日本三大イルミネーション★あしかがフラワーパーク光の花の庭★さっぽろホワイトイルミネーション★ハウステンボス光の王国

こんばんは。
今日は「日本三大イルミネーション★あしかがフラワーパーク光の花の庭★さっぽろホワイトイルミネーション★ハウステンボス光の王国」の事をお伝えしたいと思います。

10月20日」に行われた「夜景サミット in 足利」にて、「日本三大イルミネーション」が発表され、「あしかがフラワーパーク・光の花の庭・栃木県足利市」、「さっぽろホワイトイルミネーション・北海道札幌市」、「ハウステンボス・光の王国・長崎県佐世保市」が認定されました。

日本三大イルミネーション」とは、「一般社団法人 夜景観光コンベンション・ビューロー」が、「全国5,212名」の夜景鑑賞士の投票を経て、日本を代表する「イルミネーション」として認定された「新ブランド」です。日本全国で行われている「イルミネーション文化」を世界に発信することを目的に、「国内3か所」の施設が選ばれました。本認定は「イルミネーションの日々の進歩・進化」の観点から、「3年」に一度の再認定が行われます。

★「手作りの温かさが魅力の・あしかがフラワーパーク・光の花の庭




あしかがフラワーパーク・光の花の庭」は、「昨年10月」に、同法人主催の「第4回イルミネーションアワード」の「イルミネーション部門」で「1位」にも選ばれた、「イルミネーション」の名所です。従業員や「スタッフ」の手作りにより「400万球」を超える光の装飾が施され、「94,000平米」のもの巨大な園内を華やかに彩ります。壮大な「スケール」とおとぎの国に訪れたかのような「メルヘン」な「イルミネーション」は圧巻のひと言です。

今年は新たに、童話の世界のような光の花畑に佇む城「フラワーキャッスル」が登場します。そのほか、開園当初の「72平米」から「1,000平米」まで成長を遂げた「奇蹟の大藤」や、水面の反射を利用し、水面に移る光も楽しめる演出など見所が満載です。

★「進化し続ける・ハウステンボス・光の王国

2010年」に「スタート」し、年々進化し続ける「ハウステンボス・光の王国」には、今年「日本初」「日本最大級」の「新スポット」が登場します。日本初となる床と壁が「ガラス張り」で「イルミ」に包まれる「光の天空カフェ」に、音楽に合わせて光がきらめく日本最大級の高さ「30m」の「光の天空ツリー」がお目見えします。

11月25日・土」からは「パレス ハウステンボス宮殿」の「全長110m」の壁面を背景に、白雪姫の物語を映し出す日本最大級の「3Dプロジェクションマッピング」も実施されます。




★「イルミネーションの元祖・さっぽろホワイトイルミネーション

今年で「37回目」を迎える「さっぽろホワイトイルミネーション」は、日本で最初の「イルミネーション」として「1981・昭和56年」に「スタート」します。大通会場には、宇宙や自然を「イメージ」した「シンボルオブジェ」が優しい光を放ち、「83万個」の「LED」が会場全体を美しく彩ります。

11月25日・土」から「12月24日・日」までは、「ドイツ・ミュンヘン」との「姉妹都市提携30周年」を記念して始まった「イベント」「ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo」を開催します。「クリスマス雑貨、ホットワイン、ドイツ料理」などの屋台が並び、大通公園が一層華やかになります。

それぞれ異なる演出で訪れる人々を魅了する「イルミネーション」です。今年新たに「ブランド」として認定された「あしかがフラワーパーク・光の花の庭・栃木県足利市」、「さっぽろホワイトイルミネーション・北海道札幌市」、「ハウステンボス・光の王国・長崎県佐世保市」で、思い出に残る冬を体感してみてはいかがでしょうか。

クリスマス」と言えばやはり「イルミネーション」は必要不可欠の「イベント」の「一つ」になりますよね。





人気ブログランキングへ

SNSでもご購読できます。