冷え性

冷え性の原因にも★冬こそやるべき「セルライト除去」マッサージ法

こんばんは。
今日は「冷え性の原因にも★ 冬こそやるべき「セルライト除去」マッサージ法」の事をお伝えしたいと思います。
ますます気温が下がるこれからの季節、冷え性に悩む女性は多いのではないでしょうか。たとえ暖房のきいた「オフィス」にいるとしても、太ももや足先などが冷えると感じることがありませんか?

じつはその冷え性の原因は、気温だけではなく「セルライト」かもしれません。

セルライト」とは皮下脂肪細胞に老廃物と水分が溜まって肥大した塊のことです。「セルライト」は皮下温度を下げ、多ければ多いほど体を冷やしてしまう、厄介なくせ者です。

さらに気温が低いと「セルライト」が溜まりやすく、どんどん肥大化するため、放置しておくと悪化するばかりです。

そこで今回は、美容ライター」の筆者が、冬にこそやるべき{溜まったセルライトを除去するマッサージ法}をご紹介します。

★足裏を指圧して「ツボ」や「リンパ」を刺激

セルライト」の元である老廃物は、「リンパ」に沿って除去することができます。

その「リンパ」の流れを促進するには、まず体を温めて血流をよくすることが必要です。「マッサージ」を行うのは、お風呂や「シャワー」を浴びて、体が温まった状態のときに行ってくださいね。




さらに、足裏を優しく指圧することで体が「ポカポカ」と温かくなるのを感じられます。それは「ツボ」や「リンパ」が刺激され、下半身の血流を促してくれるからです。

無数にある足裏の「ツボ」を熟知していなくても、気持ちいい程度に全体を押しながら、揉みほぐしてください。とくに土踏まずは入念に押しましょう。

★ふくらはぎから膝裏を「マッサージ」

足裏の次は、ふくらはぎを揉みます。

膝の裏には「リンパ節」があるので、そこに流し込むつもりで、下から上へと、ふくらはぎを「マッサージ」していきましょう。

ボディクリーム」や「オイル」などを使って滑りを良くして、ふくらはぎを揉んでから両手で包み、下から膝まで手を滑らせてください。

膝まで手がいったら、膝裏を数回押します。これを何度か繰り返すことでふくらはぎの「セルライト」が分解され、老廃物が出口へと流れやすくなります。

1回」行っただけでも、むくみも取れて細くなった、なんて嬉しい実感をする人もいるかもしれません。




★「セルライト」を潰す「イメージ」で★太ももを揉みほぐし

セルライト」が一番溜まってしまうのが、太ももです。ここは「セルライト」を潰すような「イメージ」で、手でつまみながら揉みほぐしましょう。力を入れても効果は変わりませんので、痛くする必要はありません。

「内側、外側、表、裏」と全体を揉んだら、拳を作ります。

第二関節」の「ボコボコ」したところを太ももにあて、下から上へ滑らせて、ふくらはぎ同様に「リンパ」を流していきましょう。後ろは「ヒップ、前は股」まで拳を滑らせたら、これを何度か繰り返して完了です。

以上、溜まった「セルライト」を除去する「マッサージ法」でしたが、いかがでしょうか?

セルライト」を放置しておくと冷え性が悪化するだけでなく、「マッサージ」だけでは除去できないほど固くなってしまいます。

その日の老廃物はその日のうちに流して溜め込まないように、そして既に溜まっている「セルライト」は少しずつ除去していけるように、今日から「マッサージ」を始めてみてくださいね。「アロマ」などをたきながら「マッサージ」すれば、「リラックスタイム」になるでしょう。

セルライト」の塊が冷え性の原因だったとは驚きですよね。





人気ブログランキングへ

改善したい女性の敵「冷え性」 おすすめの対策や食材を紹介

こんばんは。
今日は「改善したい女性の敵「冷え性」 おすすめの対策や食材を紹介」の事をお伝えしたいと思います。
女性にとって大きな悩みの「1つ」である冷え性です。指先が冷えてしまって、勉強や仕事にも集中できません。

どうにかしてこの冷え性が改善しないものでしょうか?

そこで今回は冷え性対策やおすすめの食材なんかを紹介していきます。

★要チェック項目

★冷え性の原因は自律神経や血流が原因
★生活に工夫を入れて冷え性を改善★
★おすすめの食材は「ショウガ」や牡蠣

★冷え性の原因は自律神経の乱れ★
冷え性の最も大きな原因は「自律神経の乱れ」でしょう。自律神経とは、意識外の行動をつかさどっている神経のことを言います。

例えば食べるという行為自体は意識的に行うことができますが、消化となるとそうはいきませんよね。そういった時に自律神経が働き、体に必要なことを行ってくれるのです。

そして自律神経には体温を調節する働きもあります。暑い時には汗をかいて体温を下げますが、これも自律神経の仕事です。当然寒くて体が冷えそうな時には、体温を上げて体を冷えさせないように働きかけてくれています。

しかし何らかの原因で自律神経が乱れてしまうと、この体温調節機能が働かなくなり、体が冷えてしまうのです。自律神経が乱れてしまう原因には「ストレス」や生活習慣の乱れなどです。

自律神経が乱れてしまうと、体の冷えだけでなく肌が荒れたりすることもあるので、やはり規則正しい生活を送りたいですね。

★自律神経以外の原因
また自律神経以外にも、様々な原因で冷え性になってしまうことがあります。具体的には以下の通りです。

★低血圧や貧血気味の体質

低血圧や貧血気味の人は冷え性になりやすいといわれています。血圧が低いということは、血液を送る力が弱いということですから。指先までしっかりと血液が流れないため、冷えを感じてしまいます。

