ドンク★ヨーロッパ伝統菓子★パンドーロツリー★Xmas満喫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「ドンク★ヨーロッパ伝統菓子★パンドーロツリー★Xmas満喫」の事をお伝えしたいと思います。

日本では「クリスマス」に食べる「スイーツ」というと、「ケーキ」を思い浮かべる人が多いでしょうね。ですが最近、「ドイツ」の「シュトーレン」をはじめとした「ヨーロッパ」の伝統菓子が、じわじわと人気を集めています。

現在ではさまざまな「メーカー」から販売されていますが、日本で早くから「シュトーレン作り」に取り組んできたのが、「創業112周年」を誇る老舗、「ドンク」です。今年も「ドンク」の店頭には、「12月25日:月」までの期間中、多彩な「ヨーロッパ」の伝統菓子が並んでいます。




その代表格である「シュトーレン:1,728円、スライス2枚入り432円」は、自家製の「マジパン」を真ん中に巻き込み、しっとりとした食感に仕上げた一品です。たっぷり入った「ドライフルーツ」は、「ラム酒」と「ブランデー」に「1カ月」ほど漬け込み、奥深い味わいを出しています。

イタリア」の伝統菓子「パネトーネ」と「パンドーロ:共に1,188円」も見逃せません。「パネトーネ」は、「15世紀」に「ミラノ」で誕生したと言われる、伝統的な発酵菓子です。「リエビト種」と呼ばれる「オリジナル」の培養酵母を使い、熟成発酵させた柔らかな生地に、「ドライフルーツ」が散りばめられています。ちなみに「イタリア」では相手の幸福を祈り、「パネトーネ」を贈る習慣があるのだそうです。

一方の「パンドーロ」は、「18世紀頃」に「ベローナ」で生まれた発酵菓子です。「パンドーロ」は「イタリア語」で「“黄金のパン”」を意味し、その名の通り黄金色の生地が特徴です。卵黄と「バター」をたっぷり用いて作られる生地は、驚くほどふわっふわです★日本で発酵種を作ると、気候の影響を受けて風味が変わってしまうため、「ドンク」では年に一度「イタリア」へ行き、発酵種を仕入れてくるそうです。




なお、星形をした「パンドーロ」は、ひと手間加えればかわいらしい 「“パンドーロツリー”」を作ることもできます。水平に「スライス」した生地を左右にずらすようにして重ね、「ホイップクリーム」や「ラズベリー」で「デコレーション」すれば、「シンプル」な「パンドーロ」があっという間に華やかになります★「クリスマスシーズン」に、親子で作ってみるのもおすすめです。

また、これらの「クリスマス菓子」に続き、「12月27日:水」から「2018年1月15日:月」までの期間は、「フランス」の伝統菓子「ガレット・デ・ロワ:2,160円」も販売されます。

ドンク」のこだわりがたっぷり詰まった、「ヨーロッパ伝統菓子」と共に、今年の「ホリデーシーズン」を楽しんでみてはいかがでしょうか。

ヨーロッパ伝統菓子」を堪能して最高の「クリスマス」を過ごしたいですよね。





人気ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。