ジャニーズ

手越祐也★イッテQで物議を醸した★おっぱいキーホルダー★もらいもの

こんばんは。
今日は「手越祐也★イッテQで物議を醸した★おっぱいキーホルダー★もらいもの」の事をお伝えしたいと思います。

「NEWS・小山慶一郎」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「KちゃんNEWS」「文化放送」です。「3月12日深夜」の放送には「手越祐也」が登場し、「ファン」の間で話題になっていた「“おっぱいキーホルダー”」について語りました。




「2月17日、手越祐也」が「レギュラー出演」している「バラエティ番組」「世界の果てまでイッテQ!」「日本テレビ系」内の企画で、「手越のノーチャラ生活inフィリピン 第3弾」が放送されました。これを見ていた「リスナー」から、「手越くんの私物「“おっぱいキーホルダー”」がすごく気になりました。あのキーホルダーは海外のお土産ですか?」という「メッセージ」が寄せられました。

「ノーチャラ生活」とは、「手越祐也」が異国の地に行き「“チャラくない”」生活をするという企画です。宿泊先に着いたらまず、「手越祐也」が持っている「チャラいもの・文明のもの」を「スタッフ」に没収されるのですが、今回の放送では、「タブレット」や「ポーチ、香水」などの中に混ざり「“おっぱいキーホルダー”」があり、放送中には「ネット」上で「手越くん、なんでそんなもの持ってきたの「笑」」「おっぱいキーホルダーが謎すぎて、腹よじれるほど笑った」「これはテレビに映していいものなのか!?」などと話題になりました。

「リスナー」の「メッセージ」に、「小山慶一郎」が「おっぱいキーホルダーね!今もついてるでしょ?俺らも知ってますよ、このおっぱいキーホルダー。いい形なんだ、また」と「コメント」すると、「手越祐也」は「そうそう。だから「“おっぱいキーホルダー2”」を、この間いただきまして。なんかね、もらった。またちょっと違うデザインの。これはね、日焼けしてるおっぱいなんだけど」と、新たな「デザイン」の「おっぱいキーホルダー」が増えたことを報告しました。そのうえで、これらは「NEWS」の振り付けを多数手がけている「振付稼業air:man」「杉谷一隆」からの「プレゼント」だと明かし、「手越祐也」は「もらいものは全部使う、っていうスタンスで生きてますから!」と主張していました。




「ファン」は「キーホルダー」の出どころがわかって「スッキリ」した一方、「え~まさかの!? 杉谷さんからのプレゼント!」「おっぱいキーホルダーが杉谷さんからのプレゼントっていうのが衝撃」「杉谷さん、めちゃくちゃお茶目な人だね「笑」」など、送り主が「杉谷一隆」だったことに衝撃を受けているようです。

「杉谷一隆」は「5日深夜」に放送された「同ラジオ」に「ゲスト出演」しており、「ひとことで言うと本当に、好きなんですね。シンプルに好きです」などと「“NEWS愛”」を熱く語っていました。「アイドル」に「“おっぱいキーホルダー”」を贈る「杉谷一隆」と、それを海外にまで持って行く「手越祐也」のおかげで、彼らの微笑ましい関係が垣間見えたのでした。

「手越祐也」には似合いすぎる「おっぱいキーホルダー」を送った「杉谷一隆」は抜群の「センス」を持った人物なのかも知れませんね。



関ジャニ∞ドームツアー開催★錦戸亮ジャニーズ残留★メンバー間の亀裂否定

こんばんは。
今日は「関ジャニ∞ドームツアー開催★錦戸亮ジャニーズ残留★メンバー間の亀裂否定」の事をお伝えしたいと思います。

「関ジャニ∞・錦戸亮」の「グループ脱退」をめぐり情報が錯綜しています。今月「7日発売」の「週刊文春」「2019年3月14日号」「文藝春秋」は、「錦戸亮」の「グループ脱退」と「ジャニーズ事務所」の退所を報じました。さらに「12日発売」の「週刊女性」「3月26日号」「主婦と生活社」も後を追い、「錦戸亮」は「関ジャニ∞」を脱退し、「ジャニーズ事務所」も退社すると伝えています。

一方、「錦戸亮」は「関ジャニ∞」を脱退するものの、「ジャニーズ事務所」からは「“退所しない”」と報じている週刊誌もあります。「12日発売」の「女性自身」「2019年3月26日号」「光文社」です。同誌では、「錦戸亮」は「関ジャニ∞」を脱退するものの、「ジャニーズ事務所」に残留し、今後は俳優に専念すると伝えました。「テレビ局関係者」の「事務所を退所するという報道もありますが、引き続きジャニーズで俳優活動に励み、ゆくゆくは役者として後輩の育成にも携わっていきたいと考えているようです」という証言も掲載しています。




