microdiet.net★クリスマス パーティシーズンを太らずに乗り切る方法

こんばんは。
今日は「microdiet.net★クリスマス パーティシーズンを太らずに乗り切る方法」の事をお伝えしたいと思います。

サニーヘルス」はこのほど、「ダイエット情報発信サイト」「microdiet.net」にて「調査レポート」「パーティーシーズンを太らずに乗り切る対策法」を公開しました。

同サイト」では「クリスマスパーティー」や忘年会など、飲食の機会が多い年末に向けて体重増加を防ぐために気をつけるべき「ポイント」を「5点」紹介しています。

まずしておきたいのが「料理内容の把握」です。「コース料理」の宴会や「パーティ」であれば、食べたい料理や「カロリー」が高そうな料理を「チェック」し、食べすぎないように「ペース配分」を考えておくことが大切であるといいます。




料理は「カロリーの低いもの」から食べ始めるとよいとのことです。野菜やきのこは食物繊維が豊富であるため、食事の最初に食べると血糖値の急上昇を抑える効果もあります。脂肪や糖質の吸収を穏やかにする作用もあるとのことです。

また、野菜を中心とする「ローカロリー」な料理を先に食べてお腹を満たしておくことで、揚げ物や「糖質・炭水化物」といった「カロリー」が高い料理の量を減らすことができるという「メリット」もあります。

アルコール」は「高カロリー・高糖質」なものが多いので、最初に「ビール」で乾杯した後は、早めに別のお酒に切り替えた方が無難だといいます。糖質の高い「カクテル」や「チューハイ」は避け、「焼酎、ウィスキー」など「糖質ゼロ」の蒸留酒や、「ウィスキー」の炭酸割りである「ハイボール」などがおすすめとのことです。

宴会や「パーティ」の翌日や翌々日の対策も重要だとしています。食べすぎや飲みすぎで「カロリーオーバー」だったとしても、数日単位で考えれば、その分を調整することも可能になるためです。




朝食は普段よりも軽めにし、「サラダ」や「温野菜、フルーツ」などで食物繊維をたっぷりと摂取するのがよいといいます。食欲がない場合、「白湯やハーブティー」だけ飲んで、内臓を温めるとよいとのことです。昼食は通常通りでも大丈夫ですが、夕食を軽めにすることで体重増加を防ぐ効果が高まるといいます。

また、十分な水分補給は代謝を促進し、むくみ解消や便通を促す作用があるとのことです。一日をかけて水分を多くすることを心がけるとよいといいます。

宴会や「パーティ」の後に体重が増えていたとしても、体内の水分量が一時的に増えているだけで、食べてすぐに体脂肪として定着してしまうわけではないとのことです。健康的な食生活に戻せば、増えた体重は必ず戻るため、落ち込まずに「リカバリー」を始めるのがおすすめだといいます。

詳しい説明は「microdiet.net」の最新の記事「パーティーシーズンを太らずに乗り切る対策法」で解説しています。

分かってはいるけど食べ過ぎてしまう方には試してみる価値はありますよね。





人気ブログランキングへ

SNSでもご購読できます。