ジャニーズ

北山宏光★LISAからいつ出世すんだ★キツい指摘の訳

こんばんは。
今日は「北山宏光★LISAからいつ出世すんだ★キツい指摘の訳」の事をお伝えしたいと思います。

「Kis-My-Ft2」の冠番組「キスマイ超BUSAIKU!?」「フジテレビ系」が、「6月13日深夜」に放送されました。この日は「ゲスト」に「タレント」の「木下優樹菜、m-flo・LISA」、「結婚カウンセラー」の「工藤恵子」を迎え、恋人から「何でプロポーズしてこないの?」と言われた時の対応に、「Kis-My-Ft2メンバー」が「チャレンジ」しました。




女性審査員「70人」と「ゲスト」からの採点で順位が決まるのですが、今回「ダントツ」の最下位となってしまったのは、「北山宏光」でした。恋人から「ねえ、何でプロポーズしてこないの?」と聞かれた「北山宏光」は、彼女に向き直り「ごめん。まだ給料安いの」と一言。さらに、「頑張って出世します!」と意気込んだものの、一般審査員からの評価は「出世しなそう」「お金じゃないのに」と散々で、「ツッコミ」の声ばかりが寄せられてしまいました。

得点は「100点満点中15点」となり、「木下優樹菜」は「結婚を考えてくれてるかわからない。もっとリアルに安心させる言葉がほしかった」と酷評します。また、「LISA」からも「いつ出世すんだよ!」と「ツッコ」まれ、「北山宏光」は「こっちもわからない」「いつ出世するかはわからない」と、苦笑いするしかない様子でした。

一方、「ダントツ」で最高得点を叩き出したのは、「二階堂高嗣」でした。「何でプロポーズしてこないの?」と聞かれた「二階堂高嗣」は、「そんなこと言わせてごめんね」と、まず謝罪します。「でも、俺もちゃんと考えてるから。プロポーズするタイミングは、俺に任せて」と恋人を安心させ、その後は気まずくならないよう、「紅茶おいしい?」と自然な会話に切り替え「フォロー」しました。




一般審査員からは「まず謝ってくれてうれしい」「「ごめんね」って言える人素敵」「男らしい!」と絶賛の声が集まり、「二階堂高嗣」は「77点」を獲得して堂々の「1位」に輝きました。これは本人も「やった!」「よし!」と大喜びで、「木下優樹菜」からも「ダントツ一番好きです」と称賛が。「二階堂高嗣」は同番組の「ランキング」で「“下位”」の常連ということもあり、「メンバー」もこの結果に驚いていました。

視聴者からは「ニカさんはやっぱり一番心に寄り添ってくれる!」「自然な感じが最高!ニカちゃん今回はすごく頑張ったと思う」と、「二階堂高嗣」へ絶賛の声が続出します。一方、「北山宏光」については「結婚はお金がないと厳しいとはいえ、めっちゃ現実的すぎる」「ウケを狙ったとしても寒いぞ」と「ツッコミ」が相次いだのでした。

女性の心理を理解していないのが出てしまった「北山宏光」ですが「LISA」からの指摘には納得せざるを得ないでしょうね。



マリウス葉★インターネット怖い発言★ファンは文春脱退報道を想起

こんばんは。
今日は「マリウス葉★インターネット怖い発言★ファンは文春脱退報道を想起」の事をお伝えしたいと思います。

「Sexy Zoneメンバー」が交代で「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「Sexy ZoneのQrzone」「文化放送」の「6月10~13日」の放送回に、「佐藤勝利」と「マリウス葉」が登場しました。放送中、「佐藤勝利」が「マリウス葉」に「ネット記事は見ない方がいい」と助言する場面がありました。




「突然ですが、お財布は長財布か折り畳みの小さめの財布のどっちが好きですか?」という「リスナー」の質問が、「13日」に届きました。「マリウス葉」はこれに「領収書やレシートを折らずに入れたいから「“長財布”」」と答え、「佐藤勝利」は「折り畳みというか、小さいやつ。めちゃくちゃ小さいやつ」と「“ミニ財布”」を愛用していると明かしました。

続けて「佐藤勝利」は「僕、小銭とか持たないので」といい、「小銭を何で持たないかっていうと。渡すんですよ、小銭は基本的に」と説明を始めたのですが、ここで「マリウス葉」が「犬に?」と思わぬ「ボケ」で返したため、「佐藤勝利」と「番組スタッフ」は大爆笑します。「佐藤勝利」は「犬はお金使わないんですよ」「「犬が欲しいものは」僕が買いますから、全部」と丁寧に「ボケ」を回収していったのですが、「マリウス葉」は「「小銭を犬に渡しちゃう勝利」、これ記事になるんじゃないですか?」と発言します。

