ジャニーズ

松島聡★中島健人は変態&強調★本人もそうだね、俺変態★納得

こんばんは。
今日は「松島聡★中島健人は変態&強調★本人もそうだね、俺変態★納得」の事をお伝えしたいと思います。

「ラジオ番組」「レコメン!」「文化放送」内で「Sexy Zone」が週替わりで「パーソナリティ」を務める番組「Sexy ZoneのQrzone」「文化放送」です。「11月5~11月8日」は、「中島健人」と「松島聡」が登場しました。

「6日」の放送で「アイドルの職業病はありますか?」という質問が寄せられると、「言葉に彩りがある。なんでもそうだけど「素敵」とか「華やか」とか、そういう言葉使っちゃうよね」「俺だけか!?」と「中島健人」が語り、「松島聡」は「そうだね。ケンティーだけかもしれない」と「ツッコ」み。「アイドル」の職業病というよりも「中島健人オンリー」の「“ケンティーアイドル職業病”」だと結論づけていました。




そして「でもさ、ケンティーはね、たぶんすごくアイドルという職業好きでしょ?でね、僕思うんだけど、これ「“変態”」じゃないとできないんだよ」と「松島聡」。その後も「ある意味変態 ストイックさが大事じゃないですか。で、Sexy Zoneの中で一番ストイックなのってケンティーだと思って。やっぱり、どの仕事に対しても真面目だし、だから変態だと思う!」と、真面目な「トーン」で話を続け「そんなさぁ、イケメンな顔で言わないでくれない?」と「中島健人」から「ツッコ」まれる場面もありました。

これには「ファン」も「聡ちゃんが変態って断言したの笑った」「ケンティーを変態呼ばわり」「ケンティーはストイックだから変態「笑」。聡ちゃんわかる!」「ケンティーと変態は紙一重」と反応しました。

ただ、「それぐらいストイックにちゃんとやってるっていうのが、好きじゃないとできないしね」と言う「松島聡」に、「そうだね、俺変態だと思う!正直、俺変わってると思う」と「中島健人」も自身を「“変態”」と認め、最近はいろんな人から「セクシーくん」と呼ばれていることを明かしていたのでした。




またこの日は「好きになった人に彼氏がいたらあきらめますか?奪いますか?別れるまで待ちますか?」という質問も届いたのですが、これには「ごめん、奪う!」と即答していた「中島健人」でした。「法的に問題ないから」というのが理由のようですが、「略奪愛だとちょっとドロドロしいから「“略奪LOVE”」っていうね」と「アレンジ」して表現し、現在出演中の「ドラマ」「ドロ刑‐警視庁捜査三課‐」「日本テレビ系」にかけて「中島健人、ドラマ上は刑事、プライベートは泥棒」と「キャッチコピー」までつけていたのでした。

すると、「冷静に考えてうますぎるよね、これをすぐに思いつくケンティーの頭の回転の速さ」「健人くんの頭の回転の速さと、言葉のチョイスがすごすぎる」「いちいちうまいこと言うんだよなぁ!」などの声が続出しました。

「ストイックで変態でセクシー」だと自分でも認めていた「中島健人」です。「キャッチコピー」に関しても天才的な発想の持ち主のようですね。

芸能界で「トップアイドル」になるには「変態ストイック」にならないと「ダメ」なんでしょうね。



櫻井翔★モテるって面倒くさくないですか★問いに・面倒くさいっすね★ドヤ顔

こんばんは。
今日は「櫻井翔★モテるって面倒くさくないですか★問いに・面倒くさいっすね★ドヤ顔」の事をお伝えしたいと思います。

「嵐」の「櫻井翔」と「有吉弘行」が、今話題の芸能人や有名人の素顔や本音に迫る「櫻井・有吉THE夜会」「TBS系」です。「11月8日」放送回には、「乃木坂46」の「白石麻衣、齋藤飛鳥、松村沙友理、高山一実、与田祐希」と、「“炎上コメンテーター”」として話題になっている「古市憲寿」が「ゲスト」として登場しました。

多数の「ワイドショー」などに「コメンテーター」として出演し、毒舌な「コメント」をしては「ネット」を炎上させ、今では「炎上コメンテーター」とも呼ばれている「古市憲寿」ですが、本職は社会学者であり小説家でもあります。




番組で「嫌われキャラ」と紹介されると、「そもそも僕、嫌われキャラなんですか?」と驚きます。実は「秋元康」から「小泉進次郎」、「タレント」の「千秋」など幅広い人脈をもっているといいます。また、冷蔵庫の中には大量の水と炭酸水、そしてこれまた大量に山積みにされた「チョコレート」しか入っておらず、この「15年間」、自宅では「チョコレート」しか食べていないという超偏食でもあります。

