渡部建★不倫騒動に関係者も同情論なし★佐々木希との結婚で一流タレントになれたのに

芸能
Pocket

こんばんは。
今日は「渡部建★不倫騒動に関係者も同情論なし★佐々木希との結婚で一流タレントになれたのに」の事をお伝えしたいと思います。

「6月11日」発売の「週刊文春」「文藝春秋」で、複数女性との不倫関係が報じられることが明らかになった「アンジャッシュ・渡部建」です。「9日」時点で、「渡部建」は「テレビ各局」に全面出演自粛を申し入れるといいます、異例の対応を見せていますが、自ら築き上げてきた芸能界での地位を、一瞬で失う行動が判明しただけに、関係者からの同情論は皆無なのだといいます。




現在、「渡部建」は芸人というより、美食家の「“肩書”」による活動が目立っています。これは、自ら戦略として編み出したものだといいます。

「渡部建」はもともと食事に一切興味がなかったにもかかわらず、「ビジネス」として「グルメ」を勉強し始め、現在の地位を築いたのです。そして、この「グルメ分野」での大成功により、「タレント」としての格も大きく上がりました。

まさに「“ステップアップ”」としての美食家活動だったわけですが、「2017年」に「佐々木希」と結婚した際にも、業界内で、同様の指摘をされていたのだそうです。




本人は「人気女優を射止めた」と鼻に掛ける様子もなく、周りからいじられているばかりでしたが、彼は「佐々木希」との結婚で、「一流タレント」として認められたところがあります。実際、仕事の幅や「ギャラ」にしても、さらに「ランク」が上がったので、当時「渡部は戦略的に佐々木と結婚したのかもしれない」などとささやかれていたものです。こうして築き上げた地位を「複数女性との不倫」という、自らまいた種でぶち壊してしまったとあって、「渡部建」には業界内で呆れた声が飛び交っています。

「渡部建」は「10日午後3時」時点で、「文春」の取材に対してのみ「コメント」を出していますが、妻や関係者、また世間に対しても、何らかの形での謝罪の準備をしているといいます。果たして「“戦略家”」「渡部建」は、この事態をどう収束させるのでしょうか。

美人妻の「佐々木希」を持ってしても「渡部建」の浮気心を止めることはできなかったようですね。芸能界からの引退が現実になるのも近いようですね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました