冷え性なのに汗っかき★その原因と対策とは★

こんばんは。
今日は「冷え性なのに汗っかき★その原因と対策とは★」の事をお伝えしたいと思います。
多くの女性が悩んでいる冷え性です。「手先や、体」が冷たいはずなのに、なぜか汗を「ダラダラ」とかいてしまっていませんか?今回は、冷え性なのに「ダラダラ」と汗をかいてしまう原因とその対処法をご紹介します。

★そもそも冷え性はどうして起こる?

★なぜ多くの女性が冷え症に悩まされるのでしょうか。

1つ」は、女性は男性に比べ、筋肉量が少ないからです。筋肉にはさまざまな働きがあり、血液を体じゅうに送ったり熱を体外に逃がしたりする体温調整の役割などを果たします。筋肉量が少ないと、体温調整がうまくいかず、結果、体が冷える、いわゆる冷え性の状態になります。また、女性は皮膚の表面温度が低く、生理などの影響で腹部の血流が滞りやすいことも冷え性の原因の「1つ」です。

さらに、「ストレス」などで自律神経の働きが悪くなると、体温調整がうまくできなくなることも挙げられます。また、きつめの下着などをつけていると体が締め付けられ、血流が滞ることがあります。

このように、実に冷え症は、さまざまな原因がからみあって生まれるのです。




★冷え性なのに汗っかきなのはなぜ?

冷え性なのに汗っかきという女性は、体の中の水分がきちんと回っていないことが主な原因です。他にもさまざまな原因があるので、それはこれから紹介していきましょう。

★女性ホルモンの乱れ
1つ」には「女性ホルモン」の乱れがあげられます。「ストレス」などによって、自律神経が乱れると、体の体温調整がうまく働かなくなる場合があります。このため、体は冷えているのに汗っかきという状態になってしまいます。

★低体温で体内に余分な水分が多い
自分は汗っかきだという自覚のある人は、瞬間的に大量の汗をかいてはいませんか?実は大量の汗をかいているのに、実際はそこまでの量をかいていないのです。このため、体内に残った余分な水分が出て、冷え性なのに汗っかきという状態になることがあります。

★体内の水分量の多さ
夏になると、大量の水分を飲んではいませんか?水分の大量摂取により体内の水分量が多くなっていることがよくあります。だいたい内蔵の温度が「1℃」上がると、基礎代謝は「20%」も上がると言われています。自律神経の乱れで体が低体温になっている場合は内蔵も冷えていますので、熱いものを食べたり、ちょっと運動するだけで、体温が「1~2℃」すぐに上がってしまいます。少しの体温上昇をきっかけに大量の汗をかくことになります。汗をかいていることばかりに意識が向いてしまい、自分は冷え性ではなく、汗っかきなのだと思ってしまうことがあります。

★冷え性なのに汗っかきの対処法




★冷え性の元になる食べ物をなるべく食べない
冷え性を改善するには、体にしっかり熱を作る食べ物を食べることが大切です。「暖かい食べ物や、肉、大豆、卵」などの「タンパク質」を多く含む食材や、「レバー」やきくらげなどの鉄分の多い食材、また「ピーマン」や「モロヘイヤ」などの「ビタミンC」を多く含む食材を多く摂取するようにしましょう。

ご飯、味噌汁」などの和食や、全粒粉の「パン」なども「オススメ」です。よくやりがちですが、朝に「ヨーグルト、バナナ、フルーツ類」などの摂取は体を冷やす効果があるので控えましょう。

★筋肉をつける
体の中の血流をよくし体温調整をうまくするためにも、運動などをして体に筋肉をつけましょう。「ジム」の「マシーン」などで「モリモリ」と筋肉をつける必要はなく、少し早めの「ウォーキング」や軽い「ジョギング」で最小限の筋肉を作って、余計についてしまった脂肪をなくす程度で大丈夫です。特に足のももの筋肉が少しでも増えると体の代謝が「アップ」するので、運動の際には足のももを意識して強化するようにするといいでしょう。

自分は冷え性なのに汗っかきと思っている人は、「ホルモンバランス」の乱れや、体の中に余計な水分が多いのかもしれません。まずは、体を冷やす食べ物を食べないことや、運動などで筋肉量を増やすことから始めてみてはいかがでしょうか。

体の冷えが元になる食べ物を取らないことと筋肉量を増やせば改善の余地がありそうですよね。





人気ブログランキングへ

朝のコーヒーは冷え性女子に大敵★代謝を上げる飲み方は?

