こんばんは。

今日は「忘年会にXmas会!ホームパーティー貧乏にならない為の節約術4つ」の事を書きたいと思います。

冬は、「クリスマス」やお正月といった「家族イベント」や、忘年会、新年会などが目白押し。
自然と友人や家族で集まる機会が多くなりますよね。

特にお子さんがいる家庭では「ホームパーティー」の頻度が増え、楽しいのは良いけれど、出費がかさむので懐事情が苦しくなりがちです。なんとか{あまりお金をかけずにみんなが満足する美味しい食事}を作って、楽しく過ごせたら良いなと思いませんか?

そこで今回は「WooRi」の過去記事と海外情報サイト「AMERIKANKI」を参考に、{食費のかさむこの時期を上手に乗り切る節約術}「4つ」をご紹介します。

■節約術1:カサ増しでボリュームアップ

例えば、「ハンバーグ」です。お肉だけで作る「ジューシー」な「ハンバーグ」も美味しいですが、豆やおからなどで上手に「カサ増し」したら、お肉の量は半分で人数分が作れます。

冬に大活躍するお鍋に入れるつみれも、豆腐を混ぜれば食感も柔らかくなって、子どもでも食べやすくなりますし、しゃぶしゃぶ肉の代わりに油揚げを入れれば、お肉がなくても「コク」のある味が楽しめますよ。

これは節約という観点だけではなく、「ヘルシー」なのに意外と美味しいので是非やってみてください。



■節約術2:ポットラックパーティー

「家でホームパーティーを開きたいけれど、そうすると出費がかさむしどうしよう……」というのが本音ですよね。そんな時は{一品持ちより}の{ポットラックパーティー}はいかがですか?

それぞれが料理を持ち寄れば、参加者みんなで費用が分担できて家計に優しいですし、いろんな人の料理が楽しめるので、「パーティー」が盛り上がりますよ。

持ち寄る料理がかぶってしまわないように事前の打ち合わせは「マスト」ですね。

■節約術3:特売日を利用する

お肉やお魚など、「メイン料理」に使う食材は概してお値段が高いもの。だからこそ、安く買える日は少し多めに買って冷凍保存しておきましょう。

冷凍しておけば冷蔵保存よりも少し日持ちが効きますし、必要な時に使えるので便利です。急な来客時にこそ「冷凍ストック」があれば、冷蔵庫にある食材に一品豪華食材を「プラス」できるので「オススメ」です。

冷凍保存をすればたしかに長期間保存が可能ですが、とはいえ冷凍したからといって、何か月も何年ももつわけではありません。

安いからといって使い切れないほどの量を購入しては、食費の「ロス」につながります。大量購入と不必要なものを買わないのが節約の「ポイント」です。



■節約術4:ノーブランドを選ぶ

実は食べ物もカバンや洋服と一緒で、有名企業の「ブランド名」がついているだけで不思議と安心したり美味しいと思い込んでしまいがち。

普段であればその差額は{信頼}に支払っている代金だと思えるかもしれませんが、少しでも出費を抑えたい時には痛い金額です。

節約したい時には、いつも買っているお高めの「ブランド」の食材をやめて、それよりも安いものを選んでみましょう。さほど品質に変わりがないばかりか、時にはそちらの方が美味しい場合だってあるんです。

特に子どもが多くて、「質より量勝負」なんて時はぜひともお試しください。おそらく、質に関してもそれほど悪くないことがわかるはずです。

以上、{食費のかさむこの時期を上手に乗り切る節約術}「4つ」をご紹介しましたがいかがだったでしょうか。

この時期「スーパー」へ行くと、綺麗な「パッケージ」の季節限定商品がそこかしこに陳列してあり、ついついあれこれと買いたくなってしまいます。

しかし、「パッケージ」の美しさに惑わされて無駄なものを買ってしまわないように、そして、買ったものを上手に使えば「節約しなければ」と自分を追い詰めなくても、自然と出費を抑えられるはずです。

家族の胃袋を満足させて、懐事情も満足させるために大事なのは、{ちょっと視点を変えてみる}です。たったそれだけです。

とはいえ、空腹時に「買い物リスト」を持たずに「スーパー」へ行くと、どんなに節約を目標に掲げていても、あれもこれもと買いに走りがちなので、「スーパー」へ行く「タイミング」はきちんと見計らいましょう。

上手に乗り切れる節約術を知っているだけでも出費が抑えられますよね。





人気ブログランキングへ