同誌記事によると、「錦戸亮」は「V6」の「岡田准一」が主宰する勉強会「岡田部活」に通ううちに、役者としての意識が高まっていったといいます。最近話題の「岡田部」「岡田部活」ですが、これは「岡田准一」が「ジャニーズ」の「タレント」に演技や「乗馬、英会話」を指導するというもので、「山下智久」や「生田斗真」などが通っていると言われています。

ですが「週刊文春」では、「渋谷すばる」の脱退を受けて「錦戸亮」が「グループ解散」を主張、「グループ存続」を前向きに考える「横山裕」と「村上信五」は「錦戸亮」に激怒した、とありました。「ジャニーズ事務所」も「錦戸亮」の主張を認めず、事務所内では「一刻も早く錦戸を追放すべきだ」との声まで上がっているという穏やかならぬ状況が記されていました。

ただ、「一部スタッフ」が「追放だ」とまで激怒していたとしても、「ジャニーズ事務所」としては残ってほしいのが本音のようです。なにしろ、「SMAP解散」以降、本格的に「藤島ジュリー景子氏」が取り仕切るようになってからの「ジャニーズ事務所」は、綻びだらけです。「嵐」の活動休止も控える中、「人気タレント」の流出は避けたいはずです。

となると「関ジャニ解散でも錦戸残留」は、ありえない話ではありません。ただ、「女性自身」は「錦戸亮」と「メンバー」の亀裂も否定しています。




同誌によれば、「錦戸亮」は「メンバー」との絆を重んじており、「今の僕があるのはメンバーのかおかげだ」とよく言っているそうです。そして「錦戸亮」の脱退申し出に「メンバー」も最初は反対したものの、陰から「関ジャニ∞」を支え続けるという彼の思いが届き、最終的に「メンバー」も脱退を受け入れたといいます。「陰から関ジャニ∞を支える」ということは、「関ジャニ∞」の解散もないとの見解のようです。

なお、「女性自身」は週刊誌のなかでも特に「ジャニーズ事務所」に近い雑誌と見られています。「関ジャニ∞」は「嵐」の次に「ファンクラブ」の会員数が多く、「錦戸亮」は「ソロ」でも活躍する「人気メンバー」です。「ジャニーズ事務所」にとって、「錦戸亮」の退所も「関ジャニ∞」の解散も、当然防げるものなら防ぎたいところです。また「錦戸亮」が脱退したとしても、「関ジャニ∞」が「5人体制」で活動を続けるとしたら、仲間割れという「イメージ」がつくことは避けたいはずです。

こうした不穏な報道に事務所は「正式コメント」を出していませんが、「12日朝、スポニチ」が「関ジャニ、今夏全国5大ドームツアー開催 通算動員数1000万人突破へ」と報じました。これは実質、公式発表と言っていいでしょう。「メジャーデビュー」から「15年」の節目である今年も、「7月」から「9月」にかけ「5大ドームツアー」を行うといいます。「スポニチ」には、「週刊女性」「主婦と生活社」で脱退意思を報じられた「大倉忠義」が「メンバー」を代表して「6人楽しみに会場でお待ちしています」と「コメント」を寄せています。

「錦戸亮脱退報道」以降、情報が入り乱れどこの情報が真実なのか「ファン」にとっては辛い時間が続いています。「ジャニーズ&錦戸亮」からの「メッセージ」を「ファン」は待ち望んでいます。



錦戸亮★関ジャニ∞脱退発表★ドームツアーの前後★発表のタイミング模索中

こんばんは。
今日は「錦戸亮★関ジャニ∞脱退発表★ドームツアーの前後★発表のタイミング模索中」の事をお伝えしたいと思います。

「関ジャニ∞」の脱退と「ジャニーズ事務所退所」を報じられた「錦戸亮」ですが、脱退に関してはもはや既定路線だと事務所関係者は言います。ですが、その発表の「タイミング」はまだ模索中のようです。

「錦戸亮亮」の退所と脱退の第一報を出したのは、今月「7日発売」の「週刊文春」「2019年3月14日号」「文藝春秋」でした。その経緯は、「錦戸亮」が「渋谷すばるが抜けた以上解散すべき」と提案したことにあるといいます。その他の「メンバー」は「存続」を主張、「錦戸亮」と「メンバー」の仲に亀裂が生じ、「錦戸亮」が脱退せざるを得なくなったというものです。

