冷え性

寒い朝何食べる?冷え症女子は特に避けたい「体を冷やすNG朝食」4つ

こんばんは。
今日は「寒い朝何食べる?冷え症女子は特に避けたい「体を冷やすNG朝食」4つ」の事をお伝えしたいと思います。
体が冷えると免疫力が低下しやすくなり、風邪をひいたり、「インフルエンザ」にかかったり、体にたくさんの「ダメージ」が出てきます。さらに万年体が冷えていると、代謝も落ちやすく、太りやすい体になってしまうことも。

美と健康のために、ぜひとも避けたい体の冷えですが、冷え性に悩んだ時、どんなことに気をつけていますか?

厚着をする、手袋をする、暖房をつける」色々ありますが、実は、{朝食}の内容次第で体が冷えてしまう原因を自ら作っている場合があるんです。

朝体を冷やしてしまったら、日中に向かって体温の上昇がうまくいかず、冷え体質になりやすくなってしまいます。

今回は管理栄養士の筆者が、体温が上がりにくく、体を冷やしやすい朝食についてご紹介いたします。

★NG1:朝食の定番{パン}

焼きたての「トースト」は「カリッ、サクッ」と美味しく、お手軽なので朝食に食べている人も多いのではないでしょうか。

しかし、「パン」の原料である小麦粉は、体を冷やしやすい食品でもあります。特に炭水化物でも精製されたものは体を冷やしやすく、砂糖がたくさん使われている菓子パンも体を冷やしてしまいます。

朝食が「パン派」の人は、「ライ麦パン」や「玄米パン」に変えたり、「パン」に「目玉焼やハム、ツナ」など体で熱を作る「タンパク源」となる食材を挟んだりのせたりするといいですよ。




★NG2:「ビタミン」たっぷり{生野菜サラダ}

朝食で、新鮮な「トマト」や「キュウリ、レタス」など生野菜をたっぷり摂っている人もいるはずです。日本人は野菜の摂取量が少なく、食物繊維や「ビタミン」が多い野菜をたっぷり摂るのは必要なことです。

ですが、いくら「ダイエット」しているからといっても、生野菜だけ食べての「ダイエット」は不効率です。また、水分が多い野菜は体を冷やしやすく、代謝が下がってしまうことも。

タンパク源」の入っている「豆腐サラダ」や「ミモザサラダ」、体を温める「温野菜サラダ」の方が冷え予防には「オススメ」です。

体を温める働きのある「ゴマ」を振りかけるのもいいですよ★

★NG3:美容のための{スムージー}
毎朝、新鮮な野菜や果物を「ミキサー」にかけて「スムージー」を飲んでいる高い美意識を持った女性が増えていますよね。

確かに「スムージー」は酵素も多く、代謝が気になる人には「オススメ」の「ドリンク」です。酵素を十分に活かすには生のものを「ミキサー」にかけて飲むことが多いと思います。

しかし、それで朝食を終えてしまっては、体で熱を作る栄養分がほとんどなく、せっかくの「スムージー」での「ダイエット効果」も十分に期待ができません。

冷え性が気になる人は「スムージー」だけでなく、手軽に食べられる「ゆで卵や、ソーセージ」なども一緒に摂るようにして、「スムージー」の良い効果を引き出せるようにしたいですね。




★NG4:忙しい朝に{コーヒー1杯}

忙しくても、何か口に入れなくては!」と、「コーヒー1杯」で朝食を済ませていませんか?「コーヒー」は体を冷やす働きがあるので、「コーヒー1杯」で朝食を済ますのは「オススメ」できません。

特に、「朝は頭を働かせるために」と砂糖をたっぷり入れてしまえば、「NG1」の「パン」の項目でお伝えしたように、「コーヒー」と砂糖、「ダブル」で冷え食品を摂ってしまうことになります。

さらに、空腹で飲む「コーヒー」は胃に刺激となりますので、「ヨーグルト」や「シリアル」のような手軽に食べられるものを口にしてから飲むようにしたいものです。

どうしても「コーヒー」しかお腹に入らないのであれば、「ホットミルク」を入れて飲むといいですよ★

いかがでしたか。今回は体を冷やしやすい、朝食には「オススメ」できない食品をご紹介いたしました。

朝に効率よく体温を上昇させれば、「1日」の体温変動が「スムーズ」になりやすくなります。体温変動が「スムーズ」だと、夜は質の良い睡眠を得ることもできます。

今回ご紹介した食品は、単品で食べると体の冷えにつながりやすいので、熱を発生させる「タンパク源」の豊富な食品との組み合わせを考えながら食べるように意識してみてください。

これから冬本番で、風邪や「インフルエンザ」が流行する時期です。体が冷えると感染症に罹りやすくなってしまうので、今から気をつけていきたいですね★

朝の朝食を食べるのは体にとって必要な事なんですよね。





人気ブログランキングへ

下半身を集中ケア★足冷えとむくみを改善する開脚ポーズ

こんばんは。
今日は「下半身を集中ケア★足冷えとむくみを改善する開脚ポーズ」の事をお伝えしたいと思います。
冷え性の方の多くは、入浴でも緩和されない足先の冷えに悩んでいると思います。冷えている場所は血流が悪くなっています。特に下半身は重力に逆らえないので老廃物などが溜まりがち。これは足全体の筋力不足や運動不足、股関節の柔軟性の低さも原因の「一つ」といえます。
そこで今回は冷えやむくみを改善する下半身の「リンパ節」が集まるひざ裏と鼠径{ソケイ}部に働きかける「ポーズ」をご紹介します。消化機能にも働きかけるので、便秘気味の方にも「オススメ」です★

