ダイエット食材★スーパー大麦★バーリーマックス・R★スーパー大麦グラノーラ★スーパー大麦そば★BMAL1・ビーマルワン

こんばんは。
今日は「ダイエット食材★スーパー大麦★バーリーマックス・R★スーパー大麦グラノーラ★スーパー大麦そば★BMAL1・ビーマルワン」の事をお伝えしたいと思います。

痩せたい★」でも、「食べたい★」です。「ダイエット」は、食欲との戦いですよね。でもその戦いも頑張り続けるのには限界がありますよね。過度な我慢は、「リバウンド」という名の大きな反動となって返ってきます。

★「太りにくい体作りには・スーパー大麦

以前、「ダイエット」にいい食材として「押し麦」を紹介しましたが、今もっとも注目しているのが、{“スーパー大麦”}「バーリーマックス・R」です。

バーリーマックス・R」は「オーストラリア連邦科学産業研究機構」が開発した非遺伝子組み換え大麦のことで、一般の大麦に比べて「2倍」の総食物繊維量を含みます。そしてもうひとつの特徴が、水に溶けないでんぷんの「一種」で、体内で食物繊維として働く「レジスタントスターチ・難消化性でんぷん」が「4倍」も多く含まれることです。「レジスタントスターチ」は、「第三の食物繊維」とも呼ばれており、「ビフィズス菌」の栄養になってその量を増やす働きがあると言われています。

バーリーマックス・R」は「不溶性・水溶性食物繊維」からなる「細胞壁がレジスタントスターチ」を包み込む多層構造になっているため、より大腸の奥まで届けることができるそうです。食物繊維と「ビフィズス菌」の働きで腸内環境を整え、ため込まない太りにくい体作りを目指せる、というわけです。




その他の栄養素としては、血糖値の上昇を緩やかにし、内臓脂肪をつきにくくする「β-グルカン」も「ダイエット」に「一役」買ってくれるでしょう。

バーリーマックス・R」大手の「スーパー」や「ネット」で簡単に購入することができますが、実際にどうやって食べればよいのか気になりますよね。「白米7:スーパー大麦」「バーリーマックス・R」「3」の割合でお米を炊いて主食にするのもよいのですが、さらに手軽に摂り入れられる商品があるので紹介します。

★「グラノーラにそば★スーパー大麦を手軽に摂れる商品

バーリーマックス・R」が気になる方は、下記の商品から試してみるとよいでしょう。

★「スーパー大麦グラノーラ・日清シスコ株式会社

忙しい朝の味方、「グラノーラ」です。「スーパー大麦グラノーラ」には、「1食」あたり「4g」の「スーパー大麦」が配合されています。乾燥果実や「アーモンド」の風味が楽しめるし、「牛乳・豆乳・ヨーグルト」をかけたりすることで食べ方の「バリエーション」もさまざまで飽きません。しっかりとした噛みごたえがあるので満腹感が得やすく、「ダイエット中」の小腹の空きを満たすのにも〇です。




★「スーパー大麦そば・信州戸隠そば株式会社

続いては、「1人前100g」で「12,000mg」の「バーリーマックス・R」が摂れるそばです。そばは、「比較的低カロリー」で「ダイエット向き」の食べ物です。暑い日に、薬味をたっぷりのせて冷たい汁で「ツルリ」と食べるのもよいですね。こちらの商品は「大麦の甘さ・香ばしさ」がしっかり感じられますよ。

★「スーパー大麦ホットケーキミックス・森永製菓株式会社

最後は、みんな大好き「ホットケーキ」です。「1枚」あたり「4g」の「バーリーマックス・R」が含まれます。「ダイエット中」でも、たまにはご褒美が必要ですよね★ということで、もし「スイーツ」を食べるのなら、「14~15時頃」が「オススメ」です。

なぜかというと、人間の体内には、{“BMAL1・ビーマルワン”}という「タンパク質」の「一種」が存在するからです。「BMAL1」は、別名{“肥満遺伝子”}とも呼ばれており、脂肪細胞を溜め込もうとする働きを持ちます。「BMAL1」が多い時間帯である「22時~2時」ごろに食事をすると太りやすくなる半面、「少ない時間帯14~15時」ごろに食べた脂肪は溜め込みにくいとされているので、おやつを食べる時間帯も意識しましょう。

麦に含まれる「水溶性食物繊維・β-グルカン」は、朝摂ることで夕方まで食後高血糖を抑える働きがあると言われています。「バーリーマックス・R」を朝食か昼食に摂って、太りにくい体で「1日」を過ごすのもおすすめです。「8月」になり夏本番です。水着姿でお腹ぽっこりにならないためにも、「ダイエット食材」を効果的に取り入れてみてくださいね。

過去の「ダイエット食材」よりも「一番」、効果がありそうな「バーリーマックス・R」ですよね。過去に「ダイエット」で苦しんできた方はもう一度「バーリーマックス・R」で「再チャレンジ」してほしいですよね。





人気ブログランキングへ

夏ダイエット★プール→インナーマッスル★ダイエットにはどの泳法がいい→クロール★平泳ぎ★背泳ぎ★バタフライ★4泳法

こんばんは。
今日は「夏ダイエット★プール→インナーマッスル★ダイエットにはどの泳法がいい→クロール★平泳ぎ★背泳ぎ★バタフライ★4泳法」の事をお伝えしたいと思います。