「関ジャニ∞」は昨年「渋谷すばる」が抜けた後も「6人」で夏の「ライブツアー」をやりとげ、「錦戸亮」も決して無気力そうな様子は見せていませんでした。そのため、この「タイミング」での「錦戸亮」脱退報道は青天の霹靂で、「ファン」には激震が走りました。




ですが「ジャニーズ事務所」から「文春」報道への正式な「コメント」はありません。代わりに、「関ジャニ∞」の「コンサートツアー開催」を発表しました。

「ジャニーズ事務所」は「11日、関ジャニ∞」の「デビュー15周年記念ツアー」「十五祭」を今夏に開催すると発表しました。「7月14日」の「札幌ドーム」を皮切りに、「5大ドーム12公演」で「動員55万人」を見込むといいます。

「メンバー」を代表して「大倉忠義」の「コメント」も公表されました。「大倉忠義」は「すべての方への感謝を込めて、全てのeighter「エイター」に笑顔になってもらえる最高で最強の「“プレゼント箱”」を持って6人楽しみに会場でお待ちしています」と、「“6人”」での「ツアー」を宣言しています。

これが事務所からの回答と見ていいようです。少なくとも、この夏の「ツアー」が終わる「9月」までは、「錦戸亮」の脱退や、懸念されている「関ジャニ∞」の解散はないということです。




ただ、これをもって「錦戸は脱退しない」と言えることにはなりません。「錦戸亮」の件がこのまま「なかったこと」になるとは考えづらいからです。昨年「グループ」を脱退した「渋谷すばる」の場合、「関ジャニ∞」が「ドームツアー」を発表「3月」した翌月に「フライデー」「講談社」が脱退を報じ、雑誌発売翌日に「関ジャニ∞」は緊急記者会見を開催しました。「渋谷すばる」の「グループ脱退」および「ジャニーズ事務所退社」と、夏の「ドームツアー不参加」が発表されたのです。

一方、振り返れば「2011年」に「錦戸亮」と「山下智久」が「NEWS」の脱退を発表したのは、「NEWS」の「ドームツアー」が終了した直後でした。「コンサート」中に二人から脱退に関する「コメント」がされることはなく、「ファン」にとっては突然の悲報でした。

「渋谷すばる」は「2018年」の「ドームツアー」にも参加しませんでしたが、前述したように「大倉忠義」が今年「7月」からの「ツアー」に関しては「6人楽しみに会場でお待ちしています」と「コメント」しており、夏の「ドームツアー」には「錦戸亮」も参加する予定なのでしょう。なお、「週刊女性」「2019年3月26日号」「主婦と生活社」は、「大倉忠義」も「グループ脱退」を希望していると報じています。

「関ジャニ∞」の「ドームツアー」が発表されたことにより、「錦戸亮」の「脱退・退所」は「“ガセネタ”」だったと安堵する「ファン」もいますが、過去の脱退事例からみると、「ツアー前後」に発表される「ケース」は少なくありません。「ファン」にとってはやきもきした日々が続くでしょうね。

過去の脱退発表を振り返ると「ツアー前後」の確立が高く今回の「錦戸亮脱退発表」もあり得ないこともないでしょうね。



関ジャニ∞★ドームツアー発表★錦戸亮脱退報道が真実味増した&指摘される

こんばんは。
今日は「関ジャニ∞★ドームツアー発表★錦戸亮脱退報道が真実味増した&指摘される」の事をお伝えしたいと思います。

「関ジャニ∞」が今夏「ドームツアー」を開催することが、「オフィシャルサイト」で発表されました。「週刊文春」「文藝春秋」が報じた、「錦戸亮」の脱退については「ノーコメント」ながら、「各スポーツ紙」では「錦戸も参加」「6人でのツアー」と伝えられており、少なくともこの「タイミング」での脱退は、何とか回避できたようです。ですが、一連の発表や報道の内容から、やはり「錦戸亮」の脱退の意思は固いものとみられているといいます。




発表によると、「関ジャニ∞」は、「7~9月」にかけて、「全12公演」の「5大ドームツアー」を行うとのことです。最終日は「9月3日」の「東京ドーム公演」となっています。

さらに「スポーツ紙報道」では、「錦戸亮」の脱退報道に触れながらも、詳細については伝えず、あくまで「ツアーに参加する」という旨だけがつづられています。また、「メンバー」を代表して「大倉忠義」が「全てのeighterに笑顔になってもらえる最高で最強のプレゼント箱を持って、6人楽しみに会場でお待ちしています!」などと「コメント」も寄せています。