★下半身を「集中ケア」★足冷えとむくみを改善する「開脚ポーズ」

★「STEP1」

長座の姿勢で座ります。左右の座骨をしっかりと床につけて骨盤を立たせ背筋を伸ばします。

★「STEP2」




足を左右に開きます。このとき足は「90℃」くらい開ければ「OK」です。無理に足を大きく開くと、骨盤が後傾して背中が丸まってしまうので背骨を伸ばすことを優先します。

★「STEP3」

両足のつま先を自分の方向に引き寄せ、かかとを蹴り出すようにしてひざ裏を床の方へ押し付けます。

★「STEP4」

両ひざが伸びた状態で身体が安定している人は、息を吸って背筋を伸ばし、吐く息で両手を身体の前に出し、少しずつ前方に伸ばして前傾します。
両手を遠くへ伸ばしていくとお尻が床から離れやすくなります。お尻はしっかりと床につけて行いましょう。




ひざが床から離れてしまう方は、ひざ裏が床にきちんとついた状態で背骨を伸ばすところから始めます。

★「STEP5」

慣れてきたら少しずつ背骨を伸ばした状態で前傾して、軽く足の付け根とお腹を床方向へ近づけるように前屈していくことで、消化機能に働きかけ便秘の改善にも役立ちます。

いかがでしたか?普段運動していない人には少し難しいポーズだと思いますが、身体に嬉しい効果がたくさん期待できるので、ぜひ毎日続けてほしいところ。できるところから少しずつ深めてみてくださいね★

開脚ポーズ」がこんなにも冷え性改善になるとは思いもよりませんよね。





人気ブログランキングへ

肌荒れ★ニキビ原因は「冷え性」かも★今すぐできる簡単改善策

こんばんは。
今日は「肌荒れ★ニキビ原因は「冷え性」かも★今すぐできる簡単改善策」の事をお伝えしたいと思います。
寒さが本格的になってくるこの時期、毎年「冷え症」に悩まされている女性は多いのではないでしょうか。実は「冷え症」は体に様々な悪影響を及ぼします。「肌荒れ、にきび、むくみに便秘」「冷え症」を放置しておけば「おブス」や「おデブ」の原因に★そんな事のないように、今すぐ改善策で「冷え症」を防ぎましょう。

★「冷え性」が引き起こす悪影響「肌荒れ」
冷え」が起こると代謝が悪くなるので、肌の「ターンオーバー」が低下してしまい、様々な「肌トラブル」を引き起こす恐れがあります。

ターンオーバー」が低下した肌には、古い角質が溜まります。

すると、くすんだりごわついたりするだけでなく、「メラニン色素」が沈着しやすくなって「シミ」ができやすい状態になります。

また、冷えによって縮んだ血管のせいで、渋滞する血液が毛細血管を広げようとし、赤ら顔になったり、「クマ」などの「肌トラブル」につながることになります。

★「冷え性」が引き起こす悪影響「にきび」
冷える」と代謝が落ちて、糖質や脂質などがきちんと燃焼されず、「燃えカス」が血液を汚してしまいます。

血液が汚れると血流が滞ってしまうので、体はどうにか老廃物を取り除こうとします。

その血液浄化作用のひとつとして、「ニキビ」やじんましんなどの発疹が起こると言われています。

★「冷え性」が引き起こす悪影響「むくみ」
冷え」の状態が続くと、血流が悪くなり、「リンパ」の流れも滞ってしまいます。

すると、皮膚の下に余分な水分が溜まった状態になり、顔や脚にむくみを引き起こす原因になります。

特に脚の冷えは、血流を悪くするだけでなく筋肉も硬く強張らせてしまい、むくみをより悪化させてしまいます。

この状態が続くと、脂肪燃焼力も衰えてしまい下半身太りの原因になる恐れがあります。




冷えが、肌荒れや「おデブ」の引き金になってしまうなんて恐ろしいですよね。

もし、「最近冷え性が悪化している」「朝起きたら顔や脚がパンパン」なんて思うことがあったら危険信号です。

早めの対策をしてこれらの危険を防ぎましょう。

★「冷え」の原因は「巡りの悪さ」
冷え性」の原因は、体内で発生する熱量が少ないことと、血の巡りが良くないことです。

筋肉が少なかったり、運動量が少ないと、代謝が低いため「エネルギー量」の発生が少なくなってしまう、つまり発生する熱量が少なくなってしまいます。

また、人の体は興奮をつくりだす交感神経と、それを「クールダウン」させる副交感神経と呼ばれる自律神経によって「コントロール」されています。

ストレス」を感じるとこの自律神経の「バランス」が乱れ、それを防ごうと「アドレナリン」を多く分泌しようとします。

すると末端の血管を収縮させようとし、全身の血流が悪くなって体が冷えてしまうことになります。

ですので、冷えを改善するには、適度な運動し、「ストレス」を貯めないようにして、血液の巡りをよくすることが大切なんです。

★血液の巡りを良くするには、体の中から温める★
ですが、寒い時期に外で運動するのちょっと辛いですし、「ストレス」の原因が生活のいたるところに潜む現代社会で、「ストレス」を貯めないこともなかなか大変ですよね。

