冷え性

下半身の血流アップ★手足の冷えを撃退する3分ポーズ

こんばんは。
今日は「下半身の血流アップ★手足の冷えを撃退する3分ポーズ」の事をお伝えしたいと思います。
女性に多い{冷え}の悩みです。寒さが日々深まるこの時期、冷え性に悩んでいる女性は多いのではないでしょうか?

冷え性とは体の中に通っている血液の流れが停滞することによって起きる体の不調です。そして、体温が低いと免疫系の「トラブル」も起きやすくなると言われているので、より一層注意が必要です。

そこで今回は「ヨガインストラクター」の筆者が、体を自力で温め{冷えの解消}に効果的な「ヨガポーズ」をご紹介します。

バッタのポーズ}は、足を持ち上げることによって血流が下半身から心臓へ流れやすくなるので、血行促進の効果が期待できます。

また内臓を動きやすくしてくれる効果もあるので、体の中の働きが促進されて、冷え性予防に効果的ですよ。




★「バッタのポーズ」

★うつ伏せになり、両手を後ろに伸ばし体側{体の両横}におきます。両足は腰幅に広げ、額を床につけます。

★息を吸いながら、尾骨を内側に向け恥骨で床を押し、上半身を持ち上げます。

★余裕のある方は、両足も持ち上げていき、「3~5呼吸」ほど「キープ」します。

★さらに余裕のある方は両手を背中の後ろに持っていき手を組みます。さらに、「3呼吸」ほど「キープ」します。

★息を吐きながら両足を下ろしていきます。

★ゆっくりと「5~10呼吸」ほどし、内観します。




いかがでしたか?手を後ろで組むことにより、肩甲骨も刺激できるので、「背中~腰~足」と全体的な血行の改善が期待できます。

人は重力の影響を受けているため、特に下半身は血液が滞りやすいものです。血行が悪くなると当然冷えてきます。

女性は冷え性に悩みやすいものですが、「ヨガ」を続けるうちに体調が整い冷えから解放されることが期待できます。

寝たままどこでもできる簡単な「ポーズ」なので、是非継続して下さいね。

バッタのポーズ」で冷えの解消ができるなら嬉しい事ですよね。





人気ブログランキングへ

この冬体験してみたい★デトックスにも冷え性にも効くハマム浴

こんばんは。
今日は「この冬体験してみたい★デトックスにも冷え性にも効くハマム浴」の事をお伝えしたいと思います。
ハマム浴というものをご存じでしょうか。「ハマム」とは、「トルコ・モロッコ」などの中東に見られる、蒸し風呂のようなものです。その「ハマム」が、近年女性たちから注目を集めています。「ハマム浴」の人気の理由についてご紹介します。

★「ハマム浴」とは?

ハマム」というものをご存じでしょうか。「ハマム」とは、「トルコ・モロッコ」などの中東に見られる石造りの公衆浴場です。「ハマム」の歴史は古く、その起源は「ローマ帝国時代」まで遡れる伝統的な文化です。

ハマム内」で行われる「ハマム浴」は、浴槽に浸かる一般的な日本の入浴とは違い、浴槽の湯気が充満した浴室で汗をかき、その後は台の上に横たわり、あかすりをや「マッサージ」を受けるという蒸し風呂の形式を取っています。
公衆浴場というだけあって、「ハマム浴中」や脱衣所で一緒になった人と会話を楽しむなど、「ハマム」に通う人々の社交場としての役割も果たしています。

そんな中東の伝統的文化である「ハマム浴」ですが、近年女性たちの間で注目が高まっており、日本でも「ハマム浴」ができる「エステサロン」などが登場しています。
ハマム浴」が女性たちから注目を集める理由とは一体なんなのでしょうか?




★「ハマム浴」はどんな効果があるの?

