ジャニーズ

増田貴久★コンサートTシャツ制作★こだわり明かす★ガチで業者★ファン驚愕

こんばんは。
今日は「増田貴久★コンサートTシャツ制作★こだわり明かす★ガチで業者★ファン驚愕」の事をお伝えしたいと思います。

「NEWS小山慶一郎」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「KちゃんNEWS」「文化放送」の「8月28日」深夜放送回は「増田貴久」が「ゲスト」で登場しました。

「8月10日」に千秋楽を迎えた舞台「Only You~ぼくらのROMEO&JULIET~」で主演を務めていた「増田貴久」です。同時期には、「15周年ライブ」「NEWS 15th Anniversary LIVE 2018 “Strawberry”」も開催され、さらには「加藤シゲアキ主演」の「ドラマ」「ゼロ 一獲千金ゲーム」「日本テレビ系」にも出演と、忙しい夏を送ったようです。




多忙な「スケジュール」について「自分のメンタル面とフィジカル面と、どのくらいヤバかった?」という「小山慶一郎」の質問に、「増田貴久」は「一線を越えたけどね」と答え、「今年ね、芸能生活20年になるけど。今までで一番忙しいんじゃないかな」と明かしていました。ですが、そんな多忙さも「やべぇ、うれしい」と感じたようです。

一方「プライベート」では、休みの日に床掃除をしたり、洗濯機を回しているそうです。「洗濯ものは部屋干しですか?外に干しますか?」という「リスナー」からの質問には「乾燥機がついてるじゃない、洗濯機って。だから、ほぼほぼ乾燥したのちに干す、部屋で」と、洗濯機と部屋干しの二重で乾燥させていることを告白しました。

「MAXで乾燥させちゃうと縮んじゃう気がする」と、その理由を語っていましたが、取り出す前に乾燥が終わっていれば、「それはそれでいい」と特に強くこだわっているわけではなさそうです。お気に入りの服を色落ちさせてしまったり、色移りしてしまった失敗もあり、「ファッション好き」の「増田貴久」としては意外な一面を明かしていました。




そんな中、乾燥機にかけると縮む衣類と縮まない衣類があるという話で「今回「Strawberry」のツアーT「シャツ」縮むんですよ。みなさん気を付けてください。「EPCOTIA」は縮まないの」と「小山慶一郎」が「リスナー」に呼びかけます。すると「増田貴久」が、「「EPCOTIA」は混合なんですよ、生地が。で、今回の「Strawberry」のやつは「コットン」「100%」でいかしてもらってる」と、素材に違いがあることを「サラッ」と説明したのでした。

「ライブ衣装」を手がけている「増田貴久」は、「ツアーTシャツ」も関与しているようで、それも「デザイン」だけではなく素材選びから監修しているといいます。「小山慶一郎」に「え?増田さん業者!?」と「ツッコ」まれると、「いや、生地も糸から選んでますからね。みんな気づいてないんだよな~。俺が糸から選んでること。わかるかなぁ」と「増田貴久」は「ボヤ」きました。「混合の方がちょっと重い感じね、ちょっと垂れる感じがあるんだけど。まぁずっと着ていった感じ、着て育てていった感じは「Strawberry」の方が可愛くなる」と力説していたのでした。

「Tシャツ」の着心地だけではなく、着続けた後のことまで考えて「デザイン・製作」に挑んでいる「増田貴久」でした。業者さながらの仕事ぶりに「Strawberryは暑い夏だから汗を吸収しやすい生地にしてくれたのかな?」「まっすーすごい。ガチで。業者じゃん!」「Tシャツの糸の違いまで考えて、変えてくる男、まっすー。さすがです」などと、驚きの声とともにそこまで手掛けてくれることに感謝を述べる声が多く上がっていたのでした。

「増田貴久」の「センス」が集約された「コンサートTシャツ」は「ファン」の宝物になることは間違いないでしょうね。





ジャニーズランキング

滝沢秀明★ジャニー喜多川氏の後継者★次期社長計画はメリー氏大反対

こんばんは。
今日は「滝沢秀明★ジャニー喜多川氏の後継者★次期社長計画はメリー氏大反対」の事をお伝えしたいと思います。

「ジャニーズ事務所」の「“後継者”」として、「ジャニー喜多川社長」が直々に「滝沢秀明」を指名したと、「8月30日」発売の「週刊文春」「文藝春秋」が報じています。「85歳」という高齢かつ、以前より体調不良説がささやかれ、最近では、車椅子姿も目撃されているという「ジャニー喜多川氏」は、すでにこの人事を、直接「滝沢秀明」に伝えたようです。「ジャニーズ」の世代交代は、着々と進んでいるとみられますが、この新体制には、かつてと同じ「“派閥問題”」の危険因子も潜んでいるようです。

