ジャニーズ

横山裕★村上信五に病気やで★無意識の言動にメンバーも驚き

こんばんは。
今日は「横山裕★村上信五に病気やで★無意識の言動にメンバーも驚き」の事をお伝えしたいと思います。

「関ジャニ∞」の冠番組「関ジャニ∞のジャニ勉」「関西テレビ」が、「6月5日深夜」に放送されました。「タレント・佐藤栞里」を「ゲスト」に迎え、「関ジャニ∞メンバー」と「トーク」を繰り広げました。

今回は、「佐藤栞里」の「“真面目”」な性格についての「エピソード」が続々と登場しました。例えば、「ゲスト出演」した番組の楽屋に必ず貼ってある、名前が書かれた「楽屋貼り」を毎回持ち帰って、裏面に番組の感想や反省点を書き込んでいるのだといいます。この話に「村上信五」は「クソ真面目!」と驚き、「他メンバー」も「佐藤栞里」の努力家な一面に感心します。




ですがここで、「3年半前」に「ジャニ勉」に「ゲスト出演」した「佐藤栞里」が、楽屋貼りを持ち帰っていない疑惑が浮上します。「横山裕」が「実は「関ジャニ∞ちょろい」とか書いてるんちゃうん?」と「ツッコミ」を入れるも、「佐藤栞里」は「ジャニ勉」に出演した際の台本をおもむろに取り出し、ここに感想や反省点が書き込まれていると明かします。中身を見てみると、「横山さん コントの台本を制作 笑いを生み出す発想そんけい!」という「コメント」が書かれていたことが判明したのです。

これには「横山裕」が照れながら、「5秒前の俺を怒りたいわ!」と反省します。さらに、「関ジャニ∞メンバー」に対しても「関ジャニさんたちはゲストさんを笑顔にする天才だ」という「コメント」が記されており、一同思わず「ニンマリ」しました。「横山裕」は、「栞里ちゃんが思ってる以上に、俺ら今うれしいからね!」と本音を漏らしていました。

そして番組後半では、「村上信五」がふと「佐藤栞里」に対して「栞里ちゃん、イライラする時ないの?」と質問します。「佐藤栞里」は少し考えたあと、自分の父親からの「質問がしつこい」と答えましたが、そこまで「イライラ」を募らせている様子ではなかったようです。一方で、「イライラエピソード」を語りたそうな「横山裕」は、「衝撃やった!」と話し出します。なんでも、先日「村上信五」と車に同乗していたとき、後ろから「トラック」の「クラクション」が「プー」と鳴り、「村上信五」が反射的に「おっ!なんやっ!?」と「ツッコミ」を入れたのだそうです。




この証言に「村上信五」は「ウソや!絶対言うてない!」と反論しますが、「横山裕」は「言うた!無意識か知らんけど」と確固たる自信で対抗します。「病気やん!そんなん」と訴える「村上信五」ですが、「横山裕」はすかさず「病気やで!」と断言します。「錦戸亮」も心配そうに「自覚ないってことっすよ」と漏らすほど、「村上信五」の「“ツッコミ病”」は重症のようです。「横山裕」はこの時「笑いそうになった」と振り返りましたが、「村上信五」は「笑ってくれや!」と懇願します。ですが「横山裕」は、「それで笑ったらまた「話が」長くなるやろな」と、複雑な心境だったことを吐露していました。

「横山裕」と「村上信五」の掛け合いに、「ファン」からは「さすがヨコヒナ!コンビ芸がさすがすぎて、拍手を送りたい「笑」」「「笑ってくれや!」の村上くんが必死すぎる ヨコ、笑ってあげて!」「きっとヨコはヒナのツッコミ病を心配しているんだよ!」と感想が寄せられました。

関西人なら「ツッコミ病」になったとしても何ら不思議ではないと思うのですが。「ファン」も承知しているはずなのですが。



五十嵐玲央退社★バラエティー番組★モザイク編集★重岡大毅が可哀想

こんばんは。
今日は「五十嵐玲央退社★バラエティー番組★モザイク編集★重岡大毅が可哀想」の事をお伝えしたいと思います。

「ジャニーズJr.内ユニット・7 MEN 侍」の「メンバー」だった「五十嵐玲央」が、このほど事務所を正式に退社しました。「5月上旬」から公演を欠席しており、数日後には未成年喫煙疑惑が取り沙汰された「五十嵐玲央」ですが、「5月末」をもって契約切れとなった模様です。そんな中、「6月4日」には「五十嵐玲央」が収録に参加した「バラエティ」「そんなコト考えた事なかったクイズ! トリニクって何の肉!?」「テレビ朝日系」が「オンエアー」になるも、「“不自然な編集”」が気になると「ファン」の間で騒がれることとなりました。