ハマム浴」が女性たちから注目を集めている理由です。それは、「デトックス&リラックス」効果が高いからです★

蒸し風呂で体を温める「ハマム浴」は、じんわりと体を温めて汗をかくことで、老廃物を出し、代謝を促進します。もちろん、この季節特に辛い冷え性の改善や、「ダイエットの補助としても効果的です。

汗をかくことで肌や髪が保湿されるので、肌や髪もうるうる、「ツヤツヤ」になります。また、「ハマム浴」の蒸気には「ハーブ」も「ブレンド」されており、「ハーブ」の効能で美肌効果も期待できます。
リラックス効果」も非常に優れています。

サウナ」で横になるのは「マナー違反」ですが、「ハマム浴」は台に横たわった状態で「マッサージ」を受けながら行います。「ハーブ」が「ブレンド」された蒸気も、よい香りで「リラックス効果」を得られます。




さらに、日本で一般的な「乾式サウナ」では、息が苦しいという人もいますが、「ハマム浴」は蒸気で体を温める、つまり「スチームサウナ」なので、息苦しさもありません。なので、「サウナ」が苦手な人も「ハマム浴」なら息苦しくなく、たっぷり汗をかくことができます。

★「ハマム浴」を体験してみたい★

ハマム浴」は現在も、「モロッコ、イスタンブール」などで受け継がれており、実際の浴場もあります。しかし、ここ数年では、日本で「ハマム浴」を行える「サロン」も増えており、現地まで行かずとも、国内でも「ハマム浴」を楽しむことができるようになっています。
主に「エステ」や「リラクゼーションスパ」などで行われており、現代風に「アレンジ」された「ハマム浴」を体験することができます。

モロッコ・トルコ」の伝統的な「入浴文化、ハマム浴」です。体がじんわりと温まり、「デトックス効果、リラックス効果、そして美肌・美髪効果」も期待できます★冷えが厳しいこの季節、体験してみてはいかがでしょうか?

ハマム浴」?日本には今までなかった入浴法ですね。





人気ブログランキングへ

疲れ目、肩こり、冷え性は「はさみ蒸し」で解消★

こんにちは。
今日は「疲れ目、肩こり、冷え性は「はさみ蒸し」で解消★」の事をお伝えしたいと思います。
パソコン仕事」や「スマホ」で目が疲れたり、疲れ目や冷え性から肩こりが悪化してしまったり‥‥寒い季節はそんな悩みも一段とつらくなってくるものです。

そんなとき、ためしてほしいのが「タオル2枚」を使った「はさみ蒸し」です。

使うのは、「フェイスタオル2枚」です。これを濡らして絞り、おしぼりのように「クルリ」と丸めて、「ラップ」に包んで「電子レンジ」で「約1分」温めます。取り出すときは、湯気で火傷をしないように気を付けてください。それを、こんなふうに使います。




★疲れ目から来る「首・肩こり」に

バスタオル」を折りたたんで枕にして、仰向けに寝ます。そして、首の後ろに「1枚目」の「蒸しタオル」を折りたたんであてます。さらに、もう「1枚」を目を閉じたまぶたの上に乗せます。このままゆっくり、「タオル」が冷えていくまで「リラックス」しましょう。

★冷え症に

バスタオル」を広げた上に仰向けになり、「1枚目」を広げて背中に、「2枚目」を広げてお腹にあて、内臓をはさみ蒸しであたためます。「タオル」が冷えてきたら終了です。




★足の「むくみ、冷え性」に

足を伸ばして座り「1枚目」で足首をくるりと包み、「2枚目」を足の付け根から太ももにかけてあてます。この状態で、ゆっくり足首を回します。片足ずつ行っても、「足首・太もも」に分けて行っても「OK」です。もちろん「タオル」を「4枚」使っても「OK」です。上半身から下半身への血流がよくなり、むくみや冷え性の改善を助けます。

温かい「タオル」をあてることで血流が促されますが、「ピンポイント」で「2カ所」を同時に温めることで、その効果はさらに大きくなります。眠る前の「リラックスタイム」に、ぜひ取り入れてみてください。