これまで「ジャニーズ事務所」は、「スター」の「発掘・育成」を「ジャニー喜多川氏、事務所の経営をメリー喜多川副社長」が担ってきたとされます。経営面に関しては、すでに「メリー喜多川氏」から娘の「藤島ジュリー景子副社長」に実権が移りつつあるといわれていますが、「スター」の「発掘・育成面」は、「誰もジャニー氏の後を引き継げない」と、業界内で定説となっていました。

「ダイヤモンド」の原石を見つけて磨き上げ、「デビュー」させるという「ジャニー喜多川氏」の手腕は、ほかの誰にも真似できないといわれていたためです。ですが、「滝沢秀明」が首を縦に振るのであれば、来年からは「ジャニー喜多川氏」が担う「ポジション」に「滝沢秀明」が就くことになりそうです。事務所の社内組織図を見ると、現在「ジャニー喜多川氏」は、「ジャニーズJr.」や、舞台を中心に活動する「A.B.C‐Z、ふぉ~ゆ~」らが属する「Jプロジェクト」を直々に担当していることがわかりますが、その役割を「滝沢秀明」が任されることになると予想できます。




「滝沢秀明」が引き継ぐのは、「あくまでジャニー喜多川社長の「“業務”」で、ジャニーズの次期社長はやはりジュリー副社長であると見る向きが強い」というのですが、以前から「“タッキー次期社長説”」は社内でささやかれていたといいます。

「ジャニー喜多川氏」の「滝沢秀明」に対する思い入れはかなり強いようで、「マスコミ」に対して、「滝沢秀明」への熱い気持ちを語ることも珍しくないそうです。だからこそ近しい関係者の間でも、「“タッキー次期社長説”」が浮上したのではないでしょうか。ですがこの計画は、「メリー喜多川氏」と「ジュリー景子氏」の大反対によって、結局頓挫してしまったという「ウワサ」を耳にしました。

そんな中、せめて自分の意志だけは受け継いでほしいと、「ジャニー喜多川氏」が「“後継者”」として「滝沢秀明」を指名したのではないか、と業界関係者は見ているようです。

「滝沢秀明」は、これまでも自ら進んで後輩の育成を担ってきましたし、恒例の「滝沢歌舞伎」にしても、当初は「ジャニー喜多川氏」が演出を行っていたものの、現在ではほぼ「滝沢秀明」「1人」で作り上げているようです。少なくとも舞台に関しては、もはや「ジャニー喜多川氏」の業務とあまり変わらないと言えるようです。




ですが、「文春」が指摘しているように、「ジャニー喜多川氏」と「ジュリー景子氏」が「決して良好な関係にあるとはいえなかった」ことから、この体制には一抹の不安も残されているようです。

事務所内で「“派閥問題”」が再び勃発する可能性がありるようです。かつて、「ジュリー氏」と「元SMAPチーフマネジャー・飯島三智氏」の派閥が生まれ、双方の「タレント」は「共演NG」になるなど、「タレント」や「スタッフ」だけでなく、「ファン」をも困惑させたことがありました。もし、来年以降、「滝沢秀明」が「ジャニー氏」の後を継ぐとなると、「“ジュリー派閥”」と「“タッキー派閥”」が誕生することになるのではないでしょうか。今の両者の関係は、はた目から見れば「“よくも悪くもない”」といったところですが、今後の流れ次第では、対立が生まれても、不思議ではないようです。

何はともあれ、事務所内の世代交代によって、「ファン」を悲しませる事態になることだけは避けてもらいたいものですが。

以前から「滝沢秀明」の後継者になる噂はありましたが現実実が増してきているのは確かなようですね。





ジャニーズランキング

木村拓哉&二宮和也★検察側の罪人★1位スタート★キムタク絶賛の嵐

こんばんは。
今日は「木村拓哉&二宮和也★検察側の罪人★1位スタート★キムタク絶賛の嵐」の事をお伝えしたいと思います。

「元SMAP・木村拓哉」と「嵐・二宮和也」の共演が話題を呼んでいる映画「検察側の罪人」が、「8月24日」に公開初日を迎えました。土日「2日間」「25・26日」で「31万8,000人」「全国335スクリーン」を動員し、興行収入は「4億1600万円」を記録しています。「全国映画動員ランキング」「興行通信社調べ」では「初登場1位」となり、「トップスター」の共演にふさわしい「好スタート」を切りました。