ダイエット」のことが最も気になる季節である夏です。
薄着になり二の腕や脚など露出が増え、他人の目はもとより自ら目の当たりにする機会が多くなるため、「ダイエットモード」の「スイッチ」が入る人が多いと思います。
しかし体型が気にはなるけれど、日本の夏の耐えがたい暑さではなかなか運動する気持ちにはなれないものです。

夏のダイエット」は、「プール」なら汗をかかずともしっかり「カロリー消費」ができて、尚且つ涼しく「一石二鳥」です★しかも年齢を問わず長期間続けられるという意味でも、水泳はかなり「オススメ」の運動です。

★「水泳が夏ダイエットにいい理由

ジョギング」を始めてある日急に膝を痛めたという話はありがちですが、水中なら浮力が働くため足腰など関節への負荷が少なく「ケガ」の心配がありませんので、「ダイエット前」の重い体の人にこそ水泳が適しています。

水泳はいろいろな運動の中でも、「消費カロリー」が大きいことが特徴です。
運動の中でも群を抜いて「消費カロリー」の大きい水泳なら、短時間で効率よく「ダイエット」をすることができます。

水中では「陸上・空気中」よりも抵抗が大きいため、同じ運動をした場合陸上と比べ「消費カロリー」が大きくなります。
しかも水泳は稼動域が広い全身運動であるため、体全体に負荷がかかりほどよく筋肉がついて、「バランス」の良いきれいな「ボディライン」になります。




ただ体重を減らすだけでなく、美しくやせられるということも水泳の「メリット」です。
また、水圧がかかる事により血液が「スムーズ」に流れるようになり、全身の血液の流れがよくなる効果もあります。

★「ダイエットにはどの泳法がいい

水泳には「4泳法」と呼ばれる「4つ」の泳ぎ方があります。
クロール、平泳ぎ、背泳ぎ、バタフライ」のことで、それぞれの動きにより負荷がかかる部分や「消費カロリー」が異なりますので、自分の体力や引き締めたい「パーツ」によって泳法を選ぶと良いでしょう。

ダイエット」を目的に泳ぐ際には「スピード」を気にせず、長い時間を泳げるようにゆったりと泳ぎましょう。まずは「10~15分」ほど続けて泳ぐことを目標にしてみてください。

★「クロール

4泳法」の中で最も速く泳ぐことができるのが「クロール」です。
1時間」あたりの「消費カロリー」はゆったりと泳いだ場合「288kcal」です。 ★「体重60kgで計算
腕を大きくかき、「バタ足」は脚の付け根から上下にしならせるように動かします。
脚の付け根からしなやかに脚を動かすことで、腸腰筋といういわゆる「インナーマッスル」が鍛えられ、体幹の安定や「姿勢の改善、ぽっこりお腹」の引き締めにもなります。

★「平泳ぎ




4泳法」の中では最も強度が低く体力のない人向けの泳ぎ方で、長時間泳ぎ続けることにも適しているのが平泳ぎです。
1時間」あたりの「消費カロリー」はゆったりと泳いだ場合「258kcal」です。 ★「体重60Kgで計算
カエル」のような「キック」により、鍛えにくい内ももを引き締め、股関節の柔軟性を高め下半身への血液や「リンパ」の流れを促します。
平泳ぎはひざ・足首」の曲げ伸ばしが連続する、「キック」が「メイン」の推進力となる泳ぎ方です。そのため関節への負担が大きいので、より入念に下半身の「ストレッチ」や準備運動を行ってから泳ぐようにしましょう。

★「背泳ぎ

厚労省の国民生活基礎調査で、自覚症状の状況の「女性の第一位」は肩こりという結果が出ているように、肩こりに悩む女性は非常に多いです。
肩甲骨が後ろに寄りやすい人は「クロール」、前へ出やすい人は背泳ぎが肩こり解消に適しています。
女性は肩が前へ出やすい人が多いので、肩甲骨ほぐしに効果的な背泳ぎを取り入れてみてください。
また、背泳ぎは仰向けで泳ぐため脚が下がらないように、体をまっすぐの「ライン」になるよう「キープ」する必要があるので、腹筋と背筋の両方に負荷をかけることができます。
1時間」あたりの「消費カロリー」は普通のゆったりと泳いだ場合「228kcal」です。★「体重60kgで計算

★「バタフライ

4泳法」の中で「難易度・消費エネルギー」とも最も高いのが「バタフライ」です。「泳力、筋力」がないと難しい上級者向けの泳法でもあります。
1時間」あたりの「消費カロリー」はゆったり泳いだ場合の普通の「スピード」で泳いだ場合「768kcal」です。★「体重60kgで計算
長時間ゆったりと泳ぐことができない泳法なので、有酸素運動にはならず、あまり「ダイエット向き」とは言えませんが、「バタフライ」は大胸筋や広背筋を鍛える効果があり、胸や背中に筋肉を付けたい場合に効果的です。

★「参考:国立健康・栄養研究所 健康づくりのための身体活動基準2013
★「http://www.nibiohn.go.jp/eiken/info/undo.html

