ダイエット

チーズ★美容・ダイエットサポート効果★ダイエット中のイライラを防ぐ★美や背に必須のたんぱく質が約20%含まれている

こんばんは。
今日は「チーズ★美容・ダイエットサポート効果★ダイエット中のイライラを防ぐ★美や背に必須のたんぱく質が約20%含まれている」の事をお伝えしたいと思います。

チーズ」は脂肪分が多いため「ダイエッター」には敬遠されがちですが、実は「ダイエット中」だからこそ食べることをおすすめしたい、「美容・ダイエット」を「サポート」してくれる効果の高い食べ物です。

チーズ100g」を作るためには、牛乳はその「10倍」の「1,000ml」もの量が必要です。つまり「チーズ」は、牛乳の栄養素を「ギュ」っと凝縮した食品と言えます。
しかも発酵の工程を経ているので酵素や乳酸菌なども含まれており、勘違いされがちな「悪い動物性脂肪の塊」どころか健康的な食品です。

チーズ」の種類は大きく「プロセスチーズ」と「ナチュラルチーズ」の「2つ」に分けられます。
日本でなじみ深い「チーズ」といえば「6Pチーズ」や「ベビーチーズ」など加工された「プロセスチーズ」や「ピザ用」の「シュレッドチーズ」ですが、「チーズ」の本場である「ヨーロッパ」では、「チーズ」といったら風味の豊かな「ナチュラルチーズ」のことを指し、「プロセスチーズ」はあまり一般的ではありません。

ナチュラルチーズ」は、水分を抜いた原料乳を固めて、型に入れ「発酵・熟成」させたものです。
牛や「山羊、羊」など原料乳の種類や「成分、製法」などによって非常に多種多様で、その数は「1,000種類」を超えると言われています。「ナチュラルチーズ」は乳酸菌や「カビ菌」が生きている状態で存在し、菌の働きにより「チーズ」が熟成され、非加熱で食べることでこれらの菌や酵素を摂取することができます。

こうした「ナチュラルチーズ」を「1種類~数種類」ほど加熱溶解し、乳化剤などを加えて再び成型したものが「プロセスチーズ」です。
プロセスチーズ」は製造工程で高温にかけられ殺菌されるため、熟成はその時点で止まっています。そのため長期の保存がきくのが利点です。ただし酵素は失活し、善玉菌も死滅しています。




こうした違いはありますが、どちらの「チーズ」も非常に栄養が豊富であることには変わりなく、「ダイエット」を「サポート」してくれる成分が含まれています。
その効果をご紹介いたします。

チーズ」には「ビタミンA、B2」が含まれています。このどちらも皮膚や粘膜を健康に保つ働きがあり、肌に潤いを与えてくれます。

★「ダイエット中のイライラを防ぐ

ダイエット」のために食事量を減らすようになると、空腹感のためや、「カルシウム」が不足しがちになって「イライラ」することがあります。
ダイエット中」ではなかったとしても、「カルシウム」は日本人が慢性的に不足しがちな栄養素でもあります。
骨の原料となるほか、精神安定に作用する「カルシウム」を「チーズ」は多く含んでおり、その吸収率も優れています。
100g」当たりの「カルシウム量」は、「プロセスチーズ」は「630mg、カマンベールチーズ」は「460mg、パルメザンチーズ」は「1,300mg」もの量が含まれています。
牛乳を飲むよりも、少量の「チーズ」で手軽に「カルシウム補給」をすることができます。

★「美や背に必須のたんぱく質が約20%含まれている




筋肉を維持したり増やしたりするのに使われ、やせ体質になるためには必須の「タンパク質」が、「チーズ」にはだいたい「20%前後」含まれています。
ダイエット中」は食事制限で「タンパク質」が不足しがちになり、そうすると筋肉量が減少し始めます。
筋肉量が減少すると、運動しなくても生命維持のため自動的に体で消費される「カロリー・基礎代謝量」が落ち、やせにくい体になってしまいます。
基礎代謝量が落ちた分だけ体内で「カロリー」が余るようになるので、その分は脂肪として蓄積され、「タンパク質不足」は太りやすくやせにくい体になってしまうのです。