「五十嵐玲央」を除く「7 MEN 侍」の「6人」は、「5月13日」に開幕した「ジャニーズ銀座2019 Tokyo Experience」「東京・シアタークリエ」の「HiHi Jets公演」に「バックダンサー」として出演しました。ですが、「メンバー」が不在の「五十嵐玲央」について何も触れないため、「ファン」の間では体調不良説が飛び交うなど、心配の声が続出していました。そして「17日」夜頃、現在「18歳」の「五十嵐玲央」が「喫煙しているのではないか」と疑われるような動画が「ネット」上に流出します。撮影場所は飲食店とみられますが、「五十嵐玲央」によく似た男性が片手に「タバコ」らしきものを持っている「1コマ」が映り込んでいました。また、「テーブル」に酒瓶が置いてあっただけに、喫煙に加えて飲酒疑惑も浮上したのです。




「五十嵐玲央」は「27日スタート」の「7 MEN 侍」の単独公演にも登場せず、「6月1日午前」までに「公式エンタメサイト・ISLAND TV」の「プロフィール」や動画が削除されました。動画が広まる前に公演を休んでいた理由はわかっていませんが、「事務所サイド」が何らかの形で「五十嵐玲央」の素行不良を「キャッチ」し、仕事を休ませていたのだと思われます。「7 MEN 侍」は「新作モバイルゲーム」「リネージュM」の「CM」に出演していましたが、「動画配信サイト・YouTube」「リネージュM 公式チャンネル」で公開中の「メイキング動画」や「CM本編」も、「五十嵐玲央」抜きの映像に差し替えられていました。

「五十嵐玲央」の一件で対応に追われたのは「CM」だけではありません。「トリニクって何の肉!?」も事態が発覚する前に収録したため、「オンエアー」上は「五十嵐玲央」の存在を消すなどの編集が施されていました。「トリニクって何の肉!?」は、昭和世代の芸能人が平成生まれの若者たちに問題を出す「クイズ番組」で、この日も「平成チーム」の解答席には「タレント」や大学生など「30人」が参加しました。「10人」ずつ、「3段」に分かれて座る中、「五十嵐玲央」は「ジャニーズWEST・重岡大毅」とともに前列の「MC席」に近い好位置にいたのですが。

席の前面に個人名が表示されているのですが、「五十嵐玲央」の部分は真っ白で、名前すら消えた状態でした。「1問目」では、「MC」の「ダウンタウン・浜田雅功」が一番端の「重岡大毅」に自信のほどを聞いた後、横の「五十嵐玲央」に話しかけるような場面があったものの、そこは「カット」になりました。「重岡大毅」の後は、「五十嵐玲央」の隣にいた「モデル」で「女優・堀田茜」の「トーク」に切り替わっていました。また、「平成チーム」の「全メンバー」が映る時は、「五十嵐玲央」の顔に「モザイク」がかかっており、ほかにも大きめの「テロップ」や「ロゴマーク」などで隠すといった技を駆使していました。例えば、「レコード盤に何をのせたら音が出る?」という問いは、「30人」のうち「五十嵐玲央」含む「6人」が不正解でしたが、「5人分」の解答しか取り上げませんでした。「五十嵐玲央」の騒動を知らない視聴者にとっては、違和感を覚える構成になっていたことでしょう。




多くの出演者がいた分、「“お蔵入り”」は難しく、「五十嵐玲央」の「ポジション」に「テロップ」や「ロゴ」をかぶせるといった応急処置をとったのでしょう。ですが、「五十嵐玲央」の隣にいる「重岡大毅」もともに顔が見えない「シーン」が多く、「ジャニーズWESTファン」は不満に感じたようです。「シゲが出るから楽しみにしてたのに 全然映らない。隣の人にモザイクかけられてたし、名前ないし、何事!?」「重岡さん全然映らないと思ったら、隣にいる人が消されてるのか 残念。重岡さんもっと見たかった」「隣がモザイクになることによって、引きの画かアップしか使われてない。シゲが可哀想」「シゲちゃんのほかのシーンも絶対切られてるよね。いがれお、やりやがったな」と、悲しみや「五十嵐玲央」に対する怒りの声が出てしまいました。

中には「シゲ、もう1回「トリニク」に出よう。今回のはちょっと巻き込まれた感じでヤダ」と、「重岡大毅」の再出演を望む「ファン」もいたようです。一方、「五十嵐玲央」が退所したことで、「Jr.ファン」の間では喫煙や飲酒のうわさは「“事実だった”」とみられています。犯した罪の重さをしっかり受け止め、新たな人生を切り開いてほしいものですね。

「重岡大毅」も「五十嵐玲央」のとばっちりを受けてしまったようで悔しがる「ファン」の気持ちも分からないでもないですよね。



山下智久★インハンド★視聴率急落★滑舌悪い&字幕ほしいと指摘

こんばんは。
今日は「山下智久★インハンド★視聴率急落★滑舌悪い&字幕ほしいと指摘」の事をお伝えしたいと思います。

「初回は11.3%」「ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同」と「合格ライン」を「クリア」していた視聴率が、回を追うごとに落ちていき、「5月31日放送」の「第8話」で前週の「9.0%」から「1.4ポイントダウン」の「7.6%」まで低迷した、「ジャニーズ事務所」の「山下智久主演」の「TBSドラマ」「インハンド」です。

