大倉忠義・死ぬほど頑張る★安田章大・開頭した傷隠さない★関ジャニ∞騒動

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「大倉忠義・死ぬほど頑張る★安田章大・開頭した傷隠さない★関ジャニ∞騒動」の事をお伝えしたいと思います。

「9月22日」と「23日」、台湾の「台北アリーナ」で「KANJANI’S EIGHTERTAINMENT GR8EST in Taipei」を開催する「関ジャニ∞」です。「8月~9月」にかけて、「大倉忠義」と「錦戸亮」の「女性スキャンダル」が写真付きで報じられたばかりですが、先日の「コンサート」では「ファン」を前に「“反省”」を示す発言が飛び出したといいます。

「関ジャニ∞」は、「メインボーカル」だった「渋谷すばる」が今年「4月」に「グループ」からの脱退を発表しました。「7月15日」に始まった「KANJANI’S EIGHTERTAINMENT GR8EST」をもって、「6人体制」の活動が「スタート」しました。「渋谷すばる」が抜けた後、初の「シングル」「ここに」「9月5日発売」は初週「24.2万枚」を売り上げ、「オリコン週間シングルランキング」「同17日付」で「1位」を獲得しました。「ファン」も一致団結して「6人」を応援する中、「錦戸亮&大倉忠義」に不名誉な報道が噴出しました。




「錦戸亮」は「8月」と「9月、2度」にわたって別々の女性と関係を持った際の「“寝顔写真”」が「フライデー」「講談社」に掲載されました。また、今度は「大倉忠義」が「9月11日」発売の「フラッシュ」「光文社」で名古屋の「美人ホステス」との一夜が暴露され、無防備な「火遊びベッド写真」として報じられています。「同15日」に福岡で行われた「コンサート」では、終盤の挨拶で「大倉忠義」が「死ぬほど頑張ります」と決意を語り、「錦戸亮」も「シンプルに応援したいと思ってもらえる僕でいたい、僕らでありたいと思います」などと、神妙な面持ちで話していたようです。

こうした「2人」の「コメント」に「ファン」は「信じてついて行く」「錦戸と大倉が言ったこと絶対忘れない。「死ぬほど頑張る」「応援してもらいたい」って思うんだったら絶対ファン減らすような行動とらないで、自覚して」と、さまざまな反応を見せています。

一方で、「関ジャニ∞」といえば、「渋谷すばる」の脱退発表以降も「安田章大」が昨年「2月上旬」に「髄膜腫」を患い、脳腫瘍の摘出手術を受けていたことを公表しました。無事に回復してきているそうですが、「4月」には立ちくらみが原因で転倒し、背中と腰に「全治3カ月」の骨折を負い、「ファン」を心配させました。最近の「コンサート」などにおいて、「一部ファン」から「ヤスくんの頭部にある傷って、やっぱり手術痕なのかな?」といった疑問の声が出ていたのですが、本人は「公式携帯サイト・Johnny’s web」の連載「ボク。」「9月10日」で、自身の傷に言及しています。「9月11日」に「34歳」の誕生日を迎えた「安田章大」は、「33歳」最後の更新で「ボクは開頭した傷もこの先隠す事もしたくないと思う」「これが過去のボクだし今のボクだしね」と綴りました。

「ファン」は「安田章大」の決心に対し、「ヤスくんの髪型は、傷さえも隠すことが嫌だったんだろうな。ヤスくんらしいと思う」「手術痕のこと、「ボク。」で触れてくれてる あの刈り上げはあえてだったのか。安田くん尊い」「刈り上げから見えてたのは手術痕だったのね。隠さないところがカッコいい」と、感激しているようです。実際、「17日」放送の「ミュージックステーション ウルトラFES 2018」「テレビ朝日系」は「両サイド」を刈り上げた「スタイル」で登場しており、今後もありのままの姿を公開していくのでしょう。




そんな中、体調面に注目が集まっている「安田章大」を「“利用”」する「メンバー」もいるようです。「9月17日」放送の「月曜から夜ふかし」「日本テレビ系」で、「マツコ・デラックス」が「村上信五」にとある疑問を直撃しました。

「8月31日」放送の「ミュージックステーション」は、「関ジャニ∞」にとって「6人体制初」の出演とあって、大きな話題になりました。この「オンエアー」を「マツコ・デラックス」も「チェック」していたそうで、「不必要に安田の肩に手を回して、映るようにしてたわね。あれなかったら、お前なんて映ってないから」と、「村上信五」を「イジ」りました。「村上信五」が「映りたいやん!」と、意図的な行為だった旨を認めると、さらに「マツコ・デラックス」は「安田がさ、歌ってる場面が多い曲だから、安田は元々カメラが抜こう「映そう」としてるわけよ。それにさ、肩組んで、カメラさんもしょうがないからツーショットでいくわけよ。あれはひっどいわ!」と、「ダメ」出ししました。こう指摘をしてきたのは「マツコ・デラックス」だけだったといい、驚く「村上信五」に向けて「マツコ・デラックス」は「すぐにわかったもん。安田がちょっと「え?」っていう。えげつない、コイツ!」と、「バッサリ」斬り捨てていました。

「ファン」の間では、単なる「“安田便乗説”」ではなく、本当は「安田章大」を心配して支えていたものの、「照れ隠し」で「マツコ・デラックス」の言い分に乗っかった可能性もあるという見方が浮上しています。いずれにせよ、「メンバー」が力を合わせて台湾での「ライブ」や「11月」の「京セラドーム大阪公演」を乗り切ってほしいものですね。

「錦戸亮」も「大倉忠義」も猛省している姿を「ファン」に報告したようなので「2人」をもう一度信じてみるのも「ファン」の役目なのかも知れませんね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。