★「チーズの脂肪分は気にしなくてもOK

各種チーズ」にはおよそ「30%前後」の脂肪分が含まれており、高脂肪の食べ物ではあるのですが、短鎖脂肪酸や中鎖脂肪酸という種類の脂肪酸が含まれています。これらの脂肪酸は体内で「エネルギー」に変換されやすく、しかも体脂肪として蓄積されにくいという特徴を持っており、「やせるオイル」として大人気の「ココナッツオイル」や最近注目の「MCTオイル」の主成分でもあります。
また、脂肪燃焼を「サポート」する働きを持つ「ビタミンB2」も含まれているので、大量に食べ過ぎない限りはそれほど脂肪分を気にしなくても大丈夫です。
ただし、気を付けなければならない種類の「チーズ」があり、「脂肪部60~75%」以上の加工された「タイプ」です。こうした「チーズ」は「生クリーム」が添加されているため、脂肪分が高くなっています。栄養成分表示や原材料表示を確認してみてくださいね。なるべく添加物の少ないものを選ぶと良いでしょう。

★「美肌効果

チーズ」には「ビタミンA、B2」が含まれています。このどちらも皮膚や粘膜を健康に保つ働きがあり、肌に潤いを与えてくれます。
また、「チーズ」には乳酸菌が含まれているので、腸内環境を整え肌の状態を良くしてくれる働きもあります。「ナチュラルチーズ」は乳酸菌が生きた状態で存在し「腸内フローラ」に作用し、加熱処理されている「プロセスチーズ」は死滅していますが、どちらにしても腸内で有効に働くと考えられているので、あまりこだわる必要はありません。

チーズ」が「美容・ダイエット」の「サポート」役になるのなら食べない訳にはいかないですよね。





人気ブログランキングへ

枝豆の美容とダイエット効果★ハイブリッド緑黄色野菜★糖質・炭水化物→エネルギー代謝★不溶性食物繊維→便通促進

こんばんは。
今日は「枝豆の美容とダイエット効果★ハイブリッド緑黄色野菜★糖質・炭水化物→エネルギー代謝★不溶性食物繊維→便通促進」の事をお伝えしたいと思います。

サニーヘルス」はこのほど、「ダイエット情報発信サイト」「microdiet.net」にて「調査レポート」「夏の間食・おつまみは枝豆がオススメ★枝豆の美容とダイエット効果」を公開しました。

枝豆は大豆が熟す前の若い実で、緑色の未成熟のうちに収穫される大豆のことを指すしています。同じ大豆ではあるのですが、大豆と枝豆では含まれる栄養素が異なるといいます。




枝豆は豆と野菜の中間とも言える存在で、両方の栄養的特徴を兼ね備えた「ハイブリッド」な緑黄色野菜と言えるようです。大豆には含まれない「ビタミンC」が豊富であるほか、野菜としては非常に多い「タンパク質、必須アミノ酸」も含んでいます。「各種ミネラル」や食物繊維も多く、「低カロリー」であるため、「ダイエット」や美容に役立つ食べ物であるといいます。

枝豆には「糖質・炭水化物」を「エネルギー」に代謝し、脂肪として体に蓄えられるのを防ぐために必要な「ビタミンB1」が含まれています。「脳や筋肉、神経」に栄養を送り、全身の機能を正常に保つためにも必須の栄養素で、不足すると「疲労感、倦怠感、集中力」の低下などの症状が起こるようです。

ビタミンB1」は「水溶性ビタミン」で、余剰分は尿として排泄されるため、枝豆を食べすぎても過剰摂取になる恐れはありません。一方で体に蓄積しておけないため、日常的に補う必要のある栄養素であるようです。

また、枝豆には腸内環境を整える作用に優れた食物繊維が含まれています。その量は、ごぼうに匹敵するほどであるといいます。枝豆の食物繊維は水を吸収し数倍に膨れる性質がある「不溶性食物繊維」が多く、腸のぜん動運動を活発化し、便通を促進する効果があるようです。不溶性食物繊維が多い食品を食べる際には、水分を多めに取り入れるとようです。