さらに女性との交際についても「あんまり誰かと付き合いたいとか思わない」と言うと、「モテたいとか全然思わないですね。モテるって面倒くさいじゃないですか、きっと」と「コメント」すると「モテるって面倒くさくないですか?きっと。櫻井さん?」と「櫻井翔」に質問しました。

すると「櫻井翔」は、「ドヤ顔」でふんぞり返りながら「あ~面倒くさいっすね」と回答します。この振る舞いに、「準レギュラー」の「島崎和歌子」は「本当に嵐なの!?」と「ツッコ」み、「スタジオ」を笑いに包んでいたのでした。




その姿に、「ファン」は「ドヤ顔とソファーに踏ん反りかえる帝王感 ご馳走様です!」「モテちゃって面倒くさい翔くん、こういう表情好き」「翔くん、どう考えてもモテ要素しかないから、そりゃ尋常じゃないくらいモテても面倒だよねぇ」などと反応しました。また番組では、「白石麻衣」の写真集が「28万部」を超える「ベストセラー」になっていることが伝えられましたが、これにも「翔さん、写真集出してくれないかな〜」「翔くんの写真集が出たら速攻で買います」「翔くんの写真集ほしい」などの声が続出しました。

最近は痩せたと話題の「櫻井翔」です。写真集の撮影をするのであれば、今が「チャンス」なのではないでしょうか。

「桜井翔」だから発言や態度が認められても何の違和感もないですよね。



相葉雅紀★プライベート・食卓写真公開★誰が料理作ったの★ファン疑惑

こんばんは。
今日は「相葉雅紀★プライベート・食卓写真公開★誰が料理作ったの★ファン疑惑」の事をお伝えしたいと思います。

昨年「12月」、関西出身の女性と「5年」にわたって交際を続けていると報じられた「嵐」の「相葉雅紀」です。報道からおよそ「1年」がたとうとする中、「相葉雅紀」が「公式携帯サイト・Johnny’s web」に載せた写真について、彼女の存在を「匂わせているのではないか」と、騒ぎになっています。最近は、「二宮和也」と「元フリーアナウンサー・伊藤綾子」の結婚報道が「嵐ファン」の間で話題にになっていましたが、ここへ来て、「相葉雅紀」の女性関係にも厳しい目が向けられているようです。

全員が「30代」に入り、近年は女性絡みの記事や結婚報道が相次いでいる「嵐メンバー」です。「相葉雅紀」のみ女関係の話が出ていない状況が続いていましたが、「“最後の砦”」である彼にも、ひっそりと愛を育んでいる女性の存在が報じられました。昨年「12月」の写真週刊誌「フラッシュ」「光文社」によると、「相葉雅紀」と女性の付き合いは「“5年以上”」になり、「愛犬のトイプードルといっしょに、相葉のマンションをたびたび訪ねている」ようです。多くの「ファン」が「ショック」を受け、以降は「相葉雅紀」の私生活に関する話題に敏感になっている状況です。




「相葉雅紀」は「Johnny’s web」内で「10月期」の「主演ドラマ」「僕とシッポと神楽坂」「テレビ朝日系」と連動した「ブログ」を綴っており、「11月2日」の更新では「秋という事で、僕これだけは自信があるんですよ「笑」」と、焼き魚をきれいに食べ終えた後の写真を「アップ」しています。「サンマ」らしき魚には大葉が添えられ、小鉢もあります。「ランチョンマット」や箸置きも用意された食卓の光景に、「ファン」は衝撃を受けたようです。ようは、独身男性の一人暮らしにしては凝っていると思ったようです。

写真の奥には物が置かれたような影が確認でき、「ファン」はこれを「ランチョンマット」と推測しています。「彼女と向かい合って座っていたの?」「相葉くん、気が付かず匂わせてくるタイプ?正面にランチョンマットがあるような構図」と指摘し、「男が選ぶ小物じゃない。センスが女寄り。本人からの匂わせが一番キツイな」「小鉢もあるみたい。誰が作ったのかなぁ」と、「ガッカリ」しています。

中には、「彼女が作って帰りを待ってるんだよ。忙しい一人暮らしの35歳男性が魚焼かないし、大葉なんて添えない」と、彼女の存在を受け入れる「ファン」や、料理したのは彼女と断定した上で「サンマにはスダチを添えてください!」と手厳しく指導する声もあったようです。




