だいすき!」などの「コメント」が見受けられました。

「小倉優子」の的確な指示に「二宮和也」も上手く乗せられたようですね。



大倉忠義★小学生に語りかける★こんなポカーンとするか★思わず苦笑

こんばんは。
今日は「大倉忠義★小学生に語りかける★こんなポカーンとするか★思わず苦笑」の事をお伝えしたいと思います。

「1月19日」放送の「関ジャニ∞クロニクル」「フジテレビ系」では、「大倉忠義、安田章大、丸山隆平」が登場し、新企画「関ジャニ∞先生」に挑戦しました。

この新企画は、「関ジャニ∞メンバー」が小学生の先生となり、「アイデンティティー」や「ケースバイケース」など、ちょっと難しい言葉の意味を教えるというものです。教育評論家の「尾木ママ」が、「3人」のうち、一番教え方が良かった人を決めるというのでした。




まず、「小学2年生」から「5年生」まで「6人」の小学生たちがいる教室に入って来た「大倉忠義」は、小学生を見るなり、「あら、かわいい」と一言。「スーツ」を「ビシッ」ときた「大倉忠義」は、まるで教育実習生のようです。自然な流れで子どもたちと会話をして「リラックス」した「良いムード」になりました。

そこで今回の教える言葉が「キャパシティー」「人や物を収容できる容量や、物事を受け入れる能力のこと」と伝えられると、「わかるか!」と「バッサリ」。そして、後ろ髪を触りながら「英語をやっている子っている?」と問いかけると、突然、「りほちゃん」「小5」が「先生。困った時って後ろ髪触るクセってあるんですか?」と発言します。「大倉忠義」は恥ずかしそうな顔をして、「あ、これ?そういうの見られてた?今触ってたな。困ってる今」と笑顔で答えるのでした。

「じゃ例えば、飯くうやんか。ご飯食べたら胃の中に入って行く。どれだけこの胃の中にご飯が入るかっていうのが、その人の持っているキャパシティーってことなの」と説明したところ、子どもは「よくわからない」と言われる始末です。




その後、「大倉忠義」は違う説明をするものの、子どもたちは「ピン」ときてないようで、「こんなポカーンとするか」と笑いながら愚痴をもらします。ですが、試行錯誤を繰り返した後、黒板に四角を書き、「これ部屋としよ。この中に何個机が置けるか。これがこの部屋の限界やねん。これ以上、机とイスを置けない。40個机を置ける部屋の広さ。これがこの部屋の限界。これがキャパシティーなのよ」と説明すると、子どもたちは「制限みたいな感じ?」「なんとなくわかった」と理解した模様です。授業を終了した後、子どもたちに「キャパシティー」を使って文章を書いてもらったところ、「たいし君」「小5」は「ぼくのお母さんが食べられる量は、ぼくのキャパシティーの倍です」と応用した内容を書いてくる子も出現しました。「スタジオ」からは拍手が上がるのでした。

その後、「安田章大」が「コンセンサス」、「丸山隆平」が「さもありなん」に挑戦しましたが、「尾木ママ」が一番に選んだのは、「大倉忠義」でした。「教育実習だったら優つけられます」とお墨付きをもらうのでした。

この放送に対し、「SNS」では「見たけど 大倉先生すごいね!私的には安田先生 いいと思った!」「こんな先生いたら、間違いなく皆勤賞」「大倉くんすげえ!」などの声が集まっていました。

何とか子供たちに伝えようとしている気持ちが伝わってくるような授業内容でしたよね。



山下智久★インハンド情報漏洩★イブニングHP★フライング掲載

おはようございます。
今日は「山下智久★インハンド情報漏洩★イブニングHP★フライング掲載」の事をお伝えしたいと思います。

「山下智久」が漫画原作の「新作ドラマ」で主演を務めることが「“フライング情報”」によって発覚し、「ファン」の間で騒ぎになっています。青年漫画誌「イブニング」「講談社」の「公式サイト」に次号の表紙が掲載されたことで、「医療サスペンス」の実写化に「山下智久」が挑戦すると明らかになりました。

「2017年7月期」の主演作「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命- 3rd season」「フジテレビ系」は「平均視聴率14.6%」「ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同」を「マーク」し、昨夏公開の「劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」も、「興行収入90億円」超えの大記録を打ち立てた「山下智久」です。俳優としての次回作に注目が集まる中、「イブニング」の「公式サイト」に「1月22日発売号」の表紙画像が掲載され、そこには「山下智久主演ドラマ化決定!!」「山下智久が天才学者に!!」「TVドラマ化!!インハンド」といった文言が並んでいたのでした。事態に気づいた「ファン」が「Twitter」などで情報を拡散し、新仕事の決定に歓喜の声が続出しています。