枝豆はやせるためには必要な栄養素である「タンパク質」も多く含まれるのが特徴です。「ダイエット中」は、食事量を減らすことに意識が向くため、「タンパク質」の摂取量が不足しがちな人も見受けられます。「タンパク質」が不足してしまうと、初期に起こる現象として筋肉量の減少が挙げられます。すると代謝が落ち、やせにくく太りやすい体になってしまいます。

また、枝豆には造血に必要な「鉄分、葉酸」が含まれています。特に葉酸は、数多くの食品の中でも非常に高い含有量であるようです。これらの吸収を高める「ビタミンC」も含まれているため、貧血対策にもよいといいます。貧血になると、代謝の低下や脂肪分解酵素の働きが低下するので、「ダイエット」にも影響が及ぶようです。

詳しい説明は「microdiet.net」の最新の記事「夏の間食・おつまみは枝豆がオススメ!枝豆の美容とダイエット効果」で解説しています。

枝豆が苦しい「ダイエット中」の間食に食べられたら苦しさも半減しますよね。それでいて便秘解消になれば一石二鳥ですよね。





人気ブログランキングへ

ブロッコリースプラウト★スルフォラファン→栄養素★デトックス効果★肝臓機能→アップ★新陳代謝上がる→燃焼効果アップ

こんばんは。
今日は「ブロッコリースプラウト★スルフォラファン→栄養素★デトックス効果★肝臓機能→アップ★新陳代謝上がる→燃焼効果アップ」の事をお伝えしたいと思います。

美容感度の高い人たちの間で話題になった、今ではおなじみの「ブロッコリースプラウト」です。「デトックス効果」も期待でき、脂肪の燃焼率が「アップ」するなど優秀な食材です。今回はあらためてその効果について迫ってみました。




★「ブロッコリースプラウトとは
ブロッコリースプラウウト」とは、「ブロッコリー」の新芽のことを指します。「カイワレダイコン」のような、白くてひょろひょろとした茎の上に小さな葉がついたもののことです。最近では、「スーパー」などでもよく見かけますね。

この「ブロッコリースプラウト」の最大の特徴は、「スルフォラファン」という栄養素を含むということです。この「スルフォラファン」は肝臓の機能改善効果があります。肝臓は体の中でも解毒を行う大切な機能です。つまり、肝臓の機能をあげて体の「デトックス効果」を高めることができるのです。
★「ブロッコリースプラウトのイメージ
★「ブロッコリースプラウトの効果とは?
ブロッコリースプラウト」を取り入れることで期待できるのは、「デトックス効果」だけではありません。「ブロッコリースプラウト」には肝臓の機能を「アップ」させる効果があると言われています。肝臓の機能が「アップ」すると、体の中の毒素が排出され、新陳代謝がよくなり脂肪の「燃焼効果アップ」も期待できるのです。

スルフォラファン」には抗酸化作用もあり、「シミ・しわ」などの防止効果が期待できると言われているようです。
★「効果的な取り入れ方って?
このように様々な「効果・効能」が期待できる「ブロッコリースプラウト」ですが、その「効果・効能」を最大限引にき出す取り入れ方があります。それは生のまま、よく噛んで食べるということです。
ただし毎日食べないといけないという訳ではありません。「ブロッコリースプラウト」に含まれる「スルフォラファン」は、体内で「およそ3日間」、肝臓の機能改善を持続できるそうです。つまり、「3日」に「1度」の割合で取り入れれば「デトックス効果」や脂肪燃焼効果を「キープ」できるのだそうです。




そのまま食べてもいいですし、生春巻き、「スムージー」の中に入れるなど、あなたが取り入れやすい形で取り入れてみてはいかがでしょう。

ブロッコリースプラウト」に含まれる「スルフォラファン」は、「ブロッコリー」の「7~20倍」もあると言われています。今は「スーパー」などで気軽に手にいれることができるので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

こんなに「デトックス効果」がある野菜が今までにあったでしょうか。効果が実感できれば「ダイエット」の「モチベーション」も上がりますよね。





人気ブログランキングへ

美ボディ★体重を減らせば美しくなれるとは限らない★自分で輝く第一歩が→劇的に自分を美しくする★気持ちと→魅せ方と

こんばんは。
今日は「美ボディ★体重を減らせば美しくなれるとは限らない★自分で輝く第一歩が→劇的に自分を美しくする★気持ちと→魅せ方と」の事をお伝えしたいと思います。