体を温めることが血液の巡りを良くするには効果的ですけれど、寒い時期に体を常に温かい状態で「キープ」するのは大変です。

そこでおすすめなのが、体を中から温めて、血液の巡りを良くしてくれる「美めぐり習慣」です。




★「オーガニック生姜パワー」で体の中からぽかぽかに
美めぐり習慣」は、体を芯からぽかぽかにしてくれる「国産オーガニック生姜」、普通の鉄分よりも「約6倍」も吸収率が高い層物生の「ヘム鉄」を配合しています。

体の中からぽかぽかにしてくれることで、冷えや貧血解消を「サポート」してくれます。

オーガニック生姜」は、通常の生姜に比べて栄養価の高い生姜です。

ヘム鉄」からつくられた「ヘモグロビン」により、体中に酸素を行き渡らせる働きがあります。

体中の細胞に酸素がきちんと行き渡ることによって、体をじわーっと温めてくれる効果が期待できるようです。

さらに、鉄分と相性の良い「ビタミンC」を「レモン」の「約34倍」も含む「アセロラ」が含まれているので、鉄分の吸収をさらに高めてくれるだけでなく、お肌の「キレイ」も「サポート」してくれます。

1日1回5粒」飲むだけです。しかも粒がとっても小さく、「クセ」も少ないので飲みやすいです。

これなら、毎日続けやすいですよね。

★「なんか調子いいかも」「手元にないと不安!」と口コミで人気★
モニター」の「満足度97%」と好評で、「口コミ」で人気が広まっています。

「色々試した中でも、一番続けたい{サプリ}です★鉄分だけじゃなくて、女性に嬉しい葉酸や{ビタミン}が簡単に取れるから嬉しい★生姜のぽかぽか感も{イイ感じ}です」{みきちーさん

「飲み続けて一週間で、なんか調子いいかもと思いはじめ、今では手元にはいと不安★生理のときは多めに飲んでいます。立ち仕事なので{クラクラ}がないように備えて毎日飲んでいます」{うさりん

冷え性は女性にとって辛~い様々な悪影響を引き起こします。

おブス」や「おデブ」になる前に、「1日5粒」飲むだけの簡単ぽかぽか習慣で、冷え性を改善しましょう。

オーガニック生姜」の並はずれた「パワー」には驚きますよね。





人気ブログランキングへ

4種類の冷え対策★不調の原因から体を守って美を呼び込もう

こんばんは。
今日は「4種類の冷え対策★不調の原因から体を守って美を呼び込もう」の事をお伝えしたいと思います。
11月」に入り「グンッ」と気温も下がり、街中では「ダウン」や「ファーコート」を目にすることが増えました。しかし「11月」の寒さなんて序の口です★これからまだまだ寒くなるため、今のうちに寒さ対策をしておかなければなりません。
冷えは、自律神経を乱し、疲れやすさや肌荒れなどさまざまな不調をもたらします。冷えは大きく分けて「4種類」あり自分はどの「タイプ」の冷えなのかを知り、対策していきましょう。

★「4種類」の冷えの原因と対策★

「1 末端冷え性」

原因
血管は自律神経によって、寒い所では収縮し、温かい所では拡張します。通常なら毛細血管のすみずみまで血管が行きわたり、手足の先も冷えることはありませんが、室内外の温度差が激しいと自律神経の調節機能が乱れて血管の収縮拡張がうまくいかず、手足の冷えにつながっていきます。

対策
寒い日は「マフラーや手袋、レッグウォーマー」などで手足首の防寒対策をして、冷えないように厳重に心がけます。そして冷えたらすぐに温めることが大切です。「ホッカイロ」を常備したり、帰宅後すぐに足湯をするなどして冷えている時間を長引かせないようにしましょう。




「2 内臓の冷え」

原因
冷たい食べ物や飲み物のとりすぎによる内臓の冷えが原因です。また、運動不足による代謝の低下も内臓の冷えの一因です。内臓が冷えると体の不調や肌荒れを感じやすくなりますが、冷えているのは内側なので自覚症状がないのが厄介です。不調が続くようならもしかしたら内臓の冷えが原因かも?

対策
体の芯から温まるものを食べるようにしましょう。また、血行促進作用のある「しょうがやにんにく、ネギ」の摂取もおすすめです。飲み物も白湯など温かいもので体を満たしましょう。

「3 筋肉不足の冷え」

原因
筋肉の衰えは血行不良につながり、冷えの原因となります。筋肉は使うことで熱を発して全身を温める効果があるため、体を積極的に動かして筋肉をつくることが冷えない体作りの第一歩です。

対策
筋肉を増やすには、まず運動をする習慣を身に付けることが大切ですが、まずは日々の移動などで「」よりも「動く」を心がけるだけでもいい運動量になります。「第二の心臓」と言われる脚を動かすことも大切で、「階段の上り下りや自転車、ウォーキング」は下半身が鍛えられて脂肪が効率よく燃焼され、冷えに強い体作りができます。




「4 薄着による冷え」

原因
オシャレ」な現代女性に多く、「ファッション」を優先したり着ぶくれが嫌で薄着ばかりしていると、皮膚の表面から体温がどんどん奪われ、体の芯から冷え切ってしまいます。

