冷え性

冷え性やダイエット★女性の悩みをサポートするオススメの精油4つ

冷えやむくみ、生理痛など、女性の悩みは尽きませんよね。しかし、そんな悩みを、嗅ぐだけで軽減してくれるのが{精油}なのです。たくさんの種類がある精油は、その「効果・効能」も様々です。そこで今回は、女性に多い悩みを「4つピックアップ」して、それぞれに合う精油とその使い方をご紹介いたします★

★冷え性にきく精油:オレンジスイート、グレープフルーツ­

女性の悩みの中でも特に多い{冷え}には、柑橘系の精油が「オススメ」です。「カラダ」が冷える原因は、体内に流れる血液のめぐりが悪くなっているからです。そのため、血行を促す効果がある{オレンジスイート}や、{グレープフルーツ}の精油を選ぶようにしましょう。
­
オススメ」の使い方は、精油を「5滴」程加えたお湯で半身浴をする方法です。お湯と精油の効果で「カラダ」を温め、冷えを「カラダ」の芯から解消していきましょう。「オレンジスイート」や、「グレープフルーツ」を使ったとっておきの「アロマバス」で、「20分」程度浸かりましょう。香りお風呂場全体に「フワ~」っと広がって、心身共に「リラックス」することができます。

★脚のむくみに効く製油:ゼラニウム、ペパーミント




一日家事をこなしていると、女性の脚はすぐにむくんでしまいます。そんな「脚のむくみ」には、{ゼラニウム}や{ペパーミント}の精油が「オススメ」です。これらの精油には、利尿作用や「リンパ」うっ滞改善作用があります。「リンパ」や血中に溜まってしまった老廃物を排除して、むくみを改善する効果があるのです。
­
脚のむくみには、「フットマッサージ」が「オススメ」です。まずは、「オリーブオイル」や「スイートアーモンドオイル」などを「ベースオイル」として、「20ml」ほど用意します。そこに、「ゼラニウム、ペパーミント」の精油を「4~8滴」、加えます。それをよく混ぜ合わせた後は、ほんのりと暖かくなるまで手に馴染ませ、ふくらはぎなどのむくみが気になる部分をゆっくり「マッサージ」して下さい。下から上へ、包み込みながら押すように「マッサージ」していきましょう。

★ダイエットに効く製油:グレープフルーツ、レモン

ストレス」を感じると、ついつい食べ過ぎてしまうことがありますよね。気づいたらお腹周りに脂肪の浮き輪が出来ていたなんてことも。でも、大丈夫★「ダイエット」に効く精油もあるのです。それが{グレープフルーツ}と{レモン}の精油です。これらの精油は脂肪燃焼効果や、「カラダ」の代謝機能を高めてくれます。
­
使い方は、とても「カンタン」です。嗅ぐだけでいいのです★「グレープフルーツ」と「レモン」の香りは、自律神経を調節し、「リンパ」の流れを促進してくれます。そのため、少ない運動量でも脂肪が燃焼しやすい、痩せやすい「カラダ」になるのです。家事の合間や寝る前に、嗅いでみましょう。




★PMSに効く製油:ラベンダー、ユーカリ

生理中の「イライラ」や痛み、だるさなどの「PMS」の症状ってすごく辛いですよね。少しでも楽に生理を乗り越えるために、役に立つのが{ラベンダー}と{ユーカリ}の精油です。高い「リラックス効果」があり、鎮痛作用もあるため、すべての女性に持っておいて欲しい精油です。
­
PMS」には、これらの精油を「コットン」染み込ませて、枕元に置く方法が「オススメ」です。寝る前に嗅ぐことで、気分を落ち着かせることができるので、質のいい睡眠へと導いてくれます。深い睡眠を摂ることで、「ホルモンバランス」を整えることができるため、「PMS」を予防することができます。「PMS症状」がひどい方は、生理前から生理が終わるまで、この方法を行うようにしましょう。
­
女性特有の悩みを解決して、日々を快適に過ごすためには、毎日の自己管理が欠かせません。その中でも、精油は、特に「カンタン」にできる「セルフケア」です。みなさんも症状に合わせて精油を使いこなして、悩みから開放された素敵な日々を過ごしましょう★

精油」で「冷え性」や「ダイエット」の「効果・効能」があるのなら試してみる価値はありますよね。





人気ブログランキングへ

冷え性の改善に役立つ漢方の効果とは?

こんばんは。
今日は「冷え性の改善に役立つ漢方の効果とは?」の事をお伝えしたいと思います。
冷え性は多くの女性の悩みの種だと思います。現在は成人女性の約半数が冷え性の悩みをかかえているといわれています。

特に末端冷え性といって手足などの心臓から離れた部分が冷えてしびれてしまう人が多いです。冷え性は体温が低いというわけではありません。また男性よりも女性の方が冷え性に悩む人が圧倒的に多いです。

これは女性が男性に比べて熱を作り出す筋肉の量が少ないことや、「低血圧、貧血」の人が多いためです。血液の循環は体温を上げるために非常に重要といえます。また冷え性は自律神経とも大きく関わっています。自律神経が食生活や「ストレス、運動不足、過剰な冷暖房」の環境といった原因で乱れると体温の調節ができなくなり冷え性となってしまうことが考えられます。

漢方で冷え性が治る?




冷え性の改善で注目を浴びているのは漢方です。漢方にはもともと人間の体内に備わっている自然治癒力が高まり、体調を改善させる働きがあります。

そのため冷え性が治るというわけではなく、体質を改善させる「サポート」を行うことができるのです。そのため漢方を飲んですぐに冷え性が治るというわけではありません。大切なのは飲み続けるということです。

また他にも食生活の見直しや、新陳代謝をよくすために半身浴の実施、「ウォーキング」や「ジョギング」などの運動を合わせて行うことで、より冷え性を改善させることができます。また冬の方が多くあらわれると思われがちな冷え性ですが、夏でも冷房や冷たい飲み物などによって内部から冷える冷え性もあるため夏でも内部から温められるようにできるだけ常温や温かい飲み物をとるとよいでしょう。

冷え性に効果のあるのは高麗人参★




漢方には数えきれないほど多くの種類があり、冷え性改善に効果のある漢方も多数あります。その中で注目を浴びているのが高麗人参です。

高麗人参という言葉を聞いたことがある人も多いかもしれません。高麗人参は万能薬と呼ばれるほど多様な効果があります。高麗人参が冷え性に対して血の流れを促し、体を温め、新陳代謝を高める効果を持っています。

また最近では「高麗人参エキス」入りお茶や「サプリメント」などの健康補助食品など漢方以外でも高麗人参が配合されたものが手軽に薬局や「インターネット」で購入できるようになったことや、冷え性改善の他に「ダイエット」や美肌の効果を得られることから人気を得ています。他にも冷え性に効果のある漢方は多く存在しているため冷え性で悩む人は漢方薬局で相談してみるとよいでしょう。

高麗人参」は冷え性に効果があると実証されているようですね。





人気ブログランキングへ

桐谷美玲さんがオススメする冷え性対策

おはようございます。
今日は「桐谷美玲さんがオススメする冷え性対策」の事をお伝えしたいと思います。
女優の「桐谷美玲さん」が、「VoCE BEST COSMETICS AWARDS 2016」に登場です。「2016年{最も美しい顔}」に選ばれました。

そんな「桐谷美玲さん」は、実は冷え性だそうで、しかも、冷え性対策にもお詳しいとか。

★ くつ下を重ね履きする

手足の冷えは、冷え性の方には大敵です。

桐谷美玲さん」は、寒い冬場は、くつ下を重ね履きしているそうです。




さらに★保温効果のあるくつ下を履いて、足先の冷えを解消しましょう★

★白湯{さゆ}を常に飲む

白湯は、{普通のお湯}のことです。

温度は「50℃」前後のものを「1回100~150cc」飲むと効果的です。

温度を測る必要はありません。熱湯を「10分」ほど冷ませば「50℃」前後になります。これを「1日3回、朝・昼・寝る前」に飲みます。




朝★起きた時に飲めば、体を内側から温めてくれて、腸を刺激して便通を良くする効果もあるかもしれません。

昼★食事の時に飲めば、食べたものの消化吸収を助ける作用があります。

寝る前に飲めば「リラックス効果」になり、質の良い睡眠が得られると言われています。

実は、多くの「モデル」も飲んでいるという「白湯」です。美容効果も高いそうです。

あなたも「白湯」を飲んで、冷え性とさよならしちゃいましょう★

「白湯」にこんなにも良い効果があるとは驚きますよね。





人気ブログランキングへ

保湿してるのにカサカサ★実は深い「乾燥」と「冷え」の関係

おはようございます。
今日は「保湿してるのにカサカサ★実は深い「乾燥」と「冷え」の関係」の事をお伝えしたいと思います。
シワ」や肌のくすみなど、様々な「肌トラブル」を引き起こす「乾燥」です。老けて見える一因にもなってしまいます。

冬になると、乾燥と共に気になるのが「寒さ」ですよね。
特に、女性に多い「冷え性」である場合は、たくさん着込んでも、温かい室内にいても、手先がいつも冷たい、という方も多いのでは?
また、身体が冷えていると自覚がなくても、体内が冷えてしまっていることもあります。

そんな身体の「冷え」が、「乾燥」に大きく関係しているんです。
きちんと「ケア」しているのに、なかなか乾燥肌が改善しないという方は、身体の冷えが原因となっている可能性があります。

身体が冷えると血行が悪くなる為、肌に栄養が届きにくくなります。
また、皮膚の温度が低くなり、肌の水分量が低下するので、乾燥を招き、老化の原因になってしまうのです。
さらに、皮膚の細胞分裂の「スピード」が遅くなることで、肌の「ターンオーバー」も遅れます。
すると、肌の油分が作られにくくなり、肌の水分が蒸発しやすい状態となる為、乾燥が進むのだそうです。




血流が悪くなると、老廃物も溜まってしまうので、乾燥以外にも「肌トラブル」を引き起こす原因となります。
きちんと「冷え」を改善することで、「乾燥」に加え、様々な症状が改善されやすくなります★

★日々意識することが大事!簡単に出来る冷え対策

★冷たい飲み物は避ける
冷たい飲み物は、身体を中から冷やしてしまいます。身体への負担を減らす為にも、「ホット」か常温で飲むようにしましょう。
お酒も、飲むなら熱燗や「ホットワイン」などが「オススメ」です。
ビール」など冷たいものを飲む場合は、温かいものを飲んでから「ビール」を飲む・料理は温かいものを「セレクト」する、などひと工夫してみてください。

★香辛料を料理に取り入れる
コショウ・生姜・山椒・唐辛子・ナツメグ・サフラン」など、身体を温めてくれる香辛料がたくさんあります。
こういったものを、普段の食事に取り入れて、身体を温めましょう。

★食べ過ぎは「NG」
たくさん食べると身体が温まるような気がしますが、実は逆です。食べ物を消化する為に血液が胃に集まり、身体は冷えます。腹八分を心掛けてください。




★食事は旬の物を取り入れる
大根・ごぼう・じゃがいも・さつまいも」など、根菜類を始めとした旬の物を積極的に取り入れてください。
ナス・トマト・きゅうり」などの夏野菜は、身体を冷やしてしまいます。

★運動不足は「NG」
筋肉が増えると、自然と熱を作ってくれます。中でも、「ウォーキング」は冷えに効果的とされています。
運動をする時間が取れない、という方でも、階段を意識的に使う・一駅分あるいてみるなどして、なるべく身体を動かすようにしましょう。

身体の中から「冷え」を取り除き、「乾燥」知らずの肌を目指しましょう★

温かい食べ物や飲み物を腹八分目に抑えて日々意識することが大事なんですよね。





人気ブログランキングへ

秋に出やすい身体の不調★その原因“内臓の冷え”を改善する3つの方法

こんばんは。
今日は「秋に出やすい身体の不調★その原因“内臓の冷え”を改善する3つの方法」の事をお伝えしたいと思います。
暑さも少しずつ和らいで、秋は過ごしやすい季節。それなのに「なんだか身体がだるい」「すっきりしない」どうしてこのような不調を引き起こしてしまうのでしょうか?
その原因は、夏に摂取した冷たい飲み物や食べ物。これにより身体の内側、とくに内臓部分が冷え切ってしまっていることが考えられます。

★内蔵型冷え性とは?

内蔵型冷え性、という言葉を聞いたことがあるでしょうか?{隠れ冷え性}なんて呼ばれ方もしているほど、自分で気が付きにくいのが内蔵型冷え性の落とし穴です。まずは、こんな症状に当てはまらないか「チェック」してみましょう。

★ 手足の冷えは感じないが、お腹を触ると冷たい
★ 平熱が低い{35℃~36℃前半なことが多い}
★ 便秘や下痢になりやすい
★ 倦怠感がある{だるさ、疲れやすさなど}

もしも当てはまる症状があれば、内蔵型冷え性の可能性があります。

内臓が冷えてしまうとこんな「デメリット」が★

★「ダイエット」がうまくいかない

内臓の冷えは、「ダイエット」の「キー」となる基礎代謝の低下を招く原因です。いくら頑張って「筋トレ」をしたり「ランニング」をしたりしても一向に効果が表れず、「ストレス」が溜まって逆に食べすぎてしまうこともあります。




★「肌トラブル」が多くなる

内臓機能の低下は腸にまで影響を及ぼし、腸内環境が悪化します。「ニキビ」などの「肌荒れや、血行不良」による肌の「たるみ・むくみ」の原因となることもあります。肌の調子が悪いとなんだか朝から「ブルー」な気分になってしまいます。

★倦怠感が続く

内臓が冷えると血流の流れが悪くなります。そうすると、体内の老廃物を外へ出すことができず、不要な毒素がどんどんと溜まっていってしまうのです。これが倦怠感の原因です。
さらに体温が低いと免疫力が弱まり、「ウイルス」に感染しやすくなります。だんだんと寒くなってくる時期、体調管理には気を付けたいですよね。

★今すぐはじめられる「3つ」の改善方法★

夏の間浴び続けた冷房や、摂取した冷たいもの。たくさん負担をかけてしまった内臓を労り、温めてあげましょう。さっそく今日からできる改善方法をご紹介します。

★身体を温める物を食べよう




秋に旬をむかえる「イモ類」や根菜類は身体を温める効果があります。旬の物は栄養価も高く、お値段は「リーズナブル」です。積極的にとり入れていきましょう★ また、豆腐や鶏肉などで、筋肉の元となる「タンパク質」をとることも忘れずにしましょう。筋力不足は血流を悪くする原因です★
忙しくて食事にまで手がまわらない★そんな方は、「ウーロン茶・ジャスミン茶・カモミールティー・ココア」などの飲み物も◎です。生姜や「シナモン」を加えると効果が「アップ」します★

★「カイロ」を貼る

カイロ」を使って直接内臓を温める、手っとり早い方法です。貼る場所は、仙骨と呼ばれるお尻の割れ目の出っ張り部分にある骨です。仙骨を温めることは内臓冷えの改善だけでなく副交感神経の働きを高めてくれるので、「リラックス効果」もあります。
そのほか、「おヘソ」の下の丹田と言う「ツボ」を温めるのもいいとされています。

★湯船に浸かる

やはり、「シャワー」だけでは身体の内側まで温めることはできません。毎日は難しくても、週に何回かは湯船に浸かる習慣をつけてみてください。時間は「15分」もあれば十分です。「1日」頑張った自分に{お疲れさま}の言葉をかけながらゆっくりと過ごす時間を持ち、心身ともに「リラックス」することが大切です。

熱はないけど身体が重い、最近化粧の「ノリ」が悪い。原因がはっきりしない身体の不調は、心までも「ユウウツ」な気分にさせてしまいますよね。その「ウラ」に隠されていたのは、{内蔵冷え}かもしれません。
3つ」のうち、まずはできそうなことから始めてみてください。しっかりと身体の不調を改善して、秋からも元気に過ごしましょう★

内臓の冷え」を解消して冷え性を改善したいですよね。





人気ブログランキングへ

むくみ・冷え性を改善する★30秒逆転デトックスエクサ

こんばんは。
今日は「むくみ・冷え性を改善する★30秒逆転デトックスエクサ」の事をお伝えしたいと思います。
ヨガ」の「ポーズ」の中には、頭を下げて行う「逆立ち」や「三点倒立」などの「逆転ポーズ」があります。逆転の「ポーズ」は、身体を逆さまにすることで下半身に溜まりがちな血行を良くし、「むくみやたるみ、内臓下垂の改善」、凝り固まってしまった心の視野を広げたりと女性には良いことづくし★なのですが、「デスクワーク」の人や運動から遠ざかっている人は少し敬遠しがちな「ポーズ」です。

そこで今回は普段運動しない人でもできる、逆転の「ポーズ」を行うための準備運動をご紹介します。とても「シンプル」ですが、頭を下げて足を上げる逆転の動きと同様の効果が得られます。涼しくなってきて汗をかかなくなってきた方や冷え性さんにも「オススメ」ですよ。是非「チャレンジ」してみてくださいね★

★むくみ・冷え性を改善する★「30秒逆転デトックスエクサ」

「STEP1」

両手を床について、片足は膝を曲げて、もう一方の足は真っ直ぐに伸ばします。目線は手と手の間を見ます。




「STEP2」

手と手の間を見ながら、伸ばしている足を軽く蹴り上げます。意識できたら手首の真上に肩が来る位置で行うと◎です。
伸ばしている足が床に降りたらすぐに蹴り上げ、一定の「テンポ」で「リズミカル」に片足「10回」蹴り上げます。蹴り上げる足の位置と床に戻ってきた時の足の位置は同じ場所を意識して行いましょう。

「STEP3」

片足「10回」終わったら反対の足も「10回」行います。両足で「30秒」を目安に行いましょう。

「STEP4」

両足「10回」ずつ行ったら両手をついた状態で膝をつき、おでこを床につけて身体を休めます。




★「ワンポインアドバイス」

蹴り上げは勢いをつけすぎると反対側に転んでしまうので注意してください★ 「トーン、トーン」、と一定の「リズム」でおこなうのが「ポイント」ですよ。
子どものように身体を動かすことを楽しんでみてください。はじめは両足を床から少し離して身体が手に乗る感覚に慣れていきましょう。

できれば朝行うと、より気持ちが「リフレッシュ」するので「オススメ」ですよ。身体をしっかり目覚めさせて素敵な「1日」を「スタート」させましょう★

30秒逆転デトックスエクサ」むくみ・冷え性を改善したいですよね。





人気ブログランキングへ

冷えと美容の関係が気になるあなたへ★目覚めの時間におすすめのドリンク

こんばんは。
今日は「冷えと美容の関係が気になるあなたへ★目覚めの時間におすすめのドリンク」の事をお伝えしたいと思います。
1日」の始まりに体を目覚めさせ、しっかりと朝食を取れば、良い「スタート」を切れそうです。資生堂は、科学的にも分かっている「朝食が体温を上げる」ことに着目しました。目覚めの時間におすすめの「ドリンク」「モーニングブースター」{ノープリントプライス}を、「化粧品専門店専用ブランド」「ベネフィーク」から「10月21日」に発売します。




ベネフィーク」が「20~49歳」の女性約「1万人」を対象に「ネット調査」を行ったところ、「7割」の女性が「冷え性の自覚がある」と答え、「4人」に「1人」は「ほぼ毎日冷えからくる症状を感じている」と答えました。冷えと美容との関連性を意識している人が多く、「9割」を超える女性たちが「冷えると血流が悪くなる」、「冷えると代謝が悪くなる」、「冷えは美容によくない」と考えていることも分かりました。




そんな現代女性たちの「あたたかく美しい毎日」を応援するのが、「モーニングブースター」です。長命草{ボタンボウフウ}に、「りんご、レモン、マンゴー、パッションフルーツ」の果汁を「ブレンドし、スッキリ」とした味わいが楽しめる「飲むグリーンフルーツサラダ」です。朝食時に体温をしっかり上げて、美しい自分を目指しましょう。

モーニングブースター」を毎朝の習慣飲料にして冷え性を改善したいですよね。





人気ブログランキングへ

生姜と桜エビで“冷え”を予防★「生姜のポカポカ炊き込みご飯」

おはようございます。
今日は「生姜と桜エビで“冷え”を予防★「生姜のポカポカ炊き込みご飯」の事をお伝えしたいと思います。
秋が深まり、{冷え}が気になる「シーズン」になってきました。

からだを温める食材といえば、まず思い浮かぶのが「生姜」ではないでしょうか。

生姜には主に{ジンゲロール}と{ショウガオール}というふたつの温め成分が含まれています。「ショウガオール」のほうが温める力が強いのが特徴です。

ただ、生よりも加熱をしたほうが、より温め「パワー」の恩恵を受けられるんですよ。
目安は、「70℃以上」に加熱をすることです。

生の生姜には「ショウガオール」より「ジンゲロール」のほうが多く含まれています。しかし、加熱をすると「ジンゲロール」の大部分が「ショウガオール」に変化をするので、より温める力が増えるというわけです。




さて、今回はそんな生姜を使った炊き込みご飯をご紹介します。「ポイント」は「2つ」あります。

★乾燥の「桜エビ」を使うことによって、だしいらずで簡単にできます
★「桜エビ」には血行促進作用がある「ビタミンE」が豊富に含まれている
ということです。

生姜と「桜エビ」の組み合わせは、味の相性はさることながら、冷え性改善にも良い組み合わせだといえるでしょう。

ぜひ試してみてくださいね。

★生姜のポカポカ炊き込みご飯




★「レシピ制作」:管理栄養士 「長 有里子氏」

<材料>※「米2合分
米 2合
生姜 20g
桜エビ{乾燥}大さじ4{6g}
<調味料>
塩 小さじ1/2
醤油 小さじ2

<作り方>
★1.生姜は千切りにします。
★2.炊飯器に米と{調味料}を加えます。炊飯釜の「2合」の線まで水を入れ、{1}と「桜エビ」を入れて炊飯します。

★コツ・ポイント 
しめじや「マイタケ」などのきのこを「1/2パック」加えて炊けば、きのこごはんになります

私は冷え性です。秋になると途端に体が冷えるという自覚があり、同時に炊き込みご飯が食べたい「モード」にもなります。なので昔、なにか炊き込みご飯でからだを温める「レシピ」が作れないかな、と考えたのがこの「レシピ」です。

いろいろな食材の栄養成分を考え、この「レシピ」が完成したときには、「パズル」がはまったような爽快な達成感がありました{言い過ぎですが}。いまでは私の自慢の「冷え性改善メニュー」になりました。

生姜の「ポカポカ炊き込みご飯」で冷え性改善を目指しましょう。





人気ブログランキングへ

そろそろ始める冷え対策★手と足の指を開いて★手足ポカポカ体操★

おはようございます。
今日は「そろそろ始める冷え対策★手と足の指を開いて★手足ポカポカ体操★」の事をお伝えしたいと思います。
みなさんこんにちは。「トータルボディビューティーアドバイザー」の「KAORI」です。だんだんと手足が冷えてくる季節になってきましたよね。本格的に手足が冷たくなる前に対策をしませんか?

★手足の冷えはとってもつらい
寒い季節になると嫌だなと思うのが、手足の冷えだと思います。特に冷え性の女性のみなさんは、また嫌な季節になってくると思ってしまいますよね。手足の冷えは、手足だけじゃなく全身も冷えてしまいます。

そして、全身の巡りが悪くなり代謝が落ちてきます。そして「生理痛や腰痛、肩こり、免疫力」が下がり風邪をひきやすくなったり、疲れが取れにくくなったりと、冷えは全身の不調を引き起こしてしまうんです。

そして、手足の冷えはだんだん痛みに変わりますよね。末端の冷の痛みはとってもつらいものなんです。
★今から対策を★しっかり動かしましょう
手足の冷えは、手足を動かすことで改善されていきます。動かすと言ってもとっても簡単です。ではさっそくやってみましょう。

手足の冷え解消体操
足の指を思いっきり「パー」に開きましょう。とにかく思いっきりです。力の入っていない指はありませんか?力の入ってない指は、特に意識して開きましょう。




次に「グー」にします。「グー」も思いっきりです。そして力を抜きます。足指を「パー」にして、「グー」にして、力を抜くという動作を繰り返します。「5回」繰り返したら最後に思いっきり「パー」にして「10秒キープ」です。

手の指も同じようにやってみましょう。思いっきり「パー」に開いて、親指を中に入れて「グー」にします。「5回」繰り返したら最後に思いっきり「パー」に開いて「10秒キープ」です。




手足はたくさんの骨と筋肉がある
手足は複雑に動かせるようにたくさんの骨があります。その骨を繋いでいるかのようにたくさんの筋肉があります。「カラダ」を温めるには、やはり筋肉がたくさんあるところを動かすのが「1番」なんです。

数回で手足が「ポカポカ」になってくるので、冷え対策にとっても「オススメ」です。今から毎日続けて、今年の冬は冷えない「カラダ」を目指しましょう★

手足ポカポカ体操」で冷え性が改善されればいうことなしですよね。





人気ブログランキングへ

冷え症にも効果大★欧米風乾布摩擦「ドライスキンブラッシング」とは

おはようございます。
今日は「冷え症にも効果大★欧米風乾布摩擦「ドライスキンブラッシング」とは」の事をお伝えしたいと思います。
事前の準備としては、乾いたブラシを用意してください。「ブラシ」選びはかなり重要★「ナイロン」や合成繊維の「ブラシ」は肌を傷める可能性があるので、天然素材のものを選ぶようにしましょう。

特に刺激肌や乾燥肌でお悩みの方は、柔らかい毛のものを選ぶようにしてください。お値段は少し張りますが、肌を傷付けてしまってはこの美容法は台無しです。美容液や「保湿クリーム」を買う分のお金だと思って、少し贅沢な「ブラシ」を購入しましょう。

ここからは、「ドライスキンブラッシング」の順番をご紹介していきます。

基本的に動きは、心臓に向かって行います。まずは、下半身から心臓に向かって「ブラッシング」します。次に、手先から心臓です。さらに、「背中、お腹」を大腸の動きに沿って時計回りに「ブラッシング」していきます。そして最後に「胸、首」という順番です。

これだけ覚えてしまえばあとは簡単★ひたすら「2~5分ブラッシング」するのみです。




一つ」注意しておきたい「ポイント」としては、顔などの皮膚が敏感な部分や傷がある部分には絶対に「ブラッシング」しないことです。また、強く「ブラッシング」すればその分効果が得られるというわけではないので、「マッサージ」するように優しく「ブラッシング」しましょう。

個人差はありますが、約「1分間」の「ブラッシング」で「10分」ほどの有酸素運動と同じ効果が見込めるとのことです。継続的に行っていくことで、女性に嬉しい様々な「メリット」が得られます。

★「ドライスキンブラッシング」の効果

ドライスキンブラッシング」最大の魅力は、皮膚を刺激することによって得られる様々な効果です。「エステ」や「マッサージ」でもよく「リンパ」を刺激するなどと言いますが、それは「ドライスキンブラッシング」も同じです。皮膚に刺激を与えていくことで、血流促進効果や「代謝アップ」が期待できます。

女性にとって身体を温めることはとても大切です。「ドライスキンブラッシング」を始めて、平均体温が「1℃」近く上がったという女性も多くいるようです。これからますます寒さが厳しくなる季節です。冷え性の方には特に「オススメ」です。「フードバス」と合わせて試してみてください。




他にも、「血行が良くなることで肌が{スベスベ}になった」「古い角質がとれて肌がしっとりした」なんていう驚きの声も聞かれます。摩擦することでたるみを防止する効果もあるので、老化予防にも一役買ってくれそうです。

また循環機能を高めることは、むくみをとることにも繋がります。「ブラッシング」するだけで、「セルライト対策」になります。「ダイエット効果」も期待できるなんて嬉しいですよね。

入浴前はもちろんですが、就寝前に「ブラッシング」を行う女性も結構いるようです。程よい刺激で身体が温まり、安眠できるそうですよ★「ブラッシング」する回数は「1日1回」で十分なので、その日の気分や体調によって行う「タイミング」を変えてみてもいいかもしれませんね。

早速「理想的なブラシ」を手に入れて、今日からでもすぐに「ドライスキンブラッシング」生活を始めてみましょう★

ブラシ」を使った乾布摩擦は日本にでは聞いたことがない方法ですよね。

試してみる価値はありそうですよね。





人気ブログランキングへ