ダイエット」しなきゃ★と体重だけ減らしても、本当に綺麗になれるのでしょうか?「ダイエットなんてしなくても、今のそのままで十分に魅力的なのに」と思わされる人も多いなと感じるのは、私だけでしょうか。目標設定を間違うと、いつまでたっても美しくなれない「ダイエット地獄」に「ハマ」ってしまいます。

★「体重を減らせば美しくなれる」とは限らない
★腕や脚が今よりも細くなったところで、姿勢が悪ければ残念な「シルエット」になってしまいます。逆に、がっちりとした体格の人でも自信をもって美しい姿勢で過ごして入れば、それだけで周りから「美しい★」と羨ましがられることもあります。




恋する心は、子孫を残すための本能的な部分です。男の人は「スリム」すぎる「モデル」やげっそりと不健康に見える人よりも、明るくて元気で、健康的で「メリハリ」のある女性を好むことが多いです。

本当に美しい体とは?どこを「ゴール」に、「ダイエット」をすればいいの?この答えは「ウエストが○㎝」「体重が○kg」と数値で測れるものではありません。
★「ウエストのイメージ
★「自分で輝く第一歩が→劇的に自分を美しくする
美しいな」「ああいうふうになりたいな」と思える人を想像してみてください。芸能人でも、身近な人でも構いません。その人は凛としていて、まっすぐで、笑顔が素敵ではありませんか?

その人の魅力は、体型だけでなく表情や内側から滲み出てくるその人らしさもかかわります。「どれだけモデル体型であっても、この人は美しくは見えないな」そんなとき、その人が笑顔で輝いていない、猫背で俯いている場合がほとんどです。




自分に自信を持って、背筋を伸ばして笑顔で輝いていることです。これだけで、「美しいなぁ★」と感じさせられてしまいますよね。
★「気持ちと、魅せ方と
目指すべき体型は、「自分に自信を持って、胸を張って生きることができる」体型です。それは、「ガリガリ」に痩せることではないはずです。

ダイエット」をせずとも、体重を「1g」も減らさずとも、服装や姿勢を変えるだけでより美しく魅せることができます。考え方や生き方を変えるだけで、「エネルギッシュ」で魅力的な人になることができます。
★「スリムな人のイメージ
あなたは、どんな体型を目指しますか?闇雲に「辛いダイエット」を続け、追い回されるのではなく、なりたい自分を手にいれる「ダイエット」をしてほしいです。そのためには、「一度」「どんな自分になりたいか」を考えてほしいと思うのです。

美しい体や体型って数字で表すものではないって事が良く分かりますよね。外見じゃなく内面の美しさも重要なんですね。





人気ブログランキングへ

ダイエット中の朝食★糖質を控える→少な目にする★消化の良いものを腹6~7分目くらい食べる★タンパク質をしっかり摂る

こんばんは。
今日は「ダイエット中の朝食★糖質を控える→少な目にする★消化の良いものを腹6~7分目くらい食べる★タンパク質をしっかり摂る」の事をお伝えしたいと思います。

正しい朝食の摂り方について、たくさんの情報が溢れているので、一体何が正解なのか分からないという方が多いのではないでしょうか。そこで今回は、「ダイエット中」の朝食の基礎をご紹介します。

★「糖質を控える・少な目にする
朝はしっかり糖質を摂るという考え方もありますが、おすすめできません。成長期の子どもなら別ですが、大人なら朝から「ガッツリ糖質」を補給しなくても大丈夫です。




朝にたくさんの糖質を摂ると、上がった血糖値が「下がるタイミング」で眠たくなり、仕事の「パフォーマンス」が落ちることがあります。そうすると頭を働かせようと甘い物を欲する機会が増え、「ダイエット」の妨げになる可能性があります。

食べてはいけないわけではないのですが、摂り過ぎには注意してください。ご飯をお茶碗に半分くらい、「食パン」も「1枚」ではなく半分くらいの量にしておきましょう。

★「食パンのイメージ
★「消化の良いものを腹6~7分目くらい食べる
健康や美容のために朝食をしっかり摂っているという方も多いと思います。消化能力が追い付いていればそれは良いことなのですが、朝はまだ胃腸の働きが活発でない人も多いです。そういう人が無理にたっぷり朝食を摂るのは逆効果です。

