nogizaka46

乃木坂46★年末特番で示した2018年の集大成★紅白出場&レコ大連続受賞

こんにちは。
今日は「乃木坂46★年末特番で示した2018年の集大成★紅白出場&レコ大連続受賞」の事をお伝えしたいと思います

「ドーム&コンサートツアー」、相次ぐ「メンバー」の卒業 「乃木坂46」にとって「2018年」は例年に勝る激動の年でした。それを象徴した形となったのが、「第60回 輝く!日本レコード大賞」「TBS系」、「NHK紅白歌合戦」「NHK総合」という年末年始の音楽特番への出演でした。

「乃木坂46」は、「2018年」の「日本レコード大賞」を「20thシングル」「シンクロニシティ」で受賞しました。「2017年」には「インフルエンサー」で大賞を受賞しているため、「2年連続」の快挙となりました。放送前日、「紅白」の「リハーサル」にて、囲み会見の中で「レコ大」について質問される「メンバー」が「自信もないですし」と苦笑しながら答えていたのを強く覚えています。そんな会見とは裏腹に、まさかの連覇に涙を流す「センター」の「白石麻衣」でした。「白石麻衣」と抱き合い喜びを分かち合う「西野七瀬」が、「ニッコリ」と満面の笑みを浮かべていたのが印象的でした。




「生駒里奈」の卒業を前に「リリース」された「シンクロニシティ」は、「センター」に「白石麻衣」、「裏センター」に「生駒里奈」という「フォーメーション」が組まれていました。「乃木坂46」が次の「ステップ」を踏み出すためと、「生駒里奈」の意思のもと、あえて「“卒業シングル”」という形をとりませんでした。ですが、「6年目」を迎える「乃木坂46メンバー」の「“共鳴”」する思いが、歌詞だけでなく、美しい「コンテンポラリーダンス」や泣き笑いの表情で表現されています。昨年「4月」に日本武道館で行なわれた「生駒里奈」の「卒業コンサート」で披露されましたが、今回の「レコ大」は翌日に卒業を迎えた「西野七瀬」にとっても背中を押す「パフォーマンス」だったようです。

その翌日に「オンエア」された「NHK紅白歌合戦」をもって、「西野七瀬」は「グループ」を卒業しました。「2月」に「京セラドーム大阪」で開催される「卒業コンサート」で故郷に錦を飾ります。「乃木坂46」が「紅白」で披露したのは、「西野七瀬」の「卒業シングル」「帰り道は遠回りしたくなる」でした。「アンダーメンバー」を含めた「1期生」から「3期生全員」での「パフォーマンス」は、「西野七瀬」の門出を祝う集大成の「ステージ」となりました。今回、「サプライズゲスト」として現れたのが、「バナナマン」の「2人」でした。「乃木坂46」にとっての「“公式お兄ちゃん”」として知られる「バナナマン」は、「デビュー前」から冠番組「乃木坂工事中」「前身番組「乃木坂って、どこ?」」「テレビ東京系」の「MC」として彼女たちを見守ってきただけでなく、初出場の「2015年」から毎年「紅白ウラトークチャンネル」の席より、人目を気にせず、「ステージ」で歌い踊る「乃木坂46」に熱い「エール」を送ってきました。

ですが、今年「ウラトーク」の「MC」を担当したのは、「サンドウィッチマン」と「渡辺直美」でした。「MC」の発表直後、「ラジオ番組」「JUNK バナナマンのバナナムーンGOLD」「TBSラジオ」で、「バナナマン」は「ウラトーク」の話題に触れてはいたものの、多くは語りませんでした。もしかしたら、それも今回の「サプライズ」への準備だったのかもしれません。普段から「バナナマン」の「グッズ」を着用するなど、「メンバー」の中でも一際「2人」への愛が深い「西野七瀬」でした。「パフォーマンス前」には、「西野七瀬」の家族から彼女に宛てた手紙が「サプライズ」で読まれましたが、大阪で取材を行なったのも「バナナマン」でした。年の瀬に多忙を極める「バナナマン」が時間を割いてまで大阪に向かったのは、「西野七瀬」を最高の笑顔で「乃木坂46」から送り出すためでした。「パフォーマンスラスト」に大きく手を振って現れた「バナナマン」を見つけ、満面の笑みを浮かべる「西野七瀬」でした。改めて、「乃木坂46」と「バナナマン」の強い絆を物語る「シーン」でした。




