スウィーツ

抹茶シロノワール★コメダ発“和の喫茶店”★関東初出店

こんばんは。
今日は「抹茶シロノワール★コメダ発“和の喫茶店”★関東初出店」の事をお伝えしたいと思います。
コメダ発」の{和の喫茶店}が関東に初出店します。

喫茶店チェーン」の「珈琲所コメダ珈琲店」などを展開する「株式会社コメダ」は、「2017年1月24日{火}」に、「コメダ和{なごみ}喫茶 おかげ庵」を「横浜市・あざみ野」に「オープン」します。




愛知県で「18年間」愛されてきた「おかげ庵」です。「コメダ」のくつろぎを継承した{和の喫茶店}が、ついに関東初出店を果たします。

コメダファン」の間で親しまれてきた、ゆったりとくつろげる「フルサービス」の「スタイル」はそのままです。名古屋発祥のお得な「モーニング」は、「おにぎりセット」として登場します。




サクサク」ふんわり焼いた「デニッシュパン」の上にたっぷりの「ソフトクリーム」が乗った、名物の「シロノワール」は「抹茶バージョン」です。自分で焼く香ばしい「おだんご」、こだわりの「わらびもち」など、和の「スイーツ」が豊富に取りそろいます。

ちょっとした贅沢を味わえる{和のコメダ}を、一度訪れてみてはいかがでしょうか。

名古屋発祥の名店「コメダ」の「抹茶シロノワール」は食べてみる価値はありますよね。





人気ブログランキングへ

不二家からバレンタイン限定スイーツが続々登場★

こんばんは。
今日は「不二家からバレンタイン限定スイーツが続々登場★」の事をお伝えしたいと思います。
不二家」は、「バレンタイン商品」を取り揃える「バレンタイン アニバーサリー」「セール」を、全国の「不二家洋菓子店」にて開催します。「ケーキ」や「チョコレート、ペコちゃん」の「キャラクター商品」など、「2017年1月中旬から2月14日{火}」まで順次発売します。

★「飲むショコラケーキ」など、「新感覚スイーツ」が登場★「1月下旬発売商品」

コク」のある滑らかな「チョコレートプリン」を、「ストロー」で味わう「新感覚スイーツ」「飲むショコラケーキ{オレンジ}」「飲むショコラケーキ{ベリー}」{各330円}が登場です。「飲むショコラケーキ{オレンジ}」は、「オレンジゼリー」に「チョコレートプリン、シャンテリークリーム、チョコレートソース」を重ね、「飲むショコラケーキ{ベリー}」は、「ラズベリーゼリー」に「チョコレートプリン、シャンテリークリーム、ベリーソース」を合わせました。どちらも「チョコレートプリン」を少し味わった後に、全体を混ぜて味の変化を楽しむのがおすすめです。




サクサク」の「パイ生地」に濃厚な「チョコバナナカスタードクリーム」と「シャンテリークリーム」を重ね、中に「約1本分」の「バナナ」を「サンド」した「隠れバナナのチョコレートパイ」{1500円}です。線描きした「パリパリ」の「チョコレート」と、餡がけした「アーモンド」の「トッピング」が食感に「アクセント」を加えています。

スプーン」で味わう「濃厚チョコレートケーキ」「ショコラ・テリーヌ」{450円}は、「ベルギー産チョコレート」と「エクアドル産カカオマス」を使用しています。一口食べるごとに「チョコレート」の芳醇な香りが広がる味わいは、「チョコレート」のおいしさを存分に楽しめる「1品」です。

★「ギフト」にぴったりな「チョコレート」の詰め合わせ商品が「1月中旬」に登場

厳選した「カカオマス」を使った「チョコレート」に、「ドライフルーツ」や「ナッツ」を飾った「2種類」の「パレット型チョコレート」を詰め合わせた「マンディアン」{1100円}です。高貴な風味のある「スイートチョコレート」に、「パイン」や「マンゴー、アプリコット、レーズン」を飾った「スイートチョコ&フルーツ」と、「カカオ」の香りが強い「ミルクチョコレート」の上に、「ピスタチオ」と「ヘーゼルナッツ、クルミ、アーモンド」を飾った「ミルクチョコ&ナッツ」の「2種類」が入っています。




スティックショコラアソート」{1000円}は、「セミスイート」と「ミルク、ストロベリー」の「3種類」の「スティックタイプ」の「チョコレート」の上に、「ドライフルーツ」や「クッキー、ナッツ」などを「トッピング」です。見た目も華やかな仕上がりで、「ギフト」におすすめの「チョコレート」です。

ペコスイーツポーチ」{900円}は、「ミニハートチョコレート」{ピーナッツ}「5枚」が入った、「ショコラティエペコ」と「マカロン」を「デザイン」した「ポーチ」です。光沢のある「ピンク」の「サテン生地」や「パール風チャーム」など、女性同士で贈りあう「友チョコ」や、自分への「プレゼント」にもよさそうです。

近年、「チョコレート」をあげる日から感謝を伝える記念日になりつつある「バレンタイン」です。家族や友人などの大切な人へ、不二家の「スイーツ」を贈ってみてはいかがでしょうか。

老舗の「不二家」が出る「バレンタイン限定スイーツ」は食べて見る価値はありそうですね。





人気ブログランキングへ

あの菓子パンを使ってできる★クリスマスケーキの作り方

こんばんは。
今日は「あの菓子パンを使ってできる★クリスマスケーキの作り方」の事をお伝えしたいと思います。
街を彩る「イルミネーション」や、鳴り響く「クリスマスソング」に、「テンション」も高まる「12月」です。「クリスマス」の食卓に欠かせない「クリスマスケーキ」は、店頭に並んでいるものを見ているだけでも心躍りますが、一度は自分で手作りしてみたいものです。ですが、市販の「ケーキ」のようにはうまく作れる自信がない……とあきらめてはいないでしょうか。「スポンジ作り」は確かに失敗が付きものだが、「スーパー」で見かける{ある}「菓子パン」に「デコレーション」を施すだけで、立派な「ケーキ」に変身させる方法が存在します。今回は、そんな「クリスマスケーキ」の作り方を紹介しましょう。




★使用するのはヤマザキ「やわらか卵のシフォンケーキ」

地域によって販売状況は異なるが、「スーパー」などでよく見かける「山崎製パン」「やわらか卵のシフォンケーキ」が「スポンジ」の代用となる。「1個100円前後」で売られているため、「スポンジケーキ」を購入するより安価です。少し小さめの「ホールケーキ」となるが、「デコレーション次第」で豪華な「ケーキ」に仕上げることが可能なのです。「やわらか卵のシフォンケーキ」を「2段」に切り分け、「生クリーム」をそれぞれにたっぷりと塗り、間にはいちごを敷き詰めます。「生クリーム」を絞り、「いちごやブルーベリー、クリスマス」の「シュガークラフト」などを乗せ、「アラザン」と細かく砕いた「アーモンドスライス」を散りばめたら完成です。





★真ん中のくぼみが便利!?

この「やわらか卵のシフォンケーキ」は中央にくぼみがあるため、そのくぼみをうまく利用して、真ん中にいちごなどの「フルーツ」や「シュガークラフト」を乗せて飾りつけをすると、安定感があり、飾りつけがしやすいのもうれしいところです。「菓子パン」を使って作ったとは思えない、豪華な「クリスマスケーキ」を用意して、今年の「クリスマス」は家族や友人を驚かせてみては?

ヤマザキ」「やわらか卵のシフォンケーキ」を使用して豪華な「ケーキ」に変わるとはすごい驚きですよね。





人気ブログランキングへ

ツリーの様なザクロティーとストロベリーマカロン

こんばんは。
今日は「ツリーの様なザクロティーとストロベリーマカロン」の事をお伝えしたいと思います。
12月15日放送」の「めざましテレビ」{フジテレビ系、午前05時25分~}では、「人気カフェ」の「クリスマスドリンク」を特集した中で、「仲谷香春さん」が「Segafredo・ZANETTI・ESPRESSO・渋谷店{セガフレードザネッティエスプレッソシブヤテン}」{東京都渋谷区}を訪れました。同店は、「イタリア・ボローニャ」に本部を置く「大手コーヒー焙煎メーカー」が世界的に展開している「イタリアンバール」です。




番組では、見た目にこだわった「ドリンク」として「プレミアムざくろミントティー・with・ストロベリーマカロン」を紹介しました。「ドリンク」は「ザクロ果汁」が入った「紅茶で、相性の良いリンゴ」を小さく「カット」して加え、その上から「ホイップクリーム」をのせています。更に「クリスマスツリー」を「イメージ」した「ミント風味」の「クリーム」をたっぷりと盛り、最後に銀色の「アラザン」と「ストロベリーマカロン」を「トッピング」すれば完成です。赤と爽やかな「ミント」の「クリーム」の色合いが「オシャレ」な雰囲気になっています。