対策
三つの首」と言われる「首・手首・足首」を温めれば効率よく全身を温めることができます。冬の厚手の「ファッション」を楽しむのが一番ですが、最近では「オシャレ女子用」にさまざまな「冷え対策グッズ」が用意されています。薄手の「ヒートテック」や「80デニール」以上の「厚手のタイツ、貼るホッカイロ」などを活用して冷えから遠ざかるようにしましょう。

冷えは美を目指す女性の大敵です。ちなみに私は、「4番」以外のすべての冷えが当てはまっていました。今年の冬はいつもに増して寒さ対策をして不調なしで過ごしていきたいですね。

4種類」の冷え対策があればこの冬を乗り越えていけそうな気がしますね。





人気ブログランキングへ

手足の冷えにはツボ押しが効果的★今すぐ試したいツボ押し方法

こんばんは。
今日は「手足の冷えにはツボ押しが効果的★今すぐ試したいツボ押し方法」の事をお伝えしたいと思います。
冷え性に悩んでいる日本人は非常に多いです。どれだけ暖かくしても手足の冷えが解消されずに体全体がなかなか暖まりません。

そんな悩ましい冷え性は「ツボ押し」で改善することができる場合があります。

今回は、冷え性に効果がある「ツボ押し」についてご紹介します。

★要チェック項目

★手足の冷えは自律神経の乱れが原因です
★生活習慣の乱れが自律神経の乱れを引き起こします
★入浴して体を温めて「ツボ」を押すと効果的です

★手足の冷えは病気?
冷え性は女性に多い印象がありますが、最近では男性でも冷え性に悩まされる人が増えてきています。

冷え性というのは、特定の部位を指すものではありませんが、特に手や足の末端が温まらずに常に冷え切っているような感覚になる症状が多いです。

ですが、冷え性というのは通称であり、特定の病気として明確な定義を確立されていません。

そのため、西洋医学的には病気という枠付けではなく、概念的なものとして考えられています。ただし、東洋医学的には、治療しなくてはならない病木として認識されています。

★冷え性になる原因
冷え性の原因というのは、次のようなものが考えられます。

★自律神経の乱れ

血液が綺麗に循環していれば、比較的手足の冷えを感じることはありません。

ですが、自律神経の乱れにより、血流の循環能力に影響を与えられ、手足の末端まで血液を運搬する能力が低下することにより手足が冷えてしまいます。

★生活習慣の乱れが自律神経の乱れに

自律神経が乱れてしまう要因としては、生活習慣が乱れることが大きな要因となります。例えば、「朝食を抜く、睡眠不足、運動不足、偏食」といったことが日々の「生活リズム」を乱していき、体内に不調を訴えるようになります。

特に、食事を抜いたり、偏食をすることによる「栄養バランス」の乱れによって、引き起こされる可能性が高く、「ダイエット」により食事制限をしている女性の中に冷え性で悩む人が多い要因にもなっています。




★手足の冷えに効果が高い「ツボ」
ツボ」は体内に流れる神経と神経が交わっているところに存在しています。神経が多く交わることで、神経の流れが悪くなってしまいます。

その「ツボ」を押して刺激することで、神経系を活発化させて血行を良くすることができます。

★三陰交

足の内側のくるぶしにある「ツボ」です。くるぶしの上に「4本指」を当てて、骨と筋肉の境目をゆっくり深く押しましょう。

体の中にある様々な液体の循環を良くする「ツボ」ですので、冷え性だけでなく、むくみや女性特有の悩みなどを解消することができます。

★合谷

手のひらにある「ツボ」です。親指と人差し指の延長線上で交わる場所の少し上の人差し指側にあります。人差し指の骨の内側に指を入れるように押し込んでください。手足の「冷えや肩こり、眼精疲労」の改善効果があります。

★八風

足の指と指の間の付け根にある「ツボ」です。各指の間を手でつまむようにもみましょう。足の冷えを改善する効果があります。

★「ツボ押し」の効果を高める「ポイント」
ツボ押し」を行うに当たっては次の「ポイント」を考慮しながら「ツボ押し」をするとさらなる高い効果が期待できます。

★お風呂上りに

特に手足の冷えに悩んでいる人にとっては、お風呂上りにすることをおすすめします。入浴で冷えた手足を温めて、血流の流れを浴する手助けをすることができます。

★じっくりと押す

ただ単に「ツボ」を押すだけではなく、しっかりと親指のお腹を使ってじっくりと押しましょう。力を入れながら、「5秒」くらいの時間をかけながら強めに押すと、しっかりと神経を刺激させることができます。

また、離すときも同じ時間をかけて離すようにしてください。




★回数をこなす

ツボ押し」は、目当ての「ツボ」を「1回」だけ押すのではなく、複数回押すようにしましょう。何回でも構いませんが、自分の気持ちいい範囲で押してください。また、左右の「ツボ」は同じ回数押すようにすると効果が高くなります。

★「ツボ押し」をするときに行ってはいけないこと
ツボ押し」はいつでもいいのではなく、自分の体調に合わせて行ってください。次のような体調の時に、「ツボ押し」を行うと症状が悪化する可能性があります。