ピンポイント」で同時に「2カ所」温めるのにはかなりの効果があるますよね。





人気ブログランキングへ

むくみや冷え性予防に★ミカンを食べて冬のトラブルを回避しよう

こんばんは。
今日は「むくみや冷え性予防に★ミカンを食べて冬のトラブルを回避しよう」の事をお伝えしたいと思います。
冬の果物といえば代表的なのが「ミカン」ですよね。身体の余分な水分を排出し、むくみを予防する働きのある「カリウム」や、毛細血管を広げて血流をよくし、温度を末梢血管まで運ぶ作用があるので冷え性改善にも効果が期待されている「ヘスペリジン」の他、気管支を拡張させ喉の風邪に効果があるといわれる「シネフリン」など冬に必要な有用成分がたっぷり含まれています。

まな板と包丁がなくても手軽に食べられるのが最大の「メリット」ともいえる「ミカン」は、面倒くさがりだけど健康や美容が気になるという人にぴったりの「フルーツ」です★「1人」暮らしで外食が多いという人は常備するといいですよ。




★「冬に{ミカン}を食べた方がいい{理由1}」むくみ改善

朝履いていた「ブーツ」が夕方になると「キツ」くなる……。という経験をしたことがある人も多いのでは?寒い冬は身体の血流がどうしても滞ってしまいがちです。
ミカン」に含まれる「カリウム」は利尿作用があることからむくみの改善に◎です★またむくみの原因の「1つ」に栄養や酸素を運ぶ役割がある毛細血管の透過性が良くなりすぎることがあります。「ミカン」に含まれる「ヘスペリジン」には、この透過性の亢進を抑えて毛細血管を強くする働きがあることから、むくみにも効果が期待できちゃいますよ。
ヘスペリジン」は白い筋の部分に多く含まれるので、筋は取らずに食べるのが正解です。

★「冬に{ミカン}を食べた方がいい{理由2}」冷え性改善に

ミカン」に含まれる「ヘスペリジン」には、毛細血管を広げて血液を流れやすいようにする働きがあります。温度を手足などの末梢血管まで運ぶため、冷え性の改善にも◎です★
また、「ミカン」の皮を乾燥させてお風呂に入れると、「ミカン」の香りの元「リモネン」などの精油成分が溶け出し、毛細血管を広げて血行を良くしてくれるのだそう。冷え性の人は試してみてはいかがでしょうか?

★「冬に{ミカン}を食べた方がいい{理由3}」風邪予防

ミカン」に含まれる有用成分「シネフリン」は、気管支などを拡張させる働きがあることから、喉の風邪に効果があると考えられています。
ミカン」には免疫力を高める効果がある「ビタミンC」が含まれているので、風邪が多くなる冬は食べて体調管理をしましょう★




★もっと美味しく食べるために

たまに酸っぱい「ミカン」を買ってしまう時ってありませんか?そんな時は少し手で揉んでから「ビニール袋」の中へ入れるといいですよ。一説によると、酸味成分である「クエン酸」が傷の修復に利用されるので、酸味が減少するのだとか。やってみると面白いですね。

手軽に食べられる「ミカン」、積極的に活用して冬の「トラブル」とは無縁でいたいですね。

昔から「ミカン」が風邪予防に効能があるとは聞いてはいましたが、むくみや冷え性予防にまで効果があるとは驚きですよね。





人気ブログランキングへ

「冷え性」と「冷え症」あなたはどっち?異なる原因と改善方法

こんばんは。
今日は「「冷え性」と「冷え症」あなたはどっち?異なる原因と改善方法」の事をお伝えしたいと思います。
今年は都心で「54年」ぶりに、「11月」に雪が降ったりと、今年の冬も寒くなりそうですね。冬の悩みといえば、お肌の乾燥に悩まされる方も多いですが、女性にとって、乾燥以上につらいのが「冷え」ではないでしょうか?今は、成人女性の「2人」に「1人」が「冷え」に悩んでいると言われています。そんな「冷え」ですが、「冷え性」と「冷え症」「2種類」あるのは知っていますか?実は、あなたがどちらの「冷えしょう」なのかによっても、身体の状態や改善方法は変わってくるのです。今回は、「冷え性」と「冷え症」についてお話しします。

