キット 願いかなう 青春の流れ星天体ショー★元阪神・赤星憲広氏&ピン芸人・かみじょうたけしさん★甲子園上空・天体ショー

こんばんは。
今日は「キット 願いかなう 青春の流れ星天体ショー★元阪神・赤星憲広氏&ピン芸人・かみじょうたけしさん★甲子園上空・天体ショー」の事をお伝えしたいと思います。

元阪神・赤星憲広氏・41=本紙評論家」、「高校野球大好きピン芸人・かみじょうたけしさん・38」が「9日、西宮・甲子園浜」で開催された「キット、願いかなう 青春の流れ星天体ショー」に出演しました。甲子園にまつわる「熱いトークショー」で「約100人」の「ちびっ子ファン」は盛り上がりました。




第99回全国高校野球選手権大会」を開催中の甲子園球場から「南西1・2キロ」にある甲子園浜野球場で開催された「イベント」です。高校野球大好き芸人として「ブレイク中」の「かみじょうたけしさん」と「赤星憲広氏」が「トーク」を展開しました。大府高時代の「1993、94年」「春の選抜に2度出場」した「赤星憲広氏」は「春は2回出場して、2回ともボクのエラーで負けた。でも、今は皆と笑い話にできる。甲子園に出ることはホントに素晴らしいこと。子供の頃から目標はプロでなく、甲子園出場でした。身体が大きくなくても、努力すれば夢は叶います」と未来の球児たちに力説しました。

高3」夏は「愛知県大会初戦・2回戦」で伏兵の横須賀高に敗れた「赤星憲広氏」です。「5回」まで「7−0」と「リード」しながら、次戦の「中京・現中京大中京」との試合に備えて「エース」を降板させ、「8−9」で逆転負けを食らいました。最後の打席は敬遠四球でした。満塁の「逆転サヨナラ」の「チャンス」でしたが、最後は二塁走者として「ゲームセット」になりました。「その光景は今も忘れられません」と「34年前」の夏を回想しました。

また、「ゲスト」で出演したのは「元大分高校野球部マネージャー」の「首藤桃奈さん・18」です。昨年夏、甲子園練習の際に「ユニホーム姿」で「グラウンド」に立ち、大会関係者から制止されて話題となりました。「ルール改正」の「キッカケ」を作ったのが彼女でした。今は大学で英語を学ぶ女子大生です。「将来はアナウンサーになりたい」と目標を語りました。高校野球関係の仕事にも興味があるそうです。




イベント」の最後には「頑張る球児を応援する」「球児の健闘を流れ星に願う」ために、最新の発光技術を用いて、甲子園上空に流れ星が出現する{“天体ショー”}です。子どもたちが流れ星に「プロ野球選手になりたい」「甲子園に出たい」などと願いを込めました。

努力を重ねて夢を叶えた人の言葉には重みがありますよね。集まった「約100人」の「ちびっこファン」には忘れられない時間を過ごせたでしょうね。





人気ブログランキングへ

高校野球★甲子園生中継・バーチャル高校野球★甲子園情報チェック・スポーツナビ★ライブ中継アプリ★マルチアングル対応

こんばんは。
今日は「高校野球★甲子園生中継・バーチャル高校野球★甲子園情報チェック・スポーツナビ★ライブ中継アプリ★マルチアングル対応」の事をお伝えしたいと思います。

夏といえば高校球児たちが熱くぶつかり合う高校野球です。「仕事があるけど、どうしても野球が気になる」という人のために、会社でもこっそり試合を観戦できるアプリを紹介しましょう。




★「甲子園を生中継する・バーチャル高校野球

8月7日」から開幕する「全国高校野球選手権大会」こと高校野球を観戦できる「バーチャル高校野球」は全国大会の全試合を「ライブ中継」してくれる「アプリ」で、外出先でも「スマートフォン」さえあれば気になっていた試合を見逃さずにすみます。中継は「マルチアングル」に対応していて、「バッター」や「ピッチャー」などさまざまな視点から激闘の様子を見ることが可能です。観戦中には「ツイッター上」で「ユーザー」たちがつぶやいた投稿も見られるので、誰かと一緒に応援しているような気持ちになれるはずです。

