節分

セブンイレブン★恵方巻★1月4日★予約開始

こんにちは。
今日は「セブンイレブン★恵方巻★1月4日★予約開始」の事をお伝えしたいと思います。

ちょっと、予約するのは早いかもしれないけど、人気の商品だから今のうちに。「セブンイレブン」では、「1月4日」から「2017年」の「セブンイレブンの恵方巻」関連商品の予約を開始します。




セブンイレブン」の「2017年」の恵方巻は、「ラインアップ」が豊かです。縁起が良いといわれる具材を使用した定番の「福を呼ぶ 七品目の恵方巻」{レギュラー420円、ミニ298円}をはじめ、人気の具材を中心にした「海老とツナのサラダ巻」{390円}、牛肉本来のおいしさと「ゴボウ」の食感が楽しめる「牛すき巻 牛蒡しぐれ仕立て」{390円)、「1つ1つ」の具材の素材や味付けにこだわる「ワンランク上」のぜいたくが味わえる「贅沢恵方巻」{598円}、「ネットショッピングサイト」「オムニ7」限定「華やぎの贅沢恵方巻」{950円}の「5商品」です。そのほか、節分の食卓を彩る「ピッツァ」や、縁起の良い「7品目」の具材を盛り付けた「七福の小さな温そうめん」{330円}、鬼の金棒を「イメージ」した楽しい見た目の「節分もちとろ ちょこ棒{チョコホイップ}」{150円}など、節分が楽しめる「メニュー」をそろえました。価格は全て税込みです。




セブンイレブン」のお惣菜の美味しさは有名ですよね。

恵方巻」の美味しさ「レベル」も高いでしょうね。





人気ブログランキングへ

最高品質★松阪牛を使った“幻の恵方巻”★贅沢過ぎる逸品★

こんばんは。
今日は「最高品質★松阪牛を使った“幻の恵方巻”★贅沢過ぎる逸品★」の事をお伝えしたいと思います。

最高品質の希少な「松阪牛」を使った{“幻の恵方巻”}です。選び抜かれた「松阪牛サーロイン」を使用した、贅を尽くした一品が登場します。

明治4年」{1871年}に牛鍋屋として創業以来、「140余年」の歴史を誇る「肉の老舗、株式会社柿安本店」が、来年の節分に向けて、「2017年1月初旬」から「幻の恵方巻 松阪牛サーロインステーキと奥出雲産 仁多米~白トリュフ塩を添えて~」{1万1円}を販売します。「伊勢丹新宿本店、日本橋三越本店、銀座三越店、西武池袋店」の「柿安ダイニング」「4店舗」で、「限定150本」を予約受付開始します。




節分にその年の最も縁起が良いとされる「方角」「恵方」を向いて食べると、願いが叶うとされている「恵方巻」です。「2017年」は{“北北西”}が「恵方」にあたります。

幻の恵方巻 松阪牛サーロインステーキと奥出雲産 仁多米~白トリュフ塩を添えて~」は、縁起物にふさわしく、最高品質の松阪牛を決める「第67回 松阪肉牛共進会」入賞牛の「サーロイン」を贅沢に使用しています。塩と「コショウ」の「シンプル」な味付けで「ミディアムレア」に焼き上げ、肉本来の旨みを引き出しています。

米にもこだわり、{“東の横綱 魚沼産コシヒカリ”}と並び称される、冷めてもおいしい{“西の横綱 奥出雲産仁多米”}を使用します。島根県出雲産の黒米を合わせて炊きあげることで、お赤飯のように、邪気を払うおめでたい{色“赤色”}に仕上げています。

メイン」の「サーロインステーキ」との「風味や食感、色合い」の相性を考え、甘辛く炊いた「ごぼうやにんじん、ほうれん草、板湯葉」を一緒に包み、良質な養殖場として名高い伊勢湾産の海苔を使用しています。「松阪牛サーロインステーキ」をはじめ、全ての食材にこだわりました。




さらに、食べ方にも一工夫が施されています。最初はそのままかぶりついて肉のおいしさを味わい、次に{“白トリュフ塩”}で味わえば、芳醇な香りが口の中に広がり、松阪牛独特の華やかな脂の香りや旨みをより楽しめます。

また、包装も特別仕様で専用の桐箱と紙袋があり、桐箱にはのしをかけて、金色の飾り紐を使用します。

松阪牛サーロインステーキ」×「仁多米」×「白トリュフ塩」です。贈り物としても喜ばれること間違いなしです。頬張ることもためらわれる贅沢過ぎる逸品なだけに、恵方巻としての効果も絶大かも知れませんね。

最高品質」「松阪牛」を使用した「“幻の恵方巻”」と聞いただけでも高級感のある「恵方巻」だと分かりますよね。





人気ブログランキングへ

くら寿司★恵方巻で鬼退治★辛さが特徴★「赤鬼巻」「青鬼巻」

こんにちは。
今日は「くら寿司★恵方巻で鬼退治★辛さが特徴★「赤鬼巻」「青鬼巻」」の事をお伝えしたいと思います。

節分にその年の恵方に向かって太巻き寿司にかぶりつく「恵方巻」です。今年はちょっと趣向を変えてみるのはいかがでしょうか?「 回転寿司チェーン」「無添くら寿司」では、辛さが特徴の「赤鬼巻」と「青鬼巻」の予約受付を店舗で始めました。「2月3日{金}」のみの持ち帰り限定販売で、「2月3日」当日の予約も受け付けています。




赤鬼巻」、「青鬼巻」ともに、のりが内側で酢飯を外側に巻く「スタイル」です。「赤鬼巻」の中身は「えび天2本」と「えびマヨ」です。外側に「オリジナル七味」をまぶし、「えび天」の「サクサク」とした食感、七味の「ピリリ」とした辛さと「えびマヨ」の「マイルド」な味わいが「マッチ」しています。「青鬼巻」は、外側に「国産ぶどう山椒」と「あおさのり」をまぶし、中身はあなご「西日本・九州では{ウナギ}を使用・しめさば・きゅうり・玉子・椎茸煮」です。具とぶどう山椒の相性がよく、さわやかで「クセ」になる辛さに仕上がっています。{各13,000本}の限定販売で、{税別220円}です。

恵方巻というとかぶりつくのが定番の「スタイル」ですが、「くら寿司」では辛い恵方巻を「」に見立て、「食べる前は、恵方巻を切って鬼退治。食べてまた、鬼退治」という{“切って食べる恵方巻”}という「スタイル」を提案しています。




くら寿司恵方巻シリーズ」として、北海道産の大きい「サイズ」の「マイワシ」を丸ごと「1本塩焼き」にして「大葉・梅肉」とともに巻いた「まるごといわし巻」{350円}も、昨年に続き、{13,000本限定}で登場します。その他、「豪華かに太巻」{350円}、「とんかつ太巻」{350円}、「七福巻」{220円}、「えびマヨ巻」{220円}、「たまご巻」{220円}など、「ゴージャスメニュー、ボリュームメニュー、子どもが大好きなメニュー」など、「バラエティー」に富んだ恵方巻を楽しめます。いずれも「約10cm」の「ハーフサイズ」の価格で税別です。

辛いのが好きな方には「赤青鬼巻」は食べてみると今までにない刺激が「クセ」になるかも知れませんね。





人気ブログランキングへ