ミック・シューマッハ★ミハエル・シューマッハF1初優勝25周年★ベネトンB194 デモ走行★父譲りの甘いマスク 優しい笑顔

こんばんは。
今日は「ミック・シューマッハ★ミハエル・シューマッハF1初優勝25周年★ベネトンB194 デモ走行★父譲りの甘いマスク 優しい笑顔」の事をお伝えしたいと思います。

F1界伝説のチャンピオン、ミハエル・シューマッハ氏」が「スキー」の転倒事故により深刻な脳損傷に見舞われてもうすぐ「4年」になります。この夏、彼を神の存在、真の「レジェンド」と慕う若者が「ベルギーGP・Belgian Grand Prix 2017」決勝を前に「シューマッハF1初優勝25周年」を記念した「ベネトンB194」で「デモ走行」を果たし、大きな話題をさらいました。「ハンドル」を握っていたのは「18歳」の「ミック・シューマッハ」です。偉大なる父「ミハエル」の後をどうしても追いたいと「2008年」から「カートレース」を始め、「2015年」からは「フォーミュラ4、今年からはヨーロッパ・フォーミュラ3選手権」に出場するようになっていました。




今月「14日」と「15日、DTM・ドイツツーリングカー選手権」の「サポート」を受け「ドイツ南西部」の「バーデン=ヴュルテンベルク州ライン=ネッカー郡ホッケンハイム」にて開催された「ヨーロッパ・フォーミュラ3選手権・FIA European Formula 3 Championship」です。そこでひときわ注目を集めていたのが「ミック・シューマッハ」でありました。父譲りのそれは「甘いマスク、優しい笑顔とハンドル」を握った時の厳しい表情、そんな「ギャップ」も魅力的だとして早くも大勢の「女性ファン」が付いています。

親の七光り」という「イメージ」を嫌い、当初は「母コリーナさん」の旧姓を借り「ミック・ベッチ・Mick Betsch」と名乗って「レース」に参戦していた彼ですが、「メディア」にそれを気づかれ、「シングルシーター」として「2015年度」の「ADAC・F4選手権」に参戦することが決定したことをきっかけに、「ミック」は大きな「プレッシャー」を覚悟の上で本名である「シューマッハ姓」で活動していくことを決断しました。「2016年」からは「イタリア」の「プレマ・パワーチーム・Prema Powerteam」に所属しており、「ミック」は「F3でさらに2年を過ごした後はF2にステップアップしたい。将来はきっとF1にも」と野心を語っています。

スポーツ万能」の美しい男「ミハエル・シューマッハ」から輝かしい人生を奪った「スキー事故」でした。父から温かくも厳しい指導を受けることが叶わないのに「父の道を自分も追いたい」とする息子です。これには想像以上に苦しみが伴うはずです。「レジェンド」の父から譲られたであろう天性の才能や知名度を羨やむことはあっても、「レース」はあくまでも実力の世界で「親の七光り」は関係ありません。「ミック」が勝利した際には誰もが純粋な気持ちで大きな拍手を贈るでしょう。彼には常に堂々としていて欲しいものですね。




気になるのは「父ミハエル」のその後の様子です。事故後の急性期を経て「リハビリ期」には「スイス・ローザンヌ」の病院に移り、「ヴォー州グラン」の豪邸は看護、介護設備をすべて備えるよう改築され、そこで静かに暮らしていると

報じられたのを最後に情報は一気に途絶えていた感があります。しかし先月には、脳挫傷後の機能回復に関する権威がいると知った家族が「米テキサス州ダラス」への移住を検討という新たな情報が飛び出し、「現地メディア」の関心を集めているようです。

偉大なる「世界チャンピオン」を父に持つ「ミック・シューマッハ」は想像もつかないほどの「プレッシャー」を耐え抜いてきたんでしょうね。「F-1」で活躍するのが「父・シューマッハ」にとっては何よりの治療法になるかも知れませんね。





人気ブログランキングへ

トヨタ自動車★GR・第1弾・6車種7モデル発売開始★究極のスポーツモデル★量販スポーツモデル★スポーツモデル3シリーズ

こんばんは。
今日は「トヨタ自動車★GR・第1弾・6車種7モデル発売開始★究極のスポーツモデル★量販スポーツモデル★スポーツモデル3シリーズ」の事をお伝えしたいと思います。

トヨタ自動車」は「9月19日」、新たな「スポーツカーブランド」「GR・ジーアール」を発表しました。その「第1弾」として、「ヴィッツ」「プリウスPHV」「ハリアー」「マークX」「ヴォクシー」「ノア」の「6車種7モデル」の発売を開始し、同日、お台場の「MEGA WEB」にて披露しました。

世界ラリー選手権」などに参戦する「トヨタ」の「モータースポーツブランド」「GAZOO Racing・ガズーレーシング」の頭文字からとった「GR」は、「エンジン」の性能を高め、「“究極のスポーツモデル”」を追求した「GRMN」を頂点に、「量販スポーツモデル」の「GR」、気軽に「スポーツモデル」を楽しめる「GR SPORT」の「3つ」の「シリーズ」を設定しています。

