速報‼ジャニーズ最新情報

西内まりや★AV女優役で全裸監督出演★禊ヌード説&引退作

芸能
Pocket

こんばんは。
今日は「西内まりや★AV女優役で全裸監督出演★禊ヌード説&引退作」の事をお伝えしたいと思います。

芸能界から遠ざかって久しい「西内まりや」を、「10月20日」発売の「フラッシュ」「光文社」が激写しています。「西内まりや」は、「10月中旬、新宿・歌舞伎町」で行われた、「ヒットドラマ」「全裸監督」「Netflix」「シーズン2」の撮影に参加していたようです。「ヌードや濡れ場も避けられない」役どころで出演予定というのですが。

「2017年」、「週刊文春」「文藝春秋」報道で、当時の「所属事務所・ライジングプロダクション」と文字通り「“ケンカ別れ”」してしまったことが明らかになった「西内まりや」です。芸能活動をめぐる話し合いの最中、「西内まりや」は「同プロ関連会社社長」に平手打ちをお見舞いし、そのまま活動休止になりました。翌年「3月」には「ライジング」を退所しました。




その後、「SNS」での情報発信や、「モデル」としての活動、週刊誌の直撃取材を受けるということはありましたが、女優や「アーティスト活動」はまったくなくなり、「開店休業状態」になりました。本人に引退の意思はなかったようですが、事務所との「トラブル」が公となり、しかも「“暴力沙汰”」を起こした「西内まりや」だけに、「テレビ出演」に関しては「オファー」が来るはずもありませんでした。

当時の「文春」報道では、「アーティスト活動」に専念したい「西内まりや」は、「オールマイティ」な活躍に期待していた「事務所サイド」とは、だんだんと反りが合わなくなったとされていました。

ところが復帰の場となったのは演技の仕事で、かつ「西内まりや」が演じるのは「“伝説のAV女優”」のようです。不祥事によって元事務所に生じた負債を、「ヌード」になることで補填し、これを「“禊”」とする説も聞こえてきますが、が、元事務所とは今も関係が断たれているだけに、今回はそういった意図はないでしょう。むしろ「西内まりや」が、自身の懐を潤すために「オファー」を受けたのではないかとみられます。




「Netflix」の「出演ギャラ」は、「民放ドラマ」の「およそ2倍」と言われるだけに、「フリー」として出演契約を結んだのであれば、それなりの稼ぎにはなりそうですが。

ただ、今回の「ヌード」を「テレビ」の仕事につなげるのは至難の業でしょう。「“バックレ”」に近い形で芸能界から距離を置いた「西内まりや」には、やはり「テレビ各局」は「オファー」をかけづらいでしょう。「全裸監督」で一時的に話題や注目を集めても、むしろこれが「“引退作”」となる可能性もあります。

果たして「西内まりや」は、「事務所トラブル」の発生当初に思い描いていた活動を実現できているのでしょうか。

「西内まりや」もなりふり構わずの状態になっているのは間違いないでしょうね。



Pocket

タイトルとURLをコピーしました