JRA

JRA★GⅠホープフルステークス★似非GⅠ的 位置付けレース

こんばんは。
今日は「JRA★GⅠホープフルステークス★似非GⅠ的 位置付けレース」の事をお伝えしたいと思います。

先日の有馬記念は「キタサンブラック」が有終の美を飾り、「最多タイ」となる「GⅠ7勝目」と歴代獲得賞金で「1位」に輝く最高の勝利を収めました。今回の結果は競馬界にとっても非常に意味のある内容であったし、何よりも知名度の高い「ヒーロー」が「ヒーロー」らしい勝ち方で終われた事は来年以降の「競馬イメージ向上」に繋がるのではないでしょうか。とにかく気持ちの良い締め括りだった「2017年」の中央競馬でした。
ところが、例年ならここから正月競馬まで間が空いて暫くの充電期間となる筈ですが、何と今年は「28日」の木曜日に「GⅠ」に昇格した「ホープフルステークス」が行われます。「当レース」は昨年まで「GⅡ:2013年までオープン特別」だった「2歳牡馬中距離」の舞台条件でした。そもそもが「2歳牡馬」の「チャンピオン」を決める「朝日杯フューチュリティステークス」があるにも関わらず、その翌週にまた同じ様な種類の「GⅠ」が開催されるのはいささか疑問に感じる次第です。




JRA」が「客寄せパンダ」として作った「似非GⅠ的」な位置付けの「レース」とも思え、逆にこれがある事で「朝日杯フューチュリティステークス」の「メンバー構成」が弱小化する「リスク」さえ生まれてしまっているのではないでしょうか。現に勝った「ダノンプレミアム」が「2着以下」を「3馬身以上」も離す「ワンサイドゲーム」で、「2着以下」は到底「クラシック」で活躍が見込めない馬たちばかりでした。では今回の「ホープフルステークス」で超有力な主役級がいるのかと聞かれれば答えは「NO」です。現在の「想定1番人気」と「ジャンダルム」は「デイリー杯2歳ステークス覇者」ですが母はあの「ビリーヴ」です。「2000m」が持つとは思えないし、続く「タイムフライヤー」は「京都2歳ステークス」で「グレイル」に完敗しています。以下「アイビーステークス5着」の「フラットレー、東京スポーツ杯2歳ステークス」で「ワグネリアン」に「ブッちぎられたルーカス」と、上位人気勢の小粒感が半端ないのです。
これではあの大盛り上がりを見せた有馬記念の直後に開催され、しかもその「一年」の「トリ」を「飾るレース」としてはかなり違和感を感じてしまいます。勿論、若駒の選択肢が広がり無理のない「ローテーション」を組めるのは馬都合としては「メリット」もあるでしょう。とは言え、「ファン」からすればそんな事は一切関係なく、実際に開催される当日は観客の少ない中山競馬場の画が優に想像出来てしまいます。そうなると、せっかく作り上げて来た「2017年」の中央競馬の「イメージ」も損なわれる気がしてならないのです。
実際に当日の雰囲気を見てみないと分からないのですが、「十中八九」そうなるでしょう。単に「大きいレース」を乱立すれば良いのでは無く、適切で需要のあるものを提供して行かなければ何の意味も成さないでしょう。それなら「芝の1400」や「1800m」の非根幹距離と言われる部類の「レース」や、「ダートスプリント、若しくはダートステイヤー」の為の「GⅠ」の方が遥かに「ワクワク」が止まらない筈でしょう。
兎にも角にも、「ホープフル=希望に満ちた、とは名ばかりの残念なレース」にならない事を祈るばかりです。