★風邪をひいて熱があるとき

熱があるときに「ツボ」を押すと、熱が高くなり症状が悪くなることがあります。また、押すことによって体調が優れなくなったときは、押すのを控えてください。

★食後・飲酒後すぐ

食後や飲酒後の過剰な血流の時に「ツボ」を押すと具合が悪くなることがあるので控えてください。

★妊娠中

妊娠中は、ちょっとしたことで体の具合が悪くなることがあります。できるかぎり、「ツボ押し」はしないようにして下さい。

★「ツボ」を押して冷え性を改善しよう
ツボ」を押すことで、神経を刺激して血行を良くすると、手足の冷えを軽減させることができます。

手足が温められると、全身が温まるような気分になりますので、冷え性で悩んでいる方はぜひ試してみてください。

とはいえ、効果的な押し方や押すのを控えて方が良い体調というものがありますので、「タイミング」を見誤らないように注意してください。

冷えには「ツボ押し」が効果を発揮するとは何となく納得させられますよね。





人気ブログランキングへ

どうにかして~冬の冷え、むくみ、ムレ★

こんばんは。
今日は「どうにかして~冬の冷え、むくみ、ムレ★」の事をお伝えしたいと思います。
冬はどうしても「手足が冷える→厚着をする→暖房が効いた室内に入って汗をかく→厚着」なので「ムレる→厚着」をしているし、動かないので肩がこると身体の悩みは次々と連鎖反応を起こして悩みは増えるばかり。そんな悩みを少しでも解消して、快適に冬を乗り切りましょう。

★冷え性改善

冬になると、手足が先端まで冷えてしまって、身体中が「ブルブルゾクゾク」するという方もいると思います。温かい部屋の中にいても、足先だけはいつまでたっても温まらず冷たいまま。そんなつらい冷えの原因は「運動不足、ストレス、生活習慣」の乱れなどが考えられます。

どうしても足先が冷たいというときは、靴下の重ね履きをしたり、寝るときはあんかを使うなど対策をしましょう。また、冷たい飲み物は避け、できるだけ温かいものを飲むようにしましょう。朝食をしっかり食べるようにするなど生活習慣を見直すことも必要です。少しずつ、無理なく生活習慣を整えていきましょう。




★むくみ改善

夕方になると足がむくんでだるくなる、重い感じがするという経験がある方は多いのではないでしょうか。そんな日は、自宅で丁寧に「マッサージ」をして、そのむくみを翌日まで引きずらないことが大切です。

むくみの原因は「血行不良、リンパの流れが悪い、運動不足」などが考えられます。立ち仕事や「デスクワーク」など、常に同じ姿勢でいると足はむくみやすくなります。同じ姿勢でいるときには、定期的に足の「マッサージ」をしたり、ちょっとした「ストレッチ」をして、筋肉のこりをほぐすようにしましょう。

★ムレ改善




夏だけではなく、冬も意外と「ムレ」が気になる季節です。外が寒いとどうしても厚着になりますが、室内は暖房が「ガンガン」効いているので、どうしても中に入れば暑いですよね。当然、汗をかいてしまうことになります。また、「ブーツ」をはいていれば、靴の中も「ムレムレ状態」になります。冬こそ制汗剤で汗を抑えることが大切です。

暑いと思ったら、脱げるように夏以上に脱ぎ着をしやすい服装でいることも◎です。

★汗のにおい

汗をかくのは夏だけではなく冬も汗をかいています。その上、冬は夏よりも蒸れてしまい、どうしても臭いやすくなります。汗をかいても厚着をしていれば汗が蒸発せずにこもってしまい、臭いもきつくなってしまうのです。「汗対策アイテム」は夏以外、使わない人がほとんどでしょうが、冬もしっかり対策しましょう。

冬は寒いからと家にこもらずに、適度な運動や「マッサージ」を行って、疲れを次の日に持ち越さないように心がけましょう。また、年末年始の暴飲暴食に気をつけ、湯船に浸かって血流を良くすることです。こうして健康を「キープ」しましょう。

マッサージ」は体調管理にはかかせない予防法の「一つ」ですよね。





人気ブログランキングへ

朝食抜きは冷え性の原因に★忙しい朝は脂質でエネルギーチャージ

こんばんは。
今日は「朝食抜きは冷え性の原因に★忙しい朝は脂質でエネルギーチャージ」の事をお伝えしたいと思います。
朝晩の冷え込みは骨まで寒く感じるほどです。冷え性の人はとくに「凍える」ところまで感じる人もいるのではないでしょうか。
体が冷えるのはとどこおりがあるからだけでなく、「エネルギー不足」が原因でもあります。太るからと小食になってしまうと代謝も悪くなり、冷え性に拍車をかけてしまいます。
そんな悪循環で体が冷えている人は、朝からしっかりと「エネルギー」を「チャージ」するだけで冷えを改善させていくことができます。

★女性はとく朝食が大事!?

朝食は「食べたほうがよい」「食べないほうがよい」どちらにも俗説があるため、なにを信じてよいかわかりませんよね。
食べないほうが調子のいい人はそれでも「OK」ですが、女性のほとんどはもしかしたら朝食をとらないと冷えにつながる可能性があるので、自分の体の声をきくことからはじめましょう。
また、食べる内容によっても体調は左右されます。体にあう食べもの、そして心身を温かくしてくれる食べものを選ぶことが大切です。

★「エネルギー」を与えてくれる朝食




体に「エネルギー」が注ぎ込まれると、芯が温まり「ポカポカ」してきます。そのため、朝から食事をすると「1日」の体温を「アップ」させてくれるため、夜も冷えを感じにくくなります。
なかでも体の「エネルギー」となる炭水化物は手軽でよいのですが、「菓子パン」や「フルーツ」は逆に体を冷やすことになるので、なにを食べるのかを選ばないといけません。お米や「イモ類」などは体を温めやすいのでおすすめです。

