野村周平★歩きタバコ動画流出★僕の初恋をキミに捧ぐ主演★ミスキャスト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
今日は「野村周平★歩きタバコ動画流出★僕の初恋をキミに捧ぐ主演★ミスキャスト」の事をお伝えしたいと思います。

「1月19日」に放送開始した「連続ドラマ」「僕の初恋をキミに捧ぐ」「テレビ朝日系」で主演を務める「野村周平」の「“歩きタバコ動画”」が、「ネット」上に流出しました。さらに、この件に関して「野村周平」が「Twitter」で反発したことによって炎上を招いており、業界内からも「野村は危機感を持つべき」と、苦言が寄せられています。

問題になっているのは、「プライベート」らしき「野村周平」の姿を収めた動画です。これは、ある「Twitterユーザー」が投稿したもので、「野村周平」は屋外で「女性ファン」との写真撮影に応じていたようですが、「男性ファン」の「1枚だけ」などという呼びかけは「スルー」したようです。また、「野村周平」は手に飲み物の「カップ」のほか「タバコ」を持っていて、そのまま「タバコ」を咥えて人通りの中を歩いていったようです。




動画を見た「ネットユーザー」からは、「無視は冷たい」「何より歩きタバコがダメ!」などと批判が噴出しました。すると「22日」深夜、「野村周平」は「Twitter」で「写真撮ってんのに対応冷たいとかマスコットキャラクターじゃねーんだよ」と、憤りを露わにしました。

「野村周平」は「イライラ」が収まらなかったのか、それから「約30分後」に「歩きタバコ?盗撮だろその前に」と主張しました。けれども、「約15分後」には「すいませんでした。ハッピーにいきましょう!おやすみー」と発信し、この「2つ」の「ツイート」はすでに削除されています。「ネット」上ではこれらの発言に対して、「確かに盗撮はよくない」「野村の言い分はごもっとも」といった声がある一方、「それでも歩きタバコはダメ」「歩きタバコは本当に危険だよ」「他人にケガをさせたらどうするの?」といった「バッシング」が飛び交っています。

「ファン」からも「さすがに歩きタバコは擁護できない」と指摘されている「野村周平」ですが、かねてより「バラエティ番組」の言動が、「ネット」上で批判されていたようです。

例えば、「2017年」に映画「帝一の國」の「出演者チーム」の一員として、「VS嵐」「フジテレビ系」に登場した際、自分以外の「キャスト」の話になると、僻んだり、「千葉雄大」を「オッサン」呼ばわりするなどして、視聴者から「調子に乗ってる」「見ていて不快」などと反感を買っていました。また、「野村周平」は業界関係者の間でも、「女性スタッフの前では調子のいい態度なのに、男性スタッフには「“塩対応”」」などともっぱらの「ウワサ」で、今回流出した動画も「まさに」と感じてしまうほどです。




こうした影響もあってか、「僕の初恋をキミに捧ぐ」への起用も、「ネット」上には「ミスキャストでは?」との指摘が相次いでいます。

今作は「漫画家・青木琴美氏」の同題作品の実写化で、「09年」に映画化もしています。「野村周平」が演じる「垣野内逞役」は、映画版は「岡田将生」が担当しました。「逞」は心臓病を患っている儚げな「キャラクター」とあって、「野村とは真逆のイメージ」「岡田くんが役にピッタリだっただけに、野村のキャスティングには違和感を覚える」などと不満が寄せられています。「野村周平」は「“若手イケメン俳優の筆頭”」と期待される存在ではあるものの、「17年」の主演映画「サクラダリセット「前篇/後篇」」は興行通信社発表の「映画ランキング」で圏外という「大コケ」っぷりで、彼の俳優としての評価に疑問を抱く業界関係者は少なくありません。そこにきて、今回の「歩きタバコ騒動」ですから、本人はもっと危機感を持つべきでしょう。

「野村周平」の強気な態度を好む「ファン」もいるのでしょうが、世間の批判は強まるばかりのようですね。

業界関係者に疑問を抱かれ一般人にも横柄な態度でいるようでは人間性を疑わざるをえませんよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。