ジャニーズ

伊野尾慧★カレンダー撮影★オフショット公開★ファン歓喜

こんばんは。
今日は「伊野尾慧★カレンダー撮影★オフショット公開★ファン歓喜」の事をお伝えしたいと思います。

「Hey!Say!JUMP」の「伊野尾慧」が「木曜レギュラー」を務める情報番組「めざましテレビ」「フジテレビ系」が「1月17日」に放送されました。




「伊野尾慧」の「担当コーナー」「伊野尾ピクチャー」では、「3月に発売するHey!Say!JUMPのカレンダーのオフショットの写真です」と「コメント」し、「青ベース」の花冠を被って「白いジャケット」を着た「伊野尾慧」が「ピース」をしている写真を披露しました。

「これなにか被ってるの?」と聞かれた「伊野尾慧」は「そうなんです!花冠を被らせていただいてるんですけど」と言い、「カレンダーのお写真を蜷川実花さんに撮影していただいて」と説明しました。「ちょっと大人っぽい、セクシーな写真集に、あ、写真集じゃない。カレンダーになっております!」と言い間違える一幕もありました。最後には「三宅さん!買ってくださいますよね!」と「三宅正治アナウンサー」に話を振った「伊野尾慧」は、「くれるんじゃないの?買うの?」と「ツッコ」まれていたものの、「買いますよ!買うよ!」という確約をもらい、うれしそうな笑顔を見せていました。

来年度の「カレンダー」は、「集合カット」や「ユニットカット」はもちろん、「メンバー」の誕生月には、「該当メンバー」の「ソロカット」が掲載されているそうです。また、付録の「フォトブック」には、浅草花やしきや下町の銭湯で「メンバー」が戯れている姿や、夜の公園での大人っぽい表情も収められているといいます。




今回披露された「オフショット」に対し視聴者からは「カレンダー、もう来週あたりに発売して欲しい」「こんないの見たらカレンダー買うしかないじゃん!」「なんだこの天使!綺麗すぎるでしょ!」といった声が続出しました。また、「ジャケット」の下に何も着ていないように見えることから、「もしかしてジャケットの下って裸?」「裸に白ジャケット花かんむり!蜷川さんありがとうございます」「これ、カレンダーでは大胆にはだけてるパターンなんじゃないの?」といった大興奮の「コメント」も見受けられました。

「Hey!Say!JUMP カレンダー 2019.4-2020.3」「光文社」は「3月8日」に発売されます。「ファン要チェック」の仕上がりになっていることは間違いなさそうですね。

売れすぎて在庫不足が今から心配ですよね。



千賀健永★ウォシュレットが止まらない事態★見舞われたと報告

こんばんは。
今日は「千賀健永★ウォシュレットが止まらない事態★見舞われたと報告」の事をお伝えしたいと思います。

「1月16日」深夜放送の「ラジオ」「Kis-My-Ft2 キスマイRadio」「文化放送」に、「Kis-My-Ft2・藤ヶ谷太輔」と「千賀健永」が登場しました。「トイレ」で「千賀健永」に起こった「ハプニング」から、真面目な恋愛相談まで幅広い話題で盛り上げ、「ファン」を喜ばせていました。

「リスナー」から、「初笑いエピソード」として「ウォシュレットが壊れてお父さんがトイレから出れなくなりました。2回目だったので大爆笑しました」という「メッセージ」が寄せられると、「俺もウォシュレットが止まらなくなったことある」と話し出した「千賀健永」です。「ストップボタン」を押しても水が止まらず、「そのまま動けなくなって、「水が」ずっと当たってるから「お尻が」痛くなった」という経験があるようです。




さらに「変な話、「お尻に負荷をかけると」裂けたりするじゃん。なんかさ痛めつけすぎるとよくないじゃん」と語り、とりあえず手で水をふさいだ状態でほかの対策を考えたそうで、そこで「コンセント」が抜けているのを発見したといいます。どうやら、「コンセント」が抜けて「ストップボタン」が機能しないため、水が出続ける原理だったようです。

ですが、「コンセント」のある場所が離れていたため「片手でウォシュレットを防ぎながらコンセントを挿すっていう。あれもう超大変だった!!」とかなり苦労した様子です。しかも「去年の11月ぐらい」と、比較的最近起こった「ハプニング」だったようです。

これには、「トイレで慌ててる千ちゃん想像するだけで可愛い」「めっちゃトイレの話で盛り上がってる「笑」」「千賀くんはトイレにまでバラエティーの神が降りてきてますね「笑」」と「ファン」の笑いを誘っていたのでした。