体への負担が少なく全身運動で「ダイエット」にも効果的なら実践するのみですよね。





人気ブログランキングへ

ダイエット妨げ要注意ホルモン★インスリン→血糖値を下げる働き★コルチゾール→ストレスを感じると分泌される★グレリン

こんばんは。
今日は「ダイエット妨げ★要注意ホルモン★インスリン→血糖値を下げる働き★コルチゾール→ストレスを感じると分泌される」の事をお伝えしたいと思います。

脂肪分解や食欲を「コントロール」しているのは、数々の「ホルモン」や神経伝達物質と言われています。前回は、「ダイエット」を「サポート」してくれる「ホルモン」をご紹介しました。今回は、分泌され過ぎると「ダイエット」の妨げになる可能性のある「ホルモン」についてお話します。

★「インスリン
上がった血糖値を下げる働きがあり、血中に余っている糖を脂肪細胞に運ぶと言われています。そのため「インスリン」がたくさん分泌されるような食事をしていると、太りやすくなる可能性があります。




炭水化物のみの食事などは避け、野菜や魚から食べるようにし、血糖値の急上昇を防ぐとよいでしょう。

★「コルチゾール
ストレス」を感じると分泌される「ホルモン」です。食欲を増進させる働きがあるといわれているため、「ストレス」が溜まると「ドカ食い」してしまいやすいのだそうです。心身共に「ストレス」を溜めないよう、自分に合った発散方法を見付けましょう。

★「グレリン
空腹時に分泌される、食欲を増進させる「ホルモン」です。睡眠が不足すると分泌量が増えるため、食べ過ぎてしまうことがあるのだそうです。良質な睡眠をたっぷりとるように心掛けましょう。




ただしこの「グレリン」には、脂肪分解を促進する「成長ホルモン」の分泌を促す効果が期待できます。ですから、分泌されること自体は悪いことではないのだそうです。適量なら分泌されたほうがいいのですね。

そのためにも、空腹になってから食事をするといいでしょう。お腹が空くと「グレリン」が適度に分泌され「成長ホルモン」が増えるので、「ダイエット」に効果的です。

★「大切なことは2つ
★「睡眠をたっぷりとって、グレリンの過剰分泌を防ぐ
★「空腹になるまで待ってから食事をすることで、適量のグレリンを分泌させ、成長ホルモンの分泌を促す

ダイエット」だけでなく睡眠は体にとって必要なんだということが良く分かりますよね。





人気ブログランキングへ

ダイエット&美容★スイカ→90%水分・10%糖分★3大成分→リコピン・カリウム・シトルリン★ダイエットに注目→マンノシターゼ

こんばんは。
今日は「ダイエット&美容★スイカ→90%水分・10%糖分★3大成分→リコピン・カリウム・シトルリン★ダイエットに注目→マンノシターゼ」の事をお伝えしたいと思います。

毎日毎日こう暑いと、食欲も落ちがちです。

そんなときでも食指が伸びるのは、夏の風物詩でもある「スイカ」です。
冷やした「スイカ」は、暑い夏こそおいしさも倍増するものです。

英語では「ウォーターメロン」とも呼ばれる「スイカ」は、「90%が水分、10%が糖分」という、大変みずみずしい食べ物です。ほとんどが水分とはいえ、もちろんその中には様々な成分が含まれています。

注目すべき「3大成分」は、「リコピン、カリウム、シトルリン」です。そしてこの他にもたくさんの「ビタミン」や「ミネラル」が含まれていますのでご紹介します。




★「リコピン
赤い色素で、「トマト」でもおなじみの成分です。活性酸素が増えすぎると、動脈硬化や「ガン」などを引き起こすことになりますが、この活性酸素を抑制してくれるのが、「リコピン」です。

★「カリウム
ミネラル」の「1種」で、体の中の余計な塩分を尿の中へ出す働きがあります。「スイカ」の赤い部分だけでなく、種や皮にも含まれています。

★「シトルリン
最近注目されはじめた成分で、「アミノ酸」の「一つ」に挙げられます。他の果実にはほとんど見られない成分で、「スイカ」にはこれが含まれています。体内の「老廃物や、有害物質」などを体外に出してくれ、利尿作用があります。

★「システイン
アミノ酸」の「一種」で、美白に効く成分として知られています。この成分は「ビタミンC」が酸化するのや、壊れてしまうのを止める働きがあり、「シミ・ソバカス」にも効果があると言われています。

★「イノシトール
ビタミンB群」の仲間として分類されることもあります。脂肪の流れを良くして、身体の中に脂肪が溜まらないようにする働きがあることから「抗脂肪肝ビタミン」とも呼ばれます。




★「マンノシターゼ
ダイエット」で注目されている成分で、糖質分解酵素です。

水分ばかりでたいして栄養なんてないのかと思いきや、「ダイエット」にも美容にも嬉しい成分が含まれているとは驚きです★

スイカ」は「一度」に食べる量が多いので、水分摂取量が増えるのと比例し、上記の成分の摂取量も増えます。
ただ気をつけてもらいたいのが、「スイカ」を食べすぎてしまうことです。「スイカ」には体を冷やす作用もありますし、「スイカ」ばかりを食べていると、当然栄養が偏ってしまいます。