また、応援したい「エリア」を設定すると、その「エリア」の「ニュース」などの情報をまとめて入手でき、「ライブ中継」が「スタート」する際にも通知してくれます。もし「ライブ」で見逃した試合があっても、後から動画で振り返ることもできるので安心です。地方大会から中継されているこの「アプリ」です。「ネット上」では「テレビでは見られない地方戦が楽しい」「各地区の注目校をチェックできるのがありがたい」と喜ぶ声が続出しています。




★「甲子園情報をチェックできる・スポーツナビ

また、忙しくて試合をじっくり見ることが難しい人には、「スポーツナビ」の「ニュースアプリ」が「オススメ」です。「スポーツ全般」の「ニュース」や「コラム」が配信されていて、高校野球の試合結果だけでなく「コア」な情報も入手可能です。さらに「MLB・メジャーリーグ」の試合結果や、日本人選手の情報を仕入れることもできるので、「野球ファン」なら必ず満足できるでしょう。

どうしても仕事が忙しく楽しみにしている高校野球を「ライブ観戦」できないのは悔しいですよね。その悔しさを軽減したいのなら「バーチャル高校野球アプリ」を使用して迫力の試合展開を観戦したいですよね。





人気ブログランキングへ

盛岡大付★ワースト記録保持チーム★甲子園春夏・通算連敗記録★甲子園通算10試合目・甲子園初勝利

こんばんは。
今日は「盛岡大付★ワースト記録保持チーム★甲子園春夏・通算連敗記録★甲子園通算10試合目・甲子園初勝利」の事をお伝えしたいと思います。

今大会2日目」に登場する岩手県代表の「盛岡大付」はある不名誉な「ワースト記録」を保持している「チーム」です。それは甲子園春夏を通じて初出場からの{“連敗記録”}です。




同校が初めて甲子園に出場したのは「夏の選手権の95年第77回大会」です。この時は初戦で「名門・高知商」と対戦し、善戦したものの「5‐7」で惜敗しました。その翌年の「第78回大会」にも「2年連続出場」を果たしましたが、「東筑・福岡」の前に「0‐2」で完封負けを喫してしまいました。以後、「01年第83回夏の選手権」では「近江」に「1‐4、03年」には春夏連続出場するのですが春の選抜では「強豪・横浜・神奈川」に「0‐10」で大敗、夏の選手権では延長戦の末「福井商」に「6‐8、その翌年の第86回夏の選手権」では「明徳義塾」に「2‐15」と完敗しました。そこから「4年」ぶりの夏となった「08年第90回大会」では「駒大岩見沢・北北海道=現在は閉校」に「3‐8」で敗れ、これで「通算7連敗」しました。この数字は甲子園初登場からの連敗記録としては「59年夏~67年夏」の「海星・長崎」と「71年春~00年夏」の「岩国・山口」と並ぶ「最多連敗タイ記録」となってしまいました。

盛岡大付」の連敗はさらに続き、初出場した「03年」から「7年」ぶりの春となった「10年」の「第82回選抜」では「中京大中京・愛知」に「4‐5」と「1点差」に泣き「8連敗」しました。これで「ワースト」を更新してしまいました。その「2年後」の「12年」「夏の選手権第94回大会」では「延長12回」の死闘の末、「立正大淞南・島根」の前に「4‐5」で敗れ、これで「二ケタ連敗」に「リーチ」がかかる状態になりました。

確かに「95年」の初出場から「18年間」で「9度」の甲子園出場は実力の証でもあるのですが、「ツキ」に見放されるなどしてとにかく「甲子園・1勝」が本当に遠かったのです。