一方で、「相葉雅紀」を擁護する「コメント」も活発で、「奥にランチョンマットが見切れてるって言う人いるけど、違うよね。拡大するとテーブルの木目が見えるから、椅子か何かの影では?」「店で食べたんでしょ。匂わせするほど相葉ちゃんもバカじゃない」「忙しいのに家庭的すぎってことか。みんな敏感になりすぎ」といった反応が上がっています。

外食だと主張する声に対し、熱心な「相葉雅紀ファン」は過去の「ブログ」から写真を持ち出し、「今回ランチョンマット、前に「餃子作った」とアップしたときのと同じ。自宅確定」「ランチョンマットとテーブルが、餃子のときと同じに見える」「どう見ても相葉の自宅。餃子作って夜中に食べたって言った時のランチョンマットと一緒」と、自宅で間違いないと確信しているようです。

とはいえ、「相葉雅紀」は「レギュラー出演」している「相葉マナブ」「テレビ朝日系」で料理や食材に関する知識を学習中です。多忙な「スケジュール」の合間を縫って、自宅で料理をする日もあるのかもしれません。「ファン」ならば「相葉雅紀」のためにも、もう少し温かい目で見守ってあげてほしいものですね。

「ファン」というものは少しの変化も見逃すことがないのが凄いですよね。



伊野尾慧★障害者雇用・現場取材★考えさせられるの声

こんばんは。
今日は「伊野尾慧★障害者雇用・現場取材★考えさせられるの声」の事をお伝えしたいと思います。

「Hey!Say!JUMP・伊野尾慧」が「木曜レギュラー」を務める情報番組「めざましテレビ」「フジテレビ系」が「11月8日」に放送されました。

番組で「伊野尾ピクチャー」と「イノ調」などの「コーナー」を担当している「伊野尾慧」です。この日の「伊野尾ピクチャー」で紹介されたのは、同番組の「男性キャスター」らと焼肉店で食事している写真でした。




「「めざましテレビ」終わりに、めざまし男子会をやってきました!」と「伊野尾慧」は紹介し、写真には「三宅正治アナウンサー、生田竜聖アナウンサー、酒主義久アナウンサー」の姿がありました。ですが、「軽部真一アナウンサー」から「呼ばれてないよ!」と「ツッコ」まれた「伊野尾慧」は、慌てて「席がたまたま4席しかなくて すいません、次回は是非ご一緒させてください」と言い訳しました。「三宅正治アナウンサー」から「あと2席あったよ」と声が飛ぶと、「伊野尾くんあとでゆっくり話そう」と「軽部真一アナウンサー」に「ピシャリ」と返され、「スタジオ」の笑いを誘うという展開になりました。

その後に放送された「イノ調」では、「障害者の雇用」について企業の取り組みと課題を調査しました。障害者雇用数については、中央省庁で「3700人」を水増しされていたことが問題になり、今もなお波紋を呼んでいますが、「伊野尾慧」が今回訪れたのは、実際に障害者を雇用している民間企業でした。まず訪れた「KDDI株式会社」では、携帯電話を分解し「18」の「パーツ」に仕分ける「樅山さん」の姿に、「速いですね、作業が」「これは機械じゃできないですね」と驚嘆しました。「めざましテレビ」を見ているという彼に、「一番おもしろいのはエンタメの軽部さん」と言われると、「あ~やっぱり軽部さんなんだ」と漏らしたのでした。

続いては、「段ボール」の製造などを行う「ニッパ株式会社」を訪問しました。実際に「バリ取り」という作業を体験すると、「ダメだ、俺全然できない!」「これ取れないよ、俺~」と作業を担当する障害者の方に助けを求めながら苦笑いします。「簡単そうに見えるけれど大変なんですね」と心から漏らしたのでした。




障害者の方は、頭が痛い、指を「ケガ」したなど「自分のことを訴えない」という側面があるため、「障害者職業生活相談員」の資格を持つ社員も置いているなど、雇用する側の「コメント」も引き出した一方、最後には障害者雇用の「メリット」についても呼びかけたのでした。

放送後、視聴者からは「あの柔らかい雰囲気で障害者と接するところが素敵。人間性が見えた気がした!」「伊野尾くんが取り上げることで、理解が広がるね」「社会問題や社会福祉分野を特集されると、考えさせられるな」といった声が聞こえてきました。また、「インタビュー力確実に上がってるな」「レポート本当にうまくなったよね」との声も見受けられました。「イノ調」での経験は着実に「伊野尾慧」の「スキルアップ」に繋がっているようです。