「インハンド」とは、「漫画家・朱戸アオ氏」が手がける作品で、「イブニング」の「サイト」によれば、主人公は「傲慢で大金持ちの天才学者・紐倉哲」で、「専門は寄生虫だが、知的探求心豊かでその知識は幅広い」という「キャラクター」のようです。「2016年」に「月刊アフタヌーン」「講談社」にて連載された「ネメシスの杖」「インハンド 紐倉博士とまじめな右腕」の「主人公・紐倉智」を描く「医療サスペンス」として、昨年「10月23日」発売号の「イブニング」より連載が「スタート」しています。

連載中の「マンガ誌」によって、「フライング」で情報が広まった状態ですが、過去にも同じ「ケース」が「ファン」を騒がせてきました。「15年公開」の「Hey!Say!JUMP・山田涼介主演映画」「暗殺教室」では、登場する謎の生物「殺せんせー」について、その声優役が誰なのか「公開ギリギリ」まで伏せられていました。そんな中、「暗殺教室」を連載している「週刊少年ジャンプ」「集英社」の表紙や誌面の画像が発売前に「ネット」上に出回り、「殺せんせー」役が「二宮和也」と判明しました。公開当日の「サプライズ」になるはずでしたが、妙な「タイミング」で表沙汰になってしまいました。

「山下智久」の「ドラマ情報」が書かれた「イブニング」は、「18日」午前の段階では「サイト」上で確認できたようですが、事態を察知したのか、午後には表紙画像が消されてしまったようです。問題の表紙を見る限り、「局や放送枠、共演者」といった詳細は不明ながらも、「山下智久」の「ファン」は「山Pのドラマ情報、信じていいの?ホントならうれしすぎる!」「新ドラマ決定おめでとう。いつ放送されるのか、今から楽しみで仕方ない」と、大興奮しているようです。

また、「山下智久」自身は昨年「12月16日」深夜放送の音楽番組「Love music」「フジテレビ系」で、司会の「アンジャッシュ・渡部建」に来年「2019年」の予定を聞かれた際、「来年はちょっとお休みもありつつ、でもたぶんまた演技の方もさせていただく形になるのかな、みたいな」と、話していました。これにより、「ファン」は「演技=ドラマ」や映画出演に期待を抱いていたため、「あの発言は「インハンド」のドラマ化だったのね!」と、「“匂わせコメント”」の謎が解けたと喜んでいます。




「山下智久」といえば、「コード・ブルー」が「連ドラ、劇場版」ともに「大ヒット」しただけに、今作の視聴率も期待されていることでしょう。

高視聴率の「コード・ブルー」のほか、近年の主演作の数字は「5→9~私に恋したお坊さん~」「2015年」が「平均11.7%」、「SUMMER NUDE」「2013年」は「平均12.7%」と、「2ケタ」を記録しました。「ブザー・ビート~崖っぷちのヒーロー~」「2009年」も「平均14.4%」と高視聴率を記録していて、これらは全て「フジドラマ作品」でした。「山下智久」と「フジテレビ系」は相性が良いのか、好成績を残すことが多い一方で、他局の出演作を見ると、「アルジャーノンに花束を」「TBS系、2015年」は「平均8.6%」、「KAT-TUN・亀梨和也主演」で「山下智久」が「メイン出演」した「ボク、運命の人です。」「日本テレビ系、2017年」も、「平均9.5%」といまいち振るわず。今作の「インハンド」は「TBS系」の「4月期放送」なので、「フジテレビ系」に並ぶほどの数字を出せるのか、業界内でも関心が高まっているようです。

ひとまず、「インハンド」の正式発表、共演者などの続報を待ちたいですね。

情報漏洩だとしても「ファン」にすれば「コード・ブルー」に続く「大ヒットドラマ」にしたいですよね。



永瀬廉★うそ!? ちょっとジェラシー★師匠に言わしめた★秘めた才能

おはようございます。
今日は「永瀬廉★うそ!? ちょっとジェラシー★師匠に言わしめた★秘めた才能」の事をお伝えしたいと思います。

朝の情報番組「ZIP!」「日本テレビ系」で「冠コーナー」「弟子入り~DESHIIRI」を担当している「King&Prince」です。「1月14日~18日」は前週に引き続き、「永瀬廉」と「高橋海人」が大神楽の曲芸師に弟子入りし、神社にいる神様の前で芸の奉納に挑戦しました。

