北山宏光★貴重映像の存在を明かす★玉森裕太&宮田俊哉★青春アミーゴが存在

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「北山宏光★貴重映像の存在を明かす★玉森裕太&宮田俊哉★青春アミーゴが存在」の事をお伝えしたいと思います。

「7週連続」で、「単独パーソナリティ企画」を実施中の「ラジオ」「Kis-My-Ft2 キスマイRadio」「文化放送」です。今回で最後となった「9月19日」深夜の放送回には「北山宏光」が登場し、「ジャニーズJr.」の頃から見てきた「玉森裕太」の成長ぶりについて語りました。

自分以外の「6人」の名前が書いてある「サイコロ」を振り、名前の出た「メンバー」について語るという「キスマイダイス」の「コーナー」で「玉森裕太」を引き当てた「北山宏光」です。学年は「4つ」離れていますが、事務所の「オーディション」を受けた時期は半年から「1年」ほどしか変わらないといいます。

最初の出会いは「玉森裕太」が中学生の頃だったようで「ウナギイヌって呼ばれてたの、アイツ確か。なんかヒョロヒョロ、もじもじしてるイメージだったかもしれない。話しててすごいオドオドしてた気がするなぁ」というのが「第一印象」だったようです。そして、「グループ」を結成した当初は、「“ガツガツしていないと生き残れない風習があった”」ことから「あいつ大丈夫かな?」と思っていたようです。




当時は、ほかの仕事で歌番組の「リハーサル」に出られない先輩に代わり、立ち位置の確認などを務めることもあったそうで、「山下智久」と「KAT-TUN・亀梨和也」による「ユニット曲」「青春アミーゴ」「修二と彰」の代役を「玉森裕太」と「宮田俊哉」が行ったこともあるといいます。

「歌、カメリハをあの2人でやって、あいつら2人でやってた「青春アミーゴ」とかあるんだよ。ダミーだから外「部」には出てないけど」と興奮気味に話し、この時から現在も「2人」の「コンビ名」として「ファン」の間で親しまれている「“たんまみーや”」という「コンビ名」が誕生したと明かしていました。

さらに、「あいつが20歳になった時にお祝いしたな。体育会系な感じで。もう全然言えないような「笑」」と、「A.B.C-Z ・塚田僚一」をはじめ、当時「A.B.C.」として活躍していた「メンバー」も全員駆けつけお祝いしたことを回想しました。

それからは「ドラマ」の主演を務めたり、「バラエティ番組」「いきなり!黄金伝説。」「日本テレビ系」で「1ヶ月1万円生活」企画に出演することで、大きく成長していったと話す「北山宏光」でした。そして現在は、「DREAM BOYS」で座長を務めている「玉森裕太」ですが、「「堂本」光一くんでしょ「Endless SHOCK」、「タッキー」「滝沢秀明」「滝沢歌舞伎」でしょ。で、それに並ぶ「ドリボ」で、最初「の座長が」亀梨君で、玉でしょ?俺がJr.の時とかだったら座長って信じらんないよね。それを背負ってるんだからすげぇなぁ。あの玉ちゃんが!って感じ」と、その成長ぶりに驚きつつもうれしそうに語っていたのでした。




そして「彼は、もうストレートで俺の中だともしかしたら一番男っぽいんじゃないかなと思うんだよね」「意外と話すとね、「あ、芯あんな」っていうのをすごい感じる」と評し、「玉森裕太」の両親の印象も踏まえて「あの家族あっての、玉って感じかな」 と「コメント」しました。「期待してますよ。絶対もっと世の中に気付かれた方がいい人だと思ってる」とまとめたのでした。

普段は聞けない「北山宏光」の思いに「ファン」からは「昔の頼りなさから、現在の座長の姿まで追った愛あるトークでよかった!」「すごい熱く本音で語ってた!」という声が上がっていました。

「10月5日」からは「オールナイトニッポンPremium」「ニッポン放送」の「金曜パーソナリティ」を務めることが決まっている「キスマイ」です。基本的には生放送なだけに、より素の状態に近い彼らの言葉を聞けることを「ファン」も楽しみにしているでしょう。

「北山宏光」も「玉森裕太」と「Jr.時代」から一緒に「メンバー」として過ごしてきたからこそ熱い愛を感じる言葉が出てきたんでしょうね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。