「伊野尾慧」の取材により「障碍者雇用」への理解が進んでくれたら幸いですよね。



城島茂★うつぼのたたき★舌鼓で既視感ある&DASH!!で見た

こんばんは。
今日は「城島茂★うつぼのたたき★舌鼓で既視感ある&DASH!!で見た」の事をお伝えしたいと思います。

「TOKIO」の冠番組「TOKIOカケル」「フジテレビ系」が「11月7日」に放送されました。この日の「ゲスト」は「野村周平」と「大谷亮平」でした。一般女性の男性に関する悩みに「2人」が答えていったほか、お気に入り「グルメ」が「ランキング形式」で紹介されました。




「野村周平」は祖父が中国人、「大谷亮平」は韓国での「キャリア」が長いということもあり、両者とも「グローバル」です。そんな「2人」のお気に入り「グルメトップ10」が紹介されると、「エビマヨ」「焼肉」「ステーキ」などが挙がる「野村周平」に対し、「大谷亮平」は「コプチャンチョンゴル」という鍋や、「チョングッチャン」という「韓国版納豆チゲ」という、聞き慣れない料理が並ぶことになりました。「スタジオ」に韓国料理店の店主がやってきて、「大谷亮平」と韓国語でやりとりするなど、「グローバル感」もあふれました。そんな、「大谷亮平」が「2位」に選んだのは「うつぼのたたき」でした。「大谷亮平」の父が高知出身とのことで、「“大谷家のルーツ”」だといいます。そこで、全員でうつぼのたたきを試食しました。「大谷亮平」が「懐かしい!」と感慨深く呟くと、「TOKIOメンバー」たちも「うまい!」「柔らかいね」と大絶賛で、「城島茂」も「魚とまた違う繊維質。鶏肉っぽいね」と話していました。

そんな中、視聴者からは「ウツボ、既視感あるなあ」「日曜日もウツボ出てきたね「笑」」「日曜日は敵で、水曜日はTOKIOに食べられてしまうウツボ」という声が集まっていました。実は「うつぼ」といえば、「TOKIO」の冠番組「ザ!鉄腕!DASH!!」「日本テレビ系」にたびたび登場する生物です。「11月4日」放送回では、城ヶ島の「マダコ」を増やすために「城島茂」らが産卵に立ち会いましたが、途中、産卵場所に「ウツボ」が侵入しました。「カメラマン」が慌てて「カメラ」を捨て、「ウツボ」を「タコ」から引き離すという一幕が、視聴者の間でも話題になっていました。

さらに「2016年1月」の同番組では、「城島茂」がうつぼを洗濯機で洗い、ぬめりを取ってから刺身や開きなどで堪能しています。「これはおいしいなあ!」と絶賛していたのでした。




そして、今回のうつぼのたたきは、「城島茂」にとってそれ以来となるうつぼ料理でした。視聴者からも「ほかのメンバーより抵抗ないんだろうな」「自分でも調理できるしね」といった声が寄せられていました。

日曜から「3日」ぶりとなる「城島茂」と「ウツボ」との再会に、「メンバー」よりも視聴者の方が興奮していたようです。

普段の生活では口にしないような物を食べてその醍醐味を視聴者に伝えている「城島茂」の「アイドル魂」が伝わってきますよね。



横尾渉★セトリをバラす人&ノートにメモする人★痛烈苦言

こんばんは。
今日は「横尾渉★セトリをバラす人&ノートにメモする人★痛烈苦言」の事をお伝えしたいと思います。

「11月7日」深夜放送の「ラジオ」「Kis-My-Ft2 キスマイRadio」「文化放送」に、「Kis-My-Ft2・横尾渉」と「宮田俊哉」が登場しました。「コンサートツアー」で見かける「ファン」の「“ある行動”」について、苦言を呈しました。

「リスナー」から「わたしはツアーに参戦する日までセットリストやツアーのセットを見たくありません。友達からネタバレされると腹が立ちます」というお便りが届くと、「なんなんですかね?このネット社会っていうんですか?バラす人はどういう気持ちなんですかね。これは愚痴です。というか説教!」と「横尾渉」。自分たちに置き換えると、楽しみにしていた漫画の続きや「スポーツ試合」の結果を先に「ネタバレ」されてしまうのと同じことだと力説し、「どういう気持ちなんだろうね?言ってる人。「私もう知ってるよ~」って、わかりますけど」と「ネタバレ」する側の心理を推測しました。