その一方で、後半は真面目な「恋愛トーク」をする場面もありました。「最近別れました。いつもならすぐ切り替えられるのですが、どうしても忘れることができず前に進むことができません。どうすれば前に進むことができますか?」と「リスナー」から相談が寄せられると「別に前に進まなくていいんじゃないかな」と「コメント」した「藤ヶ谷大輔」でした。




「「別れたらすぐ前にいかなきゃ」って別に誰が決めたの?」と、前に進むか止まっておくかは自分で決めることだと語り、「気がついたら「なんか一歩踏み出せてたな」と思うときもあるし、「まだ好きだという」気持ちを大事にしてて「もうダメかも。自分で一歩踏み出さなきゃ」と思うときもきっとあるじゃない」と「コメント」しました。

また「「別れたから一歩前に進まなきゃ」じゃなくて、止まってることも大事よ」とも「アドバイス」しました。そして最終的には「進めないときには足出ないよ」と「リスナー」に寄り添いつつ「進めるときに足を出せばいい」「自分の気持ちに素直になることが、いっちゃん大事」という名言を繰り出し、「さすが! かっこいい!」「やっべえ!」と「千賀健永」を感動させていました。

そしてこの言葉には、「ファン」も「はい!名言出ました」「さすがキング藤ヶ谷くん」「ガヤちゃん恋愛の教師やな」「藤ヶ谷さん名言マシーンすぎてシビれた」とすっかりしびれた様子でした。

「ウオシュレット」が止まらなくなる事態は少なからず誰しもが経験しているようにも思えるのですが。



TOKIO&V6★誰だっけ&絶対わからないと困惑★影の薄い後輩ジャニーズ

こんばんは。
今日は「TOKIO&V6★誰だっけ&絶対わからないと困惑★影の薄い後輩ジャニーズ」の事をお伝えしたいと思います。

「TOKIO」の冠番組「TOKIOカケル」「フジテレビ系」が「1月16日」に放送され、「ゲスト」として「V6」の「長野博」と「三宅健」が登場しました。

この日は、街の人が「イメージ」する「ゲスト」が「しなさそう」なことをもとに、実際はどうなのか本人に聞く「しなさそうトーク」などで大盛り上がりしました。そんな中、「ジャニーズ事務所」の若い後輩についての話の流れから、「松岡昌宏」が「手当たり次第にシャッフルメドレーとかやめてもらいたい、カウントダウンとか歌番組で」という「グチ」を展開する一幕もありました。「松岡昌宏」は「子どもじゃん、俺たちの!」「前で超踊ってるのに、後ろで踊れないおっさんがいるのが恥ずかしいことがあるんですよ」と心境を吐露すると、出演者が全員共感しました。「三宅健」も「最近カウントダウンの居場所がわからない」と言い、「松岡昌宏」が「ダンス踊ってても、子どもたちに「前に行きなさい、前に行きなさい」って。引率のおじさんみたいになっちゃってる」と、中間管理職的な立場になったからこその苦労を明かしていました。




そんな中、「三宅健」に対する「後輩の名前を覚えてなさそう」という印象から、後輩の名前当て「クイズ」をすることになりました。「ボード」に貼られた顔写真を見て、「安田章大」「関ジャニ∞」、「藤ヶ谷太輔」「Kis-My-Ft2」と余裕で答えていく「三宅健」でしたが、「横尾渉」「Kis-My-Ft2」の写真が出されると、「誰だっけ?」と苦笑いしました。「先生って呼ばれてるやつなんだよな」とあだ名までは出てきたものの、「ギブアップ」となりました。そのまま「長野博」に話が振られると、「長野博」は「ん?」とごまかそうとしたものの、答えを促されると、なんと「斎藤くん」と解答し、当然不正解となりました。ここで「松岡昌宏」が「横尾か二階堂だよね。横尾か!」と答え、見事正解しました。

その後は、「桐山照史」「ジャニーズWEST」に対し、「長野博」が「きり、きり、きりさん」と解答したり、「中間淳太」「ジャニーズWEST」には、「あ」と呆然。「中間淳太」に関しては「長瀬智也」もわからなかったようで、「グループ名」すらも「Hey! Say! JUMPだ!」と不正解を出していました。ですが、ここで「三宅健」が「中間淳太」の名前を見事当てることに成功しました。また、「岸優太」「King&Prince」についても即答し、「金に汚い男」と「ニヤリ」。その後も、「ヒント」ありで「小瀧望」「ジャニーズWEST」を当てることはできたものの、「長野博」は「絶対わからない」と断言しました。「三宅健」は「これO.A.を後輩が観てたらショックだよね」と言い、笑いを誘っていました。