ヴィッツ」に「GR」と「GR SPORT」、「プリウスPHV」「ハリヤー」「マークX」「ヴォクシー」「ノア」に「GR SPORT」の「全6車種7モデル」を投入し、「2018年」春までに「9車種11モデル」に拡張を目論みます。また、「ノーマル車ユーザー向け」に「カスタマイズ」を楽しめる「アフターパーツ」「GR PARTS」も用意されるといいます。

当日はその他にも、今冬の発売が予定される「GR 86」「GR SPORT プリウスα」「GR SPORT アクア」や、「2018年」春の販売が予定されている「GRMNヴィッツ」を展示、「メディア」に披露されました。

発表会の壇上に上がった「GAZOO Racing Company President」の「友山茂樹氏・トヨタ自動車専務役員」は、「GRブランド」について「GAZOO Racingがレース活動で得た知見を生かして、これまでのスポーツモデルを集約したGAZOO Racingならではの新たなスポーツブランド」と語っています。




これまで「トヨタ」では、「スポーツコンバージョン車シリーズ」「G Sports・通称G’s=ジーズ」を展開していましたが、今後は全て「GRブランド」に統一され、一層の充実を図るといいます。

GRシリーズ」は「レース」における機能性を重視した「デザイン」を「モチーフ」に、ひと目で走りを感じさせる「エクステリア、質にこだわったインテリア」を採用しています。加えて、「GAZOO Racingドライバー」が味付けしたという乗り味は、運転が突然上手くなったと錯覚するほど、意のままに操れるという自信作です。

乗り味を支える車体にはあらゆる箇所に「高剛性チューニング」が施されますが、この点について「友山茂樹氏」は「GRシリーズは完成車に後から手を加えるのではなく、生産工程の中に「GR」専用のチューニング工程を組み込み、生産ラインや車体内部から剛性を強化する“ファクトリーチューニング”を施し、高品質で低価格のスポーカーを提供したいというわれわれの思いを実現した」と語りました。

また、「GRブランド」の立ち上げを機に「GRガレージ」の展開も発表しました。「“町一番の楽しい車屋さん”」を「コンセプト」に、「GRコンサルタント」という専門性の高い「スタッフ」が常駐し、「GR」に関する相談に乗ってくれるなど、「“車を共に楽しむ”」という構想です。

若者の車離れがいわれて久しい日本でありますが、「86」や「G’s」の「スポーツモデル」を購入した「3、4割」は「30代以下」の若年層であったといいます。「GRガレージ」は若年層との「フェイス トゥ フェイス」による「コミュニケーション」の場という役割も担うそうです。

GRガレージ」は、「2018年3月」にかけて全国で「39」の店舗が順次立ち上がり、同年以降についても「GRガレージ」の輪を徐々に広げていくといいます。なお、「GRシリーズ」は従来の取り扱い「チャンネル」の全ての店舗で販売されますが、「GRMNヴィッツ」は「GRガレージ」のみでの取り扱いになるといいます。

GRシリーズ」の「アンベール」発表後には、「GAZOO Racing Company」の開発関係者に「TGRドライバー」として活躍する「4選手」を交えた「10名」による「トークセッション」が行われました。




その途中で「GAZOO Racingドライバー」「“モリゾウ”」として「レース」にも参戦する、「豊田章男トヨタ自動車代表取締役社長」が「サプライズ登場」し、「セッション」にも参加しました。「GR」そして「GAZOO Racing Company」への想いを次のように述べました。

GRはいわば私の悔しさから始まりました。ニュルブルクリンクで走行を始めた時、当時すでに発売中止になっていた「スープラ」を使っていました。この後「2、3年後」に出す車を「他メーカー」と「バトル」しながら開発する中、「“トヨタは中古でしか買えない車しかできない”」そう言われているようでした。

車は単なる移動手段ではなく、同時に感動を与えたい。どんな時代になっても車を「“愛車”」といわれるものにしたいし、全ての人に「ファン トゥ ドライブ」「“運転する楽しさ”」を提供したいですね。

そのためには、ある程度道を知り、人を知り、人を鍛え、そして愛の付く車作りという同じ志を持った仲間が必要です。ですからある面で、この「メンバー」はもっといい車作りを行う同志であると思います。

GAZOO Racing Company」は非常に小さい会社ですけれど、小さいからこそ「大企業トヨタ」にはできないことができるということを、私は社長としても応援していきたいと思っております

欧米の「自動車メーカー」を中心に「電気自動車・EV」戦略を打ち出す中、「トヨタ」の新たな挑戦が今始まりました。

トヨタ自動車」の新たな「スポーツカーブランド」「GR」は世界の「トヨタ」の名をより強固になること間違いないでしょうね。





人気ブログランキングへ

トヨタ主★トヨタ・ガズー・レーシング・フェスティバル2017★トヨタ・ガズー・レーシング・86/BRZ Race Round9公式戦レース開催

こんにちは。
今日は「トヨタ主★トヨタ・ガズー・レーシング・フェスティバル2017★トヨタ・ガズー・レーシング・86/BRZ Race Round9公式戦レース開催」の事をお伝えしたいと思います。

