永瀬廉★負けず嫌いなのか&ZIP!企画・球舞★師匠が撮影裏話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
今日は「永瀬廉★負けず嫌いなのか&ZIP!企画・球舞★師匠が撮影裏話」の事をお伝えしたいと思います。

朝の情報番組「ZIP!」「日本テレビ系」内の「King&Prince」の「冠コーナー」「弟子入り~DESHIIRI」です。「9月17~21日」は、「小・中学校」で「サッカー部」に所属していた「永瀬廉」が、「フットボールスゴ技パフォーマンス集団」「球舞」に弟子入りしました。緑色の「モヒカン頭」が特徴の「Marco.師匠」の指導のもと、「サッカーボール」を使ったさまざまな「パフォーマンス」に挑戦しました。

初っ端から、額に乗せた「ペットボトル」の上に「サッカーボール」を乗せるという大技を見せられ、思わず「弟子入りする人間違えた」と言ってしまう「永瀬廉」でした。早速、「リフティング」を披露しようとするも、「ボール」を「チームメイト」の顔面にぶつけてしまい、かなりの「ドタバタ」で弟子入りが「スタート」しました。




まずは蹴り上げた「ボール」を首の後ろで「キャッチ」する「“ネックキャッチ”」に挑戦することになったのですが、左利きの「永瀬廉」はうまく蹴れないようで、「なんでそっち流れんねん!」「なんでそっち行くんだよー!」という師匠の叫び声もむなしく、全部の「ボール」が左に流れてしまいます。ですが、その後は師匠も「ひたすら「練習」やるね」と、驚くほどの集中力と負けず嫌いを発揮して見事「ネックキャッチ」を成功させ、「しゃーー!!」と「永瀬廉」は雄叫びをあげました。

今回の「オンエア」に関しては、師匠をはじめ「ロケ」に参加した球舞の「メンバー」が連日「Twitter」で告知をしていたのですが、この時のことを振り返った球舞「U-taro氏」は「負けず嫌いなのかひたすら練習して、見事に習得してましたね」と「ツイート」しました。

また、「ボール」をまたぎながら軸足で蹴る「“クロスオーバー”」に挑戦し、「1発目」で成功させた「永瀬廉」が、師匠に「ハイタッチ」を求めたにもかかわらず、華麗に「スルー」されてしまったことについて、「ハイタッチのくだり面白かったです」と「ファン」に「コメント」をもらった「U-taro氏」は、「カメラの裏で笑え堪えるのが大変でした、笑」「原文ママ」と裏話を明かしていました。完全に師匠にしてやられた「永瀬廉」は「慣れてますね ビビった今」と少し動揺していたようにも見えましたが、この時にはすっかり関係性が出来上がっていたということなのでしょう。




その後は、「4人同時」に「リフティング」で「パス」を回す技も習得して、最終日は今までの技を全部組み合わせた上で、はしごを使った「ヘディングパス」や「空中トラップ」を「ノンストップ」で披露しました。最後は苦労して習得した「ネックキャッチ」からの「クロスオーバー」も見事に決め、汗だくになった「永瀬廉」は、「しゃーー!!」と雄叫びをあげながら「球舞メンバー」と「ハグ」しました。「バリ感動しますね!これ」とすべての力を出し切った様子なのでした。

そんな「永瀬廉」に「ファン」からも「好きな廉くんばかりでした」「ラストの廉くんにバリ感動。真剣な廉くんの顔大好き」「無事演技を終えたときのクシャっとした顔が、一瞬泣き顔に見えて、この子は、これを繰り返してデビューしたんだろうなぁと感動した」との声が上がっていました。

そして放送終了後には、「Marco.師匠」も「Twitter上」で「いやほんとに感動したっす 時間ない中でよく頑張ったよね~自分含め、球舞メンバーも楽しませてもらいました~とにもかくにも、レンレンおつかレン!!」と「コメント」しました。そのほか、「球舞Shirai-chan氏」からも「廉くん頑張りました 限りある時間の中で一生懸命諦めず練習してる姿は忘れない そしてあの一体感はテレビでも伝わったと思います 最後に感動をありがとう 一緒にパフォーマンスできて楽しかった~」という「ツイート」が投稿されており、「永瀬廉」が「ストイック」で真面目に「ロケ」に臨んでいることが、番組内外からよく伝わってきた放送回となりました。

「永瀬廉」の「ストイック」なまでの諦めない根性が垣間見えて「ファン」も一緒に感動を味わえたようですね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。