その後も、「平野紫耀」「King&Prince」、「高橋海人」「King&Prince」の名前を次々当てていった「三宅健」に対し、「長瀬智也」は「永瀬廉」「King&Prince」の名前がわからずでした。同じ「ナガセ」の名前だと知ると驚きの表情になりました。




この後輩当て「クイズ」に視聴者からは「面白かった!」「ずっとこのクイズ見てたいくらい」「やっぱり後輩多すぎてわからないよね!」といった声の一方、「好きな子が認識されてないの、なんか地味に傷ついた「笑」」「ジャニーズWESTの名前が全然でなくてショックだった」といった声も聞かれました。

後輩のみならず、「ファン」にとっても刺激の強い放送となっていたようですね。

全ての「後輩ジャニーズ」の顔と名前を全て覚えている方が逆に怖くなりますよね。



亀梨和也★深田恭子にポイ捨て★プライドはズタズタ★ささやかれる背景

こんばんは。
今日は「亀梨和也★深田恭子にポイ捨て★プライドはズタズタ★ささやかれる背景」の事をお伝えしたいと思います。

「深田恭子」の「“新恋人”」として報じられた、実業家の「杉本宏之氏」について、「1月17日」発売の「女性セブン」「小学館」「週刊文春」「文藝春秋」がそれぞれ詳報しています。両誌ともに、「杉本宏之氏」は、離婚直後に「深田恭子」と交際を始めたこと、その直前まで、妻とは別の一般人の恋人もいたことを伝えており、さらに「文春」は、「深田恭子」が婚約発表の段取りを進めていたとし、一方の「セブン」は「深田恭子」が恋人だった「KAT‐TUN・亀梨和也」を「“ポイ捨て”」したと報じています。

交際の「第一報」は、「1月7日」付の「スポーツニッポン」でした。昨年「11月」から交際を「スタート」しており、すでに「深田恭子」は「杉本宏之氏」を両親にも紹介しているといいます。「深田恭子」が所属する「ホリプロ」は「食事をご一緒したことはありますが、それ以上の関係ではありません」と、交際をきっぱりと否定したものの、翌日には「サンケイスポーツ」が「ダメ押し」で「“真剣交際”」と報じるに至りました。




「深田恭子」といえば、ここ数年は「亀梨和也」と順調に交際を続けていると見られていました。「連続ドラマ」「セカンド・ラブ」「2015年、テレビ朝日系」での共演をきっかけに交際を「スタート」させました、近頃では半同棲状態ともささやかれていたほどです。昨年「11月」時点で、「亀梨和也」は「深田恭子」の誕生日会にも参加しているだけに、当初は「深田恭子」の「“二股”」との見方が強まっていました。

そして今回の「セブン」によると、急速に「杉本宏之氏」に惹かれた「深田恭子」は、「亀梨和也」に対して「他に好きな人ができた」と伝えなかったものの、一方的に別れを突きつけたようです。記事には「泥沼破局」とあるものの、実際は単なる「“乗り換え”」で、「亀梨和也」は「杉本宏之氏」との交際発覚報道により、ようやく事の次第を知ったといいます。

これまで数々の男性と浮名を流していた「深田恭子」ですが、「亀梨和也」とは将来を見据えた交際だったようで、いずれは「ゴールイン」するものとみられていました。ですが、「亀梨和也」は現在、再始動した「KAT‐TUN」を盛り上げることにかかりきりで、すぐに結婚できる可能性はほぼないに等しいようです。そこで、「深田恭子」は「“永すぎた春”」を恐れたのか、突然現れた「杉本宏之氏」にすぐさま乗り換えたという形のようです。




「佐々木希 望」や「堀北真希」など、結婚への「ハードル」が高い「ジャニーズタレント」との破局が報じられた後、別の男性と「トントン拍子」に結婚する女性タレントは後を絶たないだけに、「深田のスピード結婚も十分にあり得るのではないか」といいます。

ちなみに「ジャニーズサイド」は、「亀梨和也」と「深田恭子」の交際について、これまで一度も公には認めていません。それだけに、公式見解としては「そもそも交際などなかった」ということでしょうが、「亀梨和也」からすれば「プライド」が「ズタズタ」に傷つけられたのは間違いありません。