すると「佐藤勝利」が「ネットニュースのことですか?めちゃくちゃ見てる あんま、やめた「見ない」方がいいよ!」と、真面目な「トーン」で忠告します。どうやら「マリウス葉」は、「中島健人」が「同ラジオ」に出演する際、よく「ラジオでの会話が記事になる」と言っているのを「マネ」しただけのようですが、その後も「佐藤勝利」は「SNSはね」と「ボソボソ」。「マリウス葉」も「怖いものですよね、インターネットって」といい、「2人」とも「ネットニュース」や「SNS」について、何か思うところがある様子でした。




この放送を聞いていた「ファン」からは、「マリウスの記事じゃないかと思ってしまう」「ファンも騒いでたもんね。勝利くんはそれを見ちゃったのかな」と心配の声が続出します。というのも、「6月4日」に「ウェブサイト」「文春オンライン」にて、「マリウス葉」が「「ジャニーズを辞めたい」と泣きながら関係者に訴えた」と報道され、「ファン」の間に衝撃が走っていました。「ラジオ」で「佐藤勝利」の発言を聞き、この記事を思い出す「ファン」が多かったようです。

「佐藤勝利」の意見には「ファン」も同調しており、「勝利くんって、少し触れにくい話題にもちゃんと自分の考えを言ってくれるからありがたいよなあ」「勝利くんがマリウスのこと心配してて、優しいなって。本当、SNSとかネットニュースは見なくていいと思う」「勝利くんのような強さがあれば、Sexy Zoneは安泰だね!」といった意見が多数寄せられていました。

例え「インターネット記事」だとしても「ファン」は不安な気持ちで過ごしてしまうものですよね。



櫻井翔★王子様ランキング第1位★クソ恥ずかしい&大照れ

こんばんは。
今日は「櫻井翔★王子様ランキング第1位★クソ恥ずかしい&大照れ」の事をお伝えしたいと思います。

「嵐」の冠番組「VS嵐」「フジテレビ系」が、「6月13日」に放送されました。この日の「ゲスト」は、「タレント・武井壮」率いる「武井壮軍団」で、「A.B.C-Z・塚田僚一」も参加しました。また、「嵐チーム」に加わる「プラスワンゲスト」には、俳優の「柳楽優弥」が初登場しました。




「武井壮軍団」には、「NBA現役プレイヤー」の「渡邊雄太選手」も参加しました。「渡邊雄太選手」が「本番前のルーティン」について「嵐メンバー」に質問すると、「我々は、本番前にそれぞれに握手して出ていくんですね。歌番組とかコンサートで」と「櫻井翔」が答えます。ですが「1拍、2拍、松本潤が遅れてくる」と、「松本潤」だけ握手の「タイミング」が「ズレ」ているといい、「そうすると、我々4人は握手が済んじゃってるから、4人が列をなして松本を待つ」という「“謎の状態”」になると暴露しました。

そんな「松本潤」は、「私は「“ルーティン地獄”」ですから」と苦笑いしつつ、本番の「3時間半前」からきっちり「スケジュール」を決めていると明かします。「3時間半前に、僕はご飯食べるんですよ。ご飯は最近「“鍋”」だね、消化にいいから。で、3時間前から体動かして声出してとか。メイクするのはこの時間で、とか全部決まってます」と、強いこだわりを激白しました。

また、「最終ゲーム」の前には、番組出演のたびに「ジャニーズ○○ランキング」を発表していた「塚田僚一」が、今回も独断と偏見で「ジャニーズ王子様ランキング」を発表しました。「塚田僚一」は「5位」に「Sexy Zone・中島健人」、「4位」に「Hey!Say!JUMP・山田涼介」、「3位」に「少年隊・東山紀之」、「2位」に「KinKi Kids・堂本光一」と順番に発表し、「1位」に「櫻井翔」を選出しました。その理由について「塚田僚一」は、「知的なイメージはあるんだけど、みんなから愛されている。イジられたりもされてるんで、親近感が「ある」」と称賛しました。これに「櫻井翔」は「クソ恥ずかしい!」と、驚きと照れの表情を見せます。




また、「二宮和也」が「ちなみにさ、こんなこと聞くの野暮だけど聞いてもいいかしら?私、何位?」と質問すると、「塚田僚一」は「第7位!」と回答します。「大野「智」くんは第8位。松本潤くんは第6位です」と「塚田僚一」が発表していくと、「3人」は満面の笑みを見せます。そして「1人」残った「相葉雅紀」について、「塚田僚一」は「432位」と脅威の低順位を発表します。この結果に「相葉雅紀」は、「おいっ!」と全力で「ツッコミ」を入れていました。ちなみに、「塚田僚一」自身は「10位」に「ランクイン」しているそうで、「この金髪がいいですよね」と自画自賛します。「嵐メンバー」からは「いっぱいいるだろ!」と、「猛ツッコミ」を受けていたのでした。