連載中の「同名コミック」「講談社」が原作で、「山下智久」演じる右手に黒い「ロボットハンド」を装着した「天才科学者・紐倉哲」が難事件を解決していく「ストーリー」です。「ドラマ」「コード・ブルー」「フジテレビ系」「シリーズ」の「人気、映画版」の「ヒット」もあり、「山下智久」の新作への期待感は高かったのですが、これから最終話に向けて盛り上がっていく「第8話」で急激に「ダウン」するとは、視聴者に見放された証しといえるでしょう。全話平均でも残念な結果になる可能性が出てきました。




その要因の一つとして指摘されているのは、「山下智久」の演技力です。「ファン」は「山Pの無表情とボソボソ話すのが役に合ってる」「ボソボソしゃべるところも科学者っぽくていい」と前向きに評価をしているようですが、一方で「滑舌が悪くて聞き取りづらい」「小さな声で話すから聞き取れなかった」「字幕がほしい」「はっきりしゃべれ!ってキレそうになる」と不評の声も聞かれます。

「コード・ブルー」の役柄もそうでしたが、「山下智久」が今作で演じているのは、才能はあるが不愛想で周囲との「コミュニケーション」に問題のある男です。今回は、「コミカル」な要素もあるということで、「コード・ブルー」よりも幾分、大げさに芝居をやっている様子も見えますが、「原作コミック」での「紐倉哲」像とは異なります。原作では強烈な「変わり者キャラ」で、「山下智久」が演じているような感情の見えない無表情な人間ではありません。なぜ、こんな「キャラクター」になっているのか理解に苦しみます。

「山下智久」の顔を見ているだけで満足という「ファン」はいいかもしれませんが、原作本来の「紐倉哲」を求める視聴者が演技に物足りなさを感じるのは当然かもしれません。

「ジャニーズファン」から「山下智久」の演技力を批判する声は聞かれないものの、「2017年」に調査された「演技が下手なジャニーズランキング」「株式会社CMサイトが行ったインターネットリサーチ。10~60代の男女、3,363名を対象」では、「嵐・相葉雅紀」に続く「2位」になったこともあります。世間の認識はその程度ということのようです。




「KAT-TUN・亀梨和也」との「12年」ぶり共演が話題となった、「2017年4月期」の「ドラマ」「ボク、運命の人です。」「日本テレビ系」でも、「山下智久」の演技力が「SNS」上で取り沙汰されました。

未来から来たという「“神様”」を自称する「ナゾ」の男を演じ、「山下智久」にしては珍しく、「テンション」高くまくしたてるような「セリフ」があったものの、見ている方が気恥ずかしくなるほど、やり切れてませんでした。関係者は「山下智久」の新たな一面を引き出すために挑戦させたのかもしれませんが、逆に実力不足を露呈させてしまいました。

それでも、「インスタグラム」を始めれば、あっという間に「200万人超」の「フォロワー」を手にする「山下智久」です。中華圏でも人気を集めていることから、今後は日本だけでなく「アジア」での活躍が期待されます。

「コードブルー」が高視聴率を叩き出していただけに「ファン」や視聴者も今回に限っては物足りなさを感じてしまうのかも知れませんね。



マリウス葉★ジャニーズ辞めたい★報道の背景★中島健人だけ推しに不安

こんばんは。
今日は「マリウス葉★ジャニーズ辞めたい★報道の背景★中島健人だけ推しに不安」の事をお伝えしたいと思います。

「パニック障害」で療養中の「松島聡」を除き、現在「4人」で活動中の「Sexy Zone」ですが、昨年、「メンバー」の「マリウス葉」が「ジャニーズを辞めたい」と関係者に直訴していたと、「ウェブサイト」「文春オンライン」が報じています。「デビュー当初」、「メンバー」の「“格差売り”」、「ジャニー喜多川社長」の「Sexy Zoneは3人」発言などで、さまざまな波紋を起こしてきた「Sexy Zone」が、またしても「ファン」を不安にさせる状況に陥ってしまったようです。

記事によると、「Sexy Zone」は昨年「デビュー」の「King&Prince」に「ファンクラブ数」を追い抜かれ、「メンバー」内にも混乱が発生しているといいます。さらに「マリウス葉」は、「アイドル」をやっている自分は本来の自分ではないと、昨年関係者に「ジャニーズを辞めたい」と、涙ながらに訴えたのだそうです。




「一部マスコミ関係者」の間では、「松島聡」も同様に、「ジャニーズ」からの離脱を考えているのではないかといった「ウワサ」が流れています。もともと「Sexy Zone」は「5人」で「デビュー」したものの、その「1年後」には、「佐藤勝利、中島健人、菊池風磨」の「3人体制」が固定され、「マリウス葉」と「松島聡」はまるで「3人」の「“添え物”」のような扱いを受けるようになりました。「メンバー間」で「“格差”」を生むという売り出し方は、「ファン」の間で「大ブーイング」を巻き起こしたものです。当時は「飯島三智氏」が「マネジメント」を担当していたため、この「“戦略”」を考案したのは「飯島三智氏」だとして、「ファン」が批判の声を上げることもありました。