夏のおやつとしてもってこいの食べ物なので、「デザート」や間食に是非どうぞ。決して主食にしないでくださいね★

栄養価の高い「スイカ」に「ダイエット効果」があるのなら食べないと後悔しますよね。





人気ブログランキングへ

もやしダイエット★供給・品質・価格安定★1袋30円~50円程度★納豆もやし&ブラックマッぺ&大豆もやし★アスパラギン酸

こんばんは。
今日は「もやしダイエット★供給・品質・価格安定★1袋30円~50円程度★納豆もやし&ブラックマッぺ&大豆もやし★アスパラギン酸」の事をお伝えしたいと思います。

農産物の成育は、日照りや「大雨、気温」の上下など天候に左右されるものですが、「工場野菜」はそうしたものの影響を受けないため、「供給、品質、価格」が安定しています。

工場野菜とは、「植物工場・野菜工場」で栽培された野菜で、完全な管理下で栽培されるため、「1年十安定」した品質の維持と供給が可能です。

工場野菜で家庭でもなじみのある野菜といったら、何と言っても「もやし」です。どんなに悪天候が続こうとも、常に「1袋30円~50円程度」と非常に低価格ですので、並み居る野菜の中ではかなりの優等生と言って良いでしょう。

★「もやしの種類

もやしは主に穀類や豆類の種子を水に浸し、暗所で「発芽・成長」させた新芽のことで、 語源は新芽を出すという意味の「萌やす」から来ているようです。
市販されているもやしには、いくつか種類があります。




★「緑豆もやし
最も多く流通していて、食べる機会が多いのが緑豆もやしです。軸が太く「シャキシャキ」した食感で、他のもやしよりも甘味が感じられます。

★「ブラックマッペ
けつるあずき・ブラックマッペ」を発芽させたものです。戦後に「タイ」や「ミャンマー」から輸入され日本で普及しました。緑豆もやしよりも細長く、もやし特有の青臭さが少ないのが特徴です。

★「大豆もやし
韓国料理の「ナムル」でよくみかけるものが大豆もやしです。大豆を発芽させ、豆の部分のついたもの。豆には「タンパク質」や「大豆イソフラボン」などが含まれ栄養価が高く、歯ごたえがあります。

★「栄養がないと思われがちだけど、実はさまざまな栄養成分が

注目したい栄養素は、「アスパラギン酸」です。疲労回復や代謝の活性化などの効果があり、「スポーツドリンク」にも配合され、「スタミナ維持」にも活用されています。

クセ」のない風味と「シャキシャキ」とした歯ごたえがあり、色々な料理に活用されますが、もやしには大した栄養がないと思われがちです。

1袋」あたり「約35kcla」と「低カロリー」なので、もやし「ダイエット」を考えている方にとっては、安心して食べられる食材ではありますが、それ以外にどんな点に優れているのでしょうか?




もやしは豆を発芽させたものですので、それにより豆にはない新たな栄養素が生み出されます。他の野菜に比べて多くの「タンパク質」を含んでいるほか、「ビタミンB群、C、カルシウム、鉄分、カリウム、食物繊維」を含んでいるほか、「アミノ酸」の含有量も発芽により増加します。

中でも注目したい栄養素は、「アスパラギン酸」です。「アスパラガス」に含まれていることで有名な栄養素で、疲労回復や代謝の活性化などの効果があり、「スポーツドリンク」にも配合され、「スタミナ維持」にも活用されています。

この栄養素は「アミノ酸」の「1種」で、「アスパラガス」以外にも含まれています。大豆もやしには、なんと「アスパラガス」の「2倍」もの量が含まれており、様々な野菜の中でも「トップクラス」の含有量です。「ブラックマッペ」は「アスパラガス」と同程度含まれています。

また、発芽することで劇的に増加する「GABA・ギャバ」という成分も含まれています。含有量はそう多くはありませんが、精神の安定に働きかけ「リラックス効果」があり、「ストレス」を緩和させる作用があると言われています。

★「もやしをおいしく食べるには

もやしはあまり日持ちがしないので、購入後は早く食べるようにするのが鉄則です。そして短時間で加熱するようにしましょう。短時間でも火は通りますので、加熱は「サッ」とで「OK」です。茹でる場合は、加熱後に水にさらすのは「NG」です。「ビタミン」が水に流出してしまうだけでなく、せっかくの「シャキッ」とした食感が損なわれ水っぽくなってしまいます。

低価格で栄養素が豊富で「ダイエット」に最適な食材となれば食べない脇にはいかないですよね。





人気ブログランキングへ

MCTオイル・中鎖脂肪酸★MCTオイルが糖質オフダイエットを効率化★目安量→1日大さじ1~2杯程度★無色透明・無味無臭

こんばんは。
今日は「MCTオイル・中鎖脂肪酸★MCTオイルが糖質オフダイエットを効率化★目安量→1日大さじ1~2杯程度★無色透明・無味無臭」の事をお伝えしたいと思います。

高カロリー」の油は「ダイエット」の天敵と考えられていたのも今は昔です。近年では良い油を摂取することで、「ダイエット効果」や健康に作用するという考え方が「ポピュラー」になってきています。
体に良い油といえば、「オリーブオイル、えごま油、そして最近では何といってもココナッツオイル」が「ブーム」となっています。

