あけおめLINE★モテor非モテ 境界線3★時間帯 内容 頻度

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「あけおめLINE★モテor非モテ 境界線3★時間帯 内容 頻度」の事をお伝えしたいと思います。

お正月には「あけおめ」を、「LINE」で送る女子も多いですよね★気になる男子にも、お正月に「“かこつけて”」「LINE」する絶好の「チャンス」でもあります。
ところが、最近ではみんなが「あけおめLINE」をするので、内容や「タイミング」によって好印象になれば悪印象にもなるので、少し気をつけなくてはなりません★
そこで今回は「あけおめLINE」にまつわる「モテるorモテない」の境界線を「3つ」ご紹介します。

★「モテるorモテない:あけおめLINEの境界線って?




★「 時間帯の境界線

あけおめ★」は、「1月1日」へと日付が変わったばかりの時間帯に飛び交うのも一般的ですが、自分に好意を寄せている雰囲気がある女子から「0時」きっかりに「LINE」が届くと、「ウンザリ」という男子もいるようですね。
その男子に一番乗りで「あけおめ」を送りたかった気持ちが「バレバレ」すぎて、「ちょっと重いんだよなぁ」という心境にさせてしまうことがあるのです。大晦日から元日にかけては起きている男子が多いものの、内容よりも「“一番乗り”」を狙っている雰囲気に、「ゲンナリ」しちゃうというわけですね。爽やかな「元旦LINE」を送りたい女子は、元日のお昼間に送ると無難です。

★「 内容の境界線

あけましておめでとうございます」と自分の言葉で綴っている「メッセージ」と、お正月っぽい絵が描かれている「スタンプ」のみの「LINE」だったら、前者のほうが心のこもった「メッセージ」に感じるのも、男子の心理です。
恥ずかしくて文章を送りにくいから、スタンプで★」と思ってしまう女子もいるかもしれませんが、せっかくの「チャンス」なので、ぜひ自分の言葉で送信してください★
ちなみに「スタンプ」の連打も、たくさんの「あけおめLINE」が届く男子ほど「わずらわしい」と迷惑がるので、真心を込めつつもあっさりめの内容のほうが「ベター」です。
元旦早々、画面いっぱいの「長文メッセージ」も、爽やかなお正月の雰囲気を壊しちゃうので危険です★




★「 頻度の境界線

あけおめLINE」は、基本的に「あけましておめでとうございます」のご挨拶をするのが目的ですよね。
なので、彼が「ノリノリ」で返信してきてくれた場合でも、元日早々に何度も「LINE」を送ってしまうと、うっとうしがられることがあります。
同じく、「スタンプ」の連打も危険です。お正月にはのんびり過ごしたい人が多いだけに、何回も「スタンプ」を送って「グイグイ」しすぎると、ちょっと浮いちゃうのです。
彼の最初の返信が「“質問ぜめ”」で返ってきたならともかくとして、特別に積極的な返信を求めている様子が見えない場合は、ふだんよりおとなしめに送るくらいがちょうどいいでしょう。

お正月の「おめでとうございます」は、気になる彼に堂々と「LINE」を送れる口実にもなりますが、勢いづいちゃって積極的すぎる印象を与えるのは避けたいところですね。
新しい年のはじまりには、ぜひ、爽やかかつ好印象な「LINE」で「モテ」を狙ってみてくださいね。

あけおめLINE」は新しい形の挨拶方法ですよね。礼儀と作法を忘れない様に送りたいですよね。





人気ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。