ですが、そんな「盛岡大付」が待望の「甲子園・1勝」をあげる瞬間がやってきました。「13年第85回春の選抜」です。「安田学園・東京」との「一戦」は互いに「4回」に「2点」を取り合い同点のまま終盤戦になります。すると「8回裏」に「盛岡大付」は「ホームラン」で「1点」を勝ち越し、あとはこの「1点」を守り切るだけでした。ところが「9回表」に「2アウト」から長打で追いつかれ、暗雲が垂れ込めかけました。それでもその裏に「1アウト一、三塁」の「チャンス」を作ると、ここで次打者に「ショート内野安打」が飛び出し、「4‐3」で劇的な「サヨナラ勝ち」をしました。「甲子園通算10試合目」でようやくつかんだ待望の{“甲子園初勝利”}でした。

二ケタ連敗」を免れた「盛岡大付」はこのあと、「14年第96回選手権」で「東海大相模・神奈川」相手に「4‐3」と接戦を制し、夏の甲子園の初白星も飾っています。今回は昨年夏に続く連覇を狙う「作新学院・栃木」と初戦で激突します。連敗街道から脱出した「チーム」が昨年王者の連覇阻止に立ち上がります。

甲子園初勝利までの道のりは長かったでしょうね。苦しい時を経て掴んだ初勝利は一生、忘れることのできない素晴らしい「甲子園・1勝」になったことは言うまでもないですよね。





人気ブログランキングへ

「第89回選抜高校野球選手権大会」★清宮幸太郎君★理想の選手★松井秀喜さん★王貞治さん★国民栄誉賞

こんばんは。
今日は「「第89回選抜高校野球選手権大会」★清宮幸太郎君★理想の選手★松井秀喜さん★王貞治さん★国民栄誉賞」の事をお伝えしたいと思います。

春の選抜高校野球にいよいよ真打ち登場です。「高校・大学野球」の選手向け「フリーマガジン」「サムライベースボール」の編集長である「古内義明氏」が、「清宮幸太郎君」が追い求める理想について「レポート」しています。

早実の「清宮幸太郎君」が甲子園に帰って来ます。「高校1年」の夏、日本中が注目した怪物です。最上級生となった「清宮幸太郎君」がどんな成長を遂げるのでしょうか。「第89回」を数える「センバツ」の最大の注目点と言っても過言ではないでしょう。

3月10日」に行われた抽選会です。「大会5日目{23日}」の「第2試合」で、「早実対明徳義塾」の対戦が決まると、会場はどよめきに包まれました。明徳義塾の「イメージ」を聞かれた「清宮幸太郎君」は、「やっぱり松井さんのやつ{甲子園での5打席連続敬遠}じゃないですかね」と話しました。「1999年生まれ」の「清宮幸太郎君」ですが、「1992年夏」の甲子園で、当時の星陵の「4番」だった「松井秀喜氏」が「5打席連続敬遠」する姿は、映像で見たことがあるといいます。

一方、明徳義塾の指揮官は、「歴代5位」の「通算48勝」を挙げた百戦錬磨の「馬淵史郎監督」です。「清宮君の大会みたいな感じで盛り上がっていますから」と意識し、「{全打席敬遠は}ない。松井に怒られる。終盤の1点リードだったり、状況によって{敬遠策は}やる」です。選抜初優勝を目指す知将は、「清宮幸太郎君」封じに力を込めていました。




かつて「松井秀喜氏」に、「5打席連続敬遠」に関して水を向けたことがあります。

漫画「ドカベン」が好きで、「山田太郎」と同じ「5打席連続敬遠」と同じ体験をするとは、夢にも思いませんでした」と懐かしむと、「あの経験はいまでも大きな財産で、その後の野球人生で「プレッシャー」に感じたこともありました。「5打席連続」で敬遠された打者を背負っていき、心のどこかで、それほど脅威であることを証明しなければいけない気持ちがありました」と吐露しました。