★「冷え性」と「冷え症」
冷え性」と「冷え症」一見、同じようですが、実は原因や対策は異なります。まずは、「冷え性」と「冷え症」の違いを知りましょう。

★「冷え性」とは?
冷え性」とは、手足などの「末端、腰、腹部」など、特定の部位が常に冷たく感じる状態や体質のことを言います。 暖房の効いた暖かい部屋にいるのに、「手足や、腰、腹部」は温まらずに冷えている状態がこれに当てはまります。

また冷え性は、「血行不良」とも呼ばれていて、血行不良になると、全身を流れる血流が悪くなり、手足のような末端の細い毛細血管には、血液が運ばれにくくなります。そのため、酸素や栄養素が届かず、疲労物質が溜まりやすくなることで、「冷え」が悪化してしまいます。

冷え性は病気では無く、ただ純粋に手足等が冷えている状態をいいますが、だからと言って冷え性をそのままにしておくと、肌のくすみや「肌荒れ、腰痛、肩こり」などだけでなく、様々な病気につながる恐れがあります。




★「冷え症」とは?
冷え症」とは、自律神経系の乱れからくる自律神経失調症や血行運動障害で、体温計で体温を測ってみても体が冷えているわけではないけれど、何となく体に氷が入っているような感じがして冷たいと感じたりする状態と言われています。

冷房が苦手、「ホッカイロ」や電気毛布がかかせない、寝るときは夏でも靴下を履くなどが症状として多くみられますが、冷え症には様々な種類があるそうです。

また冷え症は遺伝によることが多いと言われていますが、最近では後天的冷え症になってしまう人も多くなっているようです。冷え症は、冷え性と違って病気として診断されます。

★「冷え性」の対策方法
冷え性」で大切なのは、まずは、身体をあたためて冷やさないようにすることです。

★運動などで、身体の内側からあたためる。
★冷たい「飲み物、食べ物、甘い食べ物」を控える。




以上のことを心がけ熱を出す機能を働かせることです。身体が冷えているからと、「ホッカイロ」や「暖房、コタツ」ばかりに頼ることは、一時的なもので、自ら熱を出す根本からの改善にはならずに、逆に冷え性を悪化させることにもなりかねません。

★「冷え症」の対策方法
冷え症」はあたためることももちろん大切ですが、下記の「ケア」も必要です。

ストレス」や生活習慣の乱れなどによっておこる自律神経の乱れを整える
 ★過度な「ダイエット」や偏った食事をしない
 ★「ツボ療法」や漢方薬による治療

身体の内側からくることが多いために、原因に気づきづらいこともありますが、まずは、治すということが大切です。

いかがでしたか?身体が冷えると点では同じですが、原因や対策が違う事ことがあるのです。だからこそ、しっかりと自分の「冷え」がどちらなのかを知って、しっかりと根本から改善して、寒さの厳しい冬を乗り切りましょう。

冷え性」と「冷え症」の違いで改善方法が違うとは驚きですよね。





人気ブログランキングへ

冬の悩み★足先の冷えに「靴下を履いて寝る」のが逆効果な理由

こんばんは。
今日は「冬の悩み★足先の冷えに「靴下を履いて寝る」のが逆効果な理由」の事をお伝えしたいと思います。
冷え症に悩む女性は多く、それが原因で、冬は安眠できない方もいるのではないでしょうか。特に手先足先など末端が冷えて「ツライ」方、眠る時に靴下を履いていませんか?