ですが、「3人:2人」の構図を押し出していたのは、ほかならぬ「ジャニー喜多川社長」だったという指摘もあるようです。

ある記者会見で、「ジャニー喜多川社長」は「マスコミ」に対し「Sexy Zoneは「中島健人、佐藤勝利、菊池風磨の」3人だから」と発言したようです。関係者は大慌てで、すぐに訂正を入れ、その後「ジャニー喜多川社長」も「5人でSexy Zone」と話すようになりましたが、「一部芸能マスコミ関係者」の間では、「それでもやはりジャニー社長は「“3人体制”」を構想しているのでは」などと大きな話題になりました。




さらに「2014年、Sexy Zone」は「佐藤勝利・中島健人・菊池風磨」を軸に据え、人数を固定しない「流動的なグループ」になるという発表もありましたが、ここ数年は、「5人」での活動が定着していました。

さまざまな困難を乗り越えて活動を継続してきた「Sexy Zone」ですが、「現状グループ」としては、事務所から優遇されておらず、「メンバー」の中で「中島健人」だけが突出して推されていることは間違ありません。この状況に、「松島聡」や「マリウス葉」が、肩身の狭さを感じたり、不安な気持ちを抱くことはごく自然な流れと言えるでしょう。

またしても「“分裂危機”」が取り沙汰されるようになった「Sexy Zone」ですが、「ファン」の「モヤモヤ」を吹き飛ばすような「コメント」を、ぜひ本人たちの口から聞きたいと思います。

「グループ」内での格差売りをしてしまうと肩身の狭さを感じてしまい脱退の文字が浮かんできてしまうようですね。



小島健★村上信五と共演★もしも塾でメンタル強くなったと豪語の訳

こんばんは。
今日は「小島健★村上信五と共演★もしも塾でメンタル強くなったと豪語の訳」の事をお伝えしたいと思います。

「関西ジャニーズJr.」の「メンバー」が週替わりで「パーソナリティー」を務める「ラジオ番組」「関西ジャニーズJr.のバリバリサウンド」「FM OH!85.1」です。「6月4日」は、「関西ジャニーズJr.内ユニット」「Aぇ!group」の「正門良規、末澤誠也、小島健」が「パーソナリティ」を担当しました。




この日は「先週何してた?」という話題から、番組が「スタート」します。忙しい「Jr.」ならではの話が飛び出すかと思いきや、自分たちが何をしていたかなかなか思い出せない「3人」です。ようやく口火を切ったのは「末澤誠也」で、「関西Jr.内ユニット」「なにわ男子」が出演していた「コンサート」「ジャニーズIsLAND Festival」を見学したそうです。この発言をきっかけに、どうやら大事なことを思い出した様子の「小島健」は、「そや!僕、「もしも塾」出てました!村上くんの!」と慌てて話し出します。

「小島健」は「Aぇ!group」の「佐野晶哉」と共に、「関ジャニ∞・村上信五」が座長を務めた即興劇「もしも塾」の「5月25・26日公演」に参加していたのです。同舞台には「村上信五」のほか、「Hey!Say!JUMP、Kis-My-Ft2、ジャニーズWEST」の「メンバー」も出演しており、「稽古ナシ・ぶっつけ本番」の即興劇が繰り広げられていました。

「正門良規」が「小島健」に参加した感想を尋ねると、「メンタルめっちゃ強なりますよ、アレ!1回出たら、もう怖くないんですよね、空気が。シケた空気も怖くなくて、「これをどう次の笑いにするか」っていうのを考える」と、精神的な成長が大きかったと語ります。さらに、「次から僕と一緒にコントとかやる機会があったら、ヤバイっすよ。めっちゃ焦ると思います」「僕が「“シーン”」となってる空間でも動じひんから。ずっと淡々としゃべるから」と自信満々に話したのでした。




「もしも塾」の初日を見学したという「正門良規」が、「めちゃくちゃ2人とも緊張してた」「どうなってたんやろうな、と思ってた」と心配していたことを明かすと、「末澤誠也」は「すごいよかったっていうのは聞いたから 佐野が」と「コメント」します。すると「小島健」も「そうそうそうそう!」と同意し、「見てて誇らしかった!」と「佐野昌哉」の活躍をうれしそうに語っていました。

今回の放送に「ファン」は、「「もしも塾」がすごくいい経験になったんだね!これからコント見るのが楽しみだわ「笑」」「「もしも塾」お疲れ様!本当、2人がAぇ!groupにいるの頼もしいよ!」「メンバーの活躍を心配したり称えたりしてて、すごくいい関係性だね」と反応しました。「もしも塾」で得た経験を、これから多方面で活かしてほしいものですね。