貧血気味の場合は、もともとの血液量が少なく、全身を循環させる血液が足りないために冷えを感じてしまいます。

★筋肉の量が少ない

筋肉が少ないという方も同様に全身へ血液を送るための力が少ないことが多いです。特にふくらはぎの筋肉が足りていないという方は要注意です。

血液は心臓から出発して全身を流れて、再び心臓へと戻っていくというのは皆さんご存知でしょう。

当然下半身に送られた血液も最終的には心臓まで戻っていかなければならないのですが、下半身から上半身へ血液を流すのは重力に逆らう流れのため、より強い力が必要になります。

その時ふくらはぎの筋肉が弱ければ、ふくらはぎで血液が滞ってしまい、血流が悪くなってしまいます。そうすると代謝が悪くなって身体も冷えやすくなってしまうのです。

このようにふくらはぎは「第2」の心臓とも言われるくらいに重要な箇所であるため、ここの筋肉を鍛えることは冷え性の改善には非常に重要です。

★衣類が体を締め付ける

きつい衣類を着用すると、それだけで血流が妨げられてしまい体の隅々まで血液が行き渡らなくなってしまいます。ここもやはりふくらはぎですね。




特に女性の方は仕事で「ストッキング」を着用することも多いかと思いますので、ふくらはぎで血液が滞りがちです。

★冷え性を改善するためには
では冷え性を改善するためにはどうすればいいのでしょうか。いくつか対策はありますが、その中でも代表的なものを紹介しましょう。

★部屋を冷やしすぎない

体温調節機能が衰えてしまうと体が冷えやすくなるというのは先ほど説明した通りです。暑いからといって冷房を聞かせ過ぎると、体温調節機能が狂い始めてしまい、だんだんと体が冷えやすくなります。

自律神経が体温調節をできる目安は「5℃」以内です。そのため外の気温と部屋との温度差を「5℃」以内に抑えておきましょう。例えば外の気温が「32℃」なら、部屋の気温は「27℃」くらいが目安です。

★冷たい飲み物を取りすぎない

冷たい飲み物は内臓を冷やしてしまい、代謝が下がって体が冷えやすくなってしまいます。そのため、冷たい飲み物は控え、なるべく常温の水を飲むのが好ましいですね。

少量ずつ、ゆっくりと飲んでいきましょう。一気にたくさんの水を飲んでしまうと、むくみの原因となり、さらに冷え性が進行してしまうので注意してください。

★足の筋肉を鍛える

先ほども説明した通り、ふくらはぎ付近は血流にとって非常に重要です。そしてここを鍛えるのに最も効果的なのが「ウォーキング」です。

全身の筋肉を「バランス」よく使うことができますし、それほど体力的な負担もありません。毎日続けるのなら、「ウォーキング」がおすすめですね。

同様に「ジョギング」も効果的です。こちらの方が爽快感があり、「ストレス」の解消にはうってつけでしょう。自律神経の乱れは「ストレス」からきてしまうことが多いので、筋肉もつけられて「一石二鳥」です。

とはいえいきなり走り出してしまうとひざを痛めてしまうことがありますので、しっかりと準備運動を行っておきましょう。心配なら「ウォーキング」から徐々に鳴らしていくのがおすすめですね。

もし時間が取れないという方は、「スクワット」やつま先立ちなどでふくらはぎの筋肉を鍛えていくという方法もあります。これなら家でも簡単にできるのでお勧めですね。

ですが「スクワット」はしっかりとした姿勢で行わなければ、やはり膝に大きな負担をかけますので、あまり無理はしないようにしてください。

★冷え性にとって頼れる存在★「乾燥ショウガ」
冷え性には「ショウガ」がいいという話はよく耳にするかと思います。「ショウガ」には「ジンゲロール」という成分が含まれており、体の深部の熱を手足の先まで広げてくれるので、体全体を温めてくれます。

しかしそれは深部の熱が奪われているということでもあるので、実は体温が下がっているのです。

この「ジンゲロール」は生の状態の「ショウガ」に多く含まれています。そのため「スーパー」などで買ってきた「ショウガ」をそのまますりおろして使っても逆効果です。本当に冷え性に効果的なのは{乾燥させたショウガ}なのです。

ショウガ」を乾燥させると、先ほどの「ジンゲロール」という成分が「ショウガオール」という成分へと変化していきます。

この成分には血流を良くしてくれる効果があるので、体全体へと血液が行き渡り、手足の先まで温めてくれるというわけですね。冷え性の改善には断然こちらの方が効果が高いです。

ショウガ」を乾燥させるには、皮ごと「1~2ミリ」程度に「スライス」し、そのまま並べて天日干しをするだけです。

天日干しが難しい場合は、「3センチ」ほどに「スライス」した「ショウガ」を「600W」の「レンジ」で「7~8分」程度加熱するという方法もあるのですが、「1度」に少量しかできないこと、少し目を離すと「ショウガ」が燃えてしまうことに注意してください。

最初は「4分」ほど過熱して、一度冷ましてからまた「1分」ずつ加熱するという方法が「ベター」ですね{その際レンジのお皿に{ショウガ}}の水分がついているので、しっかりとふき取ってください}。