ほかの「アーティスト」の「ライブ」によく行くという「宮田俊哉」も、「ネタバレは、ぜひしないでいただきたいんだけど」とのことでした。ただ、「誰かに誘われて、そんなに好きじゃないけど誘われて行くパターン。キスマイのファンの男子とかも彼女に連れてこられるパターンとかあると思うんだけど、そう人は「セットリストを」見て来てもいいかもな」と、詳しくない「アーティスト」に関しては、事前予習として「セットリスト」を確認してくるのも「アリ」だと語りました。

「横尾渉」も、その見解については認めるものの、「言われてから教えるだったらいいです。もう、すぐ「ネットにセットリストを」載っけるでしょ?」と、「コンサート」に参戦した「ファン」が速攻で「アップ」するのは快く思っていない様子です。

さらに「あんま「コンサートライブを」見てないで、ノートとかに書き込んでる人いるでしょ?やめてほしい」と「横尾渉」。「こっちは「ドキドキさせたいよ」とか、「こういう演出もするんだよ」を想像してるのに、もう「見る人には」バレてるんでしょ。もう営業妨害!」と「ファン」に苦言を呈しました。




「ファン」の間では、「横尾渉」の意見に「そうなの!セトリやネタバレする人の意味がわからない」「横尾さんに賛同する」と同調する声と、「私はネタバレ派」「私はセトリ見たいタイプです!」「セトリは知りたい」という「“ネタバレ歓迎派”」で意見が真っ「二つ」になりました。「横尾渉」の苦言もむなしく、今後も「ネタバレ」は続いていきそうな予感です。

ですが、「コンサートライブ」中に「ノート」をとる行動に対しては「書くのはいけない」「メモ書いてる人、確かに不快」と、「マナー違反」として捉える人が多いようです。

お互いが楽しい時間を過ごせるように、「ファン」はしっかり「マナー」を守って鑑賞していただきたいものですね。

考え方には賛否両論あると思いますが「横尾渉」の気持ちも「ファン」であれば理解してあげてほしいですよね。



7MEN侍★前田航気・退所★事務所とケンカ別れの声

こんばんは。
今日は「7MEN侍★前田航気・退所★事務所とケンカ別れの声」の事をお伝えしたいと思います。

今年春頃に誕生した「ジャニーズJr.」の「新ユニット」「7MEN侍」に所属する「前田航気」が、事務所を退所したのではないかと「ウワサ」になっています。単独で舞台に出演するなど今後の活躍が期待されていた「メンバー」でしたが、突如「メディア露出」が減ってしまい、不穏な状況となっているようです。

「7MEN侍」は今年「2月26日」「ジャニーズ銀座2018」「4月~6月開催」へ向けて結成された「7人組グループ」です。読者投票で決まる「Myojo」「集英社」「2018年4月号」の「恋人にしたいJr.」「ランキング」で、「8位」に「ランクイン」した「中村嶺亜」を中心に、多くの場数を踏んできた「前田航気、五十嵐玲央、今野大輝、佐々木大光、菅田琳寧、本高克樹」が集結しました。「スケボー、バンド」と多才な「パフォーマンス」が武器で、最近は「テレビ番組」「ザ少年倶楽部」「BSプレミアム」でも見せ場が増えています。




「前田航気」は「ラップ」や「ダンス」を得意とする「メンバー」です。「グループ結成前」には「ジャニーズ」の「大先輩・屋良朝幸」が「総合プロデュース」を手掛ける「エンターテインメント舞台」「THE YOUNG LOVE DISCOTHEQUE」「今年2~3月開催」にも抜てきされています。同公演の初日時点で自分が「7MEN侍」入りしたことを知らなかった「前田航気」は、会見で「僕はグループに所属していないので、フリーランスの意地を発揮できたら」と、意気込んでいました。さらに、「前田航気」は「8~9月」に再演された「THE YOUNG LOVE DISCOTHEQUE Re FEVER」にも参加し、同時期に「東京・帝国劇場」で行われた「Kis-My-Ft2・玉森裕太」主演舞台「DREAM BOYS」は、「前田航気」を除く「7MEN侍」の「6人」で出演していたました。

そんな中、「前田航気」は「10月15日」の「ザ少年倶楽部」の収録を欠席しました。「ファン」は「前田くん不在だったのか ほかの仕事かな?」「前田くんが不在?別仕事であってほしい」と、個人的な仕事の「スケジュール」と重なってしまった可能性を予測していました。ですが、「同22日」発売の「Myojo」「18年12月号」も、「7MEN侍」は「前田航気」以外の「6人」で登場しています。一方で、「12月7日」が投票締め切りの「第25回 あなたが選ぶJr.大賞」の「ひとこと選挙演説」「ページ」には「前田航気」が載っているため、「ファン」の間では脱退説が浮上しました。