同作は東京地検刑事部の「エリート検事・最上」「木村」と、「最上」を尊敬する若き「検事・沖野」「二宮」が、ある殺人事件をきっかけに対立していく過程を描いた「社会派サスペンス」です。「時効、冤罪、司法制度」が抱える問題点に触れながら、見る者に「正義とは何か」を訴えかける作品です。「雫井脩介氏」による同名小説「文藝春秋」が原作で、「木村拓哉」と「二宮和也」のほかには「吉高由里子、松重豊、平岳大、大倉孝二、八嶋智人、山崎努」ら「実力派キャスト」が集結しています。「メガホン」を取ったのは、映画「日本のいちばん長い日」「2015年」「関ヶ原」「17年」で知られる「原田眞人監督」です。




公開前から大きな注目を集めただけに、初日を含め、「公開3日間」では「動員44万7000人、興収5億8000万円」だったそうです。「1位」の本作に次いだ「2位」は、「前週1位」の「銀魂2 掟は破るためにこそある」、「3位」には「大ヒット中」の「劇場版 コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-」が「ランクイン」しました。「原田眞人監督」も同作の客入りを気にしていたようで、「公式サイト」の「DIARY」「25日付」によれば、映画の「チケット販売数」を「リアルタイム」に集計する「サイト」「興行収入を見守りたい!」を「随時チェック」していたようです。

映画を見た人々からは、これまで「“ヒーロー役”」が多かった「木村拓哉」の「シリアス」な演技に驚きの声が出ているほか、「二宮和也」演じる「沖野」が「被疑者・松倉」「酒向芳」を尋問する「シーン」に関して、「特筆もの。劇場の空気が止まってた」などと称賛の声が上がっています。「木村拓哉」についても、「いわゆるキムタクっぽい演技を嫌う方にこの作品をあえて見てほしい。役者、木村拓哉が前面に出てて新境地なのでは?」「かなりテンポが早いから飽きないし、内容も演技も攻めてる。キムタクにこの役を当てたのは大正解」などの「コメント」が見られるようです。。

一方で、「1本の映画として素晴らしいし、キャストの演技も凄まじい。ただ「検察側の罪人」の映画版としては評価が難しい」「2時間じゃ足りないな。後半一気に詰め込んでる感あったし、もう少し解明してほしいところがあるのに、ほとんど中途半端。謎が多いまま終わったからモヤモヤする」「インパール作戦や政治を絡めたのは、余分だったと思う」「原作にないインパール作戦のアレンジがうまくいっているのかはわからない」と、原作との違いや終盤の展開に疑問を抱く人も居たようです。

「木村拓哉ファン」はすでに何度も鑑賞している人が多いのか、「1回目は衝撃、2回目は感動、3回目でやっとモガ様の美しさにもウットリ。悪い拓哉のゾクッとする美しさに見とれた」「2回目、気がつけば最上のカッコよさだけに集中。どの表情、角度、動きも素敵」と、絶賛の嵐です。




一方、「原田眞人監督」は「CINEMA SQUARE」「vol.103」「日之出出版」の「インタビュー」にて、「そういえば準備中にニノのファンの方から「絶対にキスやベッドシーンはさせないでください」ってお手紙がきました。それをニノに伝えたら「それはしょうがないじゃないですか」って言ってましたけど「笑」」と、熱心な「嵐ファン」からの「“要望”」を暴露していたのですが。

実際に映画を見た「ファン」からは、「ニノのあんなラブシーンがあるなんて思いもしなかった。ショックだった」「ニノのラブシーンがあるの忘れてて、複雑な気持ちになった」「ニノの迫力ある演技は最高。ただラブシーンはいらない」と動揺の声も見受けられました。特に、「二宮和也」と「吉高由里子」の「同シーン」における「“体勢”」に「どうやったらあんな体勢に?考えさせられた」「生々しかった」「気持ち悪い」といった感想も出ているようです。

「8月26日」付の日記で、「原田眞人監督」は「「検察側」の続編?これはないよね。ないない。ありえない」と書いていましたが、「ネット上」には「続編に期待」との声も多数寄せられています。果たして、「木村拓哉 & 二宮和也」の夢の「タッグ」は再び実現するのでしょうか。

「2大トップスター」共演にして素晴らしい「好スタート」は当然の結果ですよね。





ジャニーズランキング

三宅健★ジャニーズ被災地支援★木村拓哉&長瀬智也への信頼&偉大さ

こんばんは。
今日は「三宅健★ジャニーズ被災地支援★木村拓哉&長瀬智也への信頼&偉大さ」の事をお伝えしたいと思います。

「V6」の「三宅健」が「パーソナリティ」を務める「三宅健のラヂオ」「bayfm」です。「8月27日」深夜の放送回では、西日本豪雨の「被災地・広島県呉市」を共に訪れた「木村拓哉」の話に言及しました。