「亀梨和也」を「“犠牲”」にした「深田恭子」の「“乗り換え愛”」は、果たして実を結ぶのでしょうか。

結婚の「タイミング」が合わなければ破局という流れになってしまうようですね。



NEWS★アルバム発表ミス★ツアー日程流出★メンバー取り巻く状況に不安

こんばんは。
今日は「NEWS★アルバム発表ミス★ツアー日程流出★メンバー取り巻く状況に不安」の事をお伝えしたいと思います。

昨年、「CDデビュー15周年」を迎えた「NEWS」の「新アルバム」「WORLDISTA」「ワールディスタ」が、「2月20日」に発売されることが明らかになりました。「ファン」は歓喜している一方で、先日放送の「ラジオ番組」で「“フライング”」発表があっただけに、「ネット」上では戸惑いの声も続出しています。昨今の「NEWSメンバー」を取り巻く状況に、多くの人が不安を抱いてしまったようです。

「NEWS」は昨年「3月」に「アルバム」「EPCOTIA」を「リリース」し、「3~5月」にかけて「NEWS ARENA TOUR 2018 EPCOTIA」を行ったほか、「8月」には「東京・味の素スタジアム」で「2日間」の「15周年記念コンサート」「NEWS 15th Anniversary LIVE 2018 “Strawberry”」を実施しました。「アニバーサリーイヤー」とあって年末年始まで「イベント」は続き、「12月31日~1月7日」に「京セラドーム大阪」と「東京ドーム」で「NEWS DOME TOUR 2018-2019 EPCOTIA -ENCORE-」を開催しました。「ファン」の間では、その「ドーム公演」での「“サプライズ発表”」に注目が集まっていたものの、「モヤモヤ」の残る状態が続いていたといいます。




昨年の「ジャニーズカウントダウン 2017-2018」で、「小山慶一郎」が「NEWSはこの春からコンサートツアーをやります!」と「18年」春の「ツアー」を発表したため、今年の「NEWS単独」「カウコン」や「ドーム公演」でも、「アルバムリリース」と「ツアー発表」を「ファン」は期待していた様子です。ですが、実際には「ドーム公演」の最終日に「W」で始まる暗号らしき文字が表示されたのみで、期待したような発表はなかったようです。そんな中、「1月8日」深夜放送の「ラジオ」「KちゃんNEWS」「文化放送」で、「ここから我々は「“W”」に向かってアルバム作成していくわけですけど」「小山」「発表されましたね。「EPCOTIA」の次は「ワールディスタ」」「増田貴久」と、すでに「アルバム情報」を「ファン」が知っている前提で「トーク」が展開されたようです。

収録は「コンサート前」に行われたものとみられますが、「ファン」は「「発表されましたね!」って、まだ公式発表されませんけど?」などと困惑したようです。「ラジオ放送後」も、「ジャニーズ公式サイト」などで「ワールディスタ」の情報は掲載されず、「ワールディスタとは何か」との疑問が解消しないまま「1週間」が経過し、「16日」になりようやく、「ニューアルバム」「WORLDISTA」の「リリース情報」が載ったようです。

彼らの「所属レコード会社」である「ジャニーズ・エンタテイメント」の「HP」によれば、問題の「WORLDISTA」は「バーチャル体験」を「テーマ」にした歴代最高の超大作で、「「“NEVERLAND”」「2017」、「“EPCOTIA”」「2018」の世界観を引き継ぐ、ファンタジックで壮大なアルバム・プロジェクト第3弾」といいます。また、「ジャニーズ公式サイト」には「EPCOTIA」の後に「WORLDISTA」の文字が表示される予告動画が上がっており、「ネット」上では「この映像ドーム最終日に流れるべきものだったのでは?」という声が続出しました。「本当は最終公演でアルバムタイトルも発表する予定で、それが手違いでされず、発表後の体でラジオが流れた」との指摘も相次いだようです。