「ファン」にとっては不安の日々が続いていましたが、「11月」に入って新たな動きがありました。「Jr.」の「ファンクラブサイト」「ジャニーズジュニア情報局」から、「7MEN侍」を取り上げた「ジャニーズジュニア情報局会員動画 #29」が削除されてしまったようです。また、数日後に同じく「7MEN侍」が「メイン」だった動画の「#24」も消えてしまい、「7日」発売の「アイドル誌」「WiNK UP」「ワニブックス」「duet」「ホーム社」「POTATO」「学研プラス」にも「前田航気」の姿はなかったようです。そして、「POTATO」に掲載された来年「3月」発売の「ジャニーズJr.カレンダー BLUE」の「予告ページ」も、「7MEN侍」は「メンバー」が「3人」ずつ分かれた「カット」を継ぎ接ぎした「前田航気」抜きの「“6人組”」として登場しています。




相次ぐ異変に対し、「ファン」からは「完全に6MEN侍だ 誰か入れるのか、6人のままなのか」「7MEN侍が6人になってる」と「メンバー減少」に戸惑う声、「航気くん、事務所とケンカ別れ?どう考えても普通の退所じゃない」「航気くんマジで辞めたの?やめたならちゃんと情報出してよ。新しく作られたばかりなのに」と困惑する「コメント」が上がっています。

中には「前田がいないところでユニット結成が決まったみたいだし、舞台の再演もあったから、そこまではいるって決めてたのかな」と予想する声や、彼が現役大学生だったこともあり、「大学もあるし仕事との両立も追いつかないよね」と、学業優先が理由で事務所を辞めるのではないか、という指摘も出ている状況です。

「ネット」上では早くも「増員メンバー」の名前が取り沙汰されていますが、果たして、「前田航気」は単なる休業なのか、それとも「脱退・退所」は事実なのでしょうか。今後、「メンバー6人」の「コメント」にも注目が集まります。

突然、姿を消してしまった「前田航気」の消息をしりたい気持ちを知りながら事務所発表がされないのは地獄に突き落とされたようなものですよね。



平野紫耀★トイレに半日いると明かすも★話盛りすぎ&嘘っぽい★冷めた声

こんばんは。
今日は「平野紫耀★トイレに半日いると明かすも★話盛りすぎ&嘘っぽい★冷めた声」の事をお伝えしたいと思います。

「11月4日」、「King&Prince」の「平野紫耀」が「林先生が驚く初耳学!」「TBS系」に出演しました。そこで、「トイレの中で朝ごはんを食べる」「「トイレに」半日くらいいることもある」と明かすも「どうせキャラづくり」「さすがに話盛りすぎ」と指摘する声が多く上がりました。




「King&Prince」は「2018年5月」に「シンデレラガール」で「デビュー」すると、初週売り上げ「75万7,000枚」を記録しました。同曲は「平野紫耀出演の「花のち晴れ~花男Next Season~」にも使用され、この「ドラマ」で一躍人気者になったはずでしたが。

「平野紫耀」はここ最近、「11月9日」公開の映画「ういらぶ。」の番宣のため数多くの「テレビ番組」に出演しています。「デビュー後」は「将来の夢はお札に載ること」と言ってみたり、電柱にぶつかって血だらけになった「エピソード」を語るなどして、世間からも「“天然キャラ”」として面白がられていましたが、さすがに『トイレで朝ごはん』を信じる人は少なかったようです。「キャラづくりお疲れ様」「完全にスベってる」といった声が上がり始めているようです。

さらに、「翌日5日」に出演した「痛快TVスカッとジャパン」「フジテレビ系」でも、過去「バレンタインデー」にもらった「65個」の「チョコレート」を「全部フライパンに集めて「溶かし」、「1つ」のでっかい「チョコ」にして冷凍庫に保管してました」と衝撃の「エピソード」を披露しました。「ネット」上では「さすがに嘘っぽくない?」「話盛りすぎでしょ」など、真偽を疑う声が噴出していました。




「テレビ」に出演するたびに「“天然エピソード”」を次々と披露する「平野紫耀」ですが、度を越した「“天然”」に「ネットユーザー」は食傷気味の様子です。「この子の発言は全部が嘘っぽい」「もうこの人のネタ飽きた」という声が出始めた以上、しばらくおとなしくしているのが得策かもしれません。