「三宅健」は、「リスナー」から届いた「8月4日と5日のキムタクさんたちとの「“Smile Up ! Project”」お疲れ様でした。キムタクさんたちと、どんなお話をされたのかなと気になります」とのお便りを紹介しました。「Smile Up ! Project」とは、「木村拓哉」が発起人となって立ち上がった「ジャニーズ事務所」の「社会貢献・支援活動プロジェクト」であり、「8月上旬」には、その一環として西日本豪雨の大きな被害を受けた広島県呉市へ、「木村拓哉」と「三宅健、生田斗真」らが訪れて炊き出しなどを行いました。この時のことを振り返りながら、

「僕も今回木村くんからお声がけをいただいたことで参加することができたんですけども、木村くんから声をかけていただいていなかったら、こういった形での支援っていうのは、僕はできてなかったと思うので、本当に木村くんに感謝してますね。それぞれグループの枠を超えて、いろんな人たちが集まって、それぞれに被災者の方々への接し方が、個性があって傍から見てて面白かったですけど」

と、「木村拓哉」へ感謝を述べた「三宅健」でした。現地での印象的だった「シーン」について、「木村くんを見たご高齢のお姉さまが本当に感動してて、「え? え、本物!? キムタク?私、もう死んでもいい」とかって冗談で仰ってましたけど。そのぐらい喜んでくれていたのがうれしかったですし、先輩である木村くんの絶大なる信頼感と、偉大さを感じましたね。やっぱり影響力がとても強い人なので、そういった方が激励をしに来てくれるってことが、何よりも励みになるんじゃないかなと思いましたけどね」と、伝えました。




また、途中で合流した「TOKIO」の「長瀬智也」は、「写真撮る度に変顔してましたから。傍から見てると、リラックスできるというか、顔がゆるむというか」と、「長瀬智也」が避難所生活で「ストレス」が溜まった被災者を和ませていたと伝え、「僕たちが行くことで「緊張やストレスを」緩和できたら、それはすごくうれしいなって思いました」と語りました。

また、「三宅健」は「岡山広島の炊き出しの時に、木村くんが作ってくれたかき氷を食べさせてもらったけど」と、「木村拓哉」が被災者のためにかき氷の試作をしていた際、「三宅健」の分も作ってもらったことも告白しました。「やべー、木村くんに作らせちゃってるって思いながらも、やった~!木村くんが作ったかき氷食べれるみたいな。ハッピー!あっ、それが今年夏初めてのかき氷かもしれない」「おいしかった!宇治金時の」と声をはずませていました。

被災者の方にすれば「三宅健・木村拓哉・長瀬智也」3人の心のこもった支援を一生、忘れることのない思い出になったことは間違いないですよね。





ジャニーズランキング

堂本剛★ハイタッチ会★僕はやりません宣言★独特すぎる理由

こんばんは。
今日は「堂本剛★ハイタッチ会★僕はやりません宣言★独特すぎる理由」の事をお伝えしたいと思います。

「KinKi Kids」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ番組」「KinKi Kids どんなもんヤ!」「文化放送」で、「堂本剛」が「ハイタッチ会」について言及する一幕がありました。




「8月27日」深夜の放送では「堂本剛」が「パーソナリティ」を務め、その中で取り上げられたのが、「さだまさしさんがショッピングモールでハイタッチ会をしていた」という話題です。「ジャニーズ事務所」内の「若手グループ」も開催する機会が多くなっている「ハイタッチ会」ですが、「さだまさし」も行っていると知った「堂本剛」は、「さださんとハイタッチ会?パチン、パチンとやってらしたんですね」と驚きます。「すごいですね」と素直に感想を述べていました。

「さだまさし」については、「意外とアクティブな印象があります。活動されているお姿を拝見しましても」とし、「一見おとなしいイメージだったりインドアなイメージを持たれる方多いと思いますけど、すごいアクティブな活動されてるな」と積極的に活動している印象があることを語りました。また、出演している「テレビ」や「ラジオ」を見たり聞いたりすることもあるといい、「この世代の人たちの話ってめちゃくちゃ面白いよね。話がお上手で。こういう諸先輩方のお話を聞くのは、かなり貴重だと思うんですよね」と楽しんで聞いていることを明かしました。




また、「ハイタッチ会」については、「僕はやりませんけども」と宣言します。「「“ハイタッチ会”」って言いにくいみたいですね、さっきから」と、それまで幾度と出してきた「“ハイタッチ会”」という言葉そのものが言いづらいそうです。さらに「「“ハイタッチ”」は言えるんだけど、「“ハイタッチ会”」になったときに、イとタの間に変な音符入りますね?」と独特の感性で指摘します。「「“ハイタッチ”」はいいけど、「“ハイタッチ会”」になると、タが前のめりになりません!?」「「“ハイタッチ会”」のタが前のめりに入ってくるからハイタッチ会はやらない方がいいですね。「今日はハイタッチ会にようこそ」って言えないから」と、まさかの「“ハイタッチ会”」が言えないがために開催しない宣言をしていました。