昨年は「ツアー」の詳細発表後、「渋谷すばる」が「関ジャニ∞」を「脱退、退所」することが明かされ、さらに「ツアー」にも参加しないことが伝えられました。

今回の「錦戸亮」に関しても、「渋谷のときと、ほぼ同じ流れになるのではないか」と「マスコミ関係者」はみていました。「ツアー」への参加が「スポーツ紙」で発表されたことにより、「ネット」上には「ファン」の安堵の声が飛び交っている状況ですが、「オフィシャルサイト」では、「錦戸亮」の進退には触れられておらず、結果的に脱退の真実味が増したとも言えます。




さすがに「全員参加のツアー」という部分に嘘はないと関係者はみていますが、「ツアー後」については一切不明のままとなっています。

もし「錦戸亮」本人が、「スポーツ紙」に「文春」報道を否定する「コメント」を出していれば、「ファン」も安心できたでしょうが、このままでは宙ぶらりん状態です。何も言わないというのは、脱退したいという意思があることを、半ば認めているようなものです。果たしてそれが発表されるのは、「ツアー」の前なのか、最終日なのか、それ以降のことなのか。いまだに「ジャニーズ事務所、錦戸亮」本人としても、着地点が見つかっていない状況のようです。

「ジャニーズ」と「関ジャニ∞メンバー」には、「ファン」の不安な気持ちが少しでも晴れるような対応を取ってほしいものですね。

「ジャニーズ事務所&錦戸亮」からのなんらかの「コメント」を出してほしいと「ファン」は願っていますよね。



堂本光一★岸優太から聞いた事務所のルール★ちょっと待って&衝撃

こんばんは。
今日は「堂本光一★岸優太から聞いた事務所のルール★ちょっと待って&衝撃」の事をお伝えしたいと思います。

「KinKi Kids」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ番組」「KinKi Kids どんなもんヤ!」「文化放送」が「3月11日深夜」に放送され、「堂本光一」が登場しました。




今回の放送で「リスナー」の注目を集めたのは、「ジャニーズ公式携帯サイト」「Johnny’s web」に関するある話題でした。「リスナー」から「「MUSIC STATION SUPERLIVE 2018」「テレビ朝日系、2018年12月21日放送」後に、「King&Prince」の岸優太くんが光一くんとのツーショットをブログで上げられていましたよ。2人ともいい表情で、岸くんは特にうれしさを噛みしめている表情でした。久々に会った後輩くんと、楽屋でなにかお話されましたか?」という「メッセージ」が届き、これを「堂本光一」が読み上げました。

この時の状況について、「堂本光一」は「岸がね、我々の控室っていうか、そこに来て、「光一くん、写真撮ってください!サーセン!」って言いながら来たので、「いいよー、なにに使うのこれ?」って聞いたら「Johnny’s webに載せます!」って」と説明しました。いたって普通のやり取りですが、「堂本光一」は「「えっ、ちょっと待って。Johnny’s webってタレントの被写体載っていいの?」って、俺そこで初めて知ってん」と、「岸優太」から写真を頼まれたことがきっかけで、「Johnny’s web」の「“ルール”」を知ったと告白しました。

「俺が知ってたのは、「“物”」まではいい。なにかの物。過去に俺も、物はなにかしら載っけたことはあると思うんですよ。「Endless SHOCK」の1,000回公演のときにいただいたクリスタルの置物とか」とのことで、自身の姿が写っていない写真なら「アップ」していい、という認識だったという「堂本光一」です。確かに、現在「Johnny’s web」内では「ファンクラブ会員限定」で「タレント」の顔写真などを閲覧することができますが、それ以前は「堂本光一」が言うように、物や風景以外の写真が掲載されることはほとんどありませんでした。




「堂本光一」は「被写体を載っけたらアカンって、俺思ってたのね。それがいつから、いつから、いつからよくなったん」と困惑気味でしたが、これを機に、「Johnny’s web」に顔写真を掲載しようと考えたそうです。ですが、「これの放送が3月。まあ、もう続いてないでしょうね。僕もね、たぶん」「「もう飽きちゃった」って感じになってると思う」と早くも諦め「モード」で、さらに「もう、ぶっちゃけ言うわ。年明けてへんから、収録してるとき!」と、この放送が「18年中」の収録だと暴露しました。「いや、すみません。スタッフの方にも負担がかからない範囲でお付き合いいただいてすみません。本当感謝してます」と恐縮しつつ、「まあ、でも被写体載っけていいよっていうのは、なかなかビックリしました」とまとめていました。

