JRA★GⅠホープフルステークス★似非GⅠ的 位置付けレース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「JRA★GⅠホープフルステークス★似非GⅠ的 位置付けレース」の事をお伝えしたいと思います。

先日の有馬記念は「キタサンブラック」が有終の美を飾り、「最多タイ」となる「GⅠ7勝目」と歴代獲得賞金で「1位」に輝く最高の勝利を収めました。今回の結果は競馬界にとっても非常に意味のある内容であったし、何よりも知名度の高い「ヒーロー」が「ヒーロー」らしい勝ち方で終われた事は来年以降の「競馬イメージ向上」に繋がるのではないでしょうか。とにかく気持ちの良い締め括りだった「2017年」の中央競馬でした。
ところが、例年ならここから正月競馬まで間が空いて暫くの充電期間となる筈ですが、何と今年は「28日」の木曜日に「GⅠ」に昇格した「ホープフルステークス」が行われます。「当レース」は昨年まで「GⅡ:2013年までオープン特別」だった「2歳牡馬中距離」の舞台条件でした。そもそもが「2歳牡馬」の「チャンピオン」を決める「朝日杯フューチュリティステークス」があるにも関わらず、その翌週にまた同じ様な種類の「GⅠ」が開催されるのはいささか疑問に感じる次第です。




JRA」が「客寄せパンダ」として作った「似非GⅠ的」な位置付けの「レース」とも思え、逆にこれがある事で「朝日杯フューチュリティステークス」の「メンバー構成」が弱小化する「リスク」さえ生まれてしまっているのではないでしょうか。現に勝った「ダノンプレミアム」が「2着以下」を「3馬身以上」も離す「ワンサイドゲーム」で、「2着以下」は到底「クラシック」で活躍が見込めない馬たちばかりでした。では今回の「ホープフルステークス」で超有力な主役級がいるのかと聞かれれば答えは「NO」です。現在の「想定1番人気」と「ジャンダルム」は「デイリー杯2歳ステークス覇者」ですが母はあの「ビリーヴ」です。「2000m」が持つとは思えないし、続く「タイムフライヤー」は「京都2歳ステークス」で「グレイル」に完敗しています。以下「アイビーステークス5着」の「フラットレー、東京スポーツ杯2歳ステークス」で「ワグネリアン」に「ブッちぎられたルーカス」と、上位人気勢の小粒感が半端ないのです。
これではあの大盛り上がりを見せた有馬記念の直後に開催され、しかもその「一年」の「トリ」を「飾るレース」としてはかなり違和感を感じてしまいます。勿論、若駒の選択肢が広がり無理のない「ローテーション」を組めるのは馬都合としては「メリット」もあるでしょう。とは言え、「ファン」からすればそんな事は一切関係なく、実際に開催される当日は観客の少ない中山競馬場の画が優に想像出来てしまいます。そうなると、せっかく作り上げて来た「2017年」の中央競馬の「イメージ」も損なわれる気がしてならないのです。
実際に当日の雰囲気を見てみないと分からないのですが、「十中八九」そうなるでしょう。単に「大きいレース」を乱立すれば良いのでは無く、適切で需要のあるものを提供して行かなければ何の意味も成さないでしょう。それなら「芝の1400」や「1800m」の非根幹距離と言われる部類の「レース」や、「ダートスプリント、若しくはダートステイヤー」の為の「GⅠ」の方が遥かに「ワクワク」が止まらない筈でしょう。
兎にも角にも、「ホープフル=希望に満ちた、とは名ばかりの残念なレース」にならない事を祈るばかりです。




客寄せパンダとして作った「似非GⅠ的」な位置付けの「レース」だとしても列記とした「GⅠレース」に変わりはないですよね。





人気ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。