前週の放送で「傘回し」を担当することになった「高橋海人」は、軽い紙風船は回せるようになりましたが、まりになると「バランス」が取れなくなり悪戦苦闘しています。ですが、師匠から「「まりが」ハマるところを感じて」と「アドバイス」をもらうと、微妙な感覚を感じ取り始めたようでした。ですが「めっちゃ感じてるやん!」という「永瀬廉」の言葉には「話しかけないで今!」と「ピシャリ」。




ですが、「永瀬廉」は「昨日の晩御飯は?」と「イジ」リ続け、「高橋海人」は「ハンバーグ。やめろ!」と話しかけられるのを嫌がり、かなり集中している様子でした。さらに、今までの練習用の傘から、師匠も使っている高級な「5万円」の和傘に替わると「「プロ用は」全然違う。通販番組みたいになっちゃった。「でも」ほんとに違う!」と感動しました。そして、「永瀬廉」に「お値段はなんと!?」と話を振られると「5万8,000円!」と意気揚々と発表し、「「8,000円」高くなっとるわ!」と「永瀬廉」が「ツッコ」むなど、息の合った掛け合いで視聴者を楽しませていたのでした。

一方、師匠と「5つ」の輪を使った「ジャグリング」を担当する「永瀬廉」は、「4つ」の輪まではいくものの、「5つ」に増えると急に難易度が上がることに苦労している様子です。ですが「1人ジャグリング」の方は「うそ!? すごい!ちょっとジェラシー。まさかここまでできるとは」「スジがいい」と師匠に言われるほどに「センス」はあるようです。

その後、芸を神様に奉納するために東京都中野区にある「大和町八幡神社」を訪れたのですが、室内と屋外とでは感覚がまったく違うようで、「2人」とも「ミス」を連発しました。そして「ギリギリ」まで練習を重ねたところで和服に着替えて、「1月21日」に「2,000回」を迎える「ZIP!」のために曲芸を披露すると、無事に大成功しました。




この健闘について、「ぐるぐるナインティナイン」の番組宣伝で「スタジオ」に来ていた「Sexy Zone中島健人」は、「凄いですね。廉は大学の後輩なので、ちょっとご褒美にご飯に連れていきたいと思います」と「コメント」送っていたのでした。

これには「ファン」も「ケンティ先輩にご飯連れてってもらえるってよ。よかったね」「つくづく優しい先輩だなあー」と反応しました。そして「「“れんかい”」ちゃん少ない練習時間でよく頑張りました」「大成功おめでとう。並んで技をする2人は美しかった」と成功を祝う「コメント」も多く寄せられていたのでした。

毎回、わずかな時間で難しい課題を次々にこなしていく「King&Prince」です。「2019年」もこのままの勢いで駆け抜けていってほしいものですね。

何をやっても数時間で難題を「クリア」する「永瀬廉」の「センス」の良さには驚かされますよね。



中島健人&マリウス葉★マジでひどくて笑えない★温泉風放送にクレーム噴出

こんばんは。
今日は「中島健人&マリウス葉★マジでひどくて笑えない★温泉風放送にクレーム噴出」の事をお伝えしたいと思います。

「Sexy Zone」が週替わりで「パーソナリティ」を務める「ラジオ番組」「Sexy ZoneのQrzone」「文化放送」の「1月14日~17日」に「中島健人」と「マリウス葉」が登場しました。週初めは通常どおり番組が放送されていましたが、「16日」放送回では突如、「“温泉風”」に加工された内容が放送され、「ファン」から苦情が続出しています。

「16日」は、番組開始と同時に水が流れている音が聞こえ始めたかと思うと、「エコー」がかかりくぐもった声で「中島健人」と「マリウス葉」が「こんばんは」と挨拶しました。そこから何の説明もないまま、背後に水の音と「エコー」がかかり続けた状態で番組が進行されていきました。




この日は「“新年号”」について「次は何になるか?」という話をしていましたが、水の音と「エコー」により、集中していないと会話が聞きとれないほどでした。「ファン」からは「聞きづらい」「何言ってるかわからない」「マジでひどくて笑えない」といった「クレーム」が噴出することとなりました。