実はこの習慣、冷えを改善するどころか、悪化させてしまうというのです。そこで今回は、「美容カウンセラー」である筆者が、寒くて安眠できないからといって{靴下を履いて寝ること}がよくない理由をお伝えします。では何をすればよいのでしょうか?寝る時の冷え対策もあわせて紹介します。

★暖かくしているつもりが冷えを悪化

手先、足先が冷たい★」という人が多いように、体の中でも特に先端は心臓から遠い場所なので冷えやすい場所です。

寝るときに布団に入っても、足先がなかなか温まらないので靴下を履いて寝ている、さらには手袋もして寝ている、という方もいます。しかし、寝る時に靴下を履くのは冷えを悪化させる要因になることも。

というのも、寝る時にぴったりとした靴下を履いて足を覆ってしまうと、血液の流れを妨げるので、血行が悪くなり、血液が身体の末端まで届かず、末端冷え症など{冷えを悪化}させてしまいます。

さらに寝ている間、足は思っている以上に{}をかきます。汗は体から熱を奪ってしまう上、その汗が冷えたときに、さらに足を冷やしてしまいます。

★冷えだけではない、{靴下を履いて寝てはいけない}理由

靴下を履いて寝ることは冷えを悪化させるだけでなく、靴下の締め付けによって、「リンパ」の流れも滞るので、水分が溜まり、むくみの原因にもなってしまいます。




さらに朝起きる直前には、睡眠中に血液循環を増やして、体温を上げていくことで起きるための準備をしています。しかし、靴下を履いていると、足先の毛細血管まで血液が行かず、体温が上昇するのを妨げてしまうこともあります。

そうすると、体温がきれいに上がらず目覚めがすっきりせず、朝からなんとなくだるい感じになってしまいます。

★電気毛布やホットカーペットもNG★

靴下が良くないからといって、寝ている間中暖かい電気毛布や「ホットカーペット」などを活用するのも「NG」です。実際、筆者は「ホットカーペット」を使って寝る習慣があったとき、冷え性がものすごく悪化しました。

というのも人は、体温が高いところから低くなる温度差があることで深い眠りに入ります。しかし、電気で温めている状態がずっと続くことで深い眠りにつきづらくなります。

そして寝ているお布団の中は通常でも「40℃」近くになるのに、温めていたらさらに温度が上昇、汗をかいてその汗で体が冷えてしまいます。

また、人工的なもので温められていては、自分で発熱する力が衰え、結果冷えを悪化させてしまいますので、「オススメ」できません。

★冷え性を悪化させない、靴下以外で足を温める方法

足が冷えてしまってなかなか寝付けないときは、足湯や湯たんぽがおすすめです。足湯は、洗面器にお風呂より少し熱めの「44°C」くらいのお湯を入れ、「5~10分」足をいれるだけで「ポカポカ」と温まることができます。




寝る前に足湯に入る習慣を作り、継続すると効果的。さらに、日本酒を湯の中に数滴垂らすと、保温効果が高まります。

湯たんぽは、お湯を涌かさなくても「電子レンジ」で温めるだけで使えるものもありますし、小さいものだと「100円ショップ」などでも購入することができるので、手軽に活用できます。

また、靴下ではなく、「レッグウォーマー」のような足首を温めるものも「オススメ」です。足首を温めることで、足先に流れる血液を温めることにもなります。

それでも靴下がいい★」という人は、寝るとき用に設計されている専用の靴下か、なるべく締め付けのない「ルーズソックス」のような靴下を選ぶようにしましょう。

足指が広げられるくらいの余裕があり、普通に履いていたら落ちてきてしまうくらいゆるい物がいいですね。

いかがでしたか。これまで靴下を履いて寝ていた方、他にも温める方法があるんですね。

一層寒さが厳しくなり、また、年末に向けて忙しくなり疲れがたまる時期なので、冷え症の方はぜひ上述した方法で体を温めて、安眠を手に入れて、しっかり疲れを取りましょう。

