ベッキーさん&片岡治大さん★1カ月で交際バレ★短期間での真剣交際発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「ベッキーさん片岡治大さん★1カ月で交際バレ★短期間での真剣交際発表」の事をお伝えしたいと思います。

ベッキーさん」と「巨人片岡治大さん」「コーチ」の熱愛報道に、各所で賛否が飛び交っています。互いに独身で、「二股」といった問題があるわけでもないだけに、芸能界はおおむね「祝福ムード」となっていますが、交際開始からわずか「1カ月強」ということ、さらには報道が「“タブー”」を突破しているという背景などから、関係各所の「“思惑”」にも注目が集まっているといいます。

スクープ」した「スポーツ報知」によれば、ふたりは今年に入ってから共通の知人の紹介で知り合い、「5月」に交際に発展したということです。「片岡治大さん」は「10年来」の「ベッキーファン」で、彼側からの「アプローチ」だったようです。




同紙記事では、「不倫スキャンダル」で文字通り「“火だるま”」となってしまった「ゲスの極み乙女。・川谷絵音さん」については一切触れられておらず、その点には当然、不自然さしかないようです。

不倫に触れないということが、「スクープ」を書いていい条件だったということでしょう。となると、「リーク元」は「ベッキー側」と考えられますが、一方で「“プロ野球”」と「“スポーツ新聞”」は、完全な「“主従関係”」と言って差し支えないようです。「スポーツ紙側」がどれだけの証拠を押さえていても、球団側が「ストップ」を掛ければ、「スポーツ紙」での記事化は不可能となってしまいます。

スポーツ報知」と巨人軍は、同じ読売系列ということもあり、この「“序列”」は絶対に揺るがないものなのだそうです。

つまり球団や「片岡治大さん」が、記事化について「GOサイン」を出したという「ワケ」です。「片岡治大さん」はもともと「ベッキーさん」「ファン」ということで、世間に交際を認められることは、本人にとって悪い話ではないようです。また「ベッキーさん」にしても、このままいつまでも「“不倫”」の呪縛にとらわれているよりも、次の恋を見つけたとなった方が、芸能活動を行う上では「プラス」になるようです。




それにしても、まだ「“真剣交際”」と言える段階かも不明なこの時点で報道されることには、「メディア関係者」からも不審がる声が続出しているようです。

これですぐに破局してしまっては、逆に「イメージダウン」になりかねないようです。たとえ本人同士がどれだけ真剣でも、事務所側が認めないという選択肢もあったはずです。そのため、「ベッキーさん」と「片岡治大さん」を引き合わせた「共通の知人」というのが、他ならぬ「スポーツ報知」関係者ではという説まで飛び出しています。それなら裏取りも確実にできるし、「キューピッド役」に対して、「ネタ」という形で「“お返し”」にもなるようです。

とはいえ「ベッキーさん」からすれば、「2年」ぶりの明るい「ニュース」になったことは間違いないようです。「一部」からの批判にめげることなく、かつての活躍ぶりを取り戻せることに期待したいですね。

ベッキーさん」も仕事関係には名誉挽回になることは間違いないですし、今度こそ「片岡治大さん」と幸せな「ゴールテープ」を切って欲しいですよね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。