一応、番組放送直前に「レコメン!」の「パーソナリティ」を務める・「オテンキのり」から「なんとですね、この後の「Sexy ZoneのQrzone」は温泉風でお送りするそうです。みなさん温まってください。ちなみに、ラジオの故障ではございませんのでね。みなさん安心してください」とのお知らせがあったのですが、「中島健人」と「マリウス葉」からは何の説明もなかったため「すっごい聞きづらい」「何で、今日は温泉風なの?」と戸惑う「ファン」が続出しました。

また、「録音ミスったのを誤魔化したんじゃない?「ラジオの故障ではありません」と言わせるのもおかしい」「健マリは普通に話してるし、温泉感ある話全然してなかった。温泉風って後付けの設定だよね」などと、「ラジオ側」の「ミス」などを疑う声もありました。




「エンディング」のお知らせでは通常の音源に戻ったものの、「中島健人」と「マリウス葉」が「“温泉風”」加工に触れることはなく、結局、最後まで謎のまま番組は終了となりました。「翌17日」は通常放送に戻っていたため「昨日のはなんだったの?」「これ、2人とも温泉風になってるの知ってるの?」といった疑問の声も寄せられていたのでした。

最近は、即興の「ラジオドラマ」をするなど、いろんなことに挑戦し試行錯誤しているようにみえた「Qrzone」ですが、今回の温泉風加工もその一環なのでしょうか。とはいえ、「ラジオ」の音源が聞きづらいというのは致命的です。今後は「リスナー」のこともよく考えてから編集してほしいものですね。

番組の試行錯誤とは言え聞きづらい放送は「ファン」も嬉しさが半減してしまいますよね。



中島健人★ゴチ新メンバー★ノブを嵐とか出すな★泣かせる

こんばんは。
今日は「中島健人★ゴチ新メンバー★ノブを嵐とか出すな★泣かせる」の事をお伝えしたいと思います。

「Sexy Zone」の「中島健人」が「レギュラー出演」している「ぐるぐるナインティナイン」「日本テレビ系」内の「コーナー」「グルメチキンレース ゴチになります!」が「17日」に放送されました。この日は、「同コーナーパート20」の初戦となりました。「ゲスト」には「野村萬斎」が登場しました。




この日は「ゴチ19」で残念ながら脱落してしまった「渡辺直美」と「橋本環奈」の枠を埋める「新メンバー2人」を迎える日となりました。「中島健人」は「新メンバー」の「1人」を「北川景子さん」と予想していましたが、「メンバー」が男性だとわかると、「ついに、ついにですよ?嵐さんが来たんじゃないか?」と「二宮和也」か「相葉雅紀」ではないかと、目を輝かせて予想していました。ですが、登場した「男性メンバー」は、「千鳥・ノブ」でした。「ハードル上げ過ぎよ!嵐「の名前」とか出すな!ふた開けたらノブよ!」と、当の本人である「ノブ」は、泣きそうになりながら「中島健人」に「ツッコ」みました。

「バトル」は「設定金額2万5,000円」で展開されていき、「中島健人」は「一品目」に「恵比寿牛フィレ黒ニンニクソース」を「オーダー」しました。一口食べた「中島健人」は「すごくおいしい!」と大絶賛し、「今年最初のサンキューデリシャス」とお決まりの「フレーズ」も飛び出していました。また、「ごはんと一緒に食べたいな」とつぶやくと、「特別メニュー」で白飯が運ばれ、「ステーキ」と一緒に食べた「中島健人」は小躍りするほど大喜びでした。干支と掛けたのか、「猪突猛進—!」と「猪ポーズ」「?」まで「キメ」る暴走ぶりに、「ナインティナイン」の「岡村隆史」から「どうかしてるじゃないか」と冷静な「ツッコミ」が入ったのでした。

そんな「中島健人」ですが、年末年始どう過ごしたかについて聞かれると、「1月1日からおじいちゃんおばあちゃん家に「行きました」」と返答しました。「年賀状って書いてポストに投函して届くって仕組みじゃないですか。それを、ふたりの前で公開年賀として書いてふたりに渡した」と変わった行動を明かしました。




その後、「中島健人」は「熊野地鶏の塩釜焼き」「龍天門の担々麺」「ラードご飯 龍のたまごと共に」「もちもち雪蓮子 マンゴーとアーモンドスープで」「黒蜜で食べる自家製橘豆腐」を「オーダー」し、「今年も魅力的な1年になることでしょう!」と宣言しつつ、「セクシーストップ」。見事「2万5,900円」で「1位」を獲得し、「セクシーサンキュー!」が飛び出していたのでした。