ココナッツオイル」が「ダイエッター」に人気の理由は、主成分が「中鎖脂肪酸」と呼ばれる種類の脂肪であることが大きな理由なのですが、その割合は「6割」ほどです。

この成分が「100%」の「オイル」があるのです。それは「MCTオイル」です。

MCTオイル」は日本ではまだそれほど認知度は高くありませんが、「アメリカ」では既に「メジャー」な存在となっている「オイル」で、「ココナッツ」や「パームフルーツ」という「ヤシ」の「一種」が原料です。

名称である「MCT」とは、「Medium Chain Triglyceride」の頭文字で、日本語に訳すと「中鎖脂肪酸」という意味です。

脂肪は大別すると「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」の「2種類」があります。
動物性か植物性かというよりは、基本的に室温でも固体なのが飽和脂肪酸、液状なのが不飽和脂肪酸と捉えてください。ただ中鎖脂肪酸は飽和脂肪酸に分類されますが、「MCTオイル」は液状です。




飽和脂肪酸は「バター」や肉など動物性脂肪に多く含まれており、「コレステロール値」が上がることから、健康志向の人には敬遠されがちな種類の脂肪です。
しかしながら、飽和脂肪酸といってもいくつかの種類に分類され、体に蓄積される「タイプ」と、効率よく「エネルギー」に代謝されて体に溜まりにくい「タイプ」があります。

中鎖脂肪酸が主体の「MCTオイル」や「ココナッツオイル」は、後者の「タイプ」なのです。

一般的な「サラダ油」や動物性脂肪と比べて「MCTオイル」や「ココナッツオイル」が優れているのは、この「エネルギーとして燃焼」される効率が非常に良い点です。

サラダ油」に多い「長鎖脂肪酸」と比べて「中鎖脂肪酸」は、消化吸収は「約4倍、代謝は約10倍」も速いため、中性脂肪になりにくいのです。
また、中鎖脂肪酸は「善玉コレステロール」の働きを助け、「悪玉コレステロール」を減少させる働きがあるため、「ダイエット」や生活習慣病の「ケア」にも効果があると考えられています。

MCTオイル」は無味無臭なので、様々な料理や飲み物、汁物、などにかけても違和感なく口にすることができます。常温でも液状なので、「ドレッシング」に使うのにも適しています。

★「MCTオイルが糖質オフダイエットを効率化




MCTオイル」の「ダイエット効果」は、これだけではなくもう「一つ」重要なものがあります。
糖質オフダイエット」で注目されるようになった、「ケトン体」を効率的に生成する能力です。

糖質の摂取量を減らすなどにより「体内でエネルギー源」となる「ブドウ糖」が不足すると、体はその代わりとして体脂肪を分解して作られる「ケトン体」を使い始めます。意図的にこの状態「=ケトーシス」を作り体脂肪を燃焼させるのが、「糖質オフダイエット」の「メソッド」です。
反対に言うと、体の「エネルギー源」は「ブドウ糖」が優先的に使われるため、「ブドウ糖」が足りていれば「ケトン体」が作られることはありません。

しかし中鎖脂肪酸は、「ブドウ糖」が体内で不足していなくても「ケトン体」を作り出す働きがあるため、効率的に脂肪を燃焼させることができるようになるのです。
ただ中鎖脂肪酸も完璧ではなく、ある程度の「ブドウ糖」が体内に残っている場合はそちらが使われるので、中鎖脂肪酸を「ダイエット利用」するのであれば、糖質の摂取量は控えめにするほうがより効果は出やすいでしょう。

★「MCTオイルの取り入れ方

MCTオイル」は加熱調理には向かないので、常温でそのまま摂取します。炒め物や揚げ物に使用するなら、加熱による酸化に強い「ココナッツオイル」が適しているので、使い分けると良いでしょう。
MCTオイル」は「無色透明・無味無臭」なので、様々な料理や飲み物、汁物、などにかけても違和感なく口にすることができます。常温でも液状なので、「ドレッシング」に使うのにも適しています。
目安量は「1日」に「大さじ1~2杯程度」ですが、商品によっても異なりますので、表示を確認してみてくださいね。
便秘が改善されたという「ケース」が多いため、お腹が緩くなりやすい人は、初めは少量から試すことをおすすめします。

こんなにも他の「オイル」より効果がはっきりと証明されているのなら「MTCオイル」を積極的に摂取したいですよね。





人気ブログランキングへ

夜ヨーグルトダイエット★腸のゴールデンタイムに合わせてヨーグルトを食べる★量は120g目安★ヨーグルトドレッシング

こんばんは。
今日は「夜ヨーグルトダイエット★腸のゴールデンタイムに合わせてヨーグルトを食べる★量は120g目安★ヨーグルトドレッシング」の事をお伝えしたいと思います。

ヨーグルト」には乳酸菌などの善玉菌がたっぷり含まれています。

善玉菌の働きは、悪玉菌の増殖を抑えて腸内環境を良くする、有害物質の発生を抑える、風邪をひきにくくする、花粉症など「アレルギー症状」の「緩和、 便秘の改善、肌荒れ改善」など、様々な全身の健康に作用していると考えられています。

ヨーグルト」にはこうした健康効果があることは以前から有名ですが、最近注目されているのが夜に「ヨーグルト」を食べる「夜ヨーグルトダイエット」です。
ヨーグルト」は朝に食べることが多いと思いますが、夜食べることでどんな効果があるのでしょうか?