「塚田僚一」が発表した「王子様ランキング」は視聴者からも反響が大きく、「相葉くんの432位はさすがに笑った!完全にオチに使われてる!「笑」」「櫻井くんが恥ずかしがりながら、うれしがってるのがかわいかった~!」「塚ちゃんのランキングはいつも面白い。またやってほしい!」という声が集まっていました。

「クソ恥ずかしい」と言いながら「1位」に満足している「櫻井翔」の表情が可愛いく見えますよね。



櫻井翔★番組スタッフに別のも用意してと不満★お堅いイメージにうんざり

こんばんは。
今日は「櫻井翔★番組スタッフに別のも用意してと不満★お堅いイメージにうんざり」の事をお伝えしたいと思います。

「嵐・櫻井翔」と「有吉弘行」が有名人の素顔や本音に迫る「バラエティ番組」「櫻井・有吉THE夜会」「TBS系」です。「6月13日」の放送では、「櫻井翔」が「同番組スタッフ」に対し「“クレーム”」を入れる場面がありました。

今回は、「ものまねタレント」の「Mr.シャチホコ&みはる夫婦」、女芸人の「友近&ゆりやんレトリィバァ」、歌舞伎界の「プリンス・尾上松也&尾上右近」の「3組」が、「ゲスト」としてそれぞれの「コーナー」に登場しました。その中で、「友近&ゆりやんレトリィバア」が登場した「コーナー」での「櫻井翔」の発言に「ファン」が反応しています。




「友近」と「ゆりやんレトリィバア」が「MCの周りにいる変な動きのスタッフ」「カバンに襟を持っていかれているスタッフ」など、「コント」の「ネタ」にできそうな「テレビ関係者」の言動を発表し、他出演者も、これまでに出会った「スタッフ」の気になる言動を密告しました。

一方、「櫻井翔」は「イメージで楽屋の雑誌を決めるスタッフ」に思うところがあるようでした。「嵐5人」が集まる楽屋では「「メンバー」それぞれ用に雑誌が置いてある」ことが多いそうで、「大野智」なら「釣り雑誌」、「二宮和也」なら「ゲーム雑誌」、「相葉雅紀」と「松本潤」には「ファッション雑誌」と、趣味に合わせた雑誌が用意してあるそうです。

そして「櫻井翔」に用意されるのは、総合経済雑誌の「財界」「財界研究所」や、「国際ニュース雑誌」の「Newsweek日本版」「CCCメディアハウス」、「COURRiER Japon」「講談社」など、お堅い「“ビジネス雑誌”」ばかりなのだそうです。「櫻井翔」いわく「一番ポップ」なものでも、男性向け「カルチャー・ライフスタイル誌」「pen」「CCCメディアハウス」で、長年「ニュース番組」の「キャスター」を務めているからか、「だいぶイメージが固まってるんだろうね」と「櫻井翔」自身も「スタッフ」の行動には納得しつつ、内心は「別の雑誌も用意してほしい」と不満を感じているようでした。




その後、「有吉弘行」に「「夜会」のときはミリタリー「系の」マガジンが置いてあってね」と言うと、「迷彩じゃないから!」と「櫻井翔」は即座に否定します。これは、同番組で何度も「“櫻井の私服=迷彩柄”」と「イジ」られているがゆえの発言ですが、「櫻井翔」は「これやってきそうだな~今度」と、次の収録時には「ミリタリー関連」の情報誌が楽屋に置かれそうだと警戒していました。

これに「ネット」上では「嵐さんの雑誌事情面白い!翔くんだけ全然違う方向で笑える」「スタッフさんが良かれと思ってやってるからこそ、面白いな「笑」」「これは絶対、次回の収録でミリタリー雑誌が置かれるね!」との反応があり、知られざる楽屋事情に興味津々の様子でした。

「キャスター」の仕事をしている限りは「スタッフ」も「お堅いイメージ」を払拭することはできないでしょうね。



桐山照史★ジャニーズWESTは最強★ブログ内容★内輪でダサい&ファン激怒

こんばんは。
今日は「桐山照史★ジャニーズWESTは最強★ブログ内容★内輪でダサい&ファン激怒」の事をお伝えしたいと思います。

「公式携帯サイト・Johnny’s web」に載せた手料理の写真をきっかけに、「“交際匂わせ”」疑惑がささやかれている「ジャニーズWEST・濵田崇裕」です。本人が騒動について沈黙を貫く中、「一部ファン」は別の「メンバー」が連載に綴った一言に、失望してしまったようです。