「西野七瀬」が去った「乃木坂46」は、「紅白」放送終了後、「CDTVスペシャル!年越しプレミアライブ 2018 ⇒ 2019」「TBS系」に出演しました。そこで披露された「帰り道は遠回りしたくなる」では、「西野七瀬」の後を継ぐ「メンバー」として、「秋元真夏」が「センター」を担当しました。「生駒里奈」が「センター」の「制服のマネキン」、「橋本奈々未」が「センター」の「サヨナラの意味」は「齋藤飛鳥」に、「深川麻衣」が「センター」の「ハルジオンが咲く頃」は「川後陽菜」「昨年12月に卒業」へと受け継がれていきましたが、これまで卒業直後に「新センター」で楽曲披露されることはありませんでした。「ハルジオンが咲く頃」や「サヨナラの意味」など、「卒業シングル」として「リリース」された楽曲は、卒業していった「メンバー」の色が強く、「ライブ」や音楽番組で披露しにくい印象があります。ですが、これからは「秋元真夏」が「センター」として立ち、「西野七瀬」の分まで「帰り道は遠回りしたくなる」の「メッセージ」を伝えていくことになります。そのほか、「気づいたら片想い」や「命は美しい」など、「西野七瀬」が「センター」を務めてきた楽曲の「センター」が誰に受け継がれるかにも注目です。

「グループ」は「1月27日」に「台北アリーナ」で開催される「単独コンサート」を経て、「2月」に「京セラドーム大阪」で「乃木坂46 7th YEAR BIRTHDAY LIVE」を行ないます。「西野七瀬」の「卒業コンサート」を兼ねつつ、「前3日間」では「4期生」を含めた新たな「乃木坂46」の形を見せてくれるはずです。

「メンバー」の卒業が繰り返されても「乃木坂46メンバー」の層の厚さが証明されて「2年連続」「レコ大」受賞に繋がっているのが納得できますよね。



向井葉月さん★キン肉マンメイク&堀未央奈さんから★大食いってモテない指摘

こんばんは。
今日は「向井葉月さん★キン肉マンメイク&堀未央奈さんから★大食いってモテない指摘」の事をお伝えしたいと思います。

6月22日」、「人気アイドルグループ乃木坂46」の「オフショット写真集」「乃木撮 VOL.01」「講談社」の「公式Twitter」上に、「3期生向井葉月さん」の「アイドル」として振り切った画像が「アップ」され、「ファン」の間で話題となりました。

6月26日」発売の同写真集は、週刊誌「FRIDAY」で連載中の「乃木撮」の「約1年6カ月分」の「カット」をまとめたものです。今回の「向井葉月さん」の画像は、発売日を目前に「先行カット」として公開されました。




ファン」を騒然とさせたのは、おでこに「」という文字を描き、目尻から「アイライン」を長く引いて先端をくるんと丸め、頬と鼻頭を赤く塗り、鼻と口から血が出ているような「メイク」を施した「ショット」でした。牛丼を手にしていることから、恐らく「キン肉マン」の「主人公キン肉スグル」を意識してものでしょう。「向井葉月さん」といえば、冠番組では見事な「バラエティー適応力」を発揮し、「グループ内」で屈指の「大食いキャラ」としても知られていますが、「ここまで振り切るのはすごい!」「キャラ立ってんなぁ」などと「ファン」を驚かせつつ笑いをとることに成功したようです。

向井葉月さん」の「大食いキャラ」は、「乃木坂46」と「セブンイレブン」が「コラボ」した「限定ショートムービー」「乃木恋カフェ セブンストーリーズ」で、「1期生堀未央奈さん」と共演した動画「食べぬ」でも発揮されていました。

堀末央奈さん」も「大食いキャラ」で知られているのですが、同動画は男性に振られたため食事を控えているという設定になっています。そのため、「5月17日」に配信された「エピソード1」では、「ダイエットしなきゃ」と言いつつ「スイーツ」をむしゃむしゃ食べる「向井葉月さん」に対して、「いいこと教えてあげようか大食いってねモテないよ」と「グサリ」でした。ですが、「向井葉月さん」が発した「人は裏切るけど食べ物は裏切りません」という名言「」に乗せられた結果、「堀末央奈さん」も「スイーツ」を口にするという「オチ」でした。