この日の放送に「リスナー」からは、「Johnny’s webの写真、いろいろ載せてほしい!」「光一くんのペースでいいから、オフショとか見たいな~」「被写体の掲載OKなんだし、これからKinKi Kidsのツーショットとかも載せてほしいな!」と「リクエスト」の声が多数寄せられていました。

「堂本光一」が知らない間に後輩たちは新しい「ルール」を取り入れて「ファンサービス」をしていたようですね。



三宅健★アタック25に出演★海老蔵さんに教えよう&大興奮の訳

こんばんは。
今日は「三宅健★アタック25に出演★海老蔵さんに教えよう&大興奮の訳」の事をお伝えしたいと思います。

「V6・三宅健」が出演する「六本木歌舞伎-第三弾-「羅生門」」が、「3月10日」に東京公演千秋楽を迎えました。「11日深夜放送」の「三宅健のラヂオ」「bayfm」では、「三宅健」自身が演じた役の名前について語られました。




今作は、「芥川龍之介」の「羅生門」を原作とし、そこに「茨木童子」が題材となった歌舞伎「茨木」を「ミックス」した物語で、「三宅健」は「下人」と「宇源太「うげんた」」の二役を演じています。「ラジオ」には、「リスナー」から「「六本木歌舞伎」を観劇させていただきました。「市川」海老蔵さんとのフリートークコーナーで、毎回次のシーンの役名をつけるように言われてましたね。事前に考えたりしていたんですか?」という「メッセージ」が届き、「三宅健」は「そうなんですよ。海老蔵さんと下人のシーンとかいろいろあるんですけど、次の人生を生きるための新しい名前を決めないといけなくて。本当は「“宇源太”」という名前がそもそも決まってるんですけど、海老蔵さんがやっぱり飽きっぽい人なんで、毎日変えたいということで」と、「市川海老蔵」の「リクエスト」で毎日役名を変えていることを明かしました。

「三宅健」いわく、「「“宇源太”」なので「“う”」縛りにしてた」と名前の「ルール」は設けているようです。ですが、ある公演で「三宅健」が、「宇源太」が「渡辺綱」「つな」の家臣ということで「ツナサラダはどうですか?」と「市川海老蔵」に提案したところ、「はぁ!?」と鈍い反応が返ってきたようです。それでも本番で「我こそは渡辺源次綱様の家臣、「“サラダ”」なり~」と名乗ったと、驚きの裏話が披露されました。

その後も「六本木歌舞伎」について「リスナー」から送られてきた「メッセージ」を読み上げた「三宅健」ですが、「先日の「パネルクイズ アタック25」「朝日放送」で、「“六本木歌舞伎で市川海老蔵さんと共演している、歌舞伎初挑戦の人気アイドルグループの人は誰でしょう?”」と問題になっていました」という報告を受けると、「クイズになっちゃったんだって!」と大興奮しました。そして「海老蔵さんに教えよう!「アタック25」でクイズになってたらしいですよ、って!」と声を弾ませていました。




今後、「大阪・札幌」と会場を変えて公演は続いていきますが、改めて東京公演を振り返った「三宅健」は、「いやー、非常に貴重な経験をさせてもらってますね。なかなかないことですからね。すごいところに参加させていただいて、本当にありがたいですよ。誰が思います?海老蔵さんの隣に並ぶ日が来るなんて。恐ろしくありがたいことですね」と熱く感謝の言葉を述べていたのでした。

この放送に「ネット」上では、「慣れない未知の世界でどれだけ大変かと思うけど、三宅くんからは感謝の言葉がたくさん出てくるんだね」「想像以上の努力をしながら、「恐ろしくありがたい」と言える謙虚な健くんが好き!」「三宅くん、東京公演を終えて少し余裕が出てきた感じかな?最後まで海老蔵さんと仲良く頑張ってほしい!」など、「三宅健」の謙虚さを称える「コメント」が寄せられていました。

「アタック25」の「クイズ」に出題されるとは「三宅健」の人気の凄さを改めて感じてしまいますよね。



有岡大貴&高木雄也★東京ドーム警備員★ステキ&素晴らしい&絶賛

こんばんは。
今日は「有岡大貴&高木雄也★東京ドーム警備員★ステキ&素晴らしい&絶賛」の事をお伝えしたいと思います。

「Hey!Say!JUMP・有岡大貴」と「高木雄也」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「JUMP da ベイベー!」「bayFM」が、「3月8日深夜」に放送されました。