視聴者からは、「1位さすがすぎる!今年も期待したい!」「ケンティがボケでノブがツッコミ?これから楽しみしかなくない?」「また1年、きっとケンティはいろいろ楽しませてくれるんだろうな!」といった期待の声が多く集まっていました。ちなみに、女性の「新メンバー」は「土屋太鳳」であることが「バトル」の途中で判明しました。「新パート」での「中島健人」の健闘を楽しみにしたいですね。

今年は「中島健人&ノブ」の掛け合い「トーク」が楽しみの「一つ」となりそうですね。



櫻井翔★上田竜也を竜兄と慕う中村倫也★オジキと呼ばれ困惑

こんばんは。
今日は「櫻井翔★上田竜也を竜兄と慕う中村倫也★オジキと呼ばれ困惑」の事をお伝えしたいと思います。

「嵐」の「櫻井翔」と「有吉弘行」が、今話題の芸能人や有名人の素顔や本音に迫る「櫻井・有吉THE夜会」「TBS系」です。「1月17日」の放送回には「中村倫也」と「安達祐実」が「ゲスト」として訪れ、「準会員」「準レギュラー」として「KAT-TUN・上田竜也」も出演していました。

「上田竜也」といえば、「櫻井翔」のことを「“兄貴”」と慕い、昨年「5月」に番組に出演した際には、並々ならぬ「櫻井翔」への尊敬の念を語り話題を集めていました。そんな「櫻井翔」を愛してやまない「上田竜也」、実は「プライベート」で「中村倫也」から「竜兄」として慕われているのだといいます。そこで、「中村倫也」が「その竜兄が「“兄貴”」ってなってる「櫻井がいる」」と話をすると、番組中にもかかわらず「上田竜也」は「一度挨拶「した方がいい」」と「中村倫也」に助言しました。「スタジオ」に爆笑を巻き起こしました。




「有吉弘行」は、「「中村の」兄貴の「上田の」兄貴だからもう「櫻井は」オジキってことだね」と「コメント」しました。これに「櫻井翔」は「僕オジキ!? 中村くんのオジキ?」と戸惑っていましたが、「ファン」からは「ついに翔くんオジキと呼ばれる日が来るとは」「今後、上田くんを兄貴と慕う後輩が出てくると、自動的に翔くんはその子にとってオジキになるシステムなのか「笑」」と好評のようでした。

その後、激辛好きの「中村倫也」の「辛さの限界」を知るため、激辛麻婆豆腐に挑戦する「中村倫也」でしたが、「タバスコ」の「1,000倍」辛い「ジョロキア」を「40個」使った「50倍」でも「全然平気」という結果になりました。そのため、自分が食べても辛さがまったく伝わらないということを心配した「中村倫也」は「1人で僕「食べても」大丈夫ですか?」と「上田竜也」を「チラ見」しました。これに「いや、兄貴が行けって言えば行くけど」と苦笑いしていましたが、実は「上田竜也」は辛いものが苦手だといいます。ですがそこは「兄貴が「虫食え!」って言ったら虫食いますから!」と「櫻井翔」が言うことは「“絶対”」な「上田竜也」でした。

「竜兄いける?」と「櫻井翔」に言われ「行けって言われたらもちろん行きます!俺「“鉄砲玉”」っすから!」と男気を見せて試食するも、結局はあまりの辛さに「あ゛~!お前バカじゃねぇの!?」と「中村倫也」に「ブチ切れ」になりました。

するとなぜか「櫻井翔」も「ちょっと俺もいってみるわ」と試食することになり「オジキ大丈夫っすか?」と「中村倫也」からさっそく「“オジキ”」呼びされることになります。これに「櫻井翔」は「なぜ中村くんにオジキと呼ばれているのか?力関係の構図」と戸惑うも、試食後は「あ゛!お前バカじゃねぇの!やっば!」と苦悶の表情を浮かべ、「上田竜也」はすかさず「櫻井翔」に水を渡していたのでした。




また、「櫻井翔」の「フリップ」を使った進行に「兄貴がヘタすぎるよ」と「スタジオ陣」が不満を言った時には、「あのね!」と威嚇したり、「櫻井翔」の言葉を「上田竜也」が「フォロー」したりと、終始、「櫻井翔」の「“舎弟感”」を醸し出していた「上田竜也」でした。