発端は、「濵田崇裕」が「WEB」の個人連載「はまだのPhoto日記」「6月8日更新」に、「鶏肉ときのこのトマト煮」の写真を「アップ」したことでした。「できたー!!!」「美味しそうやろこれ!!!」と、自身の手作りである旨を「アピール」していましたが、「ファン」の間ではこの「1枚」に疑問の声が噴出します。「ネット」上の「ファン」の書き込みによれば、ある「インスタグラムユーザー」がよく似た写真を「ストーリー」に投稿しており、具材の位置なども一致していると、話題になります。当該「アカウント」は、女性の後姿が「アイコン」になっているもので、「濵田崇裕」の日記より先に掲載していたため、「料理は彼女が作ったのではないか」といった疑いが持たれたのです。




「トマト煮」自体はほぼ同一の写真だっただけに、「濵田崇裕」を「“クロ”」と決めつけた「ファン」からは「月額324円払って彼女が作った料理見せられるのは気分悪い」「彼女作ってもいいけど、自ら匂わせるのはただのバカ。アイドルとしての自覚ある?」といった非難の声が相次ぎました。というのも、「濵田崇裕」は最近になって料理に目覚めたといい、一部の人たちは何か裏があると、勘ぐっていたようです。「カレーばっか作ってたのに、急にオシャレなもん作ると思ったら、そういうことか」などと呆れた声が上がり、多くの「ファン」は「濵田崇裕」には「“親密な女性がいる”」と確信していました。

件の「インスタ」はすぐに閲覧できない状態になり、「13日」までに「トマト煮」以外の明確な証拠や、検証の対象となる写真などは発見されていません。一方、その「濵田崇裕」は「ジャニーズJr.8人」が出演する「7月20日スタート」の「連続ドラマ」「恋の病と野郎組」「BS日テレ」に出演が決定しています。同作は、男子しかいない高校の「クラス・通称」「野郎組」を舞台にした「1話完結」の「オムニバスコメディー」で、「濵田崇裕」は「担任教師・花岡先生役」を演じるといいます。「はまだのPhoto日記」は例の投稿以降、更新していませんでしたが、「12日」に「ドラマ」の台本の写真を「アップ」し、「クランクイン」を報告しました。

すると、「濵田崇裕」に否定的な感情を抱く「ファン」からは「日記に載せる写真があってよかったね。更新しないとトマト煮の写真が下がらないもんね」「あと9回更新しないと、料理の写真が消えないから頑張って」「ページ開く度にトマト煮が出てきて腹立つから早く更新して」と皮肉めいた「コメント」が見受けられたほか、「先生役やるんだから今後はちゃんとしてよ」「ドラマあるなら、なおさらあんなバカなことするなよ」と、手厳しい意見もあるようです。




そんな中、「メンバー」の「桐山照史」が「12日」に書いた「Johnny’s web」での個人連載「きょうのあきと」の内容が注目を集めています。同日は久しぶりに「7人全員」での仕事があったとして、現場の楽しそうな雰囲気を伝えた「桐山照史」です。「グループ」の良さにあらためて気づいたのか、「ジャニーズWESTは最強」の一言で「ブログ」を締めくくっていました。ですが、「濵田崇裕」の一件で揺れたばかりとあって、「ファン」は「桐山、このタイミングで「ジャニーズWESTは最強」だなんてよく言えるな」「濵ちゃんは謝罪もしてないのに、メンバーとの仕事を楽しんでたの?」「「ジャニーズWESTは最強」って一言、前なら賛同できたけど、今じゃ本当にくだらないと思う」「ほかのメンバーはブログで余計なことするなよ。みんなで楽しくやってまーすって言われて、こっちがどんな思いするかわからないの?」と、激怒しています。

「桐山照史」は何の気なしに「グループ」への熱い思いを記した可能性も高いのですが、「“濵田を擁護している”」と受け止めた人も多く、「傷の舐め合いするんじゃなくてちゃんと叱れば?反省させなきゃ何も成長しない」「あの様子じゃ、誰も濵田に対して怒ってなくて、慰めてるだけなんだろうな」「内輪で慰めあってダサい。最強なグループはファンを悲しませない」と、辛らつな反応が目立ちました。