★「腸のゴールデンタイムに合わせてヨーグルトを食べる

人間の体は、「1日」の中で、朝は排泄、昼は食べたものを消化し栄養の補給、夜間は吸収という「リズム」があります。
朝にお通じがあったり、夜遅くに食べると太りやすいことからも、この「リズム」は実感できると思います。
こうした「体のリズム」には、腸の働きが最も活発になる「腸のゴールデンタイム」があり、「22時~翌2時」がその時間帯だと言われています。

この時間に合わせて腸を整える「ヨーグルト」を食べることで、腸の「ゴールデンタイム」をさらに後押しすることができるというのが、「夜ヨーグルトダイエット」の「メソッド」です。




夕食の時間帯に「ヨーグルト」を食べることで、眠っている間に乳酸菌などの善玉菌が働いて腸が活性化し、腸内環境を整えたり、老廃物の排泄や有害物質を減らしたり、太りにくい体質作りに役立つとされています。

★「夜ヨーグルトの食べ方

ヨーグルト」を食べる「タイミング」は、基本的には夕食後です。
なるべく就寝の「3時間前」には食べ終えるようにします。寝る直前や「22時以降」では体重が増加する可能性もありますので、できれば「21時」までには「ヨーグルト」を食べ終わると良いと思います。

量は「120g」が目安です。

種類により「多少カロリー」は異なりますが、無糖の「プレーンタイプ120g」なら、「75kcal~80kcal程度」です。
脂肪分の高い「リッチ」な「タイプ」や加糖のものは避け、できれば無脂肪や低脂肪のものが「ベスト」です。甘味を付けたい場合は、はちみつを少量加えてください。

夕食後に単体で食べるのではなく、料理に「ヨーグルト」を使っても「OK」です。
乳酸菌は熱に弱いので、なるべく加熱をせずに使いましょう。

★「夜ヨーグルトダイエットで気を付けることは

腸の働きが最も活発になる「腸のゴールデンタイム」があり、「22時~翌2時」がその時間帯だと言われています。




★「ダイエット」のために夕食を取らずに、「ヨーグルト」だけを夕食替わりに食べることは避けましょう。栄養が偏り、健康を損なってしまう可能性がありますし、必用な栄養が足りなければ美しくやせることはできません。

★量を食べ過ぎたり寝る直前や遅い時間に食べると、体重増加に繋がってしまいます。遅くても「21時」まで、眠る「3時間前」には食べ終えましょう。

★どんな「ダイエット」にも共通しますが、「ダイエット」に効くとされるその「一つ」に頼るのではなく、食事内容や「バランス」を整えることが最も大切です。
極端な食べ方をして一時的に体重が減ったとしても、栄養不足や「バランス」が悪いと結果的に「ダイエット」はうまくいかず、太りやすい体質になってしまいます。

ヨーグルト」の使い方

★「ヨーグルトドレッシング

プレーンヨーグルト 120g/エキストラバージンオリーブオイル 大さじ1/ 塩 小さじ1/2/こしょう少々/砂糖 ひとつまみ
これらの材料をよく混ぜるだけです。生野菜にも温野菜にも合いますので、野菜をたっぷり食べることができます。「ヨーグルト」の乳酸菌と野菜の食物繊維の両方を摂ることができますから、腸にとっては一挙両得と言えそうです。

★「水切りヨーグルト

水に強い「キッチンペーパー」を敷いた「ザル」に「ヨーグルト」を入れて、数時間から一晩置いておきます。「ザル」の下には「ボウル」や深めの皿などを「セット」しておきましょう。水きりをすると「ヨーグルト」は「フレッシュチーズ」のような味わいになるので、「オリーブオイル」と塩を少々かけてそのまま食べても美味しいですし、「トマト」や「バジル」と合わせて「カプレーゼ風」にしても合います。

水切りヨーグルト」を作った際に下に落ちる水は「ホエー・乳清」といい、「ホエー」には「タンパク質」や「カルシウム、ナトリウム」などが含まれ栄養価が高く、しかも体に吸収されやすいので、そのまま捨ててしまってはもったいないです。
ジュース」と割って飲んだり、肉を柔らかくする性質を持っているので、唐揚げなど肉を漬け込んだり、浅漬けの汁に入れる、「スープ」や「カレー」などの汁物に入れるなど、料理に活用していてはいかがでしょうか。

ヨーグルト」を食べるのにも「ダイエット」に効果的な時間帯があるんですね。





人気ブログランキングへ

リバウンド率の高いダイエット法★食事制限ダイエット★糖質制限ダイエット★単品ダイエット★ジム・運動・エクササイズ

こんばんは
今日は「リバウンド率の高いダイエット法★食事制限ダイエット★糖質制限ダイエット★単品ダイエット★ジム・運動・エクササイズ」の事をお伝えしたいと思います。

やせるために「ダイエット」を始めたはずなのに、その「ダイエット法」がもしも「リバウンド」しやすい方法だったとしたら。
努力が水の泡と化す「ダイエット後」の「リバウンド」は、体重が元に戻ってしまうならまだ良いほうで、最悪の場合は「ダイエット前」以上の体重になってしまうこともあります。