こうしてようやく「アルバム」の発売が公になったものの、「ファン」の不安は尽きないようです。




昨年は「小山慶一郎」と「加藤シゲアキ」が起こした「“未成年女性との飲酒スキャンダル”」に続いて、「手越祐也」も同様の疑惑を「週刊文春」「文藝春秋」に報じられました。さらに、「12月31日」に「ニュースサイト」「文春オンライン」が、「手越祐也」に関する新たな「“違法飲酒事件”」を報道しました。一方、その「手越祐也」は「スマートフォン版バトルロイヤルゲーム」「荒野行動」の「コメント欄」の中で、「NEWS脱退」を匂わせているのではないかと、不穏な「ウワサ」が出回っています。「eスポーツ」の「チーム・DgG」「Pro E-Sports Team Digital Gate Gaming」への所属疑惑、「YouTube」に「アップ」された「実況プレイ動画」に出演しているなど、「手越祐也」の自由な行動が次々と「ファン」の間で問題になりました。渦中の「手越祐也」は、「コンサート」でも「ネット」上で「“手越のアカウント”」として広まっている「荒野行動」の情報、脱退説を否定せず、「スルー」を貫いています。年が明けてからも「Johnny’s web」の「グループ連載」「NEWS RING」を更新しないままで「16日午後7時現在」、「ファン」は彼の言葉を待っている状況のようです。

そして、実物かどうかは不明ながら、「16日」午後に未公表の「ツアー日程」が書かれている紙が「Twitter」上に流出したといい、「アルバム発表」の「ミス」もあったためか、「NEWSは本当に関係者やスタッフを総入れ替えした方がいい。日程流出とかシャレにならない」「NEWSツアーの日程が流出してるとか、どういうこと!? 管理が緩い」と、周囲の「スタッフ」を含めた苦言が見受けられます。

とはいえ、次作の「アルバム」について「「WORLDISTA」の仮想空間に入るため」と説明されていることから、「全部時空の歪みとか仮想空間って思えば楽しいからOK」と、前向きに捉える「ファン」がいることも事実のようです。とはいえこれ以上混乱が広まらぬよう、情報解禁をめぐる関係各所の連携を徹底してもらい、「手越祐也」の脱退疑惑が「ガセ」ならば、きっちりと否定すべきなのかもしれないですね。

昨年の不祥事の影響が今も全く改善されていない状況が浮き彫りになったように思えてしまいますよね。



八乙女光★紅白歌合戦★楽屋で丸山くんがキンプリにお年玉あげてた

こんばんは。
今日は「八乙女光★紅白紅白歌合戦★楽屋で丸山くんがキンプリにお年玉あげてた」の事をお伝えしたいと思います。

年末年始は、大型歌番組や「ジャニーズタレント総出演」の「年越しコンサート」「ジャニーズカウントダウン」があり、普段は見られない「先輩・後輩」の絡みが見られる時期です。その共演の舞台裏では、「ジャニーズ」の先輩が「お年玉」を後輩に渡していることも知られており、毎年、誰が配ったのか、誰がもらったのか、「エピソード」を楽しみにしている「ファン」も多いようです。

「Hey!Say!JUMP」の「八乙女光」と「伊野尾慧」が「パーソナリティ」を務めている「らじらー!サタデー!」「NHKラジオ第1」の「1月12日」放送回では、そんなお年玉事情が明かされました。




「リスナー」から、「いつもJUMPは、関ジャニ∞の丸山「隆平」さんからお年玉をもらうという話をうかがっています。「8人に対し」5枚しかもらえず困っていると言っていましたが、今年はどうしましたか?」と「メッセージ」が寄せられると、「今年は全員いただけました」と回答した「伊野尾慧」でした。

「第69回NHK紅白歌合戦」のとき、「丸山隆平」が後輩の楽屋に出向いてお年玉を配っていたといい、「八乙女光」は「トイレに行こうと楽屋を出たときに、丸山くんがKing&Princeのみんなにお年玉をあげてて。で、並んでもらってたので、俺は最後尾に並んで「ありがとうございます」って。で、丸山君が「お前、キンプリちゃうやろ!」つって、そんなやりとりをしました」と告白しました。「伊野尾慧」は、「後輩みんなにお年玉をくれるって。結構な数ですよ、「紅白歌合戦」だけでも」と「丸山隆平」の先輩としての気遣いを称賛したのでした。

一方、「お二人はお年玉をあげるような年になりましたが、ジャニーズの後輩にあげましたか?」という質問には、「僕はあげてないです。僕はあげるような人間にできてないんで」と「伊野尾慧」は「キッパリ」。ですが「八乙女光」は、「メンバー」であり、「ジャニーズ事務所」に後から入所してきた後輩でもある「有岡大貴、山田涼介、知念侑李、中島裕翔、高木雄也」の「5人」にお年玉をあげたといいます。入所の順でいうと、「八乙女光」よりも「伊野尾慧」と「薮宏太」の方が先輩なのですが、「伊野尾慧」は「私と薮は先輩なんだけど、先輩ヅラしてないからさ」と、お年玉を配っていないといいます。