TOYOTA GAZOO Racing」 は、「12月10日・日」に「富士スピードウェイ・静岡県駿東郡」にて「TOYOTA GAZOO Racing FESTIVAL 2017・トヨタ・ガズー・レーシング・フェスティバル、以下TGRF」を開催します。「TGRF」は、「ファン」への感謝を込めて年に1度開催しています。昨年の入場者数は「4万人」にのぼりました。




今年も「WRC、WEC、ニュルブルクリンク24時間耐久レース、SUPER GT、SUPER FORMULA」 や「全日本ラリー」など、国内外の幅広い「カテゴリー」で活躍した「ドライバー」と「レーシングカー」が集結し、「1年間」の感謝の気持ちと「TGRF」でしか味わえない数多くの「プログラム」が用意されています。

昨年初めて実施し、好評を博した「ラリー参戦車両」による「デモ走行」を今年も開催します。「富士スピードウェイ」の各所に設けられた「コース」を次々と走行します。「レーシングコース」では、国内最高峰の「SUPER GT」と「SUPER FORMULA」や、世界一過酷な「コース」で開催される「ニュルブルクリンク24時間耐久レース」で活躍した本物の車両による迫力の「デモ走行」も実施します。また、「ナンバー付車両」による国内最大級の「ワンメイクレース」「TOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Race Round9」及び、「TOYOTA GAZOO Racing Netz Cup Vitz Race Grand Final」は、公式戦として「レース」を開催します。




その他にも、「プロドライバー」が運転する「レーシングカー」への同乗体験や、「コース」を疾走する「レーシングカー」を「バス」に乗って近くで見ながら「コース」を「1周」する「サーキットサファリ」などの「体験プログラム」も充実しています。さらに、「レーシングドライバー」による「トークショー」など、「クルマ」や「モータースポーツ」の楽しさを身近に感じられる、幅広い「コンテンツ」を企画しています。

今年の「トヨタ」は「SUPER GT」では「開幕4連勝」を果たし、「SUPER FORMULA」では「開幕3連勝」しています。今年から「WRC・世界ラリー選手権」に復帰し、「第2戦」の「スウェーデン」で優勝しています。「第9戦」の「フィンランド」でも優勝、とかなり強く今後も期待できそうです。

トヨタファン」のみならず「モータースポーツファン」にとっては最高に楽しい充実した一日を過ごせるでしょうね。





人気ブログランキングへ

自動車盗難の最新手口でスマートキーが狙われる★自動車盗難でバッテリーを抜き取る★自動車盗難はスマートキーでも解錠

こんばんは。
今日は「自動車盗難の最新手口でスマートキーが狙われる★自動車盗難でバッテリーを抜き取る★自動車盗難はスマートキーでも解錠」の事をお伝えしたいと思います。

2016年、全国で発生した自動車盗難は11,655件」です。そのうちの半数近くが「プリウス、ハイエース、ランドクルーザー」など海外で人気のある車種となっています。そうした「クルマ」はどのように消えていくのか、自動車盗難の最新手口を見ていきましょう。「コンピュータ制御」の「スマートキー」も「ターゲット」なのでした。

★「自動車盗難の最新手口でスマートキーが狙われる

★「自動車盗難でバッテリーを抜き取る




自動車盗難が時々「テレビ」で報道されますが、近年で最も盗まれているのは「トヨタ・ハイエース」です。この車種は国内でも海外でも不動の人気を誇っており、「2013年」まで「7年連続」で最も盗まれる「クルマ」でした。

また、「トヨタ・ランドクルーザー」も海外で重宝され、上位を占めてた車種として有名です。最近の傾向としては、海外の富裕層に圧倒的な人気がある「プリウス」が「1位」を独占しています。

すなわち、「クルマ」の盗難は世界中で乗用車や社用車として人気がある「プリウス」が最も「キケン」です。海外は長距離運転は普通なので替えの「バッテリー」の需要が高く、盗まれた「プリウス」は「バッテリー」だけを抜き取られ売られる「ケース」もあるほどです。

★「自動車盗難はスマートキーでも解錠




2004年」頃から盗難防止で広く導入された、「キー」と「ID」を照合させる「システム」が「イモビライザー」です。その「イモビライザー」付き車両も盗難に遭っているのはご存知の通りです。「イモビカッター」により多くの自動車が盗難されました。

その後も「メーカー」は対策を行いましたが、それでも新しい車種が被害に遭っている現状です。どうやら、「2014年」頃から新たな手口が広まっています。それが「キープログラマー」です。「スマートキー」を制御する「コンピューター」を解除して「エンジン」を「スタート」させる装置です。

また、「スマートキー」は「クルマ」から発せられる微弱な電波を受信して送り返す「システム」です。「キー」を持って近づくだけで「ロック」が解錠されます。その電波を増幅して、離れた場所の「キー」と「クルマ」を照合させて解錠してしまう「電波ジャック」という手口も報告されています。

安全とされてきた「スマートキー」が自動車盗難の解錠に使用されていたとは驚きますよね。





人気ブログランキングへ