そして「ネット」上では今回も「兄貴への愛があふれぎるほどに溢れてる」「準会員上田くん、これからもちょくちょく出てほしい」「マジで舎弟すぎるよ「笑」」「兄貴愛炸裂の竜兄、愛が深すぎる。重すぎる。面白すぎる」とさまざまな反応が寄せられ話題となっていたのでした。

「櫻井翔」との面白い絡みが期待できる「上田竜也」」には、ぜひ準会員として今後も出演をし続けてほしいものですね。

「上田竜也」の「桜井翔」への尊敬の眼差しが再確認できた放送になったようですね。「オジキ櫻井翔」の誕生に「ファン」も嬉しいでしょうね。



松本潤★番組中発生したトラブル★スタッフより先に動いて、すごい★称賛続出

こんばんは。
今日は「松本潤★番組中発生したトラブル★スタッフより先に動いて、すごい★称賛続出」の事をお伝えしたいと思います。

「嵐」の冠番組「VS嵐」「フジテレビ系」が「1月17日」に放送されました。この日の対戦相手は「広島東洋カープ」「チーム」です。「プラスワンゲスト」として「滝沢カレン」と「スピードワゴン・小沢一敬」が登場しました。




この日も「キッキングスナイパー」や「スライダースマッシュ」などの「ゲーム」が行われ、「両チーム」とも大盛り上がりとなりました。「クリフクライム」では、挑戦しようとする「相葉雅紀」が「小沢一敬」から「昔どっかの野球の試合を観に行ってボール飛んできたことあるよね?」と話を振られ、「そうそう。横浜スタジアムで、「当時横浜ベイスターズのロバート・」ローズの打ったファウルボール肩に当たりました」と告白する一幕がありました。「お菓子の袋が開かなくてフーン!ってやってたらドーンって」とお茶目に話し、出演者たちの笑いを誘ったほか、視聴者からも「めっちゃ痛そうだけど笑ってしまった」「時々こういうミラクル起こすよね」「お菓子に夢中でファウルボールを食らう相葉ちゃん可愛すぎ」という声を集めていました。

最後の「ボンバーストライカー」では、先攻の「嵐」が終えた時点で得点差は「610ポイント」でした。「カープ」の柱として活躍し、「前シーズン」で引退した「新井貴浩元選手」の最後の戦いとあり、「カープチーム」の活躍が期待されていましたが、まさかの出来事が起こってしまったのが「第5投目」でした。「2番レーン」にいた「上本崇司選手」が、下から上向きに向かって放った「ボウリングボール」が「レーン」に勢い良く落ち、「マット」がはがれ、穴が空いたような状態になる「ハプニング」が発生したのです。

ですが、ここで素早く対応したのが「松本潤」でした。即座に席から立ち上がると、隙を見て穴が空いた箇所に近づき、床を修理しました。これにより、その後の投球は支障なく進み、結果は「広島東洋カープ」が「790ポイント獲得」し、「新井貴浩元選手」に花を持たせるような戦いとなりました。




番組内で「松本潤」のこの素早い行動について触れられることはなかったものの、視聴者からは、「床がズレたらすぐ動いて直す!仕事人・潤くんが大好き!」「スタッフより先に、さっと立ち上がって床を 松潤 どこまでイケメンなの?」「動ける男すごい。さすが」といった絶賛の声が続出しています。

さりげない神対応で株を大きく上げた「松本潤」です。いつもにも増して好感度を上げたようでした。

「松本潤」と「番組スタッフ」の「コミュニケーション」が上手くいっていることが証明されましたよね。



滝沢秀明社長★Snow Man増員采配★失望した&呆れた

こんにちは。
今日は「滝沢秀明社長★Snow Man増員采配★失望した&呆れた」の事をお伝えしたいと思います。

「1月15日」付で「ジャニーズ事務所」の関連会社「ジャニーズアイランド」の代表取締役社長に就任し、裏方として新たな「スタート」を切った「滝沢秀明」です。この発表に伴い、「ジャニーズJr.」「内ユニット・Snow Man」の「メンバー増員」も明らかになりましたが、「ファン」からは否定的な声が続出しています。新会社立ち上げ早々、「“滝沢社長”」の「プロデュース能力」に批判が続出しています。