胃腸が疲れてしまうと、大切な栄養素を吸収することができなくなるため、美容にも健康にも良くありません。だから、朝は消化の良いものを適量食べるようにしましょう。




腹8分目」とよく言いますが、朝あまりお腹が空かない「タイプ」の方なら、「腹6分目」くらいでいいと思います。とにかく、お腹が重くなるまで食べるのは止めたほうが良いと思います。

また、生野菜をそのまま食べると消化が良くないので、「スムージー」や「ジュース」にしたり、加熱調理したりして摂取するといいでしょう。
★「スムージーのイメージ
★「タンパク質をしっかり摂る
朝に「タンパク質」をしっかり摂ることで、体が覚醒し痩せ体質になれます。しかし先ほどもお伝えした通り、消化能力を超えたものを食べるのは「NG」です。朝そんなにお腹が空いていないのに、いきなりお肉などを食べると、胃腸に負担がかかることもあります。

そこでおすすめなのが卵です。卵は完全食とも言われるほど栄養価が高く、「タンパク質」も豊富です。比較的消化も良いので、朝食には「ピッタリ」です。「野菜スムージー」と「スクランブルエッグ」なんて良いのではないでしょうか。
★「おわりに
お腹の状態を無視しないことが「1番」大切です。お腹が全然空いていないのに、朝食は食べなくちゃいけないからと、無理にたくさんの食べ物を詰め込むのは止めましょう。お腹の状態に合わせて量を調節してくださいね。

ダイエット中」の朝食は偏食のない「バランス」の取れて体に負担がかからない食事法が「一番」いいんですね。





人気ブログランキングへ

痩せホルモン★成長ホルモン→脂肪分解促進★ドーパミン→ドキドキ・ワクワク食欲抑制★セロトニン→幸福感・安堵感

こんばんは。
今日は「痩せホルモン★成長ホルモン→脂肪分解促進★ドーパミン→ドキドキ・ワクワク食欲抑制★セロトニン→幸福感・安堵感」の事をお伝えしたいと思います。

脂肪分解や食欲を「コントロール」しているのは、数々の「ホルモン」や神経伝達物質です。だからぜひとも、「ダイエット」を「サポート」してくれる「ホルモン」と、それらの分泌量を増やす方法を知って、「ダイエット」につなげましょうね★

★「成長ホルモン
体を成長させる「成長ホルモン」です。筋肉疲労をとったり細胞を修復したりと、体を回復させる役割を担っています。脂肪分解を促進する働きがあるといわれています。




睡眠中や運動しているときに分泌されるといわれているため、質の良い睡眠をたっぷりとり、適度に運動することが大切です。
★「ドーパミン
様々な働きがありますが、主に「快感」を覚えたときに分泌されるとされています。

何かに夢中になっているときや興奮状態のときは、あまりお腹が空かないと思います。「ドーパミン」には食欲を抑える働きがあるといわれています。「ドキドキ、ワクワク」できること、楽しいこと、気持ちいいことをたくさんしましょう。

また「ドーパミン」を分泌させるには、目標を達成するのもとても効果的です。楽しいことをたくさんして、意欲的に毎日を過ごすことで、「ドーパミン」はますます分泌されやすくなり、無駄な食欲が湧かなくなるでしょう。

★「楽しいイメージ
★「セロトニン
幸せホルモン」とも呼ばれており、精神を安定させる働きがあるといわれています。「ドーパミン」が激しい快感情を呼び起こすのに対し、「セロトニン」は穏やかで落ち着いた「幸福感、安堵感」などをもたらす神経伝達物質です。「セロトニン」が不足すると、精神が不安定になり、それを安定させようと過食してしまうことがあるのだそうです。




セロトニン」を分泌させるには、日光に当たることが大切なのだそうです。そしてしっかり栄養を摂り、適度な運動や、質の良い睡眠を心がけましょう。またストレスケアもとっても大切です。心や体に負担をかけすぎないようにしてくださいね。
★「レプチン
満腹中枢を刺激し、食欲を抑制するとされている「ホルモン」です。基本的には食後に分泌されるのだそうです。睡眠不足になると分泌量が減るそうなので、睡眠をしっかりとるようにしましょう。