ぶっつけ本番の舞台を経験してしまうと怖いものなしの「メンタル」を持てるようになるようですね。



増田貴久★エゴサ疑惑浮上★ラジオの感想がTwitterに上がる発言

こんばんは。
今日は「増田貴久★エゴサ疑惑浮上★ラジオの感想がTwitterに上がる発言」の事をお伝えしたいと思います。

「NEWS・小山慶一郎」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「KちゃんNEWS」「文化放送」です。「6月4日深夜」の放送には、「増田貴久」が登場しました。「5月26日」に最終日を迎えた「コンサートツアー」「NEWS LIVE TOUR 2019 WORLDISTA」にて、次に「リリース」する「アルバム」の「タイトル」を発表した「NEWS」ですが、今回はこの舞台裏について明かされました。

「2017年」から「NEVERLAND」「EPCOTIA」「WORLDISTA」と、「“NEWS”」の頭文字を順番に取った「タイトル」の「アルバム」が発表されてきたため、次回作は「“S”」から始まる単語だと「ファン」の間で予想されていましたが、今回の「ラジオ」で「増田貴久」は、「まさかね、「SHIGEAKI KATO」になるとは思いませんでしたけど」と話を振り、「小山慶一郎」が「ホントね、みなさん驚かれたと思いますよ。「コンサートの」最後に映像が流れまして。「“SHIGEAKI KATO” to be continued」って出ましたからね。本当にみなさんね、次のツアーは「SHIGEAKI KATO」で行きますんで!全編にわたって「SHIGEAKI KATO」って曲を「15曲」入れたいと思いますんで。それじゃ楽しみにしててね!」と流暢に語りました。




もちろん、「アルバムタイトル」が「SHIGEAKI KATO」になるというのは「小山慶一郎」の「“ボケ”」で、「ツアー最終日」には「STORY」という「タイトル」が発表されていました。「増田貴久」いわく、打ち合わせの段階では「「ツアーでは」「何もしない方がいい」ってことになったんだよね。「いや、「STORY」ってのはまだ言わないでおこう。まだもうちょっと、違うタイミングがあるはずだ」って言った」とのことで、もともとは「ツアー」で発表する予定ではなかったのだといいます。

ですが、この打ち合わせ終了後、楽屋に残っていた「増田貴久」と「小山慶一郎」が「スタッフ」と話しているうちに「いや、やっぱ言おうか?」「言うカッコよさがあるんじゃない?」と考え、結局は発表する方向になりました。その後、「手越祐也」と「加藤シゲアキ」にも確認し、正式に進行することになったようですが、急遽決まったために、予告動画は「1週間で作った」「小山」など、かなり「ドタバタ」だったといいます。ちなみに、その動画は「Johnny’s Entertainment」の「公式サイト」で確認することができます。

この発表をした際、「俺ら、反応楽しみだったじゃん」「小山」との理由から、「メンバー全員」で舞台裏にある「モニター」を見ながら、「ファン」の反応を「チェック」していたそうです。大盛り上がりの会場を見て、「小山慶一郎」は「ファンのみなさんの反応見て、うれしかったよ~!」と歓喜します。「増田貴久」も「ありがとうございました!」とお礼を述べており、「ツアー最終日」の発表は大成功となったようです。




そんな話の中、「ファン」は「増田貴久」のある発言に驚いたようです。「コンサート後」で声がかすれていた「小山慶一郎」を、「増田貴久」が「今日もTwitterに上がるんじゃないですか?「スッカスカの「“ス”」」「スッカスカの「“S”」」って」とからかう場面があったのですが、「ネット」上では「まっすーの口から「“Twitter”」って言葉が出るとは!」「「Twitterに上がるんじゃないですか?」って増田さん!? まさかエゴサしてます?」「まっすーが一番SNSから遠いと思ってたのに!」との反応があったようです。

個人で「SNS」を使用している「ジャニーズタレント」は限られており、「NEWSメンバー」は今のところ、誰も「公式アカウント」を持っていません。そのため、「増田貴久」から「Twitter」という言葉が出てきたことに驚く人が多かったのです。とはいえ、「コンサート中」でも「ファン」の反応を気にしている「NEWS」なら、「“エゴサ”」していてもおかしくないかもしれませんね。

「増田貴久」も人の子です。「エゴサ」してても「ファン」なら快く受け止めてくれそうですよね。



三宅健★鶴瓶の家族に乾杯★スタッフがトラブルになる★NG出したロケ地明かす

こんばんは。
今日は「三宅健★鶴瓶の家族に乾杯★スタッフがトラブルになる★NG出したロケ地明かす」の事をお伝えしたいと思います。

「V6・三宅健」が「パーソナリティ」を務める「三宅健のラヂオ」「bayfm」です。「6月3日深夜」の放送では、同日に「三宅健」が出演した「鶴瓶の家族に乾杯」「NHK」の「ウラ話」が語られました。