この日の放送に「リスナー」からは、「ハイタッチ会言えないからやらないの、面白すぎる!」「言えないところが可愛いからずっと言えなくていい「笑」」「ハイタッチ会が上手に言えない剛くんが可愛すぎて悶えた」といった感想が集まっていました。さらに「ファン」からは、「KinKi Kidsはもはや握手したい存在じゃないから、ハイタッチ会しなくていい」「ハイタッチ会で疲れさせたくないからやらなくていいよね」など、「ハイタッチ会」を望まないという声も多々見受けられました。無理して練習することもないのかもしれないですね。

「堂本剛」ならではの理由に「ファン」も納得するしかないようですね。





ジャニーズランキング

高橋海人&大和田南那★熱愛報道★ジャニーズなぜか余裕

こんばんは。
今日は「高橋海人&大和田南那★熱愛報道★ジャニーズなぜか余裕」の事をお伝えしたいと思います。

「8月25日」配信の「直撃!週刊文春ライブ」が、「King&Prince・高橋海人」と「元AKB48・大和田南那」の「“通い愛”」を「スクープ」しました。「グループ初」の「スキャンダル」に、「ファン」は「ネット上」でも大荒れですが、不思議と「ジャニーズ事務所」は、この件にそこまでの焦りを見せていないといいます。その余裕はどこからきているのでしょうか。

報道によると、「高橋海人」は「8月19日、大阪城ホール」での「コンサート」を終え帰京すると、事務所の送迎車で「大和田南那」の住む「マンション」へ向かいます。合鍵を使い、そのまま中へ入っていったといいます。




「大和田南那」は「16年」にも、同じく「文春砲Live」で「元ジャニーズJr.」「樋口裕太」らとの「深夜ダブルデート」も報じられています。それから約半年後には、「グループ」を卒業しており、「ファン」の間では「スキャンダルでクビになった」と言われていたようです。本人は「女優活動に専念したい」として「AKB」を離れたそうですが、その結果が「再びジャニーズ熱愛」では、目も当てられません。

双方の所属事務所とも、「文春」に対しては「友人のひとり」という「交際否定コメント」を出していますが、「スポーツ紙」や「テレビ」など、「一般メディア」でこの件は一切扱われていません。

「ジャニーズ側」の言い分は、「交際を裏付ける証拠にはならない」というものでした。「高橋海人」は、確かに「大和田南那」の「自宅マンション」に入りました。そこだけは認めているものの、「“そこから先”」はなにも証拠がない、ということのようです。「ジャニーズ」が「文春」の取材に、珍しく回答しているものの、「“証拠がない”」という言い分のもと、「各マスコミ」へ後追い報道の許可も出なかったようです。




御用達の「メディア」は、あっさりと「ジャニーズ側」の言い分を受け入れたようですが、この「スキャンダル」は「グループ」にとって、かなりの打撃になっていくことは想像に難くないようです。

「大和田南那」はかつて、同じ「キンプリ」の「永瀬廉」との関係が取り沙汰されるなど、いわば「“危険物件”」で、そんな「オンナ」と近い距離にいるだけで、「ファン」からすれば当然いい気はしないようです。初の「単独ツアー中」の密会、という点でも「ファン」を裏切っていますし、せっかく「NHK紅白歌合戦」への出場も射程圏内というこの「タイミング」だけに、親しい関係者たちもがっかりしているようです。「証拠なし」で済ませるのは、あまりに曖昧で得策とは思えません。

関係者の間でも物議をかもしている「キンプリ」の「“スキャンダルデビュー”」ですが、果たしてこの汚名を返上できる「チャンス」は訪れるのでしょうか。

何故か表沙汰にならない事に「ファン」は「モヤモヤ」とした気持ちを抱えながら過ごしているのも辛いでしょうね。





ジャニーズランキング

高木雄也★意味不明なカロリーゼロ理論★ダイエットには程遠い事が分かった

こんばんは。
今日は「高木雄也★意味不明なカロリーゼロ理論★ダイエットには程遠い事が分かった」の事をお伝えしたいと思います。

「Hey!Say!JUMP」の「八乙女光」と「伊野尾慧」が「パーソナリティ」を務めている「午後8時台」の「生放送ラジオ」「らじらー!サタデー!」「NHKラジオ第1」です。「8月25日」の放送では、「伊野尾慧」と「高木雄也」の間ではやっているという「謎のカロリーゼロ理論」について語りました。