★冷えを解消してくれる朝食

炭水化物は「エネルギー源」となりますが、より体の冷えを改善させたい人は「タンパク質」が必要になります。卵や「ソーセージ」といった「タンパク質」や「ビタミン」が多い食材はより体を温めてくれるので、足元の冷えも気にならなくなるはずです。
筋肉や骨の栄養にもなるので、朝から「タンパク質」を食べれば、体を温める機能自体を活発にさせていきます。

★忙しい人は脂質でOK★




3大栄養素」と言われる「炭水化物」「たんぱく質」「脂質」はそれぞれ回路が異なり、炭水化物を食べればその代謝回路が働き、たんぱく質を食べればその代謝回路が働きます。
しかし、脂質にはちがいがみられると言われています。脂質は炭水化物とたんぱく質両方の代謝回路も同時に動かし、「3つ」とも効率よく働きだします。もちろん脂質は「カロリー」が高いため、大量に摂取すると太ります。
しかし少量でもしっかりと「エネルギー補給」ができる、うれしい食材でもあります。忙しい人も、朝に少量の脂質を摂取すれば体の代謝機能が良好に働き出し、冷えの原因を取りのぞけます。

★「オススメ」の「クイック」朝食

あまり時間がない朝に、「ごはんとお味噌汁、卵や魚」を用意するのは至難の業です。そこで、手軽に「エネルギー」を補給するために、朝食に少量の脂質をとって体を温めてあげましょう。
おすすめは「ココナッツオイルコーヒー」です。「コーヒー」に「ティースプーン1杯」の「ココナッツオイル」をいれるだけです。もうひとつは「ホットミルク」です。牛乳を「マグカップ」に注ぎ「レンチン」するだけです。
おなかが空かない朝、または忙しい朝に「オススメ」です。なにも食べない朝より少量の脂質をとるだけで体を温め、冷えを改善してくれますよ。

昔から朝食を食べるのが大事とは聞いてたのは本当の事だったんですね。





人気ブログランキングへ

辛い手足の冷えなんとかしたい★自宅できる簡単な解消法でポカポカに

こんばんは。
今日は「辛い手足の冷えなんとかしたい★自宅できる簡単な解消法でポカポカに」の事をお伝えしたいと思います。
夏場なのに靴下が欠かせないくらい、手足が冷えている。眠るために「ベッド」に入ったはいいが、手足が冷えてなかなか寝付けない。

このような症状に悩まされている人もいるのではないでしょうか?

それらのような手足の冷えは、自宅でできる簡単な解消法を実践することで、症状が改善される可能性があります。

そこで、簡単に出来る手足の冷え解消法について、ご紹介していきます。

★要チェック項目です

★手足の冷えは血流が悪いことが主な原因です
★単なる冷え性ではなく、病気が潜んでいる可能性もあります
★食事や運動を見直したり、「ツボ」押しを取り入れたりすることで手足の冷えが解消する可能性があります

★手足の冷えの原因とは?
手足の冷えを引き起こしている原因とは、一体何なのでしょうか?

★血液の循環が悪い

手足の冷えの原因の多くは、血流が悪いことです。その血流の悪さの原因のひとつが、血圧が低いことがあげられます。

痩せ型の若い女性に多く見られるもので、朝なかなか起きられなかったり、顔色が良くなかったりといった特徴があります。

また、「悪玉コレステロール」のとりすぎも、血流の悪化を招きます。「悪玉コレステロール」をとりすぎると、血液が「ドロドロ」になり、血流が悪くなってしまいます。

すると、手足の先端まで血液が行き届きにくくなり、冷えを引き起こしてしまうのです。

★筋肉が少ない

血液は、体内を常に循環しています。この循環を活発にするためには、体の筋肉が欠かせません。

心臓と手足の先端との間を血液が行き来するためには、心臓だけでなく体の筋肉を使って「ポンプ」のような役割をなさなければなりません。

筋肉の少ない人は、その役割をうまく果たすことができないため、冷えを引き起こしてしまうのです。

★自律神経が乱れている

自律神経は、血液の循環に大きく関わっています。「ストレス」や疲労が積み重なると、自律神経が乱れてしまい、そのせいで血液が「ドロドロ」になってしまう可能性があります。

★病気が隠れている場合も
ただの冷え性だと思っていたら、実は病気が隠れていたという「ケース」も考えられます。症状や特徴で当てはまるものがあったら、一度医師に相談してみましょう。




★バージャー病

手足の動脈が閉塞してしまうことで、血流が滞って冷たくなってしまう病気です。症状としては、「手足の冷たさ・痺れ・蒼白感・歩行時の痛み」などがあり、酷い場合には手足が壊死してしまうこともあります。

この病気は「40歳」までの喫煙する男性に多い傾向にあるため、治療の際にはまずは禁煙をする必要があります。

★レイノー病

レイノー病」は、「バージャー病」と良く似た症状の病気で、動脈が収縮することで手足の「冷えや痺れ・手足」の先端の蒼白感などが起こります。治療は対処療法が基本ですが、重症の場合には交感神経切除術が行われいます。