客寄せパンダとして作った「似非GⅠ的」な位置付けの「レース」だとしても列記とした「GⅠレース」に変わりはないですよね。





人気ブログランキングへ

キタサンブラック★有終V★キタサンまつり★盛大フィナーレ

こんばんは。
今日は「キタサンブラック★有終V★キタサンまつり★盛大フィナーレ」の事をお伝えしたいと思います。

12月24日:日」、「11年」ぶりの「クリスマスイブ決戦」となった「第62回 有馬記念」です。「1着賞金3億円」をかけた熱い戦いは、「武豊騎乗」の「1番人気キタサンブラック」が終始先頭で優勝しました。「1 1/2馬身差」の「2着」には「C・ルメール騎乗」の「クイーンズリング、3着」には道中不利を受けた「2番人気」の「シュバルグラン」が「ハナ差」で続いて入線しました。「レース終了後」には「キタサンブラックお別れ会」が行われ、愛馬のために「北島三郎さん」が用意した新曲を披露しました。最後は「“キタサン祭り”」で締めくくりました。

キタサンブラック最後」の勇姿をひと目見ようと、およそ「10万人」が詰めかけた「第62回 有馬記念」です。当日は「キタサンブラック引退記念グッズ」が販売され、中山競馬場は「キタサンブラック一色」に染まりました。




レース」は「好スタート」を決めた「キタサンブラック」が先頭に立ち、「マイペース」の展開に持ち込むと、そのまま最後まで先頭を譲ることなく、危なげなく「1着」で「フィニッシュ」しました。「千両役者・武豊騎手」の見事な「エスコート」で有終の美を飾りました。

これで「キタサンブラック」は今年「4つ」の「GI勝利」を積み重ね、「JRA芝GI競走最多タイ」となる「通算7勝目」となりました。これまでの総獲得賞金は「18億7684万3000円」となり、「テイエムオペラオー」を抜き「歴代1位」となるなど、記録ずくめの「1日」となりました。

レース後」の表彰式では「プレゼンター」に「米国・大リーグ:MLB」「ロサンゼルス・ドジャース」で活躍する「“マエケン”」こと「前田健太投手」が登板しました。記念の「トロフィー」を関係者に授与し、見事にその大役を務め上げました。

最終12レース」を挟んで、「キタサンブラック」の「お別れセレモニー」が執り行われ、「北島三郎さん」をはじめとする関係者一同が登場しました。終始笑顔に包まれる中、「キタサンブラック」との別れを惜しみました。




今日は泣くまいと思っていたのに、3コーナーあたりから涙が出てきました」と「キタサンブラック最後のレース」を振り返った「北島三郎さん」でした。続けて「皆様、本当にありがとうございました。自分の子が走って3年間、愛していただきありがとうございます。これ以上の幸せを感じたことはありません。清水調教師や厩務員、武豊騎手、北村宏司騎手、ありがとうございました」と関係者に感謝を述べた後、「クリスマスイブなのにこんなに残っていただいて感謝申し上げます」と「スタンド」に残った多くの「ファン」へ「メッセージ」を送りました。

お別れ会では、「北島三郎さん」が「キタサンブラック」のために制作した新曲「ありがとうキタサンブラック」を披露、「同日18:00」からの配信が「スタート」しています。そして、最後にはお待ちかねの「まつり」を熱唱しました。「僕は歌いません」と語っていた「武豊騎手」も「北島三郎さん」にうながされ、初めて共に歌うなど最後の「“キタサンまつり”」に「スタンド」が沸きました。

なお、「キタサンブラック」が「レース」を走るのは「本レース」が最後となりますが、「2018年1月7日:日」には、京都競馬場で引退式が予定されています。稀代の「アイドルホース キタサンブラック」に謝意を込めて、新たな年の幕開けを祝う「京都・京都競馬場」へ出掛けてみてはいかがでしょうか。

総獲得賞金「18億7684万3000円」「歴代1位」を獲得して引退をする「キタサンブラック」には夢と希望を与えてくれて本当に有難うと言いたいですよね。





人気ブログランキングへ

有馬記念★キタサンブラック 1枠2番★公開枠順抽選会

こんばんは。
今日は「有馬記念★キタサンブラック★1枠2番 公開枠順抽選会」の事をお伝えしたいと思います。

11年」ぶりに「クリスマスイブ」の開催となる年末の「名物レース」「有馬記念」です。これまでさまざまな「ドラマ」が繰り広げられてきましたが、今年は「ファン投票」で「1位」に選ばれた「キタサンブラック」など「全16頭」が出走予定です。「冬のグランプリ」の栄冠と、「1着」の「獲得賞金3億円」を目指して争うこととなりました。「12月21日:木」には、公開枠順抽選会「2017 有馬記念フェスティバル」が開催され、全馬の枠順が決定しました。