管理栄養士の女性から「つい食事のカロリーを計算してしまう」という「メッセージ」が届くと、「山田「涼介」とか結構さぁ、詳しいよね、カロリー」と「八乙女光」が話します。一方、「伊野尾慧」は「最近、高木と俺との間ではやってる「謎のカロリーゼロ理論」」と話しだし、「高木雄也」と「2人」で「カロリーがゼロになる食べ方」を言い合っていることを明かしました。




具体的には「高木が「お茶漬け食べようかな~。どうしようかな~」って悩んでる時にさぁ、「お茶漬けはワサビが入ってるから殺菌作用でゼロだよ」みたいな」ことを言い合っているようです。ほかにも、「伊野尾慧」が「トマトパスタ」を食べていた時は、「高木雄也」が「トマトにはリコピンが入ってるから、リコピンはカロリーをゼロにするから。トマトパスタのカロリーをゼロにするから食べれるよ」と、現実的にはまったく的外れな理論を展開して遊んでいるといいます。

今までは、太りやすい体質で「年中ダイエット宣言」をしていた「高木雄也」はともかく、ほかの「メンバー」がそこまで食事について気にすることはなかったようですが、「八乙女光」によると「ちょっとさぁ、今年多くない?俺も気を付けてるし、薮「宏太」も気を付けてる」と、「Hey!Say!JUMP」の年長組は、「ライブツアー」を前に体形や食事を気にするようになってきた「メンバー」が多いようです。

「八乙女光」も、「午後9時~10時」頃に「リハーサル」を終えて「帰ったらサラダパスタ食べるわ」と「高木雄也」に言ったところ、「ダメだよ!パスタ入ってるからダイエットになんないよ!」と注意されたことを明かしており、「メンバー同士」で注意し合っているようです。




ですが、「高木雄也」は「八乙女光」に注意しておきながら、翌日「ニコニコ顔」で「昨日の夜、ピザ食っちゃった」と報告してきたようで、「メンバー」みんなに「あ~あ、もうダメだ高木。ピザ食べたからもうダメだ」「もう今走っても意味ないよ」と「イジ」られていたことも、「八乙女光」と「伊野尾慧」によって暴露されました。

「ファン」も「わさび入ってるから、リコピン入ってるからこれはカロリーゼロとか言っちゃう高木さんアホすぎる「笑」」「「“いのたか”」のカロリーゼロ理論めちゃおもろいな「笑」。カロリー気にする系ダイエット男子軍団のJUMPかわいい」「伊野尾くんから高木くんのダイエット話聞けるの、楽しい!」と、楽しんで聞いていた様子です。

「Hey!Say!JUMP」の年長組も食事には気を使わなければいけない年齢に差しかかってきたのかもしれないですが、決して太っているというわけではありません。とはいえ、夜中の「ピザ」はさすがに危険なので、誰か早急に「高木雄也」にしっかりとした「カロリー計算」の方法を教えてあげてほしいところですね。

たとえ「カロリーゼロ理論」には向かなくてもお互いに体調管理のために刺激し合うことは良いことですよね。





ジャニーズランキング

相葉雅紀★相葉マナブ★成長ゼロと苦笑★澤部佑&渡部建もズッコケ回答連発

こんばんは。
今日は「相葉雅紀★相葉マナブ★成長ゼロと苦笑★澤部佑&渡部建もズッコケ回答連発」の事をお伝えしたいと思います。

「嵐」の「相葉雅紀」が、「アンジャッシュ・渡部建、ハライチ・澤部佑」と一緒に日本の文化や食材を学んでいく「バラエティー番組」「相葉マナブ」「テレビ朝日系」です。「8月26日」放送回は「真夏に知っておきたい野菜と果物 目利きSP」と題して、これまで学んだ知識を「クイズ形式」で復習していきました。

同じ食材を並べて「A」と「B」のどちらがおいしいのかを見極める「クイズ」が出題されると、「正解できて当たり前です」と自信満々の「相葉雅紀」です。「1問目」の「“キャベツ”」では、「これだけじゃダメだよね」と表を見ただけではわからないと「コメント」しました。「チェック」すべき「ポイント」は「“芯の大きさ”」だとわかっており、見事小さい芯の方を選んで正解しました。




太さと長さが異なる「“ニラ”」の目利きをした「2問目」では、「相葉雅紀」&「澤部佑」と「渡部建」で意見が分かれることになります。「渡部建」が「いやいや違うんだって!「もう片方のは」成長しすぎちゃってんのよ」と力説する中で、「相葉雅紀」と「澤部佑」は「そうでしたっけ?」と懐疑的です。そして、「でもね、これは幅広の」「相葉」、「農家さんにいただいたじゃないですか、ニラ。全部この太さでした」「澤部」と「2人」で反論しました。

