こんばんは。
今日は「RENA★総合格闘技イベントRIZIN★大みそか決戦」の事をお伝えしたいと思います。

総合格闘技RIZIN」が発足し、大みそかの「格闘技イベント」が復活して「3年目」になります。男女ともが興奮する「ガチンコスポーツ」の祭典として、彼女の存在は「“絶対”」です。「入場テーマ曲」は、「エイジアエンジニア」の「絶対負けない★」です。「ポップ」な「サウンド」に合わせて、「RENA」は「アイドル」さながらの登場をみせます。それでいて、ひとたび「リング」に立てば、戦慄が走るような強烈な打撃で相手を仕留めます。

★「もうツヨカワじゃなくてコワカワだよ★

と統括本部長の「髙田延彦氏」も、「バリトンボイス」を響かせるように強調したほどです。「RIZIN初年度」の「2015年」に「総合格闘技デビュー」し、「シュートボクシング界」の「女子エース」から、総合でも「ナンバーワン」の「スター」として君臨する「女王RENA」に、大みそかの「トーナメント出場」について、そして試合後の「“ご褒美”」まで、話を聞きました。

さいたまスーパーアリーナ」で行われる、大みそかの「RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017」です。「RENA」が出場するのは、「31日」の「女子スーパーアトム級トーナメント」です。「同トーナメント」は、「10月15日」に「1stラウンド」が行われ、「RENA」は「アンディ・ウィン」を鮮烈な「左ボディ」で沈めて完勝しましたが、大みそかでは「RENA」を含め、出そろった「4選手」「RENA、アイリーン・リベラ、マリア・オリベイラ、朝倉カンナ」で、「準決勝、決勝」を戦い、頂点を目指します。

女王RENA」の「トーナメント制覇」は、「“絶対”」の「シナリオ」です。「ファン」の誰もがそれを期待し、本人も「“絶対”に優勝します」と公言してはばかりません。「プレッシャー」や気負いのような、重い雰囲気もあるかと対面しましたが、「入場イメージ」さながらに、彼女は軽やかで、自然体でそして可愛いです。

シュート」の「女王RENA」の試合は、打撃がぞくぞくするほど美しく華があって、「ドラマティック」に面白いです。

10月」に行われた「同トーナメント1st」では、相手「ウィン」が「RENA」の「左ボディ」を受けると、苦痛に顔をゆがめてしゃがみ込みました。「レフェリーストップ」の「TKO」となり、試合直後に「RENA」が「ウィン」に駆けよって挨拶しようにも、「ウィン」があまりの痛さ苦しさにいらだちも露わにした姿が印象に残っています。




髙田延彦本部長」に「コワカワ」と言わしめたのは、この「左ボディ」ともう「一つ」、「踏みつけ」の「シーン」です。「4月」の大会で「初代HFCストロー級王者ドーラ・ペリエシュ」との対戦でのことでした。「RENA」は、腕十字を取られかけたのを逃れると、「スイッチオン」になります。「コーナー」で戦慄の「顔面踏みつけ劇」をみせたのでした。

★「人の顔が踏めるなんて思いませんでした

腕十字を取られかけて、何かが切れて、ちょっと踏みつけを:笑」と、同一人物とは思えない愛らしい笑顔をのぞかせながら語りました。「人の顔面なんて踏めないって思っていましたけど、人の顔面を踏んでも死にはしないなと思って。なんか吹っ切れた感はありました」と天真爛漫でした。

そもそも「RENA」が総合格闘技の「トレーニング」を始めたのは、まさに「総合デビュー」した同年でした。「2か月」足らずの練習で、「総合デビュー」して勝利しました。以来、負けなし街道を突き進んでいるものの、本人も当時を振り返って「よう、あんなんでデビュー戦でたなと思います。なんもできひん:かった:のに」と素の大阪弁で、屈託なく話しました。

それから「2年」がたちました。驚くほどの進化を遂げている「RENA」は、「トーナメント決戦」に向け、「グラウンド」と打撃の練習を今、「8対2」ないしは「9対1」ぐらいの比率で行っているといいます。

未経験だった「グラウンド」は、できなかったことが出来ていくのが楽しいです。と「RENA」。「プレッシャー」も「正直あんま考えてない。勝負なので、勝つか負けるか。どうなるか分からないけれど、たとえ負けても新たなストーリーがある。絶対に勝ちたいって思って試合するけれど、自分が納得できるほど練習して、それを試合で出せればいい」どんな運命も結果も、「RENA」を強くする期待しか感じられませんでした。

★「オフは海でアクティブに満喫。今年は?

RENA」は、試合直前までも笑顔全開で愛らしいです。前回大会では、入場で左右の「ステージ」までもを目一杯つかって、会場の「ファン」へ飛び跳ねながら笑顔を振りまきました。どの選手もまっすぐ花道を歩いてくるものです。ですが「RENA」は「誰もサイド使ってないなと思って。アドリブで横へ。カメラさんもビックリして慌ててました。勝手な行動をしちゃいました」と振り返ります。




入場パフォーマンス」といい、とにかく「楽しむ」ことを念頭に置くことで、うまく「バランス」が取れるのだそうです。緊張感もほぐれるのだでしょう。「私の場合、これがバッチリはまってるんです」と言います。

今後の目標について尋ねると、「当初、RIZINさんに出るのは1回だけって思って出たんです。でも気づけばトーナメントに出ることになって、総合格闘技が楽しくなって、ここまでやるなら、とことんやりたいっていう自分も出てきた。このトーナメントに優勝したら、世界もちらつくので、世界の強豪とも、もっともっと強い方と戦って、世界にも飛び込んでいきたい。なので、このトーナメントは私のひと区切りのゴールであり、スタートなんだなって思います

絶対に負けない」「RENA」の「ゴール」で「スタート」は目前です。ちなみに、大会後のご褒美はいつも旅行なのだそうです。「今まではハワイとか。海が好きなんです。あと毎年、宮古島にも行ってます。漁師さんの知り合いがいるので、素潜り漁をしたり、サザエを捕って、その場で焼いたり食べたり、魚を釣ったり、ダイブしたり」と「アクティブ」に満喫するようです。

他の「ジャンル」の「アスリート」とも交流し、なかでも「神スイング」の「稲村亜美さん」と、「社会人野球クラブチーム」の「茨城ゴールデンゴールズ」の選手兼監督で知られる「片岡安祐美さん」とは大の仲良しだそうです。旅行にも一緒に行く仲ですが、「最近はトシなのか、次は温泉にしようって言ってます:笑」とも。

飾らない美しさと強さです。男性のみならず、「女性ファン」をも惹きつけて止まない「RENA」の決戦は、「“絶対”」に見逃せません。

★「RENA

‘91年、大阪府生まれ」「身長160cm、体重50kg。シュートボクシング/シーザージム所属」「女子シュートボクシング」の「祭典Girls S-cup」の「トーナメント」で「4度」の「優勝:世界トーナメント3度、日本トーナメント1度」し、「神村エリカ」との国内頂上決戦を制するなど女子立ち技打撃格闘技では圧倒的な強さを誇っています。その「ルックス」も相まって、様々な「メディア」で活躍しています。「 Instagram(@sb_rena) Twitter(@SB_RENA)

人気・実力」文句のつけようのない「コワカワ」「RENA」の優勝を見られるでしょね。





人気ブログランキングへ