靴下を履いて寝るのが逆効果だったとは驚きですよね。





人気ブログランキングへ

冷え性によるネイルトラブルの解決方法

こんばんは。
今日は「冷え性によるネイルトラブルの解決方法」の事をお伝えします。
冷えは万病のもと}とも言われますが、冷えによる「ネイル」の「トラブル」も実はあるのです。冬の季節は特に末端が冷えやすいので注意が必要です。冷えからくるお爪の「トラブル」解説と対処法です。これで「ネイルトラブル」も解決です。

★ 冷え性とお爪「トラブル」の関係とは?★

冬の季節は冷え性に悩まされる方が多いですよね。特に末端である手先や足先は氷のように冷たい方も多くいます。そんな冷え性の方に起こりやすいものの「一つ」にお爪の「トラブル」があります。一見、冷えとお爪は関係なさそうですが、お爪は皮膚の付属器官なのです。ですから、血流が悪くなれば当然お爪を作り出す細胞への血液も不足してしまいますので、お爪の「トラブル」が起こるのです。
お爪には根元にある爪母と言う部分に送られる血液や「リンパ」が無数に通っていて、お爪はそこから必要な栄養を補給している部分の新陳代謝により作られています。しかし、新陳代謝が悪くなることで爪母への血液循環も悪くなり、そのことが原因で起こる「爪トラブル」がいくつかあるのです。冷え性はお爪の成長にも影響が出てしまうということですね。




★ 冷え性が原因の「爪トラブル」とは?★

冷え性が原因で起こるお爪の「トラブル」は血流の滞りにより起こるものです。

★二枚爪 新陳代謝が低下し、爪母への血流が滞るため十分な栄養が行かなくなり、お爪が薄く、弱々しくなってしまいます。そのことで「二枚爪」になってしまうのです

★お爪の凸凹 血行不良によりお爪を作るのに必要な「タンパク質」の供給がうまくいかず、栄養不十分でお爪の表面が「ボコボコ」してしまいます。

★お爪の乾燥 新陳代謝が悪くなれば保湿成分もいきわたりにくくなるため、お爪自体の乾燥が進みます。乾燥することで割れやすくなったりかけやすくなったりしてしまいます。

これらの「お爪トラブル」は「ハンド」も「フット」も同様に起こります。冬の季節は特にお爪の状態を気にしてみましょう。




★ 冷え性からお爪の「トラブル」を守る対処法とは?★

お爪トラブル」にならないためには、まず冷え性対策をすることです。

★ 運動をする{ウォーキングを30分するだけでもOK
★ 体を温める食事を意識する{冬の旬の野菜は体を温める効果があります。生姜をお料理に入れることで体が温まりやすくなります
★ 手浴、足浴をする{桶にお湯を張って10~20分ほど浸かると効果的です。{アロマオイル}を入れることで{リラックス効果}を高めるとより体が温まりやすいです
★「 タバコ」を控える{タバコは血管を収縮させます
★「 コーヒー」を控える{暖かい地域でとれる{コーヒー豆}は体を冷やす効果がありますので、{ホットコーヒー}では体は温まりません
★「 シルク製」の「5本指靴下」を履く{締め付けの強い靴下は血行不良になるのでゆるいものを選びましょう

冷え性対策をすることで「お爪トラブル」の解決もできるので是非試してみてください。

まさか冷え性が原因で爪の「トラブル」が出るとは驚きますよね。





人気ブログランキングへ

手足の冷え対策に★身体がポカポカしてくる「グーパー体操」

こんばんは。
今日は「手足の冷え対策に★身体がポカポカしてくる「グーパー体操」」の事をお伝えしたいと思います。
今年もあともう少しで終わりです。年末になるに連れて寒さも増して一層冷え込んできましたね。お布団の中に入っても手足が冷えてしまっているので、寝る時に靴下を履いて眠る★なんていう人も多いのではないでしょうか?
そこで今回は、そんな冷え性気味なあなたに「オススメ」する「グーパー体操」をご紹介します。たったの「2STEP」で何も難しいことはしないのですが、すぐに「ポカポカ」とあたたかくなってきますよ★