この日、最初の話題として取り上げられたのは、先日同番組で話題になった「京セラドーム大阪」の「“ジャンプ禁止”」という「ルール」に関連した、「コンサート会場」や周辺施設のさまざまな決まりについて。まず読み上げられた「リスナー」からの「メッセージ」は、「東京ドームシティにあるゲームセンターでは、コンサートの日は必ず、そのアーティストの曲が流れています」というものでした。




「東京ドーム関連」ではほかにも、「警備員がHey!Say!JUMPの楽曲名に絡めて会場案内をしていた」という情報が寄せられており、さらに、福岡公演に参加したという「リスナー」からは、「福岡空港に飛行機が着陸する際、「ご利用ありがとうございました。本日のコンサートがいいものになりますように」というアナウンスが流れた」との報告がありました。

「コンサート」に訪れた「ファン」を楽しませるため、さまざまな気配りがされていることに対し、「高木雄也」が「いろいろあるんだね~」と「コメント」すると、「有岡大貴」も「うれしいですね。コンサートをいろいろ周りが盛り上げてくれてる感じ、ステキですね」としみじみ。特に「東京ドーム」の警備員にはかなり心が動かされたようで、「有岡大貴」が「素晴らしいね!」と絶賛すると、「高木雄也」も「ちゃんと勉強してくれたってことでしょ?Hey!Say!JUMPのことを。家でさ、なにがおもしろいかって考えてさ」と感慨深く話していました。

「有岡大貴」は続けて「順番だったり、守ってね!」と警備員の指示に従うよう「リスナー」に呼びかけつつ、「警備員さんがきっかけで、もっともっとHey!Say!JUMPが好きになったっていう方も、もしかしたら生まれてくるかもしれないしね」と期待を滲ませました。




この日の放送に「リスナー」からは、「直接じゃないけど、ファンに「マナーを守って」って言ってるのかな?」「マナーを守ってこそ、コンサートが楽しめるんだもんね。警備員さんの言うことよく聞きます!」「周囲の粋な計らいも、ファンがマナーを守らないと実現しないんだろうな」という声が集まっており、改めて自身の行いを考え直すきっかけになったようです。

「Hey!Say!JUMP」といえば、「一部ファン」の暴走行為がたびたび問題視され、「メンバー」自ら注意喚起をすることが珍しくありません。もしかしたら今回の話題は、「有岡大貴」と「高木雄也」が遠回しに「“マナー向上”」を呼びかけたのかもしれないですね。

「JUNPメンバー」を困らせている「一部ファン」も「東京ドーム」の警備員のように「ステキ&素晴らしい」と言われるようにならないと駄目でしょうね。



浮所飛貴★まいジャニメンバー★ケンカ腰で一触即発

こんばんは。
今日は「浮所飛貴★まいジャニメンバー★ケンカ腰で一触即発」の事をお伝えしたいと思います。

「関西ジャニーズJr.」の「メンバー」が出演し、毎回さまざまな「テーマ」で「トーク」を展開する「バラエティー番組」「まいど!ジャーニィ~」「BSフジ」です。「3月10日」の放送では、「東京・帝国劇場」で「昨年12月6日~今年1月27日」に上演されていた舞台「JOHNNYS’ King & Prince IsLAND」特集が放送されました。




「ジャニーズJr.内ユニット」「Snow Man」「向井康二、室龍太」、そして今年結成の「新ユニット」「Lilかんさい」「メンバー」が、「JOHNNYS’ King & Prince IsLAND」に出演した「Jr.」と「トーク」を展開しました。まず今回は、「Lilかんさい」と同世代の「美 少年」が登場し、「向井康二」が「美! 少年!」と「“美”」に「アクセント」をつけて彼らを紹介すると、「美 少年メンバー」から「アクセントがおかしい」と、さっそく「ツッコミ」を入れられていました。

ここで、「Lilかんさい・美 少年メンバー」の自己紹介があり、「美 少年・岩崎大昇」が「16歳です」と年齢を言うと、「向井康二」が「若い!」と合いの手を入れます。ですが、この「若い!」が「岩崎大昇」には「もう1回!」に聞こえたようで、「岩崎大昇」が戸惑いつつ、もう一度年齢を言ってしまう珍事が発生しました。「室龍太」が慌てて「「“もう1回”」じゃないよ!」と「フォロー」し、「向井康二」に対しては「お前、今めっちゃ怖い先輩やで!」と「ツッコミ」ます。「向井康二」は「岩崎大昇」に対して平謝りしていましたが、やや「トラウマ」になったのか、さらにもう一度年齢を繰り返していたのでした。