有馬記念」は通常の「レース」とは異なり、「ファン投票」で選ばれた「上位10頭:登録馬のうち投票数の多い順」と出走馬決定賞金の多い順に選ばれた馬で争われる、世界的に見ても稀有な「レース」である「日本では夏に開催されるG1宝塚記念も同様のシステム」です。そしてさらには、「3年前」から野球の「ドラフト」のように出走枠順抽選を公開しています。「トリッキー」な「コース」とされる中山競馬場で有利といわれる内枠をめぐって、新たな「ドラマ」を生んでいます。

抽選システム」は、用意された「2つ」の「抽選ポット:馬名と枠順」のうち、まずは「馬名ポット」から「カプセル」で密封された「馬名ボール」を選択し、次いで「カプセル内」の紙に記された馬名の調教師や騎手が「枠順ポット」から「枠順ボール」を選んで枠順が決定します。これを全馬繰り返し行うというものです。




馬名ポット」から「馬名ボール」を選ぶのは、「2017年JRAプロモーションキャラクター」を務め、さらには同日、「2018年」も引き続いて「同キャラクター」を担うことが発表された「女優:高畑充希さん」と「俳優:柳楽優弥さん」です。「2人」がそれぞれ交互に「馬名ボール」を選択していきました。

最初に「高畑充希さん」が選んだのは「サウンズオブアース」でした。「トップバッター」に選ばれた感想を問われ、「藤岡健一調教師」が「「1枠」1番を引ける気がする」と意気込む中、「C・デムーロ騎手」が引いたのはまさかの「8枠16番」でした。これには関係者一同、苦笑いを浮かべるほかなかったようです。

抽選が続いていき、「6番目」に名前を呼ばれたのが本年の「主役キタサンブラック」でした。ここまで「G1・6勝」を挙げる実力馬がどの枠を引くのか会場が固唾を呑んで見守りました。

武豊騎手」が引いたのは「1枠2番」でした。前年の「1枠1番」に続いての「好枠ゲット」に「一番欲しい枠でした」と「コメント」するなど、その強運ぶりを見せつけました。




全馬の枠順が決定した後、会場を変えて行われた「レセプションパーティー」では、「2017年度 ロンジンIFHA国際功労賞」授与式が行われ、「武豊騎手」は「アジア人」として初めて同賞に選ばれました。

また、「キタサンブラック」の「オーナー:馬主」で歌手の「北島三郎さん」が共同記者会見に登場しました。その中で「北島三郎さん」は「思い出すとあっという間の3年ですね。まるで自分の子どもがどこかへ行ってしまうような寂しさを感じます。ですが状態のいい時に、新しい出発をしてもらいたいなとも思います。やっぱりかわいいから」と「同レース」が「引退レース」となる愛馬への複雑な胸中を語りました。

また、「2015年菊花賞」や「2016年天皇賞・春」など「キタサンブラック」が「大レース」に勝利した後に数度行われた「北島三郎さん」の代表曲「祭り」の生歌を競馬場で披露する「“キタサン祭り”」について「僕は歌手ですからね、プロはやたらめったら歌っちゃいけません」と一度は否定しつつも、「でも人間ですから、ファンの雰囲気によっては出ちゃうんじゃないかと今から心配しています:笑、これはもう心配じゃないですね、雰囲気があれば感謝を込めて歌いますよ、僕は」と力強く語り、最後に「キタサンブラック」への応援を「ファン」に呼びかけました。

JRA史上最多タイ」となる「芝G1レース7勝目」を目指す「キタサンブラック」が有終の美を飾り「“キタサン祭り”」は行われるのでしょうか。はたまた「ライバル」による逆転劇はあるのかなど、見どころ満載の「2017年有馬記念」です。「12月24日:日」「15時25分」に行われる大一番を見逃さないでくださいね★

キタサンブラック」の有終の美を飾ってもらい「2017年」「G1レース」を締めくくりたいですよね。





人気ブログランキングへ