「リスナー」から「「鶴瓶の家族に乾杯」でどんな出会いがありましたか?」という質問が届くと、「三宅健」は「10年以上前から、この「家族に乾杯」に出たいという話をよく「笑福亭」鶴瓶さんにはしていた」と、念願叶っての出演だったと声を弾ませました。




「三宅健」はまず、「ロケ」の行き先を決めるために、「番組スタッフ」と打ち合わせがあったと明かします。「最初は鶴瓶さんの地元で、鶴瓶さんが本当に「“いい人”」かどうかを聞いて回るっていうのをやったら面白いかなって、冗談で言ったりしてたんだけど。「本当にアポなしでやっていくんで、トラブルになると大変ですよ」みたいな感じで、「スタッフから」オススメされなかったんだよね」と、「三宅健」の提案が却下された経緯を説明しました。

そこで「三宅健」は、自宅に飾ってある木製の「“神棚”」を作っている「メーカー」が富山県にあると知り、その制作現場を見るため、富山県南砺市井波に行きたいと申し出たのだそうです。ほかにも、「三宅健」の気になる「スポット」がたくさんあるらしく、「5年くらい好き」だという「“真鍮”」を使った家具や小物を製作する「ブランド」も、富山県にあるそうです。今回の「ロケ」で行くことはできなかったため、「そっちも見てみたかったね」と思いを馳せていました。

「三宅健」はこの「真鍮ブランド」をかなり気に入っているようで、「箸置き一つにしてもすごいおしゃれだし、スプーンとかフォークとかもおしゃれだし。手で触ることによって、どんどん風合いが変わっていくし、そういうことを楽しみながら使うアイテム。かわいいんだよ」と魅力を語りました。「同ラジオ」では度々「インテリア」の話題が飛び出しますが、食器などの小物にも「三宅健」なりのこだわりがあるようです。




その後、「三宅健」はひとしきり「“キッチン周り”」について語り、「話戻りますけど」と「家族に乾杯」の話題へ。「三宅健」と「仲良し」だという「笑福亭鶴瓶」について、「人の懐に入り込むのが上手だし、その人のよさを引き出すのもすごく上手」と評し、「ホントに鶴瓶さんの人柄でできている番組だなあ、というふうに改めて思いましたけどね」と番組出演の感想を語っていたのでした。

この放送に「ネット」上では、「ラジオで番組裏話が聞けることのありがたさよ」「健くんが好きなものから見聞が広がっていくことが楽しい。私も真鍮気になってきたな」「鶴瓶さんのこと大好きなんだね、健くん。また出てほしいな~!」などの「コメント」が投稿されていました。

いくら「笑福亭鶴瓶」が人気があり人の懐に入っていける人柄だと分かっていても「スタッフ」から見れば地元での「ロケ」は危ないと判断したようですね。



堂本剛★魚好きのきっかけ告白★いい息子&知らなかった★ファン驚き

こんばんは。
今日は「堂本剛★魚好きのきっかけ告白★いい息子&知らなかった★ファン驚き」の事をお伝えしたいと思います。

「KinKi Kids」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ番組」「KinKi Kids どんなもんヤ!」「文化放送」が「6月3日深夜」に放送され、この日は「堂本剛」が登場しました。




釣り関連の「メッセージ」を募る「コーナー」「剛のフィッシング天国」にて、「先日、さかなクンがラジオでKinKi Kidsと共演した際のことを話していました。「俺たちも「“キンキ”」だ。魚の仲間だ」と言ってくれて、本当にうれしかったと言っていました。いつかさかなクンとゆるい「“お魚トーク”」してほしいです」という「メッセージ」が紹介されました。

これをきっかけに、大の「“熱帯魚好き”」で知られている「堂本剛」の熱い「“お魚トーク”」が展開されました。自身が飼っている魚について、「かわいいよね、ずっと眺めていられる。今ではもう、テレパシーも通じるみたいでね。「うん、こっち」とかって言うと、ふわ~って来たりしますよ。そっぽ向いてても、ふわ~って。そういうちょっと、不思議なところがあって」と、魚と心が通じ合っていることを明かしました。

「堂本剛」いわく、犬や猫などと比べ、魚は「コミュニケーション」を取るのが「難しい」そうで、通常はなかなか心を通わせられないのだと解説します。「「魚は」水の中にいるし。同じ空気を吸ってる仲というわけではなくて、住む世界観がまず違う」「違う世界に住んでる者同士が繋がるということなんで、結構レベルが高いんですけど」と説明しつつ、「でも、そんな中でテレパシー飛ばしてみたりとか。なんかいろいろしてるとね、ふわ~って寄って来たりするんですよ」とのことで、「堂本剛」は魚と心を通わせる「”術”」を身につけているようです。