「岩崎大昇」の強烈な「ボケ」の一方、ここまで目立った活躍がない「Lilかんさい」です。ですが、終盤でようやく「大西風雅」が存在感を見せました。「仲間」を「テーマ」に「トーク」を展開した際、「美 少年・浮所飛貴」が「風雅、絶対折れないよね」と、話し合いの場で「大西風雅」が意見を曲げないと暴露します。すると「大西風雅」は「えっ?」と不機嫌そうな「リアクション」を見せ、続けて「俺は「浮所を」ちょっと好きじゃない!」と噛みつき、突然の展開に「浮所飛貴」は戸惑いを隠せないようです。




その後、年齢は「浮所飛貴」より「大西風雅」の方が年下ですが、「ジャニーズ事務所」への入所は「大西風雅」の方が早かったことが判明すると、「大西風雅」は急に「俺の方が先輩!」と強気に言い放ち、「浮所飛貴」が思わず「すみません」と謝罪しました。「同世代ジャニーズ」に「“上下関係”」が生まれたようです。

その後も「大西風雅」は「美 少年は好きなんですよ、浮所以外!」と「浮所飛貴」への攻撃を続け、「浮所飛貴」が「待って、待って。俺なにかした!?」とうろたえるなど、「2人」の掛け合いは続行しました。最終的に「「注」大西風雅と浮所飛貴は大の仲良しです」と「テロップ」が入っており、仲良しの「2人」だからこそできた「“ミニコント”」だったことも判明しました。「ファン」からも「大西×浮所という、ユニットを超えた最強コンビ!」「大西くんのことあんまり知らなかったけど、こんなにおもしろい人なんだ「笑」」「「大の仲良しです」テロップ入って爆笑した!またこのコンビの絡み見たい」と大好評でした。

「大西風雅&浮所飛貴」の「テレビ」での「2人」の活躍を「ファン」は待ち詫びているでしょうね。



錦戸亮★脱退報道後初★関ジャム放送★笑顔でよかった&ファン安堵

こんばんは。
今日は「錦戸亮★脱退報道後初★関ジャム放送★笑顔でよかった&ファン安堵」の事をお伝えしたいと思います。

「3月7日発売」の「週刊文春」「文藝春秋」にて、「錦戸亮」が「関ジャニ∞」を脱退すると報道されてから、初めての放送となった「関ジャム完全燃SHOW」「テレビ朝日系」です。「10日」の放送回は、脱退報道が出る前に収録されたものと思われますが、「メンバー」がいつも通りの姿を見せたことに、「ファン」からは「亮ちゃんが笑顔でよかった。すべての憂いを吹き飛ばすね」「亮ちゃんが楽しそうで安心した」と安堵の声が上がっていました。

今回は「あまり知られていないスゴイ5つの楽器」という「テーマ」で、「バンドネオン、チェロ、アルパ、クラリネット、スティールパン」が取り上げられ、中でも視聴者の関心を集めていたのは、「クラリネット奏者・谷口英治」が語る「“クラリネット自虐”」でした。




「クラリネット」と言えば、吹奏楽や「オーケストラ」では人気のある楽器として知られているものの、「谷口英治」のように「ジャズ」を専門としている「クラリネット奏者」は、「絶滅危惧種」と言われるほど目立たない存在なのだそうです。

「“見た目が地味で音が小さい”」というのが、「クラリネット」が「ジャズ界」で「メジャー」になれない理由だと説明する「谷口英治」。さらに、「ジャズ」では「花形ポジション」の「サックス」や「トランペット」に比べると、「「クラリネットは」ただの棒じゃないですか」と、「谷口英治」の自虐は止まりません。あまりの言われように、「村上信五」も「自分の子どもディスりなさんな!」と「フォロー」しましたが、それもむなしく「谷口英治」は「裏とかも本当、ただの棒ですからね」と「クラリネット」をけなし続けていました。

その後も「谷口英治」は「カッコいい音が出ないし、音も小さい」「サックスやトランペットは、もう吹いただけでめちゃくちゃイケメンな感じがするんですね。クラリネットはね、「いい人~」って感じ」「吹けばカッコいい楽器もあるけど、クラリネットはそうじゃない」と自虐をし続け、「ネット」上では「自分の楽器の悪口を言いまくる演奏者、初めて見た「笑」」「自虐が過ぎるでしょ!」という「ツッコミ」が続出しました。