「17日」付の「スポーツニッポン」によれば、「ジャニーズアイランド」は、「ジャニーズ事務所」の「ジャニー喜多川社長」が会長を務める会社で、「Jr.」の「プロデュース」と、今後の新人発掘が主な業務だといいます。「3月」には「神奈川県・横浜アリーナ」で「Jr.」「内ユニット・SixTONES、Snow Man、Travis Japan」の「単独コンサート」を開催し、社長の「滝沢秀明」」が演出を担当するようです。「Jr.専門」の「グッズショップ」、新たな「ネット番組設立」への準備も進めているといい、「滝沢秀明社長」は「今年1年いろいろ仕掛けていきたい」と、意気込んでいました。

そして、「“仕掛け”」の「1つ」が、「2月開幕」の舞台「滝沢歌舞伎ZERO」の「メインキャスト」である「Snow Man」の増員です。現在の「6人」に「プラス」し、「宇宙Six」の「目黒蓮」、「関西ジャニーズJr.」の「向井康二」が「ユニット」を兼任するほか、「中学3年生」の「15歳・村上真都」「まいと」「ラウール」の「計3人」が加入予定のようです。「グループ」は「9人体制」となり、「3月24日」の「横浜アリーナ公演」でお披露目されるようです。




元の「Snow Man6名」は現在「25~26歳」のため、「10歳下」の後輩がいきなり仲間入りすることになります。「村上真都」は「ベネズエラ人」の父と日本人の母を持つ「ハーフ」で、「少年忍者」という「ユニット」で活動していました。彼の場合は兼任ではなく、「Snow Man」に正式加入する模様です。「ジャニー喜多川社長」はかねてより「20年」の東京五輪を盛り上げるべく、「40人ユニット・Twenty Twenty」の結成を計画しています。「村上真都」の「パフォーマンス力」を高く評価しており、昨年「10月」にその「ユニット」の候補生として、「スポーツ紙」などで名前が報じられたほど。公表された写真でも、「村上真都」は前列の「センター」を務めています。

前述の「スポーツニッポン」によると、「滝沢秀明社長」も「村上真都」について「雰囲気がある。踊ってて輝いてる」と語り、「増員は「“新しい風を吹かせたい”」というグループの希望だったと話し「彼らも「村上への思いが」同じだった。だったら、と、ジャニーさんと相談して加入を決めた」と説明した」そうです。「村上真都」が加入する「Snow Man」といえば、「アクロバット」に定評のある「実力派グループ」で、「滝沢秀明社長」とは何度も舞台で共演するなど信頼も厚く、熱心な「ファン」も抱えています。

それだけに、突然の増員に「6人じゃなくなるなら、名前変えて別のグループにしてほしい」「兼任とか舐めてる。Snow Manのハードスケジュールについてこれるの?」「ラウールを推したいなら、ラウール中心の中高生ユニットを作ればいい。なぜSnow Man?」「目黒はまだしも、向井とラウールはファンの層も違いすぎるし、異文化交流すぎる」と、「大ブーイング」が巻き起こっています。また、「Snow Man」の「メンバー数」にかけて、歌詞に「6」や個々の名前が含まれた楽曲もあるだけに、こういった「オリジナル曲」が「歌えなくなるのではないか」と、心配の声も少なくないようです。

近年あった、「Jr.ユニット」の「メンバー増員」でいうと、「17年11月」に「5人組」の「Travis Japan」へ「松倉海斗」と「松田元太」が加入した事例があります。「松倉海斗&松田元太」は「ダンス技術」の面から見ても元の「5人」と遜色なく、現在では「ファン」に受け入れられており、この増員は成功といえるようです。「17日」付の「スポーツ報知」には、今回の人事に関して「みなさんが想像できる人では面白くない」との「滝沢秀明」の「コメント」もあり、その意味では面白いものの、「ファンの思いを最優先にしたい」という言葉とは違った結果となったようです。




「Snow Man」と「滝沢秀明」の関係性を知っている「ファン」は、「滝沢秀明」の「芸能界引退・プロデュース業転身」によって「6人」がどんな活躍を見せていくのか、大きな期待を抱いていたようです。ところが、ふたを開けてみれば「ユニット」の原型を留めない改革が行われたとあって、「初っ端からこんなハチャメチャなことやるなんて、プロデューサー向いてないよ」「今後のJr.をタッキーがプロデュースすると思うと、絶望しかない」「Snow Manを優遇しろとまでは言わないけど、ちゃんとプロデュースしてくれると思ってた。タッキーには本当に失望した」「タレント側だったのに、ファンの気持ち考えられないんだね。本当に呆れた」と、不満が高まっている状況です。