ドリンク」を見た「仲谷香春さん」は「わー!クリスマスツリーみたい!」と感激し、写真を撮ると「カラフルでおしゃれに撮れました!」と喜んでいました。まずは「ミントクリーム」だけ食べ、その後「ホイップ」と紅茶を混ぜてから頂きました。「紅茶がすごくサッパリしているんですけど、ホイップクリームが入っているのでまろやかになっています!」と「コメント」しました。

クリスマスツリー」のような「ストロベリーマカロン」を食べてみてくださいね。





人気ブログランキングへ

トトロがいっぱい★ “白髭シュークリーム工房”で大人にも訪れるおいしい出会い

こんばんは。
今日は「トトロがいっぱい★ “白髭シュークリーム工房”で大人にも訪れるおいしい出会い」の事をお伝えしたいと思います。
大きくなった今、「トトロ」は実在するのかどうかなんて、検証しようがないですよね。だって、{子どもの時にだけ}訪れる出会いなのだから。……と思っていた人のためにも、白髭さんはいます。すてきな出会いどころではありません。おいしい出会いがそこで待っています。

★「シュークリーム」一筋で「8年半」

そんな、白髭さんのお宅は「小田急電鉄小田急線・京王電鉄井の頭線」「下北沢駅」から「徒歩7分」です。お宅の名は「白髭シュークリーム工房」です。住宅街の中にこっそりと、大きな「モミ」の木の下で「3匹」並んだ「トトロ」の看板がお出迎えしてくれます。

2008年」に「オープン」した当初は杉並区高井戸に工房を構えていたようですが、「2013年」に現在の世田谷区代田にお引越ししました。月日を経て、「トトロ」の看板にやや劣化が見られたようで、このほど、いい風合いを保ったまま補修されたとのことです。その際、むんずとよじ登る「メイちゃん」も加わりました。

白髭シュークリーム工房」の名の通り、工房の「メインキャスト」は「シュークリーム」です。先の写真でお分かりだと思いますが、この「シュークリーム」こそが「トトロ」の正体です。「ふっくらとした姿、絶妙な目、つんとした鼻、ちょこんと載せた帽子や葉っぱや花」です。拍手を送りたいほどの黄金比です。「トトロ」の「シュークリーム」はこの工房だけが作ることができ、もちろん、販売もここだけです。過去には海外で販売されている「日本ガイド」でも紹介されたことがあるようで、近年では外国人の客も増えているといいます。




★「全8種類、クリスマス限定」の「2種類」も

実はこの「トトロ」たち、おのおの自由に帽子や葉っぱや花を載せているのではありません。それぞれ味わいが違うのです。「オールシーズン工房」で待っているのは、葉っぱを載せた「カスタードクリーム」{400円}と、水色の帽子を載せた「チョコレートクリーム」{400円}です。「1~6月」は花を載せた「ストロベリークリーム」{440円}、「1~4月」は黄色い帽子を載せた「キャラメルバナナクリーム」{440円}、「5~8月」は黄色い帽子を載せた「抹茶クリーム」{440円}、「7~9月頃」は桃色の帽子を載せた「ピーチクリーム」{440円}、「9~12月」は黄色い帽子を載せた「木苺&クリームチーズ」{440円}、「10~12月」は葉っぱを載せた「マロンクリーム」{440円}となります。

そして、「12月23~25日」の「3日間」は、「限定バージョン」の「トトロ」が登場です。「キラキラ」光る「ヒイラギ」の葉っぱを載せて「クリスマス」を祝ってくれます。なお、この「3日間」は他の「トトロ」はお休みとなり、「カスタードクリーム」と「ストロベリークリーム」のみがこの「クリスマス仕様」として工房で待っています。

★材料にもこだわりがぎっしり

もちろん、その魅力はかわいさだけではありません。「パリッ」と香ばしい「シュー皮」には、北海道産や石川県産の有機栽培による小麦粉を使用しています。「生クリーム」や「バター」も北海道産であり、季節で変わる「フルーツベース」の「クリーム」も、「苺は和歌山県産、桃は山梨県産、栗は熊本県産」と、可能な限り材料は国産品を用いることにこだわっています。