ただ、「八乙女光」も自ら率先して配った「ワケ」ではないようで、「おい、先輩だぞ!」とふざけて「山田涼介」たちに普段から言っていたところ、「それならお年玉くれよ!」という流れになったらしく、結局「1月1日」に行われた「Hey!Say!JUMP LIVE TOUR SENSE or LOVE」で渡すことになったと告白しました。

この「エピソード」に「ファン」からは、「さすが、八乙女さん!先輩だからお年玉用意したのね!」「後輩にお年玉あげる八乙女先輩、かっこよすぎ」「八乙女くんがJUMPの下の子たちにお年玉あげたというエピソード萌える」などの声が上がっていました。

「10代」で「デビュー」した「イメージ」から、今でも若手という「イメージ」がある「JUMP」ですが、「グループ」としてはすでに中堅の中でも上の方になってきています。「キンプリ」など勢いのある後輩がめきめきと急伸してきている今、「2019年」はさらなる成長を遂げてほしいものですね。

男前な「八乙女光像」を「ファン」は見たような気がしますよね。



手越祐也★ファンの歓声に不満タラタラ★NEWSのときそんな声出してなくない

こんばんは。
今日は「手越祐也★ファンの歓声に不満タラタラ★NEWSのときそんな声出してなくない」の事をお伝えしたいと思います。

「NEWS・小山慶一郎」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「KちゃんNEWS」「文化放送」の「1月15日」深夜放送回に、「ゲスト」として「メンバー」の「手越祐也」が登場しました。年末年始に「京セラドーム大阪」で行われた「NEWS単独」の「カウントダウンコンサート」「NEWS DOME TOUR 2018-2019 EPCOTIA-ENCORE-」について語りました。

初の「単独カウントダウンコンサート」ということで、おおいに盛り上がったようですが、「ライブ」では「他グループ」の曲を歌う「“シャッフルメドレー”」を行い、「King&Prince」の「シンデレラガール」、「関ジャニ∞」の「大阪ロマネスク」、「ジャニーズWEST」の「ええじゃないか」、「タッキー&翼」の「Venus」を歌ったといいます。




選曲については、「みんなで話し合ったの。一曲一曲どうしようかっていうのを」と、みんなで選んだことを「小山慶一郎」が明かすと「「シンデレラガール」に関しては歌割もね。これは手越さんから始まったら「ハッ」とするでしょう。いきなり「君は~♪」ってさ」と、歌割まで決めたと「コメント」しました。さらに「大阪ロマネスク」は、最初に「小山慶一郎」が「歌いたいんだよね」と言ったとも語っていました。

「ジャニーズ」の「グループ」が所属する「レコード会社」は「1つ」ではないため、「やっぱレコード会社が違うからな。それぞれのレコード会社で歌って作ってるわけだから」「手越」と、「他グループ」の楽曲を通して、音楽性の違いなども感じていたようです。

また、「リスナー」から、以前に「手越祐也」が「カウコン」で「NEWSファン」が「別グループ」の曲を踊っているのは嫌と言っていましたが、今回の「カウントダウンコンサート」はどうだったのか?との質問がありました。

すると「手越祐也」は、「そんな空気あったけ?」と以前の発言は覚えていない様子ながら、「「ほかの人をかっこいいと言うのは」むかつくね」と「コメント」しました。これに「小山慶一郎」も「俺もむかつくんですよ。それは嫉妬」と同意し、「2人」とも「NEWS」だけを応援してほしい「タイプ」のようでした。




また、「手越祐也」は掛け持ちする「ファン」について、「俺はそういう感覚がわからない。アイドルのグループを好きになったとして、その所属タレント全員を好きになるのがわからない。俺はピンポイントで好きになるから」と、不思議に思っている様子でした。

そのため、「カウコン」で歌った「シンデレラガール」について、「「ファンが」「キャー!」ってなってくれると思って歌ったけど、NEWSの本来の楽曲よりも「キャー!」がくると「えっ?」って。「いやいや違うじゃん。NEWSの楽曲好きなんじゃないの?」と思った」と明かし、「「キャー!」待ちしてたんだけど、NEWSのとき、そんな声出してなくない?」と不満も訴えたのでした。

この放送に、「ファン」からは「キンプリにジェラシー剥き出しのてごちゃん可愛いな」「嫉妬してるの可愛い」などの声が続出しました。そして「祐也が歌ってくれたからキャーなんだよ。誤解だよ「笑」」「それは、他Gの曲を歌うNEWSが見れるなんて!っていう驚きとうれしさですよー」などの釈明も上がっていました。