この病気は、「40歳」までの女性に多い傾向にあり、治療の際には「バージャー病」と同じく禁煙が不可欠となります。

★胸郭出口症候群

なんらかの原因で血管や神経が圧迫されていることが原因で、手足の「冷えや痺れ・運動麻痺・脱力感」などが現れます。

治療法は鎮痛剤の投与や整形外科による「ストレッチ・猫背の矯正」などが一般的ですが、酷い場合には手術が行われることもあります。

首が長い人やなで肩の人に多い病気であるといわれています。

★手足の冷えを解消出来る「4つ」の体操
手足の冷えを解消するためには、運動や「ストレッチ」によって血流を促すことが効果的です。そこで、場所を選ばず気軽にできる体操や「マッサージ」などをご紹介します。

★:グーパー体操

手足の指を開いたり閉じたりする体操です。手足が冷たいなと感じたら、外出先でも気軽にできるのでおすすめです。

★:グルグル体操

足の先が冷たいと感じたときにおすすめの体操が、「グルグル体操」です。足の指をもって、「グルグル」と回すことで、血流が促されることが期待できます。

★:ブラブラ体操

手足の力を抜いて、「ブラブラ」と揺らす運動です。足を「ブラブラ」させるときは、高い椅子などに座って行うと良いでしょう。また、長座の姿勢になって足を左右に「ユラユラ」揺らすのも効果的です。

★:指先のマッサージ

手足が冷えて眠れないというときにおすすめなのが、指先の「マッサージ」です。それぞれの指の先端を、反対の手ではさんで「マッサージ」する方法です。

それぞれ「10秒」ずつ刺激するだけで「ポカポカ」と暖かかくなるのが実感できるはずです。




★手足の冷えを改善できる食事を心がけよう
手足の冷えは、生活習慣を見直すことが最も重要です。中でも、食事を見直すことは、冷えやすい体質を根本から解消することに繋がるため、手足の冷えに悩んでいる場合には、体を温める食生活を心がけると良いでしょう。

★暖かい飲み物を飲む

飲み物を選ぶときは、冷たいものではなく、暖かい飲み物を選ぶようにしましょう。水ではなくお白湯を、「アイスコーヒー」ではなく「ホットコーヒー」を選ぶことで、体を温めやすくなります。

★根菜を多くとる

根菜は、体を温める作用があるため、積極的にとるようにしましょう。「にんじん・ごぼう・れんこん」などを煮物にしたり、「スープ」にしたりして毎日とるようにすると、手足の冷えが改善されるかもしれません。

★「ショウガ」を積極的にとる

ショウガ」には、血管を広げて血流を促す作用があるため、手足の冷えに悩んでいる人にはおすすめです。体を温める即効性があるため、体が冷えて仕方がないときなどには、「ショウガ」の「スープ」などを飲むと良いでしょう。

★「ツボ」押しで手足の冷えに効果あり
手足の冷えは、手や足にある「ツボ」を刺激することで、和らぐことがあります。

★合谷{ごうこく}

手の親指と人差し指の間にある「ツボ」です。反対側の親指で「10秒程度」指圧をしましょう。手足の「冷えと、肩こり」に効果があります。

★太谿{たいけい}

アキレス腱」と内くるぶしの間にある「ツボ」です。痛みを感じる程度の強さで「5秒」おします。この「ツボ」は、冷えだけでなくおなかや腰周りの冷えや足のむくみにも効果的です。

★血海{けっかい}

膝の少し上の内側にある「ツボ」です。大腿骨に向かって「30秒」ほどおしましょう。椅子に座った状態で行うと力が入れやすくおすすめです。

血流がよくなるだけでなく、血の巡りがよくなることで血色が良くなるなどの効果もあります。

★不快な手足の冷えを解消しよう
手足の冷えは、単なる冷え性という言葉では片付けられないほど、不快な症状です。

しかし、食生活や運動などを見直すことで、改善する可能性もあります。

辛い冷え性から解放されたいと思ったら、まずは自分の出来る範囲での解消法を試してみましょう。

体操や「マッサージ」、食べ物で改善できるならやってみる価値はありますよね。





人気ブログランキングへ

肌荒れやくすみの改善に★医師にきいた「冷え性」の治し方

こんばんは。
今日は「肌荒れやくすみの改善に★医師にきいた「冷え性」の治し方」の事をお伝えしたいと思います。
東京でも雪が降るなど、ここ最近寒い日が続きますよね。これから本格的な冬を迎えますが、冷え性の人にとっては憂鬱な季節なのではないでしょうか。冷えは体がつらいだけではなく、美容の大敵にもなります。そこで今回は、皮膚科医の「蘇原しのぶ先生」に冷え性の原因と対策について、くわしく教えてもらいました。

★冷え性チェック!