★手足の冷え対策に★身体が「ポカポカ」してくる「グーパー体操」

★「STEP1」

手と足で、ぎゅーっと「グー」を作って強く「5秒」ほど握ります。




★「STEP2」

次に手足を思い切り「パー」に開きます。「STEP1・2」を「10回~15回」ほど繰り返してみましょう★

どうですか?たったこれだけで手足が「ポカポカ」してきませんか?これならお布団の中でもどこでもできますね。
毎日続けることで、「冷え・むくみ」の改善にもつながりそうです。ぜひ試してみてくださいね★

簡単に出来て身体が「ポカポカ」してくるならこんな嬉しい事はないですよね。





人気ブログランキングへ

医師が指南★冷え性の特徴とメカニズム★そして対策

こんばんは。
今日は「医師が指南★冷え性の特徴とメカニズム★そして対策」の事をお伝えしたいと思います。
屋外でも屋内でも体を温めているつもりなのに、常に手足を中心に冷えを感じるいわゆる「冷え性」に悩まされている人はいないでしょうか。中には夜、冷えでなかなか眠りにつけず、睡眠の質が低下することで、疲れがたまって困っているという声もあるでしょう。このような深刻な冷え性に悩む人は体調を崩してしまわないよう、寒さが本格化する前に対策を立てておきたいものです。そこで今回は、冷え性になりやすい人の特徴、職場でできる冷え性対策、冬場だからこそ注意したいことについて、「女性医療クリニックLUNA・ANNEX」の「小林愛医師」に話を聞きました。




★冷え性になりやすい人の特徴

暖房の効いた部屋に入ってもまだ冷えを感じる……このような典型的な冷え性の症状はなぜ起こるのでしょうか。その「メカニズム」について、冷え性になりやすい人の特徴と併せて教えていただきました。

「運動不足や食事の{バランス}が悪いことで、熱を産生するための筋力の低下や血流の悪化が引き起こされます。その結果、基礎代謝の{低下、末梢循環}の障害が起き、低体温になる場合があります。また、{むくみやすい、胃腸が弱い、痩せている、貧血気味、常に薄着}である……こういった項目に当てはまる方も身体が冷えやすくなります」{小林医師

末梢循環とは、血流や「リンパ」の流れのことを指します。上記に少しでも当てはまる人は、普段の生活習慣から抜本的に改善していく必要がありそうです。




★職場でできる冷え性対策

冷え性の改善には、適度な運動、「バランス」のよい食事から始めるのが基本ですが、その他にも、多くの人が一日の大半を過ごす職場などでできる有効な冷え性対策もあります。

「{保温・発熱効果のあるインナー}を着用して体温を調整し、{タンブラー}に温かい飲み物を常備して適宜飲むのが効果的です。白湯や生姜紅茶がおすすめですね。また、同じ姿勢を長時間とらないように心がけ、時折{足首を回す、ストレッチ}をする等、適宜動いて血流をよくしましょう。{デスクワーク}が多い人は、お尻や腰回りを温かく保つために{ブランケット}や{クッション}を置くことも効果的です。移動が多い人は、腰に{カイロ}を貼るのもよいでしょう」{小林医師

業務に長時間集中していると、気付かないうちに体の一部が冷たくなっていることもあるでしょう。無理に厚着をするより、「インナー」などを活用し、内側からもしっかり保温したいですね。また、冷たい飲み物や「コーヒー」が好きな人も、たまには体が温まる飲み物を試してみるとよいでしょう。