ショウガ」の水分が抜けて、「カラカラ」になったのが確認できれば完成です。あとは「ミキサー」なんかで粉末状にしておくと、非常に使いやすくなります。




朝の「スープ」に入れたり、「ショウガ湯」や「ショウガ紅茶」なんかにしても良いですね。食後「3時間」くらいは体を温めてくれるので、冬の朝には特におすすめです。

ただし、「1日」に多量にとりすぎないようにしましょう。多量に摂取してしまうと、胃腸の粘膜を刺激してしまいます。

★「ショウガ」以外のおすすめ食材
ショウガ」は胃腸の働きを活発にして体を温めてくれるのですが、それ以外にも血流を良くしたり、血液の量そのものを増やして冷え性を解消していくという方法もあります。

特に効果的なのは「鉄分・亜鉛・タウリン」を含む食材ですね。

そしてこれら「3つ」を含む食材といえば牡蠣です。「11月」から「3月」にかけて旬を迎えるので、特にこれからの冬の間は特におすすめの食材となります。

別名「海のミルク」と呼ばれるほど栄養価には優れており、「鉄・亜鉛・銅・タウリン」などが豊富です。

★血液を作り出す鉄・亜鉛・銅

先ほど紹介した通り、貧血は冷え性の大敵です。しかし牡蠣には造血に必要な「鉄分」と「亜鉛」、そして「」を豊富に含んでいるのです。たしかに血液中の「ヘモグロビン」の元になるのは鉄分です。

しかしそれが作り出される際、銅や亜鉛に含まれているたんぱく質が、鉄を変性させたりたんぱく質の合成を促したりすることで、「スムーズ」に「ヘモグロビン」が生成されていくのです。

実は鉄だけをとっても血液は増えないのですね。銅自体は様々な食材に含まれていますが、「鉄・亜鉛・銅をバランス」よくとるには、やはり牡蠣が優秀でしょう。特に亜鉛は他の食材を圧倒するほど、豊富に含まれています。

それ以外にも「ビタミンA・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB12」など、造血に必要な成分が豊富に含まれているのも魅力的ですね。

★心臓の機能を高める「タウリン」

そしてなんといっても「タウリン」です。「タウリン」は「栄養ドリンク」にも含まれているように、高い疲労回復効果があります。また肝機能を高めてくれる効果があるので、お酒をよく飲むという人には頼りになる存在です。

しかしここで注目してもらいたいのは心臓への影響です。「タウリン」は心臓の中にもたくさん存在しており、絶えず動かなければならない心臓にとって、大切な「パワー」の源となっています。

ところがこの「タウリン」が不足してしまうと、心機能が低下してしまい、体へ血液が回らなくなってしまうことに。

そうなると冷え性だけでなく、体に様々な影響が出てしまいます。このように血を作るだけでなく、心機能を正常に保つ「タウリン」が豊富に含まれている牡蠣は、冷え性だけでなく健康に過ごすために非常に優秀なのです。

とはいえ、毎日のように牡蠣を摂取するというのもあまり現実的ではないかもしれませんので、牡蠣のほかに「鉄や亜鉛・カリウム」を多く含む食材も紹介しておきましょう。

★鉄分を多く含む食材
豚・牛・鶏のレバー、アサリ」や「シジミ」などの貝類

★亜鉛を多く含む食材
豚レバー」や「牛肉{特に肩}、卵黄、煮干し」など

★「タウリン」を多く含む食材
タコ」や「イカ、サザエ、ホタテ、カツオ」などの魚介類

★たくさんあった冷え性改善法
このように冷え性を改善する方法はたくさんあります。

冷え性が改善すれば、きっと冬のつらさも乗り越えていけるはずです。

普段の生活からでも、食生活からでも、自分に合った方法を試していきましょう。

冷え性対策」の食材が分かれば改善の余地はありますよね。





人気ブログランキングへ

冷え対策を間違っていませんか?●●で簡単に解決★

こんばんは。
今日は「冷え対策を間違っていませんか?●●で簡単に解決★」の事をお伝えします。
寒がりなので、冷え対策は万全なのに足先が冷える、体が冷えてよく眠れないというとあなた、もしかしたらその冷え対策が体を冷やしているのかもしれませんよ。そこで「やってしまいがちな間違った冷え対策」を紹介します。

★間違った冷え性対策:「タイツ」の上に「ソックス」をはく

タイツ」に「ソックス」をはく、「タイツ」の下に「ストッキング」をはく、これで寒さ対策は万全と思っているかもしれませんが、実は最近の「タイツ」は保温効果がすぐれています。暖房の効いた部屋やちょっと歩くと体が温まり汗をかきやすくなります。一番冷える足も汗をかきますので、この汗により熱が奪われて足先が冷えやすくなってしまうのです。自分に合った厚さの「タイツ」をみつけましょう。

★間違った冷え性対策:寝るときに電気毛布など一晩中つけている

寒いこの時期、暖かい電気毛布や「電気シーツ」がついた布団に入るのは「天国、ホカホカ」と気持ちが良いですよね。でも私達が寝るときは体温を下げて代謝を落として熟睡します。ずっと温かいと体が熟睡できません。これが続くと自分で体温を調節しにくくなります。体の水分も奪ってしまうので脱水になってしまいます。寝る直線まで温めて寝るときには「スイッチ」を切りましょう。

★間違った冷え性対策:生姜をたくさん摂っている

生姜は冷えに効果があるといわれていますが、取り方を間違えると逆に冷えてしまいます。生の生姜は「解熱、発汗作用」がありますので体温を下げてしまうことがありますので、取りすぎは禁物です。冷え予防で飲むなら乾燥させた生姜がおすすめです。自分で「スライス」して干せば簡単に作れます。「1日」の適量は「スライス」して干した生姜「4~5枚」です。「スープや味噌汁、紅茶」など温かい飲み物にいれて飲みましょう。

★間違った冷え性対策:「ソックス」をはいたまま寝ている

寝るときに足が冷たいので靴下をはいて寝ている方は要注意、足先の血流が悪くなってしまいます。靴下はずり落ちないように足首がしまっています。これが足だけでなく寝ているときの体全体の血流だけでなく「リンパ」の流れも悪くなってしまいます。「ソックス」をはいて寝る前の足湯で暖めましょう。




★間違った冷え性対策:熱めのお風呂に一瞬だけ

体が冷たいからといって熱めのお湯に入りたくなりますが、冷えた体で熱いお湯に入ってすぐに湯船からでてしまったのでは、体の表面が温まっただけですぐに体が冷えて湯冷めしてしまいます。「40度」前後のお湯に「15分」くらい入りましょう。体を「リラックス」させて体の芯から温める入浴法が冷えの予防になります。

ただ、半身浴よりも体に負担をかけず、誰でも気軽にできる「足湯」についてご紹介します。

★おすすめの冷え性対策は足湯★

体は温かいのに、足先や足裏が冷たいという人に、足湯は特におすすめです。足は「第二」の心臓と呼ばれるほど体の各器官の末梢神経が集まる場所です。温めることで血液の循環がよくなり、冷えの改善が期待できます。

同時に体の末端を温めることは、全身を温めるのにも効果的です。そのため、続けているうちに「ジワジワ」と汗が出てきます。この体の奥からじわっと出てくる汗が、毛穴を開いて体の外へ老廃物を押し出してくれるのです。体が温まり全身の血行がよくなることで「代謝アップ」につながり、内側から輝くような美肌に近づけます。

★効果的に足湯を行うには?

必要なものは、足を入れる「バケツ、足を拭くためのタオル、適温のお湯」だけです。可能であれば、お湯の温度を測るための「温度計、さし湯用のお湯を入れたやかん、防水性のある敷物」などを用意しておくと便利です。お湯の量は、足首が隠れるくらいの量を準備しましょう。

お湯の温度は、「43度~45度」が理想的です。冷めないように「3分」くらいたったら差し湯をしましょう。足先が冷え切っていると「43度」のお湯でも熱いと感じますが、くるぶしのあたりにゆっくりお湯をかけたりして、徐々に慣らしてください。




時間は大体「7分」が目安です。体がぽかぽかと温まってきたら、足を「バケツ」から出して、左右の足の赤味を「チェック」します。

もし、左右の足の色が違っていたら、色が薄い方の脚だけもう一度お湯につけます。「3分」程度でかまいません。寒い今の時期に行う場合、風邪をひかないように、お湯に浸ける足以外の部分は、温かい格好をしましょう。しかし、汗をかきますので、肌着はすぐとりかえられるようにしておいてください。

疲れがたまっている夕方~夜の時間帯にやると最も効果を実感しやすいだけでなく、「1日」の疲れを「リセット」できます。食後すぐの足湯は消化の妨げになったり、気分が悪くなる可能性もあるので、「1時間」程度経ってからにしましょう。

たくさん汗をかくことで水分を失うので、積極的な水分の摂取を心がけて下さい。冷たい飲み物ではなくぬるま湯や白湯を飲みながら行うと、より「スムーズ」に発汗効果を促し美肌効果が高まります。

★「アロマオイル」を入れて、「リラックス効果アップ」★

お湯だけでも全身を温める効果のある足湯ですが、「アロマオイル」を「プラス」するだけで「効果アップ」が期待できます。やり方は、お湯にお気に入りの「アロマオイル」を「1~2滴」ほど垂らすだけです。

寝つきが悪い場合には、安眠効果のある「ラベンダー、むくみにはジュニパー」などその日の気分で変えてみても良いでしょう。「アロマ」を入れて足湯をすると、体が温まるだけでなく香りによる「リラックス効果」の相乗作用があり最適です。

全身を温めて血行を促すことで、発汗による老廃物の排出と「代謝アップ」が期待でき、冷え対策につながりますよ。

間違った「冷え性対策」をしても改善できなければ意味がないですよね。





人気ブログランキングへ

覚えておきたい★寒い冬は“4つの首”を温めて冷え性対策

こんばんは。
今日は「覚えておきたい★寒い冬は“4つの首”を温めて冷え性対策」の事をお伝えしたいと思います。
女優の高畑充希さんの美声の秘密は、夜寝るときに首を温めることと言っていましたが、声のためだけでなく、「カラダ」のあらゆる首を温めると、いろんないいことがあるんです★




とくに女性に実践してほしいのは、「4つ」の「」を温めることです。つまり「」「手首」「足首」「くびれ{お腹}」です。「首、手首、足首」は皮膚が薄いので、温めると動脈が温まり、体中に温まった血液がめぐって、体が「ポカポカ」としてくるのです。また、東洋医学でも、冷えを改善する「ツボ」が首や足首に多くあります。

また、これらの「」は冷やしてしまうと皮膚が薄いために、骨から外気温が体の芯まで伝わり、内臓を冷やしてしまうことに。「くびれ」の場合は腰骨のでっぱりを冷やさないようにしましょう。




そこで防寒するときは、首も手首も首も、指の骨やくるぶしなど、骨を意識すると効果的です。「マフラーや手袋、レッグウォーマー、腹巻き」などがありますが、首を回したり手を「グーパー」する、足首を伸ばしたりするなど、軽い運動をするだけでも血流がよくなり体が温かくなりますよ。

4つ」の「」を意識して温めるだけで冷え性対策になるならやってみる価値はありますよね。





人気ブログランキングへ

冷え改善や代謝アップに★朝の1分で出来る万能ヨガポーズ

こんばんは。
今日は「冷え改善や代謝アップに★朝の1分で出来る万能ヨガポーズ」の事をお伝えしたいと思います。
ヨガ」の代表的な「{アーサナ{ポーズ}」を使った「毎朝1分」で行えて全身を調整する太陽礼拝のご紹介です★
太陽礼拝は一定の「リズム」で呼吸に合わせて連続で「アーサナ」{ポーズ}を行います。覚えてしまえば「1分」もかからないので、毎朝忙しい時にも行うことが出来ます。毎日同じ動きを行うことで体調の変化にも気づきやすくなりますよ★ さっそく明日の朝から、ぜひ試してみてくださいね。

★太陽礼拝の効果

大きく全身を動かすことで脳を目覚めさせ、「ウォーミングアップ」や体温を上げる効果があり、女性の悩みに多い冷え性の改善や免疫力が向上します。
基礎代謝も上がり、太りづらい身体作りにも一役買ってくれ、「ウエスト・お尻・二の腕」を引き締め、「スタイルアップ」も期待出来ます。

連続して大きく全身を動かすことによって、関節の柔軟性を高めて稼働域を広げ、「体幹・全身」の「筋力強化、姿勢の矯正や、身体のゆがみ」による「頭痛、腰痛、肩こり」等の不調を緩和します。
また、「ソケイ部」を刺激することで「リンパ」の流れを良くし、老廃物を体外に排出しやすくする「デトックス効果」もあります。呼吸に合わせて行う事で、心肺機能が上がり自律神経を整えることで「ストレス解消」にもなります。

こんなにも嬉しい効果がいっぱいの「太陽礼拝」です。やらないなんて損ですよね。簡単な「STEP」なので、ぜひ覚えて毎日行ってみてください★

★太陽礼拝のやり方

STEP1

★足を腰幅に開いて立ちます。

STEP2

★息を吸いながら手を頭の上に上げ、両手を合わせて指先を見ます。

STEP3




★息を吐きながら前屈をして頭を下に下げる。

STEP4

★息を吸いながら、背筋を伸ばして斜め前の床を見ます。

STEP5

★息を吐きながら右足を大きく後ろに下げ、息を吸いながら背筋を伸ばし目線を上げます。

STEP6

★息を吐きながら両手を肩幅に広げて床に降ろし、左足も後ろに下げ{両足は腰幅に広げる}、息を吸ってかかとから頭頂までまっすぐに伸ばし、両手の間を見ます。
腕の筋力で身体を支えるのが難しい方は膝を床に降ろします。お腹が下がってしまう方は腰を痛める原因になるので、お尻を少し天井方向に引き上げて行います。

STEP7

★脇を締めた状態で、息を吐きながら「両膝、両胸、顎」を床に降ろして肩と耳は遠くに離します。

STEP8




★つま先を前方へ蹴りだしお腹を床につけ、息を吸いながら上半身を起こして正面を見ます。足の甲と太ももの前側で床をしっかり押しながら、背筋と吸う息で上半身を維持します。

STEP9

★息を吐きながらお尻を後方へ引き上げて両手で床を押して背中を伸ばし、おへそを見ます。かかとが床につくのが理想ですが慣れるまでは膝を曲げて行っても「OK」 です。

STEP10

★息を吸いながら右足を右手の内側に大きく踏み込み背筋を伸ばし目線を上げます。

STEP11

★息を吐きながら左足を前方へ戻し、そのまま前屈をします。

STEP12

息を吸いながら上体を起こして両手を頭上に上げ、吐く息で両手を胸の前に降ろして両手を解放し、「STEP1」の姿勢に戻ります。

はじめは「エネルギー」を消費しているように感じるかもしれませんが、朝日を浴びながら全身で深呼吸をして朝の清々しい空気を全身に取り入れるような「イメージ」で行ってみると◎です★

今回はどなたでも行えるように簡略したやり方でご紹介いたしました。また「ヨガ」の流派などによっても異なる太陽礼拝の行い方もありますので、慣れてきたら他のものも「チャレンジ」してみてくださいね★

万能の「ヨガポーズ」をマスターすれば冷え性改善になりますよね。





人気ブログランキングへ

息を吐くだけ★どこでも簡単にできる冷え取り呼吸法

こんばんは。
今日は「息を吐くだけ★どこでも簡単にできる冷え取り呼吸法」の事をお伝えしたいと思います。
外気が下がってくると手足が冷たくなり始めますよね。本格的に寒くなる前に、今から内側の冷え対策を始めてみませんか?今回は今「スグ」できる冷え対策をご紹介します。また、「ヨガ」の呼吸法でもお腹の冷えを対策するものがあります。

今回ご紹介する「カパラバーティプラーナヤマ」は力強く血中に酸素を送り出し、全身の血流を良くします。
肺や心臓などの循環機能を高め、鼻の通りを良くする効果もあります。初心者の方でも簡単に行えるので是非行ってみてくださいね★

★本格的に寒くなるその前に★今からできる冷え対策

冷え性で薄着という方は少ないとは思いますが、特に「襟元・手首・足首」などの「」を温めて外側から身体を冷やさないことや、内側から内臓を冷やさない食生活を続けることが大切です。
起床後の「白湯、野菜不足」を補う際は温野菜の根菜を「メイン」に選んだり、お砂糖たっぷりの飲み物はなるべく避けるようにしましょう。「スムージー」は「生姜や大根・カブ・人参・小松菜・白菜・りんご」など冬の食材を「プラス」して、出来れば「ホットスムージー」や「スープ」などに「シフト」するようにしてみると◎です。

★内側から温める★お腹の冷えを改善する呼吸法

「STEP1」

楽に足を組んで座骨を床につけ、腰が後傾しないように骨盤を立たせて背筋を伸ばして座ります。{床に座り慣れていない方は{イス}でも{OK}です}




まず、腹式呼吸の吸う息でお腹を膨らませ、吐く息でお腹が凹むかどうか「チェック」します。

※もし吸う息でお腹が凹み、吐く息でお腹が膨らんだ場合はこの呼吸法は行わず、腹式呼吸が安定してから行ってください。

STEP2

目を閉じて柔らかく口元を閉じて、鼻から一度ゆっくり深呼吸をします。

STEP3

鼻から息を吸って、力強くお腹を凹ませて、その勢いで「フッ」と軽く音を鳴らして鼻から息を吐き出します。
息は意識的に吸わなくとも、「フッ」と吐いた後に自然と吸う息が戻ってきます。

STEP4




フッフッフッフッ」と力強く素早く一定の「リズム」で「20回」を「15秒程度」かけて行います。「20カウント」目は、鼻からゆっくり「フーッ」と息を全て吐き切り、目を閉じた状態で自然呼吸に戻し、「呼吸の状態や心拍数、体温」など身体や内側の状態を感じます。

※おへそを身体の奥{背骨側}に引き込む「イメージ」で行うと◎です。

STEP5

自然な身体の状態に戻ったら、吐く息で頭を下げて瞼を開き、吸う息で顔を上げます。

お腹を奥へ凹ます感覚がわからなければ、両手をお腹に当てて動きを「チェック」して★感覚が掴めたら、両手は足の上に置いて行ってみてください。

呼吸法の練習は繊細ですが、とても「パワフル」に働きかけます。急に回数を増やしたり、無理は禁物です。気分が悪くなった場合は中止してください。自分に合わせた呼吸をして、身体の冷えを除いていきましょうね。

呼吸法を意識するだけで冷え性が改善されるんですね。





人気ブログランキングへ

冷え性さんも体の芯からポカポカ★ヨガ講師直伝「お手軽温活」3つ

こんばんは。
今日は「冷え性さんも体の芯からポカポカ★ヨガ講師直伝「お手軽温活」3つ」の事をお伝えしたいと思います。
11月」に入り、気温が「グン」と下がってきましたね。朝晩の冷え込みはもちろん、「日中も体が冷えて{ツライ}」という女性は多いのではないでしょうか。冷えは、免疫力や代謝を下げるため、「健康・美容」にも「マイナス」です。何とかして「ポカポカ」な体を維持したいところです。

そこで今回は、冷え知らずな「ヨガインストラクター」の筆者が取り入れている{お手軽な温活}を「3つ」ご紹介していきたいと思います。

★:体幹部分を鍛える
体を温めるには、体内で熱を作る{熱生産量}を高めてあげるといいでしょう。そのためには、筋肉を増やしてあげることが大切です。

体幹{胴体部分}や太ももといった大きな筋肉の「筋力アップ」には、「プランク」の「ポーズ」が「オススメ」です。

★「プランクのポーズ・プロセス」

★床にうつ伏せになる




★両肘から手を床につき、足は腰幅に開いたらつま先を立て、体を浮かせて「20~30秒間キープ」です。

★※ 体は、床と平行を保つのが「ポイント」です。背中が丸まったり、お腹が下がったりしないように意識しましょう

★ゆっくりと体を床におろす

加えて、筋肉の成長に欠かせない「タンパク質{肉・魚・卵・大豆食品など}」を摂るのも◎です。

★足首を「動かす・温める」

血液や水分は、重力で下半身に溜まりやすいです。その結果、「ふくらはぎ~足首、足裏、つま先」まで冷えてしまうので、簡単な動きを取り入れて、血液や水分の巡りをよくしてあげることが大切です。




床に長座し、足首を前後左右に倒したり、円を描いたりして動かしてみてください。「ツライ」むくみの改善にも役立ちますよ。

★お腹周りを温める

腹部には、重要な臓器や太い血管が集中しています。腹巻きを使って温めてあげると、「ポカポカ」した血液が全身に行きわたるようになるので「オススメ」ですよ。

口にするものも、冷たいものより温かいものを意識して摂り、内臓の冷えも防ぎましょう。

以上、筆者が毎日意識して取り入れている温活法をお伝えしました。これから、寒い冬がやってきます。今のうちから温活を始め、冷えにくい体づくりをしておきたいものです。

ヨガ」で体感部分を鍛えるのは温活効果があり冷え性改善にもなるんですね。





人気ブログランキングへ

末端冷え性に悩む女性の方必見 足元を温めるのは逆効果★

こんばんは。
今日は「末端冷え性に悩む女性の方必見 足元を温めるのは逆効果★」の事をお伝えしたいと思います。
程度の差こそあれど、末端冷え性に悩んでいる女性の方は非常に多いかと思います。 この冷え性の原因はいったい何なのでしょうか。 原因さえ若えれば対策も立てられるはずです。今回は末端冷え性の原因と対策を紹介していきます。

★要チェック項目

★末端冷え性は自律神経の乱れや血液の流れが悪いことから起きます★低血圧や筋肉がついていないのが原因です★「マッサージ」や「筋トレ、全身浴」などがおすすめの改善方法です★

★末端冷え性とは
末端冷え性は手足の指先{体の末端}が冷えてしまっている状態のことです。特に女性の方がこれに悩まされているという印象が強いかと思います。 冷え性にも様々な種類がありますが、私たちが普段「冷え性」として認識しているのは、この末端冷え性であることが多いですね。 冷え性は基本的に自律神経が乱れ、体温調節機能がうまく機能しないことで起こります。しかし末端冷え性の場合は、それだけでなく血流が悪いため、指先までしっかりと血液が流れていないことがほとんどです。 そのため末端冷え性対策としては、この血流を何とかしていくという方針になるでしょう。

★末端冷え性で血流が悪くなる原因
自律神経の乱れは生活習慣や「ストレス」などから起こりますが、血流が悪くなるというのはいったいどのような原因があるのでしょうか。末端冷え性に大きくかかっているものとしては以下の「2つ」などですね。

★低血圧




やはり低血圧の方は末端冷え性も併発しているという方は多いです。そもそも血圧というのは、血液が血管の壁を押し広げようとする力のことをいいます。 そのため、この力が低ければ、それだけ血液の力が弱弱しく、全身までしっかりと流れにくくなるというわけです。 血圧が低いと体が「だるくなる、疲れやすい」という特徴があるほか、「頭痛や肩こり、動悸、息切れ、めまい」などの症状が現れてきます。 どれも末端冷え性と同じく、血液の流れが悪いから引き起こされる症状ですね。ただ高血圧と違ってすぐさま命に係わるというものでもないため、あまり深刻にとらえている人も少ないようです 。

★筋肉が少ない

末端冷え性に女性が多いのは、筋肉量が少ないからとも言われています。血液は心臓から送られていくのですが、心臓の力だけで全身に血液を送り込むのはかなり大変です。 そこで筋肉が収縮したりすることで、「ポンプ」のような役割を果たし、血液が送り込まれていきます。 指先は心臓から離れている分、筋力が弱いと十分な血液を送り込むことができません。そうして指先が冷えていってしまうのです。実際に末端冷え性に悩んでいる方を見ても、痩せている方が多いかと思います。

★末端冷え性の簡単な改善方法
では血流を良くするにはどうすればいいのでしょうか。簡単にできる方法としては以下のものがあります。

★手を動かす

身体が冷えを感じるのは、就寝前や「デスクワーク中」など、体をじっとさせている時が多いかと思います。 そうするとやはり血液の流れも悪くなってしまいますので、「マメ」に手や足を意識的に動かす習慣をつけておくと良いでしょう。 簡単に指を「グーパーグーパー」とさせるだけで構いません。特に足の指先はかなり血液が滞りがちなので、これを行うだけでもだいぶ改善されます。




★筋肉をつける

先ほども説明しましたが、筋肉は血液を送り出す「ポンプ」のような役割をはたしています。そのため、腕や足に筋肉をつけるのは末端冷え性対策としては非常に効果的です。 とはいえ、あまりに「ハード」な「トレーニング」をして腕や足が太くなりすぎるのも女性としては考え物ですよね。 そこでおすすめなのが壁たて伏せとつま先立ちです。これなら家でも簡単にできますし、腰やひざなどを痛める心配が少ないというのも良い「ポイント」ですね。 ちょっとした負荷をかけるだけでも、普段から全く「トレーニング」をしていないという方にとってはかなりの効果があります。

★末端冷え性には半身浴ではなく全身浴
また時間を取って行う対策としては、入浴で体を温めるというのも効果的な方法になります。冷え性の場合は全身浴がおすすめです。「 42度」くらいの集めのお湯に、「10分間、肩まで」しっかりとつかります。そうすると体の芯まで温まるので、冷え性の改善になります。この時足を「ストレッチ」するとなお効果的ですね。 実は半身浴を行うのは、冷え性には逆効果です。 半身浴というと「40度」程度のぬるめのお湯に、ゆっくりと「リラックス」しながらつかる方法ですが、これだと長湯しすぎることで上半身が冷えてしまい、より冷え性を悪化させてしまうとまで言われているのです。 なので冷え性改善のためには、熱めのお湯の方が「ベター」となります。 ただし熱めのお湯につかるのは、体力の消耗が大きく、また心拍数も上がるのであまり無理をしてはいけません。「 10分」経たなくても、じんわりと汗をかいて来たら上がるようにしましょう。また湯上り後に髪の毛が濡れていると体温を奪われてしまうので、しっかりと乾かしてください。

★実は足元を温めるのは逆効果
ちなみに寒いからといって足元を温めるのも逆効果です。 靴下の重ね履きや「ストーブ」を使って足元を温めていた場合、心臓が「足元が十分に温まっているなら血液を送らなくていいや」と判断して、送られる血液量が減ってしまうのです。 そうすると、指先の毛細血管が減っていってしまい、余計に冷えやすくなってしまいます。 筋肉をつけると血流が良くなるというのは、単に筋肉の収縮が「ポンプ」のような役割をするというだけでなく、このように毛細血管自体を増やす効果もあるからなのですね。 とはいえ足先が冷たいと寝るに寝付けないという方もいらっしゃるかもしれませんね。そういった場合、お腹周りを温めるようにしましょう。湯たんぽなどを使うのがおすすめです。

★末端冷え性改善には地道な努力が必要
いかがだったでしょうか。 半身浴や足元を温めるのが逆効果なのは意外だったかもしれませんね。 やはり根本から改善するには、生活習慣を改善したり、筋肉をつけていくしかなさそうです。

冷え性」対策に足元を温めるのが逆効果だった事には驚きますよね。





人気ブログランキングへ

朝の白湯にひと手間★便秘&冷えが改善「スパイス白湯」がスゴイ

こんばんは。
今日は「朝の白湯にひと手間★便秘&冷えが改善「スパイス白湯」がスゴイ」の事をお伝えしたいと思います。
モデル」や女優さんなど、きれいな人が「朝起きたらまず白湯を飲んでいます」などと話していることが多くあります。

朝の白湯には、眠っている間にたまってしまった老廃物などを排出し、全身のめぐりをよくする効果があったり、体を温めたりする「メリット」がありますが、最近はその白湯に「スパイス」を加えたものがいいと評判なんです。

★白湯を飲む「メリット」をおさらい

白湯とは、一度沸かしたお湯を冷ましたもののことを言います。朝目覚めのあとに白湯を飲むと、体が温まって胃腸の働きを促進し、腸内の老廃物を流す便秘予防効果があったり、新陳代謝を高めたりといった「メリット」があります。

やかんなどで水を沸かし、ぶくぶくと沸騰している状態で「5~10分」ほどそのままにし、火を止め、「ポット」や「カップ」に入れて「50度」くらいの飲み易い温度まで冷ましてから飲みます。

★「スパイス白湯」の「メリット」は?




基本の白湯に「スパイス」を加えるのが、「スパイス白湯」です。加える「スパイス」は「コリアンダー、クミン、ジンジャー、七味唐辛子」などさまざまなものがありますが、それぞれの「スパイス」に即した健康効果が期待でき、白湯との相乗効果も生まれるというわけです。

それに白湯は味気ないですが、「スパイス」の香りで「リラックス」できたり、日によってさまざまな「スパイス」を変えて「バリエーション」豊かに楽しむこともできます。

★スパイス白湯のレシピ

★「ジンジャー」

生姜を粉末状にした「ジンジャーパウダー」が便利です。冷え性予防の食材といえば生姜の名前が必ず挙がるように、白湯に「ジンジャー」を「プラス」すると体の温め効果がさらに「アップ」するでしょう。

★「コリアンダー+クミン」




どちらも「カレー」に使われる香辛料で、「コリアンダー」は消化を促進させる働きと「デトックス」作用が、「クミン」は消化や利尿作用があります。「コリアンダー+クミン」に「ジンジャー」を加えても「OK」です。

★スパイス白湯の作り方

基本の白湯を作ったら、「カップ」にお好みの「スパイス」を「2~3振り」いれ、そこに白湯をゆっくり注ぎます。

スパイス」は胃腸に刺激を与えるため、「食べ過ぎや飲み過ぎ、風邪」などで体調を崩しているときは控えたほうがよいでしょう。

「ただの白湯に飽きてきた」「白湯だけじゃ効果が{イマイチ実感}できない」といったときは、ぜひ「スパイス白湯」を飲んでみてはいかがでしょうか?

スパイス白湯」の効果には即効性があるんですね。





人気ブログランキングへ

冷えに警戒せよ★薬膳のプロが指南「もっと効果的な生姜の摂り方」

こんばんは。
今日は「冷えに警戒せよ★薬膳のプロが指南「もっと効果的な生姜の摂り方」の事をお伝えしたいと思います。
急に気温が下がってきて、手足が冷えていませんか?冷え性の方にとって「ツライ季節」ですよね。

そんなときは、冷え性で悩む方を救う食材{生姜}を積極的に摂りましょう。じつは、生姜の力を最大限に引き出すには「コツ」があるのです。

今回は、薬膳の「専門家・国際中医師」の筆者が効果的に生姜を摂り入れる方法をご紹介します。

★冷えにいい生姜の種類は?

生姜はどんな種類でも冷えに効くと思ってはいないでしょうか?じつはそうとも限らないのです。漢方では、生姜を「生姜{しょうきょう}」や「乾姜{かんきょう}」と区別して呼んでいます。

生姜{しょうきょう}乾燥生姜 のことを指し「乾生姜」のことです。「ジンゲロール」という強い殺菌力のある成分があり、風邪のひき始めに「オススメ」ですが、体の内側から温めて、冷え性の改善につながるのは、乾姜{かんきょう}です。




乾姜{かんきょう}生姜を湯通しまたは 蒸して乾燥させたものです。「ショウガオール」という体を温める成分が含まれています。この成分は生姜を加熱することで「ジンゲロール」が変性してできます。今回はそんな乾姜と同様の効果が期待できる乾燥生姜の作り方をお伝えします。

★冷え性に効果的★乾燥生姜の作り方&保存法

今回は、「電子レンジ」を使った簡単な乾燥生姜の作り方を紹介します。

作り方

★生姜を「一つ」用意します。生姜の皮は剥かずに汚れを洗い流し、「2~3mm」の厚さに切っていきます。

★耐熱皿に切った生姜が重ならないように並べて、「ラップ」をせず「電子レンジ{600Wで8分程度}」で温めます。生姜が焦げないように注意してくださいね。生姜が乾燥してきたら完成です。




保存方法

乾燥生姜を「ミル」や「スリ鉢」で細かく砕き、密封容器に入れます。湿気のない乾燥した場所で保存しましょう。このように保存しておくと料理や飲み物に簡単に「プラス」できて使いやすいですよ。

★乾燥生姜の活用法2つ

★味噌汁や「スープ」に小さじ「一杯」くらいを加えると、体の中から温まり毒素を排出します。

★滅菌した瓶の中に乾燥生姜と「ハチミツ」を「1:1」の割合で混ぜておきます。合わせたものを「紅茶や白湯、豆乳、ココア」などにお好みで加えてください。寒い日の「ティータイム」は「ホッ」と一息しながら、冷え「ケア」もしていきましょう。

乾燥生姜は冷え性にも効果的で、「ストック」しておくと料理や飲み物に簡単に加えることができ、とても便利です。ぜひ、週末などに作ってみてくださいね。

生姜に含まれる万能な効能には驚かされますよね。





人気ブログランキングへ