今回はそんな「リバウンド率の高いダイエット法」をご紹介いたします。

★「食事制限ダイエット

カロリー摂取量」を減らすことを重視する「食事制限ダイエット」は、一時的に体重を減らすにはある程度効果のある方法の「一つ」です。
しかし「栄養バランス」を無視し無理に食事量を減らして「一時的」に体重が減ったとしても、それを維持するためには食事制限をし続けなければなりません。
ダイエット前」の食事量に戻せば当然体重も戻りますので、失敗しやすい「ダイエット」の典型とも言えるでしょう。

適正量で「栄養バランス」の良い食事を日常化させることが、健康的な「ダイエット」を成功させ、長期間に渡り体型を維持することに直結します。




★「糖質制限ダイエット

糖質オフダイエット、炭水化物抜きダイエット」とも呼ばれており、「米、パン、麺類、パスタ」など主食となる糖質が主成分の食品を極力抑えるという「ダイエット法」です。

食事制限ダイエット」と異なる点は、高糖質の食品以外には特に制限がないことです。
効果が早く出るため人気の「ダイエット法」となっていますが、これこそが落とし穴です。
空腹感による「ストレス」により必要以上に間食したり、主食以外のものを食べ過ぎたりしやすく、「イライラ、頭がボーっと」する、疲労感が抜けないなどの症状が現れ、それに耐えきれずこの「ダイエット」をやめた途端に「リバウンド、というパターン」は非常に多いです。

幸い減量に成功し目標を達成しても、糖質を制限し続けなければ簡単に「リバウンド」してしまいます。
便秘にもなりやすくなるので、食物繊維を多く含む野菜や海藻類などを「バランス良く」食べることも必要になります。
糖質制限ダイエット」に「チャレンジ」するのであれば、糖質は夕食だけ減らすこと、玄米や雑穀米など「GI」値の低い主食に代えることなどの方法が良いでしょう。

ダイエット」だからといって、「サラダ」だけを食べるのは「NG」です。体に必要な栄養素が十分に補給できないため、体の筋肉量や基礎代謝が急激に落ちていきます。

★「単品ダイエット

バナナ、りんご、ゆで卵、サラダ」だけなど、ひとつの食品ばかりを食べ続けると体に必要な栄養素が十分に補給できないため、体の筋肉量や基礎代謝が急激に落ちていきます。
栄養が足りず筋肉量や代謝が落ちた分、「ダイエット前」よりも太りやすい体になってしまう「リスク」もあります。
短期間であってもまったくおすすめでできない「ダイエット法」です。




★「○○以外何を食べてもOKなダイエット法

〇〇以外何をどれだけ食べてもOK」など、簡単でしかも効果がすぐに出ることを謳う「ダイエット法」です。
特定の食品以外なら何を食べても「OK」として、「栄養バランス」を考慮せずにこの「ダイエット」を続けた場合、体に弊害がもたらされる場合があります。

例えば、「炭水化物・糖質」は「NG」だけど肉ならば好きなだけ食べて良いという「ダイエット法」です。
肉の主成分は「動物性タンパク質」であり、体の組織や「ホルモン」などを作るために必要で、吸収率が高いという点では優れています。

しかし食べすぎれば「タンパク質」のみならず、「動物性脂肪、コレステロール」などの過剰摂取になり、成人病の「リスク」を高めるほか、分解に時間がかかるため消化が不十分となり腸内の悪玉菌が増殖します。悪玉菌は「動物性タンパク質」や動物性脂肪を好むため、腸内環境が悪化しやすいのです。
バランス」を欠いた食事はこのように体に悪影響を及ぼし、体調の悪化を招くことがあります。

★「ジム、運動、エクササイズ

それまでの生活習慣になかったものを取り入れる訳ですから、一時的にだけでなく、いかに継続できるかが最大の「キーポイント」となります。
また、「激しいトレーニング」は、余計にお腹が空いて食べすぎてしまいがちにもなります。無理のない範囲で、日常生活で取り入れることのできる程度の運動が良いでしょう。

ダイエット」を始めるにも自己流で間違った方法で実行すれば逆効果になるのが良く分かりますよね。





人気ブログランキングへ

ハーブティー→ダイエット効果★マルベリー→糖の吸収をゆるやか★ジンジャー→代謝アップ効果★シナモン→デトックス効果

こんばんは。
今日は「ハーブティー→ダイエット効果★マルベリー→糖の吸収をゆるやか★ジンジャー→代謝アップ効果★シナモン→デトックス効果」の事をお伝えしたいと思います。

ハーブティー」というと飲みにくいものと思われがちですが、飲みやすいものもたくさんあります★なかでも、この時期の「ダイエット」を美味しく「サポート」してくれる効果を期待できるものを「3つ」ご紹介します。

★「糖の吸収をゆるやかに
★「マルベリー
桑の葉」のことです。「マルベリー」の葉の部分に含まれる「デオキシノジリマイシン」という成分が、「α-グルコシターゼ」という酵素を阻害してくれるため、糖の吸収を穏やかにしてくれるといわれています。

糖の吸収が穏やかになれば、脂肪も付きにくくなりますし、食後の眠気も改善できるかもしれません。「食前30分」くらいまえに摂取すると「Good」です。飲み慣れたお茶の味なので、「ハーブ独特」の香りが苦手な方でも飲みやすい味です。

★「代謝アップならこちら
★「ジンジャー
ジンジャー」といえば、言わずと知れた、体を温める「ハーブ」です。おばあちゃんの知恵袋の中でも、風邪をひいた時に用いられるほど古くから伝わるものです。




ジンジャー」には体を温める効果が期待できるのですが、温かい「ジンジャーティー」を飲む時の方が効果的です。冷えてしまうと、体を温める成分が変化してしまうため、温かいうちに摂取してくださいね。

おすすめは「ジンジャー」を入れたお風呂です。「バスタブ」に「ジンジャー」を入れて入浴することで、「代謝アップ効果」を期待できます。

お茶として飲む場合は、「ドライ」の「ジンジャー」と「牛乳・豆乳でもOK」、「ハチミツ」を少々入れた「ティー」を飲むと「Good」です。「ジンジャー」の「ピリッ」とした刺激が、牛乳と「ハチミツ」でまろやかになり、「グン」っと飲みやすくなります。

胆石のある方や妊娠中の方は使用しないでくださいね。

★「見た目もオシャレでデトックス
★「シナモン
シナモン」には体を温めたり、「デトックス効果」を期待できるといわれています。また毛細血管の修復をしてくれる効果も期待できるとされていますから、冷えが気になる方の「ダイエット」にはぴったりです。




ミルクティー」に「シナモンスティック」を入れて飲むのも「Good」ですが、粉末の「シナモン」の方が手に入りやすく使いやすいので、まずは「シナモンパウダー」を探してみましょう。このとき、「スリランカ産」の「セイロンシナモン」を選ぶのが「ベスト」です。

摂り方は簡単です。飲み物に少し混ぜて飲むだけです。「1日3g」まで「小さじ1杯で5gなのでそれよりも少なめに」に留めて、妊娠中は必ず避けてくださいね。

ミルク」や豆乳などのまろやかな味わいのものと相性がいいので、「サッ」とかけて飲んでみてくださいね。とくに、夜に摂取することで脂肪の蓄積を防いでくれるといわれています。

ハーブ」というと敷居が高い「イメージ」だと思われがちです。しかし★実は「スーパー」や「ドラッグストア」にもあるものです。身近にある「ハーブ」で「ダイエット」を効率よく「サポート」してみてはいかがでしょうか。

ダイエット中」の「サポート」になるのであれば「ハーブティー」を効率良く摂取するのも良いかも知れませんね。





人気ブログランキングへ

ダイエットにピッタリ★夏野菜・3選★ナス→アンチエイジング効果★トウモロコシ→ゼアキサンチン含有★リーフレタス→骨を丈夫

こんばんは。
今日は「ダイエットにピッタリ★夏野菜・3選★ナス→アンチエイジング効果★トウモロコシ→ゼアキサンチン含有★リーフレタス→骨を丈夫」の事をお伝えしたいと思います。

この季節「ダイエット」をするなら、食べて欲しい夏野菜があります。夏の野菜というと、どんな野菜を思い出しますか?季節の野菜は、その季節を乗り切るために最適な成分を含んでいます。夏の暑い時期は、夏野菜を上手に取り入れて美味しく「ダイエット」しましょうね。そこで今日は身近にある、「ダイエット」に「ピッタリ」の夏野菜をご紹介します。

★「ナス
ナス」は水分が多い野菜です。「ビタミン」や「ミネラル」は少ないのですが、むくみ予防効果が期待できる、「カリウム」を豊富に含みます。




ナス」の紫色には「アントシアニン」が含まれ、この成分によって紫外線などで作られる、活性酸素の働きを抑制する作用があります。つまり「アンチエイジング効果」が期待できるのです。さらに「ナス」の成分の「クロロゲン酸」が「アントシアニン」の効果を助けると言われています。「焼く、煮る料理」で食べましょうね。

★「トウモロコシ
ゆでた「トウモロコシ」は夏になると、食べたくなる野菜の「一つ」ではないでしょうか。「トウモロコシ半分」で「約100g」です。「100g」で「99キロカロリー」ですから、食べごたえのあるおやつになります。

食物繊維が豊富で含有量は玄米よりも多く、「ダイエット」の大敵の便秘を予防する効果が期待できるのです。「トウモロコシ」の黄色の色には抗酸化作用の強い、「ゼアキサンチン」が含有しています。調理後は、栄養価が下がりやすいので冷蔵庫に保管します。多すぎた分は、粒を「バラバラ」にして冷凍しましょうね。




★「リーフレタス
リーフレタス」とは、葉の先が「フリル」のようになっている「レタス」です。「リーフレタス」に含まれる「ビタミンA」は皮膚の「カサつき」を予防し、「ビタミンE」は抗酸化作用が期待でき、「ビタミンK」は骨を丈夫にしてくれます。

100g、9kcal」と「低カロリー」なので、安心して食べられる野菜です。「サラダ」で食べるのがお勧めですが、残ってしまったら、肉や野菜と一緒に炒めるとたくさん食べられます。

暑い夏は、野菜をたっぷり取ることで、不足しがちな水分も補えて、食べ過ぎも予防できます。「ダイエット」の「サポート役」として上手に利用しましょうね。

野菜摂取は「ダイエット」には欠かせないですよね。成分や効果などを理解しながら摂取すれば「ダイエット効果」も変わってくるでしょうね。





人気ブログランキングへ