さらに、「滝沢秀明社長」が取材の場で「ジャニーさんはコンサートだけでビックリしてくれない」と打ち明け、「“独自色を濃く出していく”」方針を示唆したという報道についても、「ジャニーさんをビックリさせたいなら、引退しないで自分がタレントとしてビックリさせればいい」と、呆れた声が見受けられました。

発表直後は辛らつな「コメント」ばかり上がっているものの、いざ新体制が始まれば、「グループ」にとって良い方向に働く可能性もあるようです。「滝沢秀明社長」の采配は、長い目で見守る必要があるのかもしれないですね。

長期に渡り「6人体制」で応援してきた「ファン」にとっては受け入れがたい状況になっているのは間違いないでしょうね。



滝沢秀明★ジャニーズ・アイランド社長就任★マスコミを驚かせた★名刺の内容

こんばんは。
今日は「滝沢秀明★ジャニーズ・アイランド社長就任★マスコミを驚かせた★名刺の内容」の事をお伝えしたいと思います。

「1月17日」付の「スポーツ各紙」が、「ジャニーズ事務所」の関連企業「ジャニーズ・アイランド」「15日設立」の代表取締役社長に「滝沢秀明」が就任したことを一斉に報じました。昨年末に表舞台から引退した「滝沢秀明」は、「16日」に自ら取材に応じましたが、「マスコミ関係者」の間では「滝沢の「“名刺”」を見て驚いた」といった声が漏れているといいます。

「滝沢秀明」はこの日の取材で、「ジャニーズJr.ユニット・Snow Man」に「3人」の「新メンバー」を加入させることや、「SixTONES、Travis Japan、Snow Man」の「単独コンサート」「3月開催予定」を「プロデュース」すること、さらに「Jr.専門」の「オフィシャルショップ」を設立する構想などを明かしました。




各紙の記事内容から、「滝沢本人が、かなり気合を入れてインタビューに臨んでいたのであろうことがわかる」といいますが、「タレント業引退前」に説明していた「裏方転身プラン」と異なる点があるだけに、疑問を抱く「マスコミ関係者」もいるようです。

もともと「滝沢秀明」は「経営にはタッチしない」と言っていたはずなのに、結果、社長の座に就任することになったのはなぜでしょうか。「ジャニー喜多川氏」が「ジャニーズ事務所」の社長を務めているため、その「スタイル」を踏襲したいと考えたのかもしれません。なお今後、「滝沢秀明」は「ジャニー喜多川氏」同様、基本的に公の場に出てくることはなく、自身の写真撮影もしない方針のようです。

「滝沢秀明」は昨年、「SixTONES」の楽曲「JAPONICA STYLE」の「MV」を「プロデュース」し、「YouTube」で公開するという新たな取り組みにも踏み出していました。

今後、「YouTube」以外の「Web事業」に本格参戦するとの話もあり、「滝沢秀明」の裏方転身は、「ジャニーズ全体」に「“進化”」をもたらすと感じました。ですが、「マスコミ」に対する「スタンス」は、「滝沢秀明」になっても変わらない様子です。これまで「ジャニー喜多川氏」は、情報を発信する際、「全メディア」の中で「スポーツ紙」を最優先にしてきたのですが、「滝沢秀明」も今回、同様の手法を採っています。どうやら彼は今、「ジャニー社長」を目指して修行中の身 といった状況のようです。今回の「Jr.ユニット」の人事に関しても、「ジャニー喜多川氏」の最終確認があったようです。




ですがそんな「滝沢秀明」に、「ジャニー喜多川氏」と決定的に違う点があったそうです。

「滝沢秀明」は今回、初めて作ったという名刺を持参していました。「ジャニー喜多川氏」の場合、相手に名刺を差し出されても、基本的に「名刺は持ってない」と言って出さないことで知られていますが、「滝沢秀明」は率先して記者に名刺を渡していました。しかも、その名刺には、名前や会社の連絡先のほか、「滝沢秀明」個人のものとみられる「メールアドレス」まで書かれていたようです。「“元”」とはいえ、「アイドル」としてはあり得ない対応のようです。

「マスコミ」との付き合いにおいて、「“ジャニー流”」を継承しつつ、独自の方法に打って出た「滝沢秀明」です。「ジャニー喜多川氏」の期待を上回る活躍に期待したいですね。

「滝沢秀明色」を「マスコミ」に印象づけるためにも「滝沢秀明」なりの戦略があったのかも知れませんね。