その後、「魚はひょんなところから好きになりましたけど」と、熱帯魚を飼い始めたきっかけを明かした「堂本剛」です。なんでも、「お母さんが今まで生きてきて叶えられていない夢を叶えてあげよう」というのが動機だったそうで、「魚を飼うこと」が母の願いだったと聞き、「じゃあ僕、魚飼ってあげようって。そしたら、お母さんの夢叶えてあげられるかな」と思ったのだそうです。「お母さんも水族館とか好きで、水槽ぼ~っと見たりしてるから、なんかよかったなと思っていますけどね」と、しみじみ家族に思いを馳せていました。

この日の放送に「リスナー」からは、「魚と意思疎通してる剛くん、想像したらかわいいな!」「お母さんの夢を叶えようとする剛くん、いい息子すぎる!」「そんなきっかけで熱帯魚飼ってるとは知らなかった!堂本家の感動話に涙出る」といった声が寄せられました。

優しい性格の「堂本剛」らしいきっかけ話しに「ファン」も納得できるでしょうね。



北山宏光★ヤバイな&相当すごい★カンボジア一人旅の内容に驚嘆続出

こんばんは。
今日は「北山宏光★ヤバイな&相当すごい★カンボジア一人旅の内容に驚嘆続出」の事をお伝えしたいと思います。

「5月29日深夜放送」の「ラジオ」「Kis-My-Ft2のキスマイRadio」「文化放送」に、「Kis-My-Ft2・北山宏光」と「宮田俊哉」が登場しました。「プライベート」とは思えない、「北山宏光」の「“クレイジーすぎる一人旅”」の内容が明らかになりました。

世間にすっかり「“アニメオタク”」だと認知された「宮田俊哉」ですが、「30代」に入ってからは一転、「“王子様キャラ”」を目指しているのだそうです。一方、「北山宏光」は「俺もなんかないかな~。俺、「キャラが」ないのよ。印象薄いのよ」と、自身には強烈な個性がないと悩んでいるようです。




「宮田俊哉」によると、「北山宏光」は「体を張る系のロケ」が向いているとのことです。というのも、「北山宏光」は「5月」に配信された「キスマイどきどきーん」「dTV」で「毒グモ」の「“タランチュラ”」を食しており、「それを「いやいやいや~!」って言いながら、バラエティのノリでいけちゃうのがすごいのよ」と尊敬されています。

すると「北山宏光」」は「あいつ、毛あるのよ。だから食ったときに唾液持っていかれるの、毛に。バリバリしたスナック感覚じゃなくて。しかもさ、スタッフさんも塩とか振ってないわけ。素揚げの、ホントに何も味がしないやつで、毛に唾液を吸われるっていう」と、当時を思い出しながら淡々と「タランチュラ」の「食レポ」を始めます。それを聞いた「宮田俊哉」は「いや、ホントそういうロケ行ってほしいんだよね。絶対いいと思うんだよね!絶対いい!」と、「北山宏光」にさらなる過酷な挑戦をさせようと目論みます。ですが「北山宏光」は、「嫌だよ、そんなゲテモノばっか食うロケとか!」「人気出ると思わないわ!」と全力で拒否していました。

そんな「北山宏光」ですが、現在開催中の「コンサートツアー」「Kis-My-Ft2 LIVE TOUR 2019 FREE HUGS!」「東京ドーム公演」が終わった次の日から、「カンボジア」へ一人旅をしていたといいます。しかも、旅行先ではたくさんの「“昆虫”」を食べてきたそうです。あくまでも「プライベート」な旅行だったようですが、その内容は「1人でコオロギ食ってみたりとか。カエル食ってみたりとか、アマガエル。あと タガメ」と、「バラエティロケ」さながらです。しかも、甲羅が硬く丸い「タガメ」は噛むことが難しく「歯と甲羅の相性が悪くて、ツルツル滑っちゃって」といった知識まで披露します。「カメラ」が回っていないにもかかわらず、「“ゲテモノ食い”」に奮闘していたことを明かしていました。




「プライベート旅行」にしてはあまりにも過激な内容で、再び「宮田俊哉」は「「クレイジージャーニー」「TBS系」行きなよ、マジで!いや、ホントこれラジオを聞いてるプロデューサーさんいたらね、ぜひ北山さんにオファーしてほしい!」と、「北山宏光」の新たな一面を熱心に売り込んでいたのでした。

その後、「北山宏光」が旅行中に食べた昆虫の写真を見た「宮田俊哉」が、「うっわあ~!」「う~わっ!やっば!」「お~あ!やばっ!」と叫ぶ中、番組が終了します。「ファン」からも「みっくん、カンボジアまで行ってゲテモノ食べてくるとか、相当スゴいわ」「本人がこれを「“キャラ”」になると気づいてないところがまたヤバいな「笑」」「プライベートでゲテモノ食べるのはすごい。ぜひ「クレイジージャーニー」に出演してください!」など、驚きの声が多数寄せられました。

