2017年★芸能人給料公表★ドリーミー業界給与事情

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
今日は「2017年★芸能人給料公表★ドリーミー業界給与事情」の事をお伝えしたいと思います。

2017年」は芸能人が給料を公表する機会が実に多く、その高給にはたびたび驚かされました。そんな夢のある話をいくつか振り返っていきましょう。

2017年10月4日放送」の「良かれと思って★」「フジテレビ系」に出演した「ダレノガレ明美さん:27」は、「家賃130万円」以上で「200平方メートル」超えの部屋に住んでいることを明かし、年収が「6,000万円」以上だと公表しました。これを受け、同じ事務所の稼ぎ頭であり、「2016年」に同事務所の「年間売上金推定8億円」の「9割」近くを稼いだと言われている「ローラさん:27」の年収も話題となりました。

ニホンモニター社」が発表した「2017タレントCM起用社数ランキング」によると、現在の「CM契約数」は「15社」と男女総合で「1位」の「ローラさん」が、「ダレノガレさん」よりも遥かに多く稼いでいることは確実なようです。「16年12月放送」の「どよめきマネー★」「フジテレビ系」では、「井上公造さん:60」が「ローラさん」の年収を「4億8,000万円」と予測していましたが、「ダレノガレさん」の年収暴露により、かなり信憑性が増しました。




アイドル業界」からは、「元AKB48」で現在女優として「ブレイク中」の「川栄李奈さん:22」です。「6月放送」の「ウチのガヤがすみません★」「日本テレビ系」にて、「グループ在籍時」は「グッズ売り上げ」や、握手会などの「イベント」などが多かったため、卒業して給料が下がったほど「ギャラ」が良かったことを告白しました。番組内で紹介した当時の家の間取りが話題となり、「ネット上」では「年収1,000万」以上はありそうと憶測されていました。

8月放送」の「じっくり聞いタロウ ~スター近況:秘:報告~」「テレビ東京系」に同じく「元AKB48」の「平嶋夏海さん:25」と「元SKE48/SDN48」の「手束真知子さん:31」が出演した際には、「13歳」から「グループ」に所属していた「平嶋夏海さん」にとって、中学生の感覚としては「“超大金持ち”」くらいの「ギャラ」を貰っていたそうです。一方、ほぼ無名だった「手束真知子さん」は「番組MC」の「名倉潤さん:48」が当時の「ギャラ」を聞いた「厳しいけど売れていくと給料も変わるんやろうからな」と口にしていたことから、相当低かったようです。

続いては「ブレイク芸人」たちです。「17年1月放送」の「ちょっとザワつくイメージ調査 もしかしてズレてる?」「フジテレビ系」では、「メイプル超合金」の「カズレーザーさん:33」が「月収221万円、トレンディエンジェル」の「斎藤司さん:38」が「月収1,015万円」と明かしました。その後、「斎藤司さん」は「たまたま、その時だけが」と通常時はそこまで高給ではないことを「アピール」しており、「2月」には「ダウンタウンDX」「日本テレビ系」で「今月は400万円」と告白していました。

一気に「ブレイク」した芸人の最高月収は確かに凄まじく、「17年3月放送」の「じっくり聞いタロウ ~スター近況:秘:報告~」「テレビ東京系」では、「あったかいんだからぁ」で「ブレイク」した「クマムシ」が「最高月収800万円」だったと語っていました。ちなみに「クマムシ」が「ブレイク」したのは「2014年後期」で、現在は「テレビ」でほとんど見かけていません。しかし、地元の情報番組に「MC」として出演するなどして、「月収30万円」ほどはあるとのことです。




同番組では「6月」に「パンクブーブー」も月収を告白しており、「ツッコミ」の「黒瀬純さん:42」が「先々月180万円、先月200万円、今月160万円」と回答していました。「M-1グランプリ王者」ではあるものの、「テレビ」で見る機会がそこまで多くない「パンクブーブー」でこの額とは、なんとも夢があります。

ブレイク中」の女芸人たちは「17年11月放送」の「帰ってきた★ゆり山紅葉の京都びしょ濡れバスツアー 次世代おんな芸人No.1決定戦★」「日本テレビ系」で最高月収を暴露していました。「尼神インター・渚さん:33」は「90万円」、「相席スタート・山崎ケイさん:35」は「120万円」、「ゆりやんレトリィバァさん:27」は「240万円」とのことでした。

17年11月放送」の「アウト×デラックス」「フジテレビ系」では、「南海キャンディーズ」の「山里亮太さん:40」が、「10年以上」続けているという「レギュラー番組」の「ギャラ」を告白しました。これはおそらく「スッキリ」「日本テレビ系」のことだと思われますが、「1回2万5,000円」とのことでした。単純に計算すると、平日毎日放送である「スッキリ」だけで「月50万円」貰っていることになりますが、これを聞いた「矢部浩之さん:46」と「マツコ・デラックスさん:45」は「山里亮太さん」をひどく憐れんでいました。「2人」の出演料は格が違うのでしょう。

世間の批判に耐え続け、「プライベート」がほとんどないにも関わらず、人気を継続させることは難しいというと「デメリット」も多い芸能人ですが、その分成功したらとんでもない収入が手に入ります。やはり夢のある職業には違いないですね。

芸能人の売れれば勝者、売れなければ敗者の現実を見た様な気がしますよね。





人気ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。