「手越祐也」の言っていることも間違いではないですよね。



村上信五★俺らもそやったで!★満員電車に揺られた大阪時代を回顧

こんばんは。
今日は「村上信五★俺らもそやったで!★満員電車に揺られた大阪時代を回顧」の事をお伝えしたいと思います。

「関ジャニ∞」の「村上信五」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「村上信五の週刊!関ジャニ通信」「ABCラジオ」が「1月13日」深夜に放送されました。

「サッカー・AFC アジアカップ」が開催されている期間中の放送となったこの日。「オープニング」では初戦の「トルクメニスタン戦」が終了したあとの収録だったようです。「川平慈英・村上信五のサッカー・アジア王者への道」「テレビ朝日系」に出演している「村上信五」は、多忙な中での「ラジオ収録」となったようです。

そんな中、「2019年の目標は満員電車に負けない」という「リスナー」からの「メッセージ」が取り上げられました。この「リスナー」は、「4月」から東京の大学に通い始めるといい、満員電車に不安を覚えているそうです。これに「村上信五」は、




「でも、これ俺らもそやったで!15、16、17のとき、それこそ大阪に仕事行くときは高槻からJRか阪急乗って大阪まで通ってましたけど、朝早い仕事だったら実家からバス乗って、駅まで行って、めちゃくちゃ満員電車。もう満員電車というかフル満員のやつだったし」

と「ジャニーズJr.時代」を振り返りました。また、「Jr.時代」から多く仕事を抱えてきた「村上信五」は、東京に行く機会も多くあったと言い、

「始発で東京来いって言われた時なんか、始発のバス乗って行かなきゃいけなかったから。それでも田舎やったから間に合わへんときはお父さんに送ってもうたりとか、お父さんが出張でおらん時は、自転車で駅まで行って、始発の在来線乗って、新大阪」

と、かなりきつい交通事情の中、東京に通っていたことを告白しました。また、「「券売機は」今みたいにパネルとかもないから、みどりの窓口にサラリーマンの方と一緒に並んで、口頭で「前株なになにで領収書ください」って子どもが言うて、変な顔されて「笑」」と思い出を吐露しました。「それも早く並ばなきゃ乗り遅れるかもしれへんし、本数も今よりない頃」と振り返っていました。




ですが最後には、「不思議なもので10回やったら慣れるよね。「あ、こんな感じか」って。そこで自分なりの「ストレスマネジメント」というか。本読んだりラジオ聞いたり音楽聞いたり、自分の過ごし方を見つけるときが克服できるとき」と言い、「最初の10回かな。頑張ればええと思うけどな」と「アドバイス」を送っていました。

この話題に「リスナー」からは「Jr.のときから多忙だったから通勤も大変だったねー!」「大人と混じって仕事行くの、想像以上に大変だろうな」「いまは満員電車とか乗ることないだろうけど、昔は大変だったんだね!」といった声が集まっていました。

現在はすっかり売れっ子で、日本のみならず海外にまで飛び出して仕事をするようになった「村上信五」です。実はその裏には満員電車にもまれた下積み時代があったようですね。

「ビッグスター」になるまでの苦しい時があるからこそ今の「村上信五」の姿があるんですよね。



有岡大貴★もし永瀬廉と話すとしたら★話題が難しいと苦悶

こんばんは。
今日は「有岡大貴★もし永瀬廉と話すとしたら★話題が難しいと苦悶」の事をお伝えしたいと思います。

「Hey!Say!JUMP」の「有岡大貴」と「高木雄也」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「JUMP da ベイベー!」「bayFM」が「11日」深夜に放送されました。この日の放送はなんと「250回目」です。「高木雄也」が「250回もやってるの!? すご!」とうれしそうに驚く一方、「有岡大貴」「そろそろ1回目の「JUMP da ベイベー!」も振り返りたいよね、どんな感じだったか」と最初は手が震えていたことなどを振り返りました。「もう今なんて高木さん、背もたれにすっかり背中つけちゃって」と笑いを誘っていました。




