komuro

小室哲哉さん★引退決断理由★一般的定年★思い描いた引退とは違う

こんばんは。
今日は「小室哲哉さん★引退決断理由★一般的定年★思い描いた引退とは違う」の事をお伝えしたいと思います。

看護師の女性との不倫疑惑が報じられた「音楽プロデューサー」の「小室哲哉さん:59」が「19日」、都内の所属事務所で釈明会見を行い、音楽活動からの引退を発表しました。引退の「2文字」が浮かんだ時期は「左耳の耳鳴りがどうしても今も消えない音楽が作れないわけではないが介護との両立の限界を感じたのは昨年の8月」ぐらい。それぐらいにああ来年は一般的な定年かなと思った」と話しました。




ただ、その重大な発表を決意したきっかけはやはり今回「週刊文春」の報道だといい、「自分の気持ちをもっていたのとみなさまにご迷惑お心配をおかけしたという償いで発表しました。「思い描いていた引退発表とは全く違いますね」と苦笑しました。取材を受けてからわずか「5日」での大きな判断となりました。

週刊文春」の報道について「起爆剤となっていただいた」とし、「頭をもたげていたものがさらに出てきた急ではありますが、「人生60年というところでこれからどうやって生きていくかと自問自答していたのである種の引き金になったのかなとたった1人の判断です誰にも相談していません」と話しました。




自発的なこれがやりたいあれがやりたいという音楽活動は今日で退こうと思っています」と宣言した「小室哲哉さん」です。「それでも責任があるじゃないかやってくれということがある場合は責任を果たしたい不快な思いをされる方のお目にはかからないような形で全うしたい期待していただいているまだやれよという方の制作には随時携わっていこうと思います」と「オファーがあるものについては続ける形になるただ具体的な時期などは情報解禁などの問題もあり、「絶対に言ってはいけない仕事がたくさんあります」とし、「しっかりお答えできませんが音楽活動ではあります」とだけ答えた。音楽以外の制作の活動については「まだ一週間足らずの決断で何までは許されて何までが許されないというのが判断できていない線引が全くわかっていない」と含みをもたせました。

騒動の発端となった女性との男女の関係を強く否定していることもあり、今回の騒動への謝罪からの「“引退”」という決断には疑問も残ります。自粛や活動休止という選択もあったのでは?との言葉もありましたが、「今までいろいろ報道があった方とは違う。「詐欺事件を起こした」「2010年に非常に大変なことをしたなら恐ろしいな怖いなとやっぱり償いはしなければいけないと他の方よりは強いすぎるのかなと思うこれぐらいでいいんじゃないか自粛とか休止というような償い方よりは怖かったなといけないことをしてしまった時には最大限の自分のできることをしないといけないのかなというところが重なってしまっている僕の中で最高の最大の結論になっちゃったのかなと思うちょっと稀だと思う少し」と自身がかつて起こした詐欺事件も大きく影響しているとしました。

引退を決意するのには何かのきっかけが必要なのは「小室哲哉さん」でなくてもあり得る話ですよね。





人気ブログランキングへ

小室哲哉さん★不倫報道★エイベ内不良債権★イベント開催応募ゼロ

こんばんは。
今日は「小室哲哉さん★不倫報道★エイベ内不良債権★イベント開催応募ゼロ」の事をお伝えしたいと思います。

音楽プロデューサー・小室哲哉さん」の「“不倫”」が、「1月18日発売」の「週刊文春」「文藝春秋」報道で発覚しました。同誌に対し、「小室哲哉さん」は不倫関係を認めつつも、「男女の関係っていろんな言い方がありますけど僕は病人と看護師さんの関係だと思っています」など、奥歯に物が挟まったような言い訳を繰り返しています。「2011年」に「クモ膜下出血」を発症し、現在も「リハビリ中」という「妻・KEIKOさん」への献身的な夫婦愛が、一気に霞んでしまう「スキャンダル」となりました。

同誌によると、不倫相手は「柴咲コウさん」似の現役看護師で、離婚歴がある「シングルマザー」だといいます。「小室哲哉さん」は、「KEIKOさん」の看病を実家に任せて、女性を自宅に招くこともあったようです。

闘病中の妻を差し置いての不倫といえば、「渡辺謙さん」が記憶に新しいですが、報道後も「ダラダラ」と逃げ続け、「コメント」を出さなかった「渡辺謙さん」に比べれば、すんなり取材に応じた「小室哲哉さん」は潔い態度といえます。ですが、「所属アーティスト」の「スキャンダル」とあって、本来なら火消しに躍起となるはずの「エイベックス」からは、不思議な程に緊迫感が感じられませんでした。




小室哲哉さん」は「日本の音楽史上最も稼いだプロデューサー」などと、「文春」誌面でもその輝かしい功績を讃えられているものの、現在「エイベックス」にとっては「“お荷物”」のような存在だといいます。

もはや「アーティスト」や「プロデューサー」でもなく、一言で言うと「“偉人枠”」でしょうか。神格化こそされているものの、「オファー」は「“過去の栄光”」に関するものだけですし、「ニュース」になる話題も、「プライベート」に関連するものばかりでした。費用対効果を考えると、「エイベックス」にとっては不良債権というほかないようです。

某地方の「テレビ局プロデューサー」も、「小室哲哉さん」の寂しい現況を振り返ります。

以前、「小室哲哉さん」を中心にした「イベント」を開催したのですが、視聴者参加型企画への「応募メール」が、まさかの「ゼロ通」でした。局員総出で、夜なべの「“ヤラセメール”」を書いたものです。




しかしながら、「文春」の記事冒頭を読むと、「小室哲哉さん」が「Sクラス」の「ベンツ」を所有し、運転手も雇っていることがうかがい知れます。

どれだけ社内で軽んじられているとしても、「小室哲哉さん」が「松浦勝人社長」の「“寵愛”」を今も受け続けており、一般人とは程遠い「セレブ生活」をしているのは事実のようです。現在の仕事状況に見合わない環境もまた、「“浮ついた行為”」に走らせてしまった原因なのかもしれません。

仕事に行き詰まりを感じているのか、「小室哲哉さん」は、「文春」の不倫取材に乗じて、自ら引退をほのめかせる始末でした。果たして改心は期待できるものなのでしょうか。

過去の栄光がいつまでも脳裏から離れられないんでしょうね。





人気ブログランキングへ