自覚症状がない人も、隠れ冷え性の可能性が★すぐにできる「チェックシート」を用意したので、ぜひ「チェック」してみてください。

★他の人に比べて{寒がり}だと思う
★腰や手足など、体の一部に冷えがあってつらい
★冬になると冷えるので、「電気毛布や電気敷布、カイロ」をいつも使用している
★体全体が冷えてつらいことがある
★足が冷えるので、夏でも厚い靴下を履くようにしている
★冷房のきいているところは体が冷えてつらい
★他の人に比べて厚着をするほうだと思う
★他の人より手足が冷たいほうだと思う

ひとつでも当てはまった人は、冷え性の可能性があります。次に紹介する冷え性の原因や改善方法について、くわしく見ていきましょう。

★冷え性の原因




冷え性の原因は、①血液の循環が悪い②自立神経の乱れ③ホルモンバランスの乱れの「3つ」です。これらは主に、不規則な生活習慣が関係します。たとえば、「エネルギー」をつくる「タンパク質」や炭水化物を食べずに、極端に野菜ばかり摂取したり、血管の循環を悪くさせる「タバコ」を吸ったりです。ほかにも、運動不足の人や筋肉量の少ない人や無理な「ダイエット」をしている人が冷え性になりやすいです。

★冷え性による影響

冷え性は、美肌の大敵。肌が荒れたり、くすみが目立つようになります。また、便秘の原因にも。ほかにも、体を守ろうとするので、どうしても毛が濃くなることがあります。

★冷え予防&改善方法

★NG習慣★

トマトやきゅうり、レタス」などの夏野菜は体を冷やすので、なるべく控えましょう。意外と知られていないですが、水分の大量摂取は血液循環の妨げになるので、水の飲みすぎにも注意が必要です。冷たい飲み物も体に悪いので、常温を飲むように心がけてください。

ヒートテックは汗を熱に変えるので、温かくはなるのですが、汗が熱に変わってしまうので、皮膚が乾燥する危険性があります。また、寒いのに素足はもってのほかです。




★GOOD習慣★

野菜を食べるとき、生ではなく、なるべく火を通してから食べましょう。旬の野菜は体を温める作用があるので、冬の時期は、「大根やねぎ、白菜」などをつかったお鍋が「ピッタリ」です。ほかにも、「すじこやいくら、たらこ」などの魚卵は、「ビタミンE」を豊富に含むので、体を温めてくれます。朝ごはんは「エネルギー」をつくる大事な要素なので、忙しい朝でもしっかり食べることが大事です。

ほかにも、手首や足首を「グルグル」と回すとすぐに体が温まるので、末端が冷えていると感じたときに試してみてください。夜は、お風呂にゆっくり浸かりましょう。お湯の温度が熱すぎると、表面は温まりますが、意外と体の芯まで温まっていない「ケース」もあります。なので、「38度から40度」のお湯に「20分」ほど浸かりましょう。目安としては、自然と汗が出るくらいです。これからの季節に「ピッタリ」のゆず風呂も体を温めるので「オススメ」です。

★おすすめアイテム★

靴下や手袋、レッグウォーマー」など、体を温める「アイテム」は「マスト」です。眠るときに湯たんぽを使用するのも、体が温まるので「オススメ」です。下着は、汗を吸収しやすい綿の素材を積極的に取り入れてください。

★まとめ

いかがでしたか?やはり、規則正しい生活習慣が大切になってくるようです。自力ではどうにもならない人は、放っておかずに病院に行くのもひとつの選択肢です。まずは、適度な運動や「バランス」のいい食事を取り入れて、寒い冬にも負けない体質をつくりましょう★

食べ物や生活習慣でこんなにも体質改善ができるのならやらなきゃ損をしますよね。





人気ブログランキングへ

冷えやむくみに★“ふくらはぎマッサージ”で不調を簡単解消

こんばんは。
今日は「冷えやむくみに★“ふくらはぎマッサージ”で不調を簡単解消」の事をお伝えしたいと思います。
みなさんこんにちは。「トータルボディビューティーアドバイザー」の「KAORI」です。冷え性の女性にはとっても辛い季節になってきました。冷えがあると血流が悪くなって痩せにくくもなってしまいます。

★冷えは万病の元!
冷えは万病の元と言われているくらい、「カラダ」に良くないこと。代謝が落ち、痩せにくくなったり免疫力が下がってしまい、顔色も悪くなり、「キレイ」とは遠ざかってしまいます。

そして、生理痛や生理不順、「イライラ」しやすくなったり疲労が取れず、疲れを引きずって集中できなくなり、元気に日常生活を送れなくなってしまいます。




★冷えの改善はふくらはぎに注目
ふくらはぎは「第二」の心臓と呼ばれているのはご存知でしょうか?重力で下がった血液や「リンパ」の流れを、心臓に押し上げる「ポンプ」の役目になっているのが、ふくらはぎなんです。

この、ふくらはぎの筋肉が固まったり衰えていたりすると、「ポンプ」の働きが悪くなり、血液や「リンパ」の流れが悪くなってしまいます。また、「リンパ」は老廃物を運ぶ役割があります。老廃物が滞ってしまうとむくみや「コリ」の原因になってしまうんですよ。

★ふくらはぎをマッサージしましょう
全身をめぐる血液と、「リンパ」の流れを良くする為にふくらはぎを「マッサージ」しましょう。




★ふくらはぎ全体を「1分間」もみます。
★もんでいて硬かったところに親指を立てて、ゆっくり親指を押し込み「20秒」です。
★数ヶ所親指を押し込んだら、もう一度全体をもみます。
★足首から膝の裏に向かって優しく撫でましょう。

コリ」がほぐれ、流れが良くなって「ポカポカ」してきますよ。また、つま先立ちをしてかかとを上げ下げするだけの「エクササイズ」で、ふくらはぎが鍛えられ、更に「ポンプ」が良く働くようになります。

あせらず毎日の習慣で冷えを改善していきましょう。

ふくらはぎ「マッサージ」で血流がよくなり冷えが改善されればいうことなしですよね。





人気ブログランキングへ