さらにその「2日後」に配信された「エピソード2」では、「2人」が常時、大量の食料を持ち歩いていることが明かされるなど、「キャラ」を活かしきった演出に、「続編が見たい!」「美味しそうに食べる姿がとにかくかわいい」と、双方の「ファン」から好評を得たようです。

乃木坂46」は、かつて「SKE48」と兼任で加入した「松井玲奈さん」が、「ケータリング」を食べ尽くす様子に驚嘆したこともあるほどの大食い揃いでした。その中でも特に、「松村沙友理さん」と「生田絵梨花さん」が屈指の「“フードファイター”」として知られるため、冠番組での頂上対決、「向井葉月さん」の下克上を期待する声が高まっています。

可愛い女の子がどんなに大食いをしようと「モテ」なくなることには結びつかないですよね。



白石麻衣さん★CM女王★乃木坂46最強の美貌

こんばんは。
今日は「白石麻衣さん★CM女王★乃木坂46最強の美貌」の事をお伝えしたいと思います。

7月4日」、「株式会社 エムデータ」が「2018年上半期TVCMタレントランキング」を発表しました。この中で「会社数ランキング女性」」は、「1位乃木坂46」の「白石麻衣さん」「25/15社」、「2位広瀬すずさん」「20/13社」、「3位有村架純さん」「25/12社」という結果になりました。また「4位」には

1社」に起用された「ローラさん」、「川栄李奈さん」、「渡辺直美さん」、「綾瀬はるかさん」、「乃木坂46」「 西野七瀬さん」が並びました。




白石麻衣さん」の大躍進が目立つ「2018年上半期」です。彼女と契約を交わしているのは、「LINE」「アイアコーポレーション」「アイペット損害保険」「カゴメ」「クルーズ」「ソニーミュージックマーケティング」「ディップ」「ニベア花王」「ブランジスタゲーム」「ブルボン」「マウスコンピューター」「資生堂」「明治」「セブンイレブン」「はるやま商事」の「15社」になります。業界を牽引する「リーディングカンパニー」から重宝されている他、多種多様の業種が揃っています。

ちなみに「2位」の「広瀬すずさん」は、昨年の「上半期TVCMタレントランキング」で首位を獲得した「“”」「CM女王」です。そんな彼女に差をつけることができたのは、「“乃木坂46”」という「グループ」に所属していることも大きいかもしれません。「白石麻衣さん」が仕事を受けた「15社」のうち「2社」は、「乃木坂46」としての出演になります。これがなければ「白石麻衣さん」の契約本数は「13社」で、「広瀬すずさん」と同率になります。

ラジオ番組」「レコメン!」「文化放送」が今年発表した「女性アイドル顔だけ総選挙2018」でも、「白石麻衣さん」は「1位」を獲得しています。「乃木坂46」や「欅坂46」などの「坂道グループ」は「AKB48選抜総選挙」に参加していないのが残念ですが、「白石麻衣さん」が出場したらかなりの票を集めそうです。




今回発表された「ランキング」でもう「1人」注目したいのが、「4位」に「ランクイン」した「ローラさん」です。彼女は所属事務所「LIBERA」からの独立騒動以降、「テレビ番組」などへの出演が減り干され気味になっています。「TOP5」常連だった「ビデオリサーチ」の「タレントイメージ調査」でも、昨年「8月」の「ランキング」では「20位」に順位を落としています。

ですが今年上半期は「11社」の「CM」に出演しているところを見ると、実際にはさほど「イメージ」を落としていないことがわかります。今年「4月」に「ローラさん」は事務所との「“和解”」を報告しました。「Twitter」と「Instagram」に「今回LIBERAとよく話し合い和解をしました今後海外ではWMEそしてIMGというエージェントと契約する事になりましたこれからも沢山の夢を追いかけて頑張ろうと思います今後ともよろしくお願いします」という「コメント」を投稿していました。

下半期はどのような「タレント」が「TVCM」に起用されるのか、今後の動向にも注目していきたいですね。

白石麻衣さん」の牙城を崩す次なる「CM女王」が「乃木坂46メンバー」から出ることも充分にあり得ますよね。