そんな中、この日の放送は成人式が近いということもあって、新成人の話題になりました。「有岡大貴」が「どうですか、周りで成人式迎える人とか」と話を振ると、「高木雄也」は「いないです!」ときっぱり。「有岡大貴」も親戚などではいないと話していたものの、後輩では「King&Prince」の「永瀬廉」が新成人になるとのことでした。「高木雄也」は「俺、一回事務所に行ったらキンプリ全員いて、「あんま絡みないね。Hey!Say!JUMPと」っていう話はして。「歌番組とかも一緒になることなかなかないね」って言って。仕事的な話だったから、ちゃんと話したことないんだよね」と明かしていました。

そこで「有岡大貴」が「じゃあ何話す?永瀬くんと控室かどこかで2人きりになりました」と話を振ると、「高木雄也」は「無難に趣味とか聞いちゃうかな」と「クール」さを発揮していました。「でも、なにしゃべるの!? だって20歳だよ。話題も難しいじゃん」と自身らと「7~8歳」ほど違うために、話題が合わない可能性を嘆きつつ、「有岡大貴」が「でも格好いいよね!背も高いし」と褒めると、「高木雄也」も「格好いい!」と同調しました。その後も「キンプリ全員格好いいよね!」と「2人」で絶賛し、「今の格好いい子って感じ。今どきのすらっとした、顔のきれいな」「有岡」「みんな格好いいじゃん、キンプリ」「高木」と絶賛しました。最後には「有岡大貴」が「絡んでいきたいよね、もっとね」と今後「Hey!Say!JUMP」と「King&Prince」の共演について匂わせていました。




この日の放送に「リスナー」からは、「ぜひ絡んでほしい!」「大好きなJUMPと大好きなキンプリの絡み待ってます!」「JUMPに褒められるKing&Prince。最高だな」といった声が殺到しました。今後の「2グループ」の絡みに期待の声が集まっていました。

「両ファン」からの共演待望論が近いうちに勃発するかも知れませんね。



小瀧望★苦痛でしゃあない!と語る★せっかちゆえのイライラとは

こんばんは。
今日は「小瀧望★苦痛でしゃあない!と語る★せっかちゆえのイライラとは」の事をお伝えしたいと思います。

「ジャニーズWEST」の「メンバー」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「bayじゃないか」「bayfm」の「1月12日」深夜の放送回に「濱田崇裕」と「小瀧望」が登場しました。「ジャニーズWEST」内で「“せっかち”」な「メンバー」を明らかにしました。




修学旅行で関西に行ったという関東在住の「リスナー」から、「歩くペースは、私たちが遅いのか、ほかの方がとても速いのが疑問でした。よく関西の人はせっかちだと聞きます。それは本当なのでしょうか?気になります」との「メッセージ」が寄せられると、「わからんけど、少なくともメンバーにはせっかちが多いです」と明かした「小瀧望」でした。そして、自分についても「少なくとも僕は、まぁまぁなせっかちです」と「コメント」しました。

一方、「濱田崇裕」はというと「めちゃめちゃせっかちでもない」とのことで、これには「小瀧望」も「そうやな。のほほ~んと待ってられるもんな」と同意しました。さらに、「藤井流星」については「流星は出番に気づかんからな」というほど、のんびりしているといいます。

そして「濱田崇裕」に「どんなところがせっかちですか?」と聞かれた「小瀧望」は、「僕はもう「“待ち時間”」。話が長い人!もう要点だけ言ってくれればいい。一個一個言う人が待てない」と、要点をまとめずに話してくる人が苦手だと回答しました。また、「メンバーのプレゼントとかでさ、プレゼント用にラッピングしてもらうじゃん。もうあの時間とか、苦痛でしゃぁない!頼んでんけどな、こっちが。「まだかな!?」っていう」と、丁寧に「ラッピング」してもらうことはありがたいとしながらも、「ちょっと待つのが無理」と語っていました。




さらに、「小瀧望」と「濱田崇裕」の「2人」ともが「無理!」と言ったのが「“エレベーターの待ち時間”」でした。これについては、「濱田崇裕」も「家「のエレベーター」でもエレベーター来てなかったら、その階になかったら、走るか、階段使うか」と、待つくらいなら自力で行った方がいいという考えのようでした。

そして、「ジャニーズWEST」ではほかに「桐山照史、中間淳太」が「“せっかち”」だといいます。ただ、「小瀧望」とは「タイプが違うせっかち」「濱田」らしく、「桐山照史」と「中間淳太」の「2人」は、いろいろと言うことはないんだそうです。そして、最終的に「比率としては多いけど、特に関西人だからせっかちというわけではない」という結論に至っていたのでした。

「メンバー」の「プレゼント用ラッピング」くらいは苦痛を感じてほしくないですよね。