こんばんは。
今日は「朝のコーヒーは冷え性女子に大敵★代謝を上げる飲み方は?」の事をお伝えしたいと思います。
目覚めの「モーニングコーヒー」は大変おいしく感じるものです。
ところが、朝一番の「コーヒー」は基礎代謝の低下の原因になります。「ダイエット」を成功させるためには、「コーヒー」はお昼まで待つのが「ポイント」です。

朝の「コーヒー」は目が覚めておいしいものですが、からだは冷えてしまいます★
目覚めて飲む、今日はじめての飲み物です。それは「コーヒー」と言う方も多いことでしょう。「コーヒー」が朝のぼんやりとした頭を覚ましてくれるのは、覚醒作用のある「カフェイン」が含まれているからです。

しかし「カフェイン」は覚醒作用のほかにも、「利尿作用」や「交感神経への刺激」といった影響をからだに及ぼします。この「2つ」の作用が実は冷えの原因になります★
利尿作用によって必要以上に水分を排出することでからだの熱が奪われてしまいます。さらに交換神経への刺激は自律神経の乱れを引き起こし、血行不良を起こす可能性もあります。




摂取量によっても影響度は異なりますが、「コーヒー」好きは要注意です。
朝一番に「コーヒー」飲むと、目は覚めても、からだはひんやりと冷えてしまうのです。

目を覚ますなら、「ストレッチ」や「ヨガ」です。血流も上がり、からだにこころよい「スイッチ」が入ります★
そこで、目を覚ますためには「コーヒー」よりも、からだを動かすほうが断然おすすめです。ゆっくりと布団の中で伸びをしたら起きたてのからだを少しずつほぐしてあげましょう。ゆるい「ストレッチ」や「ヨガ」を数分も行えば全身に気持ちよく血がめぐり、無理なく目を覚ますことができます。

さらに深呼吸をすれば、からだの中に新鮮な空気が送り込まれることで、全身に「エネルギー」が満ち、気持ちまでも「シャキッ」と元気になります。
わずか数分でもいいので実践しましょう。からだにこころよい「スイッチ」が入ります★




代謝アップ」を狙うなら、朝一番の飲み物は冷え取り効果のあるお茶です★
からだに「スイッチ」を入れたら、次は飲み物です。冷え取り効果のあるお茶で、さらにからだをあたためていけば万全です★
おなじみの「しょうが紅茶はもちろん、ほうじ茶、黒豆茶、どくだみ茶」といったものも血行を改善し、「冷えを取り、代謝」を上げる効果があります。また、からだをあたためる根菜から作ったごぼう茶もおすすめです。
お好みに合わせていくつか「ストック」しておき、その日の気分で楽しめば「1日」の「エンジン」のかかり方もぐっと違ってきます。
そしておいしい「コーヒー」は「ランチタイム」まで待ちましょう。

毎日のこうした心がけで自然に代謝のいい痩せ体質になれます。本当にちょっとした、ささやかなことで、からだは変えられるのです。
朝はからだも心もあたためるのが正解です★しっかり熱を生み出して、代謝を上げるとともに「テンション」も上げ、元気に「1日」をはじめましょう。