新チーム」になって、主将に就任した「清宮幸太郎君」は、「GO★GO★GO★」の「チームスローガン」を掲げて、秋の明治神宮大会で準優勝し、「4年」ぶり「21回目」の選抜出場を決めました。「清宮幸太郎君」自身は「高校通算79本塁打」を「マーク」し、「和泉実監督」も、「打とうという気持ちの強さと修正能力の高さ」を評価しています。

かつて「理想の選手」という話になった時、「清宮幸太郎君」はひと呼吸おいてから言いました。

リトルリーグの世界大会後、ヤンキースタジアムに行ったことは今でも鮮明に覚えています。ここでやらなければいけないと言われているような、威圧感のあるスタジアムでした。そこで活躍した松井秀喜さんです

あの時、理想に上げた「松井秀喜氏」が、「あの日があったからこそ」と野球人生の「ターニングポイント」に上げた明徳義塾と、今度は「清宮幸太郎君」が対戦することになるとは、野球の神様も粋な計らいをするものです。




そして、「清宮幸太郎君」にはもう一人、理想の選手がいます。

大先輩の王貞治さんです。人間性も含めて尊敬しています

1957年」の春です。「2年生」の「王貞治さん」は「エース」として、早実に選抜初優勝をもたらしました。その後の野球人生はここで説明するまでもない偉大な野球人です。

清宮幸太郎君」が理想の選手に挙げた「二人」は、共に「国民栄誉賞」を受賞している。野球ばかりではなく、その人間性も高く評価されている「二人」を挙げたのが興味深く、また彼らしいと感じました。

早実の選抜初優勝から、「60年目」という節目の春です。「清宮幸太郎君」は自らの「バット」で野球人生にどんな花を咲かせるのでしょうか。

今年「プロ野球ドラフト」超目玉選手の「清宮幸太郎君」です。将来の「プロ野球界」を背負って立つ存在に育って欲しいですよね。





人気ブログランキングへ

「阪神電鉄」★甲子園駅★列車接近メロディー★星野源★恋★第89回選抜高校野球大会★期間限定

おはようございます。
今日は「「阪神電鉄」★甲子園駅★列車接近メロディー★星野源★恋★第89回選抜高校野球大会★期間限定」の事をお伝えしたいと思います。

阪神電鉄」は「15日」、甲子園球場で「19日」から開催される「第89回選抜高校野球大会」の期間限定で、「星野源さん{36}」が歌う「大ヒット曲」「」を甲子園駅の「列車接近時メロディー」として使用すると発表しました。




」は昨年「TBS系列」で放送された「大ヒットドラマ」「逃げるは恥だが役に立つ」の主題歌で、主演の「新垣結衣さん{28}」や「星野源さん」が「ドラマ」の「エンディング」で流れる「」の「メロディー」に合わせて踊る「恋ダンス」も含めて大人気になりました。

今大会では「19日」の開会式で選手たちが入場する際に使用する行進曲にも選ばれています。




阪神電鉄では通常、「列車接近メロディー」に「線路は続くよ どこまでも」{向井実氏編曲}を使用していますが、「19日」の開幕から大会終了時までの期間限定で甲子園駅は「」に変更になるようです。「メロディー」の編曲は、「音楽プロデューサー」で、「鉄道メロディー」の「パイオニア」である「向井実氏」が担当するとしています。

昨年末の「ドラマ大ヒット」を思い出す方も「メロディー」を耳にすれば思い出す方も居るでしょうね。「星野源さん・新垣結衣さん」「お二人」の名演技が脳裏に浮かんでくるでしょうね。





人気ブログランキングへ

「第89回選抜高校野球大会」★かみじょうたけし★オリジナル高校野球グッズ発売★俺たちアルプス派

こんばんは。
今日は「「第89回選抜高校野球大会」★かみじょうたけし★オリジナル高校野球グッズ発売★俺たちアルプス派」の事をお伝えしたいと思います。

高校野球大好き「タレント」として人気の「かみじょうたけし{39}」の「オリジナル高校野球グッズ」が「第89回選抜高校野球大会」の始まる「19日」から発売されることが決まりました。