また、「レプチン」は脂肪細胞から分泌されます。そのため痩せすぎていると分泌量が減ってしまい、食欲を抑えることができなくなることもあるのだそうです。しかし反対に体脂肪が多すぎても食欲は抑制されにくくなります。
★「不眠のイメージ
脂肪が多ければ「レプチン」の分泌量そのものは増えるのですが、受容体が鈍くなるため、「レプチン」を察知することができなくなるのだそうです。

つまり、痩せすぎたり太りすぎたりすると、食欲を抑えられず過食してしまいやすいということなのですね。「バランス」の良い体型を保つことが、異常な食欲を改善することにつながるのです。
★「おわりに
「良質な睡眠をたっぷりとる」という言葉が繰り返し出てきました。睡眠の重要性をお分かりいただけたかと思います。また、いつも何かに夢中な人、心が穏やかで幸せな人は、「ドーパミン」や「セロトニン」のおかげで太りにくいということも、覚えておいていただきたい大切なことです。幸せなら「ダイエット」は上手くいきやすいのです★

ダイエット」を成功させるのも「メンタル」な部分が非常に左右されているのが良く分かりますよね。





人気ブログランキングへ

マヨネーズ★良質ダイエット食品★糖質制限食OK食品★全卵型・100g中4.5★卵黄型・100g中1.7g★豆腐マヨネーズ

こんばんは。
今日は「マヨネーズ★良質ダイエット食品★糖質制限食OK食品★全卵型・100g中4.5★卵黄型・100g中1.7g★豆腐マヨネーズ」の事をお伝えしたいと思います。

マヨネーズ」と聞くと、どうしても「太る」「イメージ」がありますよね。それは、油や「コレステロール」を含む卵を使っているからです。よく、「サラダ」を食べるなら「マヨネーズ」や「ドレッシング」は控え、「ノンオイル」や「オリーブオイル」と塩などにしましょうなんていわれることがありますよね。でもこの「マヨネーズ」、実は、使い方によっては太りにくい調味料だともいわれているのです。

糖質制限を指導する「医師、江部康二さん」の「ブログ」によれば、調味料の中で「マヨネーズ」は「糖質制限食OK食品」であり、江部さん自身も家や外食でよく使っているといいます。




そもそも「マヨネーズ」の糖質含有量は、全卵型だと「100g中4.5g」であるのに対し、卵黄型だと「100g中1.7g」と低糖質です。糖質制限食は、「高たんぱく質、高脂肪食」であるため、「マヨネーズ」は高脂肪食の代表として普通に利用していいのだそうです。

確かに、砂糖入りの「甘いドレッシング」より「マヨネーズ」を選んだほうが、「糖質オフダイエット」には良さそうですね。

もう少し「ヘルシー」に★と考えるなら、女優の「ともさかりえさん」が紹介していた「豆腐マヨネーズ」も「要チェック」です。




これは、木綿豆腐を使用した「低カロリー」のもので、砂糖は入っていますが、「糖質オフ」というわけでないならば使えそうです。「ともさかりえさん」は、「ブロッコリー、アボカド」などの野菜や、「パン」に塗って楽しんでいるそうです。

このように、「マヨネーズ」は種類を選べば、実は「ダイエット」に好適な食品といえるのです。「マヨラー」はもちろん、そうでない人でも、毎日の「メニュー」に、上手に取り入れたいですよね。