モーニングコーヒー」が冷え性の引き金だったとは驚きますよね。





人気ブログランキングへ

運気を上げたいなら体を温めよう★2017年は冷え知らずな体★

こんばんは。
今日は「運気を上げたいなら体を温めよう★2017年は冷え知らずな体★」の事をお伝えしたいと思います。
寒くなると、体は知らず知らず猫背になったり体を縮めたりしてしまいます。すると、血行が悪くなりますます冷えが進んでしまいます。そこで姿勢を正すことで血行を良くし冷え知らずの体を作りましょう。また、風水的に姿勢を良くすることが「幸運」を運んでくると言われています。
姿勢を正して、「美ボディ」作りをしましょう。

★美しい体の基本★ 姿勢を正して運気を上げよう

★ここでは、姿勢を正すための簡単な方法をご紹介いたします。




{肩甲骨回し}
肩甲骨周りには大きな筋肉があり、「1日1分程度」軽く回すことでも血行が良くなります。肩甲骨を大きく後ろに「10回、前に10回」、無理のない範囲で回します。最後に両手を上にあげ、手を肩まで下してきます。手のひらを返して、そのまま足につけます。

{おしり歩き}
お尻であるくことで、お尻周りの脂肪が引き締まるだけでなく、骨盤周りに筋肉がつき骨盤の位置が正しくなります。歩く前に股関節をよく「ストレッチ」して、「5メートル」を「5往復程」しましょう。

{骨盤を温める}
子宮を温めることは「女性ホルモン」を整えるのに最適です。骨盤周り専用の「ホッカイロ」が出ているので使用してみましょう。ただし、おなかは皮膚が薄いので、低温やけどに気をつけましょう。




{足湯}
42度」の熱めのお湯に足を入れて、体全体を温めましょう。「10分」以上つかると「コラーゲン」が体の外に出て行ってしまうので、注意しましょう。最近は「乳液タイプ」の入浴剤があるので、足湯にもお勧めですよ。

体を温めると姿勢もよくなるし、寒さに打ち勝つ行動力が出てくる気がしませんか?この冬は、体を温めて、冷え性からおさらばして、運気も体温もしっかりあげていきましょう★

体を温めると「運気」が上がるとは驚きですよね。




width=”80″ height=”15″ border=”0″ />
人気ブログランキングへ

冷え性さんでも安心★無糖炭酸水の美肌&健康効果とは?

こんばんは。
今日は「冷え性さんでも安心★無糖炭酸水の美肌&健康効果とは?」の事をお伝えしたいと思います。
つい手が伸びる「コーラ」などの炭酸飲料は、冷たさと砂糖のとり過ぎによって「カラダ」の冷えを招きます。

シャキっ」としたいときは、無糖の炭酸水がおすすめです★血行がよくなり、冷えも疲労も解消してくれるんだそうです。冷やして飲んでも「カラダ」に負担がかからず安心ですよ。

★無糖の炭酸水を飲んでカラダの冷えを解消!

暑い季節においしい、ひんやり冷えた「コーラ」や「ソーダ」などの炭酸飲料です。ついつい口にしてしまうという方もいらっしゃると思いますが、これは「カラダ」を冷やすもとです。
それは、冷たいものを飲むからということよりも、炭酸飲料に大量に含まれている砂糖に原因があります。白砂糖は「カラダ」に入った途端に血液のめぐりを悪くさせるため、「カラダ」のすみずみまで血液が運ばれなくなり、結果として冷えてしまうのです。




ところが炭酸自体には、血行をうながす作用があります。炭酸を飲むと、血液中の二酸化炭素の濃度が上がります。すると、「カラダ」に酸素を多く運ばせるために血管が広がって血流がよくなるため、冷えの改善にもひと役買うのです。

★無糖炭酸水は美肌&デトックス効果も期待できる

この甘くない炭酸水です。「グイッ」と飲むと五臓六腑に刺激がいきわたり、即座に「カラダ」が「シャキッ」としますよね。これは炭酸水に含まれている{炭酸水素イオン}が、疲労の原因である体内にためこまれた乳酸を減らす助けをしてくれるからなんです。

炭酸水は、ただ気分的に爽快感をもたらすだけではなく、「カラダ自体」に対しても活を入れてくれるのです。
そして女性にとってうれしいのは「美肌効果、デトックス効果」が期待できることです★朝一番に冷たい炭酸水を飲めば、炭酸により胃が刺激され、腸のぜん動運動が活発になるので、毒素をすっきり出すことができます。こうして腸内環境がよくなれば、肌の透明感や「ツヤ」も違ってきます。




★甘味が欲しいときは100%果汁がおすすめ!