あまりにも意見がぶつかり合うので、「よし正解見よう!もう埒が明かねぇよ、コレは」と「相葉雅紀」も正解にゆだねることにし、正解したのは「相葉雅紀」&「澤部佑」でした。過去「VTR」を振り返りながら「ほら、言ってますよ」「澤部」「ほら、幅広なのよ!」「相葉」と誇らしげに「コメント」する「2人」に、「渡部建」は「ごめんなさい」と素直に謝罪しました。そんな姿に「2人」も「素直」と「コメント」し、「正解・不正解」にかかわらず「3人」でほのぼのと「クイズ」を楽しんでいたのでした。

ですが、「3問目」の重さの異なる「レタス」の見極めでは「重さがね「ある」」として満場一致で選択した答えがまさかの不正解で「えっ!?」と全員びっくりでした。過去の「VTR映像」でも「素人は重ければ良いと思っちゃう」と「コメント」しており、「うわ~変わってない」「澤部」「成長ゼロ」「渡部」「ゼロだね~」「相葉」と「3人」揃って苦笑いでした。




その後も、一度は学んだ知識をすっかり忘れて不正解を出してしまう「相葉雅紀」です。野菜編から果物編になると、「ここから!ここから巻き返す、決めた!俺、果物大好きだから」と気合を入れ直していましたが、正解はまちまちです。

そして、真っすぐな「バナナ」と曲がった「バナナ」の目利きでは、「あ!こう「房に」なってるんだよね、バナナって。これ「真っすぐなバナナ」が中心なの」と何かに気が付いた様子です。ですが「てことは?」と「澤部佑」に核心を突く質問をされた「相葉雅紀」は、「どっちがおいしいんだっけ?」と発言し、「3人」で「ズッコケ」ました。「そこ!大事なのは!」「渡部」「そこまできたのに!」「相葉」と言いながも、なんとなく導き出した答えは同じようで「そうだよね!そうだよね!いってみようか!」と興奮気味に回答するも、なぜか「相葉雅紀」&「渡部建」と「澤部佑」で回答が分かれてしまい、「3人」で顔を見合わせて笑い合う場面もありました。

そんな「3人」の姿に、「ファン」は「気心知れた3人だから、相葉くんの負けず嫌いも見れてうれしい」「今日も3人がワイワイきゃっきゃっして楽しそうで、学びながらとても癒やされました」と喜んだ様子です。それと同時に、「目利きの日は本当勉強になる!」としっかり学びも得たようでした。

番組でいろんな勉強&経験を積んだからと言って全てが良い方向に向かうとは限らないでしょうね。





ジャニーズランキング

桐山照史★重岡大毅レコーディングで涙★デビュー時秘話告白★ファン歓喜

こんにちは。
今日は「桐山照史★重岡大毅レコーディングで涙★デビュー時秘話告白★ファン歓喜」の事をお伝えしたいと思います。

「ジャニーズWEST」の「メンバー」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「bayじゃないか」「bayfm」です。「8 月25日」深夜の放送回は、「桐山照史」と「濱田崇裕」が「パーソナリティ」を務めました。先週は「メンバー」の「藤井流星」が誕生日を迎え「25歳」になったばかりですが、日付が変わった「26日」は「重岡大毅」の「26歳」の誕生日でした。「えっ?流星より年上やったんか」と驚く「濱田崇裕」でしたが、「桐山照史」も「なんかなぁ、小っちゃい時の記憶が多いですから」と、年長組の「濱田崇裕」と「桐山照史」にとってはいまだに若い時の「イメージ」の方が強いようです。




特に「桐山照史」は、「最初のレコーディングした時にうまく歌えないからって泣いてしまったりとか」と、「重岡大毅」の「デビュー当時」の姿が強く印象に残っている様子です。「僕もその現場にいて」と、「桐山照史」も居合わせたことを明かすと「えっ、そうなんや!?」と「濱田崇裕」は驚愕します。どうやら「桐山照史」は「レコーディング」の順番が「重岡大毅」の次だったようで、早めに現場入りし、歌を聞いたり、歌の先生としゃべっていたようです。すると現場が急にしんみりとした雰囲気に包まれ、異変に気付いた「桐山照史」は「どうした、どうした?」と、話を聞きにいったようです。

するとそこには、頭を抱えている歌の先生がいて「どうした?大丈夫か?」と尋ねたところ、「あの~重岡くんがですね。うまく歌えないって言って、ブースの中で泣いてしまってます」と言われたといいます。「嘘でしょ~」と驚いた「桐山照史」でしたが、その後「「しげ、一回出ておいで~」言うて、「どうしたんや?」言うたら「僕が思うてるように歌えないんです」」というやりとりをしたことを明かし、「なんかもうピュアよね、純粋」と当時の「重岡大毅」を懐かしそうに振り返っていたのでした。