トトロ」に申し訳ないのですが、ちょっと中を見させていただきました。失敬したのは黄色い帽子を載せた「木苺&クリームチーズ」で、「サックサック」の「シュー生地」の中には奥までしっかり「クリーム」が詰まっていました。「クリームチーズ」に木苺の「ジャム」を合わせたこの「クリーム」は、酸味も風味もしっかりです。甘すぎない濃厚仕上げで、見た目にも負けず劣らず癒やし度が高いようです。




これらの「トトロ」はどのように作られているのか、社長の「宮崎恭子さん」におうかがいしたところ、特許を取得した鋳型を用いているとのことです。「シュー生地」も「クリーム」の量も「一つ」ひとつていねいに計り、「一つ」ひとつ手作業であの絶妙な表情が生み出されていきます。

多い時には「1日600匹」も販売されているようで、早い時には「15~16時」に売り切れになることもあります。「クリスマス限定商品」も含めて電話予約を受け付けているので、確実に手に入れたい人は予約を検討していただきたいです。なお、「シュークリーム」は生菓子のため、その日の内に食べるようにしましょう。

★{森のおみやげ}にも「ストーリー」が

そしてもうひとつ、工房には「トトロ」を「イメージ」した「スイーツ」があります。「トトロに会ったら、こんなお土産をくれるかも」というところから開発された{森のおみやげ}の「クッキー」{ひとつ140~220円}です。現在は「ドングリ」や「葉っぱ、フクロウ、キノコ、クローバー」など「全7種類」あり、眺めている端から「ストーリー」が始まりそうな予感です。これらの「クッキー」は、「クリスマス」や「正月、バレンタインデー、ホワイトデー」などと「イベント」に合わせた「ラッピングバージョン」も展開されます。「1個」から買えるんで、ちょっとしたお土産にもぴったりです。

店内は「ジブリファン」ならずとも、「テンション」が上がる「アイテム」があっちにもこっちにもです。工房の隅っこには「白髭さん」が隠れているので、ぜひ探していただきたいです。ちなみに、工房とは別経営となるが、工房の「2階」には「カフェ」があります。工房で購入した「シュークリーム」は「2階」の「カフェ」に持ち込むこともできるので、今すぐ「トトロ」とおいしい時間を過ごしたい人は、「カフェ」を利用するといいでしょう。きっと、思っていた以上に癒やされるひと時になるはずです。

information
白髭シュークリーム工房
所在地: 東京都世田谷区代田5-3-1
アクセス: 小田急電鉄小田急線・京王電鉄井の頭線「下北沢駅」から徒歩7分、小田急電鉄小田急線「世田谷代田駅」から「徒歩3分
営業時間: 10:30~19:00
定休日: 火曜日

トトロ」の「シュークリーム」は大人が「タイムスリップ」した気持ちにさせられる一品ですよね。





人気ブログランキングへ

高貴な香り★黒トリュフの特別ブリュレが登場

こんばんは。
今日は「高貴な香り★黒トリュフの特別ブリュレが登場」の事をお伝えしたいと思います。
都内に「3店舗」ある「ロクシタンカフェ」では、「11月18日{金}」より、珍しい「黒トリュフ」を使った「クレームブリュレ オ トリュフ」{1080円}が、期間限定で登場します。「南仏ニース」に本店を構える「フレンチレストラン」の名店「KEISUKE MATSUSHIMA」の「オーナーシェフ松嶋啓介氏」が「プロデュース」した、「トリュフ」の高貴な香りが楽しめる一品となっています。




トリュフ」といえば独特の芳香で食通をうならせる「世界三大珍味」のひとつです。質のいい「トリュフ」の産地として知られる「南仏プロヴァンス」は、「ロクシタン」のふるさとでもあり、「フランス国内」でも「トリュフ」の「収穫高NO.1」として知られることから この「スウィーツ」が誕生しました。




ちなみに、「ロクシタンカフェ限定ブリュレ」の「プロデュース」を手掛ける「KEISUKE MATSUSHIMA」の「松嶋啓介氏」は、「10年以上」時間をかけて、「フランス」の土地や文化や人を敬愛しながら、「2002年」に「南仏ニース」に自身の店を「オープン」しました。日本人らしい繊細な感性による料理や「サービス」は地元で高く評価され、「10年連続」で「ミシュラン」の星を獲得です。史上最年少で「フランス芸術文化勲章」を受章したことでも知られています。
世界的「一流シェフ」「松嶋啓介氏」「プロデュース」の「黒トリュフの特別ブリュレ」は高級感のある一品ですよね。





人気ブログランキングへ