しかし、甘くない炭酸などおいしくないという方もいることでしょう。
ですが、味覚は「慣れ」によっても変えることができます。ぜひ頻繁に口にして、甘味のない炭酸水の味になじんでください。甘い炭酸飲料よりも無糖の炭酸水を好きになることで、「カラダ」にとってよいことがたくさん起こります。

それでも、どうしても甘くなければ飲めないという方は、はじめのうちは「100%」の果汁を炭酸水で割って飲むのがおすすめです。徐々に果汁の割合を減らしていけば、無糖の炭酸水への抵抗もなくなっていくでしょう。

まだまだ続く暑い季節にぴったりの炭酸水です。どうぞ、「シャキっ」と元気な「カラダ」づくりにお役立てください。

無糖炭酸水」なら低価格の商品が出ているので続けられそうな気がしますよね。





人気ブログランキングへ

ベストは37℃★冷え症を本気で改善しよう~「温活」の4原則~

こんばんは。
今日は「ベストは37℃★冷え症を本気で改善しよう~「温活」の4原則~」の事をお伝えしたいと思います。
冷え症改善に最も大切なことは、血流を良くすることです。
血流が良くなると、「クマ」やくすみが改善されてお肌の色が明るくなったり、乾燥肌が軽減されるなど良いこと尽くしです。

★理想の体温は「37℃」

★あなたの平熱は何度ですか?
実は体温が低ければ低いほど、老化の進行「スピード」は「グンっ」と早まります。
それは、代謝が落ちて脂肪がつきやすいことにも関係しています。
つまり太りやすい女性は、低体温の場合が多いのです。

代謝が落ちると排泄機能も悪くなり、肌荒れの原因となります。
さらに、体温が「1℃」下がるだけで、免疫力は「37%」落ちると言われています。
そのため風邪や病気にかかりやすくなるので、低体温の方は要注意です。
美容と健康のためにも冷え症を改善した方が良いのです。
今すぐ温活を「スタート」しましょう★

★冷え症を改善するためには、さっそく次の「4原則」を意識しましょう★




★{温活4原則}
★体を冷やさない
★体を内から温める
★冷やすものは摂らない
★熱を作れる体にする

基本であり、温活にはとても大切なことです。
また、冷え症対策に効果的な「ポイント」は、「血流の多い部分を重点的に温める」ことです。

★血流の多い「パーツ」とは?

★お腹周りなど臓器がある部分
★太ももなど筋肉の多い部分
★「首、手首、足首」など、「静脈・動脈」のある部分

以上の「3つ」が「メイン」となります。
特にお腹は、普段から温めやすい部分ですよね★
冷え性さんにとって薄手で機能的な腹巻きは、温活の必需品の「一つ」です。
お腹を中心に、温めるように意識してくださいね。




★{オススメの温め方法}
★靴下選びの「ポイント」は「足の甲」が隠れるもの
甲が温かいと、脚全体が温かく感じるのです。
極力靴下を履きましょう。

★手首こすりや「グーパー体操」
手首をこすり合わせたり、「グーパーグーパー」指を動かすと、指先の皮膚温度が上がり血液循環が良くなります。

★温めの「ツボ」
足の内くるぶしから「指4本分」上あたりにある「ツボ」は冷え防止に効果的です。指で押したり、「ドライヤー」の温風をあてる、「ドライヤーお灸」が「オススメ」です。

