丑の日

「土用の丑の日」★浜名湖うなぎ・極上蒲焼&刺身★通販サイト・おいしい食卓★長焼+肝焼きセット・予約受付開始

こんばんは。
今日は「「土用の丑の日」★浜名湖うなぎ・極上蒲焼&刺身★通販サイト・おいしい食卓★長焼+肝焼きセット・予約受付開始」の事をお伝えしたいと思います。

ユーキャン」が展開する、「国産・無添加」にこだわった食材をご紹介する通販サイト「おいしい食卓」にて、「6月15日{木}」に「土用の丑の日」におすすめの、浜名湖うなぎの極上蒲焼と刺身が登場、その「特集ページ」が公開されました。また今回は「土用の日」に合わせての商品の配達も可能で、予約受付も開始しました。

★「特集ページが公開




今年の「土用の丑の日」は、「7月25日{火}」と「8月6日{日}」の「2回」です。

そこで「おいしい食卓」から、浜名湖うなぎにこだわる魚料理専門店「魚魚一」の、極上の蒲焼と珍味のうなぎ刺身が登場します。また今回は「土用の丑の日」に合わせての商品の配達も実施され、予約受付が開始されました。「申込締切日:7月12日{水}必着

ふっくらしているけれど身は締まり、脂の乗りがよく、品質に「バラ」つきがないのが浜名湖うなぎの特長です。




そんな絶品の浜名湖うなぎの、{“食べごたえ十分の長焼”}や、{“お酒のつまみにもおすすめの半身”}の「セット」を揃え、また一匹からわずかしか取れない肝焼きも加えた{“長焼+肝焼きセット”}も登場します。

そしてさらに、めったに味わえない珍味の「うなぎの刺身」も「ラインナップ」です。弾力のある身の歯ごたえとほんのり甘みのある脂の抜群のおいしさはまぎれもなく、うなぎです。ありそうでなかった贅沢な珍味を味わってみてはいかがでしょうか。

贅沢極まりない「長焼+肝焼きセット」が「おいしい食卓」「サイト」から申し込めるのなら「一度」は食べてみる価値は十分にありそうですよね。





人気ブログランキングへ

「かっぱ寿司」★1万円・完全予約制うな重★至極の大桶シリーズ 夏 うな重★25cm・重箱はみ出す3尾

こんばんは。
今日は「「かっぱ寿司」★1万円・完全予約制うな重★至極の大桶シリーズ 夏 うな重★25cm・重箱はみ出す3尾」の事をお伝えしたいと思います。

25cm」の重箱から{“はみ出す”}圧巻の大うなぎです。

かっぱ寿司」は、「至極の大桶シリーズ 夏 うな重{1万円}」を、全国の店舗で「完全予約制・数量限定販売」します。




昨年度、瞬く間に完売御礼となった「至極の大桶SUSHI CAKE」に続く、「至極の大桶シリーズ 夏 うな重」です。「6月17日{土}」に予約受付開始で、「7月13日{木}」から販売されます。

使用するのは、「かっぱ寿司」で力を入れている「国産ブランド魚」である「鹿児島県産大うなぎ」です。うなぎの名産地として知られ、国内の水揚げ量「第1位」を誇る鹿児島県の中でも、平成の名水百選に選ばれた「普現堂湧水源{ふげんどうゆうすいげん}」付近に位置する、広大な養殖池で育てられたうなぎのみを使用しています。

密飼をなくし「ストレス」の少ない環境で育てたうなぎは、臭みがなく濃厚な旨みが特徴です。備長炭を使用して香ばしく仕上げられました。こだわりの製法で作り上げられた「うな重」は、味はもちろんのこと、大うなぎをおろしたそのままの姿で、贅沢に「3尾」使用し、「25cm」の重箱からはみ出す姿は圧巻となっています。




見ても楽しい贅沢な逸品に、「特製ダレ・山椒・しゃもじ」が付き、「オリジナル風呂敷」に包んで渡されます。さらに、各店舗「先着10名」には、華やかに金粉を散らせて提供します。

土用の丑の日」にもぴったりのこだわりの逸品です。思う存分に堪能しましょうね。

今年の「丑の日うなぎ」は贅沢極まりないくらいに最高級な「うな重・3尾」をおもいっきり堪能したいですよね。





人気ブログランキングへ

「土用の丑の日」★今年・ウナギ1~2割安★稚魚・漁獲量・回復★うなぎ松村&スーパーアキダイ

こんばんは。
今日は「「土用の丑の日」★今年・ウナギ1~2割安★稚魚・漁獲量・回復★うなぎ松村&スーパーアキダイ」の事をお伝えしたいと思います。

最近「ウナギ」といえば、消費者にとっては暗い「ニュース」が続いていましたが、「ウナギ問屋直属」の専門店「うなぎ松村」を取材すると、明るい変化の「一端」が見えてきました。「うなぎ松村・2代目」の「松村宣明さん」は「一時期は1キロ8,000円」ほどまでに上がりましたが、今の段階では「4,000円台」まで回復している」と話しています。取引価格が「一番」高かった「約5年前」の半分程度にまで下がっているといいます。




その背景にあるのが漁獲量の回復です。近年、世界的に稚魚の不漁が続き、「ウナギ」は高い価格で取引されてきました。しかし、日本鰻輸入組合によると、「2016年12月」の漁では「3年」ぶりに稚魚の漁獲量が回復しています。その稚魚が成長して市場に出回る「7月」ごろ、取引価格が落ち着く見込みだそうです。「松村宣明さん」は「これからウナギの稚魚が増えて少しでも安くなれば、みなさんに食べてもらえるように安くしていきたいと思っている」と話しています。

ウナギ」の需要が爆発的に増える「土用の丑の日」に向けて、すでに値下げを検討している「スーパー」もあります。東京練馬区にある「スーパー」「アキダイ」店長の「秋葉弘道さん」は、「おそらく1割から2割くらい前年度より安くなるのかなという期待はある」と話しています。また、「ウナギ」の値下げには稚魚の増加以外にもう「1つ」事情があるそうで、「かなり高値が続いて頭打ちになって食べる人が減っている。需要が減っているのでそういう要因もあり、ここで下がってくるだろう。食べるチャンス」と述べていました。




さらに、今年は「ウナギ」を安く買える狙い目があり、それが「10月」や「11月」になるとのことです。台湾や中国産の「ウナギ」の稚魚も豊漁で、加工された商品が秋口以降に輸入されることでさらに値下げされる可能性があるといいます。

今年の「土用の丑の日{7月25日、8月6日}」には手が届く価格になるかもしれないですね。

どうしても値段が高ければ無理をしてでも食べようとはしないのが「土用の丑の日」「ウナギ」ですよね。もしも価格が「1割~2割程度」安くなれば消費者の私たちの「ウナギ」に対する高価格の抵抗感が少しはなくなり消費拡大に繋がるかも知れませんね。





人気ブログランキングへ