とはいえ、「濵田崇裕」を信じる「ファン」は「ジャニーズWESTは1人1人が素敵で最強。これからもついていく」「照史くんの「ジャニーズWESTは最強」って言葉、私はうれしい。みんなで集まって絆ができたのかなって解釈した」と前向きに捉え、「桐山照史」の連載に感動していました。全くの濡れ衣ならば、反論しない限り、しばらく「ファン」の間で「濵田崇裕」の人気や信頼度は下がる一方かもしれませんね。

「濱田崇裕」の交際匂わせ騒動から「ファン」も「他メンバー」の発言に敏感に反応していますよね。



伊野尾慧★三宅正治アナウンサーに宣戦布告★40年後の立ち位置★ファン仰天

こんばんは。
今日は「伊野尾慧★三宅正治アナウンサーに宣戦布告★40年後の立ち位置★ファン仰天」の事をお伝えしたいと思います。

「Hey!Say!JUMP・伊野尾慧」が「木曜レギュラー」を務める情報番組「めざましテレビ」「フジテレビ系」が、「6月13日」に放送されました。




この日の「伊野尾ピクチャー」では、写真家で映画監督の「蜷川実花」と「伊野尾慧」の「ツーショット写真」を公開しました。「蜷川実花」が「2019年度」の「Hey!Say!JUMPカレンダー写真」を撮影して以来、交流があるそうで、「伊野尾慧」は「お食事に行ってきた」と明かしていました。この写真を見て、「伊野尾慧」自ら「不思議な組み合せですよね」と言いつつ、最後には「蜷川実花」が監督を務めた映画「Diner ダイナー」「7月5日公開」について、「僕も必ず見に行きます!」と宣言していました。

その後放送された「イノ調」では、政府が「“70歳定年制”」を打ち出したということで、「伊野尾慧」が「高齢者雇用」に取り組んでいる企業を訪問します。これまでとは違う「ジャンル」で活躍する定年退職者や、退職後に契約社員として転職した「シニア」を、「伊野尾慧」が取材しました。また、「ファミレスチェーン」の「すかいらーくホールディングス株式会社」では、社員の定年は「65歳」であるものの、「パート・アルバイト」の定年が「75歳」ということで、実際に高齢者が活躍している現場を目の当たりにしました。

前向きに仕事へ取り組む高齢者を見て、「伊野尾慧」は「僕ももっと真面目に働かなきゃな、って思ってくる」と自戒します。さらに、「ニュースとかで高齢者の方が増えてるってお話聞くと、どうしても「暗いトーンなのかな?」って思ってしまいがちだったんですけれども、そういうことじゃないんだなって思いました」と、高齢者雇用の「イメージ」が変わったと語ります。そして「昔より高齢者の方々が非常に若々しいし、「働きたくない、仕事に行きたくない」っていう若い方々、今すごく多いじゃないですか。そういった方々に、この笑顔と楽しく働く姿を見てほしい」と、熱く語っていました。




「ロケ」の最後に、「スタッフ」から「40年後の自分はどうなっているか」と話を振られた「伊野尾慧」は、「確実に、三宅「正治」さんか、あるいは蝶ネクタイして軽部「真一」さんの立ち位置にいると思う」と笑いながら「コメント」します。これに「三宅正治アナウンサー」は、「そんな野望が!」と衝撃を受けていました。

「伊野尾慧」の「“野望”」には「ファン」も反応しており、「伊野尾くん、長生きしてこれからも「めざましテレビ」で頑張ってね!」「40年後は伊野尾慧の「めざましテレビ」になってるのか!それまで応援します!」「まさか伊野尾くんが「三宅さん・軽部さん」のポジションを狙っているとは「笑」」という仰天の声が集まっていました。

宣戦布告をするのは良いのですが「40年後」も「めざましテレビ」が放送されているかどうかですよね。



玉森裕太★パラレルワールド・ラブストーリー★力不足実感&弱音ポロリ

こんばんは。
今日は「玉森裕太★パラレルワールド・ラブストーリー★力不足実感&弱音ポロリ」の事をお伝えしたいと思います。

「6月12日深夜放送」の「ラジオ」「Kis-My-Ft2のキスマイRadio」「文化放送」に、「Kis-My-Ft2・横尾渉」と「玉森裕太」が登場しました。「ドラマ」や映画の「“NGシーン”」について語られました。

この日、「リスナー」から「今までドラマや映画に出演されてきたと思うのですが、NGって結構出しますか?」という質問が寄せられ、現在、主演映画「パラレルワールド・ラブストーリー」が公開中の「玉森裕太」は、「NGなんてたくさん出してますよ僕、何回も。嫌なほど出してますよ」と「キッパリ」。