温活にはいろいろな方法がありますが、今回は身近に意識できる「ポイント」をご紹介しました。
冷え性を改善するためには、毎日の意識の積み重ねが重要なので、ぜひ取り入れてみてください★
体温「37℃」の「ポカポカ美人」を目指しましょう。

低体温」の体質でこんなにも老化の進行「スピード」が早まるとは驚きますよね。





人気ブログランキングへ

え、野菜や果物が原因★アラサーからの「カンタン冷え性対策」

こんにちは。
今日は「え、野菜や果物が原因★アラサーからの「カンタン冷え性対策」」の事をお伝えしたいと思います。
女性のお悩みとしてよく聞かれるのが「冷え性」です。「アラサー」独女の皆様も、毎年「冷え性」に頭を抱えてるという人も多いのでは?「夏、秋」とあっという間に季節は過ぎ去り、気付いたら冬本番なんてことになります。これからの時期は本当に辛いですよね。

そこで今回は、食べ物から冷え性を改善する方法をご提案します。内側からしっかりと温まって、健康な身体を手に入れましょう。

★冷え性になるとどうなるの?

冷え性とは、体を温めているのになかなか手足が温まらない、というような症状のことです。常に手足が冷えているような感覚がある人は、冷え性の可能性が高いと言えるでしょう。冷え性が起こる原因は諸説ありますが、血行不良が原因で起こる場合が多いようです。

手足の末端にある細い血管にまでしっかりと血液が行き届かないことで、冷え性が引き起こされてしまうのです。発症は女性に多いのも特徴です。

冷え性になってしまうと、「肩こりや頭痛、生理不順」などの症状に見舞われることがあります。また、身体のむくみの原因になることもあります。生理のとき、生理痛がひどいという女性の多くは冷え性であるといいます。こんな女性にとって厄介だらけの冷え性はすぐに改善する必要があります。




★冷え性の改善に役立つ食べ物

先ほどから繰り返しているように、冷え性は様々な病気を引き起こす原因となってしまうのでかなり注意が必要です。冷え性を撃退するには、まずは身体の中から改善していくことが大切です。具体的には、冷え性に効果があるといわれる食べ物を意識的に摂取し、身体の冷えを促進させてしまう食べ物は避けるとよいでしょう。

そもそも、野菜やお肉などの食べ物には、「身体を温めるもの」と「身体を冷やすもの」の「二種類」があることをご存知でしょうか。冷え性に効果がある食べ物のことは「陽性」と呼び、逆に冷えを促してしまう食べ物は「陰性」と呼ぶそうです。

冷え性改善に効果がある陽性の食べ物は、「寒い地方で採れるもの」です。先祖代々、寒い地方に住む人たちが寒さに凍えてしまわないないように積極的に摂取し、効果があると判明したものなのかもしれません。冬に旬を迎える食べ物の多くは、身体を芯から温める作用があるので積極的に食べましょう。

具体的には、野菜だったら、「ニンジン、ごぼう、レンコン、かぼちゃ、ネギ」などです。魚介類だったら、「エビ、なまこ、アナゴ、貝類」や赤身の魚が効果的です。肉類では、「ラム肉、豚肉、鶏肉」などです。しょうがや「唐辛子、にんにく」なども、身体を温める効果があると言われています。

これらの食べ物は、お鍋などにして食べるとより効果的です。また、しょうがは紅茶に入れて毎日飲むようにすることもできるので便利ですよね。毎日続けることが大切なので、出来る範囲で身体を温める陽性の食べ物を食べるようにしましょう。




★冷え性の人が避けるべき食べ物

先ほど少し触れましたが、身体を冷やしてしまう陰性の食べ物です。これは摂取しないように気をつけなければいけません。冷え性の女性のほとんどはそれを知らずに、無意識のいちに陰性の食べ物ばかりを摂取してしまっている可能性があります。食事は美味しくとるのが一番ですが、そればかりに目を向けて健康を意識しないと、後悔することになってしまうかもしれませんから、注意してください。