「バラエティ」の企画になりそうな「プライベート」を過ごしている「北山宏光」です。ぜひ、体を張った「ロケ企画」を淡々とこなす「北山宏光」の姿を見たいものですね。

のんびりで優雅な一人旅行は「北山宏光」には全く必要がないようですね。



キスマイ★メットライフドーム公演★マナー悪すぎ&Jr.ファン胸糞悪い

こんばんは。
今日は「キスマイ★メットライフドーム公演★マナー悪すぎ&Jr.ファン胸糞悪い」の事をお伝えしたいと思います。

「東京、福岡」など「5都市」を巡る「Kis-My-Ft2 LIVE TOUR 2019 FREE HUGS!」を開催中の「Kis-My-Ft2」です。「6月1日」と「2日」には埼玉の「メットライフドーム」「西武ドーム」で公演が行われましたが、「ネット」上では会場を訪れた「ファン」の「“マナー”」が問題視されています。「バックダンサー」を務める「ジャニーズJr.内ユニット・Travis Japanファン」の迷惑行為について被害を訴える声も出ており、一部の人たちにとっては後味の悪い「コンサート」になったようです。

「5都市」を巡る今回の「ツアー」で、「2都市目」となった「メットライフドーム」です。敷地内には複数の売店があり、開演前に小腹を満たす人も多かったのでしょう。「ネット」上には「前の席の子がお茶の紙パックと食べ残したゴミをそのままにして帰っていった」「前の席の2人が遅れてきて、ずっと何か食べてて、ゴミを放置して途中で帰った」「ゴミいっぱいあった。ゴミにして捨てるなら、飲みきれないジュースを買うな!」と、主に飲食物の「ゴミ」に関する指摘が複数上がっていました。




中には、周辺の座席を掃除して帰った「ファン」や、「中学生くらいの女の子2人が自分で袋を持参して、ほかの席のゴミ拾いまでしてて感動した」といった心温まる「レポート」もあり、「コンサート」を見に行った「ファン全員」が悪いわけではなく、「マナー違反者」はごくわずかとみられますが。

「メットライフドーム」と同じ西武球場前駅を利用する「ところざわのゆり園」へ行こうとした「Twitterユーザー」からは「すごい人だかりで断念。Kis-My-Ft2ファンが座り込んでてゆり園までの道が通れなかった。ほかにも床に座り込んでる人がいてマナー最低」という内容が投稿され、「1,000件以上リツイート」されるなど、注目を集めました。「キスマイファン」が謝罪の「メッセージ」を送っているものの、当事者は「個人的にとても残念に思った」と返信しています。

さらに、同じ「キスマイファン」ですら「電車でいい年したキスマイファンが歌って踊ってて恥ずかしかった。あんなのジャニーズファンきもい、マナー悪いって思われて当然」「道のど真ん中で話してたり、通り道を塞いで座ってたりしてて恥ずかしくない?ファンじゃない人からしたらもっと邪魔だったと思う」と、呆れた声が見受けられました。

これらの書き込みを目にした人たちは「マナーを守るのは、ファンができる最大の愛情表現。キスマイが誇れるファンになろう」「ファンもキスマイの名前背負ってるの忘れないで。いい大人なんだから自分の行動に責任持とう」などと、注意を喚起しました。近隣住民などから不満が出た場合、今後「メットライフドーム」が使用できなくなる可能性もあると危惧する声も上がっています。




そんな中、「バック」についた「通称トラジャ」こと「Travis Japan」をはじめとする「Jr.ファン」への苦言も飛び交っているようです。「キスマイの歌唱中にトラジャファンがずっとしゃべっていて最悪だった。こんなとんでもないやつら初めて」「Jr.が出てくるまで座りっぱなし。キスマイには興味ないって感じでずっとしゃべってる」「結構Jr.ファンいたけど、座って携帯いじるわ、席移動激しいわ、こんなにマナー悪いの?」と「キスマイファン」の愚痴が「ネット」上に漏れています。「胸糞悪くて、トラジャには罪ないけど本当に腹が立った」と怒りをあらわにする「コメント」も聞かれました。

演出の一貫で客席に向けて発射される、「銀テープ」をめぐる「トラブル」も発生したようです。ある「Twitterユーザー」の「キスマイファン」は、「Jr.ファン」が「銀テープ」を取ろうとした際に自分の「メガネ」が吹き飛び、鼻に引っかき傷ができてしまったと報告しています。持っているうちわなどから「Jr.ファン」だと特定したものとみられますが、席番号を晒した上で「本当に許せない」と、怒りを露わにしています。さらに、「2日」の「MC中」に「キスマイ」が「7月10日」に「ニューシングル」を発売すると報告すると、「リアルタイム」で「Twitter」に投稿した人がいるようで、公演中に携帯をいじっているのかと疑われることとなりました。

次の「FREE HUGS!」公演は「愛知・ナゴヤドーム」で行われますが、「一部ファン」による「マナー」に反した行為が改善されていくことを願いたいですね。

「LIVE公演」の目的が何なのかを改めて考える時がきているのかも知れませんね。本気で「キスマイ」を応援している「ファン」が気の毒でなりませんね。