「セリフ」間違いといった単純な「ミス」よりも、「足りてなかった、自分の力が」と「“力不足”」で監督から「NG」を出されることが多かったようで、「玉森裕太」は「100%出してるつもりではいるけど、やっぱ伝わらないときもあるしね、監督に。なんか難しいよね。思ってることをちゃんと感情に出してはいるけど。監督とのさ 人対人だし、伝え方だったりとさ、そういうのって変わってくるから」と、苦労を語っていました。

そして「横尾渉」が「NG出たときの共演者の空気感って、どうなんですか?」と聞くと、「玉森裕太」は「みんなも「“当たり前”」だと思ってるからね。NG出すことが悪いと思ってないから」と返答します。「玉森裕太」も、出演者の誰かが「NG」を出したとしても、「全然、何も気にしなくて大丈夫で~す!」とあっけらかんとしており、自分が「NG」を出しても「申し訳~!」くらいにしか思わないそうです。その考えの根本には、「しょうがないんですよ。いいもの作るためだと思えば。そういう、何回もやり直すってのは問題ない!」と、いい作品を作っていく上での工程の一つとの思いがあるようです。

一方、「2018年」に「ドラマ」「○○な人の末路」「日本テレビ系」で「Kis-My-Ft2」の「派生ユニット」「舞祭組」の「メンバー」と共演していた「横尾渉」は、「セリフ」の「イントネーション」がうまくいかず、「全然言えなくて」苦労したことがあったそうです。なんと、「OK」をもらうまでに「20テイク」ほどかかってしまった「シーン」があったのだそうです。




そんな中で、もっとも「NG」が多かったのは、「千賀健永」だったそうです。最終回のとある「シーン」で、「横尾渉、二階堂高嗣、千賀健永、宮田俊哉」の順で「メンバー」それぞれに「長セリフ」が与えられ、それを「1カット」で撮影する場面があったと回顧します。誰かが「NG」を出してしまうと、全員で撮り直すことになる緊張感の中、「千賀健永」が何度も「NG」を出してしまっため、「横尾渉」と「二階堂高嗣」は「えっ、俺言えたのに」と「ガックリ」していたことを告白します。とはいえ、実際は「メンバーでやってるから、「NGが出ても」笑いになるの。「何やってんだよ~!」とか」とのことで、和気あいあいと撮影していたようでした。

この放送に「ファン」からは「言い訳をせず「“どーん”」とあるがままを受け入れる玉森くん、かっこいい」「玉森くんのこういう考えがホント好き!」「NGに対して寛容な玉ちゃんと横尾さん、余裕があって大人でいいね」などの声が寄せられていました。

寛容な考えで撮影をしていないと上手くいくものもいかなくなるでしょうね。地道な作業があってこそ素晴らしい作品になるんでしょうね。



城島茂★一番辛抱してる&いろいろ苦労ある★植草克秀の言葉にファン涙

こんばんは。
今日は「城島茂★一番辛抱してる&いろいろ苦労ある★植草克秀の言葉にファン涙」の事をお伝えしたいと思います。

「TOKIO」の冠番組「TOKIOカケル」「フジテレビ系」が、「6月12日」に放送されました。この日は「TOKIO」の大先輩である、「少年隊・植草克秀」を「ゲスト」に迎え、大盛り上がりの「“ジャニーズトーク”」が繰り広げられました。

まずは歴史を振り返るべく、「少年隊」の結成について「トーク」をしていた際、「植草克秀」が「1984~5年だよ」と曖昧な回答をします。ですが、実際は「81年」に結成し、「85年」に「仮面舞踏会」で「レコードデビュー」している「少年隊」です。「スタッフ」から訂正が入ると、「城島茂」も「85年ですよ。僕 そ、その、レコード買ったんですよ!」と主張します。「植草克秀」が苦笑いで「お前、何必死にしゃべってるんだよ?」と「ツッコ」むと、「城島茂」は「そのレコード買って、事務所入りたいと思ったんですよ!少年隊に憧れてジャニーズ入ったんですから!」と目を輝かせ、「国分太一」から「最高の関係ですね、お2人の関係!」と称賛されていました。




「少年隊」の「大ファン」だと明らかになった「城島茂」ですが、「植草克秀」らと最初に顔を合わせたのは、かつて放送されていた音楽番組「ザ・ベストテン」「TBS系」の楽屋だったといいます。当時「城島茂」は、「地元・奈良」から上京後、「ジャニー喜多川社長」から誘われて楽屋に行き、「少年隊」を目撃したとのことでした。その時の様子について、「城島茂」は「廊下で錦織「一清」さんがプロデューサーさんとしゃべってて、東山「紀之」さんがダンスの振りを確認してて、奥見たら植草さんがサンドウィッチをガッツガツ食べてた」と明かし、「スタジオ」は笑いに包まれます。

