今井翼★ハワイ静養はジャニーズの口止め料★文春リーク元疑われるウラ事情

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「今井翼★ハワイ静養はジャニーズの口止め料★文春リーク元疑われるウラ事情」の事をお伝えしたいと思います。

「9月20日」発売の「週刊文春」「文藝春秋」が報じたところによると、「タッキー&翼」の解散と、「ジャニーズ事務所」からの退所が発表されたばかりの「今井翼」について、今後「ハワイ」で静養する予定があるといいます。これに関し、「ジャニーズ」に近い関係者は「今井への「“ご機嫌取り”」だろう」と指摘しています。

「タッキー&翼」は「同13日」に、「10日」をもって解散していたことを報告しました。「今井翼」は持病の「メニエール病」が再発してすでに活動休止状態でしたが、今後も治療に専念するという名目で事務所を退所しました。一方で、「滝沢秀明」は年内で芸能活動を終了し、以降は「プロデューサー」として「タレント」の育成に尽力すると明言しています。




そんな中、今回の「文春」には「ジャニー喜多川社長」の寵愛を受ける「滝沢秀明」と、「ジャニー氏」の「姉・メリー喜多川副社長&メリー氏の娘・藤島ジュリー景子副社長」の対立関係についても詳細に書かれています。

そのほかにも「近藤真彦」への直撃、また「中居正広」の「“CULEN合流説”」について「飯島三智氏サイド」から初めて「否定コメント」を得るなど、力の入った特集になっています。そして「ジャニーズ内部」も気をもんでいるというのですが、「今井翼」の今後について書かれた部分です。

記事によると、「ジャニーズ」は退所が決まっている「今井翼」に、療養に専念できるようにと「ハワイ旅行」を手配し、海外での静養を提案しているといいます。

全費用が「ジャニーズ持ち」となる、「今井翼」の「ハワイ」行きです。これは、「ジャニーズ」が「今井翼」の「“口止め”」のために用意した「プラン」だと言われています。実は、以前より事務所内部から「文春」の「“ネタ元”」について、「今井翼」を疑う声が続出しているようです。同誌は「8月時点」で、「タッキー&翼」の解散や、「滝沢秀明」が「ジャニー氏」の後継者になるといった情報を報じていました。そして先頃の「ジャニーズ」による発表は、「文春」の記事とほぼ同じ内容だったことから、「今井本人が情報源なのでは」などとささやかれているようです。




この点については、「一部ファン」からも「これは今井本人のリークでは」という声が出ていたほどでした。

「ジャニーズ」は「今井翼」と「文春」が接触しにくくなるように、そして「今井翼」の機嫌を取るという意味でも、長期の「ハワイ旅行」を「プレゼント」したのでは、ということです。「ハワイ」行きについて「今井翼」自身は了承していて、近く本当に日本から去ることになるようです。

情報漏えいの対策に躍起となるのは当然ですが、厄介払いされたともとれる「ハワイ旅行」です。癒やしの島で「今井翼」は何を思うのでしょうか。

「リーク」情報が真実とすれば「ファン」としても複雑な心境にならざるを得ないですよね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。