さらに「桐山照史」は、「ジャニーズWEST LIVE TOUR 2018 WESTival「ウェスティバル」で披露した「桐山照史」&「重岡大毅」の楽曲「乗り越しラブストーリー」の裏話も披露しました。「重岡大毅」が初めて作詞し、「ツアー」では「重岡大毅」が「ピアノ」、「桐山照史」が三線を披露し、「グループ」では今までになかった「ミディアムバラード」をしっとりとした演出で「ファン」を沸かせていました。




ですが「桐山照史」は当初、映像で面白い要素を取り入れた方がいいと考えていたといいます。それを「重岡大毅」が「いや、照史と俺の空気感だけでお客さんをもたせたい」と、今までとは違う方向性で挑戦したいという考えだったようで、その意見を尊重したのだといいます。その結果、大成功に終わり、そこでしっかりと自分の意見を言うようになった「重岡大毅」の成長を感じてうれしかったと語っていました。

いつも元気にはじけまくっている「重岡大毅」の、「デビュー当時」のかわいらしい「エピソード」でした。数年越しに披露された初出し「エピソード」に、「ファン」からも「しげのエピソード聞いてから、もうしげちゃん大好き」「しげちゃんいないとこで、お兄ちゃんにバラされちゃうのも最高じゃない?」「2人にとって重岡くんは永遠に弟で、かわいい存在なんだな~」という声が多く上がっていたのでした。

弟分が「パニック」になっても優しく手を差し伸べる「桐山照史」の人柄が垣間見える「ファン」には嬉しい「エピソード」ですよね。





ジャニーズランキング

JUMP★心霊楽曲が多すぎ★ChikuTaku★女の子の声の真相

こんばんは。
今日は「JUMP★心霊楽曲が多すぎ★ChikuTaku★女の子の声の真相」の事をお伝えしたいと思います。

「8月24日」深夜に放送された、「Hey!Say!JUMP」の「有岡大貴」と「高木雄也」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ番組」「JUMP da ベイベー!」「bayfm」です。この日最初の話題は、「Hey!Say!JUMP」の楽曲「ChikuTaku」「2015」についてのある「ウワサ」です。それは「ChikuTaku」の「3分8秒」頃に「ちいちゃん、ちいちゃん」という声が聞こえるというものです。「エコー」のように聞こえたり、女の子の声に聞こえたりと、「ファン」の間で話題になっているとのことで、真相を確かめてほしいという「リスナー」からの「メッセージ」につづられていました。




この内容に「2人」は「なにこれ?」「えー、嘘だー」と半信半疑だったものの、いざ楽曲を再生してみると、「有岡大貴」は「聞こえた!」と興奮気味です。「高木雄也」も「ちいちゃん、ちいちゃん」と音声を再現するなど盛り上がり、「2人」は真相がわからないながらも、「ちいちゃん」の声は入っていると認めていました。

「有岡大貴」は「エコーにしては不自然なところだよね。エコーじゃないですね」と、「エコー説」を却下します。「これは、たぶん女の子の声だ!」と断言すると、「高木雄也」は苦笑いしつつ、「いやいや、違うだろ」と否定します。それでも「有岡大貴」が「いや、これ女の子の声だと思う」と食い下がり、「高木雄也」も「女性の声でしたね」と認めたものの、曲中に効果的に入れた音声ではないかと推測します。冷静な「高木雄也」に対し、「有岡大貴」は最後まで「女の子の声だね。入っちゃったんでしょうね~」と幽霊説を唱え続け、「でもよかった、恨んでる声じゃなくて。どっちかっていうと応援してるような」と勝手に一安心しました。最後まで「2人」は「これなんなんだろう」と首を傾げつつ、「「音の聞こえる方向が」左右、左右にしてるから、わざと入れてるんじゃないか」と推測していました。




実は「Hey!Say!JUMP」は「ChikuTaku」以外にも、「ファーストアルバム」「JUMP NO.1」に収録されている楽曲「情熱JUMP」の曲中に「知念かわいい」「熱い、熱い、知念かわいい」という女性の声が、「バックコーラス」中に聞こえると話題になっていたことがあります。いまでは都市伝説的に扱われている「“謎の声”」となっていますが、その「ウワサ」も踏まえて「またみんな探すんだろうなー」「有岡」「なんかあったらまた教えてよ」「高木」と呼びかけていました。

この話題に「リスナー」からも、「普通に怖い!もう見つけたくないよ「笑」」「有岡君はどんだけ心霊に持っていきたいんだ?」「ジャンプは心霊楽曲多すぎ!」といった声が集まり、盛り上がりを見せていました。

こんな頻繁に「心霊楽曲」が誰にでも分かってしまうのは考えられないことですよね。





ジャニーズランキング