フェイスタオル{税込み1000円}」、「缶バッチ2個セット{税込み500円}」、「アクリルキーホルダー{税込み500円}」、「クリアファイル{税込み300円、25日から}」など「全7種類」で、大会期間中に「阪神甲子園球場内」の「グッズショップ」で数量限定発売されます。

全商品に「かみじょう厳選」の高校野球豆知識が「プリント」され、「俺たちアルプス派」の「ロゴ」を入れています。




兵庫・淡路島出身」の「かみじょうたけし」は「小学6年」の時に初めて甲子園で高校野球観戦をしました。父に出場校の下敷きなど文房具を買ってもらったことが嬉しかったそうで「野球少年がグッズを買っているのを見ると、昔の自分を思い出してとても懐かしいそうです。今回、グッズを作らせていただくことになりとても光栄です」と話しました。

子供の頃の純粋な気持ちを大人になっても持ち続けているのは素晴らしい事だと思います。「高校野球ファン」には嬉しい「オリジナル高校野球グッズ」ですよね。





人気ブログランキングへ

「第89回選抜高校野球大会」★部員10名野球部★21世紀枠★センバツ出場校紹介

こんばんは。
今日は「「第89回選抜高校野球大会」★部員10名野球部★21世紀枠★センバツ出場校紹介」の事をお伝えしたいと思います。

秋の各地区の大会成績もとに選出される高校以外に、「21世紀枠」というのが存在する「センバツ」です。

21世紀枠」による出場校の選考基準はいくつかありますが、まずは前年の都道府県の秋季大会において「一定」の成績{参加校が129校以上の都道府県はベスト32以上、それ以外はベスト16以上}を残していることです。さらに「学業と部活動の両立、地域への貢献、少人数や災害」などで練習困難な状況を創意工夫で克服しているといった諸条件を勘案されて選出されます。

今センバツ」の「21世紀枠」での出場校はこちらの「3校」です。

★岩手県立不来方高校{初出場}

部員10人、女子マネジャー」を含めても「13人」という少人数ながら、昨秋の岩手県大会で準優勝した「不来方」です。東北大会では「初戦{2回戦}」敗退に終わりましたが、青森の「強豪・八戸学院光星」に「0対2」と「好ゲーム」を繰り広げました。




この快進撃の要因となったのが、練習時間の「9割」を打撃の「レベルアップ」に費やすという「メリハリ」の効いた「チーム」作りです。少人数ということもあって、守備練習などはなかなか満足にできません。それならばと「ほかを捨てて打ち勝つ野球」を目指した「小山健人監督」の戦略が実を結びました。

昨秋の好成績と、少人数でも工夫して練習している点が高評価を得て、今回の「21世紀枠」での選出となりました。

初戦は「大会5日目」の「第1試合、東海チャンピオン」の静岡と対戦します。総合力では静岡優位は動かないのですが、「エース」で「4番」の「小比類巻圭汰」を中心としたまとまりのよさで、「静岡ナイン」を慌てさせたいですね。

★「高知県立中村高校{40年ぶり2回目}」

不来方ほどではないですが、「中村高校」も「部員16人、女子マネジャー4人」という少人数の「チーム」です。さらに「中高一貫校」で、「グラウンド」は中学の軟式野球部などと共用という不自由さです。それに加えて、中村高校がある四万十市は、過疎化もあって近隣には練習試合を行うような高校も皆無です。

そんな状況ながら、昨秋の高知県大会では、「2回戦」で「高知、準決勝」で土佐、そして決勝で明徳義塾と、強豪を次々と撃破して優勝しました。

そういった活動実績と成績が評価されての選出となりました。




40年前」の「センバツ初出場時」は、のちに阪急などで活躍した「エース」の「山沖之彦」ら「部員12人」で準優勝しました。高校野球版「二十四の瞳」として大きな話題となりました。