寒い地方で採れるものが陽性だったことからも分かるように、夏に採れるものや、暖かい地方で採れるものは、身体を冷やしてしまう効果があります。具体的には、「きゅうり、白菜、もやし、レタス」などの野菜類、「メロン」や「スイカ」などの果物類などです。「甘味料や食品添加物、ラード、チョコレート」や「スナック菓子」なども当てはまります。

きゅりなどは夏野菜などとも呼ばれて「イメージ」しやすいですが、「甘味料や食品添加物、チョコレート」や「スナック菓子」は年間を通して食べられるものなので、避けるのがちょっと難しいですよね。どれもついつい食べてしまうものばかりなので、冷え性でお悩みの女性は気を付けたいところです。

また、冷たい飲み物を避けて、常に常温のものを飲むようにすることも大切です。今は「コンビニエンスストア」などでも、水やお茶が常温で販売されているので、それらを選んで購入することを「オススメ」します。冬は何もしなくても身体が冷えてしまいがちです。陰性の食品を避けることで、身体を必要以上に冷やさない努力が必要です。

冷え性改善の第一歩は、陽性の食べ物と陰性の食べ物をしっかりと把握し、食生活に気を配ることです。継続して陽性の食べ物を食べることで、この冬は冷え性を改善していきましょう★

陽性」と「陰性」の食べ物の接種のしかたでこんなにも変わってしまうんですね。





人気ブログランキングへ

冷え性対策に効果的な「体の4カ所」を暖める方法

こんにちは。
今日は「冷え性対策に効果的な「体の4カ所」を暖める方法」の事をお伝えしたいと思います。
手足が冷たくて夜あまり眠れない、手がかじかんで「パソコン」の「キーボード」が打てないことがありますよね。

このように、冬には冷え性で悩む人は多いですよね。冷え性でなくても、冬になると寒さが身に染みるものです。とくにこの年末年始は、夜遅くまで外出している機会が多いですよね。そこで、効果的な防寒対策をあらためて「チェック」しておきましょう。

さて、あなたは靴下を「2~3枚」と重ねて履いたり、肌着を「ユニクロ」の「ヒートテック」など温感素材製のものにして、さらに腹巻きをしてなどと、重ね着をして寒さをしのいではいないでしょうか。




重ね着も、防寒対策にはなります。ですが、一番効果的な防寒対策は、{4カ所のクビ}を暖めることです。

4つ」の「クビ」とは、顔の下にある首はもちろんのこと、「手首、足首、ウエスト」の{クビれ}の合計「4カ所」です。

なかでも特に首は、寒い外気にさらされやすく皮膚が薄いため、冷やされることで血管も冷えやすいです。さらに、首には動脈という太い血管が通っているので、首が冷やされて冷たい血流が体中にめぐれば、どんなに重ね着をしていても、体の芯から温まることはできないでしょう。外出時は「マフラー」や「ネックウオーマー」を着用し、室内でも「スカーフ」などを首に巻くだけで体で感じる暖かさが全然違います。忘れないようにしたいですね。




手首と足首も同様です。最近では手首や足首専用の「カイロ」が販売されているほどです。皮膚が薄いので、意識して暖めるようにしたい。また女性の場合は、「ウエスト」も大切です。子宮まわりが冷えると、体の不調を引き起こす原因にもなりやすいです。

寒さ対策で「カイロ」を貼るときは、首のすぐ下、背中の上部にある{風門}という、肩甲骨のあいだの部分に貼るとよいでしょう。この場所も血管が集中しているため、ここを温めると体全体の血行を良くすることができます。

ぜひお試しあれ。

手首、足首、ウエスト」4カ所を温めるのは寒さ対策の基本中の基本ですよね。





人気ブログランキングへ

冷え性の方は必見★違いがわかる「てんさい糖」のお話

こんばんは。
今日は「冷え性の方は必見★違いがわかる「てんさい糖」のお話」の事をお伝えしたいと思います。
スーパー」に行くと、白砂糖をはじめ、「てんさい糖・きび砂糖・黒砂糖」などといった、様々な種類の砂糖が並んでいますよね。
一体これらの砂糖にはどんな違いがあるのでしょうか?

