話題★「恵方巻サイダー」★寿司酢味

こんばんは。
今日は「話題★「恵方巻サイダー」★寿司酢味」の事をお伝えしたいと思います。

年が明けたと思ったら、あっという間に「2月」の気配です。「2月」といえば、そう節分★節分といえば恵方巻きですよね★恵方巻きは、大阪などの関西を中心にした、節分に太巻き{巻き寿司}を食べると縁起がいいとされる習慣です。「1998年」に、「セブンイレブン」が「丸かぶり寿司 恵方巻」という商品を発売したことにより、「恵方巻き」という名称が定着し、全国でもその習慣が行われるようになったそうです。いまでは毎年趣向を凝らした恵方巻きが販売されますが、中でも注目の変わり種は、「コンビニ」では「スリーエフ限定販売」の「恵方巻サイダー」★実は「コレ、毎回売り切れになる人気商品」なんです★

★今年は{”まさかの寿司酢味”}




この「恵方巻サイダー」、毎年発売されて売り切れているということにも驚きですが、今年はさらに{“まさかの寿司酢味”}★もちろん「ネタ」ではなく、「プロ」の料理人も愛用する「老舗メーカー」「横井醸造」の高級寿司酢「米寿」を使用しているという本気ぶりです。「恵方に向かって一気飲み★」という煽り文句が書かれていますが、「サイダー」の炭酸に加えて寿司酢って一息で飲むにはかなり危険な匂いがします。酸味と炭酸の不思議な「ハーモニー」が味わえるとのことなので、勇気のある人はぜひ「チャレンジ」してみましょう。もし、途中で吹き出しても、声は出さないように★「サイダー」の瓶底には、恵方巻きの断面写真が「デザイン」され、「ボトル」は海苔のような黒い「パッケージ」です。瓶を高々と上げて一気飲みする姿は、恵方巻きを丸かじりする姿そのものです。飾る時は、恵方巻きに見えるように、底を上にするとより雰囲気が味わえますよ★

★「恵方巻きサイダー」の歴史

恵方巻サイダー」が発売されたのは、「2015年」の節分からです。作っているのは、「明治34年」に横浜で創業した「オリツルサイダー」という歴史のある会社です。当初の「恵方巻サイダー」の味は、ほんのり「ピーチ味」でした。なぜ「ピーチ味」かというと、社長が節分と桃の節句をまちがえて桃味にしたという、信じがたい逸話があります。でも「ピーチ味」の「サイダー」ならまちがいなくおいしそう★さて、今年の寿司酢味は一体?その味はぜひご自身でご確認ください★

★今年の恵方は「北北西」★むせないように気をつけて★




恵方巻きは、毎年変わる神様がいる方角を向いて、黙ったまま一気にもくもくと食べるのが「ルール」です。今年の恵方は、北北西です。 「恵方巻サイダー」も、もちろん黙って一気に飲むのが通ですよ。寿司酢の風味にむせないようにがんばって一気飲みに成功すれば、今年はいつもよりも多く福が訪れるかも★?

★ 商品詳細

★「恵方巻きサイダー」 まさかの寿司酢味
★ 価格:「180円
★ 内容量:「180ml
★発売日:「 1月11日{水}~
★ 発売場所:「スリーエフ全店

恵方巻を食べながら「恵方巻サイダー」を「ドリンク」で飲みたいですよね。





人気ブログランキングへ

SNSでもご購読できます。