初戦は大会「2日目」の「第1試合」です。相手は群馬の「強豪・前橋育英」です。投打の大黒柱である「北原野空、前後」を打つ「一圓優太、中野聖大」らが奮起すれば「40年」ぶりの甲子園での勝利も見えてきます。「12人」でできて「16人」でできないことはないでしょう。

★岐阜県立多治見高校{初出場}

昨秋の「岐阜県大会準決勝、多治見」は「9回裏」に「5点」を奪って「サヨナラ勝ち」しました。その波に乗って決勝は「10対1」で圧勝しました。東海大会では、準々決勝で至学館に「1対2」と惜敗したものの、同大会準優勝の強豪私学を最後まで苦しめています。

この好成績と、狭い「共用グラウンド」ながら、「テニスボール」を使うなどして工夫して練習に取り組む姿勢、さらには地元の小学生相手に野球教室を開くなど地域への貢献が評価され、今回の選出となりました。

甲子園は春夏通じて初出場です。大会「2日目」の「第2試合」で、初めて甲子園の土を踏むことになります。相手は兵庫の報徳学園です。春夏合わせて「3回」の優勝を含む「35回目{センバツは21回目}」の出場となる名門相手に、「フレッシュ」な「多治見高校」がどんな戦いを繰り広げるか注目したいですね。

21世紀枠」で選ばれた「3校」の努力や野球に対する姿勢などの評価を得て見事に選ばれた事は素晴らしいですね。折角、掴んだ春選抜出場です。おもいっきり「グラウンド」で暴れて欲しいですよね。





人気ブログランキングへ

「第89回選抜高校野球大会」★春選抜★優勝回数第1位★都道府県

こんばんは。
今日は「「第89回選抜高校野球大会」★春選抜★優勝回数第1位★都道府県」の事をお伝えしたいと思います。

3月19日」から始まる「第89回選抜高校野球大会」です。初日の「第1試合」に登場する「至学館」は、夏の選手権には「過去1回」の出場がありますが、春の選抜は今回が初出場です。しかし、初出場とはいえその実力は侮れません。それは春の選抜での「通算優勝回数1位」を誇る愛知県の「チーム」だからです。




ちょっとした高校野球通なら、「優勝回数1位」の都道府県といえば大阪府を思い出すのではないでしょうか。「浪商、PL学園、そして大阪桐蔭」と時代時代に強豪を輩出してきた、まさに{“野球強豪の地”}です。夏の選手権は「通算12回」と「全国1位」を誇っているのですが、春の選抜は「優勝9回」と惜しくも「2位」なのです。その大阪府を抑えて「優勝10回」です。僅差で「1位」に輝いているのが愛知県なのです。

特に優勝回数に大きく貢献しているのが、「中京大中京」と「東邦」の「2校」です。ともに戦前から甲子園で活躍し、「史上最多4回」の「優勝回数1位」を分け合っています。県内だけでなく{“春の選抜”}においても宿命の「ライバル」なのです。この「2佼」に加えて愛知商と愛工大名電が「各1回」ずつです。「計10回」で、「47都道府県」のうち、愛知県だけが「唯一」の「二ケタ優勝回数」に乗せているのです。




さらに愛知県は春の選抜での「準優勝回数」でも東京都と大阪府の「9回」に続く「8回{内訳は中京大中京4回、東邦2回、愛工大名電1回、一宮中=現・一宮1回}」です。夏の選手権では中京大中京が「史上最多7回」の優勝を誇り、ただ「1校」だけが目立って見えますが{他は愛知一中=現・旭丘が優勝1回、東邦が準優勝1回のみ}、春の選抜に関しては{“中京大中京以外のチーム”}が活躍してもおかしくないのです。

今回、愛知県から出場する至学館は昨秋の東海大会決勝で「強豪・静岡」の前に「1対5」で敗れ、準優勝に終わったものの、県大会から東海大会を通して「通算5回」も「サヨナラ勝ち」を収めた「粘り強いチーム」です。「女子レスリング」では「伊調馨選手」や「登坂絵莉選手」などの「金メダリスト」を輩出した全国屈指の強豪ですが、その「女子レスリング部」に負けない快進撃を見せたいところです。