先月の「26日」には、「メンバー」の「岩橋玄樹」が「パニック障害」の治療のため、一時活動を休止することが発表されたばかりです。「グループ」の「エース」として頑張りどころではありますが、少々やる気が空回りしてしまっているのかもしれないですね。

「平野紫耀」の「ファン」なら盛りすぎ話も笑い話にしてくれても他の「ジャニーズファン」にはあまり支持されていないようですね。



小山慶一郎★安室奈美恵さんのファンに申し訳ない★自身の振る舞いを反省

こんばんは。
今日は「小山慶一郎★安室奈美恵さんのファンに申し訳ない★自身の振る舞いを反省」の事をお伝えしたいと思います。

「NEWS・小山慶一郎」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「KちゃんNEWS」「文化放送」です。「11月6日」深夜の放送回には、「加藤シゲアキ」が「ゲスト」として登場しました。

「リスナー」から「先日放送された「ザ少年倶楽部プレミアム」「BSプレミアム」の「シェアハウス企画」すごくおもしろかったです。放送されなかったけど実はこんなことした、言ったという裏話があったら教えてほしいです」というお便りが届くと、「いや~でもやっぱ思い返しても小山さんの安室奈美恵「のジェスチャーモノマネ」は、ひどかったなぁ」と、振り返った「加藤シゲアキ」でした。




「10月19日」に放送された同番組は、「NEWS結成15周年スペシャル企画第2弾」として、神奈川県葉山を舞台に「NEWSはじめてのシェアハウス」企画が放送され、「黒ひげ危機一髪」や「伝言ゲーム」、「2018年」に話題になった人物を「ジェスチャー」で表現してほかの「3人」が当てるという「2018年人物ジェスチャーゲーム」などが行われていました。

「2018年人物ジェスチャーゲーム」を制限時間内に「クリア」すれば、さらに「ご褒美ロケ」が待っているということで気合の入っていた「4人」でしたが、ここで「小山慶一郎」に出されたお題の「1つ」が「安室奈美恵」でした。

「小山慶一郎」は、「いや~あれはオンエア見てね、ほんとに「CAN YOU CELEBRATE?」「1997」って口で言えばよかったなって思った」とあらためて反省しました。「加藤シゲアキ」は「手を振ってくれて涙を流す感じでよかったんじゃないの?」と、引退を想起させる「ジェスチャー」を指導していました。




実際の放送で、「小山慶一郎」は「“2ステップを踏みながら片手を広げて歌っている”」という「ジェスチャー」を繰り広げ、「俺の中ではあれ「TRY ME~私を信じて~」「1995」を歌ってる」とのことでしたが、「加藤シゲアキ」は「「TRY ME」のリズムじゃないじゃん」と「バッサリ」。ただ「小山慶一郎」は、好きな曲が多すぎて「「安室奈美恵with」スーパーモンキーズ時代まで振り返っちゃったもんね」とのことでした。

すると「加藤シゲアキ」も「沁みるよね、引退してしまったっていうのは寂しいよね」と「コメント」しました。初期の頃から「安室奈美恵」の曲を聞いており「初期のいわゆるベストヒッツというか、小室さん「プロデュース」時代も好きだけど、そこを離れてからも聞いてたよね。「Queen of Hip-Pop」「2005」とか超好きだった。あのアルバム」と、今年の「9月」に引退した「安室奈美恵」に思いを馳せていたのでした。

結局、「安室奈美恵さんのファンの方が、もしあれを見てたとしたら申し訳ないですが。一生懸命やったことですけどね」と弁明していた「小山慶一郎」なのでした。

「ジャニーズアイドル」の心まで奪ってしまう「安室奈美恵」の魅力に改めて脱帽しますよね。



滝沢秀明★SixTONES★MV初プロデュース★先行き不安の声が出る

こんばんは。
今日は「滝沢秀明★SixTONES★MV初プロデュース★先行き不安の声が出る」の事をお伝えしたいと思います。

「ジャニーズJr.」内「ユニット・SixTONES」の楽曲「JAPONICA STYLE」の「オフィシャル・ミュージックビデオ」が、「11月4日」に「動画配信サイト・YouTube」の「ジャニーズJr.チャンネル」で公開されました。今作は年内で表舞台から退き、裏方に転身する「滝沢秀明」が「プロデュース」を手掛けていますが、公開された映像について「Jr.ファン」の間では賛否両論が飛び交っています。

