関ジャニ∞★ペコジャニ∞!★迷走に終止符★謎すぎる最終回★ファン悲鳴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「関ジャニ∞★ペコジャニ∞!★迷走に終止符★謎すぎる最終回★ファン悲鳴」の事をお伝えしたいと思います。

「9月24日」の放送で最終回を迎えた「関ジャニ∞」出演の「グルメバラエティー」「ペコジャニ∞!」「TBS系」です。番組内では、最終回について触れられることはなく、しかも最終回らしい構成になっておらず。さらには、「グルメ番組」なのに、試食したのは「“紙”」と「“クリオネ”」だけという展開により、多くの視聴者から「「ペコジャニ」ってほんとに今日最終回?あっさり終わりすぎ」「最終回っぽくない終わり方だった」「最後かー。申し訳ないけど、あまり な番組だったんだよねぇ」という声が噴出していました。

ちなみに、「番組公式Twitter」では「「ペコジャニ∞!」今夜で最後の放送となりましたが、これまで応援して下さった皆様、本当にありがとうございました」と最終回である旨が「ツイート」されていました。




同番組は、「関ジャニ∞メンバー」が揃って「スタジオ」に登場することがほぼなく、「ファン」にとっては不満の種となっていましたが、今回ばかりは「6人」揃って登場し、終盤には、すっかり「準レギュラー」扱いだった「X JAPAN」の「Toshl」も出演しました。ですが、いつものような「グルメプレゼン対決」ではなく、「日本全国「“食の疑問”」大調査」が行われ、「なぜスイカは赤いのか?」「カルビの部位はお店によって違う?」などの疑問を解決する「コーナー」に代わっていました。

前回、「グルメ対決番組」という「コンセプト」にもかかわらず、「パネラー陣」の「試食シーン」がなくなったことに対し、「食べられないの?」「何の番組?」といった批判が続出していましたが、今回も「カルビ」や「日本一のお米」などを試食する「シーン」はありませんでした。そのかわり、「紙を食べて食物繊維は摂れないの?」という疑問に答えるため、全員が台本の紙を「シェア」して食べるという展開になり、「ネット上」では「ペコジャニ最終回、紙回やったな」「ペコジャニの最終回、神回ならぬ紙回だった「笑」」といった「ツッコミ」の声が上がっていたのでした。

「横山裕」は、「台本食うってすごいな。何、この画。台本食うんやで、今から」と驚きを隠せない様子でしたが、「大倉忠義」は食べてみて「食える」とにっこりでした。さらに「おいしい もうちょっと味したらおいしいんですけど」と改善点を口にし始めると、「横山裕」は「ハハハハ「笑」。うわ、おいしいな!」と「大ウケ」し、「丸山隆平」も「口の中で溶けるから、すぐに飲み込める」と感想を述べていました。ただ、結果的に紙を食べても食物繊維は摂れないということが明らかになりました。




その後は「なぜクリオネはガソリンの味がするのか?」という疑問を確かめるために、「丸山隆平」が「クリオネ」のしゃぶしゃぶを試食し、「あ~、灯油みたいな味する。冬場にストーブつけるじゃないですか、あれの感じする」と体を張って「食レポ」しました。「なんでそういうのばっかりなの!?」と「丸山隆平」も疑問を呈していましたが、確かに「グルメ番組」の最終回にしては、試食の選出が謎すぎる内容だったと言えるでしょう。

最近は、個々の活動が忙しいためか、冠番組にもかかわらず「メンバー」が交代制で出演する「レギュラー番組」が増えている「関ジャニ∞」です。今度は、「ファン」の期待に応えて、ぜひとも「メンバー」が揃って「“わちゃわちゃしている姿”」を見ることができる番組を作ってほしいものですね。

「ファン」からも支持されていなかった番組だけに最終回を迎えても仕方がないでしょうね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。