高校野球史上」優勝回数を重ねるのは並大抵の事では成せない事ですよね。やはり「東京・愛知・大阪」「三大都市」の優勝回数が多いのもうなずけますね。





人気ブログランキングへ

「第89回選抜高校野球大会」★履正社・安田尚憲{ひさのり}★PLに行きたかった

こんにちは。
今日は「「第89回選抜高校野球大会」★履正社・安田尚憲{ひさのり}★PLに行きたかった」の事をお伝えしたいと思います。

3月19日」に「春のセンバツ」こと、「第89回選抜高校野球大会」が開幕します。大会初日の「第2試合」で登場するのが、昨秋の神宮大会を制した優勝候補の一角、「履正社{大阪}」です。「プロ」の「スカウト」も注目する履正社の「4番バッター」について、新著「永遠のPL学園 六〇年目のゲームセット」を上梓した「柳川悠二氏{ノンフィクションライター}」が「レポート」します。

開幕が目前に迫った「センバツ」の「優勝候補・履正社」には、「早稲田実業{東京}」の「清宮幸太郎」と並ぶ左の「大砲、安田尚憲{ひさのり}」がいます。

全国屈指の「激戦区・大阪」で、大阪桐蔭と「2強」をなす履正社にあって、「安田尚憲{ひさのり}」は「1年生」の夏から「ベンチ」入りし、昨年夏には甲子園の土を踏みました。{結果はベスト16、国体は優勝}さらに最上級生となってから、「チーム」は昨秋の「大阪大会、近畿大会」を制し、秋の「日本一」を決する神宮大会では、決勝で早実と対決しました。「安田尚憲{ひさのり}」は「ライトスタンド」に本塁打を叩き込んで勝利に貢献しました。

188センチ」の長身で「スケール感」は先輩の「T-岡田{現オリックス}」をしのぎ、「ボール」を手元まで引きつけ、身体の軸を回転させて遠くにはじき返します。大柄な割に、やはり同校の先輩である「山田哲人{現ヤクルト}」のような器用さも併せ持ちます。

彼の本塁打を初めて目にしたのは、昨春の大阪私学大会でした。相手は「PL学園」で、場所は履正社の「グラウンド」でした。




その「第1打席」です。「左バッターボックス」に入った「安田尚憲{ひさのり}」がつぶやいた言葉を、「PL学園」の捕手で、主将だった「梅田翔大」から聞いたことがあります。

自分もPLに入りたかったんです

安田尚憲{ひさのり}」は、「1980年代」から「2000年代」にかけて、大阪の高校野球を牽引してきた「名門・PL学園」に入学予定だったというのです。実は、「安田尚憲{ひさのり}」の「11歳上」の兄である「亮太」が、かつて「PL学園」の野球部に在籍し、「1歳下」の「前田健太{現ドジャース}」と「バッテリー」を組んでいたというのです。兄は現在も現役を続け、「三菱重工名古屋」で主将を務めています。昨秋の大阪大会の際、「安田尚憲{ひさのり}」はこう語っていました。

自分が誰よりも憧れている野球選手は兄で、今も尊敬しています。時々、兄からもアドバイスをもらっています

その兄と同じ道を歩もうとしましたが、「安田尚憲{ひさのり}」が「中学3年生」だった「2014年10月、PL学園」は翌年からの新入部員の募集停止を決定し、「安田尚憲{ひさのり}」は履正社に進学しました。

憧れの「PL」との試合で、「安田尚憲{ひさのり}」は「バックスクリーン」の左に建つ「ブルペン」の天井に当たる、「推定130メートル」の特大本塁打を放ちました。同年夏以降の「休部」が決まっていた「PL」に対する、いわば惜別の「一打」となりました。