とはいえ、管楽器の中では最も音域が広く、「4オクターブ弱」も出たり、工夫次第では「ギター」のような「カッコ」いい音を出すこともできるのが「クラリネット」だそうです。「テクニック」を交えながら、「谷口英治」が「ラプソディー・イン・ブルー」を演奏したところ、出演者からは大きな拍手が起こり「かっこいい!」と絶賛の嵐が巻き起こります。「谷口英治」は「工夫して吹いている。相当なテクニックがないと「できない」」などと語っており、自虐をしつつも「ストイック」に「クラリネット」と向き合う姿には、「丸山隆平」から「テクニックが大変なんや」と感心の声が漏れていました。また、「錦戸亮」は「選ぶ楽器によって、性格が出るんだな」と意味深な「コメント」を残しており、「谷口英治」は今回の放送で終始注目を集めていたのでした。

次週は「錦戸亮」と「大倉忠義」が「中島みゆき」の「糸」「1998」を披露すると予告され、「ネット」上ではすでに「たっちょんと亮ちゃんの「糸」!? めちゃくちゃ楽しみ!」「来週が待ち遠しいよ~!絶対リアタイで見る!」「くらりょで「糸」だと!? ありがとうございます!」と歓喜の声が続出しました。「錦戸亮」の脱退疑惑浮上で落ち込む「ファン」は多いのですが、「関ジャム完全燃SHOW」では、いつもと変わらない姿を見せてほしいものですね。

脱退報道後の新たな情報が「ファン」の耳には入ってこなかったので笑顔の「錦戸亮」を見られて少しは不安が解消されるでしょうね。



村上信五★渋谷すばるとの思い出語り★あいつがおってくれたら&無念の訴え

こんばんは。
今日は「村上信五★渋谷すばるとの思い出語り★あいつがおってくれたら&無念の訴え」の事をお伝えしたいと思います。

「関ジャニ∞・村上信五」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「村上信五くんと経済クン」「文化放送、3月9日」にて、昨年「グループ」を脱退した「渋谷すばる」について語られる場面がありました。




「リスナー」からの「タクシー運転手さんに目的地を「“目黒”」でお願いして寝てしまい、起きたら「“目白”」だった」という失敗談を聞いた「村上信五」は、自身も「ジャニーズJr.時代」に同じ経験があったと語り始めます。「昔、六本木に「ジャニーズ事務所の」合宿所あったんですよ。そらまあ15〜16「歳」の頃ですけどね、全然、東京の地理がわからん時。渋谷に買い物行きたいなあと言うてて。でも、電車もバスもようわかってなかったから、じゃあもうこれはタクシー乗ろうと」とのことで、上京して間もない頃の経験だったそうです。

「村上信五」は続けて「「センター街行ってください!」って言うて、友だちとワーっとしゃべって、着いたら「“千駄ヶ谷”」に着いてたいうのは、いっぺんありますけどね」と話し、この話を聞いた共演陣は驚きの反応でした。これを受け、「村上信五」は「いや、これほんまに信じてもらえへんのやけどなあ。これ、「渋谷」すばると一緒やったんですよ!せやねん、だからあいつがおってくれたら「この話、絶対ほんまやで!」って言えんねんけど」と必死に訴え、一緒に乗っていた「“友だち”」が「渋谷すばる」であったと明言しました。

「今やったら道中でわかりますよ?当時はわかれへんから、「センター街ってこんなに人少ないんやあ〜」って思って「笑」。で、駅見たら「“千駄ヶ谷”」ってあったから!」と「村上信五」は「エピソードトーク」を続け、共演の「文化放送・長麻未アナウンサー」に「ネタみたい」と笑われる場面もありました。「村上信五」は最後に「関西弁やったし、めちゃめちゃ。ちょっと騙されたんちゃうかな。だって、今みたいにナビついてないしさ、当時。ほぼ20年前の話やからね」と話をまとめていました。




この放送を聞いていた「ファン」からは、「村上信五」が突然「渋谷すばる」の名前を出したことについて「すばるくんの名前出してくれてありがとう!」「村上くんのラジオで、すばるくんの名前!サラッとだったけどうれしい!」「「あいつがおってくれたら」って!すばるくんに聞いてほしいよ~!」と喜びの声が続出しました。

一度は「友だち」と言葉を濁した「村上信五」でしたが、その後「すばる」と発言するなど、今でも「渋谷すばる」との絆は深いようです。進む道は違っても、今でも友情が続いていることがわかった放送回でした。

脱退以降も大切な「元メンバー」の事を語りだす「村上信五」の思いやりが垣間見える放送に「ファン」も感動したようですね。