一方、「植草克秀」から見た「城島茂」の印象は、「合宿所で眼鏡掛けてビデオ撮ってた思い出しかない」とのことです。当時、合宿上では先輩が出演していた「テレビ番組」を後輩が録画する決まりがあったらしく、その担当が「城島茂」だったといいます。そして「植草克秀」は「城島茂」を「すごく優しい」と褒め、「果物むいてくれたり、ラーメン作ってくれたり、すごくイイやつ」と評価しました。

これには「松岡昌宏」も、「僕らがTOKIO結成したときに一番うらましかったのは、先輩のところ行くと必ず「よお、城島」って「言われる」。少年隊さんとか男闘呼組さんとか光GENJIさんのところ行っても、「よお、城島」って。これはすごいなって!」と、先輩から慕われる「城島茂」に憧れていたことを告白します。「植草克秀」は「城島は合宿所にずっといて、いろんなものを見てるわけよ。見ちゃいけないものも見てるだろうし、言っちゃいけないものも黙ってるだろうし。こいつが一番辛抱してるんじゃないかって。いろんな意味で苦労してる」と、しみじみ話していました。




そして「城島茂」は、「植草克秀」に感謝したいことがあると語り出します。高校時代、「ドラマ」の撮影で「“標準語”」の「セリフ」があったものの、「城島茂」はうまくしゃべれず苦労していたそうです。そんな「城島茂」を見て、「植草克秀」は「何やってんだ?」と声をかけ、「読み合わせしたろ」と言って演技指導をしてくれたのだそうです。さらに「城島茂」は、その時「植草克秀」が「俺は、少年隊の中ではヒガシやニシキには踊りで勝てないかもしれない。でも俺は、芝居と歌だけは絶対負けない」と言っていたことが強く印象に残っていると明かし、「TOKIOメンバー」からは「えー!」「うおー!」と感動の声が聞かれました。「そんなこと今言うなよ!」と照れる「植草克秀」でしたが、「城島茂」は「自分の自信持てることをやれって、すごく励ましてくれた」と、感謝の気持ちを伝え続けたのでした。

この日の放送に視聴者からは、「リーダーも下積み時代はつらかったんだろうなと思ったら、なんか泣けてきた」「なんか今回の放送はリーダーのすごさを感じた。後輩のことを褒めてくれる植草先輩も優しいね」「リーダーはいろいろ苦労があったよね 本当に頑張ってると思う」という声が集まっていました。

「城島茂」の人柄が分かり先輩たちからも可愛がられていたことが伝わってきますよね。



村上信五★ちゅうえいに謝罪★申し訳ない★頭下げた訳

こんばんは。
今日は「村上信五★ちゅうえいに謝罪★申し訳ない★頭下げた訳」の事をお伝えしたいと思います。

「関ジャニ∞」の冠番組「関ジャニ∞のジャニ勉」「関西テレビ」です。「6月12日深夜放送」では、「ゲスト」に「お笑い芸人・流れ星」を迎えて「トーク」が展開されました。




「流れ星」の「“ギャグ担当”」「ちゅうえい」が、「どれだけギャグを作っても、お客さんの8割にウケないと採用しません」というこだわりを披露しました。「VTR」で「ちゅうえい」の「ネタ」が流れ、それを見た「大倉忠義」は思わず「マル「丸山隆平」やな」と感想を述べます。「関ジャニ∞」の「ギャグ担当」である「丸山隆平」と姿が重なったようですが、「ちゅうえい」が「ネタ帳」に自身の「ギャグ」を「ビッシリ」書き記していることが判明すると、「関ジャニ∞メンバー」は「すごい!」と驚嘆します。「横山裕」も「考えられてるもん。マルの思いつきとはちゃうわ」と、同じ「“ギャガー”」として「丸山隆平」と「ちゅうえい」の差を感じたようです。

実際に「ちゅうえい」の「ギャグ」が「スタジオ」で披露されると、「村上信五」からはあらためて「申し訳ないです。プロの芸人さんに「マルに似てる、似てる」って。使い捨てなんで、彼のギャグは!」と「ちゅうえい」に対して謝罪します。すると、「丸山隆平」本人も「思いついたノリで言ってるだけなんで。こうやってメモ書かれて。どういうふうにギャグが生まれるのかっていうのを、今日聞きたいと思います」とかなり真剣な表情を、「ちゅうえい」に向けます。