今年「3月」に「スタート」し、人気の「Jr.グループ5組」「Snow Man・Travis Japan・SixTONES・東京B少年・HiHi Jets」の動画を配信中の「ジャニーズJr.チャンネル」です。特に「SixTONES」は比較的高い再生回数を誇っており、先日は「YouTube」が世界各地で行っている「YouTube アーティストプロモ」「キャンペーン」に抜てきされ、「東京・品川駅構内」に「巨大ポスター」が掲示されたことでも話題になりました。「YouTube アーティストプロモ」への「日本アーティスト」の参加は「初めて」だといいます。




大役就任に加えて、「SixTONES」の「オリジナル曲」「JAPONICA STYLE」の「ミュージックビデオ」の制作が決まり、「滝沢秀明」が「プロデュース」を担当しました。「滝沢秀明」といえば、「今井翼」と組んでいた「ユニット・タッキー&翼」が「9月10日」をもって解散となり、来年には「ジャニー喜多川社長」の意思を継いで裏方に専念すると公言しました。そのため、今回の「ミュージックビデオ」は「滝沢秀明 ~初MVプロデュース~」と銘打たれ、「ネット」上で注目を集めています。

「JAPONICA STYLE」は「タイトル」通り、和の雰囲気が特徴的な楽曲のようです。「コンサート」や「ザ少年倶楽部」「BSプレミアム」などで「パフォーマンス」した際は、派手な衣装を着た「メンバー」が扇子を持ち、桜の花びらが舞う中で優雅な「ダンス」を披露していました。ですが、今回の「ミュージックビデオ」は黒や白を基調とした衣装に変わり、「6人」の「クール」な表情が盛りだくさんでした。振り付けは一部異なっており、「滝沢秀明」が新たな世界観を演出したようです。随所に出てくる赤い薔薇の花びらが象徴的で、「シンプル」な「セット」とは対象的に、赤の「アクセント」が目を引く映像に仕上がっています。

「大サビ」は曲が一時的に停止し、「メインボーカル」の「ジェシー」が「サングラス」を外すほか、「京本大我」が口紅をつける「シーン」も見られました。背後に夜景が広がる屋上での「カット」を挟み、最後は大量の薔薇の花びらが舞い落ちる中、「メンバー」が前方へ走り出すという展開でした。「Jr.ファン」は「演出かっこよすぎる。タッキーすごい」「今までの衣装と振り付けが大好きだけど、新しいのはスタイリッシュでカッコ良い!」「これはこれでSixTONESらしい」と、「滝沢秀明」の「センス」を絶賛する声が上がっています。

その一方、多くの「ジャニーズファン」からは「シビア」な意見が噴出しています。「なんか古い。昔のビジュアル系って感じ」「一昔前のK-POPみたい」「ありきたり、安直って言葉がピッタリ。ひねりがほしい」などと物足りなさをつづる声や、「大我が紅引くシーンはタッキーの趣味でしかない」「タッキーのセンス全開で先行きが不安」「タッキーのセンスがズレてるんだとわかった」「滝沢の練習台にされるなんて」と、「滝沢秀明」の実力に懐疑的な反応が相次いでしまいました。「YouTube アーティストプロモ」に就任し、知名度や人気上昇が見込める重要な局面だけに、「プロに任せるべきだったのではないか」といった思いを抱く人たちも少なくなかったようです。




さらに、最も問題視されているのが小道具の薔薇のようです。同曲には「夢 恋 桜」との歌詞が存在するため、「薔薇じゃなくて桜がよかった」「なんで薔薇?」「薔薇をあえて和に使いたいのはわかるけど、やっぱ桜だよ」「背景に薔薇が映えてないし、花吹雪も効果的に見えない」と、「辛口コメント」が寄せられています。

ほかにも、「メンバー」の「高地優吾、森本慎太郎、松村北斗」の「ソロカット」が少ないと「ファン」は嘆いています。一方、「Jr.チャンネル」の動画は「午後8時配信」が定番となっているのですが、「ミュージックビデオ」は「11月5日」「午前10時」の段階で「アップ」されており、「ファン」は「海外に向けてのアピールだと思う」「動画を上げた時間的にも、特にアメリカを意識してる」と、「YouTube」と「Jr.チャンネルサイド」の戦略を予測したようです。実際、「コメント欄」は英語や中国語などで埋め尽くされ、日本以外の視聴者からも大反響のようです。

再生回数は「6日」の「午後6時30分時点」で「100万」の大台を突破し、注目度の高さを証明しています。「JAPONICA STYLE」の反応は批判と称賛で割れてしまいましたが、残る「4組」の「ミュージックビデオ」が制作される場合も、「滝沢秀明」が監修することになるのでしょうか。

「滝沢秀明」の演出が見え隠れするのは「ファン」にとって現時点では受け入れられないようですね。