やっぱりPLが相手で、気持ちが入りました。手応えはありました

ちなみに、彼の父親である「功さん」は、「大阪薫英女学院陸上部」の監督を務め、「昨年12月」の全国高校駅伝女子の部では「2014年」以来、「2度目」となる「日本一」に導いた名将です。母も「元アスリート」だといい、こういう「スポーツ一家」の「DNA」が、「安田尚憲{ひさのり}」を大きく成長させました。

選抜で履正社は大会初日に早くも登場します。相手は、東京の「日大三高」です。同校には、昨秋の東京大会決勝で、「早稲田実業高校」の「清宮幸太郎」を「5打席5三振」と、完膚無きまでに抑え込んだ「エース左腕・櫻井周斗」がいます。「東の清宮幸太郎、西の安田尚憲{ひさのり}」」と、常に同級生の「ライバル」と比較される「安田尚憲{ひさのり}」ですが、「清宮幸太郎」が打ちあぐねた「櫻井周斗」との対決は、大きな注目を集めることはもちろんのこと、彼自身、期するものがあるはずです。

安田尚憲{ひさのり}」は言います。

神宮大会で優勝することができたので、春も、夏も無敗で高校野球を終えたい

目指すは{“三冠”}です。

東「清宮幸太郎」西「安田尚憲」「2人」の活躍と話題性はこれから「プロ野球」に入団しても続いて行くんでしょうね。





人気ブログランキングへ

「岡田結実さん」★センバツ応援イメージキャラクター★センバツ開会式★開幕試合観戦★感激して泣きそうに

こんにちは。
今日は「「岡田結実さん★センバツ応援イメージキャラクター」★センバツ開会式★開幕試合観戦★感激して泣きそうに」の事をお伝えしたいと思います。

センバツ応援イメージキャラクター」を務める「タレント・岡田結実さん{16}」が「19日」、甲子園球場を訪れ、「第89回選抜高等学校野球大会」の開会式と開幕試合を観戦しました。




4月」から「高校2年生」になる「岡田結実さん」です。この日は高校生の制服を「イメージ」した「白いブラウス」に「赤いリボン、カーディガン」に「チェック」の「スカート姿」で、「午前9時前」に球場入りしました。毎日放送の「実況ブース」で開会式の生放送に「ゲスト出演」し、その後は「バックネット裏」や外野席から開幕試合となる「至学館{愛知}」対「呉{広島}」の熱戦を見守りました。

出場32校」の選手が「星野源さんの「ヒット曲」「」の行進曲で入場すると、「実際に球場で実際に見るとテレビより全然迫力があります。行進する選手もかっこいいですし、スタンドの皆さんも手拍子して、一緒に戦うんだという熱気が伝わってきて、感激して泣きそうになりました」と興奮していました。試合中は「スタンド」の応援に合わせて手拍子し、攻撃の「チャンス」が広がると「あっ、いけっ、頑張れ~」と身を乗り出して声援を送りました。




父は「お笑いコンビ・ますだおかだ」の「岡田圭右さん{48}」で、兄は俳優の「隆之介さん{19}」です。「オリックスバファローズ」の「大ファン」の父、野球をしていた兄と一緒に観戦していたそうで、兄とはよく「キャッチボール」もしたといいます。「選手の紹介記事を読んだら、私のファンという選手もいてとても嬉しかった。21世紀枠のチームもよく選ばれて出てきてくれたという感じです」と出場選手への思いを語り、「目指す世界は違うけど、みんな同じ世代で選手も私も夢を追いかける姿は同じ。今ここで出せる力の全てを出し切って悔いのないプレーをしてほしい」と「エール」を送りました。

父「岡田圭右さん」兄「隆之介さん」の影響もあり野球に縁があり「選抜応援イメージキャラクター」に選ばれた「岡田結実さん」には素直に感じた気持ちを私たち「高校野球ファン」に伝えて欲しいと思います。





人気ブログランキングへ