キンプリ★仙台駅ファン殺到★新幹線遅延★窓を叩く&駅員に反抗★危ない暴走

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「キンプリ★仙台駅ファン殺到★新幹線遅延★窓を叩く&駅員に反抗★危ない暴走」の事をお伝えしたいと思います。

「8月10日」に「スタート」した「King & Prince First Concert Tour 2018」が、「9月21日・22日」の宮城公演「セキスイハイムスーパーアリーナ グランディ・21」をもって「ファイナル」を迎えました。「コンサート」は通常通り行われたといいますが、帰りの新幹線に乗る「メンバー」の姿を一目見ようと、仙台駅に多くの「ファン」が集結したようです。「ホーム」に人があふれかえって周囲は騒然となり、新幹線は数分遅れで出発するなど、一般の利用客にも被害を与えてたようです。

「ジャニーズJr.時代」から個々に人気を獲得していた「平野紫耀、永瀬廉、高橋海人、岸優太、神宮寺勇太、岩橋玄樹」の「6人」は「King&Prince」として「5月」に「CDデビュー」しました。「1stシングル」「シンデレラガール」は「オリコン週間シングルランキング」で「初週57.7万枚」と「大ヒット」を記録したばかりか、「8月時点」で売り上げは「70万枚」を突破しており、新たな「ファン」も徐々に増えてきています。

そんな順風満帆な「King&Prince」の記念すべき「ファーストコンサート」において、最終公演の地、仙台を離れる際に、思わぬ「トラブル」が発生しました。「メンバー」が乗車したとされる新幹線の「ホーム」に「ファン」が群がり、発車間際の現場の状況を捉えた「ネット上」の動画が注目を集めています。「2分20秒」にわたる映像は、仙台駅の「ホーム」で警笛が何度も鳴り、「電車が発車できません」「電車に近づかないでください」などの「アナウンス」が確認できる内容で、物騒な雰囲気が伝わります。




「ホーム」に人がごった返していただけでなく、「King&Princeメンバー」が座った場所と思われる一部の窓を女性たちが覗き込む姿が衝撃的だったようです。年齢層は若い子に限らず、「30~40代」の女性、子ども連れの母親までさまざまのようです。また、途中で係員が来て「黄色い線まで下がってください!」「黄色い線踏まない!黄色い線下がれ、ほら!」と強い口調で注意する一幕もあったようです。車内を撮影したのか、「スマートフォン」を見ながら「これ廉くん?紫耀くんがこれ?」と「チェック」する若い女の子も映っており、この数分でも一般の利用客にとっては迷惑だったのではないかと、想像できる場面のようです。

そのほか、「Twitter」に「アップ」されている別の動画でも、駅の係員が制止する中で、「スマホ」を上にあげてどうにか車内を撮影しようと試みる複数の「ファン」の姿が映っています。動画には、通行人や「King&Princeファン」の顔がはっきり映っていたためか、「24日」までに削除されたものの、「ファン」の書き込みによれば、こうした現場の「混乱・混雑」により、「メンバー」が乗った新幹線は「7分遅れ」での出発になっていたといいます。

当日、新幹線を利用した一般客はこの騒ぎに驚きを隠せず、「改札前でもエスカレーター前にたまられて完全に道が塞がれてしまい、一般の新幹線ユーザーが使えなくて非常に困った。もう少し周りへの配慮が必要だと思う」「新幹線のグリーン車でキンプリとたまたま一緒で、ファンが窓から覗いたり、叩いたりひどかった。発車が少し遅れて、駅員さんがまわった時に本人たちが謝ってましたよ。なにも悪くないのにかわいそう」と、「一部マナー違反者」へ不快感を露わにしています。

さらに、同じ「King&Prince」の「ファン」からも「仙台駅は地獄だった!新幹線に近づくのもやっとだし、ようやく乗れると思ったら「これに乗りたいから譲ってくれ」とか。「カバン」掴まれて危うく乗れないところだった」「駅員さんに怒鳴られても「うるせぇー!」と反抗したりとか発車時間遅らせるほど邪魔するとか、本人たちが喜ぶと思ってる?ライブで楽しい思いをしたのに不愉快だった!駅員さんも「ジャニーズの中でも久々にひどいな」って口にしてた」などと、嘆きの声があったようです。




仙台駅での騒動で、事務所側もこれ以上の「パニック」を避けるためか、「メンバー」は本来降りる予定だったとみられる東京駅より手前の上野駅で下車したようです。昨年「9月、ジャニーズ事務所」の「公式サイト」では「大切なお願い」として、以前から公共交通機関で大きな混乱が生じた時に「関係各機関より事務所に対して事態を改善するよう再三に渡り、注意・警告を受けております」といった「コメント」を掲載しています。「タレントが移動する際の駅や空港などでの過激な追跡行為は今後、絶対におやめください」と、いくつか具体的な事例を挙げて呼びかけていたものの、いまだ同様の「ケース」が散見されています。

昨年「8月、Hey!Say!JUMP・八乙女光」は「公式携帯サイト・Johnny’s web」の「グループ連載」「JUMPaper」内で、駅や空港で「メンバー」を待つ「ファン」に注意を促し、「そのうちに、ジャンプのライブの移動は危ないからって警告を受けて、まだまだ行きたい場所も行けなくなると思う」と警告しました。同年「11月」には「Kis-My-Ft2」の「玉森裕太」も「Johnny’s web」の連載「まいにちたまもりゆうた」にて、大阪と東京を往復した日は、多くの人々に靴を踏まれながら歩いたとこぼしつつ、「正直いろいろと辛かったですわ」「気をつけて じゃなくて やめて欲しいかな。そして危ないからね」と、靴を踏む距離まで近づく「ファン」に苦言を呈した一件もあったようです。

また、今年「2月」に「派生ユニット・舞祭組」の「コンサートツアー」で地方を巡っていた「Kis-My-Ft2・二階堂高嗣」は「Johnny’s web」の連載「にかちゃんの海ときどき◯◯」で、仙台公演を振り返りながら、「ただ、地方のLIVE帰り程ス○○スが溜まることは無いんじゃないかなーと思います」と、暗に「“ストレス”」を示す「4文字」を伏せ字で綴り、「ファン」の間で物議を醸しました。

今後の移動にあたって、事務所も何らかの対策を考えていくのでしょうか。そもそも、駅や空港などで「タレント」を待ち構え、執拗に追いかける「ファン」に問題があるだけに、少しでも迷惑行為が減ることを願いたいですね。

折角の「チャンス」だからといって他の乗客に不快な思いをさせてまで迷惑行為をして「キンプリ」に近づこうとしても「メンバー」は嫌な気持ちが増幅するだけで仙台に「コンサート」に来ようと思わなくなるでしょうね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。