マヨネーズ」と聞けば「ダイエット」の大敵食品の様に言われてきましたよね。考え方を変えるだけで敵だった「マヨネーズ」が味方になるんですね。





人気ブログランキングへ

平子理沙さん★赤飯&黒豆茶一緒に飲用★アントシアニン含まれていて血液サラサラ★代謝アップ期待

こんばんは。
今日は「平子理沙さん★赤飯&黒豆茶一緒に飲用★アントシアニン含まれていて血液サラサラ★代謝アップ期待」の事をお伝えしたいと思います。

モデル」の「平子理沙さん」が時々無性に食べたくなる、というのが「お赤飯」です。先日も、おやつとしていただいたそうです。




ところでこの赤飯、白米のご飯とどんなところに違いがあるのでしょうか。

健康・美容・医療ジャーナリスト」である「古谷暢基さん」の著書「食べるだけダイエット・マガジンハウス刊」によれば、「ブドウ糖」を摂取したときの血糖値の上昇率を「100」とした「GI値」でいえば、赤飯は「77」です。精白米が「84」であるため、それほど差はなさそうです。また、「カロリー」も精白米は「168kcal、赤飯は189kcal」です。「ダイエット食」で考えれば、白米ご飯を食べているのと変わらないのでしょうか。

料理研究家の「浜内千波さん」の著書「豆好★ダイエット・レシピ: 毎日, 豆を食べ続ければ, 脂肪が燃えはじめます★・PHP研究所刊」によれば、赤飯に入っている小豆は不溶性食物繊維が豊富で、水分を吸って腸の「蠕動・ぜんどう・運動」を活発にし、お腹周りをすっきりさせると紹介されています。




ちなみに「平子理沙さん」、赤飯を食べる際に、黒豆茶を一緒に飲んだそうです。同著によれば、黒豆には「ポリフェノール」の「一種」である「アントシアニン」が含まれていて、これが血液を「サラサラ」にして、「代謝アップ」が期待できるのだそうです。

どうやら、「平子理沙さん」の赤飯の食べ方は、お腹周りにも代謝にもいい食べ方となっているようですね。

モデルさん」ならではの独特な「ダイエット方法」活用しているのはさすがだとしか言いようがありませんよね。素人の皆さんも参考に実践してみれば効果が期待できるかも知れませんね。





人気ブログランキングへ

フムス・赤パプリカ味★ダイエット・美容・健康スーパーフード★主材料・ひよこ豆・オリーブオイル・ゴマペースト・にんにく

こんばんは。
今日は「フムス・赤パプリカ味★ダイエット・美容・健康スーパーフード★主材料・ひよこ豆・オリーブオイル・ゴマペースト・にんにく」の事をお伝えしたいと思います。

+medi・プラスメディ」を運営する「インクロムプラス」は、「ダイエット」や「美容・健康」に最適な「スーパーフード」「フムス 赤パプリカ味」を、「7月26日・水」より「直営店・量販店」で販売を開始します。




フムス」の材料は主に「ひよこ豆」、「オリーブオイル」、「ゴマペースト」、「にんにく」、「レモン汁」で、どれも「健康・美容」には大変嬉しい効果があるものばかりで、特に主材料であるひよこ豆には「タンパク質、ビタミン類、カルシウム、鉄分、亜鉛、カリウム、葉酸、食物繊維」などが豊富に含まれています。

そんな「フムス」は、「ペースト状」になっているため、「サラダ」の上にのせたり、「サンドウィッチ」の具で使ったり、「スティック野菜」や「クラッカー」で「ディップ」したりと、いろいろな「シーン」で活躍すること間違いなしです。

今回発売する「フムス 赤パプリカ味」は、「フムス」が本来持つ成分を保ちつつ、「赤パプリカ」の鮮やかな色で夏の食欲をそそり、「ディップパーティー」などでも夏らしく彩ってくれます。また、「赤パプリカ」は、「ビタミンC」を豊富に含んでおり、「シミ・シワ対策」に効果的な夏野菜であり、塩漬けした万能調味料「マッサ」をはじめとし、近年注目を集めています。




フムス」は欧米では「2010年頃」から中東地域の伝統的な食として「ベジタリアン」や「ヘルシー志向」の方々に愛用されていましたが、多くの「海外セレブ」が「ダイエット」の「一環」として「フムス」を普段の食事に活用し始めたことで「NY・LA・ロンドン」などで広く浸透しました。

現在日本でも着実に注目度が高まっている「フムス」です。様々な使い方があるため「1つ」手に入れておくと便利かも知れませんね。

海外セレブ」の普段使用で身近な「ダイエットスーパーフード」になった「フムス」です。日本でもこれからもっと使用頻度が高くなる「ダイエットスーパーフード」になるでしょうね。





人気ブログランキングへ