★冬場だからこそ注意したいこと

最後に、冬場に冷え症の人が注意すべき点について「アドバイス」をいただきました。

「冷えて体温が下がることで免疫力や代謝が低下します。冬場はただでさえ乾燥し、{ウイルス}や細菌が活発になる{シーズン}です。感染予防として冷え対策をしっかり行い、日ごろから{バランス}のよい{食事、運動}による{筋力アップ}を心がけましょう。無理な{ダイエット}で{栄養バランス}が崩れ、皮下脂肪が少なくなりすぎることも問題です。また、{胃腸の不調等、冷え}以外の体調不良が続く場合、何らかの病気が原因の可能性があるため、病院を受診してください。冷えは{頭痛、腹痛等}の痛みを引き起こす可能性があります。日ごろから身体を温かく保ちましょう」{小林医師

やはり「冷え」は万病のもとになるようです。寒いからと億劫がらず、適度な運動と適切な食事の摂取を心がけましょう。

基本の対策としては体を冷やさない様に心がけるのが一番の予防になるんでしょうね。





人気ブログランキングへ

気持ちいい~★冷え性さんにお勧めの「温活ゾーン4つ」

こんばんは。
今日は「気持ちいい~★冷え性さんにお勧めの「温活ゾーン4つ」」の事をお伝えしたいと思います。
寒さが厳しくなってきて、夜の湯舟が身に沁みますよね。冷えには{}がつくところ、「首、手首、足首」を温めるといいと言いますが、それ意外にも体を温めてくれる「ポイント」があるんです。

今回は「エステティシャン」の筆者が、温活のときに積極的に温めたい「ボディパーツ」についてご紹介します。

★やっぱり{お腹}は大切★




冷えによって体温が下がると体は内臓を守ろうとし、血流は内臓に集中すると言われています。足が冷える人も、お腹を温めると有効なのはそのような理由からです。

内臓を温め、全身の血流を促進できるお腹は、冷え予防の基本です。冷えが辛い……という人は、腹巻や「カイロ」を貼るのもお勧めですよ。

★下半身は{仙骨}で温める

下半身の冷えが特に気になる人は、お腹に加え、{仙骨}辺りを温めましょう。仙骨とは骨盤の中心にある骨で、温めることで腰痛や生理痛などが軽減される人もいます。特に下半身の冷えやむくみを感じる人は、お腹から仙骨部分まで意識して温めましょう。

お尻の割れ目の少し上あたりに位置しているので、毛糸の「パンツ」を履くだけで効果を実感できますよ。

★上半身は{背中}を温める

意外だと思う人もいるかもしれませんが、実は背中も温め「ポイント」です。特に上半身の冷えを軽減してくれ、温めることで肩こりが軽減する人もいます。

★(1)首の下

頭を前に倒したときに、首の後ろに出っ張った骨が数個触れます。その触れる骨の下から肩甲骨と肩甲骨の間を温めましょう。

★(2)胃の後ろ




背中の中心{肩甲骨の下の背中の中心}は、胃や腎臓の位置にあたります。ここが冷えていると胃痛や膨満感などの「胃腸の不調、尿トラブル、むくみ、疲れやすい、だるい」などを感じる人もいますので、普段は意識しない箇所かと思いますが、積極的に「ケア」していきましょう。

★{ふくらはぎ}や{太もも

最後は、{ふくらはぎ}や{太もも}です。特に太ももの内側は、お勧めの温め「ポイント」です。下半身の場合は太ももとふくらはぎの後ろに大きめの筋肉があるので、温めることで効果を実感しやすくなります。厚手の「タイツ」や「レッグウォーマー、太ももは冬用のガードル」もいいですよ。

いかがでしたか? 内臓を温めることが全身を温めることに繋がり、筋肉や大きな血管を温めることで、より冷えを改善できます。そして何より、冷えがなくなると縮こまった体は背筋が伸び、洋服の枚数が減るので動きが機敏になり、身体にとっては嬉しいことだらけ。

ぜひこの「4つ」の「温めポイント」を、今年の冷え対策に役立ててくださいね。

この対策方法で少しでも冷えが改善できればこんなに嬉しい事はないですよね。





人気ブログランキングへ