これに困惑した「ちゅうえい」は、「正直、僕もちゃんと考えてるなんて思われたくない パッと浮かんだって」と「ボソボソ」。一方、真剣に「ギャグ」と向き合おうとしている「丸山隆平」が「ちゃんとしたところ見せていきましょ!」と「ちゅうえい」に訴えかけると、「マジで朝まで飲めるわ!」と「シンパシー」を感じたようで、「2人」はまさに「“師匠と弟子”」のような姿を見せていました。




ですが、その後「ちゅうえい」の「ギャグ」は、半分ほどが「相方・瀧上伸一郎」により作られたものだと判明します。「ちゅうえい」に「ギャグ」をやるよう進言したのも「瀧上伸一郎」らしく、手柄を「ちゅうえい」に全部持っていかれると「ボヤ」いていると、「錦戸亮」が「やればいいじゃないですか、自分で」と提案します。突然の展開に、「ちゅうえい」も「斬新な提案!ちょっとやってみろよお前!」と「ノリノリ」で、「錦戸亮」も「「俺が作った、俺が作った」言うんやったら、自分で「やればいい」。シンガーソングライターやん!」と「瀧上伸一郎」を追い込みます。突如表舞台に引っ張り出された「瀧上伸一郎」は、必死に「ギャグ」を披露しますが、案の定「大スベリ」します。結果的に、「ちゅうえい」の「ハート」の強さと才能をあらためて知ることになったのでした。

この日の放送は、「メンバー」と「ゲスト」が一体になって楽しんでいたことが、「ファン」には印象的だったようです。「ネット」上には「芸人さんがゲストだとメンバーがめっちゃ笑ってて見ててうれしくなる!」「丸ちゃんがとにかく楽しそうで最高!」「ちゅうえいさんのギャグに大笑いしてる関ジャニ∞につられて笑っちゃう~!」といった感想が寄せられていました。

「ちゅうえい&丸山隆平」の「コンビ企画」が実現することを期待したいですよね。



三宅健★深刻な体調不良報道★プリシラとは別人★新恋人が看病

こんばんは。
今日は「三宅健★深刻な体調不良報道★プリシラとは別人★新恋人が看病」の事をお伝えしたいと思います。

「V6・三宅健」が体調不良のため、人知れず治療を受けていたと、「6月13日発売」の「女性セブン」「小学館」が報じています。来年「25周年」を迎える「V6」には「全国ツアー開催」の期待が寄せられますが、「三宅健」は食欲不振から始まり、その後は排泄も困難になってしまったことから、「全国ツアー」の参加も危ぶまれているといいます。一方で、そんな「三宅健」を献身的に支えている「“恋人”」について、さまざまな疑問の目が向けられているようです。

記事によると「三宅健」の自宅を出入りする女性として、「ショートカット」の「モデル風女性」の写真が掲載されています。左手薬指には指輪をはめており、また「三宅健」が倒れた時には、つきっきりで看病していたとの証言もあるようです。




記事には同棲を匂わせる記述もあり、この女性が恋人であることは明らかなようです。ですが、「三宅健」の恋人として記憶に新しいのは、「昨年10月」に「フライデー」「講談社」が報じた「ハーフモデル」の「プリシラ」ですが、今回報じられた女性は別人だと言われているようです。

当時「フライデー」に掲載された写真には、変装することなく「バイク」に二人乗りする姿や、路上で「“いちゃつく”」「三宅健」と「プリシラ」が写っており、「一部ファン」に「ショック」を与えました。

「ロングヘア」が「トレードマーク」の「プリシラ」ですが、「セブン」に掲載されている女性は「ベリーショート」の女性のため、「シルエット」からして「“別人”」のようです。また、顔には「モザイク処理」まで施されているようです。




一般人の顔写真を報道する場合は、「プライバシー保護」の観点などから、「モザイク処理」などの加工を施すのが常識ですが、「モデル」である「プリシラ」はれっきとした芸能人です。「フライデー」には、「ハッキリ」と顔写真が掲載されていました。

そうなると、この女性は「三宅健」の「“新恋人”」で、一般人の可能性もありえます。となると、「プリシラ」とは「スピード破局」していたことになります。ですが、指輪を贈られていることや、つきっきりで看病する仲となると、やはり「各マスコミ」としては相手の素性を確認しておきたいところです。各社とも取材に動いているようです。

突然姿を現した「“新恋人”」の存在に、一部業界関係者も驚きを隠せないようですが、「三宅健」の体調に関してはここ最近、「ネット」上で「ファン」から「健くん痩せた?」など、心配の声が出ていました。節目の年に向けて、まずは万全の体調を取り戻せるよう、周囲も環境を整えることに注力してほしいですね。

「ファン」とすれば「新恋人」の存在も気になるところですが「三宅健」の体調不良がどんな状態なのか知りたいですよね。