GACKT★仮想通貨で違法疑惑★黒いカネ&女のウワサ★悪運が強い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「GACKT★仮想通貨で違法疑惑★黒いカネ&女のウワサ★悪運が強い」の事をお伝えしたいと思います。

「3月28日発売」の「週刊文春」「文藝春秋」により、仮想通貨「スピンドル」をめぐる「“違法営業疑惑”」が報じられた「GACKT」です。「ウェブサイト」「週刊文春デジタル」では同日、「GACKT」の「“営業トーク”」音声も公開されましたが、業界関係者の間では「今回もGACKTの悪運の強さが発揮されるか?」と「ウワサ」されているようです。

「文春」は、「GACKT」が「2017年」に「仮想通貨業者・ブラックスター」の仮想通貨「スピンドル」の商談会に登場し、資金決済法「無登録営業」に違反する恐れのある話をしていたと報道しました。同誌は「GACKT」への「コンタクト」を試みたようですが、締め切りまでに返事はなく、所属事務所からは、「プライベート」について「把握しておりません」と回答があったそうです。




報道内容の真偽によっては、「GACKT」も罪に問われ、芸能活動休止を余儀なくされる可能性もありますが、「GACKT」には、これまでも度々「“芸能界から一発退場”」となってもおかしくない「スキャンダル」が浮上していました。

「2011年」の東日本大震災後、「GACKT」は復興支援のための義援金を募る「SHOW YOUR HEART基金」を設立したのですが、この募金受付窓口が当初、専用口座ではなく「オンラインゲームサイト」を運営する「NHN Japan」の口座になっていたことにより、「ネット」上で「詐欺じゃないの?」と、騒がれました。そして「2012年」には、この義援金の一部について「GACKTの個人事務所関係者が横領したのではないか?」という疑惑も浮上しました。

また同年、「文春」は東京国税局査察部「通称マルサ」が「GACKT」の強制捜査に乗り出したこと、さらに海外に住まわせている愛人と隠し子へ、「“不透明”」な金が渡っていることを報じました。「2013年」には「フラッシュ」「光文社」が、「GACKT」から強制わいせつと強姦の被害を受けたという女性の告発記事を掲載しました。この女性は被害届を出し、警察で受理されたと伝えていました。

こうした報道が出るたびに、「マスコミ」も「GACKT」の動向に注目していました。特に「2012年、マルサ」の強制捜査が「スクープ」された際は、いつ逮捕されても対応できるよう、「各メディア」が取材を進めていたほどです。




ですが、結果として、「GACKT」が逮捕されることは一度もなく、現在は「二階堂ふみ」との「ダブル主演映画」「翔んで埼玉」「今年2月公開」が「大ヒット」中です。

「マスコミ関係者」の間では、何があっても一向に芸能界から消える気配のない「GACKT」は「悪運が強い」と言われています。「タレント」が「“高級品”」と「“安物”」を見極める「バラエティ番組」「芸能人格付けチェック」「テレビ朝日系」でも、「GACKT」は勘の良さを発揮していますから、「悪運の強さも、ずば抜けた勘の良さによるもの?」などと冗談めかして言う関係者もいるようです。

黒い疑惑だらけの「GACKT」ですが、いつか「“Xデー”」を迎えるのでしょうか。

「ファン」は激震の走る日が来ないことを祈りたいですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。