砂糖は、さとうきびを原料とするものと、砂糖大根{てんさい}を原料とするものの「2種類」があります。
白砂糖・きび砂糖・黒砂糖」など、「砂糖」といわれているもののほとんどは、さとうきびを原料にしています。
てんさい糖」だけが砂糖大根を原料に作られているのですが、この「2つ」の原料には大きな違いがあります。

さとうきびは熱帯に生息する植物のため、体を冷やす作用があると言われているのに対し、寒冷地で栽培されるてんさいには、体を温める作用が期待できます。
また「てんさい糖」には「オリゴ糖」が多く含まれているため、「ビフィズス菌」を増やしてくれます。




また、白砂糖や「グラニュー糖」などは精製されて作られているため、消化吸収が早い分、消耗も早く、血糖値の上下が激しくなります。それによってすぐまた糖分をとりたくなり、それが繰り返されることによって低血糖症がおこったり、「イライラ」しやすくなります。
それに対し、きび砂糖や「黒砂糖、てんさい糖」などは精製されていないため、ゆっくりと消化され、その分血糖値の上下が緩く、吸収にも時間がかかるので少しの糖分で長時間保つことができます。

★てんさい糖ってどうやって使えばいいの?

てんさい糖は、値段もさほど高価ではないので、便秘や冷え性に悩んでいる方や、「ダイエット中」の方はぜひ一度食生活に取り入れてみてはいかがでしょうか?




コーヒー」や紅茶などの飲み物や「ヨーグルト」に混ぜたり、お料理に「コク」や「ツヤ」を出したい時など、調味料としても使えます。
ぜひ調味料選びの参考にしてみてください。

てんさい糖」はあまり聞きなれない種類の糖ですよね。

冷え性が改善できるのであれば試してみる価値はありそうですよね。





人気ブログランキングへ

秋のむくみ予防や冷え対策に★ルビーのようなザクロの栄養価

こんばんは。
今日は「秋のむくみ予防や冷え対策に★ルビーのようなザクロの栄養価」の事をお伝えしたいと思います。
旬の果実のひとつ「ザクロ」です。実を割るとまるで宝石のような艶やかな赤い粒がぎっしり詰まった「ザクロ」は、美しいだけではなく栄養価も高いんです。
ザクロ」は「10月」から「12月」にかけてが旬で、甘みが強く「マイルド」な酸味の「アメリカ」や「チリ」などの輸入物がほとんど。女性に嬉しい栄養豊富な「ザクロ」は、「5000年」以上も前から美容と健康に良い食べものとして広く親しまれてきました。今回はそんな「ザクロ」の「インナービューティーポイント」についてご紹介します。




★代謝をサポート★溜め込まない身体作りに★

ザクロ」には代謝を「サポート」する「ビタミンB1」や「ビタミンB2」が豊富です。「ビタミンB1」は糖質の代謝を「サポート」します。「ビタミンB2」は「美容ビタミン」とも呼ばれていて、脂質の代謝を「サポート」します。
食欲の秋は美味しい「新米や、甘いスイーツ」をつい食べ過ぎてしまいがちです。「ザクロ」の「ビタミンB群」の「パワー」で糖質と脂質をしっかり代謝し、溜め込まない身体を作りましょう。

★抗酸化ビタミンが豊富★美肌作りや妊活に★




ザクロ」には「コラーゲン」の生成を「サポート」する「ビタミンC」や、「アンチエイジングビタミン」と呼ばれる「ビタミンE」も豊富です。これらは抗酸化作用が高く、細胞老化を防ぐ働きがあります。
美肌作りや生活習慣病予防にはもちろん、妊活にも「おススメ」の「ビタミン」です。「ビタミンE」には血液の巡りを良くする働きもあり、「秋冷え」の予防にも「おススメ」です。

★豊富なカリウムでむくみを予防★

ザクロ」には「カリウム」も豊富です。「カリウム」は細胞内の余分な「ナトリウム」{塩分}を排出し、むくみや高血圧を予防する働きが期待されています。
タイト」な「ブーツ」を履いたり、身体が冷えるとむくみやすくなるものです。「カリウム」を上手に取り入れて「秋むくみ」を予防しましょう。
カリウム」は水に溶け出しやすいので、生のまま食べるか「スムージー」や「フレーバーウォーター」にすると無駄なく摂取できますよ。
いかがでしたか?宝石のように輝く真っ赤な果実、「ザクロ」です。秋の美肌作りや「秋冷え予防、むくみ予防、妊活」のためにも是非、毎日の食生活に取り入れて楽しんでみて下さいね★

ザクロ」に「効果・効能・栄養価」がこんなにあるとは驚きですよね。





人気ブログランキングへ

冷え性を改善するツボとは?

こんばんは。
今日は「冷え性を改善するツボとは?」の事をお伝えしたいと思います。
冬になると部屋にいても手足や腰が冷たいと冷え性に悩む人も多いでしょう。また冷え性は冬だけではありません。

夏場も冷房に効いた部屋に長時間いることで手や足が冷えたり、冷たい飲み物や食べ物によって体内から冷えてしまったりする場合もあります。冷え性の原因は「自律神経の乱れや、血行不良」が考えられます。とくに血行不良は冷え性だけでなく「頭痛や肌荒れ、むくみ」に対しても原因となってしまうため改善していかなければなりません。

そんな冷え性ですが「ツボ」押しによって血行を「スムーズ」にし、血行を整えることができるのです。また「ツボ」を刺激することで自律神経の乱れを改善し、臓器の働きも活発化させることができ、血液の循環がよくなることで冷え性を改善させる効果が得られるのです。

★冷え性に効果的なツボはどこにある?




冷え性に効果的な「ツボ」はいくつかあります。まず三陰交と呼ばれる「ツボ」です。

この「ツボ」は足の内側にあり、くるぶしから「指3本から4本」ほど上に位置しています。この「ツボ」は冷え性や生理不順などに効果のある「ツボ」で女性にとって重要な「ツボ」です。親指で「5秒から10秒」程度少し強めに押すと効果が得られます。また八風という足の指の付け根の間に「ツボ」があります。この「ツボ」を親指と人差し指ではさみ押したり、足の間に手の指を入れ、ぐるぐると足首をまわしたりします。

他にも湧泉という足の裏にある「ツボ」で土踏まずから上の位置で指を曲げた際にできるくぼみ部分に位置する「ツボ」で血液不順に効果があります。この「ツボ」は親指で痛みを感じるまで押し続けます。これらの「ツボ」を押し冷え性の改善にうまく取り入れましょう。

★ツボ押しだけでは冷え性は治りません★




ツボ」押しは冷え性改善に効果がありますが、「ツボ」を刺激するだけでは冷え性が完全に治るというわけではありません。

ツボ」押しはあくまで血流を改善したり、整えたりする「サポート」を行う役割です。そのため冷え性の改善には生活習慣を見直すことが大切です。例えば普段お湯に入らない人はお風呂に入るときはしっかりとお湯につかることも大切です。

熱いお湯に数分つかるだけで体を温めることができますが、少しぬるめのお湯で「30分」程度半身浴をおこなうとさらに効果的です。また根菜がはいった「バランス」のよい食事を心がけたり、軽い運動を行ったりすることで血行を促進させ冷え性を改善することができます。これらの体質改善と合わせて「ツボ」押しをおこなうことでより早く効果を得ることができるのです。

三陰交」の「ツボ」を押して冷え性を改善したいですよね。





人気ブログランキングへ